システムメンテナンスのお知らせ

零相変流器についての説明で、

画像の4の器機は遮断機で変流器の二次電流を入力したOCRと組み合わせ過電流の保護を行う
この場合CTは各相の電流を計測するため2個必要となる

とありますが他の参考書を見ても3相一括で計測すると書いてあります。どちらでもいいのでしょうか

「零相変流器についての説明で、 画像の4の」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 参考書やサイトにはこのように三線一括のものしか載っていません。

    「零相変流器についての説明で、 画像の4の」の補足画像1
      補足日時:2017/08/14 12:00
gooドクター

A 回答 (4件)

ZCTは漏れ電流の計測・GRとの組み合わせで使用する(3相一括)


CTは、消費電流の計測・OCRやAメーターと接続されます(1相ずつ)

ZCTは、3相一括で通常時は0Aですが、漏電していれば、数maの表示となります。
    • good
    • 0

お礼ありがとうございます。


図にも記載されていますが、比較しているのは、相電流(I>)ですよね?
つまり、各相の過電流を保護しているだけです。
ZCTは、零相電流(対地電流)を比較するものなので、図の②のGRが比較している対地電流です。(図では、Iの右にアース記号が書かれています)
    • good
    • 0

4はただのCTで、a,b,cのどれか2相に入れて、その線電流を検知します。


その電流が一定の値以上になるとOCRが過電流と判断し、その信号で遮断器CBが回路を遮断します。
零相電流を検知するZCTは下の写真のように3相一括してセットされ、②の地絡継電器Grに地絡信号を送り、PASを開きます。
なお、ZCTはPASに組み込まれています。
    • good
    • 0

ZCTでは、中性点の電流しか測定できないので、各相の過電流の保護は行えません。


ZCTは、地絡保護などに使うものでは無いですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
4はただのCTという事でしょうか

お礼日時:2017/08/14 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング