外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

AO入試で大学を受けようとしている者です。
AO入試には専願、併願があります
専願で受けた人と併願で受けた人とでは併願で受けた人は不利になりますか?教えてください

A 回答 (4件)

同じ大学の同じ学部学科のAO入試で、専願制と併願制を両方実施しているのならば、専願のほうが有利かもしれませんが、同じ大学のAOで専願と併願の両方を実施しているところって、ほぼ無いのではありませんか。


大学が異なる場合、つまりA大学の専願AOと、B大学の併願AOでは、条件も採点基準も異なりますから、一概にどちらが有利か不利かとは言えません。
ただ、専願+併願の組み合わせで異なる大学のAOを受けようとする場合、高校に書類を揃えてもらえない可能性があります。専願AOを受験するのに他の大学のAOも受験させるということは、専願の方の趣旨に反することになり、それを高校が見て見ぬふりをすれば、大学との関係を悪くします。
つまり理屈で言えば、併願制のAOを受ける場合、AOで併願できるのは同じく併願制のところだけ、ということになります。併願制のAOは数が少ないので、選択肢が限られてくるという意味では、不利でしょうね。

併願制の大学でも、AOの場合、その大学が第一志望であることが条件になっているはずです。専願にしろ併願にしろ、「ここが第一志望です、合格したら必ずこの大学に入学します」という約束で受験するのがAOですので、指定校推薦ほどの拘束力はないにしても、もし辞退したら高校の後輩に迷惑が掛かる可能性があります。
AO入試の基本は、「その大学に入学したいという強い希望を持っている学生を集めたい」です。ですから、AOを受けるならば、本当に第一志望の大学だけにするべきです。
もし志望する大学のAOが併願制しかないのならば、気にする必要はありません。「専願制の大学のほうが受かりやすいかも、それなら受かりやすいほうを志望校にしよう」とか、そういう基準で考えると、後悔することになるかもしれませんよ。
    • good
    • 1

確かに不利かもしれません

    • good
    • 1

大学側が専願、併願どちらでもいいと出しているなら不利かどうかは言い難いです、、。




私の主観では専願の方イメージは良いかなとは思いました!ただし、他の大学も気になっているならば併願で受けるのも全然有りだと思いました。


大学によって違うと思うので、不利かどうかを前年の入試結果の開示を見て確かめてみてください(^-^)
    • good
    • 1

不利ですね。

ベストアンサーよろしくです
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今度地元の国立大学に模試を受けに行くのですが中学の時の知り合いに会わないかとても不安です。 僕は中学

今度地元の国立大学に模試を受けに行くのですが中学の時の知り合いに会わないかとても不安です。
僕は中学の時いじめられていていました。
かなりひどいいじめだったので学年全体に顔が割れていると思います。
なので誰とも会いたくないのですが国立大学に模試を受けに来る高校生はあまりいませんか?

Aベストアンサー

アイツに模試で会ったよ~ってよそで言われたとしても、
それが何か?って感じで。
目的は模試、気にしない。

Qみなさん、研究者の問題と聞いて何を思い浮かべますか?実は、研究者に対する国からの研究費が近年現象を続

みなさん、研究者の問題と聞いて何を思い浮かべますか?実は、研究者に対する国からの研究費が近年現象を続けています。国立大学法人運営費交付金予算額は平成17年度には1兆2317億円だったのに対し平成25年度では1兆792億円まで減少し、その差は1525億円にもなります。海外の例と比較しても、アメリカの数十分の一程度の金額です。

さらに、大学による費用の違いも問題になっています。東京大学や京都大学など実績や知名度のある大学では有り余るほどの研究費がもらえ、必要以上に高価な機械などが導入されますが、地方国立大では研究費が足りず、十分な研究ができない研究室もあります。
そこで大切になってくるのが大学以外から集める外部資金です。しかし、この外部資金を確保することは大変難しく、得られた研究室と得られなかった研究室では研究に使える非常に大きな差が出てきます。中でも特に外部資金を得ることが難しいのは基礎的な研究をしていたり、挑戦的な研究をしていたりする研究室です。逆に言えば、すぐに成果の見込める研究しか研究費を容易に得ることができない。
研究費を得ることに時間を取られることで、日本の論文数は相対的に低下し、日本の論文の質の低下にもつながっているといえます。
私の通う大学の教授にインタビューしてみても、「 若手の研究者に費用が回らない」、「将来性が心配」、「費用の重点配分を止めた方が良いのでは?」、「外部資金が足りないし、1番の問題は外部資金を得られない人たちがいること」などという意見が得られました。
このような問題の解決策として私は、国立大学の数を減らすことを提案します。実現できるかどうかは置いておいて、実際問題研究費が足りていません。大学数を減らすことで研究者の質の向上を目指します。短期的な研究成果の追求だけではなく、研究者が自由に研究できる環境作りを追求していきましょう。

みなさんは私の結論を読んでどのように思われますか?

みなさん、研究者の問題と聞いて何を思い浮かべますか?実は、研究者に対する国からの研究費が近年現象を続けています。国立大学法人運営費交付金予算額は平成17年度には1兆2317億円だったのに対し平成25年度では1兆792億円まで減少し、その差は1525億円にもなります。海外の例と比較しても、アメリカの数十分の一程度の金額です。

さらに、大学による費用の違いも問題になっています。東京大学や京都大学など実績や知名度のある大学では有り余るほどの研究費がもらえ、必要以上に高価な機械などが導入されますが...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の案に対してはNo.1さんに同感です。
私は企業で大学との共同研究をしていたこともあり、大企業の研究所
でも研究した経験もありますが、研究費はあまりにも少ないですね。
それよりも国内では優秀な研究者は資金不足で動きが取れないので
海外へ流出してます。
研究の実態は非常にレベルが低く、品質の日本とは思えない状況です。
すでに存在している技術を認知せずに頑張っているのです。
つまり最先端技術に気付かず無駄な研究をしているのです。
世界的な最先端技術を理解できない研究者の存在が問題です。
研究費の無駄遣いです。
大学間の交流で「井の中の蛙」から脱皮して欲しいです。
研究費だけの問題ではありません。

Q国公立大学で偏差値の一番低い経営学部のある大学はどこですか?

国公立大学で偏差値の一番低い経営学部のある大学はどこですか?

Aベストアンサー

質問は国公立とのことなので、公立ならあと三つあります。兵庫県立大学、長崎県立大学、公立鳥取環境大学です。後の二つが最下位候補です。しかし学部名にこだわるあまり縁のない地方に行くくらいなら、近場の経済学部の方が良いと思います。

Q大学の教授になりたいと思っています。 東大、京大に行ければいいのですが、そんな学力はなく中堅大学に行

大学の教授になりたいと思っています。
東大、京大に行ければいいのですが、そんな学力はなく中堅大学に行こうと思っています。
海外の大学行こうと思っていたのですが、英語が出来ないし、
高校の成績もそれほどよくないので、大学に行ってから、大学院とかで行こうと考えています。
日本の大学院と海外の大学院はどう違いますか?
修士課程を日本でとって博士を海外の大学でとることもできますか?

Aベストアンサー

何故,教授になりたいのですか? 同級生等の状況を見ると,教授になると,まず自分の個人の力で一生懸命研究をする必要があります。その一部を,卒論レベルでやれる内容と,修士レベルでやれる内容に分類してテーマを策定し,それを研究室に所属する学生さんにやってもらう必要があり,そのためには,学部の講義を学期あたり学部一科目・大学院一科目は担当して多くの学生さんの教育をした上で,研究室に配属された学生さんにはより専門的な知識を教育する必要があり,同時に設定したテーマの研究をやってもらう必要があります。学生さんの中には自分とは波長の違う人もいて,人間関係を良好に保つ努力も必要です。このような教育・研究に自分の時間の半分以上を当てると同時に,さらに,研究室の運営や学科・学部・専攻の運営(多くの先生が雑用と呼ぶやつ)を真面目にこなす必要があります。後者が自分の時間の 1/4 くらいでしょうか。今はそれ以外に,社会貢献とか学会活動とかにも時間を費やす必要があるようです。もちろん,多分?,家庭サービスも必要でしょうねぇ。その覚悟をまずはしてくださいね。
さて,教授の資格と高校時代の成績とは直接の相関は無いと(知人の状況を眺めてみて)思いますが,勉強が好きでないと駄目です。土曜も日曜もなく昼も夜もなく,自分が好きなこと(教育・研究という意味で:研究はわかるでしょうが,講義ノートを良くすることなども含みます)に時間を忘れて没頭できる能力は必要です。あとは,大学に入学してからの人間関係に大きく依存するでしょうね。海外留学を勧めてくれる先生と出会えること,そういう環境があること,自分がそういう意欲を強く持ち続けること。こういう環境に出会えなければ,かなりの自分の苦しい努力が無いと,お望みの道は開けないかもしれませんね。でも,やりたいのであれば頑張る以外には手はありませんね。がんばりましょうか?
30年以上前なら米国留学する日本人学生はたくさんいましたが,最近は少ないと聞きます。知人には,学部卒業で米国に留学して PhD を取った人もいますし,もちろん修士は国内で PhD は米国という人もたくさんいますよ。また,当時は米国の大学の先生達も日本からのPhD留学生を多く雇ってくれましたが,昨今はどうでしょう。ただ,どうせ行くならあちらのボスに,生活費と授業料を全部支援(奨学金)してもらうという緊張感が(金を払っているんだという教員側も,支援してもらっているという学生側も)持ち続ける必要はあるようです。ストレスでちょっとたいへんになりそうな場合もあります。結局は,国内外問わず,勉強が好き!ってのが必要な資質でしょうか。覚悟ができればがんばってみるというのも一つの人生かもしれません。

何故,教授になりたいのですか? 同級生等の状況を見ると,教授になると,まず自分の個人の力で一生懸命研究をする必要があります。その一部を,卒論レベルでやれる内容と,修士レベルでやれる内容に分類してテーマを策定し,それを研究室に所属する学生さんにやってもらう必要があり,そのためには,学部の講義を学期あたり学部一科目・大学院一科目は担当して多くの学生さんの教育をした上で,研究室に配属された学生さんにはより専門的な知識を教育する必要があり,同時に設定したテーマの研究をやってもらう必...続きを読む

Q大学の成績についてです。 自分は某私立大学偏差値55程度の大学に通っているのですが、恥ずかしながら、

大学の成績についてです。
自分は某私立大学偏差値55程度の大学に通っているのですが、恥ずかしながら、単位が4単位ほどしか取れません。これだけ成績が悪いと、家に連絡が来たりするのでしょうか?
実は、親には内緒で仮面浪人をしていて
国立大学に行くつもりなのですが、このことを知られたら余計仮面浪人して他の大学に行こうとしていることが言い出しづらいなと思ったので、質問しました。

Aベストアンサー

私に言わせれば、全然悪いことではありません。
大学偏差値、というのは、おそらく入試時の偏差値でしょう。

ですが、これから頑張って、一般教養で単位を取得する必要が出てきます。般教の単位さえあれば、転課試験も転校も比較的楽です。

そもそも、18歳の小娘が将来を決める学部を選ぶこと自体が間違っているんですよ。

例えば、東京大学。1年2年は文理関係なく「教養学部」に所属しますよね。東京大学の学生のうち、18で「文一合格!将来は閣僚か政治家だ!」なんて考える人、どの程度いると思います?

私立大学は般教をフルコマで取れば1年で履修しますよね。つまり、文一で政経法を真剣に考える学生って少ないんですよ。政治改革をした小泉先生なんかは、慶應卒ですし。

自分の子供の夢を応援しない親は、親の資格がありません。堂々とした態度で親に報告しましょう。

理三も同じです。東大医学部卒の医者、聞いたことないでしょう?慶應ならいそうですよね。

仮面浪人でも転科試験でもすれば良いのです。どれだけ将来の展望に真剣かを親に納得させる必要がありますので、論理武装だけは、しっかりやってください。

あと、年度末の成績は、実家にも送られます。

私に言わせれば、全然悪いことではありません。
大学偏差値、というのは、おそらく入試時の偏差値でしょう。

ですが、これから頑張って、一般教養で単位を取得する必要が出てきます。般教の単位さえあれば、転課試験も転校も比較的楽です。

そもそも、18歳の小娘が将来を決める学部を選ぶこと自体が間違っているんですよ。

例えば、東京大学。1年2年は文理関係なく「教養学部」に所属しますよね。東京大学の学生のうち、18で「文一合格!将来は閣僚か政治家だ!」なんて考える人、どの程度いると思います?

私...続きを読む

Q大学受験 前期と後期の違いを読んで

教えてgooの 「大学受験の前期と 後期の違い」というのを 読んで、その中の解答に 「前期と後期ということは国公立をおうけになるのですね。」というのと、「センター試験はすでに締め切られていると思うので私立大を受験するんですね。」という二つの解答が出ていて混乱してます。センター試験と、国立、私立の受験の関係どなたか教えて下さい。ついでに 前期試験と後期についても。さっぱりわからないので 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

この質問のことですかね。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1849983.html

質問の日付が重要ですね。12月20日。大学入試センターの出願期間はとっくに締め切られている時期です。
この質問者さんは、この時期に「願書をもらってきて…」とあるので、この年度の大学入試を受験するつもりらしい?ことがわかります。
国公立大学では大学入試センター試験の受験が必須ですから、センターの出願期間を過ぎてから大学受験を考えるということは、この年度に受験するつもりならば、国公立大学志望ではない、ということ。
なので「私立大を受験するんですね。」という回答があったのでしょう。
他の回答者さんは、その年度の受験ではなく、次の年度に受験するつもりかもしれない(もらってきた願書は来年度の参考資料のため)、と思ったのかもしれません。それで、「前期日程と後期日程があるのは国公立大学だから、国公立大学を(来年度以降に)受験するつもりなのかもしれない」ということで、「国公立をおうけになるのですね」と回答したのでしょう。

一般的に、大学入試で「前期・後期」と言えば、全国の国公立大学で実施される前期日程と後期日程のことを指します。
ただし、国公立大学の前期・後期とは別に、私立大学が独自に、その私立大学での前期日程・後期日程(複数回受験可能な制度で、早い時期にやる入試と遅い時期にやる入試の違い)という用語を使うこともあります。私立大学の日程ならば、「○○大学の前期日程」のように大学名を言わなければ、話が通じません。
上記の質問では、質問者さんは私立大学を受験するつもりだったようなので、その私立大学独自の用語としての前期・後期のことだったのでしょう。質問ではこの違いを区別できていなくて、質問者と回答者で話がすれ違っていたように思います。

なお、国公立大学の前期日程は2月下旬、後期日程は3月中旬に実施されます。ほとんどの国公立大学では同じ実施日ですが、一部の大学や学部では、少しだけ実施日がずれていることもあります。前期日程と後期日程では、募集定員や試験科目、配点が大きく異なります。
ちなみに、国公立大学のすべてが前期日程と後期日程の両方を実施しているわけではありません。前期日程しか実施しない大学や学部もあります。
同じ学部学科で前期日程と後期日程がある場合、受験のチャンスは2回あることになります。
ただし、前期日程に合格して入学手続き(後期日程の前に手続き終了)をした場合は、後期日程を受験しても合格できない、という決まりがあります。国公立大学同士で受験者の合否情報を共有しているので、前期と後期で別の国公立大学を受けても、前期で手続きしたら後期は合格できません。
また、前期と後期で同時に出願するので、前期日程の合否がわかってから後期に出願することも出来ません。
そういった諸々の要素を考えながら、どこを受験するかを考えたりするわけです。

この質問のことですかね。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1849983.html

質問の日付が重要ですね。12月20日。大学入試センターの出願期間はとっくに締め切られている時期です。
この質問者さんは、この時期に「願書をもらってきて…」とあるので、この年度の大学入試を受験するつもりらしい?ことがわかります。
国公立大学では大学入試センター試験の受験が必須ですから、センターの出願期間を過ぎてから大学受験を考えるということは、この年度に受験するつもりならば、国公立大学志望ではない、ということ。
な...続きを読む

Q大学や大学院で専門を学ぶ時の選択の仕方

大学や大学院で専門を学ぶ時の選択の仕方の質問を見ると、組織名で回答する場合がほとんどで、その分野の専門家名の回答がほとんどないように思います。cinii やj-stageで論文が公開されていますし、専門家に学ぶのですが、専門家名が出てこないのはなぜでしょうか?専門家にならないので、それまで詳しくする必要がないからでしょうか?外国ではどのような選択でしょうか?

Aベストアンサー

ご質問に対するゴールがよく見えないのですが、「専門家」をキーワードとして読めばいいのでしょうか?

・大学選び
その「専門家」がいるからという理由でその大学を選んだとしても、実際に自分が習う、もしくは師事する時期にその専門家が在職しているとは限りません。なのであまり意味がないでしょう。

・大学院選び
当然その「専門家」をby nameで選んで決めるんじゃないですか?20年以上前のことなので今は違うかもしれませんが、私の同級生はほぼ全員そうでした。世の中の大半の人はそうだと思います。なので、そもそもこんなサイトで質問する必要がないのでしょう。
このサイトで質問する人は・・・少なくとも友人の名前を出して紹介してあげようとかそういう気にはなりません。


人気Q&Aランキング