質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

実像と虚像の違いがわかりません。
わかりやすく教えてください

質問者からの補足コメント

  • 理科の実像虚像ですよ?

      補足日時:2017/08/16 23:32

A 回答 (4件)

実像・・・レンズを隔てて物体とは反対側に光が集まって出来る像。


上下左右が逆になる。
実際にそこに「像」が出来てるから、スクリーン(紙など)に映す事が出来る。

実像の例:カメラ・プロジェクター・天体望遠鏡など

虚像・・・レンズを隔てて物体と同じ側にできる像。
上下左右はそのままで、像は物体より大きくなる。
そこに「像」が出来てる訳では無く、目の錯覚だから、スクリーン(紙など)に映す事は出来ない。

虚像の利用例:虫眼鏡・双眼鏡など。鏡も虚像。
「実像と虚像の違いがわかりません。 わかり」の回答画像4
    • good
    • 11

質問文自体がコピペか!

    • good
    • 2

世間では人格者として通っているが


家では暴君で、妻にDV,愛人を囲い、
SMが趣味、という例で説明すれば。

実像が暴君、DV,愛人、SMで、
虚像が人格者、ということになります。


誰しも、実像と虚像の間には乖離があります。

その乖離が著しい場合に問題が出ます。


誰もいないときの貴方。

それが貴方の実像ですよ。
    • good
    • 4

実像は真の姿


虚像はつくられたウソの姿
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽系の惑星は何故平面状態で公転しているのですか?

太陽系の惑星は何故平面状態で公転しているのですか?

Aベストアンサー

太陽系が出来る時、原始円盤が形成して太陽や惑星が出来ていくので太陽系では同一平面上に惑星やその衛星が公転していると考えられています。
しかし、他の恒星系、系外惑星の探査は21世紀になってようやく本格化したので、まだ、判らないことの方が圧倒的に多いですが、
連星系では同一平面にないものも存在しています。
太陽系が大きな天体の動乱に見舞われなかった、それとも普通なのかはまだ判りません。
金星の自転が逆なこと、天王星の自転軸がほぼ90度傾いていること、ガス惑星で逆行する衛星があること、等、太陽系の中にも過去の大変動を伺わせるものがありますね。

Q(整数)の0乗=1についての説明。

高校数学についての質問です。

数学が苦手な高校1年生の息子に「(整数)の0乗=1」になる理由を説明して欲しいと言われたのですが、「(整数)の0乗が1になるのは数学者が決めたルールだ。」と教えても問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

整数が0で無い場合は、整数⁰=1とする、と言う定義(約束事)です。

理論に例外を作らずに、綺麗にする為の約束事です。
何故、こういう約束が必要なのかは、指数での割り算規則を綺麗にする為です。

a⁵=a・a・a・a・a
a³=a・a・a
だから

a⁵÷a³=(a・a・a・a・a)÷(a・a・a)=a・a=a²
∴a⁵÷a³=a⁵⁻³=a²
割り算は指数部分の引き算となります。

では、a⁵÷a⁵=a⁵⁻⁵=a⁰はどう解釈するか?です。
0で無い同じ数を同じ数で割ったら答えは必ず1です。

だからa⁰=1と決めてやれば、指数部分が0となったら、と言う例外を作る事無く指数割り算の規則が出来ます。

同じ様にa⁻ⁿ=1/aⁿも規則を綺麗にする為の約束事です。

Q√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-6 この計算のどこがおかしいですか?

今高校数学2 複素数と二次方程式 の範囲を勉強しているのですが、
√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6  
この式のどこが間違っているのか分かりません!教えて下さい!
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」とがOKなことと
「負の数の根号」×「負の数の根号」の“計算”が
今まで通りOKなことは違うということです。

つまり、根号の中身が負のときには
√a × √b = √ab 
とは計算してはいけないということ。

数学Ⅰの教科書を見てください。
性質★ a>0 b>0 のとき √a × √b = √ab
と書いてありますよね!

√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6 

の計算式では左から2つめの=が誤っていて、それ以外の=は正しいです。
--------------------------------------------------

No4の回答について

> √(ー2)(ー3)=√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=√(ー1)²√2√3=√2√3=√6 だから。 ☆

2つ目の=と3つ目の=が計算の性質★に違反しています。

>この部分を√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=i√(2)i√(3)としてはダメな理由を教えて頂けませんか?
ダメでなく、正しいです。(これは自信を持ってください!)
でも数式☆では2つめの=がNGだから、√6とは等しくありませんね!

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」と...続きを読む

Q解いてください

数学の問題を助けてください。
9番を途中式を書いて解いてください。

Aベストアンサー

P(x) = ax^3 + bx^2 + cx + d    ①

・(0, 2) で y=9x + 2 に接する
・停留点 (-1, -7) をもつ
P(x) を求めよ。

停留点(stationary point)とは、極小・極大、または変曲点のことです。

(1) (0, 2) における P(x) の接線の傾きは
 P'(x) = 3ax^2 + 2bx + c
より
 P'(0) = c = 9

また、P(x) は (0, 2) を通ることから
 P(0) = d = 2

よって
 P(x) = ax^3 + bx^2 + 9x + 2   ②

(2) (-1, -7) を通るので
 P(-1) = -a + b - 9 + 2 = -7
よって
 b = a

よって
 P(x) = ax^3 + ax^2 + 9x + 2   ③

(3) 極大、極小となるのは
 P'(x) = 3ax^2 + 2ax + 9 = 0
のとき。x=-1 でこれが成り立つので
 3a - 2a + 9 = 0
よって
 a = -9

(4) 念のため、変曲点を調べてみれば③より
 P''(x) = 6ax + 2a = 0
となるのは
 x = -1/3
よって (-1, -7) が変曲点になることはない。 (-1, -7) は「極小点」になる。

(5) 以上より
 P(x) = -9x^3 - 9x^2 + 9x + 2

もう少し効率的な解き方があるかも。

P(x) = ax^3 + bx^2 + cx + d    ①

・(0, 2) で y=9x + 2 に接する
・停留点 (-1, -7) をもつ
P(x) を求めよ。

停留点(stationary point)とは、極小・極大、または変曲点のことです。

(1) (0, 2) における P(x) の接線の傾きは
 P'(x) = 3ax^2 + 2bx + c
より
 P'(0) = c = 9

また、P(x) は (0, 2) を通ることから
 P(0) = d = 2

よって
 P(x) = ax^3 + bx^2 + 9x + 2   ②

(2) (-1, -7) を通るので
 P(-1) = -a + b - 9 + 2 = -7
よって
 b = a

よって
 P(x) = ax^3 + ax^2 + 9x + 2 ...続きを読む

Q科学者ノイマンは、研究開発にあたり計算尺を使わずに頭の中で計算していたそうです。

ノイマンさんは、宇宙人といわれるぐらい頭良かったそうです。
そこで、電卓では、3÷7=0.42857142857・・・直ぐに計算ができます。
ノイマンさんも、電卓並みにすぐに計算できるお方だったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アインシュタインは何で計算(?)していたのでしょうね。

Q原子力発電に代わる発電技術はありますか?

原子力発電に代わる発電技術で確か火力発電で
パワーアップした技術があると聞いたことがあります。

あまり有名ではないかもしれませんが教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

コンバインドサイクルのことかな?
GTCCと言うけど、LNG火力で使う。
ガスタービン発電とスチーム発電の併用で
エネルギーを二重に取り出す技術。
最近、前段で燃料から取り出した水素を別に利用する
トリプルコンバインドというのもあるらしいが。

あるいは、石炭火力のUSC?
超高温超高圧のボイラー焚きで巨大なスチームタービンを
グングン回す技術の事だけど、
圧力を限界まで高めたもので革新的な技術というものではない。

原子力発電はその性質上、ベース電源と呼ばれるものになります。
稼動させると非常に安定して電力を得られる。
四六時中発電しっぱなしで基本は停止させない。
理由は、稼動停止を繰り返すと原子炉などの金属が
膨張と収縮を繰り返して痛みが早くなるから。
原発は(放射線があるので)簡単には修理できないのでね。

その代替えとなると、熱による膨張収縮を繰り返す状況が同一の
火力発電って事になるのですが、
火力は燃料供給の不安定さという課題を抱えている。

戦争になって某国の潜水艦が日本のシーレーンを遮断したら
半年もたたないうちに燃料が無くなり、発電できなくなります。
そのため、海上自衛隊は
米海軍をも上回る強力な対潜水艦部隊を保有していますが・・・・。

東日本大震災の際に、燃料代が高騰しましたが
世の中は人の不幸を幸いに、足元を見るものです。
いくら新技術があっても、
どれだけシーレーンを防御しても
売ってくれないならどうしようもない。

で、先の大戦で燃料欲しさに東南アジア侵略したのが日本なんですが
電力事情を語る場合には、
そういう観点まで深入りしないと意味ないですよ。

コンバインドサイクルのことかな?
GTCCと言うけど、LNG火力で使う。
ガスタービン発電とスチーム発電の併用で
エネルギーを二重に取り出す技術。
最近、前段で燃料から取り出した水素を別に利用する
トリプルコンバインドというのもあるらしいが。

あるいは、石炭火力のUSC?
超高温超高圧のボイラー焚きで巨大なスチームタービンを
グングン回す技術の事だけど、
圧力を限界まで高めたもので革新的な技術というものではない。

原子力発電はその性質上、ベース電源と呼ばれるものになります。
稼動させると非常...続きを読む

Qちょっとした疑問! 素粒子の中は?

ちょっとした疑問!
素粒子の中は?

Aベストアンサー

中という概念があるかどうかすらハッキリしていない

Qなぜ勉強をするのでしょうか。

なぜ勉強をするのでしょうか。

Aベストアンサー

なぜと言う内は難しいのではないかな。それを知る為に大学へ行くのだと思ったけど、今でも分からない。
もちろん良く言われるように学歴があれば収入があり、収入があれば幸福になれる...けどこれは確率に過ぎないしそんな為に人生の時間を使うのはもったいなさ過ぎる。本当に好きでなければ勉強も仕事もしなくて良いと思う。
(僕は嫌になる事もあるけれど基本的には勉強することや働くことを好意的に感じていた)
僕は社会人で大学を出て結婚もして子どももいるけど(これは働く、結婚すると言うのも同じだと思うけれど)真理を知らなきゃできないかい?って思うよ。親にほめられたい、バイトしてお金を貯めてゲームを買いたい、海外旅行に行きたい、そんな気持ちで生きてもいいじゃないか。自分の通った道がすべて正しかったとは思えないけど、それでいいと思ってるよ。

君に質問すると「じゃあ勉強もせず、働きもせず何をしたいの?」って思う。その人生が本当に素晴らしいとは僕には思えないんだよね。もし勉強じゃないことを一生懸命やりたいのならそれを突き詰めてもいいと思う。そうじゃないのなら先人が大事だと言うことを素直に従ってもいいと思うんだけどどうかな(子どもがいるから聞かれたらそういう風に答えると思うよ)。

なぜと言う内は難しいのではないかな。それを知る為に大学へ行くのだと思ったけど、今でも分からない。
もちろん良く言われるように学歴があれば収入があり、収入があれば幸福になれる...けどこれは確率に過ぎないしそんな為に人生の時間を使うのはもったいなさ過ぎる。本当に好きでなければ勉強も仕事もしなくて良いと思う。
(僕は嫌になる事もあるけれど基本的には勉強することや働くことを好意的に感じていた)
僕は社会人で大学を出て結婚もして子どももいるけど(これは働く、結婚すると言うのも同じだと思...続きを読む

Q第一宇宙速度で真上に打ち上げた場合

第一宇宙速度の約 7.9km/sで物体を水平に発射すると,空気抵抗や地球の自転等の影響を無視すれば地球を約84分で一周して元の場所に戻ってくると聞きました。

ではこの速度で真上に打ち上げた場合,第二宇宙速度の11.2km/sには足りないのでどこかで下降に転じると思うのですが,それは地上何kmでそこまで何分かかるのでしょうか?

Aベストアンサー

第一宇宙速度は、円運動の周速度です。
この速度で、加速度なしで等速運動する場合を考えています。

 宇宙レベルで考えると、「重力加速度」が一定とは考えれらなくなります。実際、#1さんの計算した「高度3100km」は、地球中心からの半径が 6371 + 3100 = 9471 km ということですから、地表の地球半径の約1.5倍で、万有引力の法則から、重力加速度は (1/1.5)^2 ≒ 0.44 つまり地表の半分以下になっています。

 ということで、正確には第二宇宙速度の計算のように「重力場の位置エネルギー」で計算する必要があります。

 無限遠を基準にした「重力場の位置エネルギー」は、地球表面では、地球の半径を R として
  U = -GMm/R
となります。
 同様に、地球中心からの距離を H の宇宙船の位置エネルギーは、
  -∫[∞→H](GMm/r^2)dr
なので、地表の位置エネルギーとの差が「打ち上げ時の運動エネルギー」ということになります。つまり
  -∫[∞→H](GMm/r^2)dr - ( -GMm/R ) = (1/2)mv^2
ということです。これより、
 (1/2)mv^2 = -GMm/H + GMm/R = GMm(1/R - 1/H)
→  GMm/H = GMm/R - (1/2)mv^2
→  1/H = 1/R - (1/2)v^2 /GM
→  H = 1/[ 1/R - (1/2)v^2 /GM ]

あとはこれに数値を入れて、
 R = 6371 km = 6.371 * 10^6 m
 M = 5.972 * 10^24 kg
 G = 6.674 * 10^(-11) m^3kg^(-1)s^(-2)
 v = 7.9 km/s = 7.9 * 10^3 m/s
より

H = 1/[ 1/(6.371 * 10^6 [m]) - (1/2)(7.9 * 10^3 [m/s])^2 / ( 6.674 *10^(-11) * 5.972 * 10^24 [m^3/s^2] )
 ≒ 1/[ 1.570 * 10^(-7) - 0.783 * 10^(-7) ]
 ≒ 1/[ 7.87 * 10^(-8) ]
 ≒ 1.27 * 10^7 (m)
 = 12700 (km)

ということです。地球の半径が 6371 km ですから、これを差し引くと地上からの高さ 6300 km 程度ということで、「地球半径程度の高さ」ということです。
 なお、静止衛星の軌道が地上約 36000 km ですから、これよりはかなり低いです。

第一宇宙速度は、円運動の周速度です。
この速度で、加速度なしで等速運動する場合を考えています。

 宇宙レベルで考えると、「重力加速度」が一定とは考えれらなくなります。実際、#1さんの計算した「高度3100km」は、地球中心からの半径が 6371 + 3100 = 9471 km ということですから、地表の地球半径の約1.5倍で、万有引力の法則から、重力加速度は (1/1.5)^2 ≒ 0.44 つまり地表の半分以下になっています。

 ということで、正確には第二宇宙速度の計算のように「重力場の位置エネルギー」で計算する必要があ...続きを読む

Q核分裂について質問です。

核分裂について質問です。

物理に疎い社会人です。

そもそもの話、どうして、この世で一番小さい物質である原子核から都市を一瞬にして更地に帰すことが出来る程のパワーを放つことが出来るのか、チンプンカンプンです。

原子核や中性子、臨界などの核分裂に必要な物質とその過程を5円玉大の小石に例えて分かりやすく説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

我々の体や物質はどんどん細かくしていくと、素粒子になります。

物質は原子から出来ていますが、順番に細かくしていくと

・原子は電子と、原子核からなります。
・原子核は、中性子と陽子
・陽子も、中性子も、3つのクオークから出来ています。

すると、素粒子レベルで物質は、

・ 3つのクオーク
・ 電子

に、光子とグルーオンという力を伝える素粒子から出来ています。

ところが、このすべての素粒子の質量をあつめても、物質の質量の1%程度しかありません。我々の質量のほぼすべては、
実は、グルーオンを通じた強い力によって核子にとじこめられた結合エネルギーから来ています。

アインシュタインの有名な式

E=mc^2

つまり、エネルギーが閉じ込められると質量になる。質量とはエネルギーの一つの形態だということです。

原子力発電などで使われる核分裂も、太陽が光るもとである核融合も、原子核の組み合わせが変わる反応です。核子を構成する要素がバラバラにいたときと質量合計と、核子になったときの
質量差を質量欠損と言いますが、原子核反応前後でその質量欠損の値に差があるため、それが熱となって、外部に出てくるというわけです。

>原子核や中性子、臨界などの核分裂に必要な物質とその過程を5円玉大の小石に例えて分かりやすく説明していただけるとありがたいです。

これは、いくらでも説明がネットにあるので、調べてみてください。核分裂も核融合もたくさん種類があるので、疑問なら具体的な物質をあげて
再度質問してみてください。

なぜかというと、必要な物質と過程をいくら追っても、なぜ小さい物質から莫大なエネルギーが取り出されるかはわからないからです。質量が消えて、それがエネルギーになる。アインシュタインの式をみれば、光速の2乗がかかっているので、わずかな質量がなくなるだけで、莫大なエネルギーが生まれることが、感覚的にわかるかと思います。

我々の体や物質はどんどん細かくしていくと、素粒子になります。

物質は原子から出来ていますが、順番に細かくしていくと

・原子は電子と、原子核からなります。
・原子核は、中性子と陽子
・陽子も、中性子も、3つのクオークから出来ています。

すると、素粒子レベルで物質は、

・ 3つのクオーク
・ 電子

に、光子とグルーオンという力を伝える素粒子から出来ています。

ところが、このすべての素粒子の質量をあつめても、物質の質量の1%程度しかありません。我々の質量のほぼすべては、
実は、グル...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング