外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

オセチアのテロを詳しく説明したテレビをみていて
疑問に思いました。
チェチェン共和国の独立がらみであるとの事・・・。
ロシアの中にいっぱい抱え込んだ「共和国」があるんですよね?

独立してない国というのは、どんなデメリットがあるのですか?
また、ロシアが各共和国の独立を拒むのはなぜなのですか?
大きな国に属してるほうが、メリットがありそうな気が
しないではないんですが・・・・。
ごく簡単に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。



国家の構成についてのご質問のようなのでお話しさせてください。(長文でごめんなさい)

一般的に国家と言えば、

1 主権
2 国民
3 領域(領土、領空、領海)

を他国に主張し、認められていることが要件だと思われます。

そして、この中で「国民」、「領域」は物理的に存在するのでイメージ比較的理解しやすいでしょうが、「主権」は分かりにくいでしょう。

「主権」とは国の運営について民主主義国家であれば通常は選挙によって選ばれた大統領や総理大臣(両方いる国も有りますが)と議会が政治的な最終決断を行っており、王政国家では国王が、立憲君主国であればその両方が役割を分担して政治を行っています。
共和国では独自に権力を持つ政党が国民に変わって、代表を選出し、国政を行っている場合もあります。

一般的に、独立した国家では国民の意見が国政に反映され易いのですが、独立していない場合は中心となる国(ご質問の場合はロシア)の意見によって国の方針が変更されるなど、国民にとって納得しにくい状況がままあるのが実情です。

現代では、20世紀初頭までのように戦争によって他国を併合することは国際的なタブー視されていますので、領土を広げるためにおおぴらに戦争をする国は皆無に近くなっていますが、しかし資源の確保や支配可能な国民を減らさないために、各国が小競り合いを続けでいる状況です。

ロシアにしてみると、支配可能な領土、資源と国民を手放したくないので、当然に支配下の各共和国の独立を拒みます。
(もちろん資源の確保のほかに軍事的な意味でも領土は減らしたくないのが古今東西の国家の論理です。)

しかし、独立してなくても国家として名乗っている国は殆どが何らかのかたちで、隣の国と違う部分があるのが一般的です。(民族、宗教、言語、風習、価値観などのどこかが違っているのが普通で、もし完全に一致していれば同一の国家になっていると思います。)

つまり、ロシアとは考え方が違うから、国家の政治を自分たちで決めたいから独立したい。でもロシアはそれを認めたくない。

実際にはこんなに単純なことではありませんが、同じ日本国民同士で愛し合って結婚した夫婦でも、数年で相手に嫌気がさして離婚する例は幾らでもあります。
メリット・デメリットだけを考えたらなかなか離婚にはならないはずですが、現実には離婚は増える一方です。
まして、他の国家から自分の国のことに干渉されることにメリット・デメリットだけ我慢できるほうが不思議でしょう。

締まらない回答ですが、詳しくはいろいろな文献を参考にされることをお勧めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても勉強になりました。
平和ボケの国民性だと、苦労してる国民のことをつい軽軽しく
考えがちなんだなと反省しました。

お礼日時:2004/09/18 22:08

宗主国民と属国民に明確に分かれている場合は先の方々の書いた通りです。



宗主国民と属国民が同じ権利を持っている場合を考えてみましょう。

主権を誰かと共有している場合、自分の意見に賛同してくれる人より反対に回る人が多いと、自分の意見とは違う結論に従わなくては成りません。逆に自分の意見に賛同してくれる人が多いと、反対派を主権の名の下に自分の意見に従わせることが出来ます。大きな国に属するのがメリットに成るかどうかは、自分が多数派に属するかどうかにかかっているのです。

普通は政治課題が変われば、自分が多数派かどうかも変わりますが、ロシアのように、民族間のバランスに大きな差があると、民族固有の判断が影響する政治課題についてはチェチェンのような少数民族は常に少数派になります。少数派になる率の高い人々にとっては、大きな国に属するのがメリットに成る率よりデメリットになる率が高いのです。固定少数派が出来る原因が民族の違いではない場合もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても勉強になりました。
平和ボケの国民性だと、苦労してる国民のことをつい軽軽しく
考えがちなんだなと反省しました。

お礼日時:2004/09/18 22:10

主権がないというデメリット以上の、デメリットをあげる必要もないでしょう。

主権がなければ、宗主国の言いなりになるだけです。国家の主権こそもっとも尊いものでしょう。

それとロシアの中だけではありませんね。他の共和国の中にも旧自治共和国はありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても勉強になりました。
平和ボケの国民性だと、苦労してる国民のことをつい軽軽しく
考えがちなんだなと反省しました。

お礼日時:2004/09/18 22:09

 あなたの質問は実に無神経です。

たとえるならば、健常者が障害者に向かって、「国から補助も出るし、周りから介護もしてもらえるからその方がいいじゃん」、と言ってる様なもんです。そして日本という国は健常者(=強国)の立場なんですよ。自分の足で立ちたいのは個人も国も同じです。弱国にはそれがなかなかできない、しかし何とか頑張っている、そこにあなたのような質問はありえないと思います。日本の幸せを認識してください。平和ボケはもうこの辺でやめましょうよ。
 ちなみに日本はアメリカの51番目の州だ、といわれますが、もちろんこれは誇張で、日本は立派な独立国です。確かにアメリカのいいなりですが、もし本当に属国なら、自衛隊撤退とか、牛の全頭検査だとか、沖縄の米軍出て行け、とか言おうものなら、ロシアがチェチェンにしたようなことになってしまいます。大量虐殺です。つまり日本の世論より、アメリカの世論が優先されるということです。独立・・したくないですか?
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても勉強になりました。
平和ボケの国民性だと、苦労してる国民のことをつい軽軽しく
考えがちなんだなと反省しました。

お礼日時:2004/09/18 22:09

独立をしていない国家のメリットというものを教えてほしいくらいですが、とりあえずデメリットとしては数え切れないほどあると思いますが。



宗主国への言論の自由はまずなくなるでしょう。もっとも日本でもある国への言論は不自由な時期がありましたが。

国内経済というものが露骨な形で変化もするでしょう。今のような大規模消費は困難を極める可能性もあるわけで。

権力体制ががらりとかわるので、ガウライターへの奉仕の義務付けがあるかもしれません。同時に参政権が剥奪されるかもしれません。

他にもいろいろあるでしょうが、要は宗主国の意のままに国家がかえられるということです。支配者が啓蒙絶対君主のような場合でも、その素晴らしい啓蒙思想を押し付けられることにはかわりありません。国家として必要な主権がないわけですから。何も考えず他人の意のままに添う事が好きな人にはもしかしたら向いているかもしれませんが。質問者の方はもしかしたら白旗赤旗論に大いに首肯されるかもしれませんが、すくなくともこのような事を堂々と主張することは、近代化を終えた国家では売国奴という称号をいただけるはずです。ちなみに、売国奴という称号は、一部の文化人の中以外では大いに軽蔑される対象です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても勉強になりました。
平和ボケの国民性だと、苦労してる国民のことをつい軽軽しく
考えがちなんだなと反省しました。

お礼日時:2004/09/18 22:08

>大きな国に属してるほうが、メリットがありそうな気が


しないではないんですが・・・・。

そうですねぇ。
元寇に負けていたら、いまでは中華人民共和国の日本自治区に
玉音放送が阻止されて本土決戦になっていたら、いまでは東京含め日本の東半分がソ連傀儡の日本人民共和国
になってたかも知れませんので、
質問氏のご希望に添えたかもしれません。

なお、韓国人や北朝鮮の者に同じことを言ってみてください。
殴られるか唾を吐かれるでしょう。
まぁ、彼らの言い分が全て正しいとは思いませんがね。

近現代史と国際政治をもっと知れば、自分なりの回答が得られるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても勉強になりました。
平和ボケの国民性だと、苦労してる国民のことをつい軽軽しく
考えがちなんだなと反省しました。

お礼日時:2004/09/18 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主権国家と国民国家の違いって?

国際政治について勉強しているのですが、この2つの概念の違いがよくわかりません。

何か、概念的な違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

主権国家というのは、「主権」つまり「政府が自分の力で自分の国を統治し独立的な権利を行使できるような国」のことを意味します。つまり外国に支配されていない、占領されていない、属国になっていない国のことですね。
国民国家というのはnation-stateといって、ネーション=国民が国の基本にある国です。フランス人の共和国であるフランスなどのように、たいていのヨーロッパの国は、国民国家です。しかし帝国のように皇帝などがいろいろな民族や国民を封建的に支配しているような国はあてはまりませんし、バチカンのような「宗教」でなりたっている国もあてはまりません。平安時代や武家社会の日本は、あてはまりません。ソ連も、いろいろな民族の連邦でなりたっていたので、国民国家ではありません。
でも、国民国家でないこうした帝国や封建的国家や連邦国家も、政府が外国の支配を受けていなくて国際社会からみとめられていれば、主権国家といえます。

Q独立国の条件とは?!

大学で国際政治学を専攻しているものです。
現在プレゼンを控えて困っているのですが、どなたか教えてください。

「独立国の条件」とはなんですか?
主権や領土を保有している。内政不干渉の原則を保持している。などの辞書的な回答ではなく、具体的にどういう基準で国家となれるのかを教えてください。

文献を調べてもなかなかそのものずばりの答えには出会えません。国家の定義というものがそもそも明確には存在しないのでしょうか?

台湾や東ティモールなどの外交問題を研究しています。
システム論や国際関係論など、多少専門分野でも結構ですので、詳しい方、ぜひお教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

 一般論を述べたいのか、独自の見解を述べたいのかでプレゼンの内容も異なってくると思います。
 一般論に関しての詳細はわかりませんが、独立国家の条件には明確の定義とはないと考えられます。というのも、立場によって国家と認めるか否かが異なるからです。私の私見ですが、国家の要件には次のようなものが、考えられます。
(0)主権、国土、国民が存在する。
(1)他国とは完全独立した政府・独自の経済システム等を保有しているかどうか。
(2)政府が国家として承認しているかどうか。
(3)国連に加盟しているかどうか。

など。
(0)は絶対条件ですが、(2)(3)は必ずしも必要な条件ではありません。(1)に関しては微妙な要件です。
 現在、日本政府が承認している国家は191カ国で、国連加盟国は191カ国です。しかし、その国家は一致していません。日本政府が承認する国家には朝鮮民主主義人民共和国は含まれていません。もちろん、中華民国も含まれません。一方、国連に朝鮮民主主義人民共和国が加盟していますが、ヴァチカン市国は未加盟です。更に、現在は加盟していますが、スイスは2002年9月10日まで未加盟国でした。さらに、中華民国に関しては、日本政府は国家として承認していませんし、国連にも加盟していませんが、コスタリカ、パナマをはじめとする中米諸国や、パラオなどの大洋州諸国など27カ国と外交関係を保有しており、それらの国家は中華民国を国家として承認していることになります。また、中華民国はご存知のように、中華人民共和国とは明らかに独立した政治システムも保有しており、独自の経済システムも保有しています。しかし、香港、ニューカレドニアなどは、独立国家とは考えられません。ですから、(2)を満たしていないからといって独立国家ではないとは言い切れませんし、(3)に関しても同様です。結局は、国際的にどれだけ承認されているかということが重要な条件ではないでしょうか?
 結果として私が考える独立国家の数は、中華民国、朝鮮民主主義人民共和国を含めた193カ国とです。
 中華民国が国家であるという認識が日本人に希薄な理由には、日本政府の中華人民共和国との外交的な問題から、台湾は中華人民共和国の不可分の領土であり、中華民国は反乱分子であるという中華人民共和国の立場を尊重するとしているため、学校教育などで中華民国は国家ではありませんと教え込んでいるためと考えられます。
 以上、私見ですが参考になればと思います。
 なお、ここではあえて、台湾ではなく中華民国とさせていただきました。

こんばんは。

 一般論を述べたいのか、独自の見解を述べたいのかでプレゼンの内容も異なってくると思います。
 一般論に関しての詳細はわかりませんが、独立国家の条件には明確の定義とはないと考えられます。というのも、立場によって国家と認めるか否かが異なるからです。私の私見ですが、国家の要件には次のようなものが、考えられます。
(0)主権、国土、国民が存在する。
(1)他国とは完全独立した政府・独自の経済システム等を保有しているかどうか。
(2)政府が国家として承認しているかど...続きを読む

Q台湾が中国から独立したがるわけ。

 台湾が独立したがっても中国が許さないという図式が続いていますが、そもそも台湾はそこまでしてどうして独立したいのでしょうか?。

 小さな国だから中国の経済特別区のリーダーとして、国家参加すれば、今伸びている中国に拍車が掛かりよりよい国益になるとも言えると思うのですが、どうして台湾は独立したがっているのでしょうか?。

Aベストアンサー

 いわゆる台湾独立の場合、「中華民国」として独立するのでなく、「台湾」として独立するという考えもあります。
 つまり台湾は、大陸とは異なる文化圏であり、もともと台湾として独立していたが、国民党によって占領されたという考えです。言論の自由なども、李登輝前総統(台湾系)になってから認められたことで、それ以前の国民党時代(大陸系)では認められていませんでした。

『金美齢事務所』HPから「金美齢の提言」より
「ロジックから台湾独立を考える」
http://www.kin-birei.jp/suggest/rondan/200412.html
<私(注:金美齢)も長年使ってきた「独立」という言葉も不適切な含意を人に伝える。台湾はいまだかつて、1日たりとも中華人民共和国の一部であったことはなく、台湾人はかの国に対して1円の税金たりとも納めたことはない。台湾とかの国はそもそも最初から別の国なのだ。「分裂」の事実もないので、「統一」などまったくのナンセンス。
 戦後50数年間にわたって恐怖政治による植民地支配体制を続けてきた中華民国政府は、30年前に「中国正統政府」の虚構を国際的に否定され、21世紀に入ってからは、2度に渡る全民直接投票によって、台湾における政権をも失ってしまった。
 李登輝氏が言うように、中華民国はすでに存在しないのであるが、その虚構体制の残滓はいまなお台湾人を苦しめている。台湾人が「独立」と言うのは、端的にいってこの残滓の清算を指している。げに台湾問題とは「中国の内政問題」などではなく、台湾自体の内政問題なのだ>

 いわゆる台湾独立の場合、「中華民国」として独立するのでなく、「台湾」として独立するという考えもあります。
 つまり台湾は、大陸とは異なる文化圏であり、もともと台湾として独立していたが、国民党によって占領されたという考えです。言論の自由なども、李登輝前総統(台湾系)になってから認められたことで、それ以前の国民党時代(大陸系)では認められていませんでした。

『金美齢事務所』HPから「金美齢の提言」より
「ロジックから台湾独立を考える」
http://www.kin-birei.jp/suggest/ronda...続きを読む

Q共和国とは?日本は共和国?

共和国とは君主をおかず、大統領とかが国家元首となっている国家と聞きました。

このことから、アメリカは共和国と考えてよろしいのでしょうか?
あと、日本も共和国となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。ロシアは、アメリカと違い、共和国の中に共和国(タタールスタン共和国など)を抱えています。中国(中華人民共和国)は実質的は党が国を支配していますが、独裁ではないので共和国と呼べるでしょう。
 イギリス(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)は立憲君主制。女王エリザベス二世が君主でブレア首相が政治のトップ。オーストラリアはイギリス連邦の一員であるため元首はエリザベス女王(この場合、形式上オーストラリア女王)。オーストラリア総督が政治を代行します。サウジアラビアも王国。サウード家が政治を行う数少ない絶対王政の国。

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。...続きを読む


人気Q&Aランキング