質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

平安貴族における結婚制度に招婿婚があります。
男は妻のもとに通い、生まれた子は母方のもと養育され、母方の父親(外戚)に後見されるというものだと記憶しております。

その招婿婚の有り様が書かれている平安時代の古典作品があれば教えていただきたいです。
出来ましたら、具体的にどの部分か(巻や大体前半部分などでも)合わせて教えていただけると幸いです。

A 回答 (2件)

伊勢物語にもあったような。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

読んでみます!

お礼日時:2017/08/27 12:16

文学作品で、この箇所に招婿婚・妻問婚の実体が書かれている、何てことはあり得ない。


男が女の元に通い、子供ができ、それを育てるというのは長い年月がかかることだから。

『源氏物語』でもいいけど、まあ『蜻蛉日記』や『更級日記』はどうでしょう。

「夫である藤原兼家との結婚生活や、(中略)息子藤原道綱の成長や結婚、兼家の旧妻である源兼忠女の娘を引き取った養女の結婚話とその破談についての記事がある。」(Wikipedia『蜻蛉日記』)

「30代での橘俊通との結婚と仲俊らの出産、夫の単身赴任そして康平元年秋の夫の病死などを経て、子供たちが巣立った後の孤独の中で次第に深まった仏教傾倒までが平明な文体で描かれている。」(Wikipedia『更級日記』)


あるいはちょっと古いけど、高群逸枝 『日本婚姻史』や『招婿婚の研究』はどうでしょう。
高群逸枝(たかむれ いつえ)は平塚らいてうと共に女性運動を始めた人。
『高群逸枝全集』全10巻(橋本憲三編、理論社、1966-67年)も出ている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考視させていただきます。

お礼日時:2017/08/20 14:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日の出の時間 日の出の時間は太陽の上端が地平線と一致したときである。とネットでみました。ですが地平線

日の出の時間

日の出の時間は太陽の上端が地平線と一致したときである。とネットでみました。ですが地平線が見えない都市部や山間部などは日の出はどのように考えればいいのでしょうか?
例えば明石市の日の出と経度差から計算して割り出すのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考まで。

http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?path=05000000%2E%95%A8%97%9D%8C%F6%8E%AE%8FW%2F02000100%2E%93V%95%B6%2F12100300%2E%93%FA%82%CC%8Fo%93%FA%82%CC%93%FC%82%E8%8Cv%8EZ%2Fdefault%2Exml

Q日本語、熟語?

ある小説を読んでいて見つけたのですが、「確歴」という言葉は存在しますか?字引にも掲載されてなかったので質問しました。意味はおそらく「歴然」や「判然」に近いと思います。ただ、そのような言葉が存在するのか否かが知りたいだけです。もし日本語の堪能な方がいらっしゃれば、是非教えて下さい。その掲載されている辞書も教えて頂けましたら嬉しいです。

Aベストアンサー

原文を見ました。

This thing is so rare in all its circumstances, and on so good authority, that my reading and conversation have not given me anything
like it.

直訳すると
This thing is so rare in all its circumstances,
このことはあらゆる状況においてとても稀であり、
and on so good authority,
そして、確かな筋から得たものであるため、
that my reading and conversation have not given me anything like it.
私の読んだもの、会話したものはこのようなことを私に与えたことはない。


「確歴」は
on good authority 「確かな筋から」
にあたると思われます。

「たしか(確)で、れっき(歴)とした」ということでしょう。


この頃の人、特に明治から昭和初期にかけて、漢字を組み合わせた新しい熟語を作ることはよくありました。
まだ、日本語が確立していなかった、とも言えますが、言葉が生き生きとしていて、次々に新語が誕生するような若々しさがあったとも言えます。
明治の文豪、例えば夏目漱石なんかには、辞書にない言葉がたくさん出てきます。

平井さんも間違いと言うよりも、特に何も考えることなく、新語を造ってしまった、というだけのことでしょう。
まさか死後40年経って、読者を惑わすことになろうとは、思いもよらなかったことでしょう。

原文を見ました。

This thing is so rare in all its circumstances, and on so good authority, that my reading and conversation have not given me anything
like it.

直訳すると
This thing is so rare in all its circumstances,
このことはあらゆる状況においてとても稀であり、
and on so good authority,
そして、確かな筋から得たものであるため、
that my reading and conversation have not given me anything like it.
私の読んだもの、会話したものはこのようなことを私に与えたことはない。


...続きを読む

Q三島由紀夫と川端康成はカップルだったんですか? 今日、現代文の先生がそんなようなことを言ってました。

三島由紀夫と川端康成はカップルだったんですか?
今日、現代文の先生がそんなようなことを言ってました。
二人はトンカツ屋によくデートをしに行ったとか…。

Aベストアンサー

三島由紀夫の彼女は、美輪明宏さんだ、愚か者!
川端康成は、美少女好きだ!

QT字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

T字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

Aベストアンサー

「誤用がそのまま許容されている」と判断するのが妥当なように思います。
つまり、「本来の使い方」というものは存在しないのではないか、と。
「丁」にしても角度を変えればY字路を表現することは可能でしょうし、どうしても「T字路」という語彙が必要とも思われません。
ただ、「T」の形そのままの箇所は多いわけで、その場合には「T字路」と呼ぶほうがむしろ便利であり、それは間違いだと目くじらを立てるほどのことではない、といったことじゃないでしょうか。

ただ、ウィキによると、
法律ではなく命令であれば、省令の 「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の別表において「T形道路交差点」という用語が用いられている例がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%81%E5%AD%97%E8%B7%AF
とのこと。

Q古典 かぐや姫の昇天について

古典のかぐや姫の昇天から
帝への手紙に添えられた和歌にはかぐや姫のどのような気持ちが記されているのか
教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして、
「いまはとて 天の羽衣 着る時ぞ 君をあはれと おもひいでぬる」という歌ですね。

この前にかぐや姫は「かくあまたの人を賜ひて留めさせ給へど、許さぬ迎へまうで来て、取り率てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かく煩わしき身にて侍れば。心得ずおぼし召されつらめども。心強く承らずなりにしこと、なめげなる者におぼしめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる」
といっていますね、

これを現代語訳すると「このように沢山の人々をお遣わしくださり、わたくしをこの地上に留めようとしてくださいましたけれど、拒みきれぬ迎えがまいりまして、わたくしをつかまえ、連れてまいりますのは、残念にも悲しいことでございます。宮仕えをいたしませんでしたのも、こういう、わずらわしい身の上だったからでございます。さぞご不快におぼし召したことでございましょう。強情にお言葉に従わなかったことを、無礼な者よと思いこんでいられるであろうことが、わたくしにも辛く心に残ります」ですね。

ですから最初の歌を訳するとすれば「今はここから去らねばならぬ身と覚悟して、人の心を失うと言う天の羽衣を着る時か来たのですが、それでもこの時になって、帝をお慕いする気持がしみじみと思いだされてしまうのです」となるようです。引用先は下記です。

私の好きなかぐや姫 ~竹取物語の世界~ かぐや姫が残したもの
http://ncode.syosetu.com/n2096bn/23/

はじめまして、
「いまはとて 天の羽衣 着る時ぞ 君をあはれと おもひいでぬる」という歌ですね。

この前にかぐや姫は「かくあまたの人を賜ひて留めさせ給へど、許さぬ迎へまうで来て、取り率てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かく煩わしき身にて侍れば。心得ずおぼし召されつらめども。心強く承らずなりにしこと、なめげなる者におぼしめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる」
といっていますね、

これを現代語訳すると「このように沢山の人々をお遣わしくださり...続きを読む

Qつんつるてん、のような言葉

六文字で、「つんつるてん」のように、○ん○○○ん となる言葉を教えてください。
特に深い意味はなく、このリズムが好きなので、聞いています。よろしくお願いします。
※タンタカタン、トントコトンみたいな「音」はダメです。

Aベストアンサー

真っ先に浮かんだのは【ギンギラギン】ですが、既出ですね。
 音はダメでもオノマトペはOKですか。だったら相当ありそうです。
http://www.nihonjiten.com/nihongo/giongo/index.html?PHPSESSID=bkbmc7hb0brk0muu8coseuhv41

 ちょっと変化球を。
【チンチクリン】
【安心感】
【変身譚】
【万金丹】

Qこちらの 漢字の意味と読み方を教えてください。

こちらはどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

「弘化四丁未仲夏日
      南谷 寫(写)」
 弘化四年は1847年。
 丁未はその年の干支で、ひのとひつじ又はテイビと読みます。
 仲夏は陰暦で夏の3ヵ月の真ん中、すなわち5月のこと。
 南谷はこの絵を描いた人の名前(雅号)です。

Qこの方の名前はどうに言いますか?

発音は何ですか?
よく書かなたったから、わからない
ヒロフミ?ヒロフシ??
教えてください、頼む

Aベストアンサー

そういわれてみると(啓)にも見えます。単純に(浩)のように思いました。

ただ、(戸)の部分にある横棒(━)が気になります。
(攵)の部分の跳ねている部分をみると、たしかに(啓)のほうが有力のような気がします。

Q高校古典文法についてです。 ある者、小野道風の書けり和漢朗詠集とてもちたりけるを この文の動詞と形容

高校古典文法についてです。

ある者、小野道風の書けり和漢朗詠集とてもちたりけるを

この文の動詞と形容詞と助動詞の活用形などを教えてください。

例えば
動詞 〇行〇活用「」の〇形
形容詞 〇活用(形容詞or形容動詞)「」の〇形
助動詞 (使役など意味)の助動詞「」の〇形

このように答えていただければ助かります。
回答お願いします!

Aベストアンサー

ある者、小野道風の書ける和漢朗詠集とて持ちたりけるを
この中には、形容詞はありません。

書ける
カ四動詞「書く」已然形+存続助動詞「り」連体形

持ちたりける
タ四動詞「持つ」連用+存続助動詞「たり」連用+過去助動詞「けり」連体

Q凡夫ってどういう人を言いますか?

凡夫ってどういう人を言いますか?

Aベストアンサー

普通の人。
中の中で、仕事が終われば
まっすぐ家に帰ってきて、ご飯を食べ寝る。
そんな毎日を繰り返している人ですかね。
でも、そんな凡夫が日本の社会を陰で支えている
のですがね。


人気Q&Aランキング