夫4/5 妻1/5名義で購入したマンションを離婚に伴い販売する場合ですが
販売代金は全て夫側が受け取り、残りのローンを返済していく事になっています。
購入価格より販売価格の方がかなり安い金額になります。
この場合に妻側に譲渡所得税がかからないようにしたいのですが、離婚の手続きと
販売の手続きをどちらを先にした方がいいでしょうか?
3,000万円までの特別控除を受けた場合に、4月に生まれたばかりの子供がいろいろな
控除等を受けられなくなる場合があるらしいので、特別控除は受けないように
したいのですが。
他にもこの内容に対して妻側にアドバイス等がありましたらよろしくお願いいたします。
(当事者ではないもので、上手く質問がかけてないかもしれませんがよろしくお願いします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず譲渡税についてですが、売却した価格の方が低ければ譲渡所得が0なので、税金はかかりません。


したがって3000万円特別控除の件はここでは関係ないと思います。
むしろ買い替えをした場合等、要件を満たせば損失控除等も併用して使える可能性もありますので、そちらを調べられた方が良いでしょう。

あと実務的には、<販売代金をご主人が受け取り、残りのローンを返済していく>とありましたが、ここが気になります。
もし抵当権が設定されていれば、売買の際、一旦その抵当権を抹消しなければならないので、残りのローン(残債)は自己資金で不足分を補うのが原則で、もしくは別の不動産に設定し直すか、無担保で新たな借入れを起こすことになるのではないかと思います。
売却価格だけでは残債が返せないのを、俗に債務超過と言いますが、この場合、事前に仲介業者や借入れ先の金融機関と事前に不足分をどうするか打ち合わせてから、売却活動をスタートすることが大切です。
    • good
    • 0

>購入価格より販売価格の方がかなり安い金額になりま


>す。

売却して、利益が出なければ、譲渡所得は発生しません。

問題は、妻のローン残高を、元夫が引き受けた場合、返済額が年間110万円を超えると、元夫から妻への贈与となり、妻の側に贈与税がかかります。
この問題を回避するには、売却代金は持ち分に応じて分けて、妻がその中から、ローンの返済をして、足りない分を元夫が負担すれば、元夫からの贈与の額は少なくなります。

年間110万円を超えなければ、問題はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q居住用財産の3,000万円特別控除について

所得税法にお詳しい方がおられましたら、お教え願います。
一つの土地を3つに分筆して、その一つに家を建てて住んでる人がおります。
今回、3つの土地全てを売却しましたが、居住用財産の3,000万円控除は、そのうちの家を建てている土地しか適用されないのでしょうか。
家を建てている土地の売却代金が3,000万円に満たない場合は、他の土地の売却代金から控除するわけにはいかないのでしょうか。
よろしくご教示願います。

Aベストアンサー

>今回、3つの土地全てを売却しましたが、居住用財産の3,000万円控除は、そのうちの家を建てている土地しか適用されないのでしょうか。
そうです。
>家を建てている土地の売却代金が3,000万円に満たない場合は、他の土地の売却代金から控除するわけにはいかないのでしょうか。
いきません。

居住用資産の譲渡益ですから、住宅として使った土地建物です。
ちなみに譲渡益の3000万円が控除されるわけで売却代金そのものではありません。

Q住宅借入金等特別控除を受けられる対象は?

住宅借入金等特別控除を受けたいと思っています。が、名義は親のもので実際にローンを返しているのは私です。この場合、私が控除を受けることは可能でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>生命保険の控除は契約者本人でなくてもいいんですよね。どうですか。
はい。こちらは「実際に支払った人」になります。

>どうにか活用できないんでしょうか。
残念ながらないです。

住宅借入金等特別控除はあくまで景気対策のために導入された時限立法のものであり、マイホーム取得を促して、産業界を活性化させよう(住宅建築は波及効果が大きい)という目的ですから、本質的に生命保険料控除とは意味が違います。
なので目的限定のために制約を設けています。

平たく言えば、税負担の軽減や減税が目的ではないから、これを目当てに家を建築してくれれば、実際に有効活用できようと出来なかろうとそんなことはどうでもよいのです。国にとっては。

Q配偶者控除を受けてる妻の源泉徴収票について

年末調整の時期が来ましたが、働いている妻が、毎年夫の配偶者控除を受けている場合ですが、ある年、最初の3ヶ月を別の会社で働いていて、あとの9ヶ月を今の会社で働きそこで年末調整を受けるときに、最初の3ヶ月の源泉徴収票は、あえて必要ないと考えてよいでしょうか?手続きとしてはするのが普通ですが、その3ヶ月に税金をたいして払ってないので、たいして還付がないと思うのですがどうなのでしょうか?こういう場合でもその3ヶ月分の源泉徴収票は提出するべきでしょうか?

Aベストアンサー

>働いている妻が、毎年夫の配偶者控除を受けている場合…

税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はなく、夫が配偶者控除を受けることと、妻が年末調整を受けることとは、次元の異なる話です。

>最初の3ヶ月の源泉徴収票は、あえて必要ないと考えてよいでしょうか…

何でそういう論理になるのですか。
20万以下申告無用の条件をすべて理解した上で言っているのなら良いですけど、配偶者控除の範囲ぎりぎりと仮定すると 103万円弱、3ヶ月では 20万超えそうですが。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q来年の所得税から年少扶養控除や同居特別障害者控除が変わりますが、これは

来年の所得税から年少扶養控除や同居特別障害者控除が変わりますが、これは来年の年末調整時に清算する内容であって、毎月の甲欄の税計算方法が変わるわけではないですね?

Aベストアンサー

詳しくは不明ですが、
税制改正のパンフレットには
来年1月1日以降支払うべき給与からと書いてありますので
来年度用の源泉徴収税額表が国税庁からでるのではないでしょうか。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2010/pdf/01.pdf

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/01.htm

Q妻の両親との養子離縁:妻との離婚成立済みの場合です。長文ですがよろしくです。

質問は以下の3点です。
(1)妻との協議離婚が完了したことで妻の両親との養子縁組が「やむをえない事由」として一方的に離縁されることはあるのか
(2)腹立たしいが、500~1000万の支払いをもって無理やり自身を納得させたいが世間や法律はおかしいと思うのか
(3)直接文書で平易な表現で問いかけても弁護士を通せという非常な回答しかなく、早期に解決するには弁護士をたてるべきか

状況を説明させてください。30前半の男性です。5年ほど前結婚するにあたり、妻が資産家で両親が小さめながら株式会社を営む家の一人娘であったこともあり、妻の両親と養子縁組をし、同姓同士になってからすぐ婚姻手続をしました。結婚当初は遠方で二人で生活しましたが義父の疾病を機に、妻の実家に同居し、家業にも入りこれまで3年半、私から見ると商売に対してあまりに無計画で意欲的でない義父母と時には口論にもなりましたが、なんとか自分の代まで続く会社にしたいと思い毎日14時間前後、休みも年間80日弱の状態で頑張って仕事に励みました。しかし、妻と価値観や性格の不一致で不和が2ヶ月ほど続いていたころに、妻と義父母がそれぞれ離婚と養子離縁を求めてきました。養子離縁はおそらく娘が離婚を望むからということと、会社の経営に関して業績悪化や従業員との不和もあり混乱した最中に、私が義母に対して「財務・経理をあなたがすべて牛耳っているところに問題があり、実務を他に任せたほうが会社の存続が見込める」といったことに対し怨みをもっているからでしょう。 私は離婚と養子離縁は同時手続だと主張しましたが、妻が連日連夜離婚だけでも早くと泣いて懇願してやまないので仕方なく今年5月中旬に離婚届だけ二人で先に出しに行きました。結果養子離縁の話ははかどらなくなり私は後悔しています。
これまで確かに娘さんを幸せにしてやれなかったこと、会社の運営に際しては口論し失言もしたことの反省点もありますが、不貞や暴力や横領などは一切なく私利私欲を捨て誠意をもって仕事にあたり家族生活にも馴染むようにしてきました。   婿入りにあたり大卒以来の職を辞め、姓を変え、住まいを変えてきたことについて、「自業自得だ」といわれ大金を払うつもりもあなたの実家と話す気もない、と言われている状態です。当然同居は精神が持たないので3ヶ月前に独居を始め、職も探している状態です。
ちなみに妻の両親の会社は離婚や離縁の話になったころに身売りの話を決め、結局今月で営業譲渡してしまいます。理由は後継者不在と債務超過、設備投資の実行不能による先行き不安だそうで。もっとも妻の両親や祖母は不動産による不労所得が毎月数百万あるので生活の不安はないと思われます。
そのまま放って置けばいいじゃないかというご意見もいただくのですが、将来的な相続権よりも、早くあのような一家とは絶縁し、幸せな家庭を持ちたいと思います。しかし、ただの泣き寝入りでずっと怨みをもってしまうのもいやなので建前であっても金銭だけでも取りたいと思います。早く旧姓に戻ってやりなおしたいです。知恵をお貸しください。

質問は以下の3点です。
(1)妻との協議離婚が完了したことで妻の両親との養子縁組が「やむをえない事由」として一方的に離縁されることはあるのか
(2)腹立たしいが、500~1000万の支払いをもって無理やり自身を納得させたいが世間や法律はおかしいと思うのか
(3)直接文書で平易な表現で問いかけても弁護士を通せという非常な回答しかなく、早期に解決するには弁護士をたてるべきか

状況を説明させてください。30前半の男性です。5年ほど前結婚するにあたり、妻が資産家で両親が小さめながら株式会社...続きを読む

Aベストアンサー

月数百万の収入ということは、最低でも数億の資産があることになります。養子は実子同様の相続権がありますから、普通は相続のときのことを恐れて向こうから離縁を望むものですけどね。

私の遠縁に大変な資産家(けっこう有名なオーナー会社の一族)がありますが、長女の婿を離縁するにあたって巨額のハンコ代を払いました。長女とそのお婿さんは結婚期間10年弱、3人の子どももいましたが性格の不一致で離婚しました。離婚についてはどちらからも慰謝料はなかったのですが、養子縁組解消してもらうために養父が1億円以上払ったのです。4人姉妹なので養子を入れて5人子どもがあることになり、遺言も書いておけば相続できるのは遺留分の20分の1(妻=養母が先になくなれば10分の1)なのですが、それでも数億になるということでした。

質問者さん同様、大卒以来勤めていた企業(超一流企業)を退社して入社してもらった婿入り先の会社を辞めさせることへの迷惑料という意味合いもあったでしょうが、相続権がある以上これぐらいは払わないと離縁してくれないと分かっていたようです。実は、このお婿さんは離縁後、数年で亡くなったので結果論を言えば放っておいても良かったんですけどね・・・ちなみに私が遠縁の内情に詳しいのは、このお婿さんを紹介したのは私の親だったからです。お婿さんは結婚前に勤めていた会社でも将来を有望視されていたそうで、私の親が口説いて婿入りしてもらったのです。

直接、関係ない話を長々書いて失礼しました。本当なら離縁しなくて困るのは先方のはずなんですが、こちらから離縁の話を持ち出してお金を貰うのは実際には難しいでしょうね。相手が離縁したいと言ってくるまで放っておくのが得策だと思います。娘さんと離婚したことが即、養子縁組を継続できない決定的な理由とはなりませんが、最近の裁判所は実態に即した判決を出すようになっていますので、「親子」としての実態がなければ離縁を認められる可能性は高いです。ただ、500~1000万程度以上の慰謝料は認められると思いますが。こちらから離縁を望むのでは先方は願ったりかなったりで調停・裁判のしようもないですから、もし私の親のような仲に立った方があるのなら、交渉をお願いするぐらいしか考えられません。

月数百万の収入ということは、最低でも数億の資産があることになります。養子は実子同様の相続権がありますから、普通は相続のときのことを恐れて向こうから離縁を望むものですけどね。

私の遠縁に大変な資産家(けっこう有名なオーナー会社の一族)がありますが、長女の婿を離縁するにあたって巨額のハンコ代を払いました。長女とそのお婿さんは結婚期間10年弱、3人の子どももいましたが性格の不一致で離婚しました。離婚についてはどちらからも慰謝料はなかったのですが、養子縁組解消してもらうために養...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報