『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

障害年金申請中です。
先日うつ病での障害年金の認定日請求を申請しました。
そこで、質問なんですが、

①医師からの直近の診断書には「就労は困難」となっていましたが、診断書を書いて貰った後就職が決まり、正社員として勤めています。勿論、申立書にはきちんと就職している事も記入しました。
ただ、就職して1週間でうつ病が酷くなり、1週間会社を休みました。申立書にも「就職したが、1週間で休職中、退職を検討中」と記入しました。
この場合等級の決定に影響は出るのでしょうか?

②支給までにはだいぶ時間が掛かるみたいなので、現在の仕事は辞めて、派遣やパートで働こうと思っているのですが、決定までの間の就労は年金の等級の決定に影響は出るのでしょうか?

③実際支給された場合、どの程度働いても次回更新時に支給停止や減額にならないのでしょうか?正直、3級で支給された場合、生活が出来ないと思うので。

長文となってしまいましたが、年金問題に詳しい方おりましたら、回答をお願いします。

A 回答 (1件)

① 既に請求を済ませてしまっているのなら、影響しません。


② ①と同じです。
③ 更新時には、初回請求時から更新直前までの日常生活や就労の状況が問われます。3級は障害者枠や時短勤務といった労働に制限が付く状態をいい、2級以上は就労不能をいいます。働き方によってはこれらに矛盾してしまうので、当然、支給停止(等級外)や級落ち(減額)になります。個人個人の経済的状況などは一切考慮されませんので。

こういったことは、国民年金・厚生年金保険障害認定基準とか障害等級判定ガイドラインとか、日常生活状況と就労状況の照会票とかで細かく決められてます。
こういうことは調べました? 日本年金機構のホームページの中にあります。
精神の障害による障害年金のときは、身体の障害と違って、すごく厳しく就労の状況を見ます。

要は、既に請求が済んでるなら、一応、働いても構いません。支給決定には影響しないからです。
ただし、上に書いたように、更新時には、もろに影響してきますよ。くれぐれもそのつもりで。
だいたいにして、就労が難しい・できないからこそ障害年金を受けるわけで。無理に働くことは勧められないですし、障害年金を受けようとすることとも矛盾してますよね? どんな経済的事情があるにせよ、働けるわけですからね。

何級になるか、とか、認められるだろうか、とかにはお答えできません。
日本年金機構が判断することですから、なるようにしかなりません。もちろん、甘いもんではないです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父親の扶養家族ですが、年金いくらもらえる?

本当に初歩的な質問ですみません。51歳独身女性です。個人事業主ですが、今まで安直に父親の扶養のまま過ごしてきました。
今後の老後を考え、今更ですが、税金等きちんとしていきたいと考えています。

現状の私が老後を考えた場合、何歳からいくらくらい年金は受給できるのでしょうか。
年金等の仕組みもよくわからず、すみません。

ご助言いただければ、助かります。

Aベストアンサー

お父さんの扶養は全く関係ないです。
あなたが国民年金の保険料をいくら払っていたかです。
それはあなたに代わってお父さんが年金保険料を
払っていた場合も含みます。
国民健康保険もあなたに代わって、高齢のお父さんが
払っているんですかね?

いわゆる年金の扶養は、配偶者を第3号被保険者
として申請をすることで保険料がタダになる制度
ぐらいです。

ということで、あなたの年金保険料が20歳以降
どのぐらいの期間納付していたかによります。

この8月から、10年以上の加入期間で受給権は
得られるようになりました。

年金額は、以下の簡易式
1624円×加入(納付)期間(月数)
で年額が求められます。

満額は
1624円×480ヶ月=77.9万
となります。

誕生日前後に郵送されていくる、
『ねんきん定期便』
を見ると、加入期間や65歳以降
受給見込みの年金額が確認できます。

あるいは下記のねんきんネットに
IDを登録して、ご確認下さい。
https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

しかし、認識するのがちょっと遅すぎます。

加入期間が短い場合、60歳以降も
任意加入制度が利用できますので、
ご検討下さい。
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140627-03.html

お父さんの扶養は全く関係ないです。
あなたが国民年金の保険料をいくら払っていたかです。
それはあなたに代わってお父さんが年金保険料を
払っていた場合も含みます。
国民健康保険もあなたに代わって、高齢のお父さんが
払っているんですかね?

いわゆる年金の扶養は、配偶者を第3号被保険者
として申請をすることで保険料がタダになる制度
ぐらいです。

ということで、あなたの年金保険料が20歳以降
どのぐらいの期間納付していたかによります。

この8月から、10年以上の加入期間で受給権は
得られるように...続きを読む

Q(定年)退職後の年金生活

こんにちは。53歳♂です。年金について、見込額通知が届き、約65,000円/月となっています。この金額で衣食住全てを賄うという事でしょうか?それとも死ぬまで働けって事でしょうか?日本には社会保障制度はないのでしょうか?海外帰国者で無知の為、ご教示何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。
老後の備えができていないなら、それは国や人のせいにはできません。
今まで どうやってきましたか?
53歳なんですね、
通常はいろいろ備えをしているものです。
なんらかの備えはしてるのですよね?

年金だけで暮らせるとは限りません、
また、そういった約束なんて聞いたことがありません。
みんなは年金だけでは心配だから、大抵はなんらかの備えをしています、
たとえば 住むところは確保しているとか貯蓄はしているとか、長く働くとかでしょう。
あるいは 生活費を少なくするのも一方法です。

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。

Q60歳から貰える基礎年金とは何?

60歳から貰える基礎年金とは何?

Aベストアンサー

老齢基礎年金は、原則として65歳から受け取れますが、60歳から64歳までの間でも請求を行えば繰上げて年金を受け取れます。なお、老齢基礎年金を繰上げて受け取る場合は、次の点にご留意ください。
 (1)老齢基礎年金の額は、生涯にわたって減額されます。
 (2)繰上げ受給の手続きをした後は、障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることはできません。
 (3)国民年金の任意加入者であるときは、繰上げ受給はできません。
・・・・・・詳しくは、リンク先日本年金機構にてご確認ください。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/sonota/20140421-05.html
厚生年金なら、旧制度では60歳から厚生年金が支給されていたため経過措置として60歳~65歳になるまでは特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分+定額部分)を受け取ります。
しかし経過措置は、年齢が繰り上げになって居ます。
詳しくは、https://www.hoholine.com/guide/nenkin/nenkin6
質問者さんが、どちらかわからないので二つURLを貼り付けました。

老齢基礎年金は、原則として65歳から受け取れますが、60歳から64歳までの間でも請求を行えば繰上げて年金を受け取れます。なお、老齢基礎年金を繰上げて受け取る場合は、次の点にご留意ください。
 (1)老齢基礎年金の額は、生涯にわたって減額されます。
 (2)繰上げ受給の手続きをした後は、障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることはできません。
 (3)国民年金の任意加入者であるときは、繰上げ受給はできません。
・・・・・・詳しくは、リンク先日本年金機構にてご確認ください。
http://www.nenkin.go.jp/ser...続きを読む

Q私は精神障害者3級です 障害者年金はもらえますか? 旦那も最近転職して給料が下がり もらわないと生活

私は精神障害者3級です
障害者年金はもらえますか?
旦那も最近転職して給料が下がり
もらわないと生活が苦しいです 
ちなみに私は障害者施設で仕事してますが月収1万円あるかないかです

Aベストアンサー

私のすんでいるところでは3級でももらえます。収入にもよりますが一カ月おきに9万円弱です。参考までに。

Q障害者年金

障害者年金3級についてですが、仮に65歳まで会社に勤め厚生年金を納めていて
65歳に厚生年金をもらうとします。
その時点で障害者年金3級者と判断されれば、年金支給額はどうなるの?

普通に今まで納めていた額に値する厚生年金+障害者年金分がもらえるのですか?

Aベストアンサー

>普通に今まで納めていた額に値する
>厚生年金+障害者年金分がもらえるのですか?

残念ながらもらえません。
下記の後半
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/jukyu-yoken/20150401-02.html
引用~
また、障害認定日の属する月後の被保険者期間は、
年金額計算の基礎とはされません。
~引用

つまり、老齢厚生年金が受給開始年齢
となった場合は、どちらかを選択する
ことになります。
加入期間及び標準月額報酬により、
老齢厚生年金は増えているので、
障害厚生年金より多い額が受給
できる場合はあるでしょう。
また、障害が治った、軽くなった
場合も老齢厚生年金の受給ができる
状態にはあるということです。

いかがでしょうか?

Q障害年金?精神障害者への給付について。

大阪市在住の女が「私い〜、心の病気だからあ〜。」と数年間なにやら
鬱のフリを装い、「年金(?)を貰った〜!」と200万円そこそこの
お金をもらったそうです。

そして、そのお金でネイル教室に通い、歯の矯正をするんだ〜。と喜んでいます。
他にも服買ったり、旅行に行ったり、、
今迄も今も夜は適当にスナック勤めしています。
いままで足らずはオッサンつかまえて援助してもらってたみたいです。
(おそらくこのオッサンの入れ知恵と思います)

別にコイツに恨みはないのですが、こんなヤツが大勢居ると思えば納税の気持ちも失せます。
どこから出ている、何の年金(?)なんでしょうか?

Aベストアンサー

誠にスイマセンが2番さまは「障害基礎年金」を誤解為されております。

1 障害基礎年金
確かに障害基礎年金を受給している者は国民年金保険料は法律により免除され、給付対象となった認定日が遡及認定となったのであれば、認定日以降に納めた保険料[時効にかかっていない分に限定]は法律により当人へ返還となります。

これにより、この方は20歳以降認定の前月までの国民年金保険料を納めた事になりますよね。

では、納めた実績[月数]に応じて障害基礎年金が支給されるのか?
障害基礎年金は国民年金法に定めた障害の程度[1級または2級]に応じて一定額が年金として支給されることから、答えはノーです!

ではどこから出ているのか?
国民年金や厚生年金に加入していた方や現時点で加入している方々が納めている保険料からです。
また、国民年金に対しては国民年金保険料と同額の税金[国庫]が投入されております。

結論:皆の保険料と税金から年金は支給されている。


2 障害厚生年金
 こちらは当人が納めた保険料の基礎となる「標準報酬月額」[正確な表現ではないけれど]に基づき年金額が決定したします。
  ●簡略化した計算式
   平均標準報酬額×加入月数×乗率など
   ⇒尚、加入していた月数が300月以下の方は自動的に300月加入していたとして計算されます。この事から、300月未満の方が「自分の納めた保険料に基づいて」と自己弁護することは勘違いとなる。

 そして、厚生年金に納める保険料は当人(労働者)と会社が折半[会社が多く負担することは合法]しています。

結論:当人の納めた僅かな保険料と、厚生年金に加入している労働者の保険料および企業が払う保険料から支給されている。

誠にスイマセンが2番さまは「障害基礎年金」を誤解為されております。

1 障害基礎年金
確かに障害基礎年金を受給している者は国民年金保険料は法律により免除され、給付対象となった認定日が遡及認定となったのであれば、認定日以降に納めた保険料[時効にかかっていない分に限定]は法律により当人へ返還となります。

これにより、この方は20歳以降認定の前月までの国民年金保険料を納めた事になりますよね。

では、納めた実績[月数]に応じて障害基礎年金が支給されるのか?
障害基礎年金は国民年金法に定めた障...続きを読む

Q高校卒業後すぐに働きだし、最初の2年は厚生年金、翌年から廃止?になるまで共済年金、その後43歳まで再

高校卒業後すぐに働きだし、最初の2年は厚生年金、翌年から廃止?になるまで共済年金、その後43歳まで再び厚生年金に加入していました。
国民年金が25年払わないといけないのは承知しています。20歳からなのでまだ少しありますよね?
それは払うと仮定して、今度転職を考えてるところが、年金は自分で国民年金に加入するよう言われました。
正直な話しパートとは言えフルで働くのを前提で雇ってもらうことになり、国民年金とはショックです。
老後のことを考えると厚生年金に加入したい…。
やはり今からでめ国民年金と厚生年金では将来貰える額にけっこうな差は生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

ご存知のことも多いと思いますがまず基本的な話から。国民年金は別名「基礎年金」とも言われるように年金のベース、いわゆる1階部分です。厚生年金は、国民年金を内包する追加の年金で、いわゆる2階部分と言われています。この他さらに厚生年金基金や企業年金などの3階部分がある人もいます。
年金の受取額から比較すると、やはり国民年金だけの方が月約5万円、厚生年金加入の方が月約15万円くらいと約10万円の差があるようです。但しこれはあくまで実際の目安で、具体的には年金手帳と本人を証明できるもの(免許証など)を持参し最寄の年金事務所で確認されることをお勧めします。本人であればかなり具体的なことも分かりやすく教えてくれるはずです。
あらためましてひとつ疑問なのですが、フルタイムに近い(正社員の3/4以上の勤務者、常勤者が週5日労働ならば週4日以上勤務者)パートならば厚生年金に加入させなければならないはずなのですがその辺大丈夫でしょうか?今一度ご確認ください。

Q耳の障がい年金について詳しいつも方はいませんでしょうか?私の知人が障がい年金を取得しようとしていて不

耳の障がい年金について詳しいつも方はいませんでしょうか?私の知人が障がい年金を取得しようとしていて不思議に思い、質問させて頂きました。
障がい年金の方法に、

年金法の聴覚障害状態は以下です。(下記のパンフレット参照)
1級2号
両耳の聴力レベルが100db以上

2級
身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要、とする程度のもの

両耳の聴力レベルが90db以上
又は
両耳の平均純音聴力レベル値が80db以上で、 かつ、最良語音明瞭度が30%以下。

とありますが、最良語音明瞭度が30パーセント以下も該当しないとダメでしょうか?

90dp以上はその方はあります。
2級の可能性はありますか?
現在は3級です。

Aベストアンサー

結論から言います。
両耳とも平均純音聴力レベル値が90デシベル以上であれば、障害年金の2級に該当します。

障害年金の2級と認められるための聴覚障害は、以下のどちらかを満たしている状態をいいます。
どちらかが満たされていれば、OKです。
(法令などでの文章表現を言い替えて、わかりやすく記しました。)

1.
両耳とも平均純音聴力レベル値が90デシベル以上である[身体障害者手帳の3級の聴覚障害と同じ]
(注:最良語音明瞭度は見ない)

2.
両耳とも平均純音聴力レベル値が80デシベル以上であり、それと同時に、両耳とも最良語音明瞭度が30%以下である
(注:平均純音聴力レベル値が80デシベル以上90デシベル未満のときは、必ず、最良語音明瞭度も見る)

障害年金の障害等級は、身体障害者手帳の障害等級とは異なります。
そのため、「◯級」と言うときには、それが障害年金の等級のことを言うのか、それとも身体障害者手帳での等級のことを言うのか、はっきりと示して下さい。
もしも、障害年金の等級を 3級 ⇒ 2級 にしたい、というときには、障害給付額改定請求という、ある種の特別な手続きを行なわなければならないためです。

ちなみに、障害年金の3級となる聴覚障害は、以下のどちらかを満たしている状態をいいます。
その他、https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6226805.html の回答 No.3 も参照して下さい。

ア.
両耳とも平均純音聴力レベル値が70デシベル以上である[身体障害者手帳の6級の聴覚障害と同じ]
(注:平均純音聴力レベル値が70デシベル以上80デシベル未満のときは、最良語音明瞭度は見ない)

イ.
両耳とも平均純音聴力レベル値が50デシベル以上であり、それと同時に、両耳とも最良語音明瞭度が50%以下である
(注:平均純音聴力レベル値が50デシベル以上70デシベル未満のときは、必ず、最良語音明瞭度も見る)

障害年金の受給を初めて請求するときには、上記の障害要件のほかに、初診要件と保険料納付要件も満たしていなければなりません。
つまり、「医師の診断書1つでだいたい決まります。」というのは誤りです。診断書だけでは決まりません。
また、診断書を見るのは、日本年金機構から委嘱されている障害認定審査医員(認定医)です。
その他保険料納付要件などについては、日本年金機構の担当課の職員(調査官ではありません)が見ます。
調査官とは、審査請求(不服申立)をした際の、厚生労働省の地方厚生局の社会保険審査官を指します。
したがって、回答1は誤りです。

初診要件(初診日の証明を要する、という条件)は、https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9823554.html の回答 No.2 を参照して下さい。
その初診日のときに加入していた公的年金制度の種類の違い(国民年金 or 厚生年金保険)によって、自動的に「受けられる障害年金の種類」(障害基礎年金 or 障害厚生年金)が決まってしまいます。

保険料納付要件については、https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9825437.html の回答 No.3 を参照して下さい。
初診要件が満たされていることを前提に、初診日の前日の時点で「初診日のある月の2か月前までの保険料の納付状況を調べる」というのか、保険料納付要件です。
なお、20歳よりも前の「何1つ公的年金制度に入っていなかったとき」に初診日がある場合に限って、保険料納付要件は見ません(その代わり、障害基礎年金しか認められません。)。

以上です。

その他、詐病(ウソをついて障害を認定してもらおうとすること)を防止するため、ABR(聴性脳幹反応)などの他覚的検査を要する場合があります。そのような法改正がありました。
いわゆる「佐村河内氏事件」(耳が聴こえないはずの音楽家による事件)がきっかけです。
身体障害者手帳も障害年金も、ケースによっては、自覚的検査(純音聴力検査と語音明瞭度検査をいいます)だけでは認定を行なわないことになっています。
該当するケースの場合(ひとりひとりケースバイケースです)は、所定の受診指示などが追加されますので、指示にしたがって下さい。

結論から言います。
両耳とも平均純音聴力レベル値が90デシベル以上であれば、障害年金の2級に該当します。

障害年金の2級と認められるための聴覚障害は、以下のどちらかを満たしている状態をいいます。
どちらかが満たされていれば、OKです。
(法令などでの文章表現を言い替えて、わかりやすく記しました。)

1.
両耳とも平均純音聴力レベル値が90デシベル以上である[身体障害者手帳の3級の聴覚障害と同じ]
(注:最良語音明瞭度は見ない)

2.
両耳とも平均純音聴力レベル値が80デシベル以...続きを読む

Q私は、生活保護を受けているものですが、障害者2級になりましたが、保護費は、いくら上乗せになりますか、

私は、生活保護を受けているものですが、障害者2級になりましたが、保護費は、いくら上乗せになりますか、また障害者年金は、いままで、払ったことがないので年金は、貰えないと、ききましたか、何か、貰える方法、ありませんか、誰か教えて下さいませ⁉

Aベストアンサー

収監の経験は無いけど(笑)今、厚生年金で1級を受ける身なので、自分で理解している範囲で。

①私は、生活保護を受けているものですが、障害者2級になりましたが、保護費は、いくら上乗せになりますか、
②障害者年金は、いままで、払ったことがないので年金は、貰えないと、ききましたか、何か、貰える方法、ありませんか、誰か教えて下さいませ⁉
③年金のほうは、例えばば、刑務所とかに、入っても、ストップされないでしょ

手帳2級のことですか?
障害の一部を除き、手帳と年金は連動しませんよ。
手帳2級が障害年金の受給を約束するものではない。
もちろん等級も連動しない。

①老齢年金は所得です。
額により課税されます。
障害年金は所得ではありません。
額によらず非課税です。
じゃ、所得じゃ無いから保護費が減額されないか、と言うと、、、
生活保護は最低限の暮らしをするための制度ですが、総額で考えるために障害年金の収入も加算されます。
つまり年金分は保護費から引かれる。
受ける額の総額は変わりません。

他、1番さんがおっしゃるとおり等級と地域によってわずからながら加算額があります。
(これは引かれず保護費に上乗せ)

②国民でも厚生でも、今まで年金を払ったこと無いの?
初診(の前日)のときに未成年ではないの?
初診(の前日)で支払う義務がありながら未納なわけ?
後者なら受給の資格無し。
火事や事故に遭ってから保険に加入するのと同じです。
1年半以上過去に戻れるタイムマシンが発明されたら大丈夫ですが。

③20歳前傷病による障害年金なら、収監の間は支給停止。
そうでなければ大丈夫、受け取れます。
受給する側ではなく納付する側だったら、、、
収監が理由では保険料の減免はハードル高し。
(金持ちが刑務所に入っても支払う余裕はあるだろうし)

収監の経験は無いけど(笑)今、厚生年金で1級を受ける身なので、自分で理解している範囲で。

①私は、生活保護を受けているものですが、障害者2級になりましたが、保護費は、いくら上乗せになりますか、
②障害者年金は、いままで、払ったことがないので年金は、貰えないと、ききましたか、何か、貰える方法、ありませんか、誰か教えて下さいませ⁉
③年金のほうは、例えばば、刑務所とかに、入っても、ストップされないでしょ

手帳2級のことですか?
障害の一部を除き、手帳と年金は連動しませんよ。
手帳...続きを読む

Q抗癌剤治療費が42,000円も 請求されてびっくりしました。最初に 事務の方に 限度額適用認定証を提

抗癌剤治療費が42,000円も 請求されてびっくりしました。最初に 事務の方に 限度額適用認定証を提示しました。私の適用区分が エ です。57,600円です。月に 2回の 時もありますが その場合は 限度額で済むのでしょうか?私の生命保険はガン保険でなかったので入院と手術しか出ませんでした。先生は 一様 8クール 点滴 飲薬 1クール21日 7日休みの予定でするそうです。(抗癌剤エルプラット SOX療法)仕事も11月で退職します。来年の医療費控除で税務署に行くつもりですが どのくらい戻ってきますか?傷病手当金は申請します。1年半もらえるとのことです。保険証は 退職しても使います。まあ 色々とわからないことばかりなので 教えて頂けたらありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですか。病気の時の出費は痛いですよね。

まず、限度額申請をされているという事なのでひと月の支払いは¥57600以上はありません。同月に2回あった場合は残り¥15600の支払いで済みますよ。また、4か月目からは支払い限度は更に下がり¥44000になります。
現在加入の健康保険は共済なのであれば、上限¥25000を超えた保険診療費の差額を更に3か月後に口座に返金してくれます。健康保険組合に確認してみてください。

11月で退社される前に保険組合で手続きをすれば、退社後2年間は今の健康保険が使えますので、家族の扶養にならず国民健康保険にするのなら是非手続きしてくださいね。

傷病手当金は権利なので貰った方がいいですよね。その後も例えば再発や後遺症などで働く事が困難だった場合は障害者年金を受け取れる可能性があります。

最後、医療費控除ですが、窓口で払った費用から生命保険や、健康保険組合から付加給付をもらった額を差し引いた額を申請することができます。

いろいろと不安だとは思いますが、まずはしっかりと治療して下さいね。


人気Q&Aランキング