【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

なんで雷って近くに落ちた時、爆竹が破裂した音みたいにパーン!ってなるんですか?ピかって光った瞬間にパーンみたいなパチューンって音なってそのあとドドドドーン!!ってなりますよね?遠くにいるときはドドドドーン!!って聞こえるのに近くにいるときにパーン!!ってなるのはなんか音の原理とかですか?あとさっきから何回ももじぶんの家の近くに雷が落ちてるんですけど、なんか腕と足の毛が立ってますw これって静電気みたいなものなんですか?なんか嫌だし音が心臓にわるいです。

gooドクター

A 回答 (4件)

落雷は、空気中に膨大な連流が流れて、その熱で空気が急激に膨張します。


落ちた地点も同じです。
その「空気が急激に膨張」の変化が空気振動、つまり「音」になります。
高音は伝搬距離による減衰が大きいので、遠くになるに従い、高温部分が聞こえづらくなります。

> なんか腕と足の毛が立ってますw これって静電気みたいなものなんですか?
その可能性は高いです。いわゆる、誘雷、でしょう。
プラスチックをこすって、素肌に近づけたとき、これと同じです。
    • good
    • 0

雷撃により瞬間的に高温状態が作られる



空気は温まると膨張する->急膨張による衝撃波が発生->衝撃波による破裂音が発生する->至近距離は高音も低音も到達する->距離が離れるほど高音(周波数高い)程減衰がおきやすい->距離が離れると低音のみ到達->ゴロゴロゴロ
    • good
    • 0

電気がショートした時の音です。


高圧で瞬間ですから人には聞き取れないです。
部分的に聞いているだけです。
だから静電気の発生もたくさんあるのです。
    • good
    • 0

雷が落ちた時に、音速を越えるので、その衝撃破が後から地面にぶつかるからです。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング