今あるファーストフードでアルバイトしているのですが、六月の給与の合計がすでに80万になってしまいます。このままでは103万を超えてしまいます。仮に103万をこえてしまうとどうなりますか?友達が親に迷惑がかかるといっていました。また、これは脱税かもしれませんが、バイトを掛け持ちしてなんとかできないでしょうか…?日雇いなら大丈夫とか、給料明細の出ないバイトなら大丈夫とかいろいろ情報が飛び交っているのでどうしていいかわかりません。できることなら税金は払いたくないものです。あきらめるしかないのでしょうか…?ちなみに
今大学生で、親の月収は45万くらいだと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

給料を支払っている企業は市役所に対して給与支払報告書を提出します。


複数のバイト先で、それぞれ103万円以下の給料をもらっても市役所で合計されてしまいますのでバレないようにとはいかないでしょう。
日雇いや給料明細の出ない仕事は、よーするにあなた自身が自営業者になり、自分自身で税務署に確定申告をする必要があります。
あなたにお金を支払う企業が支払った分を経費として申告するのですから、バレない都合の良い方法はありません。
健康保険やお父さんの会社の扶養手当については、会社の給与規定や保険組合の規約により被扶養者の年収制限が異なります。お父さんの会社の総務・庶務の方に問い合わせるのが良いでしょう。(某企業では本人の年収より1円でも少なければ扶養手当が出るそうです。)
    • good
    • 0

103万円を超えると(学生は130万円だったかな?)、親に迷惑がかかるだけでなく、自分にも被害(?)がありますよ。



・親の扶養家族からはずれることにより、親の扶養手当が減ったり、税金の控除額が少なくなります。(つまり親の給料が減るってこと)

・親の扶養から外れることにより、bukaさん自身が健康保険に加入する必要があります。今までは親名義の健康保険証を使って診察していたと思いますが、不要からはずれると自分名義の健康保険に加入する必要があります。
ファースドフード店のバイトのようですので会社の健康保険(社会保険)には加入できないと思います。そうなると役所に行って国民健康保険の加入手続きをとってください。そうなると自分で健康保険料を納めることになります。

基本的に普通の会社のバイトを掛け持ちしても無駄です。どの会社でいくら稼いだかは税務署に申告されているので、だまそうと思っても税務署から勧告がくる可能性が高いです。
まぁ裏技もありますが、当然違法行為ですのでここでは教えられません。
(友人が裏技を使っていたことがある)

なお130万円以上かせいで、そのままほったらかしにしておくと、1年位してから親のところに税務署から脱税勧告のようなものがきます。
(友人はみごとにこれにひっかかった)

年間130万円なんて稼ぐ必要があるのでしょうか?
もし稼ぐのなら所定の手続きをすませ、親の収入減を負担する必要があります。
    • good
    • 0

他の方が回答しているように、年収103万円までなら


親御さんの扶養に入ることはできます。そこまでは正当なお話です。
ただ、大学生にもなっているあなたが、税金を納付する行為を「迷惑」とか「払いたくない」とかいうことは考え直していただきたいです。お給料を払っている人はすべて、
源泉徴収義務者となり、所得税を貴方のお給料から預かり
納付しなくてはなりません。それを怠っていても必ず後で
判明することになります。貴方の年間の収入を性格に親御さんに伝えておかないと、それこそ、あとで親御さんに
大変な迷惑がかかりますよ。
節税はおおいにしていただいてよいと思います。もし、年間の貴方の所得を清算して、収めすぎの税金があったら、確定申告を是非してください。でも、税金が何のために存在するのかは、きちんと理解してくださいね
    • good
    • 0

親御さんに迷惑がかかることを心配するなら、そのことをすぐに説明しましょう。

迷惑といっても税金が増えるだけなのだから。
 自分の息子がそんなことで脱税を考えてるのを知ると、何で大学まで行かせたのかと後悔しますよ。大学生でバイトをしながら社会勉強しているんだから、世の中の常識も勉強しましょう。
 払うべき税金は払いましょう。税金の仕組みを理解して、その使い道を知り、使われ方が不満なら、選挙に参加して国民の意思を政治に反映させましょう。

もっと稼いで仕送りかお小遣いをやめて貰ったら?
    • good
    • 0

年収130万円以下なら「勤労学生」に該当し税金は0円となります。


源泉徴収されているなら確定申告をすれば払った税金が全て戻ってきます。

このサイトでは不正行為は即座に削除されてしまいますから、
不正行為についてはどなたも回答しません。あしからず。
    • good
    • 0

収入が増えて、お父さんの扶養家族になれなくなるのが困るのでしたら、バイトを103万円以内に抑えることです。



もう一つの方法は、思い切り働いて収入がオーしてしまったら、お父さんに税金の負担が増えた分を、あなたが支払えばよいのです。

お父さんの税金が増える分は、年収と家族数で変わりますから、お父さんの会社で計算してもらえば判ります。

ただ、あなたの年収が130万円を超えると、今度は健康保険もお父さんの被扶養者となれなくなり、自分で国民健康保険に加入することになります。

払うべき税金は、払ってください。
みんなが、その様な考えになったら、日本がますますおかしくなってしまいます。
    • good
    • 0

扶養家族控除を受けられなくなるだけです。

103万円を超えないようにアルバイトをセーブすればいいことです。よくパートの奥さんがしているようにしてください。もしするがばれるとまた親御さんに迷惑がかかるのではないですか?どうしてそこまでしてバイトをしないといけないのですか?
> できることなら税金は払いたくないものです。
お気持ちは分からなくはないですがもしずるをしたいのならばアングラサイトで質問してみてください。
少なくとも私はそういう人を見ると自分がバカのように思えてきて腹が立ちます。私はあくまで正論をいっているまでですから逆に怒ったりしないでください。

では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXの確定申告で国税庁ホームページにありオンライン確定申告書の作成につ

FXの確定申告で国税庁ホームページにありオンライン確定申告書の作成についての質問です

国税庁のホームページに行くと確定申告をオンラインで作成し、印刷できる便利なものがあります。職業はサラリーマンでFXで利益が20万円以上出た場合雑所得になる為、総合課税で確定申告をしなければいけません。

質問なのですが、国税庁のオンライン確定申告作成コーナーで、FXで利益が出た場合の確定申告書の作成は出来るのでしょうか?又、出来る場合はどの様にして作成すれば良いのでしょうか?

詳しく教えていただけると嬉しいです、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

FXの取引が取引所取引(くりっく365)か、市場取引(非くりっく365)で違います。
取引所取引では申告書Bで、分離課税の先物取引に係る雑所得等のところに入力します。数量は取引した枚数、決済の方法は仕切りです。
市場取引では総合課税の収入金額等の雑のその他に入力します。

申告する額は自分で計算した額ではなく、業者が発行した証明書(年間損益計算書などと言う書類・・・・業者で書類名が違う。通常取引画面からダウンロードする。)の額を転記します。この証明書の内容は税務署にも報告が行ってますからこれと同じ額でなければいけません。

Q仕事を2つ掛け持ちした場合の税金と保険

今、パート勤務ですが、
主人の配偶者から出ない程度の収入を得ています。
バイトをもうひとつ増やした場合、
「パートが年末調整をしてもらえ、かつ他の所得が 20万以下なら申告不要」
と聞きました。

確定申告することで所得税の還付請求となる場合には、申告内容に含めなければならない。
となっていますが
うちは、住宅ローン控除を受けています。
これは「確定申告することで所得税の還付請求となる場合」に当てはまるのでしょうか。

あと、主人の健保は 収入が103万円超えたら配偶者から外れるということですが(普通の健保は130万が通常のようですが確認したら103万だといわれました)
私が103万以内のパートと20万以内のバイトをして
103万を超えた場合
こちらにはどういう影響がでてくるのでしょうか。

Aベストアンサー

いや~「2つ掛け持ち」シリーズとなりましたね。

> うちは、住宅ローン控除を受けています。
> これは「確定申告することで所得税の還付請求となる場合」に当てはまるのでしょうか。
確定申告という行為を行うのかどうかです。
ケース1
ご質問者様のパート先で年末調整が済んでおり、その際に住宅ローン控除済み。
 →確定申告しないのであれば関係ない。確定申告(還付請求)するのであれば、別所得も含めた上で行う。
ケース2
実は確定申告を行うのよ~
 →確定申告(還付請求)するのであれば、別所得も含めた上で行う。

> あと、主人の健保は 収入が103万円超えたら配偶者から外れるということですが(普通の健保は130万が通常のようですが確認したら103万だといわれました)
> 私が103万以内のパートと20万以内のバイトをして
> 103万を超えた場合
> こちらにはどういう影響がでてくるのでしょうか。
・社会保険関係
1 国民健康保険に加入するか、パート先で健康保険に加入する事となる。どちらにしても保険料は発生するので、わずかばかりの超過では家計を圧迫する。
2 国民年金第3号被保険者としての資格は失わないので、国民年金の保険料納付義務は発生しない[130万円未満であれば]。
・税金
 控除対象配偶者ではなくなるが、配偶者特別控除の対象者となるので、夫側の税金は大きく変わらない。
 又、ご自身が負担した社会保険料は所得から控除できる
・夫側の給料
 会社によっては、扶養手当だとか家族手当というものが、支給され無くなりますので、家計を圧迫いたします。
 

いや~「2つ掛け持ち」シリーズとなりましたね。

> うちは、住宅ローン控除を受けています。
> これは「確定申告することで所得税の還付請求となる場合」に当てはまるのでしょうか。
確定申告という行為を行うのかどうかです。
ケース1
ご質問者様のパート先で年末調整が済んでおり、その際に住宅ローン控除済み。
 →確定申告しないのであれば関係ない。確定申告(還付請求)するのであれば、別所得も含めた上で行う。
ケース2
実は確定申告を行うのよ~
 →確定申告(還付請求)するのであれば、...続きを読む

Q確定申告で。初めて確定申告をします。ここで教えて貰い、国税庁の確定申告コーナーで書類を作

確定申告で。


初めて確定申告をします。
ここで教えて貰い、
国税庁の確定申告コーナーで
書類を作りたいのですが
我が家にPCがありません^^;

インターネットカフェなどでも可能でしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわないと思います。

自分の収入とかを計算するのに必要な書類等を完備しないとすごく時間がかかり出直しとかになる
のかもしれませんが、普通は、ただ待つ。

自分の順番が来たら、手をあげると係の人が質問に答えてくれるという便利なシステムです。

必要なことは、どういう手順で進むのか?
前もって把握できていると慌てることもない感じです。

>ネットカフェでも確定申告できるの?

はい、可能です。

■参考資料:e-Taxで自宅から楽ちん確定申告
http://matome.naver.jp/odai/2142314175951730401

国税庁のウェブサイトにネットカフェでアクセスして、「個人」 → 「書類を印刷して送付」
→ 1番右の「質問に答えながら作成する」という手順で進めば、たぶん小学生とかでもできる
くらい簡単にできちゃうと思いますよ。

>給与明細や証明等が一切ないので、
>収入を記載したノート、
>経費を月別に書き出したノート、
>(一応)レシートや領収書を貼り付けたノート、
>年金、保険(ゆうちょ)、国保関連の書類を持参して
>個人事業主として白色申告をする予定です。

一般的には、誰か人に見せて相談するというシュチュエーションでは、
例えば「収入を書いたノート」というものは、ワードなどでPCで作成して書類化したもの
を事前用意しておく方が良いと思いますよ。

例えば、「収入」というお金の入り口というカテゴリーを1つの書類にまとめる。
「必要経費」は仕事で必要だと判断した経費類をまとめる。
「年金や生命保険等控除の書類はそれで1つにまとめる」などの準備です。

車のガソリン代ならガソリン代のレシートを1つにまとめ、それを集計した書類を1枚。
電車に乗った記録であれば、それは1つの書類にまとめる。

まったく人間関係のない人がその書類を見た時に、最上段などに「何を集計した内容の書類なのか?」
くらいはわかるようにしておかないと、ダメだと思います。

>個人事業主として白色申告をする予定です。

事業を行う事業主は、その事業活動で法律を遵守するという決まりがあり、従業員まで責任を持たないと
いけない決まりがあります。

ということは、国民の義務である確定申告もしないといけないことになるのですが、ネットカフェで
まず1つずつ書類を作成して印刷もできますので、出力します。

後は、それを税務署が主催している大きな会場に持参して、相談しながら書類を見せて作成していく
という方法がよろしいかと思います。

慣れれば、後はネットから作成して印刷し、最後の書類に宛名が印刷されるので、郵送するように
なっていけば良いのではないでしょうか。

事業主の確定申告というのは、かかった経費などの種類をきちんとまとめるというのが第一段階になり、
税務署職員などに説明をできるというのが最低スキルになると思います。

手書きの汚い字などのごちゃごちゃしたノートとかは持ち込まない方が良いと思いますよ。

商売は人に説明できるが重要なのと、人に力を借りるというシュチュエーションでは事前に自分で努力を
していると伝わる具体的な目に映るものと、相手の視点に立った準備くらいはやはり礼節となります。

税務署職員という、お仕事でされていらっしゃる人の力をいかに自分のために動いてもらえるのか?

商売でも重要な人を動かすスキルみたいなものは、1年生のスタート時点で身に着けた方が良いスキル
でもありますから。

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわな...続きを読む

Q月収10万超えると・・・?

今大学生です。
訳あって今月いっぱい働いてしまったので、今月は月収が10万超えてしまう可能性が高いです。普段は7万くらいなので年収103万を越えることはないと思うのですが・・・
一時的に月収10万を超えてしまうと何か税金とかで悪いことは起こりますか?
あと、バイトの先輩に聞いたのですが親の扶養から抜けてしまう所得って103万以外にも70万とかの人もいるんですか?

いろいろ調べたのですが社会が苦手なせいかいまいちわかりません。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

税金関係については、あくまでも年収で考えます。
12ヶ月に渡り数万円ずつでも、ある特定の月に103万円でも、最終的に12月31日の段階で103万円以内なら、親御さんが質問者さんを「扶養控除の対象にできる」には変わりありません。

質問者さん自身に、月収10万円の時だけ、源泉徴収と言って所得税の天引き(前払い)をされる可能性はありますが、年収が103万円以下なら、年末調整か確定申告で返金されます。

#2さんが書かれている「段階的に140万円程度まで」というのは、#2さんご自身も「配偶者の場合で聞いた」と書かれていますが、まさに配偶者特別控除のことで、配偶者以外の扶養家族では関係がありません。
質問者さんの場合、ご本人は「勤労学生控除」というのが使えますので、130万円までは所得税がかかりませんが、103万円を超えた段階で、親御さんは質問者さんを扶養控除の対象にできません。

#扶養控除の対象になるかどうかは、対象にしたい人が、所得税の負担をするかどうかでは無くて、あくまでも「所得が65万円まで」です。所得65万円というのは、給与あつかいの報酬の場合、給与所得控除38万円を引き算した金額なので、これを引き算する前の金額で考えると、103万円になります。

税金関係については、あくまでも年収で考えます。
12ヶ月に渡り数万円ずつでも、ある特定の月に103万円でも、最終的に12月31日の段階で103万円以内なら、親御さんが質問者さんを「扶養控除の対象にできる」には変わりありません。

質問者さん自身に、月収10万円の時だけ、源泉徴収と言って所得税の天引き(前払い)をされる可能性はありますが、年収が103万円以下なら、年末調整か確定申告で返金されます。

#2さんが書かれている「段階的に140万円程度まで」というのは、#2さんご...続きを読む

Q国税庁HPの確定申告書作成について

国税庁HPの確定申告書作成について、おわかりの方教えてください。
国税庁HPのヘルプデスクに連絡しても「わからない」といわれてしまいました・・・。
20年に土地を先行取得して住宅ローンを組み住み始めたのですが、
借入残高証明が「土地等のみ」だと国税庁HPで住宅ローン控除の申告書は作れないのでしょうか?
土地の先行取得のため、残高証明は「土地等のみ」ですが、建物完成後に建物にも抵当権をつけています。

Aベストアンサー

建物の借入金がないと控除を受ける土俵に乗れないのです。
これは、繰上げ返済などをした場合も同じです。
建物と土地とそれぞれ借り入れがあった場合に、建物の借入金を一括返済などをしたりして、土地だけの借入金が残った場合は、これで控除は終わりになってしまいます。

この『住宅借入金等特別控除』の制度は、名称にもあるように、「住宅」の取得ということに、そもそもの出発があるのです。土地に対する借入金は数年前までは、認めていませんでした。それが、だんだんと認める幅が広まってきて現在に至っているのです。

したがって、土俵に上がるためには、『土地』から『住宅および土地』に区分を変えてもらわないといけません。

銀行に交渉すれば、応じていただけるのが、実務上私の承知している事例です。このように書類を整えれば、税務署の審査を通ります。

Q103万以上の収入による扶養外

見て下さってありがとうございます。

私は現在学生で去年アルバイトでの収入が130万ありました。
親に確認したところまだ扶養から外れたとの報告はありませんでした。
この場合いつごろに税金の徴収が行われるのでしょうか?
また徴収額を調べたところ38万円だったのですが本当でしょうか?

ここから本題に入りたいのですが、妹から聞いた話なのですが、派遣のアルバイト
の場合103万を超えても扶養から外れない、と教わったのですが何分妹からの
話なので信憑性がなく信じがたいです。
このことについては真実なのでしょうか?

当方、プライベートな事情なのですが借金があり収入を減らすことができず
103万を超えてしまいそうです。

また調べたことではっきりと分からない事があります。
勤労学生~という申請をすれば130万まで免除されるというのを
ネットで拝見しました。
このことについてもどうかご教授願いたいです。
またこれ以外の税金免除の手段があるならばご教授願います。


ここまで読みづらい文章を読んでいただきありがとうございました。
御返事お待ちしてます。

Aベストアンサー

子が学生であり19歳以上23歳未満だとして。

まず子の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

ということで今年の所得税と来年の住民税の合計で

63000(円)+45000(円)=108000(円)

ということで親は108000円の増額になります。
また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。

一方子と言うと

所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて

65万+38万=103万

ということで103万までは課税されません。
さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて

103万+27万=130万

130万までは課税されません。
次に住民税ですがこれはより複雑です。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります93万~100万ぐらいです、つまりこれ以下なら課税されません。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。
さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。
ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。
住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて

65万+33万=98万

勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて

98万+26万=124万

ということで124万まで課税されないと言うことです。

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

まとめると
親の負担

所得税
63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税
45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

合計
108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額

子は
所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして

所得税

給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない

住民税
均等割
92万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない)

所得割

給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

つまり

<学生であり未成年である>

『130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『130万超204.4万未満』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『204.4万以上』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

<学生であるが未成年ではない>

『(92万~100万)以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『(92万~100万)超124万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり、所得割なし

『124万超130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり

『130万超』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

となります。

それから勤労学生控除を受けるためには、下記をご覧下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

「勤労学生控除を受けるための手続について」の中に『勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して確定申告をする』か『給与所得者の場合は、給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要があります。』ということです。

また親が会社から子に対する扶養手当のようなものをもらっていれば、子が扶養から外れるとなくなるかもしれません。
これは会社独自で出すものなので、もらえる条件及び金額等は会社に聞かなければなりません。

もうひとつ社会保険の問題があります。
たとえパートやアルバイトでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

親の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダということですが、それが子自身がアルバイト先で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。
ですからそうならないように日数や時間数を調整することです。

>私は現在学生で去年アルバイトでの収入が130万ありました。
親に確認したところまだ扶養から外れたとの報告はありませんでした。

130万と言うのは健康保険の扶養です、健康保険の扶養は申告しないでバレると遡って扶養を外されます。

>この場合いつごろに税金の徴収が行われるのでしょうか?

誰の税金の話ですか?
質問者の税金ですかそれとも親の?

>また徴収額を調べたところ38万円だったのですが本当でしょうか?

それは何の徴収額ですか?
所得税のみそれとも住民税との合計?
あるいはそれ以外のものも含めてですか?

>このことについては真実なのでしょうか?

いいえそのようなことはあありません。

>このことについてもどうかご教授願いたいです。

前述の説明を読んでください。

子が学生であり19歳以上23歳未満だとして。

まず子の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

と...続きを読む

Q確定申告書B 国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成できますか?

お世話になります
先ほど 国税庁の確定申告書等作成コーナーにて
青色申告決算書は作成できたのですが
どこを探しても 確定申告書Bを作成するページに当たりません
確定申告書Bを作成するページはどこにあるか
教えて下さい
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

ここから所得税コーナーへ行けばよいと思います。
https://www.keisan.nta.go.jp/h27/ta_top.htm#bsctrl

Q石丸弁護士の発言、これって脱税ですか?

テレビ大阪で放送されている「たかじんNOマネー」という番組で、

ゲストに、債務整理などの法律相談で有名な、石丸幸人というわりと若い弁護士が出演していました。

そこで市川海老蔵の話題になったとき、

「まぁ示談交渉で得た金は、税金もかからないですからね^^」と、たしか、石丸弁護士がさらっと語った
ように思います。

つまり裏金だから、払う側も加害者側に領収書も出してないから、バレない、という意味で。

ここで言う得た金というのは、示談交渉の仲介を弁護士がして、そこで得たお金のことです。

自分が普段からそうしてるので、そのようにさらっと話したように感じたのですが、
これがほんとうなら、脱税になるんでしょうか?

ちょっと気になったので。

Aベストアンサー

示談交渉の代理は、原則弁護士以外できません。
弁護士となるものが弁護士活動で得た報酬は、個人事業としての収入か、弁護士法人での収入となり、所得税や法人税の対象となることでしょう。

話の全体で判断しなければなりませんが、被害者が得たお金の部分は税金がかからない、というのと他の会話が混在しているようにも思いますね。

弁護士はほとんどの法律を取り扱うことの出来る専門家です。税法についても取り扱うことが出来ますが、すべての弁護士がすべての法律に精通しているわけではなく、弁護士も税金に詳しくない場合も多いでしょう。その中での発言の言い回しを間違えただけかもしれませんね。

多くの弁護士が税理士へ依頼していると思いますよ。ですので、考え方が間違っていても、間違った申告になっていないことがほとんどだと思います。
勘違いや間違った知識で申告がもれているだけであれば、ただの申告漏れに過ぎないでしょう。これを悪意をもって行った場合には脱税でしょうね。
とくに悪意をもって行っているような人は、税務知識にも明るいはずですので、軽はずみな話をしないと思いますね。

Q国税庁確定申告作成ぺージで印刷できない

国税庁の確定申告書作成ホームページにより、一連の作業を終え、印刷する画面まできて、adobe のアクロバットリーダーもインストール完了で、最終の印刷する段階で、帳票ファイルを開くをクリックしてもダウンロード中がのままで、次の印刷画面にたどりつきません、昨年印刷ができたのに、何故でしょか、
 依然と違うのは、プリンタをキャノン PIXUS MG3230 (以前もキャノンの類似機種でした)) に切り替えたくらいなのですが・・・・・  OSはWINDOWS  XPです。 Internetエクスプローラー8です 
   何か、国税庁の方で、昨年と違いが出てきてるのでしょうか?
   

Aベストアンサー

国税庁のホームページで申告書を作り提出しました。昨年とはプリンターを換えましたが問題なく印刷できました。プリンターとの接続は昨年ケーブル、今年は無線ランです。
申告書作成コーナーは説明が不親切ですが説明をよく読んでみてください。できますよ。

Q何故脱税にならないのか理解できません

どうしても理解できないことがあるので具体的に理由を教えてください。

よく親が子供名義で口座を作り、その子供名義で株の売買や投資信託を
するケースがありますが、子供名義であっても子供はその金に触れることはできず、
実質的な権限を親が持ち続けます。当然ながら、配当や儲けは親の物です。

これを仮に親自身の口座で全てやった場合、分けてやるよりも税金の利率があがり、
納税額が増えることになります。しかし、子供名義に分けてやることで結果的に納税額を
抑えることができる、とあたかも合法的ないいまわしを聞くのですが、根本的に
おかしいのではないでしょうか?

具体例を挙げますと、
私(父親から見れば息子)も父親も投資信託をやりますが、私は当然私名義しか持っておらず、
父親は自分自身の名義は勿論、私や他の兄弟たちの名義を使ってもいます。

例えば、私が株で1000万儲かったとすれば、税率は33%ですが、
父親が私名義でもう1000万儲かったとすれば税率は40%に上がります。
これによって、私が支払うべき税金も増えるでしょう。
そこが仮にも親子の間で合意が取れており、私が損しないように父親の方で補填するのであれば、
私に損はないでしょうけど、同時に父親は自分ひとりでやるよりも納税額が減るわけですよね。

極端な話ですが、多くの親戚の名義で口座を利用し、儲けが195万の範囲内に収まるように、
株だけでなく、その他の儲けなども計算してそのようにすれば、最終的に税務署が
父親から得られる税収は減るわけですよね。


本来ならば、誰の名義を使おうともその儲けを得る者(その実権がある者)の名前で
集計し、税率計算をするのが筋ではないでしょうか?
口座の名義こそ他人ですが、その他人が口座の金を自由に出し入れできないのであれば、
それを何故、「所得」と言えるのでしょうか。
会社に置き換えて言えば、社員に給料を振り込んだと言いつつ、その通帳もカードも
社員に渡さないで会社がその給料を牛耳る(特に自営業でそういうケースが多いようです)
のと同じことではないでしょうか。

それが法律的に赦される、脱税にもならない、というのが理解できません。
何故でしょうか?

どうしても理解できないことがあるので具体的に理由を教えてください。

よく親が子供名義で口座を作り、その子供名義で株の売買や投資信託を
するケースがありますが、子供名義であっても子供はその金に触れることはできず、
実質的な権限を親が持ち続けます。当然ながら、配当や儲けは親の物です。

これを仮に親自身の口座で全てやった場合、分けてやるよりも税金の利率があがり、
納税額が増えることになります。しかし、子供名義に分けてやることで結果的に納税額を
抑えることができる、とあたかも合法的な...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

>そうですか、では、何のために家族名義の口座でわざわざ取引をするのでしょうか?自分の口座で全部したらいいではないですか。わざわざそうするということは何かしらのメリットがあるからこそするわけですよね。
私にもわかりません。
所得税では何のメリットもないでしょう。
それは貴方の親に聞いてみてください。
でも、いずれにしろ、自分のお金を使い貴方の名義で行うというのは本来ではありません。

まあ、ひとつ考えられるのは「相続税対策」ということかもしれませんが、預金もそうですが名義がどうなっていようと、いわゆる”名義貸し”であれば、たとえ貴方の名義であっても父親の財産であり、相続税の対象になります。

>こういった行為を税金対策とよく耳にしますが、私は先に述べたことが税金対策(私はこれは脱税行為ではないかと思った)だと思っておりましたが違うのでしょうか?
そのとおりです。
前に書いたことを意図したのなら、”脱税行為”でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報