出産前後の痔にはご注意!

夜間飛行と言う花はどこで買えますか

A 回答 (4件)

メアリと魔女の花という映画に出てくる想像上のお花なので、実際にはありません。


但し、この花の話に便乗して、作っちゃった人もいます。
それがこれ➡メアリと魔女の花 / ヴィレヴァン通販 https://vvstore.jp/feature/detail/11300/
但し、これは、生花ではなくて、造花。
だから、7年に一度咲くことはなく、現実には存在しない作った花なので、注意してみてください。
但し素敵だと思って、買うかどうかについては、あなた自身で、よ~く考えて、お決め下さい。

ところで、7年に一度だけ咲く花は、実際には存在します。それ以上に長い年月を経て咲く花もあります。
大きさも世界最大で、匂いも、とっても臭くて有名です。
名前は、こちら→世界最大の花:スマトラオオコンニャク(ショクダイオオコンニャク)
詳しくはこちら➡強烈に臭い理由!7年に一度しか咲かない世界最大の花「ショクダイオオコンニャク」は最も臭くて醜い - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2140443307516405301
尚、この花が強烈に臭い理由は、この花は3日しか持たないので、実質2日以内に、特殊な虫を花の花に呼び込んで、受粉をするため(新しい命を宿らせるため)だそうです。
    • good
    • 1

夜間飛行という有名な香水がありました、たしか昭和四十年頃でしたが、若手のバーママなんかが喜んで使ってました。


値段を聞いてビックリ、新米サラリーマンの月給二か月分位、誰が買うんだろうとかんがえたものでしたが、自分の可処分所得でそういう物を買うなんて事があるものか、と先輩に教えられ、赤い灯青い灯が怖くなったものです。
更に後で判った事は、赤い灯の方は大したことなく、何とか通えるものと知った時の嬉しかった事、なんてのは昭和三十三年度末で消滅したことを、今の青年は知らないでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/08/24 00:37

それ香水じゃ無い?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/09/01 10:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠心力はなぜ見せかけの力と呼ばれているのですか?

等速円運動をしている物体は、中心方向にrω^2の加速度を持ち、これに質量mをかけた力Fを向心力といいますが、一方でなぜ遠心力は慣性系で見せかけの力といわれているのでしょうか?個人的には、遠心力は見せかけの力などではなく、向心力との力のつり合いや、向心力の反作用のような気がするのですが。また、遠心力が見せかけの力なのであれば、向心力も見せかけの力であると考えますが、向心力はそういう定義ではありませんよね。遠心力は実際に、水の入ったバケツを振り回した際、水がこぼれなくなる力であり、スクーターなどの遠心クラッチや遠心プーリなどは、この原理を応用して、クチッチや、プーリの開閉をしてギア比の調整をしています。

お教えください。以上です。

Aベストアンサー

例え話、置き換えての説明が理解できないと理解できませんが。
実験、縦横10Cm、20cmの板20cm側に低い壁を作り、板の中央にさいころを置きます。
その状態で板全体を等速で引っ張ります(慣性で等速直線運動の再現?)。
その状態で、板を急に手前(引っ張る方向とは直角方向)に引っ張ります(向心力という加速度?)。
サイコロはどうなるか?、自身の慣性で板上でその場にとどまろうとするが板は手前に移動する結果、向こう側の壁にぶち当たる。
でも、板だけを見るのではなく、周囲の環境も含めて観察すれば、板は引っ張られる方向に動きつつ手前に移動します、つまり斜めに移動、この瞬間が連続すると軌跡が円運動になります。
その結果さいころは向こう側の壁に押し付けられ続けます。
最初のさいころの動き、板の上だけ見ているとサイコロが向こう側に動いたと見えます、でもサイコロには何も力は加わっていません、力が加わり動いたのは板です。
全体を見ると?、透明の板でしたが方眼紙のようなメモリがあると、サイコロは当初から引っ張られている方向には移動していますが、こちら側にに向こう側にも、壁に当たるまでは移動していません。
でも確かに壁に当たり、何等かの力?は当然感じます、これが遠心力。
反対方向に進む電車が同時に停車していて片方が動き出したとき、一瞬はどちらが動いたのかは判断できないのと同じ。
つまり物体自身の慣性により動こうとしないのに相手が動く、相対的に物体自身が動いたよう感じる。
等速直線運動はどちらも同じ条件のため、停止状態と等価、ゆえに、相対的に感じる遠心力は向心力と正反対になる。

例え話、置き換えての説明が理解できないと理解できませんが。
実験、縦横10Cm、20cmの板20cm側に低い壁を作り、板の中央にさいころを置きます。
その状態で板全体を等速で引っ張ります(慣性で等速直線運動の再現?)。
その状態で、板を急に手前(引っ張る方向とは直角方向)に引っ張ります(向心力という加速度?)。
サイコロはどうなるか?、自身の慣性で板上でその場にとどまろうとするが板は手前に移動する結果、向こう側の壁にぶち当たる。
でも、板だけを見るのではなく、周囲の環境も含めて観...続きを読む

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Qここの半島の名前を教えてください!

ここの半島の名前を教えてください!

Aベストアンサー

カムチャツカ半島

Q大学で物理学科に進学したのですが、理論物理学、原子核放射線物理学、宇宙地球系物理学ではどれが就職しや

大学で物理学科に進学したのですが、理論物理学、原子核放射線物理学、宇宙地球系物理学ではどれが就職しやすいですか?
変わらなかったらそれも教えてください!

Aベストアンサー

#2です。レスありがとうございます。
素粒子物理が魅力的だが敬遠される理由は二つあり、一つは超絶な数学の秀才でないと物理数学は難解で初見で理解できる才能が必要です。二つめは「装置」です、良く知られたスパーカミオカンデ、CERNそして今回ようやく重力波をとらえた装置、全て国家予算では足りず数カ国のチームが予算を持ち寄ってやっと作りますが、重力波など装置の大きさは最初は牛くらいの金属の塊、今はビル一つくらい大きいが、ほとんど「運良く」観測に成功した。スーパーカミオカンデは数年前に検知管(超高感度光増倍管)の一つがなぜか壊れ衝撃波で次々に百近くが壊れました。造っているのは日本の浜松ホトニクスただ一社、ほとんど手作りで、性能が足りないと廃棄。装置は全体が水で満たされるので途中で作動させられない。筑波にある巨大なサイクロトロン「トリスタン」は東日本大震災で破綻した四つの原発のうち一つの電力を全て使っていたので即停止、光軸もずれ現在動いているのか私は知りません。つまり「装置産業」。カルロ・ルビアがノーベル賞を受けるために米国政府から巨大な劣化ウラン(ウラン238)をやっと分けて貰い、装置を作るだけでも大事でなぜそんなものが必要かと言うと、劣化ウランは非常に硬く歪まない、ただそれだけ、劣化ウランも放射性だからノイズが大きいだろうにノーベル賞はなんとか取れました「ノーベル賞を取った男」という古い本がありますアマゾンなら直ぐ見つかるでしょう。ですからお金は確実にかかるのに結果が出るまで一体どんな論文を書いていたら良いのか、私には分かりません。

#2です。レスありがとうございます。
素粒子物理が魅力的だが敬遠される理由は二つあり、一つは超絶な数学の秀才でないと物理数学は難解で初見で理解できる才能が必要です。二つめは「装置」です、良く知られたスパーカミオカンデ、CERNそして今回ようやく重力波をとらえた装置、全て国家予算では足りず数カ国のチームが予算を持ち寄ってやっと作りますが、重力波など装置の大きさは最初は牛くらいの金属の塊、今はビル一つくらい大きいが、ほとんど「運良く」観測に成功した。スーパーカミオカンデは数年前...続きを読む

Q「仕事=力×距離」は誰が最初に言ったことですか?

物理の勉強をしていて取っ付き難いのは仕事(エネルギー)=力×距離であることです。
体感的には仕事(労力)=力×時間です。最初にこのことを唱えたのはヨーロッパの超人的な頭脳持った人だと思いますが誰でしょうか?ニュートンですか?

Aベストアンサー

19世紀前半に活躍したフランスのコリオリです(^^)
コリオリは近代物理学のいろいろな概念を提唱した人です(´ω`*)

さて、
>体感的には仕事(労力)=力×時間です
とありますが、日常生活で使われる「仕事」と物理で現れる「仕事」は関係がありません( ̄、 ̄)
物理での「仕事」は専門用語であり、専門用語を日常での言葉と結びつけるのは間違っていますし、大変危険な事ですよ(^^;)

Q原子核崩壊でα線やβ、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。

原子核崩壊でα線やβ線、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。放射性物質の半減期は何万年もあるものもあります。原子核が崩壊すればそのエネルギーが放射線となって放出されるのはわかるのですが、それは最初の一回だけ起こって、それが起こればもう起こらないのではないですか? つまり放射線も一回だけ出てもう出ない。それがずっと続いているというのは、ずっと原子核崩壊が続いているということなのでしょうか? 放射線が出続けるメカニズムがわかりません。ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ある放射能を持つ核種が、単位時間に崩壊する確率は、置かれている環境に左右されません。その核種、固有値であることが経験的に知られています。
確率なので、1つの粒を見ていれば、

・ いつ崩壊するかは神のみぞ知るということで、だれにもわかりません。
・ もちろん、崩壊してしまえば、その粒からは放射線はでません。

ということになります。

その同じ核種を一定量集め、たくさんの粒を統計的に観察し、半分の粒が放射線を出して崩壊するまでの時間を半減期と呼ぶわけです。
たくさんの粒があるから、放射線が出続ける。別に不思議なことはないですね。

半減期ごとに半分になり、やがてすべて崩壊すると、放射線は出なくなります。

Qフラウンホーファーについてwikipediaで調べてみても、ドイツの物理学者とぐらいしか載ってません

フラウンホーファーについてwikipediaで調べてみても、ドイツの物理学者とぐらいしか載ってません。
経歴や功績について、ご存知の方がおられましたら教えて下さいませ!

Aベストアンサー

この人ですか?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC

Qアインシュタインの光量子説とドブローイのぶっしつはの理念がごっちゃになってよくわかりません 光が量子

アインシュタインの光量子説とドブローイのぶっしつはの理念がごっちゃになってよくわかりません
光が量子でありながら波動の性質もあることを発見したのはアインシュタインですか?
それをドブローイが物質でも同じことが言えるとしたということですか?

Aベストアンサー

アインシュタインが光量子仮説を発表したのは1905年ですね。
光が粒子と波の性質を併せ持つ光量子light quantumという説を出したのですが、量子化quantizationということを唱えたのはマックス・プランクで1900年です。
photonを言いだしたのは
飛び飛びの整数倍の性質をもつ量子という概念の基礎はプランクで量子論で1918年ノーベル物理学賞を取っています。
量子論を更に進めて光量子仮説をとなえて、光電効果で1921年ノーベル賞を取ったのはアインシュタインです。

光量子を説明するコンプトン効果は、コンプトンでx線の粒子性を発表したのが1923年で1927年にノーベル賞。
1920年台頃からアインシュタインの光量子仮説が実証され始めていますから、ド・ブロイの物質波は必然な流れだと感じますが、それを考え出すのはそれはまた偉大だと思います。
ド・ブロイはアインシュタインの光量子仮説から物質波の概念を導き出したのが1924年で、電子の波動性を示したことで1929年のノーベル賞を取っています。

Q神は、何についてサイコロを振るのですか

アインシュタインは、「神はサイコロを振らない」と言ったそうですが、これには、賛成が少ない、ようですね。
すなわち、神はサイコロを振る、という意見が大勢のようですね。
お聞きしたいことは、神は、何についてサイコロを振るのですか?
   (電子の振る舞いについて、ですか?)

Aベストアンサー

アインシュタインはコペンハーゲン学派の解釈が量子論の「確率解釈」であること、つまりどんな粒子でも物体でも良いが、算出される値がその物質がその位置に見いだされる「期待値」であると言う解釈を受け入れなかった。確率論の期待値なので「サイコロを振った結果」になります。アインシュタインやシュレーディンガーは量子論には「隠れた実在」があると主張しています。この議論は科学哲学でもあるので難解です。最近「月は見ていないときには存在しない」か否かに一応の実験結果が出ましたが、揺らぎが大きすぎて「結論」とは言い難いと思います。

Q量子力学の理論と実験

量子力学のは理論と実験が、ピタリとあう。

( 以下、間違ってるところ、そんなことないよと
言うところがあったら、ご教授ください。)

それについてわかりやすい
書籍があったら教えてください。

JJサクライを勉強中(まだ上巻途中)なのですが、
たしかに素晴らしい良書だと思うのですが、
ブラケットの雨嵐の理論ばかりで、いまひとつ…

グライナーは例が多く、ゴタゴタ感があってこれもまた。
たしかにわかりやすいのですが?

朝永の量子力学も、いまひとつピンとこない。

サクライをメインに読んでるので、
ブラケットの計算と、ほらピタリと実験値があうみたいな。
そんな書籍です。

Aベストアンサー

書籍じゃないけど、
http://www.riken.jp/pr/press/2012/20120910/
というのがあった。


人気Q&Aランキング