出来ればプロの方か、またそれに携わっておられる方お願いします。
私はデザイナーを本職としていますが仕事によりイラストを書くことが
あります。その際の著作権に関してお聞きしたく掲載しました。
最近の雑誌、その他の印刷物を見るとひと昔前よりも作者の名前が入っている事が多くなったと思います。
これは昔に比べ著作権というものの見方が重要視されてきていると思います。
私もイラストレーターって程のものでもありませんが、
自分の作品には責任と権利を持ちたいと思います。
その際、クレジットの入れ方なんですがどのように入れればいいのでしょうか?
(C)○○○○とかでいいのでしょうか?
もし、先方から何故いれるのか?と聴かれたらどのように説明すればいいのか教えていただけますか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

発注する側としては、本来は入れて欲しくないマークです。


理由は簡単で、全体で一つの作品としてまとめたものなのに、
その一部が見た感じ、別物となってしまうからです。

著作権の帰属については契約上どうなっていますか?
普通は、
1)このポスター(○×枚)に限り使用を許可する
2)発注者に帰属する
のいずれかだと思いますが、著作権表示ができるのは
前者だけです。

著作権が作者にあり、また、著作権表示を入れることを
発注者がOKした場合(口頭でも大丈夫)には、
C 2001 TNT の様な表示を入れることが可能です。
なぜ入れるのかと聞かれたら、
権利を保全するため、で、大丈夫でしょう。
はじめから権利を保全する様になっている契約なのですから。

逆に、相手に権利を渡す契約になっている場合は(普通はそうです)
著作権表示を入れるのはとんでもないことですね。
権利が無いわけですから。

さて、今、一番多いパターンは、
著作権表示とせずに、単に 自分の名前(ペンネーム)を
サイン調で入れるものだと思います。
これは権利が無くても入れられますから、
打合せ時に、名前をちいさく入れていいですか?と
聞くのが簡単です。
たいてい、理由はわかりきっていますから、
すぐにOKしてくれるはずです.
でも、作者のPRをしているのと同じ事ですから、
これを理由に値切られる事があります。
(逆に、ギャラが安い時に、わざと入れてもらうことは確かにあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや~大変参考になりました。
だから最近のイラストはIllstration:○○○ってのが多いんですね。
これはクレジットと言うことではないということですね。
わかりました。大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 14:24

クレジットの入れ方は、質問文にある通りで良いと思います。

まぁ、年号を入れる事も多いですね。
説明としては、そのまま、著作権の所在を明かにするために必要。というまっとうな説明になると思いますが、前提として、クライアントに対し、イラストの使用条件を明かにしておく必要があると思います。
つまり、展開媒体の概要や、使用期間についてのお互いの承認です。
クレジットを載せるということは、その印刷物での使用に対して、著作者との了解がある事も同時に示しますから、むしろこちらの方が重要かも知れません。
順番が逆になりましたが、初めにイラストの使用に関しての取り決めを行うことが先決で、イラストの使用に関して、著作者の了解があることを示すために、クレジットをいれる。つまり、イラストが正当に使用されている事を示すためにクレジットを入れる、と説明したほうがわかりやすいでしょうね。クライアントが、著作権の使用に関し、正当な手続きを取っていることを証明するものがクレジットだ、と説明するほうが理解を得やすいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な意見ありがとうございます。
前々から著作権に関して悩むことがしばしばありました。
打ち合わせの段階で確認し話を進めて行こうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 14:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデザインの著作権の譲渡と、著作人格権の保護

デザインの著作権の譲渡と、著作人格権の保護

調べれば調べるほど混乱してきて分からなくなったので質問します。

デザインで制作したものですが、
例えば、デザインを契約書で譲渡を行った場合、譲渡された方は何がOKになり、
何がNGのままなのでしょうか?



著作人格権は譲渡できないものですから、著作者に残り、
二次使用や複製・改編はできないと思われますが…

Aベストアンサー

No1は何をいってるのだ?質問主のいうように著作者人格権は著作者本人のみで譲渡はできません。死後 生きていたならば著作者人格権の侵害になる行為に対して遺族が請求できるのであって、生きている間は本人のみ。
著作権(著作財産権)のみを譲渡できます。契約で著作者人格権、特に同一性保持権についてを主張しないことに同意させることはよいでしょう。

著作権を譲渡したならば、二次使用や複製はできますが、意に反する改変を行うと同一性保持権の侵害になります。公表権と氏名表示権もあります。公表権については譲渡した場合、その著作権を行使する形で公表することは侵害にはなりません。変名で公表して欲しいというのに実名で公表すれば氏名表示権の侵害

Q映像の所有権と、制作物の著作権について

映像の所有権と、制作物の著作権について、違いを知りたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

著作権は、作った人の物、所有権は、もっている人の物。
 所有者は、所有権はあっても、著作権は無いのです。

Q先方に作品集をどのように郵送すればよいでしょうか。

審査対象である自家製の写真集(A3)を先方に届けなければ
ならない(郵送)のですが、どのように送るのが失礼のない方
法でしょうか。
緩衝材に包み、ちょうどいい箱?に入れて送ればよいのか…。
こうしたものを送るときの不自然さのない梱包方法、郵送方
法をご存知でしたらどうか教えてください。

あと、確認のためお伺いしますが、履歴書はもちろん作品と
同梱しても構わないんですよね?分けて送ったら大変ですから…

Aベストアンサー

通常の輸送方法で良いですよ
痛まないように梱包して履歴書は同封してくださいちゃんと封筒に入れてね

Qイラストの著作権

●以前に、自社のキャラクターをデザイン会社に依頼して作ってもらいました。そのキャラクターを買った時点で、著作権は私(購入者)にあるということらしいですが、このとき、通常何か証明書のようなものはくれないのでしょうか?

制作会社の方は、「依頼主に渡った時点で、著作権はあなたのものなので、特にありません」といっていましたが。

Aベストアンサー

普通は契約書に「帰属する著作権」について明記するはずですが。

「証明書」はちょっとピントが違うと思います。

Qアイコンの著作権

個人のアイコンHPで、よくドラ○えもんとか、アニメ、ゲームの
キャラクターを制作してネットに載せていますが、著作には、
ひっかからないのでしょうか?
これからアイコンのHPを作成しようと思っています。

Aベストアンサー

>芸能人等の有名人の似顔絵をアイコンにしたりする場合は著作は生じるのでしょうか?

タレントさんだと、著作権というよりは「肖像権」ですね。この場合、販売目的など、アイコン制作の理由によっては、ベースにされた側が「これは肖像権の侵害だ!」と訴えをおこす可能性はあります。それに対し、訴えられた側としては「実在する人物と、このアイコンに使われているキャラクターとは何の関係もない!!」ということを立証しなくてはなりません。

>また、一時はやったサザエボンのように、既存のキャラを少しアレンジしたもの(ベースはわかってしまう)の場合はどうでしょう?

サザエボンの件では、キャラクターグッズのメーカーを作者側が訴えることで、グッズの販売は中止されました。要は、著作権所有側が、そのキャラを見てどう考えるかです。真似された!!と感じれば訴え出るでしょうし、これくらいなら…と思えば黙認するでしょう。微妙な問題ですが、見る側の主観に依るところがおおきいのです。

上記2点に共通して言えることですが、オリジナルのまんまパクリではなく、一部をまねたものとなると、どこまでが著作権侵害で、どこまでが侵害にならない模倣かという線引きが非常に難しくなるのです。ただ、もし既存のものを使って何かやろうとする場合には、誰がみても「オリジナルとは違う」ものであることを主張しないと訴えを退けることはできないようです。

>芸能人等の有名人の似顔絵をアイコンにしたりする場合は著作は生じるのでしょうか?

タレントさんだと、著作権というよりは「肖像権」ですね。この場合、販売目的など、アイコン制作の理由によっては、ベースにされた側が「これは肖像権の侵害だ!」と訴えをおこす可能性はあります。それに対し、訴えられた側としては「実在する人物と、このアイコンに使われているキャラクターとは何の関係もない!!」ということを立証しなくてはなりません。

>また、一時はやったサザエボンのように、既存のキャラを少し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報