AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

「 ~んです」の過去形は「~んでした」でしょうか。 それに対して、「~んだ」は「~んだった」でしょうか。

例1:気分が悪いんでした/悪いんだった

問題:例1の言い方はできるのでしょうか。
できるなら、どんな場合使うのでしょうか。

例2:「田中さんは”もったいない”と思いつつ、傷んだ野菜の始末をするのでした。」

問題:その「~のでした」はどういう意味でしょうか。そして話す時に文末の「~のでした」は「~んでした」に変更できるのでしょうか。

つまり、「~んだった」とか「~んでした」はどんな場合に使うのでしょうか

以上の二つの質問をお願いします

A 回答 (5件)

その前に、「 ~んです」の過去形は「~んでした」でしょうか。

それに対して、「~んだ」は「~んだった」でしょうか。
の「~ん」の部分は「~の」の変化したものだと言うことは了解済みですね。
「だ」や「です」と「た」(過去や完了)との前後関係は、時により変化します。(「ます」が入るとまた変化します)

動詞「行く<の>でし<た>」 形容詞「美しい<の>でし<た>」  形容動詞「きれいでし<た>」
  「行く<の>だっ<た>」    「美しい<の>だっ<た>」     「きれいだっ<た>」
    (断定→過去)         (断定→過去)           (断定→過去)

  「行っ<た><の>です」    「美しかっ<た><の>です」       「変化なし」
  「行っ<た><の>だ」     「美しかっ<た><の>だ」
     (過去→断定)      「美しかっ<た>です」◎
                     (過去→断定)
 上記から言えること、「形容動詞」については、このような問題に関係無い。なぜかというと、形容動詞そのものが、最初から「だ」や「です」に付いているので、その場所を変化させる必要がないから。

 さて、この中で一番問題になるのは、◎印を付けた「美しかっ<た>です」は「美しいです」と並んで、現代普通に使われ、ほぼ正しい使いかと目されていることです。その特徴は普通「動詞」「形容詞」が「だ」「です」に接続する時は「の」という「準体助詞」が入るのが普通と考えられているのに、その例外になっていることです。

 以下参考までに。 ここでの回答は以上にとどめますが、「動詞・形容詞・その他の活用語(一部の助動詞など)」が、直接「だ」につくという例外があり、過去の質問に「君はこのことに『詳しいのだろう』と「君はこのことに『詳しいだろう』と二つの言い方があるのはなぜか」という質問があった問題に結び付くのですが、かなり特殊な話になるので、ここでは触れません。
    • good
    • 0

個人的な感覚ですが。


・・・です、・・・だ。
断定の助動詞とすれば、その前の・・・・は確定したもの(誰もが同じイメージを持つもの)である必要があります。
言葉で言えば、体言(名詞)、形容詞も姿形の一瞬の画像とすれば該当するのかな。
以上の使い方が正しい前提なら。
>「 ~んです」の過去形は「~んでした」でしょうか。 それに対して、「~んだ」は「~んだった」でしょうか
そういうことになります。
※「ん」は「の」の撥音便、この場合の「の」は準体助詞、「の」の前を体言化する。
>気分が悪いんでした/悪いんだった
何かの、状況描写ではあり得るかもしれません。
自分自身の状況説明では、動詞を過去形にして、断定(報告自体)は現在形が一般的です。
    • good
    • 1

「ん」は撥音便、「の」→「ん」


例 買いたいのです→買いたいんです、走りたいのだ、→走りたいんだ。
~んです、の過去形?、日本語では~に」入る言葉が過去形になります。
上の例、買いたいのです→買いたかったのです、買いたかったんです。
走りたいのだ→走りたかったのだ、走りかったんです。
文章全体の読解力がないので、こんな細かいことで何とかしようともがいています。
~のでした。
~は名詞、または準体代名詞になります(・・・・こと、または・・・・と言うこと)。
例 私のです、私んです→私のでした、私んでした
>気分が悪いんでした/悪いんだった
この例自体、日本語の感性ゼロです。
    • good
    • 0

気分が悪かった「の」です。

「の」がありませんもいいですか?
    • good
    • 0

>例1:気分が悪いんでした/悪いんだった


それでも意味は通じますが、過去の助動詞を組み込む位置がおかしいのです。
気分が悪かっ「た」のです。気分が悪かっ「た」んだ。

例2:「田中さんは”もったいない”と思いつつ、傷んだ野菜の始末をするのでした。」
「の」は準体言で「~ということ」の意味です。動詞を名詞化しますが、それを通じてその動作を客体化客観化します。
単に「する」ではなく、端から見て「そうせざるを得ない状況(巡り合わせ)となった」と主体の意思から切り離す表現になります。

>つまり、「~んだった」とか「~んでした」はどんな場合に使うのでしょうか
「ん」は「の」の撥音便に過ぎませんから「~のだった」とか「~のでした」と同等です。
>どんな場合に使うか
動作主の意思を越えたものによって、そうするしかなかった、そうなる運命であった、という場面で使います。
「田中さん」は、野菜を始末したが、それはしたくてするのでも無く、当然それ以外に何ができようか、と言う場合です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「動詞の進行形+うちに」と「動詞の辞書形+うちに」

皆様、いつもお世話になっております。

日本語の文法に関するこの何日も悩んでいる質問で、いろいろに調べてみましたが、まだ回答が見つかっていないのです。
質問は「動詞の進行形+うちに」と「動詞の辞書形+うちに」のニュアンスの違い。
下記の2組の例をお上げいたします。
①「最初はできないが、やっているうちになれるよ」と「最初はできないが、やるうちになれるよ」
②「合ううちに好きになった」と「合っているうちに好きになった」

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「うち」は名詞と考えられるので、その前の語は連体形です。「うち」は時間の場合、前後にある時期・ある時刻が来て、その間に挟まれた時間帯を表します。
「うち」自体が、ある時間帯の継続を示しているので、連体形・進行形いずれにしても継続の意味を帯びるのですが、この時間帯に、動詞+進行形「やっている」「会っている」を入れ込む場合、進行形の性質から当然、存続・経過・継続のニュアンスが二重に強められることになります。つまりは、進行形を使うと、それを継続することが大切だよ、と念を押す強調する意味合いを含むと言うことです。

Qこの“と”の意味は何ですか。 に決まってるって文系はよく使われているんじゃないですか。お願いします

この“と”の意味は何ですか。
に決まってるって文系はよく使われているんじゃないですか。お願いします

Aベストアンサー

物事はそこが基本でそこから出発して判断して欲しい場合に使う格助詞です。判断の起点基準を示します。
私の席である<と>決まっている、それ以外はそこを基準に決めなさい。
君は僕と同じだ/違う。

賃金ときまっている、そこを出発点に以下を考える。出発点だから有無を言わせないという具合です。

Q名詞+〜な為、名詞+〜の為

教えてください。
名詞が前につく場合な為「な為」と「の為」はどちらがあっていますか?
私は「の為」だと思うのですが‥
又は使い分けがあるなら、教えてください。

Aベストアンサー

その「な」は形容動詞連体形の活用語尾だと思います。
静かな、華やかな、などですが、その語幹「静か」「華やか」はそのまま名詞となったり、接尾辞「さ」をつけると名詞になります。(静かさ)。
形容動詞は、もともと語幹と語尾が明確に分けられない曖昧さを持っています。語幹の代わりに名詞を入れ込むことは極容易です。形容動詞ではありませんが(雨な日)。また形容詞語幹に「げ」をつけると形容動詞化できます。(優しげな瞳)。また「な」は古くは「なり」で断定の意味でしたから、「静かな」は静かである意味になります。

本来は「雨の日」が正しいのでしょうが、以上の形容動詞の性質に引きずられ、また様子状態を表す形容動詞の意味を引き継ぎ、「雨な日」=雨である日、が通用するようになったものと考えられます。

「為」となっても事情は変わりません。天候、気分、物事の様子状態、などを表す名詞であれば、今後も「名詞+〜な為」は増えるのではないでしょうか。

Q「~たり、~たりする」について

日本語を勉強している者です。
つたない質問で申し訳ありませんが、

①「日曜日は掃除をしたり、洗濯もしたりする」
②「日曜日は掃除もしたり、洗濯もしたりする」

①②とも不自然でしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私としては
「日曜日は掃除をしたり、洗濯をしたりする。」
で十分と思いますが、
どうしても"も"を文中に入れたいなら
「日曜日は掃除をしたり、洗濯をしたりもする。」
がしっくりくると思います。

Q外来語ではない日本語の単語をなんと呼びますか

(1)中国から入ってきた漢字語、(2)中国から入ってきた漢字の音を組み合わせて日本で作られた漢字語、(3)1を5の読み方で読んだもの、(4)西洋から入ってきた単語ではない、(5)昔から使われて少なくとも歴史時代以内で外国語にその起源が遡らない日本語の単語のことを何といいますか?

例えば
(1)天下、革命、故郷(こきょう)、絶世、徳望
(2)学校、科学、地球
(3)ふるさと
(4)レボリューション、モラル、スクール、サイエンス
(5)ふるい、うみ、ひと、ならう、いきる、ぬくもり (「さと」も入れようと思ったのですが、検索してたみら中国語の「出(chut)」から来たという説があったので外しました)

Aベストアンサー

和語

Q女子と小人は養い難しの意味は どちらも馬鹿で何を教えても理解出来ないう意味ですか?

女子と小人は養い難しの意味は
どちらも馬鹿で何を教えても理解出来ないう意味ですか?

Aベストアンサー

男社会から見れば、女の判断基準は理解できないことも多い。女の社会進出の進んでいない古代ならなおさらのこと。
子供はいつの時代も、社会経験は少ないから「あどけない」。

う~ん、どう理解すれば良いのだろう、という男の嘆きでしょう。当時の社会背景を考えると、馬鹿とかは論外です。

Q至急!日本語文法に詳しい方求む

それはあくまでつもりでしかない

という言葉は正しい日本語ですか?
 
日本語の文法として間違っていないでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

>「今まで何事もない平和な世界を生きてきたつもりだったが、それはあくまでつもりでしかなく」という風に使いたかったんです。

 でしたら、先行コメントのとおり、2つ目の「つもり」にカギカッコをつけるか、強調の意味がある〝 〟(いわゆるツメ)をつければよいのでは。手書きやWordなら傍点というテもあります。

 ただ……。
〈あとは平和な世界を否定する文をいれるつもり〉 
 だとすると、ちょっと違うのでは。微妙な話ですが、「つもり」は「生きてきた」に関わるのでは。
 たとえば、
「今まで何事もな平凡に生きてきたつもりだったが、それはあくまで〝つもり〟でしかなかった。ボクの生き方はかなりかわっていたらしい」
 と「平凡に生きてきた」を否定するのならわかります。
 でも実際は「平和な世界」のほうを否定否定したいんですよね。
「今まで何事もない平和な世界を生きてきたつもりだったが、それは(ボクの無知による)勘違いだったようだ。ボクが生きてきた世界では、実はとんでもないことが起きていた」
 とかでは。

Q「この車両では、おタバコはおすいいただけません。」の表現はおかしいのでは

新幹線新岩国駅のアナウンスで「この車両では、おタバコはおすいいただけません。」と案内していました。「タバコをお吸い」までは、許せる気がするのですが、いただくがつくと何か違和感があります。

Aベストアンサー

ちょっと変ですね

「この車両での喫煙は禁止されております」

「この車両での喫煙はご遠慮ください」

駅に言えば、変わるんじゃないですか

Q「そもそも論」って、正しい日本語なのですか?

よくWEBサイトなどで『そもそも論として〜』などとよく目にします。私は訳のわからない造語だなあと思っていたのですが、調べてみるとなんだか多くの方がこの言葉を使っているように思えました。
これは正しい日本語なのでしょうか?日本語などに詳しい方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

正しい言葉の使い方ではないですが、なんとなく定着しつつあるのかな?と言う感じではありますね。
「そもそも〜」と言う言葉は「説き起こし(順序だてて説明を始める事)」の際に使われる接頭語であって、その言葉を「論(道理をのべる事)」じるわけではないですからね。

でも日本語(に限らず言葉)は使われているうちに変節して行くものですから違和感を感じていてもそれが正しい言葉に変わって行くかもしれません。
それが単なる流行り言葉でも・・・

Q「成し得たい」という日本語はありますか?

「成し得る」「成し得た」は、あると思いますが、「成し得たい」という言い方を耳にして、違和感を抱きました。Googleで検索すると1万件ほどヒットし、「成し遂げたい」のような意味で使われているようです。あるいは「成し遂げて何かを得たい」という意味合いでしょうか。

私は、「成し得る」は成すことができる、達成し得るという意味だと思いますが、そうすると、「成し得たい」は、「達成し得たい」ということになりませんか?
「~し得たい」という表現はないと思うのです。

あと、よくよく考えると、「~を成し得た」という表現も、大きなことを達成したときに、「達成した」の意味で使われることが多いと思いますが、これはあっていますか?達成し得たという意味だと思うのですが。

手持ちの広辞苑と大辞林には「成し得る」自体が載っていないので、よくわかりません。
ただ逆に言えば、「成し得る」という単語がないということは、やはり「成す」+「し得る」ですから、例外的な意味は付加されないと思うのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「なし得た」は動詞「なす」の連用形「なし」+可能の意味を表わす動詞「得る」の連用形「得」+過去の助動詞「た」です。

「なす」は「成す」または、「為す」で、「なし得た」で「達成した」の意味になります。

「たい」は話し手の希望、要望を表わす接尾語で、動詞の連用形に接続し、「一家を成したい」のように使用します。可能の意味を表わす「得る」に「得たい」とは使用せず、この場合は「手に入れたい」の意味になります。

「何かをしたい」は、サ変の「する」の連用形「し」+「たい」で、この語が普通には使用されます。■


人気Q&Aランキング