ハミルトニアンHと任意の演算子Aの積をHAとします。Hの固有関数を|n>、
|n'>としてそれぞれの固有値をEn、En'とすると H|n>=En|n>、
H|n'>=En'|n'>となります。
今、HAを|n>と|n'>ではさんだ場合の算法についてですが、一応次のように
やりました。これでいいのでしょうか?
<n'|HA|n>=<n'|H|n'><n'|Å|n>=En'<n'|H|n'><n'|Å|n>
=En'<n'|HA|n>
ものの本によればHの行列要素とAの行列要素の積で書かれると書いてありま
すが。。。上の計算では都合よく真ん中を|n'><n'|としましたが本当にこれで
いいのでしょうか?ひとつよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

どうも。

補足を読みました。
>ここでの|i>は|n>と|n'>を含むHのすべての固有ケットをとればいいのでしょうか?

そうです。すべての和を取るのです。
一般に、波動関数を|φ>とおくと、Hの固有ケットの組を|i>などと書くと、

 <φ|H|φ>=Σ<φ|j><j|H|i><i|φ>  (Σは、すべてのj、iについての和をとる)

となります。
<j|H|i>は、例えば、i、jがそれぞれ1、2、3の値を取るとすると、

  <1|H|1>  <1|H|2>  <1|H|3> 
  <2|H|1>  <2|H|2>  <2|H|3> 
  <3|H|1>  <3|H|2>  <3|H|3> 

を一般的に表すことになるので、行列要素となります。
i=jの時、すなわち<j|H|j>は、その行列の対角要素になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常によく分かりました。ありがとうございました。これで気分がスッキリしました(^^)。
ブラとケットの演算で今更ながらDiracの本などを紐解いてみたりしたのですが、どうもよく飲み込めなくて。。。何かこの辺りの話をわかりやすく書かれているテキストをご存知でしたら、教えていただけると嬉しいです。あつかましいお願いで恐縮ですが、お時間のあるときにでも一つよろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/04 13:11

補足読みました。



私は物理のテキストに関しては、岩波書店のファイマン物理シリーズをお薦めしてます。
ブラケットに関しては、このシリーズの量子力学(砂川重信訳)の前半(~5章あたりまで)に述べられているので、一度読んでみられてはいかかでしょうか。

また私はNMRを用いた研究をしてるので、NMRのテキストで量子力学を勉強することが多いのですが、荒田洋治著「NMRの書」(丸善)の第2章「量子力学とスピン」の一読もお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速ファインマン物理シリーズを
あたってみます(^^)。

お礼日時:2001/07/04 18:53

ちょっと違います^^;



> 上の計算では都合よく真ん中を|n'><n'|としましたが・・・

これはしても良いんですけど、|n><n|をはずす理由も無いので、これも考慮する必要があります。

一般的にHの固有ケットを|i>と置くと(この場合、|n>と|n’>の二種類だけということにしてるんですよね)、

  <n'|HA|n>=Σ<n'|H|i><i|A|n>=En’<n'|A|n>

となります(Σはiのすべてについての和)。

ここで、<n'|n>=0であり、<n'|H|i>は i=n’の時だけ値(En')を持つことを利用してます。

ところで、Santa123さんの書かれている式のところで、
>>・・=<n'|H|n'><n'|Å|n>=En'<n'|H|n'><n'|Å|n>

は、おかしいですよね? <n'|H|n'>=En' なんですから。

この回答への補足

早速のレスありがとうござました。
ところで
>これはしても良いんですけど、|n><n|をはずす理由も無いので、これも考慮する
>必要があります。
>一般的にHの固有ケットを|i>と置くと(この場合、|n>と|n’>の二種類
>だけということにしてるんですよね)、
>  <n'|HA|n>=Σ<n'|H|i><i|A|n>=En’<n'|A|n>
>となります(Σはiのすべてについての和)。

ここでの|i>は|n>と|n'>を含むHのすべての固有ケットをとればいいの
でしょうか?

>ところで、Santa123さんの書かれている式のところで、
>>>・・=<n'|H|n'><n'|Å|n>=En'<n'|H|n'><n'|Å|n>
>は、おかしいですよね? <n'|H|n'>=En' なんですから

ご指摘のとおりです(^^);;

補足日時:2001/07/04 07:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q微分演算子について

微分方程式を解くときに微分演算子法が使えることの証明を教えてください。

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E5%A4%89%E6%8F%9B
に丸投げしてもいいんだけどと思いつつ.

1変数多項式が因数分解できることを既知とするなら, 前者は
・微分方程式を「微分多項式」で表現できる
・「微分多項式」の集合が 1変数多項式の集合と環として同型である
の 2つを示せばよく, 上は「微分多項式」の定義から自明なはず. 後者もほぼ自明 (だがいちいちやるとただ面倒).

後者についてはそもそも「微分多項式で何かを割ったりする」という操作をどうとらえるかという問題があって, 単純に形式的な操作と考えればできて当然. その「結果」を得るところまで考えるなら, 「微分多項式で何かを割ったりする操作」の「結果」を定義しなければならないが, おそらくこっちもその定義から自明だと思う.

Q-h' d/dt |ψ> = H |ψ>から、、、

-h' d/dt |ψ> = H |ψ> からシュレーディンガ方程式: -h'∂/∂t ψ(x, t) = H ψ(x, t) を
導くには、どうやったらいいのでしょうか?
単に <x|  を掛ければ、
-h' d/dt ψ(x) = H ψ(x) になってしまいます。

Aベストアンサー

ψ(x)が出てきたところをψ(x,t)と書き換えるのではダメなんですか?

Q微分方程式の演算子を用いた解法

微分方程式の演算子を用いる解法は知っているのですが、いつもそれを使わずに別の方法で解きます。演算子を用いると他の解法よりすこぶる楽に解ける問題などはあるのでしょうか。演算子法の位置づけを教えてください。

Aベストアンサー

>微分方程式の演算子を用いた解法

というのは、次のサイトで「記号法」と呼ばれている解法のことですか。
http://www.geocities.jp/tc205ki/dfdata/dfeq.html#tr3
それとも、もっと高度な奴への応用を中心に考えておられるのでしょうか?

もしも、このサイトで扱っている範囲+α(このページでは、例としては出ていませんが、高階非同次も、それなりの範囲で、二階非同次の応用で解けます)くらいの話でいいのなら、

使えてありがたいのは、非同次の特(殊)解を求める場合でしょうが、それなりに練習してからでないと、却って時間がかかるが、練習していれば、個別に頭使わなくても、かなり機械的に解けてしまう、練習量が十分なら、かなり高速に、高階になっても、多少、手間が増えるだけ、というあたりが、メリットかと思います。

現状で全然困ってないなら、わざわざ手を出さなくても、と、思いますが、この範囲のことで、苦手なタイプがある、とか、スピードに自信がない、練習に時間かけても、速くなりたいと思えば、意味はあるかと思います。私は、学校や仕事の都合で、微分方程式を解く必要があるのではなく、もっぱら、趣味としての数学の一環でやっていますが、時々、思い出して練習すると、そのときは確実に速くなります。しばらくすると、個別に頭使った方が早いかもくらいになりますが^^(スピードを維持できる程度の普段練習や、多少サボっても、そんなに落ちないレベルまでの練習はしたことがない^^)

微分方程式の教科書には、概念的なことだけ書いていて、すぐに計算練習ができるほど、説明がないものも多いので、そのときは、上記サイトや、
http://www.amazon.co.jp/%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E8%A8%98%E5%8F%B7%E6%B3%95%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%90%E3%81%AB%E8%A7%A3%E3%81%91%E3%82%8B%E5%BE%AE%E5%88%86%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F-%E9%87%91%E7%94%B0%E6%95%B0%E6%AD%A3%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E6%95%B0%E5%AD%A6%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E9%87%91%E7%94%B0-%E6%95%B0%E6%AD%A3/dp/4753600149
などが参考になると思います。

>微分方程式の演算子を用いた解法

というのは、次のサイトで「記号法」と呼ばれている解法のことですか。
http://www.geocities.jp/tc205ki/dfdata/dfeq.html#tr3
それとも、もっと高度な奴への応用を中心に考えておられるのでしょうか?

もしも、このサイトで扱っている範囲+α(このページでは、例としては出ていませんが、高階非同次も、それなりの範囲で、二階非同次の応用で解けます)くらいの話でいいのなら、

使えてありがたいのは、非同次の特(殊)解を求める場合でしょうが、それなりに練習してからでな...続きを読む

Q回折格子 |Δ(d)|、|Δ(θ)|

回折格子とスクリーンを平行におき、これらに垂直にレーザー光を当てるとスクリーン上に明暗の縞があらわれました。d:格子定数、θ:回折角とすると、
dsinθ=mλによりθからdを決定しました。次数の高い回折像から求めたdのほうが正しい値に近づく。それはd=m・λ/sin(θ)より

Δ(d)=-m・λ・cos(θ)・Δ(θ)/(sin(θ))^2=-d^2・Δ(θ)/λ/m
すなわち
|Δ(d)|=(d^2/λ/m)・|Δ(θ)|

mが大きいほうが誤差が小さい。と以前答えをいただいたのですが、何故微分するのか、|Δ(d)|・|Δ(θ)|またこの2つが何を示してるのかわからないので、改めて質問します。教えてください。何を示してるのかを

Aベストアンサー

正しい角度 θ から計算した値を d、
測定した角度 θ' から計算した値を d' とします。
ここで、
 d=m・λ/sin(θ)
 d'=m・λ/sin(θ')
がそれぞれ成り立っています。

測定値 θ' が θ から少しずれていた場合、
d の値も d' へとずれてしまいます。
θのずれをΔθ、dのずれを Δd とおくと
 θ' = θ + Δθ
 d' = d + Δd
ですね。

それでは実際にΔdを計算してみます。
 Δd = d' - d
    = mλ/sinθ' - mλ/sinθ
    = mλ{ 1/sin(θ+Δθ) - 1/sinθ }
    = mλ{ 1/{sinθ*cos(Δθ) + cosθ*sin(Δθ)} - 1/sinθ}
Δθ が小さいとき、cos(Δθ)≒1, sin(Δθ)≒Δθ とすると
    = mλ{ 1/{sinθ + Δθ*cosθ} - 1/sinθ }
    = (mλ/sinθ)*{ (1 + Δθ/tanθ)^(-1) -1 }
ここで x が小さいときに (1 + x)^n ≒ 1 + nx
という近似が成り立つことを用いると
    = (mλ/sinθ)*(-Δθ/tanθ)
    = {- mλcosθ/(sinθ)^2} * Δθ
と成ります。

微分を知っているならこのような作業をせずに、
楽に同じ結果が出てきますね。

正しい角度 θ から計算した値を d、
測定した角度 θ' から計算した値を d' とします。
ここで、
 d=m・λ/sin(θ)
 d'=m・λ/sin(θ')
がそれぞれ成り立っています。

測定値 θ' が θ から少しずれていた場合、
d の値も d' へとずれてしまいます。
θのずれをΔθ、dのずれを Δd とおくと
 θ' = θ + Δθ
 d' = d + Δd
ですね。

それでは実際にΔdを計算してみます。
 Δd = d' - d
    = mλ/sinθ' - mλ/sinθ
    = mλ{ 1/sin(θ+Δθ) - 1/sinθ }
    = mλ{ 1/{sinθ*cos(Δθ) + cosθ*sin(Δ...続きを読む

Q微分演算子の平方について

量子力学においては、演算子(作用素)はスカラーと同等と見なされ、また例えば運動量のx方向成分はPx=h/(2πi)(∂/∂x)で表され、エネルギーの次元にするためPxを2乗すると、{h/(2πi)(∂/∂x)}^2={h^2/(4π^2i^2)}{∂^2/(∂x^2)}=-h^2/(4π^2){∂^2/(∂x^2)}となるようですが、{∂/(∂x)}^2=∂^2/(∂x^2)の変形、つまり1階の微分演算子の2乗が2階の微分演算子になる数学的な根拠が分かる方、説明願えればと思います。または、このような変換に付いて分かりやすく説明された文献などをご存知の方、ご紹介ください。

Aベストアンサー

物理量を、波動関数に作用する演算子として表わします。
たとえば、ある物理量[A]を表わす演算子Aが、波動関数ψに作用すると



になります。ここで、ご質問は、[A]の2乗に相当する物理量[B]が、

(Aψ)^2

ではなく、Aを2回作用させた

A(Aψ)

になるのはなぜか、ということだと思います。

物理量[A]の測定で得られる実際の値aは、

Aψ=aψ

という固有値方程式を満たす値となります。ここで、「aの2乗」を値とする物理量[B]を考えますと、これも固有値方程式を満たさなければなりませんので、

Bψ=(a^2)ψ

さて、Aψ=aψの両辺にもう一度Aを作用させると

A(Aψ)=A(aψ)

aは定数ですから、A(aψ)=a(Aψ)、よって

A(Aψ)=A(aψ)=a(Aψ)=a(aψ)=(a^2)ψ

つまり、B=AA(AAとはAを2回作用させること)とすると、(a^2)はBの固有値になります。

Q∫Kπ~K+1π|sint|dt=|∫Kπ~K+1πsintdt|

∫Kπ~K+1π|sint|dt=|∫Kπ~K+1πsintdt|
は、なぜいえるのですか?

解説では、Kπ~K+1πにおいてsintの符号が一致するため・・・
と書いてあるのですが、いまいちよくわかりません。

Aベストアンサー

たぶんこの問題には、Kは整数とする、または自然数とする、と書いてあると思います。さらに、K+1にはカッコが付いているはずです。

このとき、Kが自然数の時積分範囲は単位円の上半分または下半分となります。Kが偶数のときは上半分で、奇数の時は下半分になります。実際に積分してみましょう。
Kが偶数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは2になります。|sint|を積分しても、2になります。
Kが奇数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは―2になります。その絶対値は2となります。|sint|をせきぶんすると、2になります。
ちゃんと一致していますね。と言ってもわかりにくいと思うので、成り立たない場合を考えます。

sintをπ/2~3π/2の範囲で積分します。そうすると答えはゼロになります。|sint|を同じ範囲で積分すると、答えは2になります。

グラフを書いてみましょう。関数を積分するということは積分範囲とx軸と関数によって囲まれた面積を求めることと一致します。ただしこれは、積分範囲において関数が正の場合の話で、関数が負の値を取っている範囲ではマイナスが付きます。つまり、グラフをかいて、x軸よりも上にある、x軸と関数によって囲まれた図形の面積をすべて足して、x軸よりも下にある、x軸と関数によって囲まれた図形の面積を引くと、積分した値になるのです。グラフを書いてみると、積分範囲において、sinxの値が常に正、または負の場合、∫|sinx|dx=|∫sinx dx|が成り立つことがわかります。

たぶんこの問題には、Kは整数とする、または自然数とする、と書いてあると思います。さらに、K+1にはカッコが付いているはずです。

このとき、Kが自然数の時積分範囲は単位円の上半分または下半分となります。Kが偶数のときは上半分で、奇数の時は下半分になります。実際に積分してみましょう。
Kが偶数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは2になります。|sint|を積分しても、2になります。
Kが奇数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは―2になります。その絶対値は2となります。...続きを読む

Q微分方程式の演算子法を用いた解法について

微分方程式の演算子法を用いた解法についての質問です。
Y'' + Y = X^2 + 1
を演算子法を用いて解く場合、
(D^2 + 1)*Y = X^2 + 1⇔Y=(D^2 + 1)^(-1) * (X^2+1)
からどのような公式を用いて解けばよいのか、演算子法自体について理解が浅いのもあって分かりません。どなたか教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

すぐに作れる公式(覚える必要がない)
D・exp(a・X)・Y=exp(a・X)・D・Y+exp(a・X)・a・exp(a・X)・Y
より
exp(-a・X)・D・exp(a・X)・Y=(D+a)・Y



(D^2+1)・Y=X^2+1
(D+i)・(D-i)・Y=X^2+1
exp(-i・X)・D・exp(i・X)・exp(i・X)・D・exp(-i・X)・Y=X^2+1
D・exp(2・i・X)・D・exp(-i・X)・Y=exp(-i・X)・X^2+1
exp(2・i・X)・D・exp(-i・X)・Y=・・・
D・exp(-i・X)・Y=・・・
exp(-i・X)・Y=・・・
Y=・・・



・・・以降を補足に書け

Qcm-1;カイザーの語源は?

光電子分光などで良く見かける"1/cm"と書いて"カイザー"と読む波長の逆数の単位の語源がぜひ知りたいです。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

 
 
 たしか波数の単位ですよね。検索したらヒットしました。
http://www.unc.edu/~rowlett/units/dictK.html
 
 

参考URL:http://www.unc.edu/~rowlett/units/dictK.html

Q微分演算子でわからないんですが・・・

つまずいているのですが
(1)逆演算子で、[x^2 +3]/D を解くということは積分すればいいのでx^3/3 +3xという答えになるのですがなんで積分定数Cはつけないのでしょうか?
(2)わからない問題があるのですが、
(D+1)^2 y=x という微分演算子の微分方程式の問題なのですが、
D=-1(重解)より、同次方程式の基本解は{e^-x ,xe^-x}となる。
特殊解をv(x)とし、(D+1)^2 [v(x)]=x よりv(x)を求める。
 v(x)=1・[x]/(D+1)^2
・・・というところまでしか解けません。逆演算子の公式に当てはまらない場合はどのように求めればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

(2)の特殊解を求める問題で「逆演算子の公式に当てはまらない」とありますが、逆演算子の展開はご存知ですか?

1/(1+aD)=1-(aD)^2+(aD)^3-(aD)^4+ …
1/(1-aD)=1+(aD)^2+(aD)^3+(aD)^4+ …

という感じです。これより、
[1/(1+D)]・[1/(1+D)]x
=[1/(1+D)]・(1-D+D^2-…)x
=[1/(1+D)]・(x-Dx+D^2x-…)
=[1/(1+D)]・(x-1)
=(1-D+D^2-…)(x-1)
=x-1-1
=x-1

(D+1)^2 y=xの一般解は
y=(A+Bx)e^-x +(x-1)

Q水理学の物体の安定不安定について比重0.9の三角柱(B=4m,H=3m,奥行きの長さL=6m)を

水理学の物体の安定不安定について

比重0.9の三角柱(B=4m,H=3m,奥行きの長さL=6m)を比重1.02の水中に浮かべる。その時の安定不安定を検討せよ。

この問題なのですが、自力で吃水が2.82m,を求めたのですが、その後の安定不安定計算がよくわかりませんでした。
h=Iy/V-aの傾心高式を使って物体の安定不安定を求めるそうなのですが 断面二次モーメントや体積はどこのものを指しているのかがわかりません!

長々とすみませんがよろしくお願いします!

Aベストアンサー

Vは、水に沈んでいる容積です。 Iyは吃水面で切断した水平面の断面二次モーメントを重心軸を中心として求めた値です。
aは、重心と浮心の間の距離です。
頂角が下で、吃水が2.82mですから、水面下の面積は、(2.82/3)×4×2.82/2≒5.3㎡、容積は、水面下の面積に奥行きの長さ6mをかければいいので、V=5.3×6=31.8m3となります。
断面2次モーメントIyは、(2.82/3)×4=3.76mの幅で奥行き6mの長方形の中心軸での値になります。 Iy=6×3.76^3/12≒26.6m4
重心位置は、正3角形なので、底辺から高さの1/3の位置です。 したがって、3/3=1mの位置です。
浮心は、頂角が下向きなので、吃水×1/3となります。 したがって、2.82×1/3=0.94mの位置です。
重心と浮心の間の距離a=0.94-(1ー(3-2.82))=0.12mとなります。
h=Iy/V-a=26.6/31.8-0.12≒0.71>0、したがって安定です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報