ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

車やバイクのカーブの正しい曲がり方の理論を聞いてビックリした話。

カーブに差し掛かったら、手前からブレーキ、ブレーキ、ブレーキ、カーブに入る前に減速しきってカーブに入るんじゃなくて、カーブの手前ギリギリでブレーキ、ブレーキ、減速しきって入るのが正しいらしい。

カーブ手前で減速して入るのが正しくて、カーブ手前に入る前に減速してるのはダメらしい。

なんでですか?

直線の段階でカーブを曲がり切れる速度まで下げるべきって習った気がします。今はカーブの直線で減速をしないで、カーブの手前ギリギリでキツめのブレーキを掛けて、ブレーキ、ブレーキの2回踏みで入っていくのが正しいの?

3回くらい手前で踏んでから入れって習いませんでした?

どういうこと?

A 回答 (3件)

スローインフォースアウトが基本

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/08/26 14:51

タイムを競うレースでの走り方の説明を聞かれたのでは?


あと、カーブというのはあくまでもハンドルを切って曲がる区間です。その前後の直線はカーブでは無いです。ご質問にある記述上、その辺が曖昧のような。。。

で。タイムを短くするにはカーブ手前の直線では出来るだけカーブの直前まで、出来るだけ早いスピードで走ることが求められます。なので「これ以上ブレーキを遅らせるとカーブに入るまでに減速できず、外にふくらんでコースアウトとしてしまう」、、、という場所までブレーキを遅らせ、タイヤがロックしないぎりぎりの強さでブレーキを強く踏んで減速します。ポンピングとかはしません。(^^;

ちなみに一般を走る際、ハンドルを切り始まる前に減速を終了し、カーブの最中はほんの少しアクセルを開いて駆動力を掛けていた方が車の姿勢は安定します。
また「急」の付く運転操作は安全面でも経済面でもすすめられません。

そうそう。今の車は機械的にはポンピングをしないと危険とかいうことはまずありません。何キロも続く急な下り坂でなければ。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/08/26 14:51

「何でですか?」って、それは言った人に聞いて下さい。


普通はカーブ手前でゆっくりと減速して、減速しきったところで加速しながらカーブを抜けていく。
あなたが聞いたのは、カーブ直前で急制動を掛けてカーブに入る?
    
これはレースのようにタイムを競うならそうでしょうけど、普通の道を走るのであれば穏やかなブレーキ、ゆったりとした加速が基本です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/08/26 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2Lでも遅いと言われる車はあるけど、 もちろん、軽自動車よりは加速はありますよね? 軽自動車でもそれ

2Lでも遅いと言われる車はあるけど、
もちろん、軽自動車よりは加速はありますよね?

軽自動車でもそれほど不満はないので
2Lの車ならどれでも走行性能は満足できますかね?

Aベストアンサー

2Lでも軽の車重の3倍あるなら同じですからね。。。
 しかし、現実2L3tクラスのガソリン乗用車はなかなか存在しないと思いますので、一般的に販売されている2Lカーなら充分満足できると思われます。
加速に関しては、軽でも電気自動車の軽より劣る2Lミニバンならいくらでもあるような。。。
 一度試乗してみることを強くオススメします。

Q1500ccターボというのは何故無いのですか?

排気量1000~1500cc未満までなら自動車税の金額は同じなので、
1500ccのターボを積むコンパクトがあればいいのにと思います。
でも多くの国産コンパクトカーはだいたい1300ccで、
たまに1500ccがあってもNAばかり。
欧州車だと1.6とか1.8リッターのものになって税金が1ランク上がってしまう。
ダウンサイジングターボは1.1とか1.2リッタークラス。

1500ccでターボというのはメリットの無いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の場合は、様々な「制限」が関与している為、
というのが最も近い答えになると思います。

その制限というのは、法律であったり、行政指導的なものだったり、
公的規制だったりと様々あるのですが、
一番に言える事は、安全性第一で今の様な状況になっているという事です。

消費者側からすれば、安くて速くてコンパクトが一番!と思うかもしれませんが、
国が求めるのは安全性第一となるのです。

その為、様々な制限を設けて、早い車=危険な車に乗るなら
その分多くの税金も払いなさい、というのが国の方針とも言える形となり、
貴方が求める様な車はあまり存在しないと考えるのが妥当だと思われます。

技術的にはもっと小さい排気量でもターボは作る事が出来ますが、
様々な制限などにより作られないだけ、と考えておきましょう。

Qすごい車塗装素人なりに教えてください。 缶スプレーでボンネット(軽自動車)を塗装しようとして、 全体

すごい車塗装素人なりに教えてください。

缶スプレーでボンネット(軽自動車)を塗装しようとして、
全体できに「ざらつき」が出てしまいました。
液体のコンパウンドでちょっと治ったので
ペーパー?2000番?ぐらいでやって治りますか?
また他に方法はないでしょうか。やり方など教えて欲しいです。

その段階で放置してます。
クリア塗装もしようと思ってるんですけど
純正ぽくテカテカにする方法お願いします!

Aベストアンサー

塗装面の下地はしっかり作ったと仮定した上で、
塗装面のざらつき発生に注意することが2点あります。

1点は特にメタリック系の粒子が荒い塗料です。メタリックのための金属粉が入っているので、塗装面に凸凹が出来やすいです。ごくまれに、メタリック系でなくとも存在しますので、まずはこの確認をしてください。
以上の場合は気にしなくて良いので、次のクリア塗装に専念してください。

2点目として、いわゆる「みかん肌」となってしまった場合。関東圏で言うと、ここ最近、気温が低めの高湿度が続いていますので、こういう時期は注意が必要です。夏場に塗装するならば、35度近い環境が最高です。色が白くボケやすいという弊害はありますが。

テカテカのつやつやにする秘訣ですが、仮に、ボンネット塗装のメインカラーに3缶使ったとします。仕上げのクリア―カラーは6缶使ってください。
やや大げさですが、メインカラー塗装後に1週間乾燥させます。その後、クリアを吹き、再度1週間乾燥させます。ポイントは、メインカラー塗装後もクリアカラー塗装後もシンナーの臭いが一切しないことです。ここを短縮しようとすると失敗します。

メインカラー塗装後、長期間乾燥させると埃が付着します。メインカラーの塗膜を傷つけないよう水で洗い流し、埃を除去します。時間の短縮を狙い、日干し乾燥すると水垢が付くことがあるので注意です。
その後、クリア塗装をし、クリア塗膜を厚くしていきますが、ちょっとやそっとの埃付着は気にしません(砂埃はだめです、もちろん)。気にしない理由は、この後の耐水ペーパーの水研ぎ作業で、埃は除去出来るからです。

その後、1500~2000番の耐水ペーパーでゴリゴリと磨くように削り上げ、研磨剤で磨いた後には、感動のテカテカ・艶々塗装面が出来上がります。

最後に、基本的なことをあえて再確認で記載しますが、ボンネットくらい大きな面を塗装する際、缶スプレーは必ず起きた状態で行ってください。コンプレッサーの使用と異なり、缶スプレーは圧力が不安定になりますので、絶対に、缶スプレーを横に寝かしての塗装はNGです。
脚立を塗装台に使ったりと、どうにかこうにか頑張って(ボンネット裏側の補強フレームを脚立とくくりつけたり等)、必ずボンネットを起こして塗装してください。ボンネットも缶スプレーも、起こしていることが基本です。

参考になれば♪

塗装面の下地はしっかり作ったと仮定した上で、
塗装面のざらつき発生に注意することが2点あります。

1点は特にメタリック系の粒子が荒い塗料です。メタリックのための金属粉が入っているので、塗装面に凸凹が出来やすいです。ごくまれに、メタリック系でなくとも存在しますので、まずはこの確認をしてください。
以上の場合は気にしなくて良いので、次のクリア塗装に専念してください。

2点目として、いわゆる「みかん肌」となってしまった場合。関東圏で言うと、ここ最近、気温が低めの高湿度が続いています...続きを読む

Q軽自動車の4WD と2WD は、運転していて、違いは感じますか。市街地を普通に運転する場合は、ほとん

軽自動車の4WD と2WD は、運転していて、違いは感じますか。市街地を普通に運転する場合は、ほとんど変わらないですか。当方、4WD を運転したことがないので。

Aベストアンサー

市街地を走る分にはそんなに違いが判りませんが、4WDはブレーキは安定しますから思い切りかけらえます。

ただ高速スピードに成ればなるほど、運転感覚が違ってきます。

メンテナンスも変わってきます、2WDなら1~2本でも変えることは出来ますが、4WDなら4本一緒に変えないとミッションを壊すことに成ります。(特にタイヤ径の小さい軽はシビアです)

Q軽自動車に乗っていますが、 走りに関しての不満は思ったより小さいです。 なので、2000ccNAの普

軽自動車に乗っていますが、
走りに関しての不満は思ったより小さいです。

なので、2000ccNAの普通車を買おうと思うのですが、ターボ搭載車にも乗りたいです。

しかし、ターボに乗ったところで自分はぶん回すような運転はしないので意味ないです。

しかし、自己満足として乗りたいです。

この気持ちを抑えるにはどうすればいいですか?

Aベストアンサー

サーキットレーサーになって思う存分レーサー場で乗り回せば良いと思います♪三原じゅん子さんみたいに♪頑張って下さいね♪

Q都内在住、初めて車を購入しようと トヨタのディーラーへ、そして見積もり見てビックリ!!

車本体の金額以外に、税金や保険の数の多さや金額の大きさ・・。
目が点になりました。
みんなこんな国の言いなりみたいなバカ高い税金保険を払って車に乗っているんですね。
もうバカバカしくなって帰ってきました。
都内に住んでいるので絶対に車がないと困るわけでもないので、ここに住んでいる限り生涯自家用車は買いません。レンタカーやタクシーで十分だと思いました。
車買ってる人たちはホントお金持ちなんだなぁ、と思いました。
購入諸費用や毎年の税金など重荷に感じませんか?

Aベストアンサー

都内の駐車場代は、地方のアパート賃貸料ですからねー
交通網の発達した都内では、車も必要なく たまに出かけるならレンタカーで効率よく車を使った方が良いです。
地方は、交通網が今一だったり時間帯によってバス等無い場合があるので 車所有が必伝的に必要となってしまいます。

確かに 税金は多いです。所得税という消費税と別の ぜいたく品購入税が掛かります。
強制保険以外に 賠償金額が足らないので任意保険の加入も必要と 矛盾があります。
国が いかに税金を取るかと考えられたしくみであり 無駄が多いです。
ガソリンもほとんど税金です。

車を持つ人が金持ちではなく 利便性を求め 仕方ないと割り切って 所有してます。

Q1サイクル1/60秒はどの業界でも同じ考えなのでしょうか? 自動車の4サイクルエンジンとは4/60秒

1サイクル1/60秒はどの業界でも同じ考えなのでしょうか?

自動車の4サイクルエンジンとは4/60秒で1サイクルするエンジンということで合ってますか?

Aベストアンサー

合っていません。
自動車のエンジン回転数は可変です。

Q日産自動車の新型リーフのデザインを追浜工場の期間工が勝手に1人世界初公開をやってしまって追浜工場の役

日産自動車の新型リーフのデザインを追浜工場の期間工が勝手に1人世界初公開をやってしまって追浜工場の役員のクビが飛ぶと言われていますが車のデザインが発表前に公表されてしまうリークってそんなに会社にとって不利益に繋がるものなのでしょうか?

どういうデメリットがあるんですか?

Aベストアンサー

最悪の場合は競合他社によって妨害を受けます。

例えばA社が発表の数か月前にリークされたとして最悪のケースを予想しましょう。

A社と競合する悪意あるB社は既存の自社製車両に上からハリボテのようなパーツを追加して、そのデザインに似た特徴を持った商品を何かの特別仕様としていち早くリリースします。
そして新型が発表されると「A社は弊社が発表した〇〇のデザインを真似した」として訴訟を起こすことができます。
むろん、A社はB社の特別仕様の発表前から開発を続けてきた資料や証拠があるので訴訟に負けることはありませんが、B社が「A社の新型車の出荷停止」というような仮処分を申請して裁判所に認められれば、A社は判決が出るまでの間(だいたい半年くらい?)はせっかく開発した新型車両を出荷できなくなります。生産ラインは停止し、生産した新型車は納車されることもなくモータープールにとどめ置かれる・・・生産ラインが停止している間も社員の人件費や設備の維持費は発生するのに新型車は利益を生み出さない上、モータープールの在庫には固定資産税がかかる(登録前なので自動車税と重量税はかからない)ので裁判が終わるまでの間利益につながらないコストだけが無駄に増加していきます。その上新型車両には「パクリ疑惑」というマイナスイメージもつきますから商品力も大幅に低下します。もう大損害です。

さすがに自動車業界でここまで悪質なことをやる企業は(少なくとも日本には)ありませんが、似たような真似をして和解金を請求するような商標登録制度を悪用した行為は現実にあります。
なので自動車に限らず商品開発にあたっては開発中の商品のデザインを秘匿するのは、リスクマネジメントの基本中の基本となっています。

最悪の場合は競合他社によって妨害を受けます。

例えばA社が発表の数か月前にリークされたとして最悪のケースを予想しましょう。

A社と競合する悪意あるB社は既存の自社製車両に上からハリボテのようなパーツを追加して、そのデザインに似た特徴を持った商品を何かの特別仕様としていち早くリリースします。
そして新型が発表されると「A社は弊社が発表した〇〇のデザインを真似した」として訴訟を起こすことができます。
むろん、A社はB社の特別仕様の発表前から開発を続けてきた資料や証拠があるので訴訟に負...続きを読む

QMT車のシフトチェンジについて

MT車のシフトチェンジについて質問です。

教習所ではおおよそ3000〜4000回転ぐらいでシフトアップをするようにと教わりましたが、峠を走っている車の動画などでは、8000回転や9000回転といった高回転域でシフトアップをしています。
これはどういった意味があるのでしょうか。また、街乗りでも高回転域でのシフトアップはするべきでしょうか。

また、私はシフトダウンはスピードメーターで速度を見て何となく行っています。コツなどあれば教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギアは低いギアのほうが加速がいいんです。
但しエンジンの回転数はレッドゾーンを超えて回らないので各ギアで出せる速度には限界があります。
私が前に乗っていた車の例だと1速60km、2速で100km、3速で160km最大で出せました。

だから低いギアで4000rpmでギアチェンジするよりも8000rpmまで回したほうが加速が速いんです。

その代わりガソリンを無駄に消費するのと単純に急加速で危ないです。

教習所では恐らく運転のしやすさを考慮して3000~4000といったと思いますがそれも回しすぎです。
町中だと精々2000~3000、AT車なら1500~2000で走れます。

シフトダウンは例えば3速ー60kmー3000rpmで走っていて2速に落とすとき5000rpmになるのがわかっているならアクセルを少し踏んで(ブリッピング)5000rpmにしながらシフトダウンするとスムーズです。シフトダウンする時レッドゾーンにいれてはだめです。
まぁ難しいので最初はやらないほうがいいです。

Q今どきの新車でも排気ガスから煤が出るものですか

三菱の軽自動車ekワゴンカスタムで、今年になってからの登録です。
購入時からマフラー付近の床が汚れます。
朝一番の始動時に白い紙を敷いておくと、冬場は明らかに真っ黒な粒子状物質が確認できました。
暖かく、いや暑くなってきた今では、色はやや薄っぽく見えるようになりましたが、それでも10分間ほどで添付写真のようになります。

これは正常な範囲なのでしょうか。
今までスバルの軽自動車を2台載ってきましたが、マフラーからは無色透明の水以外何も出てきませんでした。

スバルが軽自動車から撤退したので三菱に乗り換えましたが、ダイハツやスズキでもこんなものなんでしょうか。

近々、6ヶ月点検を受けますので、不具合があると言って良いのか、許容範囲でだまっ

Aベストアンサー

季節を問わず、エンジンが完全に冷えた状態からの始動時にはかなり濃い空燃比を用いますので、排気ガス中には多かれ少なかれ煤は含まれているとは思います。
エンジンのシステムに不具合があれば話は別でしょうが、もしシステムに異常が無いのであれば、この写真のように煤が暖機中にテールパイプの出口から水分と一緒に排出されるか否かは触媒コンバータやマフラーの配置場所、排気管・テールパイプの取り回し(設計)にも左右されるものとも考えます。
スバルのときは無かった現象なのですから、疑問に思うのは当然ですので、これが三菱車(ek)として異常なのか?それとも皆同じなのか?をよく確かめてもらったほうが良いとは思いますが、もしかしたらそのへん(マフラーの位置関係やテールパイプの取り回し)による差なのかもしれません。


人気Q&Aランキング