現在、個人事業を営んでおりますが、引退を考えております。事業を全部(借金を含め)従業員に譲ろうと思いますが、どのようにするのがベストですか。

A 回答 (1件)

ちょっと裏技的になりますが、何らかの形で法人化してお


き(合資会社が手っ取り早いでしょう)、その後代表者を
変更するのが確実な方法のようです。

なお、有限責任社員が無限責任社員になるのは割と簡単な
のですが、その逆は制限があり、一定期間、実質的に無限
責任を負わされる事になります。
従って、設立の段階で後継者になる方を無限責任社員にし
ておき、buttyさんは有限責任社員となるのが良いでしょ
う。

ちなみに、社員が無限・有限問わず「一人きり」の状態に
なるか、無限・有限どちらか一方の社員が存在しなくなっ
た場合、会社としては清算する事になります。
つまり個人事業に戻すのも簡単にできるわけですが、信頼
度などの点から考えると、なるべく法人格をキープしてお
いた方がいいでしょう。

参考URL:http://www.osbic.or.jp/Shokoqa/kobetu/q_a27.html …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ