ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

癖で英語を筆記体で書いてしまうんですけど、やっぱり汚いし、読みにくいし...この癖を直した方がいいですよね?

「癖で英語を筆記体で書いてしまうんですけど」の質問画像

A 回答 (11件中1~10件)

誰か人に見せるのなら筆記体はやめた方がいいと思いますよ~


すごい筆記体かっこいいですね
羨ましいです
    • good
    • 0

どっちも書けるようにするといいかも

    • good
    • 0

直すべきか否かで言ったら直したほうが良いと思います。



一行目は"I went to my friend's house."だと思うのですが "went" の w が m にしか見えないので直したほうが良いと思います。大文字のWは下がとがっていて大丈夫ですが小文字の場合下がとがっていると小文字の m か n に見えます。

小文字の t の高さは大文字の I や小文字の d, h, k と同じ筈ですが半分ぐらいの高さになっているので to などの単語が読み難いです。

他にも s, r, g, k, a, Y がブロック体とごっちゃになっているのでできたらもう一度勉強しなおしてみても良いと思います。

読めないことはないのでこれが自分の個性だと主張することも可能ですが…ブロック体に似ている文字が多いので中途半端だなぁと言う印象は受けます。
    • good
    • 1

自分のノート等に書くのであれば全く直す必要ないと思いますよ。



他の人宛に書くなら、筆記体は出来るだけ避けた方が、読みやすいかと。。。
日本語でもそうだと思いますが、達筆すぎる文字は読みにくいですし(´<_`lll)
    • good
    • 1

多少のミススペルはありますが、文字自体はこのうえなく完璧に美しい米国式の筆記体です。

私はアメリカ人の年配の英語の先生などには、必ずこういう筆記体で書くよう、敢えて心がけています。したがって、癖を直す必要はありません。このほうが年配者には尊敬されます。

ただし、昨今の、特に人たちは筆記体を学校で習わないそうなので、筆記体自体を読めない場合がありますよね。したがって、読み手を意識して、ブロック体で書いたほうがい時もありますよね。そういうのは「クセ」とかいうこととは別物だと思います。
    • good
    • 1

少々癖がありますが、この程度なら許容範囲内では?

    • good
    • 0

筆記体にも共通するルールがありますよね。

画像の t, f, o, r, s, 大文字Y には、ルールとは異なる癖を感じます。

t や f はその高さ、小文字のo は、丸の中に線を巻き込みません(大文字は巻き込みます)、r や s は、その形です。大文字のY も書き方が違う。

あなたが言ってる、直したい癖が、そのことを指しているのならば、直した方がいいと思います。筆記体としては中途半端なので。

筆記体そのものを「癖」と捉えてらっしゃるのかもしれませんが、その場合も気になるなら、辞めた方がいいでしょう。

どんな書き方だろうが、読めればいいんだよって開き直ることができれば
気にすることはありません。
    • good
    • 2

このぐらい達筆であれば直す必要はありません。

    • good
    • 2

筆記体は良いけど、汚くて読みにくい は直したほうがいいです。

    • good
    • 1

うーん、癖というか、筆記体で書くことがよくないわけじゃないです。


ただ、何のために書くのか。
たいてい、今はタイピング(スマホでもPCでも)で手書きで文字を書くのは日本語でも少ないです。

人に読んでもらうのか?
そもそも英語を。
自分で読む分は何の問題もありません。

昔の予備校の授業など、筆記体で板書しないと間に合わなかったので、
みんな筆記体で必死に写したものです。

手書きで速く書くのなら筆記体がふさわしいです。

自分で筆記体が慣れていて速く書けるならそれでいいのでは?
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"Sentence"って日本語で何ですか。

まず、私は韓国人で、日本人ではありせん。

ここで日本語の質問をした時に、「ある番組から次のような文を聞きました。」と書いたら、日本語が変だと指摘されました。私が言いたかったのは"I heard the following sentence from a TV show."です。A sentence、つまり、一つの主語部と述語部で構成されている言葉の集合、を韓国語では「文章」と言います。それで、例のような場合には韓国語では「文章」に当たりますが、私の知っているかぎり、日本語での「文章」は一つのsentenceではなく、たくさんのsentenceでできているものを指します。

それで、和英辞書をしらべたら、sentenceは「文」になっていたので、例のように書きましたが、間違ったようです。以前からsentenceって日本語でどういえば自然なのか迷っていましたので、想定できるコンテキストによっての自然な日本語を教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

sentenceは日本語で「文」で合っていますよ。
日本語で「文章」といった場合、sentenceの意味と、複数のsentenceからなるもの、の2つの意味があります。

それとは別に、「ある番組から次のような文を聞きました。」という文だと、日本人は違和感を覚えます。日本人が変だと思うのは「ある番組から」の部分です。

番組は人ではないので、「から」を使うのは不自然だと感じます。「Aさんから次のような文を聞いた」というのは問題ないですが、番組に対して「から」を使うのは不自然です。

この場合は、
「ある番組で次のような文を聞きました。」
の様に、「から」ではなく「で」を使うと自然な日本語になると思います。

また、「文」ではなく「話」にしたほうがより自然な日本語になると思います。

QI found her a good doctorの解釈

この訳ですが
「私は彼女によい医者を見つけてあげた」となるかと思いますが、
「私は彼女がよい医者だとわかった」と解釈する場合はあるでしょうか?
ないとするなら、「私は彼女がよい医者だとわかった」は英語でどう言いますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらの意味にもなるの(`・ω・´)

例えば日本語でも、「来るまで待ってね」も「車で待ってね」も同じ言い回しでも状況で区別がつくように、両方の解釈が可能でも普通は混乱したりしないの(`・ω・´)

ちなみに#2さんが、I found her to be a good doctor.と言っていますが、このto beは、省略できるの(`・ω・´)

だから、どっちの意味でもI found her a good doctor.なのね(`・ω・´)

Q同じ動詞でその後に前置詞の in on at を取るような動詞

はありますか?
look at / look in はありそうですが、look on はあまり聞いたことがありません。

Aベストアンサー

time は in time, on time という熟語があり、
点としての time なら普通に
at a time
at any time
at the same time
となります。

熟語じゃないですが、
at night は
in the night とも言えますし、
特定の日の夜なら
on the night of ~

時を表す名詞ならけっこう見つかると思います。

Q英語 三単現(goes?)の使い方について

ソードアートオンラインというアニメの英語吹替を見ていたところ、”okey, you goes!”と聞き取れる表現がありました。
学校で教わる基本の文法知識から推測すると「(e)s型は主語が三人称単数の場合のみ」ですから、どうしてもしっくりきません。
場面的には「よし、いけ!」と自分に言い聞かせているようです。(この後日米版ともに必殺技の名前を叫ぶのですが日本語版では前述の表現に相当するセリフは無く、技名だけになっています。)
何かネイティブ特有のニュアンスによるものですか? それとも全く別の単語でしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

>「よし、いけ!」と自分に言い聞かせているようです。

このことから、
Okay, here goes!
と言っているんじゃないかと想像できます。聞き直してみてください。ただし here の h はほとんど聞こえないことがあります。"Here goes!" は "Here it goes!" が短くなったものです。この場合の三人称単数は略されている it です。

http://idioms.thefreedictionary.com/here+goes

Q和英辞典の「鈍行」の項目の「a slow train」の両端に「'」のマークが付いてました。 これは

和英辞典の「鈍行」の項目の「a slow train」の両端に「'」のマークが付いてました。
これは何ですか?

他の項目では付いてませんし、「an express train (急行)」にも付いてませんでした。付録の記号の使い方一覧を見ても書いてありませんでした。
(ちなみにウィズダム英和辞典2のアプリ版です)

Aベストアンサー

「本書の使い方」という項目にこうあります。

3 訳 語
3-6 和製英語
(1)(略)
(2)(略)
(3)日本文化紹介などのためにあえて日本語の直訳を訳語として示す場合は、’ ’ に入れて示した。
ゴールデンウィーク 'Golden Week' holidays

'a slow train' は和製英語ではないけれど、「日本文化紹介などのためにあえて日本語の直訳を訳語として示」したもののとして、「’ ’ に入れて示した」のでしょう。


(こんな短い文の中で「示す」を二回も使うなんて、もうちょっと考えた方がいい。
和英辞典としてはとてもよくできていると思うので、こういうところにもちょっと気を遣って欲しかったな。)

QWho do you think he is

Who do you think is he は間違いで、Who do you think he isが正しいと聞きました。
でも、Who do you think the most successful football player is と Who do you think is the most successful football playerは、両方とも使われていると聞きました。

なぜこのような違いがあるのでしょうが。構造的には、Who is ○○?で同じだと思うのですが。もちろんwhoが主格の時は、Who do you think V, 目的格の時は、Who do you think S+Vと言うのは習いました。Who is ○○は、このwhoは主格ではなく補語なのでWho do you think he isとなるというようなことを聞いたのですが、ならば、Who do you think is the most successful football playerもおかしくなければ矛盾するような気がします。どのように解釈すればよいのでしょうか。

Who do you think is he は間違いで、Who do you think he isが正しいと聞きました。
でも、Who do you think the most successful football player is と Who do you think is the most successful football playerは、両方とも使われていると聞きました。

なぜこのような違いがあるのでしょうが。構造的には、Who is ○○?で同じだと思うのですが。もちろんwhoが主格の時は、Who do you think V, 目的格の時は、Who do you think S+Vと言うのは習いました。Who is ○○は、このwhoは主格ではなく補語なのでWho d...続きを読む

Aベストアンサー

S is C. という英語は、S = C だから、
逆にしてもいいのです。
数学でいう同値であれば、逆にしてもイコール。

ただし、常にというわけでなく、
He is a football player. のような、a なら、どこにでもいる、
なので、
A football player is he. はおかしいです。

一方、Tokyo is the capital of Japan. であれば、
どちらも一つしかない存在であり、
The capital of Japan is Tokyo. としても同じなわけです。

また、一つしかない、といっても、he のような人称代名詞は
主語が普通であり、補語になるのは It's he. のようなものに限られます。

また、たとえ、the most successful player の方が主語だとしても、
間接疑問的に肯定文の語順とはいえ、主語が新情報で長く、
倒置になって、主語が後ろに回る、つまり、疑問文の語順になることがあります。

これも、he のような短い、弱い単語であれば、倒置にはなりにくいのです。

S is C. という英語は、S = C だから、
逆にしてもいいのです。
数学でいう同値であれば、逆にしてもイコール。

ただし、常にというわけでなく、
He is a football player. のような、a なら、どこにでもいる、
なので、
A football player is he. はおかしいです。

一方、Tokyo is the capital of Japan. であれば、
どちらも一つしかない存在であり、
The capital of Japan is Tokyo. としても同じなわけです。

また、一つしかない、といっても、he のような人称代名詞は
主語が普通であり、補語になるのは ...続きを読む

Q一般文とbe動詞の文とdo/doesの文の見分け方が分かりません。

一般文とbe動詞の文とdo/doesの文の見分け方が分かりません。
ドリルをやっていたのですが以下のように間違ってしまいます。


私の母親は、私たちの夕食を毎晩作ります。
私の答え My mo
ther does make our dinner everynight.
正解 My mother makes our dinner everynight.

彼女はアメリカの音楽が好きです。
私の答え She does likes American music.
正解 She likes American music.

彼女らは家に帰りたがっています。
私の答え They do want go home now.
正解 They want go home now.

この店には、たくさんの赤い花があります。
私の答え This store does has a lot of red flower.
正解 This store has a lot of red flower.

彼のお店は今日開いているのですか、いいえ開いていません。
私の答え Do his store open today. No, it donot.
正解 Is his store open today. No, it isnot.

見分け方をご指導頂けないでしょうかよろしくお願いいたします。

一般文とbe動詞の文とdo/doesの文の見分け方が分かりません。
ドリルをやっていたのですが以下のように間違ってしまいます。


私の母親は、私たちの夕食を毎晩作ります。
私の答え My mo
ther does make our dinner everynight.
正解 My mother makes our dinner everynight.

彼女はアメリカの音楽が好きです。
私の答え She does likes American music.
正解 She likes American music.

彼女らは家に帰りたがっています。
私の答え They do want go home now.
正解 They want go home now.

...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど、一般文というのがあったのですね。

普通にはそういう区分はしませんが、do/does の文でなく、
ただ一般動詞の文ということでしょうか。

#2 で申し上げたように、それはいわゆる肯定文の場合です。

一般動詞の文で、疑問文・否定文になれば、do/does を使い、
肯定文では一般動詞をそのまま(-s がつくものを含めて)一語だけで使います。

Qヒアリングという英語はありますか? hearは進行形にしないという決まりがあったはずなのですが、親に

ヒアリングという英語はありますか?
hearは進行形にしないという決まりがあったはずなのですが、親に聞いたところヒアリングテストとかあったじゃんとか言われました。
今はリスニングというのでヒアリングという英語があるのか、間違っているのかわかりません。教えてください!

Aベストアンサー

>状態動詞は進行形にできないと聞いたので質問しました

文法は初めからあるものではなく、ある言語を解析してそれに理屈をつけて規則性を見つけ出したものです。とうぜん、文法で説明できない例外もあります。

なぜ状態動詞が進行形にできないかというと、自分の意志でコントロールでできない事象だからです。

hearは、わたしも書きましたが、聞く気がなくても聞こえるくるのが「hear」です。 あなたの説でいえば上代動詞です。 listenは、聞く気があり聞くものです。 ただ、ほかの方もあげていますが、例外は何事もあります。 ようは、その文章の前後関係によるのではないでしょうか。 また、ネイティヴだといっても間違えることは当然あります。

我々も同じです。 「早急」は、さっきゅうが正しいのに、それを「そうきゅう」と誤読するようになり、それが一般化してしまい、広辞苑にも載せざるを得なくなったという話はきいたことがあります。

ほかも「まったく大丈夫」というのは、誤用で、「まったく」のあとにはかならず否定がこないといけません。このような誤用は、敬語や謙遜語になるとさらに顕著になります。 お客様に「よろしかったら、お食べになってください」という誤用です。 「よろしければ、お召し上がりください」が正しいし、もっと丁寧に言おうとしたら「里から持参したもので、お口汚しにならなければと案じております」というような言い方もありますが、現在では、こんな敬語は誰も使いません。

これは日本語に限らず、英語にもいえることで、昔は誤用だったが、現在では「そういう」という例がかなりあります。 わたしの妻はネイティヴなのですが、誰もが知っている米国人著作者が「この英語は間違い」こういう趣旨の書籍をかなり出していますが、妻が読むと「たしかに、間違いもあるけど、間違えていない言い方が多い」とは言っていました。 例えば、名乗るのに、My name is ~ は、間違いといった書いた書籍もあります。書籍によりと、I am ~が正しいと書いています。 でも、現実は、時と場合により、どちらも使われます。

言葉というものは、英語にかぎらず、常に動いているもので時代とともに変化しているものです。 ひとつ例をあげてみます。 ここにあげたビデオは、「ロミオとジュリエット」を、シェークスピアの生まれた時代16世紀の英語とその発音で演じたものの一部です。 

シェークスピアは、原語(オリジナル)で書いたものは、英語の古典のため、英語ネイティヴでも、そのままでは読めないぐらい難しいものです。 日本語の古典と似たようなものです。 (現在、英語ででているシェークスピアは現代英語に訳されたものです)

https://www.youtube.com/watch?v=dWe1b9mjjkM

>状態動詞は進行形にできないと聞いたので質問しました

文法は初めからあるものではなく、ある言語を解析してそれに理屈をつけて規則性を見つけ出したものです。とうぜん、文法で説明できない例外もあります。

なぜ状態動詞が進行形にできないかというと、自分の意志でコントロールでできない事象だからです。

hearは、わたしも書きましたが、聞く気がなくても聞こえるくるのが「hear」です。 あなたの説でいえば上代動詞です。 listenは、聞く気があり聞くものです。 ただ、ほかの方もあげていますが、例外...続きを読む

Q「彼は私たちにそこへ行くように言った。」を関係代名詞を使って「He told us who we g

「彼は私たちにそこへ行くように言った。」を関係代名詞を使って「He told us who we go there 」とは出来ないんでしょうか?

Aベストアンサー

He told (us) that we should go there.

Qgoogle先生でわからなかったので・・・

フレンチ袖のTシャツを買ったのですが、後ろの英文の意味がわかりません。
何やら危険な感じがするので、この英文の日本語訳を教えていただきたいのです。
google先生はよく変な日本語訳をしますので・・・

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

バプテストというのはアメリカのプロテスタントの一派です。
プロテスタントで最大の保守派です。

その牧師の妻が実は「私は神を信じない。誰も知らないけどね」
とシャツに書いているわけですから,
バプテスト派の人はバカにされたように感じるでしょう。

良心の自由を主張する一派なので,
それを逆手にとっておちょくっているのかもしれません。

日本人にももちろんバプテスト派はいますので,
私だったら外に来て出ませんね・・・。


人気Q&Aランキング