一定の加速度または等速度で運動する点電荷から電磁放射は一般にはないといわれています。

相対論的に考えれば重力中で自然落下する質量を持つ点電荷の運動は等速運動と同じですから、例えば衛星軌道のような周回運動している電荷もやはり電磁場の放射を伴わないことになってしまいます。

もちろんクーロン場のような広がった電磁場領域全体では重力を打ち消すことは出来ませんから、ここでは電気多重極などのような急激に減衰する電場を考えたいと思います。

宇宙の遠方から眺めたとき加速度運動する電荷が放射しないのは不思議でなりません。この矛盾はどう考えればよろしいのでしょうか。ご指南お願いします。

A 回答 (1件)

なにか勘違いをされているのでは?



>一定の加速度または等速度で運動する点電荷から電磁放射は一般にはないといわれています。

加速度運動する電荷は電磁波を放射します。

>重力中で自然落下する質量を持つ点電荷の運動は等速運動と同じ

自由落下するのに等速運動??

この回答への補足

早速回答ありがとうございます。一定速度で運動する点電荷はおなじ速度で運動するローレンツ系で観測すれば静止する電荷に見えますから放射しない。ここまでは良いでしょうか。加速度を持つ電子が放射するのは当然ですね.スミマセン。

一定の重力場を仮定した時電子は重力の方向に落下します.もし観測者が同じ重力場で自然落下しながら電子を観測すれば自分も電子も無重力状態で相対速度0である事を発見すると思います。
この時観測者(第1観測者)から見ると電子は静止しているため、電磁放射を観測することは無いと考えます。これもやはり勘違いでしょうか。

もし勘違いでなければこの自然落下する二つの物体を別のローレンツ系にいる第3者から見ると等加速度で両者(電子と第1観測者)が運動することになります。この時電磁輻射はあるのでしょうか、無いのでしょうか。

混乱した質問かも知れませんが宜しくお願いします。

補足日時:2001/07/04 22:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCSSの変更(?)点を教えてください

自分のホームページに

【Beautiful CSS buttons with icon set】

http://woork.blogspot.com/2008/06/beautiful-css-buttons-with-icon-set.html

というのを使ってみたいと思ってやってみました。
うまくできたのですが、縦並びではなく横並びにしたいと思ってやってみると、どうにもうまくいきません。

まだまだ初心者でよくわからないのですが、
CSS内の
「display:block ;」
をいじればいいのかと思いやってみましたが、はずしてしまったり「inline」にしてしまうと、きれいに表示されなくなってしまいました。

どうしたらきちんと表示されるまま、横並びのボタンにすることができるでしょうか?

Aベストアンサー

ul要素を使ってみてください。

<style type="text/css">

#NAV:after {
content:".";
visibility:hidden;
display:block;
height:0;
clear:both;
}

#NAV {
height:1%;
overflow:hidden !important;
overflow:visible;
/*/*//*\*//*/ display:inline-table; /* */
list-style:none;
}


#NAV li {
float:left;
}


</style>

<ul id="NAV">
<li>メニュー1</li><!--
--><li>メニュー2</li><!--
--><li>メニュー3</li><!--
--><li>メニュー4</li>
</ul>

このメニュー1、メニュー2...の中にaとspanを入れてやればできると思います。

ul要素を使ってみてください。

<style type="text/css">

#NAV:after {
content:".";
visibility:hidden;
display:block;
height:0;
clear:both;
}

#NAV {
height:1%;
overflow:hidden !important;
overflow:visible;
/*/*//*\*//*/ display:inline-table; /* */
list-style:none;
}


#NAV li {
float:left;
}


</style>

<ul id="NAV">
<li>メニュー1</li><!--
--><li>メニュー2</li><!--
--><li>メニュー3</li><!--
--...続きを読む

Q等速直線運動と等加速度運動

中学生です。

一定の速さで進むというものと、物体の進行方向に一定の力が働き続けるの意味がごちゃごちゃになっています。

一定の速さで進む・・・というところは分かるのですが、一定の力が働くというところがあいまいです。
一定の速さというものと、一定の力というのはなぜ一緒ではないのですか。

一定の力で押したら、一定の速さにならないのですか。

Aベストアンサー

No.3の回答者です。

>>>では、車が発進するときに、アクセルを一定の力で踏んで進む・・・は等加速度運動で、ある程度スピード出て一定の速さになったら等速直線運動になる・・・と思えば大丈夫ですか。

あなたは頭がいいですね。そのとおりです。

そういえば、もっと簡単な例がありました。

高いところから物を真っ直ぐ落とすと、直線状に、だんだんスピードを上げながら落ちます。
等加速度直線運動です。
だから、落ち始める高さが高いほど、地面に落ちる瞬間のスピード、衝撃が大きいわけです。
このときの「力」は重力です。

ところが、鳥の羽、紙ふぶき、雨滴、ピンポン玉は、高いところからとしても、落ちる速さがあっという間に大体一定になります。
空気がなくて真空ならば、全部同じ加速度で落下します。
すなわち、重力の絶対値と空気抵抗の絶対値が等しくなると、合計の力がゼロになる、つまりつりあうので、一定速度になります。
ここで「絶対値」という言葉をつけた意味は、本当は、
重力 = 空気抵抗
ではなく
重力 + 空気抵抗 = 0  (かかる力の合計はゼロ ⇒ 等速直線運動)
だからです。

上方向(高さ方向)をプラス、あるいは、下方向(落下方向)をプラスと決めると
重力 + 空気抵抗 = 0
でもあり
重力 = -空気抵抗
でもあり
-重力 = 空気抵抗
でもあります。

絶対値ならば、もちろん
|重力| = |空気抵抗|
です。

No.3の回答者です。

>>>では、車が発進するときに、アクセルを一定の力で踏んで進む・・・は等加速度運動で、ある程度スピード出て一定の速さになったら等速直線運動になる・・・と思えば大丈夫ですか。

あなたは頭がいいですね。そのとおりです。

そういえば、もっと簡単な例がありました。

高いところから物を真っ直ぐ落とすと、直線状に、だんだんスピードを上げながら落ちます。
等加速度直線運動です。
だから、落ち始める高さが高いほど、地面に落ちる瞬間のスピード、衝撃が大きいわけです。
こ...続きを読む

QW3CのHTML結果とCSS結果の問題点を改善策を教えてください。

W3CのHTML結果とCSS結果の問題点を改善策を教えてください。

●HTML結果

ワーニングが1個になりました。UTF-8を使ったら駄目ということですか???

Passed, 1 warning(s)

Using Direct Input mode: UTF-8 character encoding assumed
Unlike the “by URI” and “by File Upload” modes,
the “Direct Input” mode of the validator provides validated content in the form of characters pasted or typed in the validator's form field.
This will automatically make the data UTF-8,
and therefore the validator does not need to determine the character encoding of your document,
and will ignore any charset information specified.
If you notice a discrepancy in detected character encoding between the the “Direct Input” mode and other validator modes,
this is likely to be the reason. It is neither a bug in the validator, nor in your document.

●CSS結果

警告が5個出ました。
下記のエラーの改善策がわかりません。助けてください。

ul#topmenu li

In (x)HTML+CSS, floated elements need to have a width declared.
Only elements with an intrinsic width (html, img, input, textarea, select, or object) are not affected


●CSS
ul#topmenu li a{display: block;
width: 120px;
line-height: 30px;
text-decoration: none;
text-align: center;
color: #ffffff;
background-color: #005087;
background-image: url(rollover.png);
border-right: solid 1px #ffffff}

W3CのHTML結果とCSS結果の問題点を改善策を教えてください。

●HTML結果

ワーニングが1個になりました。UTF-8を使ったら駄目ということですか???

Passed, 1 warning(s)

Using Direct Input mode: UTF-8 character encoding assumed
Unlike the “by URI” and “by File Upload” modes,
the “Direct Input” mode of the validator provides validated content in the form of characters pasted or typed in the validator's form field.
This will automatically make the data UTF-8,
and t...続きを読む

Aベストアンサー

HTMLに関してはよくわかりません。
「It is neither a bug in the validator, nor in your document. 」
とあるので、ValidationServiceのバグでもないし、HTMLのバグでもない、つまり気にする必要がないということではないでしょうか(よくわかりません、nerther A nor BはAでもBでもどちらでもないという意味ですので…)

CSSに関してはわかります。
floatを指定している要素には必ずwidthを指定しなければいけないという意味です。ただしinput等は例外。
ul#topmenu liにfloatを指定しているのでしたら、ul#topmenu liにwidthを指定しなければいけません。質問内容に書かれているのはul#topmenu liではなくul#topmenu li aですね。

HTMLの文法チェッカーでしたらHTML-lintも使ってみてください(両方使うといいです)

Q「等加速度運動」と「等加速度直線運動」の違いは?

「等加速度運動」と「等加速度直線運動」の違いは?
 
「速度」はベクトル量、「速さ」はスカラー量だから、
「等速直線運動」=「等速度運動」であり、
「等速度直線運動」という表現は不適切(トートロジーだから)と高校物理で習いました。

ですが、「速度」同様にベクトル量である「加速度」について、
「一定の加速度で直線運動すること」=「等加速度直線運動」と書かれているサイトを多数目にしました。
私が思うに、これもやはり不適切で、「等加速度運動」という表現の方が適切だと思うのですが、どうでしょう?
「等加速度直線運動」と「等加速度運動」のどちらが適切なのでしょうか?


また、速度での「速さ」みたいな、加速度の大きさを示すスカラー量の名称ってないんでしょうか?

Aベストアンサー

 等速度であれば必ず直線運動なので、「等速度直線運動」という言い方はおかしく、「等速直線運動」または「等速度運動」というべきですが、等加速度であれば必ず直線運動というわけではありません。

 等加速度でありながら直線でない運動の代表例は放物運動です。物体に働く力は重力のみで、地表付近では重力は一定とみなせますので、一定の力を受ける運動=等加速度運動です。

 放物運動については、直線運動でないので「等加速度直線運動」という言い方がされるはずがありませんから「どちらが適切か」という問は成り立ちませんね。

 また、まっすぐ落下する場合や鉛直投げ上げなどでは、「等加速度」であり、「直線」ですから、「等加速度直線運動」になります。

※#1さんのISSの運動は直線ではないのはもちろんですが、円運動では重力の働く向きがどんどん変わるので、そもそも「等加速度」ではないと思います。


>速度での「速さ」みたいな、加速度の大きさを示すスカラー量の名称ってないんでしょうか?

 加速度以外に、「力」や「運動量」「電場」「磁場」などもベクトル量ですが、その大きさについてはみんな「力の大きさ」とか「電場の大きさ」といいます。むしろ、「速度」とその大きさを表す「速さ」という言葉がある方が例外的と思われます。

 等速度であれば必ず直線運動なので、「等速度直線運動」という言い方はおかしく、「等速直線運動」または「等速度運動」というべきですが、等加速度であれば必ず直線運動というわけではありません。

 等加速度でありながら直線でない運動の代表例は放物運動です。物体に働く力は重力のみで、地表付近では重力は一定とみなせますので、一定の力を受ける運動=等加速度運動です。

 放物運動については、直線運動でないので「等加速度直線運動」という言い方がされるはずがありませんから「どちらが適切か」と...続きを読む

Qcssファイルがダウンロードできてしまう・・・

cssを外部ファイルに置いて、http://○○○.com/css/index.cssのようにしているのですが、以下の問題が発生しています。

■http://○○○.com/css/index.cssでcssファイルがダウンロードできてしまう。
■cssファイルがYahoo検索エンジンにインデックスとして大量に登録されてしまう。

上記の2点の問題で非常に困っています。htaccessに

 <Files ~ "\.css$">deny from all</Files>

と記述しましたが、これではサイトにアクセスするとcssを読み込まずにレイアウトが総崩れしてしまいます。
どのように記述すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>■http://○○○.com/css/index.cssでcssファイルがダウンロードできてしまう。
この件への対処は不可能です。
何故なら、CSSファイルに設定したレイアウトが反映されることが、次の仕組みに寄っているため。
 1.WebブラウザがHTMLファイルとCSSファイルの双方をダウンロード。
 2.Webブラウザが内部でHTMLとCSSを合成することで、レイアウトが適用された画面を作成する。

このように、
CSSファイルのダウンロードを禁止することは、CSSの仕組みに違反するため、対処は不可能です。

■cssファイルがYahoo検索エンジンにインデックスとして大量に登録されてしまう。
参考URL:「Yahoo!JAPAN サイト管理者向けヘルプ」
【robots.txtで登録拒否をするには】
の対処を行ってください。

参考URL:http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-12.html

Q等速円運動の加速度

216km/hの速さで半径5.0×10*2mの円周上を、水平面内で等速円運動をしている飛行機がある。この飛行機の加速度の大きさを求めよ。
という問題が解けなくて困ってます。
教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 飛行機の質量をm、速さをv、回転半径をrとします。

 このとき、受ける遠心力の大きさFは、

 F=mv^2/r

となります。飛行機の加速度をaとすると、ニュートン第一法則式F=maより、

 ma=mv^2/r ∴a=v^2/r

となります。後は、単位に気を付けて(本問なら、kmをmに、hをsに合わせる)計算してみてください。

P.S.

 角速度ωが与えられているときは、v=rωの関係式より、

 F=mrω^2, a=rω^2となります。

 いずれも、遠心力は真円についてだけ定義されていることにご注意ください。軌道が楕円だったりすると、遠心力による計算はできません。

QCSS3について

CSS3について初歩的というか、本当にお恥ずかしい質問を何点かさせてください。

自分で調べてみても初歩的すぎて(常識すぎて)わかりませんでした。

1、自分はHTML4.01とCSS2.1しか使ったことがないのですが、CSS3はHTML4.01にも使えるのでしょうか??(よく「HTML5&CSS3」という名目で本が並んでいるので、、、)CSS3とHTML4.01の組み合わせは一般的でなかったりするのでしょうか?

2、CSSファイルの頭に記述する文字コード?の「@charset "UTF-8";」、また、拡張子は「.css 」のままですか?もしそうなら、CSS3の文法さえ守っていさえすればCSS3ということでしょうか?

3、htmlに外部ファイルとしてリンクさせる場合の記述もCSS2.1と同じなのでしょうか?

質問がまとまってなくてすいません。どなたか教えていただけないでしょうか??
宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

1. ブラウザが、その指定に対応しているかいなかの問題で、HTMLとCSSのバージョンには関係ありません。HTML2で書かれたものでもCSS4でデザインできます。
2. @charsetは、HTMLのmetaと同様、実際に書かれている文字コードとあわせます。基本はHTMLともあわせたほうが安心です。
 Windowsじゃあるまいし、拡張子は一切関係ありません。.cgiだろうが、htmlだろうが関係ないです。HTTP応答ヘッダで指定されていればそれに従います。CGIから、content-type:text/csssと出力させても良いし、.htaccessで指定しても良い。
3. CSS3ではmediaqueryの機能が追加されましたから、必要ならそれが使える。

Q等速直線運動の加速度の求め方

どうのようにして求めればいいのか分かりません。
M÷S×Sと学校からのプリントには書いてあるのですが…お分かりになる方、教えてください!!

Aベストアンサー

edminさんがおっしゃる通り”0”です。

加速度というのは、今の速度に対して、どのくらい”加速”(または減速)されていくか、という数値です。

等速だ、といっているのですから変化量は0。
すなわち加速度0、ということです。

では加速度はどう求めるかというと、
例えば10m/sで動いているものが1秒後に20m/sになっていたとすると、
10m/s速くなったのですから、
加速度は10m/s^2 (2乗)だなとわかります。

自然現象では落下がわかりやすいですね。
加速度9.8m/S^2ですね。
物を落とすと1秒間に9.8m/Sずつ速くなります。
実際には空気抵抗があるのでそうはならないのですが。

公式だけを見て覚えるとわけがわからなくなるので、
そもそもどのような計算をしているのかを考える必要があります。

Qcssのリンクをimport.cssに書きかえれないです!(@dreamweaver)

はじめまして。
今ある
<link href="style.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

common/import.cssをリンクし、
<link href="/common/import.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
に変更したいのですが、なぜかできません><

ちなみにimport.cssの中身は

@charset "shift_jis";
@import "/common/css/base.css";
@import "/common/css/contents.css";
@import "/common/css/right.css";

このような感じです。
ためしにcommon.cssにいろいろ書いたところ、反映されたので、common.cssそのものは参照できていると思うのですが・・・

ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

import.cssの中の記述もcommonがあるのですが、例えばhtmlからlinkでbase.cssを読み込むと

<link href="/common/common/css/base.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

という風にcommonというディレクトリの中にもう一つcommonというディレクトリが必要になりますよ?
import.cssのある位置からの相対的なパスなので、多分

@charset "shift_jis";
@import "/css/base.css";
@import "/css/contents.css";
@import "/css/right.css";

になるのではないでしょうか。

Q斜面を転がる物体の加速度aについて 斜面を転がる物体は質量mに関係なく、重力加速度g=9.81(m/

斜面を転がる物体の加速度aについて

斜面を転がる物体は質量mに関係なく、重力加速度g=9.81(m/s^2) と斜面の角度θによって決まる。
って事ですが、

自由落下の加速度も質量mに関係なく自由落下の加速度gは一定。

ですが実際に高い位置から、重い物と軽いもを落とすと、重い方が落ちます、それは実際には空気抵抗などが関係してるため。と聞いたことがあります。

だったら実際に斜面を重い物と軽い物を転がすとすると、
実際は摩擦力と空気抵抗の関係で重いものが速く転がって、軽いものは遅く転がるのでしょうか?

摩擦力や空気抵抗を考慮して加速度を計算した場合、実際に近い加速度がわかると言うことでしょうか?

もしそうなら、空気抵抗の計算は良くわからないので、摩擦力だけを考慮したらどういった加速度の計算式になるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、誤解があるようです。
重い物体の方が軽い物体より速く落ちるわけではありません。
空気抵抗の大きさによっては、軽い物体の方が速く落ちます。
多分、「重い物体」を鉄の玉、「軽い物体」を羽毛や紙、とした説明を聞いたのだと思います。
この場合は、羽毛や紙の方が、空気抵抗の影響を大きく受けますので、したがって、ゆっくり落ちます。
でも、「重い物体」でも空気抵抗の影響が大きい形状をしているならば、必ずしも速く落ちるとは言えません・・・まあ、羽毛や紙よりかは速く落ちるでしょうけれど(^^;)
それから、斜面の場合でも一概には言えません。
全く摩擦の無い斜面ですと、物体は加速g・sinθ (θは斜面の傾き角)で滑り降りますが、
摩擦がある場合、物体と斜面の間で滑りが起こる場合と起こらない場合で加速度が異なってきます
  滑りが無い場合:加速度 (2/3)g・sinθ ただし、物体の形状が球のとき
  滑りがある場合:加速度 g(sinθ ー μcosθ) μ:動作摩擦係数 μの値は、物体と斜面の材質で決まります。
そんなわけで、重い物が速く転がって、軽い物が遅く転がるとは言えません。
例えば、斜面との摩擦が大きいゴム製の直方体と摩擦の小さい紙で作った同じ大きさの直方体
を斜面上において、同時に手を離したとします。
ゴム製の直方体は摩擦が大きくて、斜面上で静止し、
紙製の直方体はスーッと斜面上を滑り落ちていく、なんて事もあります。
確かに、斜面の実験で重力加速度を求めることは可能ですが、実験上の様々な事柄を考慮しないと、求めることはできません。

まず、誤解があるようです。
重い物体の方が軽い物体より速く落ちるわけではありません。
空気抵抗の大きさによっては、軽い物体の方が速く落ちます。
多分、「重い物体」を鉄の玉、「軽い物体」を羽毛や紙、とした説明を聞いたのだと思います。
この場合は、羽毛や紙の方が、空気抵抗の影響を大きく受けますので、したがって、ゆっくり落ちます。
でも、「重い物体」でも空気抵抗の影響が大きい形状をしているならば、必ずしも速く落ちるとは言えません・・・まあ、羽毛や紙よりかは速く落ちるでしょうけれど(^^;...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報