親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

満州国について詳しい知識がなく、初歩的な質問になってしまうかもしれませんが、お聞きしたいことがいくつかあります。便宜的に数字で質問を分けていますが、解答を頂ける場合は順不同でもまとめて書いていただいても構いません。以下質問となります。

1もともと満州の地域に住んでいた人々は、満州国建国後はそのまま住み続けたのか、それとも追い出されたのか。
2満州国に住むことになった人々は、元々の国籍を保持し続けたのか、それとも新たに「満州国人」となって国籍を変更したのか。
3満州国で生まれた人は、例えば海外に行く際は満州国民であることを示すパスポートを持っていたのか。
4満州国で生まれ、満州人であった人は、満州国がなくなった後はどうしたのか。その時国籍の扱いはどうなったのか。
5満州国で育った人は、自分自身のアイデンティティは満州国にあったのか。それとも日中露のようなそれぞれの国に置いていたのか。
6満州国が無くなった後も、自分は満州人であると名乗り続けていた人はいるのか。つまり、満州人であることのアイデンティティをその後も保持していた人はいたのか。
7満州国生まれの人は満州国が無くなった後も沢山いたはずだが、その人達を指してそもそも「満州人」という呼び方をあまりしない・聞かないのはなぜか。
8満州人は満州国のことをどう思っていたのか。自分の国であると思っていたのか。それともただの日本の傀儡政府であると思っていたのか。
9満州国出身の人と日本人が結婚した場合、それは国際結婚という扱いになったのか。また、その家庭から生まれてきた子供は、形式的な扱いではハーフということになるのか。

雑多な内容になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

1.満州国建国前は、日本の管理下にあったので、建国後もそのまま住んでいた人がほとんどだと思います。


2.満州国は崩壊するまで、国籍法を制定していなかったので、正式な国籍と言うのは無く、民籍に記載されている人民を暫定的に満州国人民としていました。
3.満州国の旅券(パスポート)は存在するので、使用していたでしょう。
4.満州国崩壊後は、ソ連→中華民国→中国共産党→中華人民共和国の支配となりました。 最終的には、中華人民共和国の国民となったと言う事でしょう。
5.個々に違うと思います。
6.中華人民共和国では、粛清なども行われたので、満州人などの呼称は公言出来なかったでしょう。
7.中華人民共和国の満州国があった地域の呼称は、東北部です。 満州とは呼びません。
8.わかりません。 ただし、女真族などは、もともと住んでいた地域ですから、特別な感情は持っていたでしょう。(溥儀は、女真族が皇帝だった清の最後の皇帝でしたから、日本の傀儡であっても、自国との意識はあったのでは無いでしょうか?)
漢民族やモンゴル人は、単なる傀儡国家としてしか認識していなかったと思います。
9.国籍法が無いので、どのような扱いだったのかは、わかりません。
    • good
    • 0

>1もともと満州の地域に住んでいた人々は、満州国建国後はそのまま…



住み続けました。
追い出されたのは日本人です。

そもそも満州人というのは「清国」の後裔なんです。
満州民族が中国全土を制圧して建国したのが「清国」、19世紀になって漢民族が勢力を盛り返して建国したのが「中華民国」。
漢民族に追われて滅亡し掛かっていた皇帝一族を救ったのが日本で、満州国初代皇帝に据えました。

>2満州国に住むことになった人々は、元々の国籍を保持し続けたのか…

大まかにいえば、
[中華民国] → [中華人民共和国]
一部は外モンゴル、現在のモンゴル共和国に移りました。

>3満州国で生まれた人は、例えば海外に行く際は満州国民であることを示すパスポート…

それはそうでしょうね。

>5満州国で育った人は、自分自身のアイデンティティは満州国にあったのか…

16~19世紀は中国全土を支配していたのですから、それは当然のことでしょう。

>6満州国が無くなった後も、自分は満州人であると名乗り続けていた…

満州民族という意識はあったでしょうね。

>7満州国生まれの人は満州国が無くなった後も沢山いたはずだが、その人達を指してそもそも…

それはあなたが聞かないだけで、そもそも中国という国は単一民族などではないのです。
中国の民族に関する本には、必ず「満州民族」という言葉が頻出します。

>8満州人は満州国のことをどう思っていたのか。自分の国であると…

もともと中国大陸の北部を中心に栄えた民族ですから、当然誇りに思っていたでしょう。
漢民族の支配を受けずに、清国時代よりはるかに小さくなったとは言え自分たちの国を守り切れたのですから、日本は大いに感謝されたようです。

満州民族が戦後も中国全土に勢力を持っていたなら、今のように嫌悪な日中関係にはなっていなかったはずです。

>9満州国出身の人と日本人が結婚した場合、それは国際結婚…

朝鮮・台湾と違って、日本は満州を併合したわけではありませんので、それはやはり国際結婚ということになったでしょう。
朝鮮・台湾人と日本人の結婚は、ごくふつうに国内人同士の扱いでした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源義経 軍事的天才と呼ばれている理由

源義経が軍事的天才と呼ばれている理由はなんでしょうか?

わがままでもうしわけないのですが具体的にお願いします_(._.)_

Aベストアンサー

恐らく我が国では最初の、「大規模な奇襲作戦」を成功させたのが義経です。
「一の谷の戦い」がそれで、ほぼ無名だった義経を、一躍有名にしました。

木曾義仲に京都を追い出された平家ですが、それでも充分に兵力を温存し、巻き返しを図るべく福原(兵庫県神戸市)に万全の布陣。
その追討が源範頼(義経の兄)を総大将とする源氏ですが、この時点で源氏の6万に対し、平家は7万とも10万とも。

更に、西国に勢力を有す平氏は、どんどん陣容を増し、逆に源氏は兵糧の輸送などにも心配がある有様。
従い、源氏側としては、短期決戦したいものの、まともにぶつかっては勝てるかどうか。
そこで副将格の義経が、別働隊を率いて平家の後方を衝き、その混乱に乗じて範頼の主力軍が攻め込むと言う作戦を提案し、これが大成功と言う戦です。

別に平家側も油断していたワケではないのですが、まさか険しい山側から騎馬隊が攻撃してくるなどとは思ってもいなかったから、義経の狙い通りの大混乱。
これが有名な「鵯越の逆落とし」です。
おまけに義経ってば、自ら率いた逆落とし別働部隊とは別に、これも有名な武将ですが、熊谷直実に側面攻撃部隊を率いさせると言う、用意周到さです。

ちなみに、この戦で熊谷直実に討ち取られたのが、平家一門の平敦盛で、この逸話は平家物語や、能の『敦盛』や幸若舞の『敦盛』として扱われ、超有名。
織田信長がよく口にしたとされる「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」も、幸若舞『敦盛』の一節です。
この先には、那須与一が見事、弓矢で扇を射抜いた話とか、義経の八艘飛びなど、源平の戦には多くの逸話があることも、義経人気に一役買ってますね。

東西と北に敵を構えた平氏は、南側の瀬戸内海に逃げるしかありませんが、7万の軍勢が一斉に船に乗って逃げられるハズもなく、溺死者なども多く出て。
この戦で平家は大惨敗を喫し、実質、崩壊してしまいます。

追討軍の指揮は、引き続き源範頼が執るのですが。
この兄ちゃんは、ちょっと出来が悪いのか、モタモタしちゃうから、一番上の頼朝兄ちゃんが怒って、義経に「アイツはダメ。お前が討伐へ行け!」と命じ。
義経は、短気な頼朝兄ちゃんの期待に応えるべく、ちょこっとの船で、海路、平家討伐に向かい、ここでも奇策や奇襲を重ね、見事に勝利を収めます。

一方でダメ兄ちゃんの範頼も、陸路、九州あたりまで平家の残党討伐を行い・・。
平家の本体を討伐し続けた義経と合流しして、最後の決戦「壇ノ浦の戦い」で、平家を滅亡に追い込みます。

義経の軍事的な才能は、「型破り」と「スピード」でしょうか?
軍事の天才に求められるのは、「少数で大軍を撃破」みたいなエピソードかと思いますが。
義経は、それを策略などではなくて、型破りな奇襲と、それを相手どころか味方も驚く様な早さで、やってのけてます。

「やあやあ我こそは!」の時代に、思わぬところから、突如、騎馬隊が現れて、陣地に火矢を射込むなどして暴れ回ったりしたら・・。
現代で言えば、いきなり東京湾に謎の潜水艦群が浮上して、ミサイル発射・・くらいのインパクトかも知れません。

ただ義経は、危うさもあって、後白河法皇から「大将が先陣に立って戦っちゃダメ!」と叱られたりもするのですが、「コッチはハナから、死ぬ気でやってんだよ!」と逆らったりしてます。
もしかすると義経の「型破り」さは、「命懸けの強さ」とか、そんな覚悟から来る発想かも?とも感じます。

従い、後の戦国武将とかでも、上杉謙信などは義経を尊敬していましたが、武田信玄あたりは、あまり尊敬していなかったみたいで、武田家も、お家がゴタゴタしたので、最後は頼朝に殺された義経を、「出しゃばりすぎ」と見ていた様です。
しかし、謙信も信玄も、義経と同じく軍事的天才に挙げられるので、その二人に教師や反面教師とされた義経は、やはりスゴいですね。

恐らく我が国では最初の、「大規模な奇襲作戦」を成功させたのが義経です。
「一の谷の戦い」がそれで、ほぼ無名だった義経を、一躍有名にしました。

木曾義仲に京都を追い出された平家ですが、それでも充分に兵力を温存し、巻き返しを図るべく福原(兵庫県神戸市)に万全の布陣。
その追討が源範頼(義経の兄)を総大将とする源氏ですが、この時点で源氏の6万に対し、平家は7万とも10万とも。

更に、西国に勢力を有す平氏は、どんどん陣容を増し、逆に源氏は兵糧の輸送などにも心配がある有様。
従い、源氏...続きを読む

Q畳は日本の文化って大嘘ですよね? 戦国大名の豪邸でも床は板で大将が座る高座として畳が使われていた。

畳は日本の文化って大嘘ですよね?

戦国大名の豪邸でも床は板で大将が座る高座として畳が使われていた。

日本の和室が出来て和室全部に畳を敷くようになったのは昭和ですよね?

Aベストアンサー

存在する最も古い畳は奈良時代の畳です。
「御床畳」(ゴショウノタタミ)という木でできた台の上に置かれたものが、
奈良東大寺の正倉院に保管されています。
安土桃山時代の茶室は畳でしたよ。
一般的になったのは江戸時代後期です。
畳を作って生業とする「畳職人」「畳屋」という職業としての畳職人が
確立していき、庶民の家にも使用されるようになったようです。

Q池上彰の戦争を考えるで零戦に【爆弾をロープでぐるぐる巻にして】という言葉がでてきましたが本当にロープ

池上彰の戦争を考えるで零戦に【爆弾をロープでぐるぐる巻にして】という言葉がでてきましたが本当にロープでぐるぐる巻きにしたのでしょうか?
そもそも零戦には小型爆弾搭載用のフックがついているはずですし、それを改造して500キロ爆弾を搭載したと聞いたことはあったのですが
ロープの件は検索しても出てこなかったので…

Aベストアンサー

はじめまして

もともと零戦には小型爆弾の搭載を前提としていましたので、ご指摘の通り改造して500kg爆弾を搭載したものもありましたが、荒縄でぐるぐる巻きにした機体もあったそうですよ。工場に送って改造している余裕がなかったんでしょうね。それ以外でも爆弾をハンダ付けをしたものもあったそうです。

日本海軍 三菱 A6M2 零式艦上戦闘機21型戦闘爆撃機仕様・神風特別攻撃隊
(終わり近くにその記述があります)
http://buton.sakura.ne.jp/021miyabe.html

Q戦国時代までの日本の漢文の文法は独自だったのですか?

宮城谷昌光の著書にて「武田信玄の書状でも漢文は文法的に間違ってる事が多い」のような事が書かれておりました。
勿論祐筆もいたでしょうし、祐筆が間違っていた可能性もあります。
秀吉のように祐筆がいるからこそ「自分に敬語を使う現象」という説も生まれます。

が、本人や受け取り手が読む事もありますよね。
それも信玄が読むくらいで文法がそうであれば、日本は独自の文法で漢文を使っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の漢文というのはもともと中国の先進文化を取り入れるため
中国語を習わずとも中国の文語文を読むために発達したものです。
つまり、書くことには重点を置いてなかったのです。
武田信玄の書状をここに示していただければアドバイスできると思いますが、
それが無いので、論語、郷党編の一節で説明します。

原文に「唯酒無量 不及亂」とありますが

「ただ酒は量なく乱に及ばず」と読むのか「ただ酒は量なし、及ばざれば乱す」とでは
全く意味が違ってきますが、中国語を解する方であれば後者はあり得ないと判ります。
これが漢文を読むだけの方ですと、どちらが正しいのかわかりません。

漢文もよく勉強すれば、正しい文章が否かがわかってきますが、そこまで達するのは至難の業です。
遣唐使で極めて立派な漢文をかけるのに、中国語は全くできない僧侶がいて、現地で驚かれたというエピソードも
ありますが、それは例外でしょう。

日本人相手の漢文の手紙ですと「俺は教養がある」というところを見せつけたくて書く場合も多かったようです。
当然、文法無視の漢文もザラにありました。
それでも、読む方も日本人ですので、前後の文脈から、言いたいことは判ったようです。

日本の漢文というのはもともと中国の先進文化を取り入れるため
中国語を習わずとも中国の文語文を読むために発達したものです。
つまり、書くことには重点を置いてなかったのです。
武田信玄の書状をここに示していただければアドバイスできると思いますが、
それが無いので、論語、郷党編の一節で説明します。

原文に「唯酒無量 不及亂」とありますが

「ただ酒は量なく乱に及ばず」と読むのか「ただ酒は量なし、及ばざれば乱す」とでは
全く意味が違ってきますが、中国語を解する方であれば後者はあり得ないと...続きを読む

Q倭寇が歴史エンターテイメントの題材にならない理由

西洋では、海賊は「パイレーツ・オブ・カリビアン」「カリブの海賊」などエンターテイメントの題材になっており、日本の漫画である「ワンピース」も、日本的というより西洋的な海賊を描いているといえます。

日本人は時代劇やチャンバラといった日本の歴史エンターテイメントは結構好きだと思いますが、日本の海賊である倭寇がその題材になることがほとんどないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

カリブの海賊だけが特別で、その他はただの
賊だったからだと思います。

カリブの海賊は、一時期、英国海軍の下請け
みたいなことをやっていたからです。

つまり、体制側の海賊です。

当時のカリブ海は、イギリス領土でしたが
スペインの攻撃があり、イギリス海軍だけでは
手薄だったので、海賊に特別免許を与え
領土を守る、ということをやりました。

つまり、その時は正義の味方だったのです。

その他の海賊はただの犯罪者ですから
英雄視するわけにはいかなかったのでしょう。

ちなみに、倭寇は元寇の報復だ、という
有力な説があります。

Q戦国時代以前、アメリカ大陸に漂着した日本人は居たと思いますか?

江戸時代、日本から太平洋を越えてアメリカ大陸に漂流した日本人は何名かいます。
音吉とか津太夫といった日本人を検索すれば出てきますが、音吉などは1年以上も漂流の後に北米大陸に到着しています。

日本人がアメリカ大陸に上陸したのは17世紀初頭の支倉常長や田中勝介が最初だと言われていますが、それより前の戦国時代以前、アメリカ大陸に漂着した日本人がいた可能性は高いと思いますか?

もちろん証拠は見つかっていないので確かめる方法はありませんが、可能性の話です。

Aベストアンサー

#6です。補足拝見しました。

>」でも、漁船は戦国時代以前も太平洋に出ていたのではないですか?高知県沖や三陸沖は戦国時代においても大きな漁場だったはずで、大勢の日本人漁師が魚を獲っていたでしょう。

それから太平洋を航海する船は少なかったでしょうが、飛鳥時代から戦国時代までの千年間、全くなかったわけではないはずです。数は少なくても超長期で考えたらそれなりの数になるのではないでしょうか。


すでに、八丈島は平安末期から鎌倉初期には存在が知られていましたので、明らかに太平洋を渡っていた人たちがいたことは事実です。

また、千葉県の房総半島は紀伊半島と同じ地名があり、紀伊半島から大挙して房総半島に移住した人々がいることも知られています。この移住の理由は漁のためとクジラ漁のためです。

ですから、たしかにそういう人たちはいたでしょう。

問題は「アメリカ大陸に漂着できるぐらいの大きさの船だったか?」ということです。

まず日本の船についていえば、和船として知られているものが大小さまざまに存在し利用されていたのですが、和船には竜骨(キール)がなく、また同様に竜骨を持たないジャンクとも違って、水密隔壁をまったく持たない構造でした。
 簡単にいえば「恐ろしいほど暴風と波に弱い」構造だったのです。

このような構造のしかも小さな船では、沿岸で漁をする漁船としては利用できても、とても外洋にでることはできません。嵐で流された場合、高波が直撃擦れば一発で壊れますし、また嵐を生き延びたとしても、水や食料などを確保するスペースがないので、船はアメリカにたどり着いたとしても、人間が生き残ってたどり着くのは不可能であったと考えるのが妥当だと思います。

ちなみに、東日本大震災でアメリカやカナダの西海岸にたどり着いた漂流物は、震災から8か月たってから漂着するものが多数発生した、と言う事実があります。つまり、標準的な漂流なら8か月ぐらいかかる、ということです。漁船レベルではどうやっても人間が生き残ることは不可能だと推測します。

では、八丈島を往復するぐらいの船であればどうだったでしょうか。それなら確かに、江戸期の廻船と同等かもう少し強い構造であったでしょうし、船の大きさもそれなりにあったわけです。

でも、和船である以上、脆弱性はどうしようもありません。また、当時の和船は甲板を持っていないので、難破すればほぼ間違いなく高波で破壊されたでしょう。水が入るだけで、ほとんど沈んでしまうのです。

そして、戦国時代以前は太平洋上を航行する船そのものがほとんどありませんでした。ざっくりと概算でも八丈島の存在が知られた鎌倉期から江戸初期までの600年間ほどで、運行されたのはせいぜい数千艘でしょう。これでも多いかもしれません。八丈島へは島をつたって移動でき、最長距離は御蔵島から八丈島への50キロですから、風待ちを十分にすれば一気に移動で来たでしょう。江戸期以前は2枚帆などの船もあり、オールで漕ぐこともありましたから、50キロなら 2.3時間で渡れたでしょう。つまり「風待ちをすることで、難破の可能性を限りなく下げた」ということです。

ですから、数が少ないうえに、難破しにくく、さらに嵐にあって難破すれば船の強度の問題からほぼ確実に破壊されるか沈没し、もしそれを生き延びたとしても8ヶ月に及ぶ期間を生存できる可能性はほとんどない(8か月もあれば何度も嵐に遭遇するでしょう)わけです。

江戸時代に難破した船からアメリカにたどり着いたり、他の船に救出されたりしたのは、それだけ廻船の数が多く回っていたからです。数が増えれば確率は優位になります。

これらの確立をすべて合わせた時に、江戸期以前の船がアメリカにたどり着き、生存者がいる可能性はかなり小さい、実際には不可能なほど小さいと考えます。

ですから可能性としてかんがえても「あるかもしれないが、その可能性はものすごくありえないほど低い」ということです。

#6です。補足拝見しました。

>」でも、漁船は戦国時代以前も太平洋に出ていたのではないですか?高知県沖や三陸沖は戦国時代においても大きな漁場だったはずで、大勢の日本人漁師が魚を獲っていたでしょう。

それから太平洋を航海する船は少なかったでしょうが、飛鳥時代から戦国時代までの千年間、全くなかったわけではないはずです。数は少なくても超長期で考えたらそれなりの数になるのではないでしょうか。


すでに、八丈島は平安末期から鎌倉初期には存在が知られていましたので、明らかに太平洋を渡っ...続きを読む

Q鉄と穀物の同盟って何ですか? 世界史ですから

鉄と穀物の同盟って何ですか?
世界史ですから

Aベストアンサー

ビスマルクが統一した「ドイツ帝国」時代の話でしょうか。歴史や社会科学には、通称「○○の△△」というのがいろいろあって、何を指すのかをきちんと示さないと、似たような別な話をすることになりかねないので。

1871年に、普仏戦争(ビスマルク率いるプロイセンとフランスとの戦争)に勝利したプロイセンは、ドイツを代表して「統一ドイツ」を宣言します。ビスマルクは、その後1890年までドイツ帝国首相の地位にあります。
ただし、それまでドイツは小国に分裂して併存する体制でしたから、地方ごとに異なった政策をとっており、ドイツ帝国として統一的な政策をとることに反対するいろいろな「抵抗勢力」が存在しました。

その一つが、国内産業を保護するため「保護主義」を求める産業資本家たちと、農産物特に穀物を自由に輸出したい「自由主義」の地主農民たちとの対立でした。今のトランプ政権のアメリカのようですね。「アメリカ第一」の「保護主義」と、これまでグローバル化を推進してきた「自由主義」の対立。
当時の19世紀後半のドイツでは、「保護主義」の産業資本家たち(それを代表するのが工業の「鉄」)、「自由主義」の地主農民たち(それを代表するのが農業の「穀物」)の対立だったわけです。

そんな中、急速な近代化・工業化を進めたいロシアは、ヨーロッパ向けに穀物を安く輸出して外貨を稼ごうとします。これによる安い穀物の流入を食い止めるため、「自由主義」の地主農民たちも「保護主義」側にまわり、ビスマルクの政策も「保護主義」で国民各層の支持を得ることになります。
この、産業資本家たち(鉄)と、地主農民たち(穀物)の一致協力したドイツ帝国政権に対する支持を、「鉄と穀物の同盟」というのではないかな?

ビスマルクが統一した「ドイツ帝国」時代の話でしょうか。歴史や社会科学には、通称「○○の△△」というのがいろいろあって、何を指すのかをきちんと示さないと、似たような別な話をすることになりかねないので。

1871年に、普仏戦争(ビスマルク率いるプロイセンとフランスとの戦争)に勝利したプロイセンは、ドイツを代表して「統一ドイツ」を宣言します。ビスマルクは、その後1890年までドイツ帝国首相の地位にあります。
ただし、それまでドイツは小国に分裂して併存する体制でしたから、地方ごとに異なった政策...続きを読む

Q【なぜ日本の都道府県の地名は中国の漢詩に基づいて名付けられたのでしょうか?】 日本の都道府県名を考え

【なぜ日本の都道府県の地名は中国の漢詩に基づいて名付けられたのでしょうか?】


日本の都道府県名を考えた人が中国人だった?

中国人に日本が乗っ取られていた?

Aベストアンサー

>都道府県の地名は中国の漢詩に基づいて名付けられた…

それ、何県と何県の話?

元号なら確かに中国の古典をよりどころとしているのが多いですが、県名が中国の古典によっているとは初めて聞きました。
少なくとも私の県は中国とは何の関係もありませんし、東京都や北海道だって中国とは縁もゆかりもありません。

その話の出典をあきらかにしてください。

Q戦後、社会主義国家が世界中に成立したのは何故でしょうか?

ソ連の崩壊を以て、社会主義は資本主義に負けたと言われますが、第二次世界大戦の後に、世界中で社会主義国家が成立し、完全な資本主義国と言えるのはアメリカと西欧と日本だけになりました。

70年前にソ連の周辺国を始めとして世界のあらゆる場所で社会主義国が成立し、中国やベトナム、キューバでは資本主義が社会主義に敗退する結果になったのは何故なのでしょうか。

Aベストアンサー

理由は「植民地支配から独立する時に左翼主義者を共産国が応援したから」です。

フランス革命とアメリカ独立はどちらも18世紀後半のことですが、この後ヨーロッパは20世紀初頭にかけて、民主主義革命が相次ぎます。もっともこれには立憲君主制も含みますが、今までの絶対君主制が崩壊していくわけです。
 
これがヨーロッパで進んだ背景にはイギリスの産業革命の影響もあります。産業革命は農本主義とイコールだった絶対君主制に風穴をあけ「資本を投下する自由」ということで、階級社会よりも資本を持って居る人を優先する「資本主義社会」への変革を推進したからです。

資本主義社会は階級にかかわらず「資本を持っていれば自由に経済活動ができる」ことを要求し、その結果として富の再分配システムでもある政治システムが民主主義(多数決主義)に変わることを推し進めたからです。

しかし、主に19世紀の資本主義への変革は農民を労働者に変えただけで、君主による搾取よりもひどく、再分配システムはうまく機能していませんでした。また民主主義社会への転換は革命によるものでしたので「革命的手法による民衆の幸福の追求」は権利とされていて、そこにマルクス=レーニン主義が入って、1917年のソビエト革命につながっていくわけです。
これにより、ロシアとその周辺地域は社会主義的な体制になっていきます。

重要なのは、20世紀の初頭、第2次世界大戦までは意外に共産主義がうまく機能したことです。理由は様々ですが、現代ほどには自由経済ではなかったし、農民を労働者に変化させる工業化も各国で中途半端だったために「モノを作って生活を成り立たせる」ということが資本主義でも共産主義でもあまり違いが出なかった、からでしょう。
生産性に違いが無いなら、共産主義的な労働のありかたも一定の評価を受けていたのです。

ですから第2次大戦前の共産主義国は非常に強大な経済力も、人民動員力もあり、近代国家としてかなりの力をもっていたのです。そのため、ソ連は多くの国へ共産主義を広げる機会を狙っており、中国でも毛沢東の人民解放軍はソ連から軍事的援助をもらっていました。

第2次世界大戦の結果は誰でもご存知だと思いますが、ここで問題なのは「西側諸国の荒廃」と「日本の敗戦」です。
日本が敗戦したことにより、ソ連は朝鮮半島に容易に進出し、中国も人民解放軍が優勢になって手本主義側である国民党軍を大陸から追い出すことに成功しています。

つまり日本が抑えていたアジア大陸の共産化に歯止めが効かなくなり、結果としてアメリカは朝鮮戦争・ベトナム戦争とアジアの共産化に対応することに迫られることになるわけです。

同様に、それまで植民地支配していたヨーロッパ各国も戦争で荒廃したため、植民地統治能力を失い、各地で植民地が独立していきます。イギリスはインドを失いますが、この地域はソ連から見ても中国から見ても中央アジア山脈が邪魔をしているので、共産化には至りませんでしたが、中国大陸と接していたベトナム、ラオス、カンボジアは日本撤退とフランス再統治に反対してインドシナ戦争を行い、その結果フランスが撤退すると、今度は民主主義国か共産主義国かで独立のための指導権争いを行い、激しい内戦に突入していきます。

同様に、ヨーロッパでも第一大戦の結果ドイツの敗戦により、オーストリア=ハンガリー帝国が弱体化し、事実上この地域がヨーロッパを共産主義から守ってきた地域だったため、この辺りの国はドイツとソ連で分割されるか、独立時に共産主義政府が樹立されることが多くなり、ナチスドイツの侵攻の結果一時的に王国に戻ったり、明主義勢力がもりかえしたものの、ナチスドイツの敗戦とともに多くの国がソ連の永世国家になっていきます。このように衛星国になったヨーロッパの国を東欧というわけです。


第二次大戦後、なぜ社会主義国が生まれたかというと、その地域を支配していた日本や西洋国という植民地支配国家が撤退し、権力の空白、無政府状態が現れたからです。日本やドイツは占領されなすすべがありませんでしたし、ドイツはソ連に分割統治までされています。

日本国土は、ドイツ分割を反省したアメリカのおかげで分割されることはありませんでしたが、その代り日本が撤退して権力の空白ができた朝鮮半島にソ連がすかさず入って、傀儡国家である北朝鮮を作ってしまいました。

東欧にしてもアジアにしても、日本と戦った地域の西洋国はその後の独立機運を抑えるほどの国力をすでに持っていなかったので、各地が独立し、結果としてソ連から多大な支援を受けた共産勢力が優勢な状態であったといえます。
もっともカンボジアなどはタイが共産国を嫌ったこと(王国なので危機感を持った)、イギリスやアメリカなども積極的に民主勢力を支援したことなどから、逆に激しい内戦を呼んでしまいます。

ベトナムに至っては、大戦中ホー・チ・ミンはアメリカからも援助をもらっており、戦後の独立処理で共産主義の対立の時にアメリカがあまりにも主権を侵しすぎたので、ベトナム戦争になっていくのです。結果アメリカは負け、ホー・チ・ミンですら共産主義をえらんだわけです。

結局第2次世界大戦でアメリカを除いた資本主義国が疲弊し、植民地の支配ができなくなり独立機運の高まりに共産国が援助したことが大きな理由であり、当時のソ連はアメリカと宇宙開発競争ができるぐらい、経済に余裕のある国であったわけです。またソ連は地上を移動するだけでの軍事援助など各国に影響を及ぼすことができますが、アメリカは本国から船で移動しないと影響力を行使できず、それが結局朝鮮戦争での苦難・ベトナム戦争の敗北につながっていくのです。

第2次世界大戦前は、西洋と米ソ、そして日本しか独立国はありませんでしたから、戦争終結で起きた権力の空白が当時強大だったソ連の台頭を許すことになったのです。

理由は「植民地支配から独立する時に左翼主義者を共産国が応援したから」です。

フランス革命とアメリカ独立はどちらも18世紀後半のことですが、この後ヨーロッパは20世紀初頭にかけて、民主主義革命が相次ぎます。もっともこれには立憲君主制も含みますが、今までの絶対君主制が崩壊していくわけです。
 
これがヨーロッパで進んだ背景にはイギリスの産業革命の影響もあります。産業革命は農本主義とイコールだった絶対君主制に風穴をあけ「資本を投下する自由」ということで、階級社会よりも資本を持って居る...続きを読む

Q毎日新聞社が女性天皇が賛成か反対かアンケートを取って68%が賛成と言って、与党の自民党の安倍政権は反

毎日新聞社が女性天皇が賛成か反対かアンケートを取って68%が賛成と言って、与党の自民党の安倍政権は反対と言っている。

なぜいま女系天皇の賛否に関心が集まっているのか理解出来ない。

天皇陛下の次は皇太子が天皇となり、皇太子の次の天皇は現在の天皇陛下の次男の秋篠宮文仁親王が次の次の天皇になるか、秋篠宮文仁親王の長男の悠仁親王が天皇になるので、

いま女系天皇の議論をしているが、次の天皇候補というか確定で皇太子が天皇になって、

その次の世代の天皇も秋篠宮文仁親王か悠仁親王が天皇になって、悠仁親王が結婚して長男を産めば次の天皇も確定する。

最悪次の次の天皇までは確定している。

それなのに何を議論しているんですか?

天皇陛下の次の皇太子の次の天皇を愛子さまにしようと画策している連中がいるんですか?

なぜ男系が残っているのに男系を差し置いて女系の愛子さまを天皇にしたいのですか?

男系が途絶えたら愛子さまを天皇に立てればいい。

でも悠仁親王と愛子さまは世代が被るので愛子さまが天皇になるのは悠仁親王に不徳の事態が起こって急死しない限りあり得ない。

悠仁親王が急死する前提で議論してるんですか?

毎日新聞社は不謹慎すぎませんか?

毎日新聞社が女性天皇が賛成か反対かアンケートを取って68%が賛成と言って、与党の自民党の安倍政権は反対と言っている。

なぜいま女系天皇の賛否に関心が集まっているのか理解出来ない。

天皇陛下の次は皇太子が天皇となり、皇太子の次の天皇は現在の天皇陛下の次男の秋篠宮文仁親王が次の次の天皇になるか、秋篠宮文仁親王の長男の悠仁親王が天皇になるので、

いま女系天皇の議論をしているが、次の天皇候補というか確定で皇太子が天皇になって、

その次の世代の天皇も秋篠宮文仁親王か悠仁親王が天皇になっ...続きを読む

Aベストアンサー

これですね。
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20170525k0000m010021000c.html

>なぜ男系が残っているのに男系を差し置いて女系の愛子さまを天皇にしたい…

問題提起するのはたいへん良いことですが、女性天皇と女系天皇の違いぐらい勉強してから投稿しましょうね。
愛子さまは「女性」で間違いはありませんが「女系」ではありません。
愛子さまはれっきとした「男系 (の女子)」です。

>悠仁親王が急死する前提で議論してるんですか…

まあ皇族といえども人間である以上、その可能性も全くないとはいいきれません。
万が一にもそうなったら愛子さまが即位するのも自然なことであり、これは過去にも8代10人が「男系女性天皇」に就いています。

問題はその次で、悠仁さまに男児が生まれず愛子さまに男児が生まれれば、愛子さまの子は「女系 (の男子)」であり、長い天皇家の歴史に「女系天皇」はただの1人もいないのです。
愛子さまに女児しか生まれなければ「女系の女子」であり、これはなおさら例外ことになります。

>天皇陛下の次の皇太子の次の天皇を愛子さまにしようと画策…

民進党の主張する女性宮家を認めたとすると、悠仁さまはおろか秋篠宮さまをも差し置いて愛子さまが先に即位ということにもなりかねません。
さらにその後は完全に「女系天皇」を容認することになってしまうのでしょう。

だからこそ、自民党は女性宮家問題に否定的なのです。

>毎日新聞社は不謹慎すぎませんか…

インタビューに答えた市民の多くは、こういった天皇家の歴史・伝統を何も知らないまま、
「男女同権の時代だから良いんじゃないか」
「イギリスは女王だしね」
といった軽い気持ちで回答したのでしょう。

新聞社も市民の声を聞きたいなら、物事の本質を正しく説明した上で回答を求めるべきだと思いますよ。

これですね。
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20170525k0000m010021000c.html

>なぜ男系が残っているのに男系を差し置いて女系の愛子さまを天皇にしたい…

問題提起するのはたいへん良いことですが、女性天皇と女系天皇の違いぐらい勉強してから投稿しましょうね。
愛子さまは「女性」で間違いはありませんが「女系」ではありません。
愛子さまはれっきとした「男系 (の女子)」です。

>悠仁親王が急死する前提で議論してるんですか…

まあ皇族といえども人間である以上、その可能性...続きを読む


人気Q&Aランキング