人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

私は、小説、映画、ドラマ、マンガのどれもが苦手です。
最近では、名作マンガを調べて次のマンガを読みました。

わたしは慎吾
自虐の詩
真説ザ・ワールド・イズ・マイン
竹光侍
ポーの一族

どれもが名作と言われるものばかりですが、私はほとんど熱中できませんでした。
これは、小説でも映画でも同じです。
どうしても、作られた話で現実に起きたことではないという考えが頭の隅にあり、冷めた目で見てしまいます。
内容にもよりますが、現実に起きたことならば関心が高まります。
例えば、テレビ番組のアンビリバボーのような実話の紹介ならば、大丈夫です。
私は、本当はマンガの名作にも入っていきたいと思っていますが、無理なようです。

そこで質問ですが、物語が好きな方は、なぜ物語の中に入っていけるのでしょうか?
また、私のように「作られた話」と冷めた気持ちになることは、ありますか?

A 回答 (6件)

時代小説を結構、読むのですが。


ストーリーが日常の説明から、天気、食べ物とその時の事を良く調べていて、時代考証が確りしてまるで刊行しているところから入ります。
読みながら、頭の中で想像が映像になって、登場人物のセリフまで普通に話してるように中に入っていきますね。
登場人物の誰かが自分で、その目線から見てます。
大体が主人公って事ですね。
ホントに自然ですよ。
映画なんかリアルに作れる気がします。

面白くない本は、冷めると言うより入っていけません。
今まで言い本に出合ってないんじゃないですか。
現実的な物だけという事は、想像力の問題かな。
ダメな人、結構いますよ。
映画見ているのと同じだって言ったら、ビックリしてましたから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>読みながら、頭の中で想像が映像になって、登場人物のセリフまで普通に話してるように中に入っていきますね。

驚きました。
私は、40年以上生きてきて一度もない経験です。
映像には、まったくならないです。

>登場人物の誰かが自分で、その目線から見てます。

これも経験したことがありません。
小説でも、マンガでも、それ以外でも同じです。

以前に、小説では村上龍の「半島を出よ」に挑戦しましたが、10分くらいで挫折しました。
しかし、村上龍のエッセイは読めます。
どこからでも読めるからです。

私には、フィクションは合わないなと最近では諦めています。

お礼日時:2017/09/02 20:41

人は言葉からイメージを創ります。

次にそれをまた言葉(=論理)に変換して表現します。
 ですから、変換した人(つまり作者など表現者)によって、受け取る側が再構築するイメージがずれたり、崩れたままになるのはある意味、当然のことです。ですから下手な作品や、合わない作品が生まれます。
 それで読書はまず乱読から始めるわけです。そういった中から、自分にぴったりの文章、同期できる文章が見つかれば、それが自身にとっての最高傑作ということです。
 個人的には子供の頃読んだ、トロイ遺跡を発見したシュリーマンの伝記や、将来人類が宇宙へ行く準備としての宇宙計画などは、ものすごくワクワクしました。

 この作者と読者の表現がシンクロした時、それは本人にとっては名作になるものだと思っています。

 ですので最近、読む時にこだわっているのは、小説といった絵空事なのにリアルな感覚を引き起こす作品の表現はどんなのだろうか、という視点です。
 たびたび引用しています(が、さっぱり受けない)SF「アンドロメダ病原体」はレポート形式で、非常に硬い無味乾燥のような文章が、やがてじわじわとした恐怖を味わわせてくれます。実際にはない、でももしかしたら…という気にさせます。これは映画化されたので、映画と見比べてみると、また微妙に違うイメージが味わえます。

 昔のSFマニア、現在ミステリーの乱読をいたしまして、つまるところ人は未知の空間・未知の状況に胸躍らせるのだろうと思います。だから日本語で書かれた、”日本ではこうだった”式の、既知のことを書かれても、ああ昔話ね。で終わってしまいますが。欧米の翻訳ものでは(駄作もありますが)、どういった論理でこんな行動をとるのだろうか?といつも頭ん中に”?”が浮いています。

 まあ、あまり分析的な読み方は疲れますが、そこから読み取れるものは、おもしろいものがたくさんあります。

 最後に、映像化された作品と言葉で表現された作品を比べてみるのも面白いです。
 ”どんな論理で、どんな感覚で、こういう表現にしたんだろう”と考えると、作者の頭の中が想像できて、一粒で二度も三度もおいしく味わえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>つまるところ人は未知の空間・未知の状況に胸躍らせるのだろうと思います。

多数派は、そうなのかと思いました。
私は、おそらく少数派で現実からかなり離れると冷めてしまうのだと思います。
だから、例外的に入っていけたマンガは「闇金ウシジマくん」と益田ミリ「すーちゃん」シリーズでした。

>最後に、映像化された作品と言葉で表現された作品を比べてみるのも面白いです。

「桐島、部活やめるってよ」は、原作と映画、共に優れていると知り、まずは原作から読みましたが、すぐ挫折しました。
相性があるのかもしれません。

お礼日時:2017/09/03 13:27

追伸


浅田次郎の作品は絶対だと思いますよ。
メトロに乗ってなどは映画より頭の中の作品のほうが、何倍もよかった。
壬生義士伝も良いね。
短いやつで月下の恋人、お勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

お勧めいただきありがとうございます。
機会があったら読んでみようと思います。

お礼日時:2017/09/02 21:00

ドラマにしてもマンガにしても入っていけるのは現実から離れているからです


自分がそのドラマのヒロインになったつもりで見ているのでその物語に入っていけるのです
逆に現実性がないほうが入っていけますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>逆に現実性がないほうが入っていけますね

これは意外でした。
物語が好きな方は、私とは違う視点で見ていると感じました。

お礼日時:2017/09/02 15:57

「妄想する力」のレベルでしょう。



ま、普段の気分が上がったり下がったりするように、精神のコンディション次第でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

妄想力ですか。
私の場合、精神状態は関係ないようです。
現実離れな設定だと、どうしても「荒唐無稽だ」と頭のどこかで思ってしまいます。
また、私は簡潔に分かりやすく解説してほしい性格です。
しかし、物語はその逆(膨らませる)をやっている感じがします。
そのため、物語に入っていける人は、なぜ入っていけるのか不思議です。

お礼日時:2017/09/02 15:54

それはあなたが絶対にありえないときめつけてしまっているからではないでしょうか?


登場人物の感情をちゃんと理解しながら読めば話の中に入っていけるはずです。自分が主人公になった気で読んでみてはいかがてしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>それはあなたが絶対にありえないときめつけてしまっているからではないでしょうか?

絶対とまでは、いきませんが、半分くらいこの気持ちはあります。
設定が現実離れしていると、どうしても引いてしまいます。
だから、物語は私にとって苦しいです。

お礼日時:2017/09/02 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「異世界に行って帰ってくる」作品が読みたいです。

「異世界に行って帰ってくる」作品が読みたいです。
多分一番求めてるのに近いのはジブリの千と千尋の神隠しだと思います。
世界が入念に作り込まれていて、まるで本当にその世界に行ってきたかのような空気感を味わえるようなものが読みたいです。

小説なら岡田淳さんの「二分間の冒険」、「扉の向こうの物語」や川上弘美さんの「七夜物語」も近いと思います。

Aベストアンサー

「地下室からのふしぎな旅」(柏葉幸子・講談社青い鳥文庫)がおすすめです。まさに「行って帰ってくる」物語です。

Q中学生です。 読書が好きなんですが、読んでいる本が 子供向けや小学生向けのものが多いんです。 子供向

中学生です。
読書が好きなんですが、読んでいる本が
子供向けや小学生向けのものが多いんです。
子供向けのものでも面白いものはあるんですが、
新しいジャンルにも挑戦しようと思って。
ですが、なかなか気に入った本が見つからない
ので、面白い本があれば、教えてください!

Aベストアンサー

SFは、最近あまりこども向けにはないのでおすすめです。SFは驚きとスケールの広がりが私は好きです。
・「銀河英雄伝説」(田中芳樹 ・創元SF文庫)
・「航路」(コニー・ウィリス・ハヤカワ文庫SF)
・「サエズリ図書館のワルツさん」(紅玉いづき・星海社FICTIONS)本を愛する人への、本がなくなる恐怖を持っている人への愛ある物語。

ファンタジーであれば、少し暗いところもあるものもおすすめです。
・「ファーシーアの一族」(ロビン・ホブ ・創元推理文庫)
・「ミストボーン」 (ブランドン・サンダースン・ハヤカワ文庫FT)

時代ものも世界が広がります。
・「御書物同心日記」(出久根達郎・講談社文庫) 将軍様の書庫を管理する御書物同心として働く、古本好きの青年が主人公。

 楽しい本のある生活をお楽しみいただければ幸いです!

Q物語に長い時間耐えられるのは、なぜですか?

私は、小説・映画・漫画、共通して物語が苦手です。
特に、小説は長いので苦手です。
読む本は、ノンフィクション系ばかりです。
私は、なぜ物語が苦手か分析しました。

① 心の奥で「実際に起きた出来事ではない」と思っている。
「事実は小説よりも奇なり」で現実に起きたことの方が不思議だと思っている。
だから、物語は最初から冷めた目で見ている。

② 著者の本当に言いたいことを、出来るだけ短く簡潔に書いてほしいと思っている。
それを、いろんな登場人物の生い立ちや出来事があり、登場人物に著者が言いたいことを代弁させるという間接的な表現がつらい。
つまり、著者が言いたいことを、物語にして膨らませることがつらい。

私のような人がいる一方で、物語が好きという方も多くいます。
しかし、その方々の気持ちが正直なところ分かりません。
なぜ、作られた長い話に、長い時間耐えることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

楽しめないのは、楽しみ方を間違えているだけ。
別に誰からも強要されることではないので、自分で楽しめるものを見つけてそれをやるのがいいと思います。
推理小説、恋愛小説、エロ小説、歴史小説、どれもこれも楽しみ方が違います。
楽しめないのが悪いとは思いません、なにかひとつ楽しめればいいと思います。
小説でなければ、それでもいいと思います。
作られた長い話っていうのは、何かを楽しむために作られたのです。だからちゃんと楽しむべきことを楽しんでいる人には面白いものなのです。

Q定価40000円の本が60円とは、これいかに

bookofの中古本買い取り試してみました。
定価で総額40000円ほどの和書15冊ですが、bookoffが付けた値段が60円でした。
呆れ果てておりまする。
ジャンルは主に実用書で、およそ10年ほど前の本ではありますが、こーなるもんでしょーか。

Aベストアンサー

そんなものでしょう。
ブックオフみたいな量販は、回転のよさ、状態の良さなどで値段が決まりますし

そもそも実用書であれば、時代が変われば情報がだいぶかわっていたりもしますからね。
価値観、世のシステム、道具…

いつ買い手が現れるかわからない。何年もずーーっと売れない、いや、永遠に売れないかもしれない本に
場所を割き、光熱費、人件費を費やすわけですから。
しかもそのレベルの本はあなただけでなく、多くの人が持ちこみます

「欲しくもないものをもらうのにお金を払う」のは嫌なものです。

特に仕入れたいわけではない本、だから値段はつきません。

少しでも高値でうりたいなら「需要」と直接結びつくことでしょうね。

欲しい人に確実にうる。ヤフオクやらメルカリやら、今は個人でもそれができます

しかし邪魔になった本を下手するとずーーーっと長い間保管して
入札や購入者をまめにチェックして
金銭のやりとりや、発送の手配をしたり、手数料を払ったりしなければならず。
明日うれるのか10年買い手がつかないのかもわかりません。まあ10年もせずに廃棄するでしょうけど。

それらの手間、コストを全部ブックオフが引き受けてくれる分が
買取価格、販売価格の間には入っています。

確実に売れそうな本なら少しは値がつきます。


あとは古書店の専門書系なら、それを得意とする古書店ならそれなりの値がつきます。
それもそういう店には、そういう本を求める客が来るからです。
大学の周辺なら専門書が
ある業種の多いエリアなら、それに関する実用書なんかが
そういった路線に合っているなら。

ただ、それも都市部やそれなりにそういった店の近くに住んでいなければ
持ちこむにも大変だし
宅配で送り査定してもらってというのも大変ですからね…

そんなものでしょう。
ブックオフみたいな量販は、回転のよさ、状態の良さなどで値段が決まりますし

そもそも実用書であれば、時代が変われば情報がだいぶかわっていたりもしますからね。
価値観、世のシステム、道具…

いつ買い手が現れるかわからない。何年もずーーっと売れない、いや、永遠に売れないかもしれない本に
場所を割き、光熱費、人件費を費やすわけですから。
しかもそのレベルの本はあなただけでなく、多くの人が持ちこみます

「欲しくもないものをもらうのにお金を払う」のは嫌なものです。

特...続きを読む

Q昔書店で見かけたSF小説(日本)を探しています

10年以上前に書店で見かけたSF小説を探しています。
作者は日本人で、文庫のSF短編集(中編?)の一編だったと思います。
探している話の内容は下記です。

・星々を渡るオーケストラのような星雲(?)があり、その道筋にある星の音楽家が星雲を受け止めるための演奏をする。
・ただしその負担は大きく、死を覚悟しなくてはならない。
・演奏者に選ばれた音楽家に「怖くはないのか」と誰かが問いかけるシーンがある。


後で買おうと思いサッと読んだだけなので、内容もうろ覚え、ラストも分かりません。
ハードSFというより、温かな雰囲気のする作品という印象を持っています。

あやふやな情報で申し訳ありませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら
何卒ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

はっきりした記憶ではないのですが


淋しいおさかな (PHP文庫)別役 実


にそんなお話があったような気がします。

Q小説などで第1章◯◯◯◯(題名みたいなの)が有りますが、これは何と呼ぶんですか?

小説などで第1章◯◯◯◯(題名みたいなの)が有りますが、これは何と呼ぶんですか?

Aベストアンサー

「章題」と私は呼んでいます。 Titles of the Chaptersです。

Q回答するとき、多くの方が本やネットの文章を引用をしない理由は、なぜですか?

質問や回答の内容にもよりますが、回答は「証拠として専門家がこう書いています」と文章を引用したほうが、とても説得力があると思います。
もちろん、わずかな引用です。
または、ある専門家がこのような趣旨の文章を書いていたという方法もあると思います。
実際は、ほとんどの方がしていません。
知恵袋でも同じです。
引用が良くないという問題もあると思います。
教えて!gooでは、とくにそうだと思います。
それにしても、なぜここまで皆さんは引用をしないのでしょうか?
やはり、引用は面倒だからでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと考えてみて、4つほど理由を思いつきました。

理由1。引用という習慣に忘れる・慣れていない。
“引用”に初めて出会うのは中学高校のレポートだと思いますが、本格的に付き合うのは大学でしょう。しかし大学を卒業すれば“引用”と付き合う職業も多くはないでしょうから、すぐに“引用”という習慣を忘れてしまいます。また、そもそも日本の大学進学率は五割程度だったのはずなので、“引用”という習慣に慣れていない人も大量にいます。なので、引用がされないのだと思います。

理由2。引用先が分からない・説得力がない。
例えば質問内容が「風邪に効果的な食べ物は?」だとすれば、「ネギ」「うどん」「しょうが」など様々な回答が寄せられるでしょう。しかしそれに回答するのは専門の医者ではなく、おそらく一般の主婦なんかがメインだと思います。そうなるとその回答の知識の元ネタは、五年くらい前に見たテレビ、おばあちゃん、高校時代の先生、ネット、近所の物知りな奥さんなどになるでしょうし、完全にどこで身に付けた知識か分からなくなることも多いでしょう。なので、引用したくとも出来なかったり、無理に引用すればむしろ説得力が下がる可能性があったりするので、引用がされないのだと思います。

理由3。面倒臭い。
質問者さんも最後におっしゃっていますが、引用をすれば長ったらしい文章になって、読む方も面倒臭いことこの上ないです。実際に日常生活でも……「お母さん、風邪に効く食べ物ってなに?」「ネギがいいわよ。○○大学の○○教授が書いた○○って本に書いてあったから間違いないわ」……と言うよりも、……「お母さん、風邪に効く食べ物ってなに?」「ネギよ」……と言い切ってしまう方が端的で分かりやすいです。

理由4。質問者と回答者に説得力という概念がない。
教えて!gooにしろ知恵袋にしろ、例えちょっと変な回答であっても質問者は「へえ、そうなんですか。ありがとうございます」とお礼をしていることがあります(私自身もする)。つまり質問者は無条件で回答者を信用しているんですね。たぶん、質問者は回答者のことを友達に近い善意の存在と思っているのでしょう。まあ、こんなところで悪意の嘘をつく人も珍しいですから、信用しやすくなってしまうのでしょう。そうなると回答者も質問者からの信用を得ようと説得力を上げる努力をしませんし、そもそも“説得力”なんて発想にすら至らないでしょう。なので“引用”もしないのだと思います。

以上です。まあ、どこにも引用がない回答ですが、参考になれば。

ちょっと考えてみて、4つほど理由を思いつきました。

理由1。引用という習慣に忘れる・慣れていない。
“引用”に初めて出会うのは中学高校のレポートだと思いますが、本格的に付き合うのは大学でしょう。しかし大学を卒業すれば“引用”と付き合う職業も多くはないでしょうから、すぐに“引用”という習慣を忘れてしまいます。また、そもそも日本の大学進学率は五割程度だったのはずなので、“引用”という習慣に慣れていない人も大量にいます。なので、引用がされないのだと思います。

理由2。引用先が分からない・説...続きを読む

Q大昔の小説を探しています

多分、20年以上前だと思います。

ジャンルはSFファンタジー
スターウォーズのようなライトサーベルの武器が出てくる。

宇宙船で旅をしたりする。
宇宙船自体にも意思がある。
宇宙船は(ホログラムか何で)女性の姿に化ける事が出来る。

ヒロインか何か分からないけど、主人公(男性)とは別に女性がストーリーに加わる。その人の料理は超美味しいが、調理の度にフライパンとか鍋とかの器具が壊れて使えなくなる。

こんな情報で分かるかたいらっしゃいます?

Aベストアンサー

>調理の度にフライパンとか鍋とかの器具が壊れて使えなくなる。
それなら、神坂一の「ロスト・ユニバース」に出てくるミリィと愉快な
仲間たちの事だと思います。
ライトサーベルの武器=サイ・ブレード
根性で光の刃を出す漢の武器(マントも必需品)。

Q小説で、驚く展開ってどんなものがあるでしょうか?例えば現実では絶対にありえませんが、亡くなったと思っ

小説で、驚く展開ってどんなものがあるでしょうか?例えば現実では絶対にありえませんが、亡くなったと思っていた人が生きていたりとか、実はあの人と兄弟だったor兄弟ではなかった など。



その他皆さんの意見が欲しいです<(_ _*)>

Aベストアンサー

事件を解決しようとしていた探偵が実は真犯人。
作品名を書くと推理小説のネタバレになってしまうので書きませんが...

>亡くなったと思っていた人が生きていたり
これは割と良く有るパターン...
「シャーロック・ホームズの帰還」

Q知識に強い関心がある方が、ほとんど質問しない理由は、何ですか?

知恵袋でも同じで、知識がある方は回答が多くて、質問は非常に少ないです。
なぜ、このような傾向があるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じく、自分で調べる。勉強する。自分で考える、行動する。
なので、質問しなくても自分で答えを出したり、探したりして、質問する必要がないからですかね、
日ごろから色々な分野にアンテナをはって、常に最新の情報を得られるようにしていたり、そういう努力?というか当たりまえのこことしていつもしているからですかね


人気Q&Aランキング