『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

なぜ「そんたく」はNGで「空気を読む」はOKなのでしょうか?
どちらも「相手の気持ちを察し、行動すること」のような気がしますが

A 回答 (4件)

「忖度(忖度)」が問題になったのは、直接の相手の気持ちを推し量ったのでなく、第三者のように見えている人(権力者)の気持ちを推し量っての言動でした。

相手の気持ちを推し量るだけなら、問題ありません。(ただし、推し量って法を曲げることは悪です)
    • good
    • 3

「そんたく」は様々な意味で上下関係を含んだ表現です。

下の者が上の者の気持を汲み取る、その上で上の者の意向を実現するように行動する、空気を読むのは上下関係とは関係ないしそこから直接的に利害は生まれないのですが、上下関係となるとそうでは無い疑念が生じる、そこが問題なのです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/09/05 17:43

「忖度」自体は何も問題ではない。


いわゆる、陳情をして議員にお願いをしていることです。
これは、「忖度」になります。
違法と判断されるのは、そこにお金の授受が存在した時で、「忖度」ではなく「贈収賄」になってゆきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/09/05 17:44

「そんたく」はNGで無いですよ。



たまたま 法律に引っ掛かる行為(報道機関の誘導)のように報道されたからです。
「空気を読んで」の違法行為も有るので 一緒のことです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/09/05 17:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「そもそも論」って、正しい日本語なのですか?

よくWEBサイトなどで『そもそも論として〜』などとよく目にします。私は訳のわからない造語だなあと思っていたのですが、調べてみるとなんだか多くの方がこの言葉を使っているように思えました。
これは正しい日本語なのでしょうか?日本語などに詳しい方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

正しい言葉の使い方ではないですが、なんとなく定着しつつあるのかな?と言う感じではありますね。
「そもそも〜」と言う言葉は「説き起こし(順序だてて説明を始める事)」の際に使われる接頭語であって、その言葉を「論(道理をのべる事)」じるわけではないですからね。

でも日本語(に限らず言葉)は使われているうちに変節して行くものですから違和感を感じていてもそれが正しい言葉に変わって行くかもしれません。
それが単なる流行り言葉でも・・・

Q次の文章は、「何を言いたいのかわからない」「主題がはっきりしない」でしょうか。

次の文章は、「何を言いたいのかわからない」「主題がはっきりしない」でしょうか。文章のタイトルは「天は二物を与えず」です。

アメリカのフロリダ州では、大型ハリケーン「イルマ」の上陸に備えるために人口の3分の1近くに当たる約630万人に避難命令が出され、多くの住民が避難したためゴーストタウンのような様相を見せているところもあるといいます。

マイアミに住んでいるAさんは、ハリケーンの上陸に備えて実家があるテネシー州のナッシュビルへ避難することになりました。通常なら8時間で行けるのに、多くの人が避難しているため大渋滞に巻き込まれ、今回は18時間も掛かったといいます。

無事にナッシュビルに到着したAさんは、「ここは何の天災もなし。気をつければ避けられる人災のみ、 天は二物を与えずだな~という実感です」と、語っていました。すなわち、Aさんにとって天災と人災が「二物」ということです。しかし、「天は二物を与えず」は、人に対して用いる言葉であり、「二物」とはその才能や資質のことです。

私たちは、言葉の本来の意味を勘違いして使うことが多々あります。言葉がその本来の意味を離れて使われるようになるとコミュニケーションの不全、いわゆる「えっ? 何、それ?」を招きます。そういうことにならないために私たちは、言葉の本来の意味を理解してそれを使うようにしたいものです。

次の文章は、「何を言いたいのかわからない」「主題がはっきりしない」でしょうか。文章のタイトルは「天は二物を与えず」です。

アメリカのフロリダ州では、大型ハリケーン「イルマ」の上陸に備えるために人口の3分の1近くに当たる約630万人に避難命令が出され、多くの住民が避難したためゴーストタウンのような様相を見せているところもあるといいます。

マイアミに住んでいるAさんは、ハリケーンの上陸に備えて実家があるテネシー州のナッシュビルへ避難することになりました。通常なら8時間で行けるの...続きを読む

Aベストアンサー

>タイトルを「天は二物を与えず」としたのは、それを誤用した事例を題材としているからです。
その事例を題材として何を伝えたいのかが大事だと思いますよ
タイトルの付け方は人それぞれかと思いますが
基本はその文章は何を表しているのか、何を伝えたいのかをタイトルにするべきなんじゃないかと私は思います

あと、文章に導入部分がないですね
急にハリケーンの話しが出てきて
なんだ?ハリケーンの怖さについての文章かなと思っていたら
いきなり最後の二行ぐらいで、言葉の意味を理解するのは大事
みたいな締めで終わったため、正直最初は「は?」って思いました

私たちは、言葉の本来の意味を勘違いして使うことが多々あります。言葉がその本来の意味を離れて使われるようになるとコミュニケーションの不全、いわゆる「えっ? 何、それ?」を招きます。
この文章を最初に持ってきてもいいと思いますよ
今からこういうことについて話をしますというのがないと
読者は頭に??を抱えたまま読み進めることになります

ハリケーンのくだりに要らない部分も多すぎる気がします
渋滞でいつもより時間がかかったとか要ります?
街がゴーストタウンみたいだとかも必要だとは思えません
ただでさえタイトルの意味もよく分からず
導入部分も無いため、読者はいったい何の話を見せられているんだ状態なのに
余計な描写が多いため、最後の最後で結論を見せられても「??」となってしまいます

>タイトルを「天は二物を与えず」としたのは、それを誤用した事例を題材としているからです。
その事例を題材として何を伝えたいのかが大事だと思いますよ
タイトルの付け方は人それぞれかと思いますが
基本はその文章は何を表しているのか、何を伝えたいのかをタイトルにするべきなんじゃないかと私は思います

あと、文章に導入部分がないですね
急にハリケーンの話しが出てきて
なんだ?ハリケーンの怖さについての文章かなと思っていたら
いきなり最後の二行ぐらいで、言葉の意味を理解するのは大事
みたいな...続きを読む

Q「イギリスに行ったのは3回です」はおかしい表現でしょうか。

普通は「イギリスに3回行きました」だと思いますが、ここで回数を強調する形で、「イギリスに行ったのは3回です」といってもおかしくないでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

おかしくないですよ。

回数を強調する意味で、文末に結論をもってくるのは正しいです。

日本語の文章って最後が大事なようにできてるんです。だから昔からよく言われます、「人の話は最後まで聞け」って。他のヨーロッパ系の言語とは真逆ですね。

Q数え方の違う者同士を一遍に数えるとき、なんと数えますか?

犬と人を数えるとき、一度に伝える言葉はないのでしょうか?
例えば、この部屋には二匹の動物と三人の人がいます
こうではなく、
この部屋には5〇います。という言い方はありませんか?

不便です

Aベストアンサー

>人間と犬だったら、「既知の生命体5」と言いますかね。
たぶんそんなとこでしょうね。
ただ質問者は既知か未知かは不問ですね、人、犬、であれば、生命体5、でもよいはずです、「つ」も「個」も不要ではないかとも思います。

Q次の文章のおかしなところはどこでしょうか。

昭和20年(1945)8月6日午前8時15分、米軍は、広島市に対して世界で初めて核兵器「リトルボーイ」、いわゆる原子爆弾を投下し、これにより当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万、16万6千人が被爆から2~4か月以内に死亡した。

Aベストアンサー

今度はどこからもってきた文章でしょうか。
 著作権侵害のうえ、非常に無礼な行為ですよ。もうやめませんか。
 そのことは下記のリンク先にも書いたつもりですが、ご理解いただけませんか。
【主語と述語のねじれがある次の文章を書き直すとしたらどう書き直したらいいでしょうか。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9886779.html
===========引用開始
 念のため確認しますが、書き手の許可は得ているんですよね。
 許可もなしにこんなことをするのは、非常に失礼な行為なので、当方はこれ以上関わるのは気が進みません。
 許可をとっていたとして、このあとどういう形で書き手に伝えるのでしょうか。
===========引用終了

 さらに書くと、Wikipediaの画面を無断流用するのは、さらに悪質な著作権侵害になるはずです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

 で、原文はWikipediaを改竄しています。論外です。だから素人の文章は嫌いです。やっとそのことを指摘する人が出たので少し書くことにします。
 おそらく書き手は「9万~16万6千人」と「9万、16万6千人」の違いがわからないのでしょう。論外です。だから素人の文章は……。
 こんな文章に対してグダグダ書くのは単なる「弱い者いじめ」の悪趣味な行為にしか思えません。
【読書感想文/『日本語作文術』(野内良三/中央公論新社社/2010/05/25第1刷発行) 第1稿】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3410.html
===========引用開始
【引用部】
 どうしたら長文を撃退できるか。その方法をお見せしよう。ただし、(今後もそうであるが)文章指南書がよくやる素人の作例は絶対に使わない。あれはやっている本人はご満悦かもしれないが、一種の弱いものいじめだ(合意が成り立っている、学校やカルチャーセンターのような教育現場では話は別だが)。大物に登場願おう(P.25)
 この著者は〝絶対〟という言葉が好きなのだろうか。必要性を感じない〝絶対〟の例はあとにも出てくる。こういう強い言葉は、極力使うべきではないのでは。好みの問題かもしれないけど。
「合意が成り立っている、」の読点はOKなのかな。本多読本の〈長い修飾語〉の読点かもしれないが、個人的には極力使わないことにしている。理由は……「美しくない」ってことにしておく。「学校やカルチャーセンターのように(、)合意が成り立っている教育現場では話は別だが」くらいだろうか。
 趣旨はよくわかるけど、ケースバイケースだと思う。単に素人の悪文をボロクソに書くのは「弱い者いじめ」かもしれない。そんなことをしても、建設的とは言えない。本多読本にヒドい例があった(もしかすると、本書の著者は本多勝一が嫌いなのかもしれない)。でも、「ここをこうするだけで見違えるほど……」ということなら、話は別になる。あるいは、偉いセンセーでもこんなヒドい……という「強い者イジリ」なら大好物です。(←オイ!)
===========引用終了

 原文のWikipediaの文章がヘンです。
「9万 - 16万6千人が被爆から2 - 4か月以内に死亡したとされる」ってどういうことなんでしょう。
 原典は下記と注釈があります。
http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa1.html

 一応公的機関ですかね。でもこんなに幅がある不自然な数値は、一応裏が取れてもとても孫引きはできません(それだけたいへんな状況だったのでしょう)。「〜とされる」と書けば何を書いてもいいわけではありません。原文の最大の問題点はここでしょう。だから素人の文章は……。
 このことに比べればあとは瑣末な問題なので、先行コメントにおまかせします。当方はこれ以上悪趣味なことはしたくありません。

 当方なら、必要に迫られたら下記の数字をとります。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1111638957650/index.html
「昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡したと推計されています」
 当然、「正確には不明」「広島市のホームページによると」と書き添えます。

今度はどこからもってきた文章でしょうか。
 著作権侵害のうえ、非常に無礼な行為ですよ。もうやめませんか。
 そのことは下記のリンク先にも書いたつもりですが、ご理解いただけませんか。
【主語と述語のねじれがある次の文章を書き直すとしたらどう書き直したらいいでしょうか。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9886779.html
===========引用開始
 念のため確認しますが、書き手の許可は得ているんですよね。
 許可もなしにこんなことをするのは、非常に失礼な行為なので、当方はこれ以上関わ...続きを読む

Q『ぶらさがせない』という日本語はありますか?

とあるショッピングモールのカートに『お子様をぶらさがせないでください』と書いてありました。
なんとなく違和感のある日本語でしたが、『ぶら下がることをさせない』と表現するのは、正しくはどのように言うのかがわかりません。
『ぶらさがせない』という日本語はあるのでしょうか?
どのように表現するのか適切だと思いますか?

Aベストアンサー

もう随分前に言われていたことですが、いわゆる「ら」抜き言葉が論議されていました。
食べられる⇒食べれる  見られる⇒見れる  などのように、動詞の助動詞部分の「られる」から「ら」を取ってしまって、発音や表現をすることです。
「ら」が取られても、意味が通じますね。

質問は、本来の言葉から「ら」を取ってしまった為に、意味が解らなくなってしまったのです。
意味がわからなくなる言葉からは、「ら」抜きをしてはいけない見本のようですね。

正しくは、他の方も言われているように、「ぶらさがらせない」でしょうね。

Q若者の言葉が乱れる具体的な例はなんでしょうか? 自分が思うに、携帯電話が普及したことやそれによりコミ

若者の言葉が乱れる具体的な例はなんでしょうか?
自分が思うに、携帯電話が普及したことやそれによりコミニケーションをする場が減り語彙力がなくなったからなどと思うのですが…
具体的な例をお願いします!
回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

いいや、幅広い層と話す機会が減ったから。おじいちゃん、おばあちゃんと喋らないは序の口。親と喋らないもまだまだ。上司、先輩ともろくに話さない。

世代を超えて話をしないので色々な話し方が出来ないのです。

Q肩をひそめる

肩をひそめる
個人的には、肩身の狭い思いをする、と理解できます。
肩をひそめて生きている=肩身の狭い思いをしながら生きている。
本当にこんな表現ないのか疑問にも思いますが、どうでしょう?

Aベストアンサー

ひそ・める【×顰める/×嚬める】
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/184988/meaning/m1u/%E3%81%B2%E3%81%9D%E3%82%81%E3%82%8B/
じゃやなくて、
(潜める)
1 身を隠す。「暗やみに身を―・める」
2 音・声などが出ないようにする。「声を―・めて話す」
3 静かになって目立たなくなる。「鳴りを―・める」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/184987/meaning/m1u/%E3%81%B2%E3%81%9D%E3%82%81%E3%82%8B/
という意味のほうですね。

肩を怒らす

の対義語として、まあ、いい線いってるんじゃないでしょうか。
将来的に辞書に載ってもさほど違和感は生じない。
むろん一定程度以上の人々が使わないとそういうことにはなりませんが、そのあたりは神のみぞ知る、といったところですかね。

Q「右折・左折」の上位の二次熟語?

右折・左折など、道を曲がる意味で、具体的な右や左ではなく「道路などを曲がること、それ自体」を表す上位の意味を表す二次熟語は何がありますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろな意見が出て、どれも微妙に違うようなので、おそらくそういう言葉はないのでは。
 おそらく「直進」の反対語ではないかと。質問者の会社の膨大なファイルでも、「直進」がお探しの言葉の反対語になっているのでは。反対語を見てみました。
http://hantaigo.com/word/%E7%9B%B4%E9%80%B2
「左折」「右折」「蛇行」だそうです。
 そうか。「蛇行」は思いつかなかった。やはりありませんね。

 こうなると、誤解を招かない言葉を考えるしかないのでは。
「右左折」(一発で変換された(笑)。ある程度市民権を得ているらしい)
「右・左折」
「曲進」ってどうでしょうか。

 ちなみに、「反対語」なんてそうそうスッキリわかるものではないようです。
【反対語の混迷】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2081.html

Q「建立」は何故「けんりつ」と読まず、「こんりゅう」と読むんですか?!

「建立」は何故「けんりつ」と読まず、「こんりゅう」と読むんですか?!

Aベストアンサー

[日本国語大辞典]より
こん‐りゅう[‥リフ] 【建立】 〔名〕
(「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
(1)宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」
(2)((1)から転じて)(1)のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
(3)うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでいう。
*天草本伊曾保物語〔1593〕エジツトより不審の条々「サテ カウロウノ サクシャワ ナントト トワセラルレバ〈略〉イヅレノ トコロニ conriu (コンリャウ) ツカマツラウゾト ソウスレバ」


けん‐りつ 【建立】 〔名〕
建て設けること。築き設けること。
*基督信徒の慰〔1893〕〈内村鑑三〉四「仁を施し民を撫育し、真正の地上の王国を建立(ケンリツ)せんと」

この辞書の用例はたくさんありますが、読み方をはっきりさせたものだけを挙げました。

「建立(こんりゅう)」は仏教から始まったのですが、そのまま現代でも使い続けられています。わざわざ「けんりつ」と言い換えたのは、多分上記の内村鑑三が、(キリスト教徒だったので)最初かも知れません。

[日本国語大辞典]より
こん‐りゅう[‥リフ] 【建立】 〔名〕
(「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
(1)宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」
(2)((1)から転じて)(1)のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
(3)うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較