年齢の話をしていてふと疑問が湧きました。

「以下」の反対を「以上」とすると、
「未満」の反対は、・・???
どうも思いつかないのですが・・
「~より多い(高い)」などと普段は言っていたのですが・・

こんな時間には図書館にもいけないので、
気になって気になって困っています。

ご存知の方いらっしゃいますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

oo1さんに補足すると、実際に口にする場合は


「超(ちょう)」
となる場合も多いようです。

ただ、国語的に見ると話はこれでおしまいですが、論理
的に見た場合は、

以下…「その数を含み、またそれより少ない状態」
以上…「その数を含み、またそれより多い状態」
未満…「その数を含まず、それより少ない状態」
超…「その数を含まず、それより多い状態」

となりますが、そうなると「以下」と「以上」が対になる
と、「その数」がどちらにも含まれる事になります。
その意味では、「未満」の反対が「以上」で、「以下」の
反対が「超」…となるのが正しいのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「以下」も「以上」も「未満」も普段使っているので、
もちろんその定義もわかっていたのですが、
「未満」と同じように、ひとことで言える言葉を捜していました。

「超」はとてもいい言葉だと思います。
これを「超える」言葉が見つかるまでは
使いまくると思います。

とはいえ、「オレ、30歳超」とは言いにくいかな・・?
まあ、しっくりくるまでなんとかしてみます。

また、(僕にとっては)新しい考え方をも提示していただき
有難うございました。

それにしても、答えていただいてクリアーになると気持ちいいですね。

お礼日時:2001/07/04 01:33

『二十歳未満』というのは『二十歳に満たない』ですから、『二十歳を超える』というのが対応する表現となるでしょうネ。


以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
今僕の頭の中では「超える」という言葉が
ぐるんぐるんと回っています。
今日一番の発見かもしれません。
そういう使い方もしてたなーと・・
でもすっかり忘れていました。
やはり言葉は使わないと忘れてしまいますね・・

お礼日時:2001/07/04 01:17

「以上」、「以下」はある量の物(例として数字の「3」としましょう)を含んでそれより多いか少ないかということですが、未満は、「3」を含まない小さな数を指すことになります。


ですから反対語として考えた場合、dagakki1さんの考えているとおり「3より大きい」などの表現になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「未満」と同じように一言で言い切ることのできる
言葉を捜していたのですが、どうやらその回答も見つけられそうです。

お礼日時:2001/07/04 01:12

「超える」です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
どきっ!!としました。
コレで眠れそうです。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/07/04 01:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報