ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

来年ぐらいに車を買おうと考えているのですが、個人的な好みからしてスポーツカーを買おうかと考えているのですがスポーツカーは燃費が悪かったり壊れやすかったりで初心者でしかも学生の自分には手に余る車になるのではないかという心配があります。
今のところ第一候補が三菱のGTOです。しかし今世間をにぎわしている三菱車だけに不安があります。しかもなにやらGTOは壊れやすい・止まらない・・・などということをよく聞きます。GTOについて良い点、悪い点教えてください。一応予算は頑張っても乗り出しで7-80万ぐらいです。
他にもこんな車いいよというのがあったらぜひお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (27件中1~10件)

食い下がって来るとかではなく、変な事を言ってるのがいるとか、面白い事を言ってるのがいるっていろんなとこで話題になってたんで忠告も含めて教えてあげたまでですよ。

だから書いた時ちゃんとアドバイスになってたでしょ?「TWIN TURBO」が読めませんか?→いやいや、TTだと仮定してもここが一番問題なんです。他の方も同じ事を思ってるはずですが、そうではなくてゆっくり併走してる時や止まってれば『暗く』なければ2mも近づけば眼が悪い人以外は確かに読める位の文字なんです!それに対して誰も疑問は抱く人はまずいません。ただ皆さん同じですがフル加速で高速をぶっ飛ばしてる時なら『明るく』てもまず読めないってそこを言いたいんですよ。言ってる意味は分かりますか?しかも万が一見えたと言うのでしたら明るい時間帯なんでしょ?増してはメーターを振り切るような速度で昼夜あの交通量も多い所を長い間併走して2車線潰して走ってれば事故れば他人も自分もまず死にますし、なにより死と隣り合わせの運転で車を避けるのに必死でいちいちあんな変な所にあるほんと小さい文字なんか眼に入らないですよね?直線がすくないなら尚更ですね。それともしTTだと過程したならオイル管理をおざなりにしていた位の原因ではまずないって思います。どうしてずっと『オイル管理』を強調されてたのかは?ですが、実際はノーマルで普通にカタログ値越えの300馬力以上出ている車でトルクの化物なんですから登りの直線なら踏んだ瞬間から引き離されてしまいますし、いくらオイルが悪くても横を7、800Mもの長い間ずっと併走する事はまず有りえないんですよね。(その前に2車線も塞ぐとまず他の車に引っかかりますが)車に何らかの問題があるのか、加速しようとしたものの、遊ぶ為にわざと併走して踏んでないのか、今後の人生を考えて殺人的な争いを辞めたか分からんですがドライバーされてるっておっしゃってますし、レグナムVR-4を抜いた?ともおっしゃってるんで腕の問題もあるのかと。 まぁ、どちらも最新の車に負けますし、意地になって楽しむような車ではないし、ここはBGとの討論ではないので他の方は知りませんが私はもう辞めるつもりです。ただ、『ノーマル』で『ストレート』で『ぶち抜く』とか語弊を招く様な書き方はやはり不味いんじゃないかな?っテ思います。現に色んな所で語弊を招いてるわけで話題になってる訳なんですから。結局最初に書かれていた文は違ったって事ですよね?メーターを振り切るって時点でECU弄ってますし、それにパスしたのはストレートでなく結局ブレーキングだったんでしょ?
あと他人事のように殺人未遂罪とかおっしゃってましたけど、ご自身が罪を犯されてますよね?いくら煽られたか割り込みされてカチンときたかは分からんですけど、その速度を公道で出す事自体が問題ですよ。『職業上、今もドライバーをされてる』との事ですから尚更ですね。あとノーマルやブーストアップで谷田部以外で2○○以上実際に出してる人も知ってます。サイトを探していけば分かると思いますが。ただ、machiucherさんも同じですが誰が見てるか分からないネット上でしかも公道で勝ったの負けたの何キロ出しただの書くのは不味いって思うんですがね。
本題に戻りますが、machiucherさんがおっしゃるようにその予算で大排気量スポーツを買うのはよした方がいいですね。結局維持出来なくなって手放しますね。この手の車は部品代も高いですし、税金だの車検だの維持費が半端ではないですからね。余裕が無ければまず辞めた方がいいです。元オーナーとして経験してますしこれはまず言えます。でも燃費だけは4駆&TT&大排気量で悪いと思われがちですが、他のオーナーの方も7キロ位は普通にいくんでいいですよ。っていうかかなり前の記事で放置状態ですので、解決したんなら早く締め切った方がいいと思うんですけどね。
    • good
    • 0

書くだけ書いて、あ~、まだNAだのなんだのって話になりそうだから、ちょっと刺しておきますか。



GTOターボの筑波ラップ8秒台。誰でも出せるタイムですか。
中谷明彦氏だから出せるタイムじゃありませんか。
ベスモのように、6~8台出走のごちゃ混ぜバトルで出るタイムでしょうか。そういう場合、エボやスペCの方が速くないですか。
ノーマル最高速260km/h超、誰か谷田部以外の場所で出した事ありますか。法定速度超過70km/h以上は殺人未遂罪の適用もアリですが。

あんまり具体的に◯km/hだという話、しない方が身のためじゃありませんか。
    • good
    • 1

まだ食い下がって来る三菱の「専門家」がいらっしゃるようなので、もう一度だけ言っておきますよ。

よくよく私の最初の投稿を読んで下さい。

「オイル管理をおざなりにすると」と書いてますでしょ。後で状況を付記しますから、ここ覚えておく様に。もっともここは更に深刻な「整備不良による◯◯」かも知れませんが。

それと、「サイドウィンドウ後ろのはめ殺し窓」ってのは仰るように、ドア後ろの三角窓ですよ。ピラーに貼付けただけの黒いガラス板ですよ。しかしいっくら小さいフォントだと言ったって、センターライン挟んで並走すればせいぜい2m少々の距離、両眼矯正視力1.5であの字が読めなきゃ免許なんか持てないです。2車線道路を並走していて、三菱の「専門家」の皆さんはあの「TWIN TURBO」が読めませんか?専門家と仰るなら、近場に現車あるでしょう。並べて左から見てご覧なさい。シチュエーションの把握が的確になされていない状況で「絶対違う」「あんたの目にはまず見えない」「夢でも見てたんじゃないの」とは承服しかねる。それこそ思い込みの暴言だと反論致す次第。

さて。MEX5号下り、板橋本町ストレートってのは、板橋本町出口から登りになってるんですね。で、右レーンを走っていた私の前に赤のGTOがバッと出て来た。職業上、今もドライバーしてますんで具体的な速度は申し上げませんが、カチンと来た私は3速全開で左に出た訳です。すると相手も全開踏んで来た。加速を見なくても解る。踏んだ瞬間にディーゼルかと思うような黒煙をボンと噴いたからですよ。
私だって素人じゃない、6G72TTをマトモに相手にして抜けるとは思ってない。しかしメーターが数字のない部分に近づくにつれてGTOの加速が伸びてこない。140どころの速度域じゃない。結局7~800M張り合った所で1車身空いた、そこで向こうが我慢出来ずにフルブレーキ。こっちもギリギリ、メーター振り切ったとこから全制動。最後は結局、ウィークポイントの車重のお陰でこちらがすんなり前に出たと。そこから先、志村料金所の先までアップダウン、コーナーが続きますけど、もう付いて来なかったですな。

詳細はこんな所ですね。ともかく、最初の趣旨から行くとですね、「パフォーマンスを維持するのにコストがかかり過ぎる車はおよしなさい」という意図で回答した訳ですね。いくらV6 3000だ、ターボだと言った所で、車両代が6~70万しか出せないとなれば維持が厳しく、重荷になるばかりですよと。その上で、まともにパフォーマンスも発揮出来ずに公道バトルで格好悪い思いまでするようじゃ、クルマ持っても楽しくないでしょう。今回の件はお得意のストレートが2kmもなく、終わりが左にほぼ7~80°ターンと言うGTOには不向きな環境も災いしたと言えましょうか。

ま、ついでに申しますと埼玉の大宮栗橋線、今はさいたま栗橋線になってますけど、そこの白岡・篠津~久喜・下早見間でレグナムVR-4ともバトルして抜いてるんです。また「嘘だ」って吹かれるんだろうけど、スバルじゃ「そのエンジンは当たりです」で通ってるんですよね。確かに個体差大き過ぎるんだよなあ・・・。
    • good
    • 0

muchiucher さんの意見は某チャットでも話題になってましたよ。

ネ申ではないですよね?取りあえずマジレスしますが、muchiucherのおっしゃった抜いたって事は本当かもしれません。しかし、それは残念ですが相手にされてなかっただけだと思われますよ。ノーマルだと書かれてますが、いったい何キロ出していたのでしょうか?180キロ付近までしか出ないですよね?表現から察しますと相手は140キロ位だったのでしょうか?それとおっしゃってるGTOはやはりNAですよ(汗)本物のツインターボはリアのはめ殺しの窓に文字はありませんよ。前の三角部分にはありますが、あれは並走しても読むのが難しい位小さい文字です。ましてはわざわざ左からぶち抜いてる時でしたら絶対読めないですしそんな細かい所を見る余裕はまずないはずですヾ(^_^;R仕様同様でよくいますが、NAにステッカーを貼っていたのでしょう。あと、もし本当にTTだと先々代のノーマルBGレガシーだと残念ですが直線ではどうやっても全く勝負にならないです。はっきり言ってしまうとクラスが違います。故障など抜きにして腕など同条件ならこれは間違いなくいえます。もう一つ新しいBH?のワゴンに兄が乗ってますが、それでも加速では普通に置いていけますよ。もし機会がありましたら乗せてもらって下さい。加速の違いは嫌でも認めないといけないと思います。そういう乗り方を抜きにすればレガシーって速いですし個性も実用性もあって本当に良い車だと思います。私は好きですよ。
    • good
    • 0

ずいぶん時間が経ってますけど、私の実体験を否定する書き込みがあるので反論しておきます。


私がレガシィでブチ抜いたGTO。サイドウィンドウ後ろのはめ殺しガラス下に「TWIN TURBO」とはっきり入ってましたよ。左からパスしたんでよく見えましたよ。6G72ターボもこの程度かと。
    • good
    • 0

BGレガシィ(ノーマル)でブチ抜けます。

首都高の板橋本町ストレートでGTOツインターボをパスしたのは私です。・・・→絶対NAの間違いです!まぁ、ノーマル同士では180までしか出ないのでどの車も50歩100歩でしょうが・・・。NAだと220程しか出ないので最高速では良い勝負かもしれません。TTは0-400でもレガシーに対して1秒以上速く、最高速でもノーマルで260キロ以上出る車です。ちなみに筑波でのタイムもノーマルで8秒台です。空力も良いですし勝てる要因が有りません。公式で発表されてるのは中期(H6年)のデータなんで空力がさらに良い後期(H8~)では270以上出るとの噂です。(実際に後期モデルがバトル中に中間ストレート加速でスープラを離してますよ)知らない方も多いみたいですが、GTOって現役の頃N1でGTR勢だらけの中で唯一1台だけ他社種でエントリーして予選アタックではポールを取れるほどの実力なんですよ。特にコーナーが速く、直線のGTR、コーナーのGTOって言われた位です。筑波タイムも1分切りますしね。ただ、決勝は半分近く不調でリタイヤしてました(汗)BESTモータリングに沢山出ているのでこのビデオを見て下さい。ノーマルの実力もN1の実力も良く分かるはずです。それとこの車はバブル時の車なんで豪華装備がてんこ盛りです。28キロのボンネットを初め、電動シート、マフラー、極太レインフォースとその支柱、アクティブエアロ、アクティブサス等いらない装備を取り去る・交換するだけで簡単に100キロ軽量化できますよ。実際にショップのGTOは1300キロ台まで軽量化されてるのも出てきてます。某評論家の酷評が広まりほとんど雑誌にも取り上げられなかった悪評高きGTOでしたが、今は激速GTOも出てきて評価も再確認されパーツもかなり増えましたし雑誌にもよく載るようになってきました。まぁ、この性能を公道で使い切れませんし、使うべきではないですけどね。ノーマルでは曲がらない、止まらないって言うのは本当なんで足とパットだけは最低変えてください。激変しますんで。
    • good
    • 0

GTOが直線では国産NO1というのは違うでしょ。


V6、3000ccなので直6よりはボンネットは低く、空気抵抗では少し有利ですが、どうしても4WDというのは高速域では抵抗になってしまいます。GTマシンとしてはデメリットが多いクルマですね。その証拠にGT選手権では1台も参戦してませんよね。
ただ冬にスキー場にいくには最強ですね。
R34スカイラインGTRがやっぱり公道の存在感NO1じゃないっすか。
    • good
    • 0

GTOねぇ。

オイル管理をおざなりにすると、BGレガシィ(ノーマル)でブチ抜けます。首都高の板橋本町ストレートでGTOツインターボをパスしたのは私です。
そういう乗り方をしなくても、シートを立て気味に座るとバイザーに頭が当たるなど、基本設計が雑なのでお勧めしません。大体、前輪荷重が1トン(片輪500kg超)もある車です。タイヤ、ブレーキ等の消耗品、極悪の燃費等のランニングコスト、中古車なりの経年劣化に伴うリペアコストを考えると、学生さんの手に余るどころか生活も圧迫するでしょう。はっきり言えば「お止めなさい」。

正直、6発エンジンの重爆撃機から自動車生活を始めるべきではありません。GTOがそう呼べるかは別としても、相手がスポーツカーならなおさら。
サイフが軽いなら、軽いなりの車選びをしないと絶対後悔します。80万の乗り出しなら、本体で70万以下。1.5~1.6のハッチバックスポーツ辺りで探されたらいいでしょう。
    • good
    • 0

はじめまして!


昔、NAのMTに乗っていましたが、速さを求めるなら断然TBにするべきでしょう。NAは確かに非力でくやしい思いもよくしました。が、車高を落としてホイールをかえるだけでかなり目立ちます。曲がらないとよく雑誌に書いてますが、70SUPRA、Z32(2年式)すべて乗ってきましたがノーマルとしては同じ様なものです。GTOは良い意味、悪い意味、180キロ出してもスピード感がまったくない車でしたね~バブル期の車ですから内装はいい感じです。
若い時は一度くらいはデカくて目立つ車に乗るのもいいと思います!私はガス代の為によくバイトしてましたよ(笑)がんばって!!
    • good
    • 0

学生時代に僕の友人が乗っていましたが、その友人曰く「直線で走らせたら日本最速」との事。


隣に乗ったらそれがよくわかりました。
全開加速時は顔がつっぱります(笑)。

そういう走りを楽しむ車ですから、燃費に関しては「百円玉ばら撒きながら走っているのと一緒」だそうで、リッター3~5くらいだったようです。

「壊れやすい」かどうかはよくわかりませんが「止まらない」と言うのは事実で、あれだけの車重でスピードに乗った際のブレ―キングは死と隣り合わせです(いや、本当に)。

車自体は非常に魅力的なのですが・・・何せ古い車ですからね。
前出していますが、三菱車だからというわけではなく年式が古い分整備にはお金がかかると覚悟してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三菱GTOが不振だった理由は?

今から10年以上前販売されていた三菱GTOは結構街で見かけたものの、自動車雑誌などの評価はさほど高くなく、販売面でも好調とはいえなかったように思えます。
トヨタのスープラ、日産のZやスカイラインに比べどの点が劣っていたのでしょうか?

私が思うに、
(1)ディアマンテがベースで4WDであったとは言え純粋なスポーツカーの成り立ちではなかった。
(2)車重が重すぎた。確か2トンあったような・・・。
(3)メーカーの販売力の差。
が挙げられるのですが、他に何かあるのでしょうか?

当時販売店で真っ赤なGTOを見て、何となくイタリアの高級スポーツカーのように見え「欲しい」と思ったのですが、経済的面と家庭の事情で断念した経緯があります。当時はミニカに乗っていました。

Aベストアンサー

僕も当時の事よく覚えてますけど、申し訳ないけど全く好きでは無かったですね(質問者さんがお好みのようなのであえて回りくどい言い方しましたが、はっきり言えば□△イでした)。

理由は、大方質問者さんの挙げていることと同じで、もっと根本的なこと言うなら、先の他車種は各々それなりの理念やコンセプトの下でそれに沿って開発している(開発した)のが、先代からの流れや雑誌(ほかメディア)からの情報でちょっとしたクルマ好きなら感じられると思うのですけど。
申し訳ないが、GTOにはそれが全く感じられなかったからです。
たしか同時期に三代目RX-7やNSX(これはちょっと特別だけど)もあったと思います。

僕がGTO発表時に感じたことは、何でこんなに適当に作るんだろう?でした。
もちろん、大メーカーが工業製品を適当に製造しているとか欠陥品とかいった意味では全くありません。とても考え方がまとまって開発されたとは思えなかったのです。
GTOを発売する理由があったとしたら、ライバル他メーカーが出したから(あるいは開発していたから)、自分らもラインナップに並べよう、ではないでしょうか。
だから、大型セダンをベースにカタチだけスポーツカー風にして、確かベース車が横置きFFのNAだから、ターボにしてイージーにパワーアップして、でも当時のライバル車と同等の280馬力・40kg/m以上の大トルクを前輪だけでは無理があるから4駆にして、でも大型セダンの横置きFFベースにターボ・4駆でどんどん車重増えてしまっても軽量化するだけの本気度も無く(予算無く?)、同じく本気で足回り開発した訳でなく使いまわしなので、フロントはセダン用ベースのストラットでボンネットをスポーツカー風に低くしてしまったので、それに対応すべくボンネット上のキャビンよりの左右に粘度を付けたような不自然な付加物があり、#1さんも言われているようにサイドのエアインテークはダミーで穴が空いてなく、後付後付だからウエイトバランスも悪いという。だけども技術はあるから、なんとか工業製品として成立していて、4駆でハイパワー・大トルクだから直線はばかっ速い!

申し訳ないが、これではクルマ好きの心が動かせないのでは?と思ってしまいました。

これはもちろん僕が、質問者さんの問うGTOはなぜ同時期の他メーカーライバル車に比べて専門雑誌等で評価が低かったか、を個人的に分析しただけなので、またクルマはそれぞれの好みで他人がどうこう言う事では無いので、もしGTOオーナーの方や大好き方が気を悪くしたら、大変申し訳ございません。お許しください。

僕も当時の事よく覚えてますけど、申し訳ないけど全く好きでは無かったですね(質問者さんがお好みのようなのであえて回りくどい言い方しましたが、はっきり言えば□△イでした)。

理由は、大方質問者さんの挙げていることと同じで、もっと根本的なこと言うなら、先の他車種は各々それなりの理念やコンセプトの下でそれに沿って開発している(開発した)のが、先代からの流れや雑誌(ほかメディア)からの情報でちょっとしたクルマ好きなら感じられると思うのですけど。
申し訳ないが、GTOにはそれが全く感...続きを読む

Q女なんですがFTOとGTOとMR-Sどれがおすすめ?

私は22歳の女なんですがスポーツカー大好きになってしまいました!
FTOとGTOとMR-Sが気になってるんですがどれがおすすめでしょうか?
免許をとってもうすぐ3年目なんですが
運転はあんまりうまくないと思います(^-^;)
でもスポーツカー欲しいんですー!
GTOは車幅がかなりあるからたぶんぶつけまくると思ってるんですが・・・。
ちなみに免許をとってからずっとムーヴで普通車は運転したことありません。
ムーヴより車幅がある車運転したことなくて運転もあんまりうまくない女は
やっぱりスポーツカーはやめておいた方がいいんでしょうか?
皆さんの意見聞かせてください(^-^)

Aベストアンサー

 この3車で・・・・自分ならMR-S、ですね~。
 とゆぅ御意見は皆様既に御回答ですので、専門家らしく(?自動車の研究を生業としています)別の角度から一点。

 MR-Sに限らず、オープンボディは特定のパターンの衝突事故に対して非常に弱いです。これは間違いありません。

 現在の国産車はJ-NCAPとゆぅ衝突安全基準をクリアする設計がなされており、これは世界的な衝突安全基準と比べても遜色ない厳しいモノです。
 この点から申しますとJ-NCAP以前に設計されたGTOは不利ですし、また設計年度が比較的古いFTOも同様ですが、MR-Sはほぼ完全にJ-NCAPに合致する様に作られているはずです(この衝突基準のおかげで、ここ3~4年で国産車の衝突安全性は、それまでのクルマとは別次元と言ってよいほど改善されました)。

 しかし、いくら法規上の前突や側突が安全でも、乗用車では側面衝突→横転とゆぅ事故があります(ところが、どこの国にも法規上の衝突基準には横転はありません)。勿論この点は、オープンカーでは壊滅的です。

 シートバックの後ろにロールバー(転覆した時生存空間を残す為にシートバックの後ろに突っ立てる、U字型やコの字型に曲げた鉄パイプ)を付けている方もいらっしゃいますが、実際の転覆時にはほとんどの商品が役に立ちません。

 この点をどの様にお考えになるか?でオープンカーの価値が違ってきます。

 尚、ワタシ自身はオープンでペッタンコのクルマが大スキで、転覆時のリスクを背負ってもオープンに乗っていました。それでも普通の事故ならバイクより圧倒的に安全ですし、ひっくり返った時は、その時はその時って感じですね~(作っている側もバカではありません。『おっとっとっと、ゴロン』とゆぅ感じの転覆では、ウィンドゥフレームが結構耐えます)。

 ついでに。
 世界の衝突安全設計のリーダーたるドイツ車では、ポップアップ式のロールバーを装備したり、シートバックにロールバーを組み込んだり、フロントのウィンドゥフレームをロールバーとしても機能するほどモーレツに高剛性に作ったりして転覆に対応しています。
 しかしだからと言ってドイツ車のオープンボディが屋根付きボディと同等に安全、とゆぅワケでもありません。やはりオープンは屋根付きに比べれば明かに危険です。

 最後に・・・・

>ムーヴより車幅がある車運転したことなくて運転もあんまりうまくない女は
>やっぱりスポーツカーはやめておいた方がいいんでしょうか?

 もし最初から自信が無いとお考えなら御止めになった方がよいでしょう、が、「まずは練習してみましょ」と前向きにお考えなら、乗れないクルマなどありません。

 クルマとゆぅモノは所詮人間が作ったもので、作り手が使い手に対してイジワルしようと考えて作っているワケではありません。同じ人類が練習と慣れで克服出来ないはずはありません。
 これが、例えば火星人が作ったモノなら、「どぅしても手が4本ないとうまく運転出来ない」などとゆぅ事もあるでしょうが・・・・。

 GTOはニッサンのGT-Rに匹敵する動力性能を持つ超弩級のスーパーカーですし、FTOのキュートなデザインも、アレがスキな方にはたまらない魅力でしょう。そして勿論MR-Sはオープンですし、この3車内なら最もスポーツな魅力に溢れています。
 例え中古でも、クルマは大変高額な買物です。どれでもお好きなモノにお乗りになられても全然問題ないと思います。(V^_^)

 この3車で・・・・自分ならMR-S、ですね~。
 とゆぅ御意見は皆様既に御回答ですので、専門家らしく(?自動車の研究を生業としています)別の角度から一点。

 MR-Sに限らず、オープンボディは特定のパターンの衝突事故に対して非常に弱いです。これは間違いありません。

 現在の国産車はJ-NCAPとゆぅ衝突安全基準をクリアする設計がなされており、これは世界的な衝突安全基準と比べても遜色ない厳しいモノです。
 この点から申しますとJ-NCAP以前に設計されたGTOは不利ですし、また設計年度が比較...続きを読む

QMT車の停止状態からのフル加速

突然なんですが、MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?
先日、友人が運転したときに停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつないでいました・・・があまり早いスタートには感じなかったことと、あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・(>_<)
もう二度とあんな走り方はしないようにしたいと思いますが、車にはどんなダメージが残ると思いますか?これまでそんな走行をしたのはその時1回だけです。
また、正しいスタートダッシュのテクニックがあればぜひ教えてください。
ちなみにテンロクのノンターボ車です。新車から1000キロ越えたところです。
よろしくお願いします
m(__)m

Aベストアンサー

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順次シフトアップ(例えば2→3速)していくのが、1番早いでしょうね。

例えば、停止状態から1速発進全力加速し、レブリミット手前7000回転でクラッチペダルを踏み2速へシフト、その速度での2速の回転数にまでエンジン回転が下がったら(下がり過ぎたらアクセルペダルを踏みその回転数まで回転を上げてやる)クラッチペダルを戻しクラッチをつなぎ(この時、エンジン回転が急激に上昇したり下降したりするのであれば、その回転数分だけエンジンとトランスミッションの回転が合っていない、という事です)、再び全力加速・・・これを繰り返せば、ディスクの磨耗も最小限に抑え、かつ1番早く加速出来るのです。

●あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・

→車が温態時(走行開始から20分以上経過し、エンジン等の部品が充分温まった状態の事)ならば、レブリミットぎりぎりまで全力加速する事は、通常の加速よりは負荷は大きいものの、メンテナンスがちゃんとされている車ならば問題はありません。
・・・が、あなたの車はまだ走行距離が1000km越えたばかりで、大体の慣らし(新品部品のなじみ)が終わったばかりなので、まだこの様な走行はしない方がいいと思います。

●車にはどんなダメージが残ると思いますか?

→あなたの友人は車にうとい方、ではないでしょうか?車の知識がある人は、この様な摩擦材であるディスクを傷めるつなぎ方はしないと思います。(1000kmそこそこで、レブリミット全力加速をする事もしないでしょう)

さて、どんなダメージが残るかですが、この一気にクラッチをつなぐ(クラッチペダルを一気に離す)事を数回繰り返した位では、ディスクが滑る程の磨耗には至りませんので安心して下さい。
各メーカー共クラッチペダルの耐久試験はしていますし、この程度で一気に滑り出してしまう物では不合格になってしまいます。
・・・が、普通のつなぎ方(エンジンの回転とトランスミッションの回転を合わせてからつなぐ)よりもディスクの磨耗が増すので、これを何10回と繰り返せばディスクが使用限界まで磨耗し、滑り出してしまいます。
エンジン等への悪影響も、この程度の走行を1回してしまった程度でしたら、まず問題は無いと思います。

*新車後1000km越えたのでしたら、エンジンオイル(エンジンオイルフィルター)やトランスミッションオイルやトランスファオイルやデフオイル(4WDのみ)の交換をすると良いですよ。
過酷な走行をする事が多いのでしたら、オイル交換等のメンテナンスも普通以上に念入に行いましょう。

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順...続きを読む

QフェアレディZってなぜ重たくてスポーツエンジンじゃないんですか

フェアレディZに乗ったことすらありません。しかも日産車も乗ったことはないです。しかしフェアレディZのデザインがかっこよく惹かれるものがあります。それでネットで調べていたらZは重たくてエンジンもホンダみたいなスポーティなエンジンじゃないと書かれていました。なぜZはスポーツカーなのにスポーティーなエンジンと軽いボディに仕上げなかったんでしょうか?車の方向性が走りバリバリを目指していなかったと言われればそれまでなんですが、車体まで重たい必要はないかと思います。何か安全のために重たくしてるとかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで、手に入ったパーツをパコパコっと組み立てて、自分で楽しんだものです。
そのうち、「その車を譲ってくれ」という人が現れるようになって、ビジネス化していきました。
ロータスセブンやヨーロッパは、商業的に最も成功した軽量スポーツです。

しかしモータースポーツを楽しむ人の性で、どうしても「モアパワー」ということになります。
そうすると、大きくて重いエンジンを積む必要があり、高出力がかかってもボディがねじれないように鉄板を使って補強する必要があり、サスも「きちんとしたもの」を組む必要があり、そうやって車はどんどん重くなっていきます。
そうした方向性の先にあるのが、Zであり、スープラであり、さらにその延長線上には、ポルシェやアストンマーチンがあります。
F1マシンの重量が軽自動車と同じというのは、走ることだけに特化した車で、しかも湯水のようにカネを使うからできることで、市販車はまだ「鉄の時代」です。

もうひとつは、「スポーツカーのゆううつ」と呼ばれる現象があります。
新しいスポーツカーがデビューした時、最初はスポーツカーというものを理解した人しか買いません。
ところがそのスポーツカーが評判になり、売れ出すと、普通の人たちが、大量に買いに入ってきます。
彼らは、そもそもスポーツカーを理解していませんから、クイックなステアリングや、固いサス、高回転を維持しないとまともに走らないエンジンに、大ブーイングを起こすことになります。
自動車メーカーも商売ですから、営業サイドからの要求で、車はどんどん「改良」され、「乗用車化」していきます。
同時に、高い値段で売るために、(逆にいえば高い値段でも売れるために)いろいろなアクセサリーが追加されていきます。
「元」スポーツカーは、どんどん重くなっていきます。

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで...続きを読む

Qランエボはなぜ早い?

峠においてランエボは、「反則だ!」って言われるくらい早いんですよね?
なぜそこまで言われるんですか?
なぜそんなに早いんですか?
GT-RやFDよりも?

例えばランエボがGR-Rより早いのは軽いから?
調べたら140kgくらいしか違わないけど、その効果はでかい?
それとも他に理由がある?

車重を考えるとFDの方がはるかに軽いですが、それでもやはりランエボが早い?

とにかくなぜそこまで早いと言われるのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ランエボがなぜ速いかですね。
まず140キロはお話にならないくらいの差です、加速以外にブレーキ、コーナリング、すべてに差が出ます。
パワーウエイトレシオ、計算してみてください。
私のEKシビックノーマル時0-100キロ加速が7,4秒が100キロの軽量化で5,9秒になりましたよ。
あと、パワーと最大トルクです、加速0-400mなどは最大トルクが大きいのが有利ですので、トルクウエイトレシオで分かると思います。
あと、本当のパワーです、実パワーと言うやつです。
ランサーエボ8で310psほど、出ています。
実際カタログで280psといっても、280ps出ていないエンジンも多いのです。
FDはコーナリングは凄く早いですよ、ただエンジンの最大トルクが31キロくらいしかないので、加速力はランサーに劣るというのは、分かります。(ランサーは41キロ)
あとブーストがランサーはノーマルでも1,5キロもかかってます、シルビアのドリフトマシンでいっても結構なブーストアップの世界です。
ランサーで全日本のN車両で2キロほどブーストかけてます、それでも壊れにくいエンジンなのです。
4輪駆動のトラクションもかなり有効に働いています。
パワーが上がって、軽量にすると、FRなどでは、スタートの時全開にできないですが、4輪駆動では、かなり
踏んでいけます。
全日本ジムカーナの改造車のFD(チャンピォン)などパワーではNクラスのランサーに勝っているのに、タイムでは負けています、4輪駆動がその要因だと思います。
FDの選手はリアが流れて、アクセルを踏み切れないと
セッティングに悩んでいました。
とくに、エボのエンジンの本当の最大出力と最大トルクは国産最強だと思います。
それに、メーカーの真面目に速さにこだわった結果だと思います。
あとGTRですが、あの車はレース仕様にして始めて
早くなる車だと思います、N1で500PSくらい出ていますし、割りと簡単に400PSくらいはいける車です、ノーマルではわざとパワーを落としているように
思われます。
車重が重過ぎるため(特にフロント)、ブレーキがつらいですね。
ジムカーナではわざわざ、4輪駆動のクラスが追加されたほど、2輪駆動では、お話にならないんですよ。
今ラジコンも4輪駆動でないと、話にならないです。

ランエボがなぜ速いかですね。
まず140キロはお話にならないくらいの差です、加速以外にブレーキ、コーナリング、すべてに差が出ます。
パワーウエイトレシオ、計算してみてください。
私のEKシビックノーマル時0-100キロ加速が7,4秒が100キロの軽量化で5,9秒になりましたよ。
あと、パワーと最大トルクです、加速0-400mなどは最大トルクが大きいのが有利ですので、トルクウエイトレシオで分かると思います。
あと、本当のパワーです、実パワーと言うやつです。
ランサーエボ8で...続きを読む

Q三菱GTOアルミホイール

平成7年式中期GTO・NAに乗っている者です。
現在フルノーマルで乗っていますがホイールを最終型の純正メッキホイールに替えたいと思っています。
GTOはブレーキキャリパーが大きい上17→18インチになる為、そのまま装着できるのか心配しています。
仮に履けたとしてハミタイなどになりませんかね?違法な弄り方はしたくありません。周りにGTO乗りがいないので、くわしい方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 GTOの後期型ホイールであれば、問題なく付きます。これは前期型であっても付きます。
 ホイールで重要なのは、PCDとリム幅、オフセットですが、これはGTOは前期~後期で共通のようです。

 心配されているキャリパーの件に関しては、MRは大径ブレーキシステムを装備したように思いますので、18インチで無いと入らないかもしれませんが、
それ以外のグレードなら17インチ以上のホイールなら心配はいらないでしょう。

 純正ホイールなら、ハミタイの心配もないですよ。

Q軽のターボ搭載車ってどのくらい速いんですか?所詮は軽かもしれませんが・・・

以前、信号で軽自動車と並んで止まりました。
その軽は冬なのに窓全開でユーロビートのような音楽を爆音で鳴らしていました。
車種はたぶんアルトワークスかと思います。
で、歩行者信号が点滅し始めた頃からプァンプァン!と空吹かしをして、
青信号になるやいなやキキキキとタイヤを鳴らして
プァ~~~ン!という甲高い音とともに発進していきました。

もしかして挑発されてる?と思い、
アクセル半開くらいで追いかけましたが馬鹿らしく感じたのですぐやめました。
すぐやめたのですが、アクセル半開では差が縮まりませんでした。
私はマツダのアテンザスポーツ(2.3L)という速さに関しては非常に微妙な(特に発進は遅いと言われています)車に乗っています。


さすがに高速での速さはアテンザの方が上だとは思いますが、
発進時に関しては2Lを超える普通車でも、軽のターボ搭載車には敵わないのでしょうか?

また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ターボ車とNA(自然吸気)車を比較する際は、#7さんの言われるように排気量を1、4~1、7倍して同等として扱うのが普通です。

私も軽ターボ(しかもATで)に乗ってるときに、(都内の幹線道路で)相当なスポーツタイプ以上でもない限り、それ程の意識をせずにも普通車(NA1、5~2、0Lクラス)をリードして走行する事は難しくありませんでした。しかも、大して燃費を悪化させずに。

>また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか?
はじめに書いたターボ係数で計算すると、660X1,7=1122cc と、それでも排気量は小さいのですが
2車種のスペックを平均的な最新型で比較すると
         パワー           トルク
 660ccターボ  64ps(自主規制で)   11kgm弱
1500ccNA   110ps前後       15kgm弱

となりますが
実際の出力は、通常はNA車はほとんどがその数値以下で、ターボ車はその数値を上まっていることが多々あります。
ので、上記2車において、ターボ車とNA車のトルク特性の違いをも考慮したら、(限られた環境においては)パワー的にほとんど同等クラスと言ってもさしつかえないのではないでしょうか。
加えて、(これも既に出ていますが)同等に運動性能に影響を与える車両重量においても、上記2車種はだいたい100~200kg(成人男性2,3人分)もの違いがあります。
他の方が2輪車の例を出しているように、「軽い・軽量」というのは、それだけで物凄く有利です。

よって、(ふつう出しても6,70km/hの速度域の)街中においては軽ターボ車が、2Lクラス以下の普通のNA車が相手なら同等以上の運動性能を発揮する事が可能です(それ以上の速度域から差が出るのであって、大抵そこに行く前に信号にぶつかりますし)。
ましてや、アルトワークスやカプチーノといえば、その中でも特にスポーツ方向に特化したクルマですから。

ただ、それでも質問者さんの愛車アテンザスポーツでしたら、(充分ご承知かと思いますが)その気になれば引き離すのは容易ではないかと思われます(それをすることが、意味があるかどうかは別として)。

ちなみに、私はNA車の方が好きですし、信号ダッシュ(??っていうのですか??)など興味も無いですし、挑発されてると思ったら即やめますし(やるならサーキットにでも行ってくれ)、質問者さんに同感です。

参考にしていただけたら幸いです。

ターボ車とNA(自然吸気)車を比較する際は、#7さんの言われるように排気量を1、4~1、7倍して同等として扱うのが普通です。

私も軽ターボ(しかもATで)に乗ってるときに、(都内の幹線道路で)相当なスポーツタイプ以上でもない限り、それ程の意識をせずにも普通車(NA1、5~2、0Lクラス)をリードして走行する事は難しくありませんでした。しかも、大して燃費を悪化させずに。

>また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか?
はじめに書いたターボ係数で計算すると...続きを読む

Qターボ車に乗りたいです。スバルでは速いのはインプレッサですか?どの程度

ターボ車に乗りたいです。スバルでは速いのはインプレッサですか?どの程度駿足なんですか?ちなみにレガシーとフォレスターはどっちがどの位出だしを含めて速いですか?

Aベストアンサー

仕事関係で様々なスバル車に乗り、
レガシィとインプレッサを所有しました。
現在はインプレッサWRX STI SpecCを所有しています。

スバルは昔から四駆とターボを採用していて、
その熟成した技術による極めて高い走行性と安全性が魅力です。

主観的に思うというだけでなく、
客観的にも世界各国で評価され、
様々な試験に合格し多くの賞を毎年受賞し続けており、
小さな会社ですが世界トップクラスの車を作るメーカーです。

速さを求めるのならインプレッサSTIがおすすめです。

ファミリーカーをベースとしていますが、
中身は大変硬派なスポーツカーです。
その生い立ちはWRCで勝利するため、
過去ランエボと切磋琢磨のシーソーゲームを繰り返し、
FMC、MCの度に走りの性能を極限まで高めた車です。
その時点で世界的な頂点に存在する指標と言える車です。

スバルの思想は最高の運動性能こそ最高の安全に結びつくというものです。
速いからといって危険というわけではなくむしろ安全性も高くなっています。

インプレッサSTIは走るために生まれた車です。
過去の旧型は重量が軽かったりエンジン特性にもより体感的にも速かったですが、
現行型では非常に繊細にしなやかに仕上げられており、
気が付くとこんなにスピードが出ていたというような感じです。
もちろん法定速度内でコントロールしても十分楽しめます。
車のレベル走りのレベルが相当な高みにあります。
いずれにせよ手綱を握るドライバーの意のままですから自覚が必要となります。

実質的な速さやフィーリングはYOUTUBEやサーキットレコードなどをご確認ください。

スポーツカーが少ない現在では、
本格的に走るハイスペックなターボ車は条件によりランエボとインプSTIしか選択肢が無いと言えます。

フォレスターはインプレッサのコンポーネントを使用してSUVにした車です。
レガシィはGT、クルーザーとしてつくられた車です。
フォレスターのほうが好みに合うと思います。
ちなみにフォレスターSTIも存在しています。

速さから入っても、
それだけではない懐の深さを十二分に享受できる車がスバルの最高のスポーツモデルSTIです^^

http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%80%80STI

仕事関係で様々なスバル車に乗り、
レガシィとインプレッサを所有しました。
現在はインプレッサWRX STI SpecCを所有しています。

スバルは昔から四駆とターボを採用していて、
その熟成した技術による極めて高い走行性と安全性が魅力です。

主観的に思うというだけでなく、
客観的にも世界各国で評価され、
様々な試験に合格し多くの賞を毎年受賞し続けており、
小さな会社ですが世界トップクラスの車を作るメーカーです。

速さを求めるのならインプレッサSTIがおすすめです。

ファミリーカーをベースとして...続きを読む

Q悪路走破性がもっとも優れた車は?

こんばんは。ラングラーに憧れている者です。

世の中にはクロカン車はたくさんありますが、最近は
ラグジュアリー性を追求したものになってきて本来の
悪路走行性能を犠牲にしているクロカン車まで存在し
ますね。個人的には残念だと思います。

さて、クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は
何だと思いますか?ジムニー?三菱ジープ?ラングラー?
ランクル70?メガクルーザー?ハマー?ウニモグ??
思い出せる車を列挙してみましたが、どれが一番なので
しょうね。私は2スト時代のジムニーは優れていると思います。

ちなみに、装輪車だけに限定します。装軌車は除いてください。

Aベストアンサー

たくさんの回答が出ていますが、私も長~い一言。

>ラングラーに憧れている
◎ラングラーは最もJeepらしい良さがありますね。

>クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は?
◎悪路走破性も状況次第ですが、
あらゆる状況下で前進できる(動ける)ことを考えると、以下の条件が挙げられると思います。

1、大径タイヤの全輪駆動
これは言うまでもないことですね。

2、全てのデフをロックできる
例えば直結4WDでも、もちろん前後それぞれにデフが有り、これをロックできないと、
2輪が浮く(空転する)と動けません(2WDは1輪空転で×)。
*MB.G.ヴァーゲン
 フルタイム4WDですが、フロント/センター/リアそれぞれのデフロックをボタン操作で可能。
 (この車の開発は、主にシュタイヤー・プフ社)。
*ウニモグもデフロック可能。
※デフロックに代わる新技術。
【電子制御による空転防止】
*レンジローヴァー
 空転しようとする車輪のブレーキを掛けることで、1輪のみ接地状態での前進可能としています。
 ランクルに採用され、最近パジェロへも採用され、なかなかの優れものです。

3、最低地上高が高く、しかも低重心
厳密に考えると、デフ下面orサスメンバー最下部が最も地面に近いことになります。
従って、大径タイヤが有効ですが限りがあります。
*ハマー
 ホイールリダクション=車軸からギヤを介してホイールを駆動。
 デフ含む車軸が上部へ移動=大きな地上高が得られる。
 メガクルも同設計ですが、これはフルコピー「トヨタ製ハマー」と言うべきですから問題外。

4、前後重量バランスが良く軽量かつ頑丈、視界に優れ、前後オーバーハングが少ないか無い車体
*軽トラ4WD
 エンジンが運転席下=ミッドシップかつ低重心、トラック=頑丈、軽=軽量、視界良。
*ハマー
 フロントミッドシップ、4点フックでヘリ吊り上げに耐えられる頑丈さ(超重ですが)、真四角=視界良。
*パジェロ(?とりあえず愛車なもので)
 フロントミッドシップ、フルモノコックの頑丈設計、ロングストローク四独懸架
 ラグジャリー路線で、すっかりオフに弱くなっています(--;)

5、粘り強く強力なパワーを有する
2stジムニーは、低速はカラッキシで、勢いをつけて一気に突入スタイルで乗り切るタイプでした。

◎結論=万能クロカンは無い
日本の狭い林道なら、ジムニー(軽トラ4WDも)ですが、厳しいガレ場、砂地、泥濘地走行ではまた違った結果でしょう。

◎私の思う理想
ハマーの小型民生モデル!
そのままの技術を洗練されたミディアムサイズ・ボディーに詰め込んだもの。
ホイールリダクションによる高い地上高、走行中も空気圧変化可能なシステム、さらにホイール空転の電子制御などで万能。

現ハマー不要になった時、世界平和も訪れる時であると(^^)v

たくさんの回答が出ていますが、私も長~い一言。

>ラングラーに憧れている
◎ラングラーは最もJeepらしい良さがありますね。

>クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は?
◎悪路走破性も状況次第ですが、
あらゆる状況下で前進できる(動ける)ことを考えると、以下の条件が挙げられると思います。

1、大径タイヤの全輪駆動
これは言うまでもないことですね。

2、全てのデフをロックできる
例えば直結4WDでも、もちろん前後それぞれにデフが有り、これをロックできないと、
2輪が浮く(空転す...続きを読む

Q加速感を感じれる車

私は以前叔父の車であるスカイラインGT-R(R-33)に初めて乗せてもらったときに感動し、いつか自分もこんな車を買いたいと心に決めてました!特にあの加速感がたまりませんでした。
それで皆さんに聞きたいのですがGT-Rのような加速を感じれる車って、他にはありませんか?インテグラやインプレッサ等速いのは知ってるんですけど、乗ったことがないものでGT-Rと比べたらどうなのかと・・。GT-Rは叔父がまだ乗っているので、何か他の車(国産)がいいのですが、こんなとこで質問することじゃないかもしれませんけど、教えてもらえると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんは。

いろいろ意見はあると思いますけど、
『加速感』にもいろんな感じ方があると思うんです。
TAKESYANさんがGT-Rのような加速感を求めるなら、
GT-Rにお乗りになられるのがいいんじゃないでしょうか?
国産スポーツはたくさんあります。それらはそれぞれのメーカーが
それぞれの考えや方向性、また自信をもって世に送り出してるものだと考えてます。
ゆえに、好みもすごく分かれてくるとこだと思います。

ちなみにGT-Rは国産ターボ車の中で『重い車体をぐいぐいもってく感』では
最高クラスではないでしょうか?
2.6Literターボスポーツなんて、他にはないですよね??

僕はターボもいいですけど、シビックRやインテRも大好きですけどね。
残念ながらNSXには乗ったことないですが・・・。
NAもサイコーです。

たんなる物好きな発言になってしまいまさいたが、いい車選びをしてくださいね!!


人気Q&Aランキング