冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

所有権と占有権には上下関係は無いので抗弁として所有権を主張することはできないが、所有権に基づく反訴を提起することはできるとあります。
その結果、常識的に考えれば元の所有者が物を取り返せると思いますが
所有権の訴訟での所有者の勝利を、占有訴権での盗人の勝利に優先させることは民法に規定がありますか?

「所有権と占有権には上下関係は無いので抗弁」の質問画像

A 回答 (2件)

>所有権の訴訟での所有者の勝利を、占有訴権での盗人の勝利に優先させることは民法に規定がありますか?



あります。民法197条です。
例えば、盗んだ車を乗っていたBが、Aに奪われた場合、BはAに占有訴権によって占有権を取り戻しできます。
できますが、仮に、Aがその車の所有者であった場合は、Aは占有訴権の訴えに対して反訴として所有権の確認と引渡を求めることができます。
なお、Aの所有権の確認と引渡請求でA勝訴確定後にはBの占有訴権はないです。
    • good
    • 0

その前提として,そのテキストがおかしい。



盗人が占有回収の訴えを提起するということは
所有者が被害品を取り戻し済みのはず。

そうであれば,所有権にもとづく目的物返還請求は,もうできない。
また,裁判所における占有回収の訴えとその判決にもとづく適法な強制執行は
違法な妨害行為には該当しないので
所有権にもとづく妨害排除請求や妨害予防請求も認められない。
つまりそのテキストの事例では
そもそも所有権にもとづく反訴が,認容されないのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日、債権者会議で質問に対して私が分かりません、覚えていませんと言っていると、債権者側の弁護士がそう

先日、債権者会議で質問に対して私が分かりません、覚えていませんと言っていると、債権者側の弁護士がそういう態度なら「反社会的勢力として告訴するぞ」と言い、裁判長は私に「反社会的勢力と言われてあなたはどう思いますか?」と言いました。私はヤクザではありません。私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。これは名誉毀損で訴えることは出来ますか?又、裁判長は中国人が400万円も用意出来るわけがないと暴言です。

Aベストアンサー

>法廷って何なんですかね?
 裁判官が、法に照らし合わせて判決を下すところです。

原告(貸付を返済されない被害者)への救済が優先されるのは当然。

>私はヤクザではありません。
 反社会的勢力とは、ヤクザを示す言葉ではありません。
 ヤクザも含まれるが「借りたら返す。返すために収入を得て返済をする」など
【社会人としての当たり前の行いを無視する、反社会人的な人】も該当します。

>私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。
 相手が弁護士なら「法はもちろん、一般常識に基づいた発言」しかしないハズ。
 しかも法廷の場なら尚更だから、
 自身の常識の方がズレている、と自覚する方が良いかと。

>これは名誉毀損で訴えることは出来ますか?
 訴えることは可能だが、請求却下の判決を受けると思います。

>裁判長は中国人が400万円も用意出来るわけがないと暴言です。
 被告(質問者さん)に有利な発言に思いますが。
 任意整理して、減額したところで返済が出来なければ破産が確定する。
 ならば自己破産して、免責を付ければ返済はしなくて済む訳だし。

 原告側の質問に対して誠意を持って回答しない被告は、
 裁判官の心証が悪くなるのは当然。
 今の姿勢では「自己破産は確定、免責はなし。」になると思います。

【破産】は申告した時点で、既に確定しています。
 裁判官は、破産後の債務の扱いをどうするかを審理をしているところです。

▶返済を残すか、免責を付けて終わりにしてもらうか。
 大きな違いがありますよ。
 免責は「当然のこと」ではありませんよ。

>法廷って何なんですかね?
 裁判官が、法に照らし合わせて判決を下すところです。

原告(貸付を返済されない被害者)への救済が優先されるのは当然。

>私はヤクザではありません。
 反社会的勢力とは、ヤクザを示す言葉ではありません。
 ヤクザも含まれるが「借りたら返す。返すために収入を得て返済をする」など
【社会人としての当たり前の行いを無視する、反社会人的な人】も該当します。

>私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。
 相手が弁護士なら「法はもちろん、一般常識に...続きを読む

Q犯罪(詐欺)の完遂日が、損害賠償請求事件の判決では消滅時効の起算点になり、判決が確定してしまいました

犯罪(詐欺)の完遂日が、損害賠償請求事件の判決では消滅時効の起算点になり、判決が確定してしまいました。
不法行為日が消滅時効のスタート日になりましたが、この場合でも判決は有効ですか。
裁判のやり直しはできますか?

Aベストアンサー

>判決が確定してしまいました

一審かと思いますが、判決が出て二週間を経過したら、控訴期間が過ぎますから判決は確定します。
過ぎていなければ、新たな証拠や事実の確認で控訴(上告)は可能です。
受理するか、棄却するかの判断は裁判所になります。

>不法行為日が消滅時効のスタート日になりましたが、この場合でも判決は有効ですか

おっしゃりたいことがよく理解できません。
消滅時効の起算点は、一連の不法行為の最後の実行日が、起算日になるはずだったと思います。

また、裁判になったことで時効の中断になります。

Q無断転貸の転借人への請求

アパートのオーナーをしています。
賃借人が、転貸借禁止特約があるにも関わらず、無断で転貸借していることが、退去連絡時に発覚しました。
敷金の返金口座が、第3者のものだったので。

退去立ち合い日にはどちらも現れず、残置物もあり、事実上の夜逃げ状態でした。
滞納家賃と(国土交通省のガイドラインに沿った)退去リフォームの入居者負担分を賃借人に請求したところ、敷金でカバーできる範囲内だと聞いているので、敷金と相殺してくれ、との返答。
ですが、実際には、それでは足りません。

何とか、回収したいのですが、20万円程度という金額から考えると弁護士にお願いするのはペイしないように思っていますので、自分で、少額訴訟をしようと思っています。
「賃借人と実質的な転借人に連帯して払え」という内容で。

その際、転貸借人への請求の法的根拠はどうなるのでしょうか?
民法613 条1 項がそれっぽいのですが、これは「適法に」転貸借された時のことで、
今回の無断転貸借にあてはめられるのでしょうか?
http://www.zennichi.or.jp/law_faq/転貸を承諾した転借人とオーナーの法律関係/

また、退去リフォーム代はどうできるのでしょうか?

無断で転貸借したことについては、退去済みですので、争うつもりはないのですが、
ここも損害賠償的なものを請求した方がよいのでしょうか?

少額訴訟の場合、原告が原因を書く必要はないようですが、ある程度は理解しておきたいので、ご回答をお願い致します。

賃借人には、管理会社から何度の請求していますが、払う気はなく困っている状態です。
実質的な転借人とは、連絡が取れていませんが、口座が分かっているので、
うまく行けば、口座の差し押さえでと淡い期待を持っています。
実質夜逃げなので、ほとんど残高はないかもしれませんが。。。

アパートのオーナーをしています。
賃借人が、転貸借禁止特約があるにも関わらず、無断で転貸借していることが、退去連絡時に発覚しました。
敷金の返金口座が、第3者のものだったので。

退去立ち合い日にはどちらも現れず、残置物もあり、事実上の夜逃げ状態でした。
滞納家賃と(国土交通省のガイドラインに沿った)退去リフォームの入居者負担分を賃借人に請求したところ、敷金でカバーできる範囲内だと聞いているので、敷金と相殺してくれ、との返答。
ですが、実際には、それでは足りません。

何と...続きを読む

Aベストアンサー

その際、転貸借人への請求の法的根拠はどうなるのでしょうか?
民法613 条1 項がそれっぽいのですが、これは「適法に」転貸借された時のことで、
今回の無断転貸借にあてはめられるのでしょうか?
   ↑
無断転貸の場合も、最高裁の判例は、
「賃貸借契約が解除されていない場合でも、賃貸人は、賃借人から
賃料の支払を受けた等特別の事情のない限り、
賃借権の無断譲受人である目的物の占有者に対し、
賃料相当の損害賠償の請求をすることができる。」
としています(最高裁昭和41年10月21日判決)。



退去リフォーム代はどうできるのでしょうか?
  ↑
判例を探しましたが、みつかりませんでした。
賃料と同質であるとして、請求してみたらどうでしょう。


無断で転貸借したことについては、退去済みですので、
争うつもりはないのですが、
ここも損害賠償的なものを請求した方がよいのでしょうか?
  ↑
勿論です。
請求できるモノは総て請求すべきです。

Q所有者不明土地

所有者不明土地が全国で約20%九州ほどあると言うことです。
私は「ほんとですか ?」と聞きたいです。
何故ならば、相続登記がなくても市町村では職権で法定相続人は判るし、行方不明は公示送達ができるから、国税徴収法により公売すればよく「所有者不明土地」は、あり得ない気がします。
何故、所有者不明土地があるのですか ?

Aベストアンサー

田舎の地価をご存じでしょうか?
私の住まいは某中核市の端の方にありますが、夫の所有する約1500平米の土地(地目は畑)は、固定資産税非課税(評価額が免税点以下)であり、もちろん相続税も非課税でした。
さらに田舎の町村に行けば、1万平米単位でも固定資産税の課税対象にならない土地(原野、山林etc)など、ザラにあります。
役所は徴税の対象にならない土地の所有者や相続人が誰であるかなど自発的に調べませんし、そもそも課税されなければ公売の対象にもなりません。
そうして、面積だけはやたら広いけど価値の低い土地が、所有者不明になりやすい土地です。

Qすべからくの意味

すべからくは
当然であるとか
了解したとか
そういう意味と捉えております。

しかしながら、弁護士が意見を述べた後、裁判官から
「検察官のご意見は?」
と尋ね、検察官が起立して
「すべからく」とそっけなく答えることがあります。

弁護士があきらかに被告に有利なことを述べたのに
検察官が「すべからく」と同意するのはどういうことでしょう?
私なりに考えまして、
「賛成・反対はともかくとして弁護側の意見は了解した」
という意味かなと思っております。

そこでもう一つの疑問が生じます。
英語でそれを訳すとどうなりますか?
決してAgreeではないですよね? 
I understoodでもおかしいですよね?
被告に有利になることを弁護士が言ったのに、検察官が「はい、わかりました」という筈がありません。
I took it as lawyer's opinion.
みたいなところでしょうか?

Aベストアンサー

それって「しかるべく」ではありませんか?

---引用開始---
デジタル大辞泉の解説
しかる‐べく【▽然る▽可く】
[連語]《連語「しかるべし」の連用形》(副詞的に用いて)適当に。よいように。「然る可く取り計らう」
[補説]慣例的に法曹が法廷などで同意や異議なしの表明の際に用いる。
---引用終了---
引用元:https://kotobank.jp/word/%E7%84%B6%E3%82%8B%E5%8F%AF%E3%81%8F-517438

Q最高裁の判決までについて教えてください。 私は原告で損害賠償請求をしています。 高裁で良い判決をいた

最高裁の判決までについて教えてください。
私は原告で損害賠償請求をしています。
高裁で良い判決をいただいてます。
4月半ばに高裁判決が出ました。

これに対し、被告は最高裁に上告しました。
日にち的に理由書など提出してると思いますが、記録到着通知書?という最高裁で審議する旨の書類が届きません。

代理人弁護士をたててますので、なにかしら動きがあれば連絡が来ると思いますが、未だに届いてないそうです。

上告理由書などを提出してから、どのくらいで記録到着通知書が届きますか?
また、届かずに判決が出る事があるのでしょうか?

裁判所で審議されてから判決が出るまで一般的に、どのくらい時間がかかりますか?
仮に最高裁で受理しない場合、まだ訴えられる事はありますか?

裁判が長く不安な日々です。
早く判決がでないかと悩んでおります。

色々と質問ばかりで、すみません。
どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

最高裁が上告を受理するのは、わずか数%程度です。
従い、損害賠償請求訴訟くらいで、最高裁が受理するとは、ちょっと考えられません。

更に、最高裁で高裁判決が破棄されるケースに至っては、もう一桁下がって、1%未満。
すなわち、我が国は三審制を謳ってはいますが、概ねの係争は、事実上、二審制であり、99%程度の確率で、高裁判決で結審すると考えて差し支えありません。

そこら辺りの事情は、弁護士もよく判っていますので、被告本人にも説明しているとは思います。
説明を受けて被告本人が納得し、上告が取り下げられるケースも多いです。
逆に納得しない場合でも、最高裁への上告も、弁護士費用が発生するので・・。
被告側弁護士としては、99%見込みがなくても、クライアントが要求すれば、商売と割り切って、上告手続きくらいはしても、別に不思議ではありません。

不受理の場合、半数ほどは、3ヶ月以内に通知される様です。
よほど高難度な内容ではない限り、遅くとも年内には最高裁が不受理の判断をして、高裁判決で結審すると考えて良いです。

現時点での原告側としては、私も仮執行の請求が良いと思いますが、高裁で勝訴した弁護士なら、信頼しても良いでしょうから、弁護士によく相談するのが良いかと。
言い換えれば、こんなQ&Aサイトより、弁護士にメールででも尋ねれば良い話しですよ。

最高裁が上告を受理するのは、わずか数%程度です。
従い、損害賠償請求訴訟くらいで、最高裁が受理するとは、ちょっと考えられません。

更に、最高裁で高裁判決が破棄されるケースに至っては、もう一桁下がって、1%未満。
すなわち、我が国は三審制を謳ってはいますが、概ねの係争は、事実上、二審制であり、99%程度の確率で、高裁判決で結審すると考えて差し支えありません。

そこら辺りの事情は、弁護士もよく判っていますので、被告本人にも説明しているとは思います。
説明を受けて被告本人が納得し、...続きを読む

QNHKの訪問員について 昨日間違って出てしまってトラウマになりました。男の人だし、本当に無理です。

NHKの訪問員について
昨日間違って出てしまってトラウマになりました。男の人だし、本当に無理です。
私は普通の人とは違い、今精神的に不安定な状況です。(本当の話です)イライラしやすくて、次アイツが来たらなにかしてしまうかもしれません。余計なこと言うかも。
最近やっと仕事も決まって安定してきたのに
凄く迷惑です。私は人と関わるとストレスがかかるタイプです。これからまた来ると思うと吐き気がするし、最近やっと精神が安定してきたのに迷惑です。健康被害も出てきます。冗談ぬきで今些細なことでストレスが溜まりやすい状態なので危ないです。
昨日個人情報なども勝手に聞かれて強引に契約されそうになったし、態度も気にくわないしNHKにクレームいれようと思うのですが、逆効果ですか?逆にマークされますか?
めんどくさい奴と思わせると来ないって見たんですが…。
警察に相談しても意味ないでしょうか?すごく昨日恐怖を感じました。
不動産屋のサービスで、無料で弁護士に相談できるのですが、弁護士に相談したら多分払わなくていい って言われますよね?

色々調べたんですが簡潔に言うと、法律で決まっているというもの契約するのは自由みたいな感じだし、私は契約するつもりは一切ないので、訪問員が来ても無駄だと思います。
こうしたら来なくなった っていうの教えて下さい

NHKの訪問員について
昨日間違って出てしまってトラウマになりました。男の人だし、本当に無理です。
私は普通の人とは違い、今精神的に不安定な状況です。(本当の話です)イライラしやすくて、次アイツが来たらなにかしてしまうかもしれません。余計なこと言うかも。
最近やっと仕事も決まって安定してきたのに
凄く迷惑です。私は人と関わるとストレスがかかるタイプです。これからまた来ると思うと吐き気がするし、最近やっと精神が安定してきたのに迷惑です。健康被害も出てきます。冗談ぬきで今些細なこと...続きを読む

Aベストアンサー

NHKと、契約するのは、任意です。
1.2度、訪問社員に会ったからと言って、契約する必要は、有りません。
もし、訪問社員は、NHKの社員では、有りません。
単なる下請け業者です。
契約を一つ取るたび、親会社から、報奨金を、受け取る仕組みです。
新聞勧誘員と似て居ます。
読売新聞の勧誘員が、読売の社員で無いのと、同じです。
(NHKは、見ないから)なんて言っては、いけません。
あまり、勧誘員とは、言い争わないこと。
彼らは、NHK加入を断われ無い様に、マニュアルの、教育を受けて居ます。
(NHKとは、契約しません)または、
黙ってドアを閉めること。
もし、NHKの勧誘員が帰らない時は、110番し、警察を呼ぶことです。
勧誘員は、住宅浸入で、即逮捕。
あなたの勝ちです。
因みに、NHKに、加入しなくて、罪に問われることは、有りません。
勇気を持って断りましょう。

Q医療過誤訴訟における立証責任について

不法行為法を勉強していて、どうしても理解できないことがあります。
一般的に不法行為の場合には被害者側に加害者の過失等の立証責任がある一方で、
契約上の債務不履行の場合には債務者側に立証責任がある理解しています。
ところが、医療過誤訴訟においては、不法行為の構成以外にも、診療契約の債務不履行で構成できるということですが、債務不履行構成でも立証責任は債権者(患者側)にあると聞きました。
どうして医療過誤訴訟の場合だけ違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

医療行為の法的性質は委任(準委任)ですので、
病気を治す義務はありません。

適切な医療行為をすれば、治癒しなくても債務不履行には
なりません。

だから、医療行為において過誤があった、というのは
病気が治らなかった、それについて過失があった、という
ことではありません。

適切な医療行為をしなかったことについて
過失があった、ということになります。

つまり、適切な医療行為をした、ということに
ついては医師側に立証責任があります。
これは容易です。
これこれの薬を使用した、といえばそれで終わりです。

それ以上のことを要求するのであれば、それは
患者側が立証せねばならぬ、ということです。

Q会社更正法と民事再生法について、どういう場合に適用できるか、2つの違いについてご存知の方がいらっしゃ

会社更正法と民事再生法について、どういう場合に適用できるか、2つの違いについてご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律上は、株式会社であれば会社更生法の申立人になれますが、事実上は大規模な株式会社に限られます。というのは、会社更生手続が開始されると、租税債権者も担保権者も更生手続に従うので、一定期間は滞納処分による差押えができず、担保権者も担保の実行ができなくなる等の権利行使が制限されます。そのわかりに手続が厳格で複雑なので、予納金は2000万円から5000万円くらいかかります。ですから、中小の株式会社が会社更生手続を選択することはまずありません。
 そうなると民事再生法を選択するということになりますが、滞納処分による差押えを阻止できませんし、また、担保権者は民事再生手続によらないで担保権を行使することができますから、租税債権を弁済できる見込があるのか、担保権者と別除権協定(担保権を実行しないように交渉して同意をもらう。)を結ぶことができるのか、再生計画に納得してくれる再生債権者をどれくらい確保できるかという見通しが立たないのであれば、破産申立をするしかありません。

Q弁護士のミスにより上告が出来なくなり刑が確定しました。 救済の方法は無いと言うのですが例外はないので

弁護士のミスにより上告が出来なくなり刑が確定しました。
救済の方法は無いと言うのですが例外はないのですか?
またこういったケースは稀だと思いますがこの弁護士の処分はどうなるのですか?

Aベストアンサー

救済の方法は無いと言うのですが例外はないのですか?
   ↑
再審がありますが、非常に難しいです。
(民訴法338・342-2・349条項)




またこういったケースは稀だと思いますが
この弁護士の処分はどうなるのですか?
   ↑
本当にミスであれば、所属の弁護士会に
処分をしてもらいます。
また、債務不履行ということで、損害賠償も
可能でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報