AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

自国で十年以上、日本人のお客様に通訳案内をさせていただいている中、日本人らしい心理といえる物に気がついて、その原因と解析方法を巡って質問いたします。

 何も口に出さないで済む、或は口に出すに値しないとして済む殆どの他の民族の人と違って日本人は、その瞬間その瞬間、「うまい!」「おいしい!」「すっぱい!」「寒い!」「ぱさぱさしている」「疲れた!」「お腹いっぱい!」など(独り言)を発話する場面が多く、通訳者の自分がそれらを一つ一つ丁寧に訳せば、異民族の会食相手の目で日本人が変に見えるし、文化の特徴を踏まえてそれらを省略すれば自分が何かを隠蔽している或いは単純に下手な通訳者に見える立場におかれてしまいます。

 次はネット上、特にツイッターなどにおいて、その瞬間、目の当たりにした現象、番組の一場面、受けた刺激から反射的に発生した感想(「眠い!」「国境を通過なう」「〇〇国の選手、足が綺麗!」「これ美味しそう!」「終電に間に合わなかった。どうしよう…。」)をそれぞれ隈なく即時に発言・投稿・記載するという傾向が頻繁に見られます。コミュニケーション文化で日本人らしい心理に起因した内発的で瞬間的な表現の義務感のような内在メカニズムか何か分かりませんが、その他の民族の人には、日本人ほど頻発ではなくて、「相槌」という現象の表現も比べ物にならないぐらい稀であり、「相槌」が見られるとしても日本人ほど顕著ではないのです。この日本人らしいコミュニケーション心理が気になります。

 なお、もしこういった日本人固有の現象を扱った研究者とおすすめの書籍・論文などをご存知でしたら、ご教示ください。

A 回答 (6件)

そのような「現象」そのものを扱った研究は知りませんが、日本の文化研究についてはいくつかご提示できると思います。



・井沢 元彦氏の日本文化を焦点にしたもの
『言霊』全2巻
『「言霊の国」解体新書』
『「言霊の国」の掟 日本社会のここがおかしい。』
『神道からみたこの国の心 日本人の「内なる原理」を明かす』

日本人には言霊信仰があります。これはまちがいありません。言霊というのは「言ったことが現実になる」という考えで、飛行機に乗る人に「落ちたら最悪だね」と声をかけるのは失礼とされています。逆を言えば、自分の気持ちやその時の気分を口に出すことで、日本人は「食事を楽しむ」「旅行を楽しんでいる」ということを『言挙げ』し、理想的な現実を作りだしているのかもしれません。いずれにしても無意識だと思いますが、文化的な要素としては、質問者様の問いにもっとも関連している内容があると思います。

・猪瀬直樹氏のミカドシリーズ
『天皇の影法師』
『ミカドの肖像』
『ミカドの国の記号論』
『日本国の研究』
『続・日本国の研究』

日本人の「相槌」「うなずき」は文化的に特殊だという話は聞いたことがあります。youtubeなどでも「日本で生活していたら相槌を打つようになり、祖国の父と電話で話したら『何でお前はウン・ウン言って、私の話を遮るんだ!』と怒られた」というようなエピソードも散見されます。

この文化は「相手に共鳴する。相手の心証や価値観に同意を表す」というところから来ているのだと私は考えます。外国では必ずしも「相手の価値観に同意する」必要はなく、同意しなくても「付き合い上の摩擦」にはならないのですが(だからはっきりNOを言いなさい、と言われます)日本人は「相手の価値観に同意しないと、摩擦が起きてよくない」と考えているところがあります。だから外国では「日本人は主張すべき時に主張しない」とも言われます。

主張しない、相手に同意するという日本人の文化特性がどのように形成されたのかについて、ヒントがあると思う本が上記になります。

・司馬遼太郎
『手掘り日本史』
『この国のかたち』全6巻
『日本人と日本文化 』ドナルド・キーン氏との対談
『国家・宗教・日本人』

司馬史観と言われるように、司馬氏の日本文化への視点・切り口は偏っている、と考える人もいます。しかし、全体を通じて司馬氏には「日本史を通じて日本人を理解したい」という欲求が垣間見えます。
取り上げた著書はエッセイや対談集などで、歴史小説などは除いていますが、できればいくつか実際の歴史に即した小説もいくつかお読みいただけると、エッセイで書いてあることの理解が進むと思います。

個人的には大村益次郎を書いた『花神』・高田屋嘉兵衛を書いた『菜の花の沖』をお勧めします。
大村益次郎は維新期の人物ですが、およそ日本人的な「共感性」が皆無な人物、高田屋嘉兵衛も独特な人物ですが、だからこそロシアでも生き延びたといえるでしょう。「外国人的な(日本人離れした)価値観の持ち主と日本社会との摩擦」が見える小説だと思います。

・山本七平
『「空気」の研究』
『日本人とは何か。神話の世界から近代まで、その行動原理を探る』
『日本人とアメリカ人』
「イザヤ・ベンダサン名の著作物」

日本人文化論としては、戦後もっとも優秀な方であると私は考えています。他にもたくさん著書がありますが、手に取られるならPHP研究所(文庫)のものをお勧めします。

イザヤ・ベンダサン名の著作物、は山本七平氏と数人の西洋人(一人はユダヤ人)が共著というか、西洋人的な日本人批評を山本氏が整理し書籍にしたものです。西洋的な価値観から日本人を見た著作ですので、質問者様には有意であるかもしれません。

・個人的な独自視点

私は質問者様と逆に、日本人として外国での生活経験があります。確かに日本人は独特なところがあります。(他国民もそれぞれ独特ではありますけどね)

日本人の気風・考え方・行動原理は、まずなによりも「ほとんど外国とのかかわりを持たずに歴史や文化を構築した」というところに発すると考えています。

また日本のヒエラルキーは日本国が建国されて以来ほとんど変わっていない、ともいえます。日本人が「お上」を信じるのは「日本政府は変革はあったものの、基本的に崩れたことが無い」からで、諸外国政府のように「日本政府が倒壊し、別の国家になる」という意識が日本人にないのです。

この日本人の意識の連続性は、日本社会に大きな影響を与えていると考えます。特に重要なのは「社会構造を壊さないように、自分が置かれている立場を意識し、求められている行動を行うこと」と教育され刷り込まれていくことです。

 東日本大震災などで諸外国から「日本人はパニックにならない」と称賛されましたが、これは「日本人は社会に求められる行動をすることが重要」と教えられているからでもあります。
 同様に太平洋戦争の「神風」も「日本人として、兵士として求められている行動は何か」と考えた結果であり、それが死の恐怖を克服できるほど強い「日本人的衝動であり、文化的価値観である」という証左でもあると思います。もっとも、確実な死、を前にして個人として悩む姿は彼らの手記から浮き彫りになってもいて、日本人であることと個人であることの狭間で苦しんでいた姿を感じます。

この日本人的な行動原理(価値観)は、ご質問の回答への本質につながっていると私は考えます。諸外国では「自分が発した価値観を他人が必ず理解するとは考えない」ところが社会生活の原点でもありますが、日本では「誰かが発した価値観は共感すべきで、特に一緒に行動しているなら共感し分かち合うことが社会性の第一歩」というのが「日本人に求められる行動様式」であるといえるでしょう。

これを証明するのに面白い実験がありました。
ある女子大で参加者はすべて女子大生、それぞれの趣味を紹介する実験で、最初は「この○○は、私はカワイイとおもっているのでスキなんです。」とほとんどの人が説明し、それを聞いた人たちも「うん、確かにカワイイ」と同意していたのですが、次に同じものを説明するときに「カワイイ」を禁止したら、だれもなにも説明できなくなった、というものでした。

質問者様は書いておられませんが、日本人女性、特に若ければ若いほど、瞬間瞬間に口から出る言葉は「カワイイ」のはずです。若者(特に女性)が集まるお店で観察してみれば、若い女性たちの会話の8割までは「カワイイ」で占められていることが理解できると思います。

彼女たちが発する言葉は、「自分が何を思っているのか」「自分の存在はここに有っていいのか」「日本人として周囲の人に受け入れられているのか」を確認するためのものであり、ご質問されている内容の本質(なぜ瞬間瞬間に言葉を発するのか)だと私は考えます。

年齢を加えていくにしたがって語彙は増えるので、その時にふさわしい言葉を選べるようになりますが(もしならないとバカにされますね)、若い人は経験も語彙も少ないので、特に女性は「かわいい」を連発することで、共感性・連帯性・自分の社会的存在価値を肯定しているといえるでしょう。
では、若い男性はどうかというと「すげーー」「これすげーー」あたりが「カワイイ」に匹敵する言葉だといえるでしょうか。
年齢を重ねて、語彙が増えても「共感性を求め、それを確認する作業」はやめられないのが日本人なのだといえるでしょう。

もう少し深く突っ込んでいくと、この言葉をうまく発せられない、または自分の価値観が人とずれている、と感じていると「引きこもり」になっていきます。社会に出て共感性を得られないのですから、公共の場所に出るのが怖くなるわけです。
でも、彼らにも共通点があります。オタク的な趣味の場なら「共感性」を大いに得られ「自己肯定感」を満足させられるからです。 
 日本に引きこもりが多いのは、一歩外にでると共感性を強要され、それがずれていると子供社会なら「イジメ」、大人社会なら無視につながっていくからだと私は考えています。
(アメリカの映画を見ると「子供の頃から友達が一人もいないマッドサイエンティスト、が良く出てきますが、日本ではそういう人はあり得ないんですね。引きこもってしまいますから。
 逆に、ダメダメで見下している友達でも共感性を得られれば仲間と一緒に窮地を切り抜けることができます。ドラえもんの映画ではのび太はヒーローで、あれだけ普段イジメている側のジャイアンやスネ夫が一緒になって戦うのは、のび太の価値観に共感しているからでしょう。実に日本的なストーリー構成だと思います)

というような、ことを研究するのに、利用したのが上記の著作です。更に深く追及するなら、ルース・ベネディクト「菊と刀」とか新渡戸稲造「武士道」などもお勧めですが、とりあえず上記の本が軽くて分かりやすいと思います。
    • good
    • 0

> もしこういった日本人固有の現象を扱った研究者とおすすめの書籍・論文などをご存知でしたら、ご教示ください。



webで、「相づち 実態調査」で検索するといくつかの論文が出てきますし、その論文中に先行研究や研究者の名前も出てきます。
多くの研究者は、日本人の会話では相づちが、他の言語圏で育った人同士の会話よりも好発すると言っています。 また他の言語圏で育った人でも日本語の学習が進むと相づちが増加する傾向があると言っています。

ですが、私は、それは現状の日本文化の特徴になっているのに過ぎないのではないかと思います。 相づちの多いヒトは品がない、たしなみがないと思われていた時代や社会はあったし、そうした文化のときには、人の話は黙って聞くのが礼儀だろう、いちいち頷いたり表情を変えるな、相づちを打つ人は軽く見え重みや思考力がない軽輩にしかみえない、相づちを多く返されると「こいつは人の話を理解しようとはしてないのじゃないか」と疑問を感じてしまうということも多いです。 昔の漫才では、相方がのべつ幕なしに相づちをうちというのがありましたが、それも、相づちを打つことが「阿呆」の特徴という認識が社会全体にあったからの芸の構成工夫だったと思います。

なお、日本語は通常述語が文章表現の終末にきます。話し手としては、話し始めてから、途中で、展開をいくらでも変更可能であるというのが、他の言語よりも強いです。接続詞や接続句を駆使するまでもなく、短文でも好きに自在に意味内容を変えられるということです。 そうした言語を使い慣れてくると、発話の前に発言内容を決定することなく、発話をしながら、状況・相手の反応状態をみて、適当な話にしてしまうという技量も身についてしまいます。 そのような習慣というか技量を付けた日本語話者が、解説や情報伝達、指示、報告という明確で内容の確定させたことを話すのではなく、《状況に応じ、相手の反応に応じ、適宜内容や話し方を変えたい》という欲望を持っていたり、会話コミュニケーションそのもののやりとりで親和や臣従上下仲間であることの確認をしたいと思っている場合、《常時双方向》の信号伝達は必須のものになります。 そのような願望を持っている発話者にとっては、聞き手はオーディエンス・受信者・聴取者・内心で理解判定する者では困るのです。 そのような願望を持っている発話者にとっては、「相手は常時即応反応する機能を動かしている」ことが大事です。
日本は高度成長期とは様相が変わって達成目標が失われたような状態です。 相対的に、内々や今会っている人物とうまくやること、不安や恐怖の対象ではないことを確認すること、敵意や害意もなく対抗的な志向を持つ者ではないことの重要性が高まっています。
そうした社会情勢では、志向や伝達すべき内容が明確なメッセージを発することが減って、内容的にはどうでもいいような会話やコミュニケーションを通じて相手と通じ合う関係があることを確認し合えればそれが一番良いというのがますます強くなっていきます。

目の当たりにした現象、番組の一場面、受けた刺激から反射的に発生した感想(「眠い!」「国境を通過なう」「〇〇国の選手、足が綺麗!」「これ美味しそう!」「すてき!」「終電に間に合わなかった。どうしよう…」「北朝鮮、ミサイル怖い」「台風来るか」「精神障害者の事件が」「LGBTの、、」「若者の貧困、、」「9月場所の休場が、、」)をそれぞれ隈なく即時に発言・投稿・記載するという傾向が頻繁に見られるのは、とにかく【なんとかつながっている・同じような感情を通じ合わせることができる】ということを確認し合うことが主たるねらいになってしまっているからです。
感情的同調でとりあえずつながりたいという気分は現在の世界では急速に高まっています。 米国でも、北朝鮮でも、フランスでも、英国でも、ミャンマーやフィリピンでも、ポピュリストや保守強硬が強い動きを見せているところはそうですし、ユーチューバーやツイーターが流行るのも、みな同じです。

たまたま日本語は構造上、この動きに乗るのに都合のよい仕組みになっているだけです。
感嘆詞、間投詞、名詞をただ放り投げるのと、日本語文の話し始め部分が,ほぼおなじなのです。   
「話し始めたのに、相づちが返ってこないと、発話者が困惑してしまうだろう」という推定をするので、頻繁にうなづいたり、そう・ウンと相づちを打ったりしているだけです。
相づちを打つ側だけの問題ではなく、発話側の事情が相づちを増やしているのです。

> その他の民族の人には、日本人ほど頻発ではなくて、「相槌」という現象の表現も比べ物にならないぐらい稀であり、「相槌」が見られるとしても日本人ほど顕著ではないのです。

そうかなぁ。比べものにならないくらい違うという観察それ自体にも問題があると思います。 日本人でも、年代によって社会階層によって会話者の関係や状況によって相当に大きな違いがあります。 昔、「外国人は身振りが大げさで」という比較論もありました。外国人って誰よ、大げさなとい内容や頻度やタイミングは調べたの、相づちのスタイルの違いということはナイの、
日本語の文で述語は最後におかれるけれども、発話の途中、場合によっては発話開始の一語目でどのような文になる可能性が高いかの予測は可能です。 そうすると、発話者の話をそのままに聞くか、流れを変えるか、遅くするか、速くするか、発話内容に含まれる前提条件や仮定条件の追加や変更を求めるかを、発話開始の一語目の直後や発話の途中でも送り込むことが可能です。 逆に発話者側に立つと、聞き手側からそうした反応を早く出してもらえれば、発話内容や構成などに気を遣わずに、適当に発話して、流れを利用すればよいということなので、相づちや表情、仕草の反応を即時に出して欲しいという希望もでてきます。 特に伝えたい,伝え理解させたい、理解させなければマズイという事情でもなければ、発話の途中で反応してもらい、自分もそれに反応して、という反応の連続で終始してもいいということはあるのだと思います。

> 日本人など(独り言)を発話する場面が多く、通訳者の自分がそれらを一つ一つ丁寧に訳せば、異民族の会食相手の目で日本人が変に見えるし、文化の特徴を踏まえてそれらを省略すれば自分が何かを隠蔽している或いは単純に下手な通訳者に見える立場におかれてしまいます。

文章として意味のあることを相手に伝えようとして独り言や相づちを打っているのではないのだと思います。 グレート、ナイス、マイゴット、オー、アァ、デリシャス、クレージーだって、意味を翻訳しようとしたら大変なことになります。 何語に訳すのか知りませんが、相づちなのですから、その言語圏で意味なく相づちとして使われているもっとも軽いやつを適当に使えばいいのではいですか。 一対一の対応は無用と思います。
    • good
    • 0

「この日本人らしいコミュニケーション心理が気になります」


⇒私は、欧米、インドの知人がいますが、彼らは”デリシャス!”と連発しますよ。

なので、ラトビア人さんが少し違うと思いますが。
    • good
    • 0

テレビ番組の影響もありそうです。



例えば、NHKの「あさイチ」という情報番組の料理コーナー。

「あさイチ スコットランド特集  スコットランドの魚料理」

(見ていただきたいのは、11分20秒~の場面)

一口食べた出演者が、即座に、「玉子やわらかい」、「めっちゃくっちゃうまいですね」などと言っています。

番組の出演者が、何か出されたものに間髪を容れずに反応するのは料理に限りません。

子猫や小犬が紹介されると、「かわいい!」。
新しい商品の機能が紹介されると、「すごい!」。

テレビの番組作りに詳しい人によると、出演者は即座に反応することを求められているそうです(そうしないと番組が停滞?するとか)。


以上はご質問を拝見した素人が思いついたことです。書籍や論文については知りません。
    • good
    • 0

私見です。


1つは文化風習の違い。美味しいとか酸っぱいとか、その時のに言うのは、周りの人に意志を伝えたいサービス精神みたいなものではないでしょうか?SNSのつまらない投稿は自己顕示欲もあるのでしょう。ひっくるめて自分の意思表示、表現発信をしたいという特性ではないですか?いって来ます!とか、お帰り!なんて英語ないもんね。
2つ目。
日本は島国で、単一民族。「母さん、あれ!」と言えば、新聞を持って来てくれるなんて、他の国ではあり得ません。長いこと同じ環境にいる人ばかりでいるから成り立つ会話。短い言葉で伝わる文化風習があるのです。
これからは変わるんでしょうね!
    • good
    • 0

外国の方からみた日本語コミュニケーションの感想?!興味深いです。


日本人て会話の中で何か言うことでみんなで考えよう!っていう本能があるのかも。
返事になってなくてすいません。でも面白い質問でたのしいです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QKKK、オルタライト、ネオナチ、白人至上主義を賛美する輩と喧嘩しましたが、日本人としての日本魂を無く

KKK、オルタライト、ネオナチ、白人至上主義を賛美する輩と喧嘩しましたが、日本人としての日本魂を無くしたのでしょうか若者は?

Aベストアンサー

大和魂とは、農耕民的な集団主義によって、人目を気にして
メンツのために体制の言いなりで、命まで奪われる、
例の集団ヒステリーの事ですか?
まだそんな集団催眠にかかっているバカがいるんですか?

Q行動が性格を形成する

普段回答ばっかりしてると人は、どうやら自分が優位の立場にあると思う思考が無意識で行われて、

だんだん質問者の立場を関心が行きにくくなるようですね。

「はりきってものをいうというのは相手の神経をまるで問題にしていない証拠である」
「否定する時だけヴァイタリティが高まる人や、否定をする癖がある人はうぬぼれている」という事を聞いたことがあります。

相手の立場に注意を払っている人特有、賢いオーラ、賢い思考の出来るユーモアのある回答者になる行動はどのようなものがあると思いますか。

例えば回答しようと思ってもすぐに回答せず、次の。

Aベストアンサー

「はりきってものをいうというのは相手の神経をまるで問題にしていない証拠である」

企業の顧客対応部門の方は、多くの場合、明確に切り分けて応対するように努めているように思います。 多くの場合、丁寧でわかりやすいコミュニケーションになるように努めています。 気のない応対をするような方は、多くの場合担当から外されてしまいます。 質問したり、問い合わせたり、問題をなんとか解決したいと思っている人からすると、"張り切らない・ピンとしてない・緊張感のない・前向きの姿勢が感じられない担当"は、いやなもので、担当が変わってくれると良いなと思ったりするものです。 担当者が張り切りすぎて思い込みが強く、話が噛み合わないようになるのも困ってしまいますが、どちらが良いと言われれば、気のない・張り切らない担当はイヤで、まだ張り切っている担当の方がいいです。

役所の相談窓口でも、病院の医師でも、最初の印象が"張り切ってない"のは、私は、相談しにくいです。

> はりきる→無神経になり思考が愚かになる
> はりきらない→他人についても自ずと関心が行き、考えが洗練される

そのようには思えないし、《張り切らない=やる気がない・関心も意欲もない》という傾向が強いと思います。 《張り切る=やる気一杯、過信思い込み見逃しは起きるかもしれないが、関心を強くもって、懸命に頭と体を使ってくれそう》という気がします。

> 普段回答ばっかりしてると人は、どうやら自分が優位の立場にあると思う思考が無意識で行われて、だんだん質問者の立場を関心が行きにくくなるようですね。

そういう傾向はあるかもしれません。 医者でも、相談員や学校・塾の先生でも、回答をするというのは《知らない人、わかってない人、困っている人に、教える、救う、直す、助ける》ということになるわけで、質問サイトでも似たようなものですから、知識経験は上回っている、経穴能力が高いということをベースにして繰り返し行動、発言、記述していれば、《自分が優位の立場にあると思う思考が無意識に働く》というのは自然な流れでしょう。 また、回数を重ねると、だいたいはステレオタイプに処理するようになりますから、個々の質問者の詳細な状況など関心が薄れて、「それって、こうすれば良いのです」という思考や発言が即発的に条件反射のように出てしまうというのもありがちなことです。

「はりきってものをいうというのは相手の神経をまるで問題にしていない証拠である」

企業の顧客対応部門の方は、多くの場合、明確に切り分けて応対するように努めているように思います。 多くの場合、丁寧でわかりやすいコミュニケーションになるように努めています。 気のない応対をするような方は、多くの場合担当から外されてしまいます。 質問したり、問い合わせたり、問題をなんとか解決したいと思っている人からすると、"張り切らない・ピンとしてない・緊張感のない・前向きの姿勢が感じられない担当"...続きを読む

Q畳は日本の文化って大嘘ですよね? 戦国大名の豪邸でも床は板で大将が座る高座として畳が使われていた。

畳は日本の文化って大嘘ですよね?

戦国大名の豪邸でも床は板で大将が座る高座として畳が使われていた。

日本の和室が出来て和室全部に畳を敷くようになったのは昭和ですよね?

Aベストアンサー

存在する最も古い畳は奈良時代の畳です。
「御床畳」(ゴショウノタタミ)という木でできた台の上に置かれたものが、
奈良東大寺の正倉院に保管されています。
安土桃山時代の茶室は畳でしたよ。
一般的になったのは江戸時代後期です。
畳を作って生業とする「畳職人」「畳屋」という職業としての畳職人が
確立していき、庶民の家にも使用されるようになったようです。

Q過保護に育ち、甘ったれた自分勝手な論理も自由?

国際交流が盛んになって久しい日本ですね。
諸外国の様々な文化が入り混じり、民主化が進みました。
もちろん、いいことでしょうね。

しかし、子育ても自由になった中で、過保護に育った人間の自分勝手な論理も目につきます。
自由を振りかざし、自分勝手な自己弁護の論理も堂々と表現します。

例えば、心身共に虚弱なためにニート生活を余儀なくされてる人は別として、”ニートのどこが悪い”と豪語する若者もいます。

過保護が生み出した自分勝手な若者の論理、それも自由でしょうか?

Aベストアンサー

>過保護が生み出した自分勝手な若者の論理、それも自由でしょうか?

要はお前の考えは間違っていると、そういう若者に対して叱ってよいのかということを問いたいのですよね?
もしもその若者の論理も自由であるならば間違ってるなんて言っちゃいけないと考えてしまいがちですもんね

結論から言うと否定できます
その根拠は自由であることと、それが正しいかどうかということは全く別問題だからです
”ニートのどこが悪い”と豪語するのは自由ですが、自由はその考えを肯定も否定もしません
つまり何を考えても自由ですが、それは自由であることを理由に正しいとは言えないわけです
だから若者に対してお前の考えは間違っていると言うことができます

また我々がこの社会で自由という言葉を発する際の共通の理解があるはずです
それは法に反しない限り、他人の権利を脅かさない限り、人の迷惑にならない限り
など常識的な括弧がつくはずです
なので自由の内容が反社会的であったりするならそれは我々が認める自由の範疇を超えるため
この場合は自由そのものを明確に否定できますし
それらの括弧を守る限りは他人の意見を否定するのも自由であるはずです

>過保護が生み出した自分勝手な若者の論理、それも自由でしょうか?

要はお前の考えは間違っていると、そういう若者に対して叱ってよいのかということを問いたいのですよね?
もしもその若者の論理も自由であるならば間違ってるなんて言っちゃいけないと考えてしまいがちですもんね

結論から言うと否定できます
その根拠は自由であることと、それが正しいかどうかということは全く別問題だからです
”ニートのどこが悪い”と豪語するのは自由ですが、自由はその考えを肯定も否定もしません
つまり何を考えても自由...続きを読む

Q以下の6人のニートについて、良い二―トと悪いそれとに評価して下さい。

先日、このカテで、二―トついて質問があり、nak777r様の回答に興味を惹かれました。それは、次のように、6人の二―トが上げられていました。

<A・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、55歳で早期退職し現在ニート
 B・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、30歳で早期退職し現在ニート
 C・20歳で宝くじ7億円当選、現在ニート
 D・自分のコンピュータが代わりに自動で働いていくれている、実質ニート
 E・月極の駐車場の管理人収入で、実質ニート
 F・親の金をあてにした、ニート >
 なお、アルファべットは、質問者(私)が付加したものです。

さて、この6人のニ―トについて、良い二―トと悪いニ―トとに評価して下さい。

(ちなみに、私は、良い二―トは、AとEであり、それ以外の4人は悪いニ―ト、と思います。

理由は、二―トを含め人は、この社会(他人)から恩恵を受けております。食べ物は、他の誰かが作り、配給してくれたものです。呼吸する空気も、誰かが清浄なように監視しています。水も、誰か供給してくれたものです。電気も道路も、社会の誰かが用意してくれたものです。

自分には金があるから、金さえ払えばよい、というわけにはいきません。各人が、自分が使う分に相当するものを、社会に貢献(還元)しなければなりません。したがって、人は、いくら金を持っていても、1月10万円ほどの労働やボランエア活動をし、社会に供給しなければならない、と思います。もちろん、老人・子供・心身の弱い人・妊婦などは除きます。)

二―トについて、良い悪いの評価をおろして下さい。

先日、このカテで、二―トついて質問があり、nak777r様の回答に興味を惹かれました。それは、次のように、6人の二―トが上げられていました。

<A・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、55歳で早期退職し現在ニート
 B・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、30歳で早期退職し現在ニート
 C・20歳で宝くじ7億円当選、現在ニート
 D・自分のコンピュータが代わりに自動で働いていくれている、実質ニート
 E・月極の駐車場の管理人収入で、実質ニート
 F・親の金をあてにした、ニー...続きを読む

Aベストアンサー

良い悪いの基準ですが、社会に対する
貢献度、貢献の有無から決める、という
のですね。


A・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、55歳で早期退職し現在ニート
   ↑
社会に対して貢献したのですから
問題ありません。
良いニートです。


B・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、30歳で早期退職し現在ニート
   ↑
これも「A]と同じです。
有能だったので、30歳で退職できたわけです。
彼の社会に対する貢献度は、「A]と同じか、
それ以上でしょう。


C・20歳で宝くじ7億円当選、現在ニート
   ↑
社会に貢献していませんのでアウトです。
ちなみに、英国の調査ですが、高額宝くじ
当選者のほとんどは家族崩壊などして
不幸になっているとのことです。


D・自分のコンピュータが代わりに自動で働いていくれている、実質ニート
   ↑
電脳を通して社会に貢献していますので
良いニートです。



E・月極の駐車場の管理人収入で、実質ニート
   ↑
その駐車場をどうやって入手したかに
よります。
有能の故であれば「B]と同じです。



F・親の金をあてにした、ニート 
   ↑
社会に貢献していないし、将来迷惑
かけそうですので、完全にアウトです。

良い悪いの基準ですが、社会に対する
貢献度、貢献の有無から決める、という
のですね。


A・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、55歳で早期退職し現在ニート
   ↑
社会に対して貢献したのですから
問題ありません。
良いニートです。


B・現在の預貯金と、老後の年金を考慮して、30歳で早期退職し現在ニート
   ↑
これも「A]と同じです。
有能だったので、30歳で退職できたわけです。
彼の社会に対する貢献度は、「A]と同じか、
それ以上でしょう。


C・20歳で宝くじ7億円当選、現...続きを読む

Qここ半年以内に

少し考え方に影響を受けた哲学あればお願いします。

回答者同士の知識は共有されていて、この質問にはこういう回答があるんだろうなぁというのが最初から回答者同士で分かりきっているケースが多いです。


新鮮味な回答がないと感じる事が多いのでこういう質問をしました。

Aベストアンサー

この半年は、以下の二つに影響を受けました。

1.量子論の「情報の収縮」という考え
2.現象学の「真理はなく、合意があるだけ」という考え

Qこの矛盾は、一体、何なのでしょうか? 大人と幼稚も、やはり紙一重ですかね? また「過ぎたるは尚及ばざ

この矛盾は、一体、何なのでしょうか?

大人と幼稚も、やはり紙一重ですかね?
また「過ぎたるは尚及ばざるが如し。」で、精神年齢は高過ぎても、低いのと同じか若しくは、壊れてしまい易いものですか?

ずっと、冷静で理知的で大人びている性格とか、精神年齢高いとか言われて来たような人が、突発的な事をして、「大人げない」とか「幼稚」とか謗られてしまう事と、

逆に、普通に精神年齢が低い人や、知的障害者や、また純粋で無邪気で子供っぽい性格の人は、
突発的な問題行動や犯罪などをする事は極端に少なく、工場や農業や清掃の仕事をしてコツコツお金を貯めて無難に生活していて、
「幼稚」とか「大人げない」とか言われる事はあまりないですよね?

逆に、真面目で優秀な人や、精神年齢が平均より高い人、普段とても冷静な人は、
時によっては無理難題を押し付けられたり、僻まれて中傷されたり不当な扱いを受けるなど、極限まで追い詰められる事になり易かったり、
時には他人を見下したりしてそれで失敗したりなど、
硬い分だけ、傷は付きやすく、また、仕舞いには割れ易くなり壊れてしまい易いのでしょうか?

なら本当に精神年齢が高い人なんて、ほんの一握りではないでしょうかと。
如何なものでしょうか?

この矛盾は、一体、何なのでしょうか?

大人と幼稚も、やはり紙一重ですかね?
また「過ぎたるは尚及ばざるが如し。」で、精神年齢は高過ぎても、低いのと同じか若しくは、壊れてしまい易いものですか?

ずっと、冷静で理知的で大人びている性格とか、精神年齢高いとか言われて来たような人が、突発的な事をして、「大人げない」とか「幼稚」とか謗られてしまう事と、

逆に、普通に精神年齢が低い人や、知的障害者や、また純粋で無邪気で子供っぽい性格の人は、
突発的な問題行動や犯罪などをする事は極端に少なく、...続きを読む

Aベストアンサー

「なら本当に精神年齢が高い人なんて、ほんの一握りではないでしょうかと。如何なものでしょうか?」
⇒精神年齢が高いとか低いというのも、何に関して、ということでしょうね。

といいますのは、”何事にも素晴らしい人”はほとんどいないでしょう。

例えば、学業が優秀だけれど、社会人としてはあまり尊敬されない人も少なくありません。
仕事がテキパキと出来、役員から優秀と認められても、人間としては魅力ない人もいます。

逆に、学歴もなく、地道な仕事で静かに生きている人が地域で認められていることもあります。

認められる人ではなく、認める人達の問題なのではないでしょうか。
選挙と同じです。

Q過剰な自画自賛?

少し前から気になっていたのですが、日本文化を称賛する論調が多すぎると思います。
外国人タレントが文句を言ったりしています。
日本人である私も、食傷気味。

これって、どういう現象なのでしょうか?

Aベストアンサー

昭和6年(1931年)から昭和20年(1945年)にかけてと同じ現象。歴史は繰り返す。
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-2065-3

日本人の気質は奥ゆかしい(はたして本当にそうかはともかく)のに、自画自賛を大声で主張する行為は相容れなくて、行き過ぎると気持ち悪く感じます。


No.2さんの「自信喪失の裏返し」は成る程なと思いました。世界第2位の経済大国との自負も、2010年あたりに国内総生産(GDP)が中国に抜かれて世界3位になってしまいましたからね。日本メーカーの製品の多くも今では海外の工場で作ってますし、中国メーカーの製品も物によってはですがかつての安かろう悪かろうを脱してますし、日本の有名家電メーカーなどが中国や台湾の会社に買収されたりしてますからね。

日本に良い所が色々あるのはテレビで何度も繰り返し言われなくても分かってるし、他国の良い所を賞賛したり、見習ったりする姿勢が低下していかないか心配です。

ドイツの脱・原発の選択に日本も続こうというような風潮も少し前は多少あったのになぁ……

昭和6年(1931年)から昭和20年(1945年)にかけてと同じ現象。歴史は繰り返す。
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-2065-3

日本人の気質は奥ゆかしい(はたして本当にそうかはともかく)のに、自画自賛を大声で主張する行為は相容れなくて、行き過ぎると気持ち悪く感じます。


No.2さんの「自信喪失の裏返し」は成る程なと思いました。世界第2位の経済大国との自負も、2010年あたりに国内総生産(GDP)が中国に抜かれて世界3位になってしまいましたからね。日本メーカーの製品の多くも今では...続きを読む

Q一神教の精神・信仰が、よく解らない日本人です。

万物を創造した唯一絶対の神、主に従う、
とか

すべては神の御心のままに、

とかいうのは、
日本人の言葉で言うと

人事を尽くして天命を待つ、

という感じかな?と思ったのですが、どうでしょうか?
ほぼ当たりと思っていいでしょうか?
それとも、全然見当違いですか?

神の御心と人間の主体性についてあれこれと考えています。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
儒教的概念の天も、最初は人格を持った存在として認識されましたが、最終的には一種の法則(理)として捉えられました。
したがって、天の理は全てに平等で、分け隔ては無い事になります。
アブラハムの宗教の「神」は、人格神ですから、「神」の御心と言う物が想定されます。(つまり、「神」には意志があるわけです)
「神」は、絶対的な選択者と想定されますが、全てにおいて平等と言う事は想定されていません。
人間から、見れば、天の理がわからなければ、結果がどうなるかはわからないです。
ただし、天の理にかなった結果が平等におきる事は想定されます。
アブラハムの宗教の「神」は、意志を持っているので、御心で結果は変わります。
したがって、同じ事でも、結果が変わる可能性はあります。
ただし、「神」を絶対的善として想定する人の場合は、善を成す結果が起きると想定する場合がありえます。(この場合は、天の理とそれほどの差はありません)
実を言えば、この世で不合理と思われる結果(運命)がある場合の説明の方法が難しいわけです。
仮に、天の理があるとすれば、人間が不合理と思っても、それは天の理にかなった事と捉えられるでしょう。
「神」の御心によると考えれば、これは「神」の意志によるので、人間が不合理と思っても、それは「神」の意志です。
どちらにしろ、人間が予測できないと言う事では同じと言えば同じです。
両方は、何らかの原因により、運命が決定されていると言う、決定論的世界観を生み出します。
したがって、定められた運命に対しての、人間の自由意志はかなわないと言う結論に到達します。(人間が完全に自由な意思決定をできる余地が無いと言う事です)
これを天命にまかせるとか、「神」の御心と表現するならば、実際の現象としては同じ事にはなります。

お礼ありがとうございます。
儒教的概念の天も、最初は人格を持った存在として認識されましたが、最終的には一種の法則(理)として捉えられました。
したがって、天の理は全てに平等で、分け隔ては無い事になります。
アブラハムの宗教の「神」は、人格神ですから、「神」の御心と言う物が想定されます。(つまり、「神」には意志があるわけです)
「神」は、絶対的な選択者と想定されますが、全てにおいて平等と言う事は想定されていません。
人間から、見れば、天の理がわからなければ、結果がどうなるかはわか...続きを読む

Q人間は生まれながらに善なのか悪なのか?性善説vs性悪説。あなたはどちら?

赤ちゃんは純心無垢の天使なのか ギャーギャー泣く欲の塊なのか?

人間は信じるべきか信じられないか

世界は人間の愚かさ故滅びるか 理想社会に到達するか?

あなたはどう思いますか? 現実はどうですか?

Aベストアンサー

性善説と性悪説って、二元論的な対立であって、対極的な議論じゃないですよ。
「人間は生まれながらに善悪を持つ」と言う前提で、「そのいずれが、より先天的か?」と言う議論です。

具体的に言えば、性善説は「善の本性を、後天的に淀ませる」と言う考え方に対し、性悪説は「悪の本性を、後天的な理性などで覆い隠す」とするものです。

すなわち、どちらかと言うと、性善説の方が、人生経験をすればするほど悪人になると言うことです。
「だから学問などで精神を浄化し続けなさい」と言う教えです。
逆に性悪説が、人間は長く生きれば生きるほど、善人(性悪説では「偽善者」ですが)になれる可能性があると言う教えですが、コチラも、「だから後天的に、良いものを身に付けなさい」なので・・。

結局、性善説でも性悪説でも、人間がやるべきことは「同じ」で。
やるべきことをやらねば、衰退するし。
やるべきことをやれば、発展します。


人気Q&Aランキング