これからの季節に親子でハイキング! >>

障害基礎年金請求を5月末にしました。その後審査遅延の通知がきました。日本年金金機構障害年金センターに問い合わせをしたら障害状態等確認の為と言う連絡きました。それから数日後日本年金金機構障害年金センターに連絡した所8月末に結果はおりたと言われ厚生労働者の元通知しますと言われました。厚生労働者の元通知すると言う事は認可されたと言う事でしょうか?

A 回答 (2件)

    • good
    • 0

厚生労働省がきちゃったら


たぶん
ダメっぽい。
厚生労働省が判断して、
障害年金が支払われるのですが、
障害年金がok ならば厚生労働省からの通知はないはずで、最後の問い合わせの時に教えてくれるはず。
その時に厚生労働省からの通知で、ってなったなら
無理っぽいかな?
障害者手帳はお持ちになってますか?
例えば2級だとしても、
年金の等級と同じにはならないので。まあ、通知が来るのを待ちましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金 障害状態確認届 出し遅れ その後の対応

現在障害等級2級で障害年金をもらっている者です
今年になって障害状態確認届が届きました提出期限は3月誕生日なのでその末日となりますが
諸事情により確認届を書いてもらうのが遅れ
結果的に投函できたのが3月末日から遠く8月25日に投函できました
そこで疑問が出てきました

1.障害状態確認届を期限までに出せなくて5ヶ月も空いてしまったがそのまま出してよかったのか?
2.地元の年金機構に確認をしたほうが良いのか?
3.通知書などが届くのか?それならどれくらいで届くのか?

です
今になって不安症になってきて投稿しました
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

提出指定日までに障害状態確認届が提出されない場合には、提出指定日の属する月の翌月以後最初に到来する定期支払分(各偶数月)から、障害状態確認届の提出があるまでの支払が差し止められます。
期限を過ぎて提出された場合は、支払再開まで最大2か月程度を要します。
(注:各定期支払分では、前々月分と前月分の2か月分が支払われています)

◯ 1月・2月生まれの人 ‥‥ 4月定期支払分以降(2月分・3月分以降)が差し止め
◯ 3月・4月生まれの人 ‥‥ 6月定期支払分以降(4月分・5月分以降)が差し止め
◯ 5月・6月生まれの人 ‥‥ 8月定期支払分以降(6月分・7月分以降)が差し止め
◯ 7月・8月生まれの人 ‥‥ 10月定期支払分以降(8月分・9月分以降)が差し止め
 [注:20歳前初診による障害基礎年金の人も、7月・8月生まれの人と同じ]
◯ 9月・10月生まれの人 ‥‥ 12月定期支払分以降(10月分・11月分以降)が差し止め
◯ 11月・12月生まれの人 ‥‥ 2月定期支払分以降(12月分・1月分以降)が差し止め

以下、回答です。
要は、本人の提出にゆだねられており、その提出がなされなければ粛々と処理されるだけです。
日本年金機構が通知などであれこれと手を尽くしてくれるようにはなっていません。
早い話が、提出が遅れても自業自得ということですね‥‥。

A1.そのまま提出して大丈夫です。上記のように差し止められているだけの話です。
A2.特にその必要はありません。期限までに提出されていなければ、現に差し止められてはいませんか?
A3.特に届くことはありません。提出がなされれば、再び支給が開始されるだけの話です。

提出指定日までに障害状態確認届が提出されない場合には、提出指定日の属する月の翌月以後最初に到来する定期支払分(各偶数月)から、障害状態確認届の提出があるまでの支払が差し止められます。
期限を過ぎて提出された場合は、支払再開まで最大2か月程度を要します。
(注:各定期支払分では、前々月分と前月分の2か月分が支払われています)

◯ 1月・2月生まれの人 ‥‥ 4月定期支払分以降(2月分・3月分以降)が差し止め
◯ 3月・4月生まれの人 ‥‥ 6月定期支払分以降(4月分・5月分以降)が差し止...続きを読む

Q加給年金について

私が68歳、妻58歳で、私が厚生年金受給(38年かけてました)
毎年年金機構から加給年金確認届け出の用紙が送られてきます。
3つ要項の対象にはなっているので
いつも妻の名前を記載して返送していましたが
妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。(妻は厚生年金は今年で24年目)
もちろん妻は、まだ会社勤めで、厚生年金は受給はしていません。
こういう場合、対象で良いか教えてください。

●3つの要項
要件1
厚生年金の被保険者期間が20年以上(中高齢の特例(※1)15年~19年の短縮措置あり)あること
●要件2
老齢厚生年金の受給権を取得した当時、生計を維持している65歳未満の配偶者、または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいること
●要件3
その配偶者または子どもが将来にわたり、年収850万円以上の収入を得られないと認められること

Aベストアンサー

>妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。

これがまちがいです。
年金機構hpを見て下さい。

配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

単に妻が20年以上厚年加入で停止になるのではありません、受給してる場合です、
また、心配しなくても、配偶者の情報は機構に登録されているので、例外を除き、上記にあてはまれば、停止となります。

結論として、今受給は大丈夫、生計を維持はだしてよい、停止にかかれば自動で停止される

Q年金未納

国民年金の未納期間が、過去の分で6ヶ月あり、
もらえる額が未納月だけ減ると聞きました。
25年以上納めるとして、
かなり減額になるものでしょうか?

6ヶ月の未納期間は、収入が多かったため、免除にはなりませんでした。
まだまだ、貰える年齢には遠いので、年金事務所では、将来の支給額の試算も出来ないようです。

Aベストアンサー

老齢基礎年金(国民年金)の受給額は
簡単に計算できます。
1,624円×12ヶ月×40年≒779,300円/年
が満額です。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

6ヶ月分は
1,624円×6ヶ月≒9,744/年となり、
月額800円程度の減額となります。

受給条件の加入期間条件は25年でなく、
10年です。

上記の年金機構のHPに計算式も載って
いるように、支給額の試算ができない
なんてことはありません。
あなたの免除、猶予、未納の状況など
公開できる状況にない訊き方だった
ので、そう言ったのでしょう。

Q専業主婦で障害年金を受給する事になりました。配偶者控除や健康保険、国民年金3号など今まで通りで大丈夫

専業主婦で障害年金を受給する事になりました。配偶者控除や健康保険、国民年金3号など今まで通りで大丈夫なのでしょうか?
夫はサラリーマンです。
会社に提出する年末調整の用紙の書き方は今まで通りで良いですか?
会社には私が障害者である事を知られたくありません。
年金収入がある事が会社にわかってしまいますか?
健康保険の事も心配です。
年金額は子の加算を含めて119万円ほどになります。
宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

No.1の回答のような一面的な話には
なりません。

>会社に提出する年末調整の用紙の書き方
ご主人は障害者控除の申告ができます。
その時に障害者手帳等のコピー等提出や
具体的な内容の記載が必要になります。

それをしたくなければ、確定申告をして
障害者控除を申告することはできます。

しかし、5月頃に住民税の納税通知が会社に
来る時に所得控除の内容に障害者控除が
追加されてきてしまいます。
その場合は申告の具体的な内容は分から
ないです。

障害者控除の申告はしないという選択肢も
あるにはあります。

しかし、次に
>年金収入がある事が会社にわかって
>しまいますか?
ですが...

障害年金は税法上は所得に扱われないため
配偶者控除等では条件にかかりませんが、
社会保険の扶養はそうはいかないのです。

会社で社会保険の扶養認定のチェックが
定期的にあると思います。
その場合、障害年金も収入条件となるため
『受取金額のわかる通知書等』等のコピーを
提出して判断を仰がなければいけません。

あなたの年金額から言えば、確かに問題は
なく、(受給額180万未満ならOK)
所得証明(非課税証明)でごまかしても
よいのですが、本来なら年金受給の書類を
提出する必要があります。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html
引用~
3.申請及び届書様式・添付書類
・・・・
(3)(1)および(2)の方に共通する事項
障害年金、遺族年金、傷病手当金、
出産手当金、失業給付等の非課税対象となる
収入がある場合は、別途「受取金額のわかる
通知書等のコピー」が必要になります。
~引用

こうした書類の扱いは、マイナンバーの
導入もあり、とても厳密になり、個人情報
保護の教育指導も徹底されているはずです。

しかし、そういうことは会社にもよるし、
人にもよるといった面は否めません。

このあたりはあなたの気持ちしだいです。
私的には本来の素直な形でやられた方が
いろいろな場面で優遇措置を受けられる
等のメリットはあると考えます。

一番具体的な内容となるのが、
年末調整で障害者控除の申告なので、
そこだけ避けて、確定申告にする
というのは有りかもしれません。

いかがでしょうか?

No.1の回答のような一面的な話には
なりません。

>会社に提出する年末調整の用紙の書き方
ご主人は障害者控除の申告ができます。
その時に障害者手帳等のコピー等提出や
具体的な内容の記載が必要になります。

それをしたくなければ、確定申告をして
障害者控除を申告することはできます。

しかし、5月頃に住民税の納税通知が会社に
来る時に所得控除の内容に障害者控除が
追加されてきてしまいます。
その場合は申告の具体的な内容は分から
ないです。

障害者控除の申告はしないという選択肢も
あるにはあり...続きを読む

Q夫老齢厚生年金受給後死亡遺族厚生年金うけとれるか

夫老齢厚生年金受給後死亡遺族厚生年金うけとれるか

Aベストアンサー

受取れます。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html

条件としては、
2.老齢厚生年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。
にあたればです。

老齢厚生年金を受給している人が、
この条件に該当しない場合は
少ないと思います。

Q年金額が少ないのでもう少し増やして欲しいです。

現役若者世代の皆さんもっと税金年金収めてください。
毎月あとどのくらいの金額なら上乗せできそうですか?
よろしくお願いします。
m(__)m

Aベストアンサー

今の若者に上乗せをお願いしたところで、潤うのは彼らではありませんから靡かないでしょうね。
そういうシステム自体を変えないと無理です。

Q傷病手当金と傷病手当金について 度重なる質問で申し訳ございません。 2回程こちらで質問し詳しく回答頂

傷病手当金と傷病手当金について



度重なる質問で申し訳ございません。
2回程こちらで質問し詳しく回答頂いたのですが理解能力がなく再度質問させて頂きます。


事後重症で再度障害基礎年金を申請を考えています。(初診日当時は国民年金でした)

そして今社会保険で傷病手当金を申請の準備をしています。

障害基礎年金は統合失調症で
傷病手当金は適応障害で申請準備中です。

このような場合障害基礎年金の審査が通れば傷病手当金の支給はなくなりますか?

それとも2つとも支給されますでしょうな?

また社会保険や会社に統合失調症で障害基礎年金を申請しているとか支給されているなどわかってしまいますか?


度重なる質問で申し訳ございませんが回答お待ちしております。

Aベストアンサー

結論から書きます。
障害基礎年金だけの請求ですよね? 障害厚生年金の請求ではありませんよね?
だとしたら、障害基礎年金の支給が決定した後でも、傷病手当金との調整は一切ありません。
同一傷病であっても、調整は行なわれません。
これは、健康保険法第108条第3項で、次のように定められているからです。

「傷病手当金の支給を受けるべき者が、同一の疾病又は負傷及びこれにより発した疾病につき厚生年金保険法による障害厚生年金の支給を受けることができるときは、傷病手当金は、支給しない。」

「障害厚生年金の額(当該障害厚生年金と同一の支給事由に基づき国民年金法による障害基礎年金の支給を受けることができるときは、当該障害厚生年金の額と当該障害基礎年金の額との合算額)」

障害厚生年金だけのときと、障害厚生年金と障害基礎年金がどちらとも出るときには、調整の対象です。

しかし、障害基礎年金だけしか受けられない、というときには、調整の対象にはなりません。
したがって、障害基礎年金も傷病手当金も、どちらとも受けられます。2つとも支給されるのです。

会社に「障害年金を申請している」ということがわかってしまう、ということは、決してありません。
また、傷病手当金を請求するときに「障害年金の支給を受けている」などということを記す必要もありませんので大丈夫です(障害厚生年金を受けていないかぎり、記す必要はないから。)。

社会保険労務士さんなどに相談するほどのことではありません。
法令できちんと決められているので、それに基づいた処理が行なわれるまでのことですから。
回答1から回答3までの内容は、一切無関係です。
(逆に言うと、障害基礎年金と障害厚生年金とをごっちゃにしてしまっているために、正しい回答が付かないわけです。)

結論から書きます。
障害基礎年金だけの請求ですよね? 障害厚生年金の請求ではありませんよね?
だとしたら、障害基礎年金の支給が決定した後でも、傷病手当金との調整は一切ありません。
同一傷病であっても、調整は行なわれません。
これは、健康保険法第108条第3項で、次のように定められているからです。

「傷病手当金の支給を受けるべき者が、同一の疾病又は負傷及びこれにより発した疾病につき厚生年金保険法による障害厚生年金の支給を受けることができるときは、傷病手当金は、支給しない。」

「障...続きを読む

Q障害基礎年金の申請について 度重なる質問で申し訳ございません。 障害基礎年金を事後重症で請求するにあ

障害基礎年金の申請について



度重なる質問で申し訳ございません。
障害基礎年金を事後重症で請求するにあたって次から次へと不安がでてきてしまいましたので質問させて頂きます。


平成24年4月に統合失調症と診断されその1年半後障害基礎年金を申請出しましたら不支給でした。


引っ越しをし今は初診日とは違う病院に変わっているのですがそのドクターとは約1年位の付き合いなのでまだ正直心がひらきっていない状態です。


現在は派遣で働いていたのですが病気が悪化し適応障害で会社には傷病手当金を申請準備段階です。

今のドクターに金銭面などを話たら「障害年金も視野に入れてみたら?診断書書きますよ」
と、言われ今回申請しようと思いました。


しかし、その時に前回障害基礎年金を申請申請した際の診断書のコピーを前の病院が同封して下りそれを見て
「こんなに詳しく書いてある診断書珍しいのに不支給だったんですね。
年金の支払い状況を市役所に行って聞いてみて下さい」
と言われました。

その診察の時具合が悪く早く帰りたい一心だったので先生の言葉を流してしまったのですが家に帰りよく考えるとそもそも障害基礎年金を申請する前の段階で保険料を見て申請できるかどうかを調べてそれを満たした方のみ申請書をうけとれると思うのですが(ようはその仕組みをドクターはを知らなかった)以前申請できた時点で申請資格はある為保険料云々の話ではないことがわかります。
市役所に直接問い合わせたら同じ事を言われました。

障害者年金を作成するドクターがその仕組みを知らなかったのが私の中で驚きでこのドクターに今回障害基礎年金の診断書の作成を任せていいのか不安になってきてしまいました。


皆様でしたらこのドクターに診断書の作成お願いしますか?

それとも変えますか?

ぜひご意見お聞かせ下さい。


関係ない話ではないだとは思いますが以前このドクターは大手企業の産業医をしていたようです。

障害基礎年金の申請について



度重なる質問で申し訳ございません。
障害基礎年金を事後重症で請求するにあたって次から次へと不安がでてきてしまいましたので質問させて頂きます。


平成24年4月に統合失調症と診断されその1年半後障害基礎年金を申請出しましたら不支給でした。


引っ越しをし今は初診日とは違う病院に変わっているのですがそのドクターとは約1年位の付き合いなのでまだ正直心がひらきっていない状態です。


現在は派遣で働いていたのですが病気が悪化し適応障害で会社には傷病手当金を申請準...続きを読む

Aベストアンサー

実際に診察をした医師から診断書を書いてもらわなければならない、ということはわかっていますよね?
また、その診断書には、過去の経過だけではなく、今後の予後(今後の病状の見通し)も書かれなければならない、ということもご存じですよね?
精神の障害の場合は、特に「治療の継続性」が重要視されますから、安易に医師を変えてしまうと、また最初っからやり直すような感じになってしまうだけです。
ですから、私としては、医師を変えることはおすすめしません。
それよりも、いままで以上に「お互いに心を開いて何でも話せる」という関係を築いていただいて、その上で障害年金の手続きを進めてゆくのが良いと思います。

いわゆる保険料納付要件などについては、ドクターに十分な知識がないのが普通です。
というよりも、ドクターは、あくまでも障害認定基準に即した適切な診断を下すだけで良いわけです。
保険料納付要件などを見るのは年金事務所などの仕事であって、ドクターの仕事ではありません。

診断書は、どんなに詳しい記述がなされていても、障害認定基準と照らしたときに不足や矛盾などがあったり該当傷病ではないとき(対象とならないICD-10コードのとき)には、却下(不支給)を招きます。
病歴・就労状況等申立書との間で矛盾や相違があるときもそうです。
つまり、ドクターの知識うんぬんというよりも、ドクターと障害者本人とがお互いにしっかりと意思の疎通を図った上で診断書や申立書をまとめてゆかないと、矛盾などが生じたときにそこを突かれて却下(不支給)を招いてしまう‥‥ということなのです。
そういった事情からも、安易に医師を変えてしまうことはおすすめしません。

精神障害での障害年金の対象となり得る範囲(ICD-10コードの範囲)はご存じですよね?
http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/icd10/F00-F99.html が ICD-10コードです。診断書に記されることになっています。
統合失調症・感情障害・発達障害・知的障害が対象で、そのほか、上述の表にはありませんが、てんかんも対象です。
人格障害や適応障害・神経症は対象にはなりませんので、もしも診断書で人格障害・適応障害・神経症に相当するコードが付けられてしまうと、却下(不支給)となってしまいます。

いずれにしても、過去の却下(不支給)のことをいまさらどうこう考えてもしょうがありません。
それよりも、これから先、どのようにしっかりと医師とすり合わせて事後重症請求してゆくか、それを考えてみてはどうでしょう?

実際に診察をした医師から診断書を書いてもらわなければならない、ということはわかっていますよね?
また、その診断書には、過去の経過だけではなく、今後の予後(今後の病状の見通し)も書かれなければならない、ということもご存じですよね?
精神の障害の場合は、特に「治療の継続性」が重要視されますから、安易に医師を変えてしまうと、また最初っからやり直すような感じになってしまうだけです。
ですから、私としては、医師を変えることはおすすめしません。
それよりも、いままで以上に「お互いに心を開...続きを読む

Q加給年金について教えて欲しい、、無知ですみません

加給年金についてお聞きしたいです。
私の父は、60代後半です。30歳~53歳まで18年厚生年金に加入していたそうです。(途中で仕事を何回か転職して、5年ほど失業していたそうです。)
母は、50代後半です。厚生年金はほとんど加入していたことがありません。

厚生年金に加入していたのが18年ちょっとなので、加給年金の資格がないそうです。
ちなみに調べてもらいましたが、こちら↓も私の父は当てはまらないと言われました。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/20140421-27.html

あと1年ちょっと厚生年金に加入できるところで働けばいいのですが、父はもうその気はないそうです。
また会社によっては、失業した1年間くらいは、厚生年金に加入させてくれる(?)ところもあるそうですが、父は断ったそうです。

ただ、何回か年金相談窓口に電話して聞いたときに、「失業した時に、特例(?)で、加給年金の受給資格期間だけが付く人もいる」とおっしゃった人がいたのですが(私の聞き方が悪かったのか、解釈を間違えた可能性もあります)その特例とはどういう人なのでしょうか?
後でその可能性を掘り下げようとして、何回も電話して聞いてみたのですが、「う~ん、ちょっと・・・。」と濁されたり、「厚生年金に加入する以外、方法はありません(もしくは共済組合等の加入期間)」など言われたりしてしまいました。

「失業した時に、特例(?)で、加給年金の時給資格だけが付く」とおっしゃった人の担当者の名前も忘れてしまいました。覚えておけばよかったです・・・。

何か知ってる方がいれば教えてもらえませんでしょうか。
よろしくお願いします。

加給年金についてお聞きしたいです。
私の父は、60代後半です。30歳~53歳まで18年厚生年金に加入していたそうです。(途中で仕事を何回か転職して、5年ほど失業していたそうです。)
母は、50代後半です。厚生年金はほとんど加入していたことがありません。

厚生年金に加入していたのが18年ちょっとなので、加給年金の資格がないそうです。
ちなみに調べてもらいましたが、こちら↓も私の父は当てはまらないと言われました。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/20140421-27.html

...続きを読む

Aベストアンサー

おそらくそれは「厚生年金第4種被保険者」のことかと思われます。
現在は、厚生年金は失業している人は絶対に被保険者になることはできません。会社が厚生年金の適用事業所でない場合、単独で加入できる制度などはありますが働いていないと無理です。
健康保険は、退職後も在職中の健康保険制度を引き続き使用できる「任意継続被保険者」という制度がありますが、これと同様の厚生年金での制度が第4種被保険者となります。
こちらは、いくつかの条件を満たす人が対象になりますが、基本的には昭和16年4月1日以前に生まれた方が対象です。
残念ですが、お父様は対象にはなりません。

http://www.nenkin-tisiki.com/category14/entry117.html

Q妻が被扶養(3号被保険者)なのに保険料納付書が届いた

自分は公務員で、第2号被保険者になります。
その私が、先日、結婚しました。
妻は無収入なので、職場で扶養の手続きをとりました。
入籍日は平成29年3月28日で、その日が扶養の認定日になっています。(保険証での確認)

妻は第3号被保険者になるはずで、その手続きは職場で行なうもので完了し、私が年金事務所に行って何か手続きをする必要はなく、3号は年金保険料を自分で納める必要も無いとの説明を職場の担当職員から受けていました。
しかし、本日、国民年金保険料納付書が郵送されてきました。
その発行年月日は5月15日です。

驚き、混乱しています。
そこでもし似たような状況に遭遇した方がいらっしゃればアドバイスをいただきたいのですが

これって支払う義務はありませんよね……?

また、そのことを、月曜日になったら電話で問い合わせようと思うのですが
納付案内書を見ると、自分は愛知県民なので、問い合わせ先は名古屋西年金事務所と書かれていました。
しかし、名古屋西年金事務所のHP(http://www.nenkin.go.jp/section/soudan/aichi/nagoyanishi.files/0000028249WODB5p8NW2.pdf)を見ると、一般的な相談は年金ダイヤルや年金加入者ダイヤルにかけろとも書いてあります。
何を持って「一般的」なのかは示されていなかったのですが、電話をかけてからたらい回しにされるのはいやなので、もし似たような状況を経験された方いらっしゃいましたら、どこに確認を取るべきかアドバイスをいただけるとうれしいです。

長々と書いてしまいましたが、ご教授いただけると幸いです。

自分は公務員で、第2号被保険者になります。
その私が、先日、結婚しました。
妻は無収入なので、職場で扶養の手続きをとりました。
入籍日は平成29年3月28日で、その日が扶養の認定日になっています。(保険証での確認)

妻は第3号被保険者になるはずで、その手続きは職場で行なうもので完了し、私が年金事務所に行って何か手続きをする必要はなく、3号は年金保険料を自分で納める必要も無いとの説明を職場の担当職員から受けていました。
しかし、本日、国民年金保険料納付書が郵送されてきました。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの言うとおりで間違いないです。
>これって支払う義務はありませんよね……?
ありません。

あなたの職場で
>3号は年金保険料を自分で納める必要も
>無いとの説明を職場の担当職員から
>受けていました。
ということなら、担当者も意識があるし、
公務員の職場だし、第3号被保険者の申請
漏れがあるとは、到底思えません。
(思い込みですかね?A^^;)

奥さんの年金手帳や基礎年金番号を渡し
手続きしているなら、まず問題ありません。

年金機構のシステム、年金事務所の手続き
は、とにかくもっさりしていて、時差処理
ばかりです。
何ヶ月もリードタイム、タイムスパンが
あっても、処理が輻輳します。
要はリアルタイムでの処理が全くできない
仕組みになっているのです。
何十年前に○兆円かけて作ったシステムを
改善できないのです。

余談が過ぎましたが、まだ手続きができて
2ヶ月しかたっていないので、そのぐらいの
時差ボケは当たり前のシステムです。

電話しても何も解決しません。
電話では個人情報に関することは
教えてくれないのです。
年金事務所でも相談センターでも
電話では解決しません。

ですので、解決策としては、

①実際に年金事務所に出向き、確認する。
基礎年金番号と身分証明があれば、自分の
情報は教えてくれるでしょう。
奥さんが送られてきた納付書と身分証を
もって、年金事務所へ行き、状況を確認
するのが確実です。

ご主人は事務担当者経由で第3号被保険者
の申請がとおっているか、確認してもらう。

といった二重戦法で確認をとるのが、賢明
だと思います。

最近やっとまともになってきた
『ねんきんネット』は、比較的情報が
早く反映されます。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

ご夫婦ともにIDを登録され、(これも少し
時間がかかります。)何かにつけて状況を
確認されるとよろしいかと思います。

いかがでしょうか?

あなたの言うとおりで間違いないです。
>これって支払う義務はありませんよね……?
ありません。

あなたの職場で
>3号は年金保険料を自分で納める必要も
>無いとの説明を職場の担当職員から
>受けていました。
ということなら、担当者も意識があるし、
公務員の職場だし、第3号被保険者の申請
漏れがあるとは、到底思えません。
(思い込みですかね?A^^;)

奥さんの年金手帳や基礎年金番号を渡し
手続きしているなら、まず問題ありません。

年金機構のシステム、年金事務所の手続き
は、とにかくもっさりして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング