職場の上司に、
いつ、皆さんは
妊娠を報告しましたか??

病院で働いています、25歳です。
3才の娘がいます。

最近、分かったんです。

先々月(7月)は、目眩や吐き気や立ちくらみやらでお休みしました。
復帰してからも、やはり、イマイチ
パッとせず、
突発で、1日間休みをもらったり
大変な作業は、避けてもらったり
協力をしてくれてて

その中で分かったんですけど……

やはり、なんか言いづらくて……。

言うのが、親切・思いやり
だとは思うんですけど、

やはり、状況が状況といいますか……
タイミングが悪いなぁ……って思いまして……。

明日、上司(女性)に話をします。
先程、メールでお話ししたい事があること伝えました。

私が上司に伝えたいことは
・妊娠をしたこと、
来年4月を予定しています。
・今後のこと、
来年3月には退職を考えてること。
・10月半ばまでお休みしたいこと、
目眩の薬と血圧をあげる薬をのんでるので、それを止めるとなると仕事に不安があります…。

皆さんは、
どのように、どのくらいの時に報告しましたか??

病院勤務といっても、看護補助で
患者を車イスに乗せたり、
かかえてストレッチャーに移したりするので、早い段階で言わないといけないので躊躇してる余裕はないんですけど、

体調不良で休ませてもらったり、
大変な作業は、避けてもらったり
してもらってるので、
言いづらいなぁとモヤモヤしてます(x_x)

すげぇタイミングとか言われないかなって……。

A 回答 (2件)

ん?


同じ質問を二度していますか?
    • good
    • 0

ためらうと、事故を起こすこともになり、双方にとっていいことではありません。

直ぐにも伝えることです。
 あなたはご存知かもしれませんが、妊産婦として働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について、以下の通リの優遇措置が受けられます。
また、産前、産後、育児休業も育児・介護法に基ずいて育児休業の取得できます。

1.男女雇用機会均等法における母性健康管理の措置
(1)保健指導又は健康診査を受けるための時間の確保(法第12条)
事業主は、女性労働者が妊産婦のための保健指導又は健康診査を受診するために必要な時間を確保することができるようにしなければなりません。
※ 健康診査等を受診するために確保しなければならない回数
○ 妊娠中
「妊娠23週までは4週間に1回」
「妊娠24週から35週までは2週間に1回」
「妊娠36週以後出産までは1週間に1回 」

○ 産後(出産後1年以内)
医師等の指示に従って必要な時間を確保する
(2)指導事項を守ることができるようにするための措置(法第13条)
妊娠中及び出産後の女性労働者が、健康診査等を受け、医師等から指導を受けた場合は、その女性労働者が受けた指導を守ることができるようにするために、事業主は勤務時間の変更、勤務の軽減等必要な措置を講じなければなりません。
※ 指導事項を守ることができるようにするための措置
○ 妊娠中の通勤緩和(時差通勤、勤務時間の短縮等の措置)
○ 妊娠中の休憩に関する措置(休憩時間の延長、休憩回数の増加等の措置)
○ 妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置(作業の制限、休業等の措置)
※「母性健康管理指導事項連絡カード」について
事業主が母性健康管理の措置を適切に講ずることができるように、女性労働者に対して出された医師等の指導事項を的確に事業主に伝えるための「母性健康管理指導事項連絡カード」を利用しましょう。
(「母性健康管理指導事項連絡カード」の活用についてはこちら)
(3)妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止(法第9条)
事業主は、女性労働者が妊娠・出産・産前産後休業の取得、妊娠中の時差通勤など男女雇用機会均等法による母性健康管理措置や深夜業免除など労働基準法による母性保護措置を受けたことなどを理由として、解雇その他不利益取扱いをしてはなりません。
※ 不利益な取り扱いと考えられる例
○ 解雇すること
○ 期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと
○ あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること
○ 退職又は正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと
○ 降格させること
○ 就業環境を害すること
○ 不利益な自宅待機を命ずること
○ 減給をし、又は賞与等において不利益な算定を行うこと
○ 昇進・昇格の人事考課において不利益な評価を行うこと
○ 派遣労働者として就業する者について、派遣先が当該派遣労働者に係る労働者派遣の役務の提供を拒むこと
(4)紛争の解決(法第15条~第27条)
母性健康管理の措置が講じられず、事業主と労働者の間に紛争が生じた場合、調停など紛争解決援助の申出を行うことができます。
2.労働基準法における母性保護規定
(1)産前・産後休業(法第65条第1項及び第2項)
産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)<いずれも女性が請求した場合に限ります>
産後は8週間
女性を就業させることはできません。
(ただし、産後6週間を経過後に、女性本人が請求し、医師が支障ないと認めた業務については、就業させることはさしつかえありません。)
(2)妊婦の軽易業務転換(法第65条第3項)
妊娠中の女性が請求した場合には、他の軽易な業務に転換させなければなりません。
(3)妊産婦等の危険有害業務の就業制限(法第64条の3)
妊産婦等を妊娠、出産、哺育等に有害な業務に就かせることはできません。
(4)妊産婦に対する変形労働時間制の適用制限(法第66条第1項)
変形労働時間制がとられる場合であっても、妊産婦が請求した場合には、1日及び1週間の法定時間を超えて労働させることはできません。
(5)妊産婦の時間外労働、休日労働、深夜業の制限(法第66条第2項及び第3項)
妊産婦が請求した場合には、時間外労働、休日労働、又は深夜業をさせることはできません。
(6)育児時間(法第67条)
生後満1年に達しない生児を育てる女性は、1日2回各々少なくとも30分の育児時間を請求することができます。
(7)罰則(法第119条)
上記の規定に違反した者は、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング