聞き取りが苦手です。なんか良い方法ないでしょうか?

なんでもいいので、ご意見を下さい。

TOEFL610点ぐらいです。

興味を持てることが第一だと思い、いろいろ工夫はしているのですが、聞き取りに関しては特に、なかなか、興味を持てるものが見つからない…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これまでの回答者とだいたい同じですが、私の場合、ディクテーションを心がけています。



最近の教材はCDまで用意されてますが、スクリプトさえあれば、ディクーションができます。自分で聞いて、いらない紙に書くだけで気軽にできます。書いた後は必ずスクリプトを見て確認します。

最初は、何回も繰り返し聞かなくては書き取れませんでしたが、少しずつ慣れてきました。

やはり、聞くだけでなく正しくスペルを覚えたり、文法的なことも理解できるようになります。

P.S.近々TOEIC受験予定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご回答どうもありがとうございました。励まされると同時に、なかなか、皆さんも、いろいろ大変で、それぞれに工夫されているのが感じられて、なるほどぉ、と思い、また、ありがたく思いました。

お礼日時:2001/07/05 16:02

会話するならネイティブの人と話すのが一番ですが、試験などのヒアリングですか?


まぁどちらにしても有効かと思いますが・・・。

話せる人の間では良く聞く話。事実私もそうだったのですが、とにかく半端じゃない量の英語を常に耳に流し込む。分からなくてもかまわないんです。英語の歌、英語の映画、英会話のカセット、なんでも。最初はただの音の羅列。それがあるとき突然単語として聞こえてきだすんですよー。単語というか、フレーズのリズムや音感になれるんでしょうね。会話で使うイデオムなんて知れてますし。

わたしはもともと英語の歌や洋画が好きだったのでどのくらいの期間、と言うのはハッキリ言えないのですが、耳に流し込む量を多くすればするほど、馴染みも早いと思います。テキストを読んだ音とかあるとわかりやすいかも知れませんが、とにかく楽しく聞き込むのが一番かと・・・・。がんばってください。
    • good
    • 0

やはり、経験を積むのが良いと思います。


そのためには片っ端から発音してみるのが有効でした(私の場合)。
当然ですが、自分が発音出来る事は聞いた時にも分かるし・・・。単語そのものではなくて、それぞれが連続して聞こえるリエゾン(だっけ?)が耳に馴染まないのでは?
ちょっと恥ずかしいですが、映画で言ってる事とかをオウム返しに発音してみたり、歌ものの洋楽を聞こえた通りに歌ってみてあとで歌詞を確認するとかと言う方法がいいですよ。
後は、本を音読してみたり。速読が出来なくなるからやらない方が良いと言う人もいますが・・・・。
頑張って克服して下さい。
    • good
    • 0

あ~ わたしも苦手です。



海外に行ってはじめて気がついたのですが、
やはり現地の人と話すのが一番イイですね。
日本に住んでいるその国の人と友達になれば早いですね。

ちょっとだけ勇気、ちょっとだけ自信で
会話している人には、何度も聞き返して、
「あ~なるほどね!」から理解していく気がします。

幼児が言葉を学ぶのも、聞き取りからスタートするわけですから
そう考えれば「聞き取りが苦手」というのは当たり前のことなんです。

その国関係のお友達がいないのであれば、
字幕なしの映画を見るのも、1つの手かもしれません。
何度も何度も大好きな映画を原語で聞いていると、
好きな台詞は記憶に残っていきますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOEFL-ITPとTOEFL-iBTの受験

 大学院入試ですが、TOEFL-ITPとTOEFL-iBTのどちらで受験しても良い場合、どちらで受験する方が高得点をあげることができますか?
 あまり学習時間が多く取れないので、科目数の少ないITPの方を受験する方が良いかと思うのですが、とりあえず両方の勉強をして、iBTの方は入試までに何回受けても良いので、何回か受けてみて成果が出なければ、入試当日、ITPを受験しようと思っているんですが、それで良いでしょうか?
 受験されたことのある方、教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

Listening Sectionが得意なのであれば、iBTの方が簡単に
点数を取れるかと思います。まぁ所詮、形式の決まったテストなので
慣れが必要です。何度も受けられるとありますが、
僕が受けていたときはその月の1番最初のスコアだけが有効などの
制限があったと思うのですが・・・

ITPでも受験できるということなので海外の院ではないようですので
その辺の制限は分かりかねますが、もしも、何回受験してもよく、
どのスコアを参考スコアとして使用してもいいのであれば、
iBTを何度も受け、最終的にITPも受けにいくという方法でベストです。
が、ITPのListeningを練習する必要はないかと思います。
iBTに比べれば、ないに等しい上にレベルも大したことがないので。
ただ、Readingはコンピュータのスクリーンで見るのと紙で
見るのとではだいぶ印象が違うので、どちらもやっておくべきかとは
思います。

更にiBTにはSpeakingとWritingがあったと思います。
Speakingは急には伸びませんが、Writingにはコツがあり、
コツをつかむまで何度か受験する必要があります。

あと、ITPには確かまだGrammar Sectionが残ってましたよね?

なので、

Reading→両者で学習
Listening→iBTのみで学習
Grammar→ITPで学習
Writing→iBTのみで学習
Speaking→iBTのみで学習

するのがよいというか、割り振られているSectionを
考えるとこれしかないですけどね。

頑張って下さい。

こんばんは。

Listening Sectionが得意なのであれば、iBTの方が簡単に
点数を取れるかと思います。まぁ所詮、形式の決まったテストなので
慣れが必要です。何度も受けられるとありますが、
僕が受けていたときはその月の1番最初のスコアだけが有効などの
制限があったと思うのですが・・・

ITPでも受験できるということなので海外の院ではないようですので
その辺の制限は分かりかねますが、もしも、何回受験してもよく、
どのスコアを参考スコアとして使用してもいいのであれば、
iBTを何度も受け、...続きを読む

Qアメリカ人なんかは英検1級なんか余裕ですか?

アメリカ人は、英検1級なんてとるのは、
日本人が本を読むみたいにすらすらとけるもんですか?

Aベストアンサー

合格だけだったらする可能性高いですね。
しかし、絶対か?というとそうでもありません。

なんたって単語が難しい!
あんなのアメリカ人だって知らない人が多いですよ。

ましてスペルなんて日本人の方が知ってるくらいですから
正しい綴りができるのかも疑問です。

レベルとしてはアメリカでも大学生以上の学歴がないと
聞いたこともない単語が出てると思います。

なので、ただアメリカ人だからといって合格とは限りません。

逆に考えてみて、
日本語検定をアメリカでやっていることを
考えてみて下さい。

1級というのですからアメリカ人とはいえソートー日本語に
精通している人ということになります。

すると、例えば
下記の意味をなす4文字熟語を漢字で記せ。
「歴史・昔の思想・古典などを調べ研究し、そこから新しい知識や見解を得ること。」

という程度の問題は出されます。
温故知新ですが、こんなの教養もなさそうな、その辺のアンちゃんや
パッパラパーのねーちゃんができるはずないでしょ。
木下ユキナのようなのがいっぱいいるんですから。

アメリカ人の方が文盲率が高いです。
ということは英語の文法をきちんと知っている人は少ないですから
結構教養がないと合格まで行かないでしょうね。

もちろん日本人より合格率は高いと思いますが
満点はまず取れないでしょう。

合格だけだったらする可能性高いですね。
しかし、絶対か?というとそうでもありません。

なんたって単語が難しい!
あんなのアメリカ人だって知らない人が多いですよ。

ましてスペルなんて日本人の方が知ってるくらいですから
正しい綴りができるのかも疑問です。

レベルとしてはアメリカでも大学生以上の学歴がないと
聞いたこともない単語が出てると思います。

なので、ただアメリカ人だからといって合格とは限りません。

逆に考えてみて、
日本語検定をアメリカでやっていることを
考え...続きを読む

Q聞き取りの質問です

Could you monkey-sit for me for a while I 【no around】?

と聞こえます 【】の中が聞き取れません
正しくはなんと話しているのでしょうか
また間違った箇所があれば併せて教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

"Could you monkey-sit for me while I run an errand?"

run an errand =「お使いに行く」
"for a while" とは言っていないようです。

文脈が分かりませんが、monkey-sit は babysit(子守をする)からの造語で「サルの面倒を見る」ぐらいの意味かと思います。

Q聞き取りの質問です

You can't attack a steep hill straight 【on my back】.
と聞こえます。

話の流れから、「急な丘にまともに向かっていけないよ(登ろうとしてもムダだよ)」という内容です。
on my backと聞こえるのですが、意味がよくわかりません。
正しくはなんと話しているのでしょうか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

You can't attack a steep hill straight on like that.

Q聞き取り・・・

英会話ができるようになりたく、いわゆる英会話のCDをクルマの中で毎日半年聞いておりました。(いわゆる石川遼君が聞いてるようなヤツ)
で、先頃、TOEICを受けたのですが・・・。
全く、効果がないことをに愕然としております。
結構、英語のCDはまじめに聞いてたのですが、そもそもTOEICだと聞き取りが全然できません。はっきり言って、あんなに早い言葉をどうやって聞き取っているのでしょうか?というか、どういう学習をすればよいのでしょうか?
大学受験では、長文問題が不得意で、とにかく熟語や文法問題で点がとれるように、めちゃくちゃ勉強して、そういう問題では、ほぼ満点が取れるレベルになってたのですが、今では・・・で。
いずれにしても、どういう勉強がおすすめか教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

まず、英語は学習量と実力アップが直線的には比例しないことは知っておいてください。一定量学習するまでは、ほとんど効果があがりません。ある臨界量を超えると、ポンと上がります。それで面白くなってまた一生懸命学習しても、なかなか上がりません。でも、それを続けていると、またポンと上がります。その繰り返しで、階段状に上がっていくのが普通です。それを知らずに、階段を上がるちょっと手前で、「こんなにやっているのに上がらない」とやめてしまう人が多いんです。

それから、階段を上がっていくためには、それなりの量が必要です。TOEIC公式サイトで学習講座もやっている千田潤一氏によれば、初級者が成果を上げるには、200時間くらいは必要なそうです。その人の現在の状態や学習方法によっても変わります。私の経験では、中級から上級になると、階段を1つ上がるのに1000時間以上かかるように思います。

あなたは車の中で毎日CDを聞いて半年だそうですが、仮に1日1時間聞いていたとしても、半年では150時間程度ですよね。変化が起きるにはまだ足りないのでしょう。

それから、聞くだけでは、かなり学習効果は薄まります。先に200時間くらいと書きましたが、聞くだけでは3倍、4倍書けても足りないかもしれません。石川遼君が聞いているようなヤツというのは知りませんが、ひょっとしてスピードラーニングのことでしょうか。もしそうだとすると、日本語が入っているわけですから、純粋に英語を聞く時間はCDをかけた時間の半分になってしまいます。日本語が入っていない、英語だけのものだとすると、理解しているかどうかも問題です。効果を上げるためにはある程度意味がわかるものを聞く必要があります。そのためには、非常にやさしい中学生でもわかるレベルのものを聞くとか、テキストで学習済みで内容がよくわかっているもので、音声のみ繰り返し聞くというような方法もあります。

そう、同じものを繰り返し聞く方が、長いものをだらだらかけているよりも効果はあがりやすいと思います。同じ表現を何度も聴いていれば、それをマスターしやすくなるからです。

それから、聞くだけではどんなに注意して聞いていても、脳はあまり活発に働きません。目でテキストを読みながら聞いたり、同時に音読したり、音読しながらノートに書き写したりと、さまざまな感覚を最大限に使っていくほうが、集中力は増して定着しやすくなります。

それから、TOEICは1分間に150語くらいのスピードで話されています。TVのニュース放送などは1分間に200語くらいで、TOEICはネイティブにとっては、むしろ遅いんです。たいていの日本人は、英語は単語と文法を覚えればいいし、多少英会話を始めた人でも、音を聞き分けられればわかるはずだと思いこんでいます。でも、それだけでは足りません。英語を聞いたり見たりして即座に意味を理解する速度が問題になります。

速度を鍛えるには、訓練が必要です。英語は、スポーツや音楽に似ています。ピアノの楽譜の読み方と指の置き方を教われば、たいていの人は、ゆっくりとなら、なんとか曲を弾くことができます。でも、まともに曲として弾くためには、練習が必要でしょう。英語も練習しなければ、言葉として使えるようにはならないということです。

まず、英語は学習量と実力アップが直線的には比例しないことは知っておいてください。一定量学習するまでは、ほとんど効果があがりません。ある臨界量を超えると、ポンと上がります。それで面白くなってまた一生懸命学習しても、なかなか上がりません。でも、それを続けていると、またポンと上がります。その繰り返しで、階段状に上がっていくのが普通です。それを知らずに、階段を上がるちょっと手前で、「こんなにやっているのに上がらない」とやめてしまう人が多いんです。

それから、階段を上がっていくた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報