専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

会社設立にあたり事務所は必要ですか?

A 回答 (4件)

電話連絡出来る所があれば、職種によっては、落ち着くまで、大丈夫ですが。

信用度は半減しますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにそうですね。

お礼日時:2017/09/14 22:40

私のサブの会社(税金対策を考えての一部業務を分社)では、バーチャルオフィスを利用しています。


郵便物などは自宅へ転送してもらっています。
電話番号も固定電話番号を取得できる電話アプリを契約しています。
実業務は、自宅や出先で行うことがほとんどになります。

このような形にしたのは、一般的な事業所向け賃貸の家賃が高いこと、専用の事業所の用意までは不要な事業であること、名刺などに自宅住所などを記載したくないこと、メイン会社の事業の都合上サブの会社を目立たせたくないことなどからこのようにしました。

設立手続きでは事業所所在地は必要です。事業をするうえで通常金融機関での口座開設などは必要不可欠でしょうから、口座開設にも使える住所である必要もあるでしょうね。
    • good
    • 0

業種は?


生産販売なら何とかなる
仕入れが伴い銀行から融資が必要なら 利益が上がっても問題外でしょう。
    • good
    • 0

本店所在地として登記するので、そこに郵便物が届かないとアカンですよ。


事務所と言われてるが、あなたの頭の中にある事務所はどういうものでしょうか。
机一つあっても事務所です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/09/14 22:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続放棄について

父親に借金があります。多額の借金で、死ぬまでには完済は出来ません。
ですので、死亡時に相続放棄をする予定です。
万が一、その後母がパートや遺族年金などで残った貯金を残し他界した場合、その(おそらく僅かな)貯金に関しても、放棄しなければならないのでしょうか?それとも相続税がかからない3000万?以内であれば、子供に分け与えることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

お父さんの相続時に対象になるのはお父さんの相続財産についてだけで,同様に,お母さんの相続時に対象となるのはお母さんの相続財産についてだけです。お父さんの相続について相続放棄をしたからといって,お母さんの相続についても相続放棄をしなければならないということにはなりません。

ただちょっと気になるのは,お父さんの相続の時のことです。借金を免れるには,遺産には手をつけずに,お父さんの死後3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の申述を行う必要がありますが,お母さんを含めた全員がそうしなければならないわけです。すると放棄をした人は相続人ではなくなるのですが,たとえばお母さんが住んでいる家がお父さん所有だった場合には,そこに住む権利も失うということです。賃貸だった場合も同様です。そういった点は大丈夫なんでしょうか? またよくわからずに手続きをしてしまったことにより,それが法定単純承認になり,放棄ができなくなることがあります。気をつけてください。

Q起業する場合の、個人資産と自分の会社の資産の分けについて

なんと検索したら良いのか分からないので教えてください。

例えば、貯金が1000万ある人が、そのうち300万円を資本として起業するとします。
その企業が失敗し、倒産、閉店、破産申請などになった場合、社長たる企業者は自分の貯金として残しておいた700万の中から弁済しなければならないのでしょうか?それとも、あくまでも企業のお金は企業のお金、個人のお金は個人のお金と分けて考えられるのでしょうか?
(https://www.houjintousan.jp/hasan/torishimariyaku/kojinshisan.htmlを拝見しましたが、「法人債務」が何に当たるか分かりませんでした。銀行から借り入れをせず、自分が自分の会社に貸した形になっていれば関係ない?)

また、一般的に法人として起こすなら株式会社になるかと思いますが、利益が出たらその分ずつ最初の300万を自分の貯金に返すような形で株の売買する場合、株所有者の変更などはどこに届を出すのでしょうか?会社内で分かっていればいいだけ?

Aベストアンサー

Re:回答No.4

「最初の資金で足りなくなったらもう諦めるという手もあるとは思いますが……取引先や契約先がある、または従業員を雇っている等の場合は、それでは無責任ですもんね……」ですが、実は知人と一緒に興した資本金1千8百万円の最初の会社は、経営状態をよく見て、債務超過になる前に潔く会社を閉めたんです(従業員がいましたが)。

自分で起業した会社というのは、愛着(執着?)、拘り、思い入れなどがあり、赤字になってももうちょっと頑張れば持ち直すと思って借金を重ね、無理しやすいんです。ですが、設立した会社は3年で38%、5年で15%、10年で6%、20年で0.3%しか生き残れていません(国税庁と日経新聞の調査統計による)。しかも生き残れているのは親会社が作った子会社みたいに支援や後ろ盾があるところばかりで、それがない会社は間もなくほぼ全滅します。そしてさらに悪いことに、経営者はたいてい借金まみれの地獄に陥るんです。

経営者は、会社を設立したら、先を夢見るだけではダメで(縁起でもないかも知れないが)いつどんなふうに潰れるかのストーリーもよく考え、危なくなったら冷静沈着に判断して延命処置しないことです。でないと大変なことになります。

Re:回答No.4

「最初の資金で足りなくなったらもう諦めるという手もあるとは思いますが……取引先や契約先がある、または従業員を雇っている等の場合は、それでは無責任ですもんね……」ですが、実は知人と一緒に興した資本金1千8百万円の最初の会社は、経営状態をよく見て、債務超過になる前に潔く会社を閉めたんです(従業員がいましたが)。

自分で起業した会社というのは、愛着(執着?)、拘り、思い入れなどがあり、赤字になってももうちょっと頑張れば持ち直すと思って借金を重ね、無理しやすいんで...続きを読む

Q相続放棄について

先月アパートで独り暮らしだった父が借金を残したまま他界し、残された兄弟・親戚みんなで順に相続放棄を検討しています。そこで相続放棄について調べていたらいくつか疑問点が出てきました。

①父の財産を処分してしまったのですが、相続放棄できるでしょうか?
 葬儀代は身分相応であれば単純承認には当たらないという判決があるのは知っていますが、原則は財産を処分すると相続放棄は出来ないことになっていると思います。裁判所からの照会書に正直に「口座から引き落としましたが葬儀代・お布施として使いました」と書けば相続放棄できるのでしょうか?
 以下に詳しい状況を書きます。

 ・父はアパートで年金暮らし、生活保護を受けていました。
 ・父の死後に銀行の口座から38万程引き落とし、葬儀代・お寺さんへのお布施に計24万程使いましたが、まだお金は残っています。
 ・アパートに残されたものは捨ててしまいました。古いベッドやタンス、電子レンジ等資産価値がありそうなものはなかったです。
 ・テレビと冷蔵庫だけ親戚が持って行きましたがアパートに戻そうと思えば可能です。

②アパートはどうすべきか?
 きれいに掃除してあとは大家さんと退去の立会いを考えていたのですが、退去してしまうと相続放棄に問題があるのでしょうか?退去しないで放っておくと大家さんにも迷惑がかかりますし、アパートの保証人に姉がなっているためずっと家賃が発生し負担が大きいです。

③公共料金の支払いはしても良い?
 アパートの賃貸契約書には公共料金の精算をしてから明け渡しの立会いをすると書いてあります。退去する場合は、公共料金は姉が保証人として払うのであれば問題ないのでしょうか?

 相続放棄について不勉強だったため、このような事態に陥りとても不安です・・・。
 皆様、ご教授の程どうかよろしくお願い致します。

先月アパートで独り暮らしだった父が借金を残したまま他界し、残された兄弟・親戚みんなで順に相続放棄を検討しています。そこで相続放棄について調べていたらいくつか疑問点が出てきました。

①父の財産を処分してしまったのですが、相続放棄できるでしょうか?
 葬儀代は身分相応であれば単純承認には当たらないという判決があるのは知っていますが、原則は財産を処分すると相続放棄は出来ないことになっていると思います。裁判所からの照会書に正直に「口座から引き落としましたが葬儀代・お布施として使い...続きを読む

Aベストアンサー

弁護士までは必要なのかな?と思いますので、司法書士に相談されてはいかがですかね?
行政書士ではありませんのでご注意ください。

相続放棄は家庭裁判所での手続きとなります。
相続放棄の申述書の書き方などによっては、同じ行為であっても、裁判官の心証が異なり、判断も変わってくるものです。素人手続きと専門家の手続きは同じように見えても、違うものですからね。

資産価値などは人それぞれです。あなた方が価値がないという判断できる根拠はありませんよ。相続放棄する立場なわけですからね。裁判所があなた方と同じような判断をしてくれるように対応しなければなりません。

アパートについては、本来であれば遺品すべてを一時保管したうえで、保証人として体協の手続きを進める分には問題ないと思います。相続人がたまたま保証人であるだけですからね。 

公共料金については、相続人ではなく遺族として、連絡だけを行い、支払う必要もないと思います。相続放棄をすれば、被相続人の債務も放棄するのですからね。保証人は賃貸契約の保証人でしかないと思います。大家さん請求であれば別ですがね。
連絡を行うのは、アパートが新たに別な人に貸し出された際に、契約が重複してトラブルにならないようにするためです。あとは大家さんと公共料金の会社同士でやってもらえばよいのですからね。退去の条件となっているようですが、あくまでも契約者が退去した場合ではありませんかね。相続放棄をすれば、契約を引き継ぎません。保証人は家賃の支払いなど特定部分だけだと思います。

私は、多少法律をかじっていますが、いざ法律手続きを行おうと想ったらそれでも専門家に相談します。相談のうえで自分でできるという判断を自分でできたのであれば、自分で行います。難しそうだと思えば専門家に依頼します。

最後に葬式費用などで勘違いされやすいのは、葬式や法事というものは、主催する喪主などが負担すべきものです。亡くなった方が負担するものではありません。
そのため、香典などは、喪主などの主催する人のものなのです。
自分が無くなった際に遺族に大きな負担をさせたくないという考えで、葬儀費用に困らないようにお金を残される方がいますが、あくまでも遺族を想ってのものでしかないのです。自分が世話になった身内がさらに世話になった人との別れの場を用意し、その別れの場などを用意してくれた方へのお礼が香典などになるわけですからね。
それを亡くなった方のお金から出すということ自体おかしな話なのです。遺族がお金の負担ができない葬儀などは、私から言わせれば身分不相応な葬儀と感じます。裁判所がどう判断するかはわかりませんがね。

弁護士までは必要なのかな?と思いますので、司法書士に相談されてはいかがですかね?
行政書士ではありませんのでご注意ください。

相続放棄は家庭裁判所での手続きとなります。
相続放棄の申述書の書き方などによっては、同じ行為であっても、裁判官の心証が異なり、判断も変わってくるものです。素人手続きと専門家の手続きは同じように見えても、違うものですからね。

資産価値などは人それぞれです。あなた方が価値がないという判断できる根拠はありませんよ。相続放棄する立場なわけですからね。裁判所が...続きを読む

Q大阪で相続に強い弁護士を教えて頂けないでしょうか。故人が会社に対する債権放棄など生前贈与をしており、

大阪で相続に強い弁護士を教えて頂けないでしょうか。故人が会社に対する債権放棄など生前贈与をしており、遺留分減殺請求に詳しい方を探しています。

Aベストアンサー

弁護士の紹介はできませんが、弁護士で相続の案件を扱うことは少なく、争い部分のみということも少なくないように思います。

私であれば、司法書士に相談します。
司法書士の多くは相続を数多く扱い、争い部分は代理で交渉することはできませんが、弁護士に比べ取扱件数が多く、予防法務や弁護士提携でご質問者様の希望にこたえられる可能性があります。
最終的に不動産などの手続きが発生すると、弁護士に一括以来での害虫司法書士処理ですと、割高になるようにも思いますからね。であれば、司法書士に相談し手続きw依頼し、司法書士が取り扱えない部分のみ弁護士に依頼するといった方法がスムーズのように思います。

あくまでも個人的な見解です。

Q遺産相続

わたしは初婚。妻、子供一人連れて再婚。連れ子を養子縁組。妻との間に子一人。妻病死。遺産相続の手続き中に、養子の上に長男がいることが判明。
質問1●この妻の隠し子にも相続権がありますか?
質問2●妻の死亡保険金が私への通帳に入金がありました。このお金は妻の遺産ですか?
質問3●相続税は自主申告ですか?税務署から書類が来るものですか?
質問4●仮に相続金3千万円(預金通帳分のみ、通帳紛失)としてこの場合どのくらいの相続税になりますか?

Aベストアンサー

回答1
相続の権利というものは、夫婦関係は影響する場合がありますが、基本的に親子関係などの事実に基づかれます。ですので、あなたの知らなかった奥様のお子さんには、あなたが養子に迎えたお子さんと同様に奥様の実子である限り、奥様の遺産について権利があります。
ただし、あなたのお子さんは、養子に迎えた奥様の連れ子と奥様との間の実子のみですので、あなたが亡くなった際の遺産相続での権利者には、養子としていない奥様のお子さんは、含まれません。
また、あなたの知らなかった奥様のお子さんについて、母親であるあなたの奥様に対し暴力等があり、奥様自身が法律に基づきお子さんを法定相続人から廃除する手続きを行っているような場合には、あなたの知らない奥様のお子さんは、相続人で無くなるということもあります。

回答2
生命保険の死亡保険金などについては注意が必要です。
あなたを名指しで受取人とされている場合には、あなたが養子としたお子さん、あなた方二人の間の実子、あなたが知らなかった奥様のお子さんのすべてに権利はありません。
ただ、受取人が指定されていないような場合には、法定相続人が受取人となり、その代表者としてあなたが受け取ったような場合には、お子さん3名も権利者となります。
ここの権利というのは、通常の遺産という意味での権利ではありません。生命保険金のようなもののうち、奥様が受取人で受け取らずに亡くなったような場合に受け取った場合を除き、遺産に含まれませんからね。
ただ、相続税の申告や計算上では、生命保険金などもみなし相続財産として計算に含まれることとなりますので、ご注意ください。


回答3
相続税の申告についてですが、自己申告による納税とされています。
財産を相続した(みなし相続財産を含む)相続人全員が共同して申告義務を負います。
共同で申告が原則ですが、相続人個々による申告も可能です。ただ、相続財産の評価計算や遺産の把握にずれや祖語が生じることが多いため、個々の申告ですと、後に税務署から指摘等をされることとなります。
申告のタイミングですが、税務署から申告書が届くようなことはありません。
所得税の申告などで、事業等の申告で明らかな場合にのみ税務署は申告書を送付します。それ以外の自己申告が必要な税目の申告書は、納税者自ら求める必要があります。
税務署から連絡が来るのは、自ら申告しないでいて、税務署が把握する遺産その他により申告義務がありそうな人に連絡することがあります。ただ、申告期限の前に連絡が来るとは限りません。申告や納税をしていても、税務署が申告内容に疑義があったりすれば、税務署から相続人へ問い合わせすることもありますし、税務調査として対応される可能性もあるでしょう。

回答4
相続税の計算上、基礎控除というものがあり、基礎控除に満たない場合には、相続税の申告義務や納税義務を負わない場合があります。
現在の相続税の基礎控除は、3000万円+法定相続人の数×600万円だったと思います。質問の内容が正しい場合には、奥様が亡くなったことによる相続人は4人(お子さん3人と配偶者であるあなた)となりますので、5400万円までは、相続税がかからないこととなります。

通帳などは、口座名義人が金融機関とスムーズかつ取引しやすいようにあるものです。ですので、通帳がなくても相続は可能です。ただ、取引があったかどうか、残高はどうだったか、わかりませんよね。金融機関の窓口等で、相続人であることの証明をしたうえで、取引の有無の調査を依頼し、取引があれば、残高証明や取引履歴証明(通帳の内容のようなもの)を発行してもらうのがよいでしょう。
取引金融機関がわからない場合には、一括して調査してもらえる機関はないでしょうから、可能性のある金融機関すべてに依頼をかけるしかないでしょうね。
取引事実や残高などが確認でき、だれが遺産を相続するのか遺産分割協議書や裁判書類にて証明すれば、相続する人が引き出すことが可能になります。
調査段階であれば、一人の相続人の権利のみで行えます。

注意点としては、預貯金だけであれば明確なのですが、不動産や株などの評価が必要になるものについては、評価計算が難しく、素人では計算できない場合もあります。

アドバイスとしては、あなたの養子と実子だけであれば、円満だったと思います。しかし、養子にしていない知らなかった奥様のお子さんについては、当然親権者などがいるはずです。お子さんが成長していたとしても、お子さんの意見もあなたには想像もできないでしょうし、その意見を動かすだけの意見も言える立場にはないでしょう。
円満に交渉が進んだとしても、後にトラブルになってもいけません。書類などはしっかりと作成すべきでしょう。書類というのは遺産分割協議書になります。

遺産分割協議書は頑張れば素人でも作れるものではあります。
しかし、ご夫婦であっても、今回のように知らない子が存在したりと、把握し切れるものばかりではありません。
専門家に相談の上で、法定相続人が質問の状況で正しいかどうか、戸籍謄本などでしっかりと確認できるようにしましょう。金融機関で口座の解約などをするうえでも必要になりますからね。さらに、あなたの知らない預貯金があるかもしれません。知らない不動産があるかもしれません。その他の遺産があるかもしれません。
専門家などのアドバイスに従って、家探ししたり、奥様の親類縁者に相談したり、役所や金融機関を廻って調査する必要もあります。
だって、後から想定しなかった遺産が見つかるたびに、手続きしないといけないとなると、あなたの知らなかった子供も含めて対応を何度もしないといけませんし、争いの元になりますからね。

専門家についてですが、私は司法書士をおすすめします。
似た専門家で行政書士というものがあります。行政書士でも相続人調査や財産調査は可能でしょう。友人知人にいらっしゃるのであれば、行政書士利用もよいでしょう。しかし、相続放棄・不動産の発見などとなると、行政書士の領域を超えてしまいます。これから探すのであれば司法書士の方が相続においては領域が広いと思いますので、おすすめします。
現在把握されている遺産が預貯金のみであり、相続税の基礎控除内のようですので、税理士への相談は不要かもしれません。必要と思われる段階になれば司法書士などもアドバイスするでしょうし、紹介もしてくれるでしょう。税金も心配であることを伝えれば気にかけてくれることでしょう。ただ、奥様が働いていて収入がある場合には、所得税の準確定申告が必要となります。あなたが行えるのであればよいですが、厳しい場合には、税理士へ依頼する必要もあるかもしれませんね。相続税の申告ですが、優遇措置の計算もなく、基礎控除の範囲内であれば、申告は不要となります。ただ、のちに遺産が発見され、基礎控除を超えてしまうと、無申告となってしまい、不利益を受ける可能性もあります。
基礎控除内であっても、相続税が0円となる申告書を作成し提出しておくことで、修正申告などでの不利益が減ることもあります。不安であればこちらは税理士に相談しましょう。

私は、税理士や司法書士の事務所での勤務経験があるだけであり、資格を持った専門家ではありません。間違い等があったら申し訳ありません。
ご注意として、税理士は司法書士の仕事をできませんし、司法書士は税理士の仕事をできません。行政書士やファイナンシャルプランナーなど相続を扱う専門家なども同様で、領域を超えた業務の依頼はできませんし、悪質専門家に領域を超えた業務を依頼し不利益があった場合には、賠償が受けられない恐れもあります。
私であれば、相続はいろいろな問題や手続き、リスクがあることです。税理士・司法書士などが在籍する総合事務所への依頼がスムーズかもしれませんね。

回答1
相続の権利というものは、夫婦関係は影響する場合がありますが、基本的に親子関係などの事実に基づかれます。ですので、あなたの知らなかった奥様のお子さんには、あなたが養子に迎えたお子さんと同様に奥様の実子である限り、奥様の遺産について権利があります。
ただし、あなたのお子さんは、養子に迎えた奥様の連れ子と奥様との間の実子のみですので、あなたが亡くなった際の遺産相続での権利者には、養子としていない奥様のお子さんは、含まれません。
また、あなたの知らなかった奥様のお子さんについ...続きを読む

Q相続手続処理を謳う中部地方の司法書士

相続手続処理を宣伝する司法書士って一体何様なんでしょう?中部地方在住の♂です。叔母が亡くなり、1億ちょっとの預金が残りました。遺書はありません。配偶者も子供もおらず、兄弟での相続になりました。ところが、兄弟の数が8名と多く、何もせずに要求だけする者が1名おり、結局1年以上もかかって処理、結局民法の法律通りの割合で相続、司法書士は何の役にも立たなかったと思いますが、なんと報酬を400万円も取っていきました。はっきり言って、書類を作成して、窓口をしただけです。でもこれってよくある事なのでしょうか?だとしだたら、司法書士って悪徳ですね。私は当事者ではないので、何とも言えませんが、長男である父の衰えを見るとホントやりきれないです。ご意見何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

税理士報酬150万円は「ちょっと高いかな」と思いますが、極めて高額という料金ではないように感じます。
「一年以上かかった」という点から、相続税の申告書を法定申告期限までに「とりあえず法定相続したものとして提出」し、その後、遺産分割が法定相続分に基づかないでされた場合には、修正申告書の提出と更正の請求の両方をしないといけませんから、その報酬まで加えておられるかもしれません。
この点は「法定相続で落ち着いたので、事後の修正申告等の処理はいらないので、報酬額の減額をできないものか」交渉の余地があるでしょう。

司法書士の報酬については、その中身が問題だと思います。
「要求だけする者1名」についての連絡と接触、そして説得などに遠方まで何度も何度も出向いたというなら、結果として法定相続分による遺産分割ができたことは司法書士の成果です。

私の知る司法書士は、何日間か駆けずり回ってガソリン代のみならず高速道路代も負担しても「自分の事務所の規定の額だけ請求する」という方で、実質的には赤字ではないのかと聞いてるこちらが危惧してしまいます。
これを考えると、司法書士個人でどのように請求額を出すかは規定して、理由のつけられない金額の請求書にならないようにされてると思います。
関係した司法書士がどのような経営をなさってるのか不明ですが、いやしくも「高齢だからわからないだろうから、ふっかけておけ」という考え方をしてる人でないと祈ります。

どのような計算根拠でその請求額になるのかは、明白にしてもらいましょう。
「私は日当として一日5万円計上してて、遠方の相続人との折衝に20日以上関わっております」というかもしれません。
それでも100万円ですから、400万円という数字は異常に感じるところです。

税理士報酬150万円は「ちょっと高いかな」と思いますが、極めて高額という料金ではないように感じます。
「一年以上かかった」という点から、相続税の申告書を法定申告期限までに「とりあえず法定相続したものとして提出」し、その後、遺産分割が法定相続分に基づかないでされた場合には、修正申告書の提出と更正の請求の両方をしないといけませんから、その報酬まで加えておられるかもしれません。
この点は「法定相続で落ち着いたので、事後の修正申告等の処理はいらないので、報酬額の減額をできないものか...続きを読む

Q結婚して21年になりますが、夫は金遣いが荒く借金もあり今後が心配で、知り合いの司法書士にお願いして家

結婚して21年になりますが、夫は金遣いが荒く借金もあり今後が心配で、知り合いの司法書士にお願いして家と土地の名義を私の名前にするようにお願いしたのですが、
譲渡契約登録、司法書士手数料で約25万
不動産取得税 20〜30万
旦那に請求されました。
この金額は妥当でしょうか。

Aベストアンサー

質問文を読んで最初に考えたのが婚姻20年以上の配偶者に対する不動産贈与の特例を使わなかったのかな?と言う事です。質問に無いので、恐らくその特例は使うものとして回答します。

『譲渡契約登録』という文書は見たことが無いのですが、この書面を作成する費用と言うのが意味不明ですね。要は日付と対象不動産と贈与の当事者が特定できれば足ります。

司法書士への報酬については物件の明細が判らないので何とも言えません。不動産取得税については都道府県税事務所から取得者である質問者様宛に登記後に郵送で送られてくるものですから、今の段階で旦那さんに支払うのはおかしなことです。

>今後が心配で、知り合いの司法書士にお願いして家と土地の名義を私の名前にするようにお願いした
とありますが、質問者様の名義になったとしても旦那さんの借金の担保として提供するのは可能です。そういった点まで含めて司法書士に相談された方が良かったかもしれませんね。

Q不動産を嘘の説明で高く買わされたので、国土交通省に訴えました。どのような処置となるでしょうか? 自宅

不動産を嘘の説明で高く買わされたので、国土交通省に訴えました。どのような処置となるでしょうか?
自宅の土地を購入しましたが、後になって、隣接する私道が43条の但し書きにも該当しない建築不可能の道路とわかりました。購入時には重要事項説明書には42条の道路と説明があり、契約書に記載の隣接地との境界の明示さえなされませんでした。そのほかにも、不動産取引業法に違反する事柄がたくさんあるようです。国土交通省に訴え、資料も揃えて送ったところ、審議して回答するとのことですが、どのような処置をしてくれるのか心配です。買い手側の損失を補填するように指導もしてくれるでしょうか。ご存知の方、どうかよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「買い手側の損失を補填するように指導」は考えが甘いですよ。

国土交通省が検討するのは行政処分に関してです。

あなたの損失に関することは、損害賠償でしょ。

損害賠償は民事ですから、あなたは相手に対して何を求めるのかを相手に要求することになります。

で、相手の対応如何では裁判という流れです。

損害賠償は国土交通省は一切関係しません。

Q相続について質問です。 嫁の両親から生前相続の話を受けています。 両親の会社は大きくはありませんが、

相続について質問です。

嫁の両親から生前相続の話を受けています。
両親の会社は大きくはありませんが、両親二人でマンションなどの経営を行い、家賃収入を得ている形です。両親の想いとしては、嫁を代表取締役にして会社をつがしたいようです。

そこで、この間相続の話になり、あたな(自分)の仕事では嫁に会社をつがすことは出来ないと言われました。理由としては、新たなマンションを建てる計画をしていて、銀行より融資を受けるようで、併せて相続の件も伝え、相関図(相続図で旦那職業、役職、年収記載)を見せたようです。すると、その仕事だと微妙ですねと銀行員より言われた為、仕事を変えてくれと言われました。ただ、融資に関してはダメとは言われていないみたいです。長く働けないとかそんなことを言われたようです。多分、嫁についだとき返済への不安や仕事面での信用問題なのかはわかりません。

ちなみに自分の仕事はパチンコ屋で役職者です。年収は600万程度。割と大きめの会社です。

こういうことってあるのでしょうか?

ちなみに仕事にはやりがいも感じ、出来れば辞めたくありません。ただ、業界的に偏見があるのは充分理解しています。でも、しっかりと年収も稼いでいるし、銀行からそんなこと言われる程、ダメだとは思えません。

わかる方いましたら教えて下さい。

相続について質問です。

嫁の両親から生前相続の話を受けています。
両親の会社は大きくはありませんが、両親二人でマンションなどの経営を行い、家賃収入を得ている形です。両親の想いとしては、嫁を代表取締役にして会社をつがしたいようです。

そこで、この間相続の話になり、あたな(自分)の仕事では嫁に会社をつがすことは出来ないと言われました。理由としては、新たなマンションを建てる計画をしていて、銀行より融資を受けるようで、併せて相続の件も伝え、相関図(相続図で旦那職業、役職、年収記載)...続きを読む

Aベストアンサー

なぜあなたはもっと突っ込んで確認されないのでしょうか?
いくら奥様の実家の問題と言えども、実家の問題で転職まで迫られることというのは、本来よほどのことですよ。

代表取締役ということから有限会社や株式会社の組織で経営されているのですよね。
融資でまず審査されるのは、法人です。
次に審査されるのは、通常求められる連帯保証人についてですが、多くの場合、代表者が保証するものです。
もしかしたら、奥様だけでは連帯保証人として不足する可能性があり、あなたも連帯保証人にされようとしているのではないですかね?

だって、法人の代表者の夫というだけであって、その職業や収入などはあまり審査などに含まれないと思います。当然、暴力団関係者などであれば、審査に影響すると思います。
パチンコ屋ということですが、私も偏見かもしれませんが、田舎ですと暴力団の縄張り問題があり、特にパチンコ屋さんですと暴力団へお金を渡していると聞いたことがあります。あなたがやくざなどではなくても、やくざと関わり合いがあるかもしれない職種。会社勤務という点から疑われているのかもしれません。

あなたが会社の役員として、銀行からの借入金を会社で踏み倒したりしている場合には、あなたの個人名も銀行等のリストに掲げられ、影響する可能性も否定できません。

本当に単なる会社員であれば、何が心配なのかがわかりません。
本当に問題なのであれば、一時的を含め、離婚を求められてもおかしくない場合もあると思います。

しっかりと確認されることです。
特に奥様が法人の代表となり、その法人で大きな買い物を融資でするとなれば、当然その責任は奥様となり、事業に問題が出れば、奥様個人での返済が求められ、あなたがtご夫婦や家族の問題になることでしょう。
奥様や奥様のご両親は、以前から不動産経営をしていて状況が理解できていたとしても、あなたがかかわっていないものであればあなたが心配すべきことではないですかね?
奥様ご自身で起業するのであれば、奥様個人でできることから始めるのでリスクはないかもしれませんが、事業を引き継ぐともなればリスクもあるものです。いくらご両親から引き継ぐと言えども、どのようなリスクが含まれている事業を引き継ぐのかも把握すべきことだと思います。相続対策の一環で親が子の為を想っての行動であっても、親がどこまでリスクを把握しているのかも疑問が残りますね。

何もリスクを考えずにその事業が失敗ともなれば、ご夫婦やご家族の破たんにもつながります。ご夫婦で相談し、義理のご両親ともよく話し合われることです。

なぜあなたはもっと突っ込んで確認されないのでしょうか?
いくら奥様の実家の問題と言えども、実家の問題で転職まで迫られることというのは、本来よほどのことですよ。

代表取締役ということから有限会社や株式会社の組織で経営されているのですよね。
融資でまず審査されるのは、法人です。
次に審査されるのは、通常求められる連帯保証人についてですが、多くの場合、代表者が保証するものです。
もしかしたら、奥様だけでは連帯保証人として不足する可能性があり、あなたも連帯保証人にされようとしているの...続きを読む

Qダイソーの、216円イヤホンが、こんな風に紹介されていますが、

本当なのでしょうか。
http://www.mag2.com/p/news/266482

Aベストアンサー

そう評価する人もいる、それは事実、本当でしょう。
イヤホンを使いこなすための知識も必要なようですけどね。


人気Q&Aランキング