最新閲覧日:

コレラに感染するとその後どうなるのでしょうか。
職場復帰は可能でしょうか。

緊急入院とかしなければならないでしょうか?
職場とかも消毒されるのでしょうか。

A 回答 (2件)

1999年に感染症新法(感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律)が施行され、今までの伝染病予防法、性病予防法、エイズ予防法が一つの法律に統合され、その中で感染症が1類から4類まで分類されました。


コレラは、この法律では2類感染症に分類されています。
2類の感染症(コレラのほかには、赤痢や腸チフスなどが含まれます。)の入院に対する対応は、法律的には「状況に応じて入院」ということになっています。これは、コレラ患者(症状があり菌が証明された者)および疑似症(症状はあるが菌がまだ証明されていない者)は原則的に入院、無症状の病原体保有者は入院の必要はないということです。
ただ、入院に際しては人権に十分留意し、説明と同意に基づいた入院勧告制度というのが設けられています。入院機関は知事の指定した第2種感染症指定医療機関に入院することになります。
コレラの感染には、相当量の菌が必要とされ、便や吐物で汚染された食品や水から経口感染しますが、手洗いなどの衛生習慣さえ守られていれば人から人への接触感染はないと考えてもよいと思います。ただ、病初期の下痢の激しい時期のみ、接触感染の予防策が講じられます。
消毒は、トイレや床は界面活性剤で清拭、衣類やリネン類で便による汚染が明らかなものについては滅菌処置が必要ですが、食器類は熱湯による洗浄で可とされています。
保健所への届け出るこになっていますので、具体的には保健所からの指導があると思います。
適切な治療が行われれば、重症化することは稀です。感受性のある抗菌剤が使用されれば、二日以内に菌は陰性化し、再排菌はほとんどありません。コレラに感染したことで治癒後の就業が制限されることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳細にご説明いただき、本当に感謝致します。
正しい知識を教えていただき、明日からの生きていく糧となります。
かなり、絶望してましたので・・・。

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/06 20:16

コレラは国際検疫伝染病の一つなので、感染予防・医療法('99年施行)により「状況に応じて入院」とされています。


「状況に応じて」というのは、劇症の場合、感染が急速に広がる恐れがあるとみた場合で、受診した医療機関が判断します。
かつてはコレラは法定伝染病として隔離入院が義務づけられていましたが、実態にそぐわないという理由で隔離義務はなくなっています。
これは、補水輸液と抗生物質で確実に治る病気だという認識が広まってきたからです。

>>職場復帰は可能でしょうか。
医師が完治を診断すれば可能です。

>>職場とかも消毒されるのでしょうか。
コレラの潜伏期間は1~3日なので、その間に職場に行き、食器などの器物に触ったりした場合は消毒が必要とされます。
職場全体を薫蒸するなどの措置はとられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切に回答いただきありがとうございました。
正しい知識を教えていただき大変助かります。

すこし安心致しました。

お礼日時:2001/07/06 20:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報