ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

自己破産後に民事裁判で損害賠償を訴えられたら

A 回答 (3件)

「自己破産後」と言っても、免責決定が確定している場合と、その途中の手続中とでは変わってきます。


更に、損害賠償も免責となる場合と、ならない場合があります。
免責決定確定後であっても、重大な過失や悪質な行為による場合は免れることはできないです。
その他の損害金は免責です。
    • good
    • 0

自己破産後に発生した負債は 損害賠償金を含め免責対象ではありません。

払う必要があります。
    • good
    • 2

そもそも損害賠償金は自己破産で免責されるものではないので、支払うよりほかありません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市役所とゴミ収集で、調停を行おうと思います。教えてください。

地方で小さいですが、1戸建てを建てました。
自治会に加入していません。加入しません。
市役所とゴミ収集について話しています。
自治会に加入していないと収集場に、ごみを置けれない。

「自治会の加入は自由」と「市税など払ってる」ゴミの処分できないかと言いました。

 自分で、業者に頼む、ごみ集積所に持ち込む など処分は自分でと言われました。

 何か 釈然としません。調停を行ってみようかと思います。

 そこで、質問です。
 1.このような事例でも、市役所と調停ができるか。
 2.今までの、判例はどうなっていますか。
 3. 調停の結果はどのようになるでしょうか
 4.調停の結果に不服があるときはどうしたらいいのでしょう。
 5. 他に良い方法があれば 教えてください。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には、地方自治体は、住民が出したゴミを、収集する義務があります。
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO137.html
の第六条の二とかになるでしょうか。
自治体は任意団体で加入自由ですから、自治体に入っている人だけゴミを収集する、というのでは、自治体に入っていない人をどうするのかが、定まっていないですから、第六条の一般廃棄物処理計画がきちんと定められた状態とは言えないことにはなるでしょう。

基本的には、ちゃんと交渉すれば、多くの場合、市側もなんらかの妥協策を出してくる可能性が高いとは思います。
納得いかなければ、最終的には、裁判で決着をつける以外にはないでしょう。

任意団体であるはずの自治会と行政の関係みたいな、これまで、なあなあで曖昧に運用されていた部分をちゃんと定めるというのは、社会全体としてはものすごく有意義なことです。
ただ、こういうことに取り組むのは、社会全体としては間違いなくプラスなんですが、残念ながら取り組んだ人自身はマイナスが大きかったりするのですが。。(そういう意味でも、私自身は、質問者さんの社会改革にかけるボランティア精神を強く応援します。)

基本的には、地方自治体は、住民が出したゴミを、収集する義務があります。
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO137.html
の第六条の二とかになるでしょうか。
自治体は任意団体で加入自由ですから、自治体に入っている人だけゴミを収集する、というのでは、自治体に入っていない人をどうするのかが、定まっていないですから、第六条の一般廃棄物処理計画がきちんと定められた状態とは言えないことにはなるでしょう。

基本的には、ちゃんと交渉すれば、多くの場合、...続きを読む

Q父親死亡時の胎児が生まれてから損害賠償請求できるかという話なのですが、 http://www.sib

父親死亡時の胎児が生まれてから損害賠償請求できるかという話なのですが、

http://www.sibakiyo-minpo.com/entry/2015/04/09/213232

この場合、既に示談が成立している人はあくまで別の人なのにどうしてその示談成立が元胎児の損害賠償請求を妨げるんですか?

(一つの事件に関する示談は一度で全員分済ませないといけない、なんて事はないですよね)

Aベストアンサー

ここでのポイントは、胎児の段階で母親は法定代理人(厳密に言えば、出生していないから母親は親権者ではありませんが、親権者に準じて母親は胎児の法定代理人になるということを前提します。)となれるかと言うことです。胎児の法定代理人であれば、母親又は母親から委任を受けた任意代理人が胎児を代理して加害者と和解契約を締結することができます。もし、胎児の法定代理人でなければ、相手方との和解契約は無権代理ですから、出生した子供に和解契約の効力は及ばないことになります。
 胎児の権利能力に関する学説として停止条件説と解除条件説があります。停止条件説(判例)は、胎児が出生したことを条件として、胎児の段階に遡って権利能力を取得するという立場です。すなわち胎児の段階では損害賠償請求権の権利能力を有しないのですから、その段階では母親は胎児の法定代理人ではないと言うことになります。
 一方、死産を解除条件として胎児は損害賠償請求権等の権利能力を有するという説であれば、胎児は権利能力を有するので(死産になったら遡って権利能力を有しないことになる。)、母親は法定代理人になれるということです。

ここでのポイントは、胎児の段階で母親は法定代理人(厳密に言えば、出生していないから母親は親権者ではありませんが、親権者に準じて母親は胎児の法定代理人になるということを前提します。)となれるかと言うことです。胎児の法定代理人であれば、母親又は母親から委任を受けた任意代理人が胎児を代理して加害者と和解契約を締結することができます。もし、胎児の法定代理人でなければ、相手方との和解契約は無権代理ですから、出生した子供に和解契約の効力は及ばないことになります。
 胎児の権利能力に関する...続きを読む

Q先日、債権者会議で質問に対して私が分かりません、覚えていませんと言っていると、債権者側の弁護士がそう

先日、債権者会議で質問に対して私が分かりません、覚えていませんと言っていると、債権者側の弁護士がそういう態度なら「反社会的勢力として告訴するぞ」と言い、裁判長は私に「反社会的勢力と言われてあなたはどう思いますか?」と言いました。私はヤクザではありません。私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。これは名誉毀損で訴えることは出来ますか?又、裁判長は中国人が400万円も用意出来るわけがないと暴言です。

Aベストアンサー

>法廷って何なんですかね?
 裁判官が、法に照らし合わせて判決を下すところです。

原告(貸付を返済されない被害者)への救済が優先されるのは当然。

>私はヤクザではありません。
 反社会的勢力とは、ヤクザを示す言葉ではありません。
 ヤクザも含まれるが「借りたら返す。返すために収入を得て返済をする」など
【社会人としての当たり前の行いを無視する、反社会人的な人】も該当します。

>私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。
 相手が弁護士なら「法はもちろん、一般常識に基づいた発言」しかしないハズ。
 しかも法廷の場なら尚更だから、
 自身の常識の方がズレている、と自覚する方が良いかと。

>これは名誉毀損で訴えることは出来ますか?
 訴えることは可能だが、請求却下の判決を受けると思います。

>裁判長は中国人が400万円も用意出来るわけがないと暴言です。
 被告(質問者さん)に有利な発言に思いますが。
 任意整理して、減額したところで返済が出来なければ破産が確定する。
 ならば自己破産して、免責を付ければ返済はしなくて済む訳だし。

 原告側の質問に対して誠意を持って回答しない被告は、
 裁判官の心証が悪くなるのは当然。
 今の姿勢では「自己破産は確定、免責はなし。」になると思います。

【破産】は申告した時点で、既に確定しています。
 裁判官は、破産後の債務の扱いをどうするかを審理をしているところです。

▶返済を残すか、免責を付けて終わりにしてもらうか。
 大きな違いがありますよ。
 免責は「当然のこと」ではありませんよ。

>法廷って何なんですかね?
 裁判官が、法に照らし合わせて判決を下すところです。

原告(貸付を返済されない被害者)への救済が優先されるのは当然。

>私はヤクザではありません。
 反社会的勢力とは、ヤクザを示す言葉ではありません。
 ヤクザも含まれるが「借りたら返す。返すために収入を得て返済をする」など
【社会人としての当たり前の行いを無視する、反社会人的な人】も該当します。

>私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。
 相手が弁護士なら「法はもちろん、一般常識に...続きを読む

Q裁判所から答弁書が、来ました

6月末に、私は駐車場からバックで出てきて、相手はバックで下がってきて、ぶつかるという事故がありました。
物損事故ということで保険屋を通していたのですが、相手が一切自分は悪くなくこちらが全面的に悪いと言ってるとの事で、それはおかしいと私も主張してました。
そしたら、相手は弁護士を使うことにしたそうで、弁護士から直接修理代金の支払いが書いてある書面が届きました。保険屋に連絡したら、私に直接送らないように話してくれたのですが、今度は、裁判所から、「口頭弁論期日呼出及び答弁書催告状」というものが届きました。
いきなりこんなものが届きショックです。訳がわかりません。
保険屋に任せていたのでなぜこんな事態になっているのか全く理解できません。
訴状には、全面的に私が悪いという旨の事が書いてあり、修理代だけではなく、弁護士費用も支払えと書いてあって修理代が約8万円で、弁護士費用が108000円と書いてあり、さらに、支払い済みまで損害遅延金も支払うようにと書いてあります。
私は、裁判所で、1人で口頭弁論をしないといけないのでしょうか?
修理代は、支払うとして(私は全く支払わないとは言ってません。)弁護士費用は、私が支払わないといけないのでしょうか?
私は、お互いバックでの事故なので、相手にも1割は過失があると主張していたのです。
なのに、こんな事になって不安で仕方ないです。

6月末に、私は駐車場からバックで出てきて、相手はバックで下がってきて、ぶつかるという事故がありました。
物損事故ということで保険屋を通していたのですが、相手が一切自分は悪くなくこちらが全面的に悪いと言ってるとの事で、それはおかしいと私も主張してました。
そしたら、相手は弁護士を使うことにしたそうで、弁護士から直接修理代金の支払いが書いてある書面が届きました。保険屋に連絡したら、私に直接送らないように話してくれたのですが、今度は、裁判所から、「口頭弁論期日呼出及び答弁書催告...続きを読む

Aベストアンサー

弁護士特約を使っても保険料は上がりませんし、使うことによる等級が下がることもありませんよ

こちらは素人ですから、そのままでは負けるので、使う時に使わないと損しますよ(たとえ弁護士費用かかったとしてもです、弁護士特約で保険料は上がりませんけどね)

バック同士の衝突で9:1なんてありえませんから、とことん争って、損の無いようにしてください

Q警察官が嘘の情報を教えて資格を取らずにいたら逮捕すると言ってきました。まだ取り調べ最中なのですが、こ

警察官が嘘の情報を教えて資格を取らずにいたら逮捕すると言ってきました。まだ取り調べ最中なのですが、こちらからその警察官を訴えることは出来ますか?そのとき資格がいると言えば捕まらずにすんでいました。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

資格の要不要の判断は、最終的には質問者さん自身が責任を持たなければならない。
例えば「**の取扱い実務経験が5年以上あれば++の資格を取らなくても--は扱える」と誰かから聞いたとしても「ほんとかな?」と確認することは出来たはずだし、するべきだった。それを扱うことでメリットを得るのは質問者さん本人だし、ウソだった時に責任を取らされるのも質問者さんだから。その程度の手間を惜しんだ結果が現状を引き寄せた。
「ごく最近法律が改正されて取扱い資格の区分や取扱い可能品が変わった」なんてことはザラにあるし、第三者の言うことを鵜呑みにするのも迂闊。自分の行動の結果を誰かに保証してもらおう、失敗したらだれかに責任を取ってもらおう、なんて道理が通るわけがない。
裁判を起こしても勝ち目はないと思う。

Q市の委託職員である身体障害団体の相談員のミスで、個人情報漏洩発覚し、その責任は、市なのか?それとも、

市の委託職員である身体障害団体の相談員のミスで、個人情報漏洩発覚し、その責任は、市なのか?それとも、身体障害団体の責任?その相談員の責任?
市に問い合わせたところ、処置などは相談してから、報告すると言われましたが、後程、連絡が来ました。「漏洩の責任は身体障害団体」という内容でした。どう見ても、責任を身体障害団体に押し付けられてるかのように見えますが、皆さん、どう思われますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人情報保護法に漏洩の罰則は特にないので、どっちでも変わりありません。

ま~通常は、この手の場合は、担当者よりも、その管理団体の責任となるのがオチです・

子供のイジメ問題でも担当教諭より、学校の責任になって、引いては自治体の責任となるのと一緒ですね。

Q刑事事件で、あまりにも法外な示談金を要求されたらどうすれば良いのでしょうか

刑事事件で、あまりにも法外な示談金を要求されたらどうすれば良いのでしょうか

Aベストアンサー

>あまりにも法外な示談金を要求されたらどうすれば良いのでしょうか
 示談には応じられない、と断るしかないでしょう。

一般的に裁判の際に示談が成立していないと不利な判決が出やすいが
【示談を交わせるよう誠意を持って対応してきたが、
 300万円という提示額には到底応じられず、今日に至っています。】と
 説明すれば、マイナスにはならないと思います。

Qはじめまして。 会社の都合で給料未払いが遅れてしまい、簡易裁判所から出頭命令が来ました。ただし、手紙

はじめまして。
会社の都合で給料未払いが遅れてしまい、簡易裁判所から出頭命令が来ました。ただし、手紙が来る前に一部支払いをいたしました。残金を今月末に支払う計画です。支払い完了後、裁判所に行った場合、それ以上に罰則がかかりますでしょうか。アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

まず最初に、本件は刑事事件ではないので罰則や罰金はないです。
「出頭命令が来ました。」も、「口頭弁論呼び出し状」のことだと思います。
同期日と弁済期日とのタイムラクで扱いは変わりますが、いずれにしても、答弁書の提出と呼出し期日には出廷して下さい。

Q最高裁の判決までについて教えてください。 私は原告で損害賠償請求をしています。 高裁で良い判決をいた

最高裁の判決までについて教えてください。
私は原告で損害賠償請求をしています。
高裁で良い判決をいただいてます。
4月半ばに高裁判決が出ました。

これに対し、被告は最高裁に上告しました。
日にち的に理由書など提出してると思いますが、記録到着通知書?という最高裁で審議する旨の書類が届きません。

代理人弁護士をたててますので、なにかしら動きがあれば連絡が来ると思いますが、未だに届いてないそうです。

上告理由書などを提出してから、どのくらいで記録到着通知書が届きますか?
また、届かずに判決が出る事があるのでしょうか?

裁判所で審議されてから判決が出るまで一般的に、どのくらい時間がかかりますか?
仮に最高裁で受理しない場合、まだ訴えられる事はありますか?

裁判が長く不安な日々です。
早く判決がでないかと悩んでおります。

色々と質問ばかりで、すみません。
どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

最高裁が上告を受理するのは、わずか数%程度です。
従い、損害賠償請求訴訟くらいで、最高裁が受理するとは、ちょっと考えられません。

更に、最高裁で高裁判決が破棄されるケースに至っては、もう一桁下がって、1%未満。
すなわち、我が国は三審制を謳ってはいますが、概ねの係争は、事実上、二審制であり、99%程度の確率で、高裁判決で結審すると考えて差し支えありません。

そこら辺りの事情は、弁護士もよく判っていますので、被告本人にも説明しているとは思います。
説明を受けて被告本人が納得し、上告が取り下げられるケースも多いです。
逆に納得しない場合でも、最高裁への上告も、弁護士費用が発生するので・・。
被告側弁護士としては、99%見込みがなくても、クライアントが要求すれば、商売と割り切って、上告手続きくらいはしても、別に不思議ではありません。

不受理の場合、半数ほどは、3ヶ月以内に通知される様です。
よほど高難度な内容ではない限り、遅くとも年内には最高裁が不受理の判断をして、高裁判決で結審すると考えて良いです。

現時点での原告側としては、私も仮執行の請求が良いと思いますが、高裁で勝訴した弁護士なら、信頼しても良いでしょうから、弁護士によく相談するのが良いかと。
言い換えれば、こんなQ&Aサイトより、弁護士にメールででも尋ねれば良い話しですよ。

最高裁が上告を受理するのは、わずか数%程度です。
従い、損害賠償請求訴訟くらいで、最高裁が受理するとは、ちょっと考えられません。

更に、最高裁で高裁判決が破棄されるケースに至っては、もう一桁下がって、1%未満。
すなわち、我が国は三審制を謳ってはいますが、概ねの係争は、事実上、二審制であり、99%程度の確率で、高裁判決で結審すると考えて差し支えありません。

そこら辺りの事情は、弁護士もよく判っていますので、被告本人にも説明しているとは思います。
説明を受けて被告本人が納得し、...続きを読む

Q契約書 表紙に甲乙

契約書の表紙に、甲と乙を書いて作成してと言われましたが
納得がいきません。

中にも、甲乙と書いているのに、表紙にもいるのかと。。

初めて、表紙を作るので分からず調べておりましたが
どの契約書の表紙を見ても
○○契約書 相手のお名前 自社名
しかないんですが。。。

契約書の表紙はどのように作成したらよいのでしょうか。

無知で申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも契約書に表紙を作らなければならない決まりはないのですから、表紙をつけるか、付けるとしてもどのようなフォーマットにすべきかは、結局、ご相談者の会社のフォーマットの問題ですから、他の契約書を見せてもらった方が良いのではないですか。ちなみに、私だったら、下記のようにします。(甲乙は契約書の中で定義するので、表紙に記載することは私も違和感はありますが。)

売買契約書

売主(甲) 株式会社A
買主(乙) 株式会社B


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報