皆様 いつもありがとうございます

ご質問させて下さい
生後 半年のブルドッグを飼っております
ここ最近まで、犬の通院の為 散歩は控えておりました。

治療で良くなり散歩を再開したのですが、足腰が弱く感じます。

寝起きは、生まれたての子鹿の様にふらふら立ち上がりやっと歩き出します
その後は、普通に歩きます
遊んでても直ぐにペタッとなります。

治療期間の間に筋力が落ちたのでしょうか?
安静にしていた間にも体重は増えてました
体重は、間も無く20キロになるところです。


食欲と元気は普通です。

質問者からの補足コメント

  • 通院は目の怪我と前脚をびっこしていたので通ってました

    その時にレントゲン撮影での異常は無かったです。

      補足日時:2017/09/16 16:50
  • コメントありがとうございます

    本日 後ろ左足の股関節形成不全の診断を受けました
    サプリメント 食事管理 生活環境をまず初めて下さいとの事です
    まだまだ成長過程なので、外科的手術は歩けなくなってからでもとの事です。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/18 13:56

A 回答 (1件)

まず早急に、食事の管理が重要ですね❗



・生後「半年」で、20キロであれば、足腰に
負担が生じても仕方ありません!
足腰が悲鳴をあげているのですよ、通院をしている時に獣医師は体重に関してコメントは無かったのですか、現在「20キロ」‥…通院時には肥満の
兆候は見られたと思いますけど、如何ですか?

・ワンちゃんの食事の内容は把握できませんが
落ち着くまでは、オヤツ「間食物」は控えぎみに
して、主食のフードも基本量の10%~15%は
減らし、カロリー低の「鳥のササミ」などフード
にトッピングしても良いかも!

・大事な点は、急な食事制限は厳禁です!
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング