ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

2018年1月1日に北極点から南極点に向けて日付変更線上を飛行機で南下して、そのまま地球の反対側を北上して北極点に戻った場合、日付は西暦何年何月何日になってますか?

質問者からの補足コメント

  • 皆さん回答寄せて下さりましてありがとうございます。
    なんせ私マジ頭悪いので、ご回答を解読するのに時間が必要です。
    数日お時間を頂きます。
    ごめんなさいm(__)m

      補足日時:2017/09/16 17:51

A 回答 (10件)

(0)前提


前提1
前の質問( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9939231.html )を先に理解してください。前の質問が分かってないとこちらは分かりません。

前提2
日付変更線とは何かを理解してください。これが分かってないと以下の説明は分かりません。
http://www.geocities.jp/tetsuyakuge/hiduke/henko …

(1)仮定
幾つか仮定します。

仮定1
日付変更線はぎくしゃくとした折れ線なので日付変更線に沿って飛ぶと経線に沿って飛ぶよりかなり長い距離を飛ぶことになります。
http://jack8.at.webry.info/201103/article_3.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B …
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B …

しかし、簡単のために、日付変更線は東経180度の経線と正確に同じであると仮定します。

仮定2
御質問の「日付変更線上を飛行機で南下して、そのまま地球の反対側を北上して北極点に戻」る経路を「質問飛行経路」と言うことにします。また、簡単のために、質問飛行経路の長さ(総飛行距離)は正確に40,000kmだと仮定します。
https://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/132 …

仮定3
北極点に戻ってくるまで、1度も着陸することなしに、時速900km/hで、飛び続けると仮定します。

仮定4
一般に、北極点の時刻は、(a)グリニッジ標準時、又は(b)出発国のタイムゾーン、のどちらかと同じであるとされます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%A5%B5 …

しかし、北極点の時刻が(a)、(b)のいずれであるとしても、御質問の答えには影響しません。

ただ、次のように仮定します。
北極点の時刻は、御質問の飛行機に乗る人の腕時計が示す時刻と同一であると仮定します。つまり、例えば次の(ア)~(ウ)など全ての時計の示す時刻は、御質問の飛行機に乗る人の腕時計が示す時刻と同一であると仮定します。
(ア)北極点にあるスーパーマーケットの壁の掛け時計。
(イ)北極点にある雪上車の運転席の時計
(ウ)御質問の飛行機の操縦席にある時計

つまり、時計が(a)を示したり(b)を示したりしている(つまり、時計によっててんでんばらばらである)のではないと仮定します。つまり、全ての時計が(a)なら(a)の、(b)なら(b)の、同じ時刻を示していると仮定します。

仮定5
時刻は24時制で書くこととします。

したがって、00:00とは真夜中の00時00分です。06:00とは朝の6時00分です。12:00とは真昼の12時00分です。00:00のことを24:00とも言います(したがって、例えば2017年4月1日24:00と2017年4月2日00:00とは同じ時刻(同じ瞬間)です)。20:26とは夜の20時26分(つまり、夜の8時26分)です。

これは、前の質問( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9939231.html )のNo.5の回答での時刻の書き方と同じです。

(2)計算
質問飛行経路の長さ(総飛行距離)は仮定2により40,000kmであり、平均時速は仮定3により900km/hなので、総飛行時間は40,000km÷900km/h≒44.44時間(≒44時間26分=1日と20時間26分)です。したがって、2018年1月1日00:00に北極点を出発して質問飛行経路を飛んだ飛行機は、出発から1日と20時間26分後(つまり、2018年1月2日20:26)に北極に戻ります。

戻ったときには、自分の腕時計だけでなく仮定4、(ア)~(ウ)の全ての時計が2018年1月2日20:26を指しています。

(3)蛇足
以下、蛇足です。

蛇足1
地球上の全てのものは、地球の自転と同じ速度で、地球の自転と同じ方向に、動いています。つまり、地球と一緒に動いています。水も、空気も、全てのものがです。もちろん、日付変更線も地球と一緒に動いています。

したがって、御質問の飛行機は、地球と一緒にこのように動きながら、更にそのうえで(更にそれに加えて)、北極から南極へ向けて日付変更線に沿って動くことになります。

蛇足2
日付変更線のところで日付が変わります。したがって、一般に、もし日付変更線を跨いで飛ぶと、西から東へ跨いだ瞬間に丁度1日分(丁度24時間分)日付が小さくなり、東から西へ跨いだ瞬間に丁度1日分日付が大きくなります。例えば、日本からハワイへ行く場合は、日付変更線を西から東へ跨ぐので跨いだ瞬間に日付が丁度1日分小さくなります。

蛇足3
ただ、仮に跨いだとしても、跨いだ瞬間に大きくなる・小さくなるのは日付だけです。時刻そのものは、跨いだ瞬間には1秒も変わりません。時刻そのものは跨いでも全く同じ時刻です。

蛇足4
したがって、例えば2017年4月1日12:00に日付変更線を西から東へ跨ぐと、跨ぐ瞬間に2017年4月1日12:00から2017年3月31日12:00に変わります。でも、変わるのは日付だけです。跨ぐ直前には2017年4月1日のお昼の12:00だと言っていたものを、跨いだ直後には2017年3月31日のお昼の12:00だと言うことになるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

がんばります

皆様のご丁寧な説明で、バカな脳みそも理解する事が出来全ての回答者様に感謝致します。
学校の授業は先生が一度教えると、生徒が理解したものとして先に進みます。
理解力のある子は着いて行けますが、私みたいに頭悪いと家庭教師もイラつく様です。
親は中間テストや期末テストの成績が悪いと家庭教師をクビにします。
文系の成績は悪く無いんですが、理数系は頭が納得しない限り応用が出来ない不器用な頭で困ってます。
ただ納得すれば忘れないのが唯一の救いです。

お礼日時:2017/09/17 12:29

No.4です。



> 具体例を挙げて頂ければ理解し易いのですが…
地球の一周は、4万kmです。これはメートルの起源から由来します。
航空機7x7の巡航速度は概ね900m/hなので一周時間は22時間26分です(燃料補給不要、飛行高度無視)。
なので、出発時間が2018/1/1-0:0ならば、一周後の到着は、同日22:26です。

南極点経由の最短距離とすれば巡航距離は同じなので、経路には無関係です。
ご質問の意味や、なぜこれが計算できないんか、その方が、ふしぎ、でした。
なお、極点は子午線集中点なので、世界標準時適用が一般的です、念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

分かってきました。

お礼日時:2017/09/17 12:16

日付変更線を標準時に持つ国があるのか知らないが存在したと仮定し


貴方の時計をその標準時に合わせた状態で
貴方の腕時計が1/1の0時の時に出発して

飛行機が10時間飛行すれば、貴方の腕時計は10時を指す
24時間飛行すれば1/2の0時を指す
※例えその場所が北極点だとしても飛行時間が伸び縮み擦るわけでも無いし北極点に時間が存在しない訳でもない

それとも観察者は飛行機に乗らずに
地球上のどこかで見ているわけ?
そういう風には読めないが
    • good
    • 0

地球の円周はだいたい4万キロ、飛行機の速度は旅客機で時速900キロ程度です。



これを割ると地球一周にかかる時間は44.44なので44時間半ぐらいかかります。

現実には4万キロを飛び続けることができる飛行機がないことですが、そういう飛行機があれば44時間半で回れます。

で、北極から南下するにはロンドンの標準子午線(GMT)から東周りに日付変更線までの範囲で飛ばないと計算がややこしくなるので、日本上空を飛んでいくとします。

最初から巡航高度で巡航速度を出したまま、1/1 0:00に北極を通ったとすると、南極到達は22時間12分後つまり1/1 の22:12になります。南極点を通ると時間帯が変わり12時間遅くなるので、南極出発は当日の 10:12になり、北極到着は22時間12分後の1/2 8:24分なのですが北極点を通過したら時間帯がまた変わるので、到着時刻は日本時間1/2 20:24とも言えます。
    • good
    • 0

>光と同じ速度で飛行する飛行機は造れません。



え?だから??
    • good
    • 0

日付変更線の意味を誤解している様子なので答えが出ないのだね



『日付変更線の上はずっと午前0時』とは違うのだよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい
0時という時間の定義が分かりません。
午後12時と午前0時は、昨日なのか今日なのかはたまた明日なのか?
よく理解出来ません。
日付変更線上も同じく分かりません。

お礼日時:2017/09/16 17:21

飛行時間を足せばよいです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体例を挙げて頂ければ理解し易いのですが…
私頭悪くてm(_ _)m

お礼日時:2017/09/16 17:12

>飛行機の速度は任意の一定速度とします



じゃ、光の速度だったら特に日付はかわりませんねぇ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

光と同じ速度で飛行する飛行機は造れません。

お礼日時:2017/09/16 16:54

その飛行時間は何時間なの?



1時間なのであれば、1/1のまま
48時間掛かるなら、1/3になる

何が疑問なのかが理解出来ない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか答えハズレてる気がしますけど…
出発時刻は午前0時0分とします。

お礼日時:2017/09/16 16:51

飛行機の速度次第でございますねぇ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

飛行機の速度は任意の一定速度とします。

お礼日時:2017/09/16 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【月の運行】 以前()頑張れば沖縄県で北の空に月を見ることが可能だと読みました。本当ですか。理由を教

【月の運行】
 以前()頑張れば沖縄県で北の空に月を見ることが可能だと読みました。本当ですか。理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

#2で回答したのですが,考えてみれば最北端で計算する必要はありませんでした。那覇であれば北緯26.2度ですから赤緯0度の高度が63.8度,28.58度を足して92.38度というわけで天頂から北へ2.38度です。もっと南の地点ならさらに真北方向へ「低く」なることがありえます。

また「北の空」という考え方の問題ですが,空全体を東西の線で南北に分けたうちの「北半分の空」という意味では,月はずっと頻繁に通っています。

Q理科 地学 天体 もはや問題の意味がわかりません… (1)~(3)で、全てでなくてもかまいませんので

理科 地学 天体

もはや問題の意味がわかりません…
(1)~(3)で、全てでなくてもかまいませんので、わかりやすく説明していただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

さっきやった問題を援用すると
オリオン座は冬を代表する星座だから、夜の方向の中心にオリオン座が見えるCは春夏秋冬のどれ?
そうすれば、A~Dそれぞれの季節は確定出来る

1)
とりあえずAに注目する
厳密には違うけど、とりあえずAの地点で地球が自転したとしよう
観察者が太陽の方に向いているのが真昼
観察者が蠍座の方を向いているのは真夜中
じゃ朝は?左側の白と黒の境目だよね? <-地球は北極方向から見ると反時計回りに自転しているから
その時に、蠍座から太陽の方向に視線を向けた時に目に入る星座は何?
2)
最初に上げた内容から、Cの季節は冬で有るのは分かるはず
真夏の太陽高度の参考になる情報は?
南回帰線(南緯23度26分)
冬至の日南回帰線では太陽は真上(南中高度は90度)
で、観察者は北緯35度にいるということなので、(赤道から南回帰線の緯度+赤道から観察者の緯度)の差分だけ南中高度は下がる <-引き算

3)
この場合(日没頃)観察者は地球上のどのポイントにいるかを考える
太陽は東から昇り西に沈む、コレを言い換えると夜は東からやってくることになる
地球の自転方向(北から見て反時計回り=左回り)を考えれば、観察者は左側が黒色で右側が白色で表される地点に立っていることになる
A~Dのそれぞれで、その左黒右白のポイントからペガサス座が見えるのはCしかあり得ない

さっきやった問題を援用すると
オリオン座は冬を代表する星座だから、夜の方向の中心にオリオン座が見えるCは春夏秋冬のどれ?
そうすれば、A~Dそれぞれの季節は確定出来る

1)
とりあえずAに注目する
厳密には違うけど、とりあえずAの地点で地球が自転したとしよう
観察者が太陽の方に向いているのが真昼
観察者が蠍座の方を向いているのは真夜中
じゃ朝は?左側の白と黒の境目だよね? <-地球は北極方向から見ると反時計回りに自転しているから
その時に、蠍座から太陽の方向に視線を向けた時に目に入る...続きを読む

Q飛行機が地球の自転速度と同じ速度で地球を1周する事はできますか ? もし出来たら時間は止まってますか

飛行機が地球の自転速度と同じ速度で地球を1周する事はできますか

もし出来たら時間は止まってますか?

Aベストアンサー

No.4です。
基本的な数値として、
地球の自転速度は、赤道上の地表に於いて1700km/hになります。当然ながら緯度で変わります。
航空機の巡航速度は7X7型で概ね900km/hですが、これは対地速度です。
実際には大気圏内で、大気を押し退けて進むため、大気に対する速度維持が必要になります。
例えば、風速900km/hであれば、向かい風巡航速度で、地表から浮いて見えることになります。
風速900km/hは、250m/secになり、地表ではあり得ない速度です。

> 飛行機の速度が1000kmという事は、地球の自転速度プラス1000kmになるのでしょうか?
> では飛行機が地球の自転と反対方向に速度1000kmで飛行したら速度は2000kmになっちゃいますか?
飛行速度の測定基準点をどこに置くかと言う話しです。
この基準点を太陽とした場合は、おっしゃる通りになります。
地球の公転移動、太陽系も宇宙膨張や銀河回転による移動で、絶対基準点と言えるかどうかですが。
しかし、現実は前述の通り、航空機の巡航速度は対地速度で表します。
そして、地表と共に回転する空気が航空機を運んでもいるということも考慮してください。

No.4です。
基本的な数値として、
地球の自転速度は、赤道上の地表に於いて1700km/hになります。当然ながら緯度で変わります。
航空機の巡航速度は7X7型で概ね900km/hですが、これは対地速度です。
実際には大気圏内で、大気を押し退けて進むため、大気に対する速度維持が必要になります。
例えば、風速900km/hであれば、向かい風巡航速度で、地表から浮いて見えることになります。
風速900km/hは、250m/secになり、地表ではあり得ない速度です。

> 飛行機の速度が1000kmという事は、地球の自転速度プラス1000km...続きを読む

Q標準時は一国につき一つですか??

標準時は一国につき一つですか??

Aベストアンサー

東西が広い国は、同じ国内でも時差があります。それにプラスして、サマータイムを取り入れている州やない州もあり。日本のように標準時間は一つというところで育った人には、不便と感じるかもしれませんが、実際に住んでいると何も不便はなしです。明日より一時間時計が進む、遅れる、というサマータイムの前日でも、TVなどでがんがんとスポットでのお知らせもなしです。

QBSアンテナの仰角は東京では38度といわれますが、計算すると48度になります。

東京の緯度を35度として、東経110度の衛星の仰角を計算すると、約48度になります。
多少、はしょって計算していますが、それでも38度とは大きくかけ離れています。
※はしょったのは、東京と衛星を結ぶ線が経線と平行として計算している部分です。
何処が間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

誤りを指摘して欲しいならどんな計算をしたか示しましょう。
衛星が無限遠110°方向に有るとして計算すると、
方向ベクトルの内積から45°になります。つまり
実際の迎え角は45度以下になるわけで、
48度が誤まりであることは明白。

迎え角なんて内積を使えば簡単に求まるから、計算し直して
みて下さい。

Qもし地軸が傾いてなかったら、どうなりますか?

もし地軸が傾いてなかったら、どうなりますか?

Aベストアンサー

四季がなくなるんでしたっけ。
常春とか常夏とか、地域で季節が固定されると思います。

Q日付変更線の所の時刻はいつも0時00分なんでしょうか?

日付変更線の所の時刻はいつも0時00分なんでしょうか?

Aベストアンサー

>リセットするのがむずいんですが…

No.4とNo.5とでは、A、B、C、Dが1つずつずれました。例えば、No.4のBはNo.5のAです。でも、読むときにそのように1つずつずらすのは大変なので、ずらせたものをNo.5に書きました。ですので、No.4は無視してNo.5だけ読んで貰えばいいです。
すみません。



それと、No.5での時刻の書き方は24時制としました。

したがって、00:00とは真夜中の00時00分です。06:00とは朝の6時00分です。12:00とは真昼の12時00分です。00:00のことを24:00とも言います(したがって、例えば2017年4月1日24:00と2017年4月2日00:00とは同じ時刻(同じ瞬間)です)。

No.5にはありませんが、例えば20:26とは夜の20時26分(つまり、夜の8時26分)です。

Q漢字について 「酒」という字についてなのですが 字の流れ的に「せ」と読む事はルール的に出来るのでしょ

漢字について


「酒」という字についてなのですが
字の流れ的に「せ」と読む事はルール的に出来るのでしょうか。
漢字について詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

《音訓》シュ・さか・さけ
《名乗り》さか・さけ・み

せ・・ではなく み  ならよさげみたいです。

Qある観測点からの太陽の1日の動きについて

太陽の1日の動きについて教えてください

学校の理科の授業でよく見る図について教えてください。
観測する地域の緯度により南中高度が異なってくる事と、
地球の公転の影響で日の出・日の入りの位置が南北に変化する事は
理解しているつもりです。

しかし、緯度により南中高度が変わると教えている以上、
地球の自転軸により発生する∠(公転面)(地球の中心)(観測点)の変化は
多少なりとも図に示す表す必要が有るのではと思うのですが、いかがでしょうか?

特に(赤道直下での太陽の動きを観測した)や、
(棒の影の先端が1日で動いた軌跡を観測した)などといったテキストなどでは、
体感的に差は強く現れる気がします。
つまり具体的には(北半球 北緯23.4度以北の場合)
 日の出は本来よりも北寄り 
 日の入り地点が本来よりも南寄り
 なおかつ軌跡としては正円ではなくシグモイドカーブ状
とした方が良いのではないかとおもうのですが、今までそういった指摘を見た事がなく、
実は私の考えが根本的に誤っているのかと思い、投稿させて頂きました。
よろしくおねがいします。

太陽の1日の動きについて教えてください

学校の理科の授業でよく見る図について教えてください。
観測する地域の緯度により南中高度が異なってくる事と、
地球の公転の影響で日の出・日の入りの位置が南北に変化する事は
理解しているつもりです。

しかし、緯度により南中高度が変わると教えている以上、
地球の自転軸により発生する∠(公転面)(地球の中心)(観測点)の変化は
多少なりとも図に示す表す必要が有るのではと思うのですが、いかがでしょうか?

特に(赤道直下での太陽の動きを観測...続きを読む

Aベストアンサー

全体として、何が言いたいかよくわかりませんが、少々気になる点を

日の出は、水平線から太陽が少しでも出た時刻
日の入は、水平線から太陽が完全に沈んだ時刻
春分の日でも、朝と夜の時間は12時間ずつとはなりません。

日本における正午とは東経135度での南中時刻です。(厳密には、少し違いますが)
他の地域では、南中時刻は正午ではありません。
北海道は、明石に比べて、日の出も南中も日の入も早くなり、その分、「朝」の時間が増えるし、
沖縄では逆に「朝」が減ります。

太陽は地球に比べて非常に大きく、距離も十分に離れています。
そのため、太陽と地球上の観測点を結ぶ直線は、全て平行だと見做せます。
また、地面は曲面であり、同緯度に引いた線も曲線であり、南北の線に垂直な直線とは一致しません。
ですが、地球が十分に大きいので、観測地点周辺では、地面は平面、東西の線は南北に垂直と見做します。
これを、地球の方が大きく、距離も十分に近いため、観測地点毎に角度が違う、地面は曲面、というモデルで考えているのではないでしょうか?

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング