ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

Even if it's true, it doesn't matter to me。
日本語でなんといいますか

質問者からの補足コメント

  • もしこれは本当のこともわたしと関係ないっていいですか

      補足日時:2017/09/16 21:28

A 回答 (2件)

たとえそれが本当でも、私にはどうでもいいことです。

    • good
    • 1

もしあれは真実だったら、僕と何の関係もないーーーどう?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「教え子の娘」という意味について。 教え子と言えば先生が教えている生徒という意味になりますよね。 「

「教え子の娘」という意味について。
教え子と言えば先生が教えている生徒という意味になりますよね。
「教え子の娘」となると先生が教えている生徒の子供なのか、先生が教えている女の子を「娘」と言っているだけなのかどちらなんでしょう?

Aベストアンサー

「の」には連体格の「の」と同格の「の」があります。後者は口語文法で扱われることは稀で、文語文法に出てきますので、歴史的には化なり古い用法です。
現代日本語としては、連体格の「先生が教えている生徒の子供」が普通の受け取り方だと思います。

Q日本語 何となく違和感があり質問させて下さい。 よく、芸能人やテレビに出ている人が、 共演させていた

日本語

何となく違和感があり質問させて下さい。

よく、芸能人やテレビに出ている人が、
共演させていただきました。
とか、言うじゃないですか?
共演させてもらいました。
だと、変なんですか?
例えば。
この役をやらせてもらいました。
だと、変なんですか?
この役をやらせていただきました。が、正しいのでしょうか?
いただきました、と、もらいました、では、意味が違うとは理解出来るんですが、
この役をやらせてもらいました。のが、違和感が無いように思います。
共演させていただきました。だと、とても違和感があります。
みなさんはどう使い分けますか?
了解しました。と、
承知しました。との、違いはわかりますが。

Aベストアンサー

「共演させてもらいました」をそのまま敬語にすると、「共演させていただきました」になります。

QT字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

T字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

Aベストアンサー

「誤用がそのまま許容されている」と判断するのが妥当なように思います。
つまり、「本来の使い方」というものは存在しないのではないか、と。
「丁」にしても角度を変えればY字路を表現することは可能でしょうし、どうしても「T字路」という語彙が必要とも思われません。
ただ、「T」の形そのままの箇所は多いわけで、その場合には「T字路」と呼ぶほうがむしろ便利であり、それは間違いだと目くじらを立てるほどのことではない、といったことじゃないでしょうか。

ただ、ウィキによると、
法律ではなく命令であれば、省令の 「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の別表において「T形道路交差点」という用語が用いられている例がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%81%E5%AD%97%E8%B7%AF
とのこと。

Qなんて読むの 教えて下さい

なんて読むの
教えて下さい

Aベストアンサー

No.1です。

肝心な読みを忘れてました。

「ふうふとは なんとよいもの むかいかぜ」です。

Q将棋などの「詰んでる」という言葉のイントネーションは、「つ」ですか?それとも、「ん」ですか?

将棋などの「詰んでる」という言葉のイントネーションは、「つ」ですか?それとも、「ん」ですか?

Aベストアンサー

つんでる
髙低低低
日本語アクセントは髙低アクセントです。

Qこの“と”の意味は何ですか。 に決まってるって文系はよく使われているんじゃないですか。お願いします

この“と”の意味は何ですか。
に決まってるって文系はよく使われているんじゃないですか。お願いします

Aベストアンサー

物事はそこが基本でそこから出発して判断して欲しい場合に使う格助詞です。判断の起点基準を示します。
私の席である<と>決まっている、それ以外はそこを基準に決めなさい。
君は僕と同じだ/違う。

賃金ときまっている、そこを出発点に以下を考える。出発点だから有無を言わせないという具合です。

Q「動詞の進行形+うちに」と「動詞の辞書形+うちに」

皆様、いつもお世話になっております。

日本語の文法に関するこの何日も悩んでいる質問で、いろいろに調べてみましたが、まだ回答が見つかっていないのです。
質問は「動詞の進行形+うちに」と「動詞の辞書形+うちに」のニュアンスの違い。
下記の2組の例をお上げいたします。
①「最初はできないが、やっているうちになれるよ」と「最初はできないが、やるうちになれるよ」
②「合ううちに好きになった」と「合っているうちに好きになった」

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「うち」は名詞と考えられるので、その前の語は連体形です。「うち」は時間の場合、前後にある時期・ある時刻が来て、その間に挟まれた時間帯を表します。
「うち」自体が、ある時間帯の継続を示しているので、連体形・進行形いずれにしても継続の意味を帯びるのですが、この時間帯に、動詞+進行形「やっている」「会っている」を入れ込む場合、進行形の性質から当然、存続・経過・継続のニュアンスが二重に強められることになります。つまりは、進行形を使うと、それを継続することが大切だよ、と念を押す強調する意味合いを含むと言うことです。

Q[5W1H]「何々をしながら」というのは「どのように」に相当するのでしょうか。

日曜日に私は公園で桜を見ながらおにぎりを食べました。

上記の文章で「桜を見ながら」は「どのように」にあたるのでしょうか。
日曜日に…いつ
私は…誰が
公園で…どこで
桜を見ながら…どのように
おにぎりを…何を
食べました。…どうした

「桜を見ながら」が「桜を見て(から)」と、おにぎりを食べる前に行ったことであれば「どうした」で良いのでしょうか。
日曜日に…いつ
私は…誰が
公園で…どこで
桜を見て(から)…どうした
おにぎりを…何を
食べました。…どうした

Aベストアンサー

>「桜を見ながら」が「どのように」(How)、「桜を見てから」「食べました。」は「どうした」ということですね。
「桜を見ながら」、も、「桜を見てから」、も、たとえ、「桜を見る前に」、であっても。How(どのように)です。
どうした=食べた、だけです。
どのように、の意味わかってますが、どんな状況で・・という意味です。
食べたのはどんな状況で?、桜、見ながらでも。見てからでも、散ってからでも、桜でなくても食べた時
の状況であれば何でも構いません「バスのなかで」でも、修飾語がつけば「移動するばすの中で」。
どうした、は文章の中では欠かせない述語です、これがなくては、話も通じません。
>「桜を見てから」「食べました。」
桜を見てから、こんなもの省略してもは話として十分通じます。
食べました(食べた)は省略したらどうなるか考えてみてください。

Q「成し得たい」という日本語はありますか?

「成し得る」「成し得た」は、あると思いますが、「成し得たい」という言い方を耳にして、違和感を抱きました。Googleで検索すると1万件ほどヒットし、「成し遂げたい」のような意味で使われているようです。あるいは「成し遂げて何かを得たい」という意味合いでしょうか。

私は、「成し得る」は成すことができる、達成し得るという意味だと思いますが、そうすると、「成し得たい」は、「達成し得たい」ということになりませんか?
「~し得たい」という表現はないと思うのです。

あと、よくよく考えると、「~を成し得た」という表現も、大きなことを達成したときに、「達成した」の意味で使われることが多いと思いますが、これはあっていますか?達成し得たという意味だと思うのですが。

手持ちの広辞苑と大辞林には「成し得る」自体が載っていないので、よくわかりません。
ただ逆に言えば、「成し得る」という単語がないということは、やはり「成す」+「し得る」ですから、例外的な意味は付加されないと思うのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「なし得た」は動詞「なす」の連用形「なし」+可能の意味を表わす動詞「得る」の連用形「得」+過去の助動詞「た」です。

「なす」は「成す」または、「為す」で、「なし得た」で「達成した」の意味になります。

「たい」は話し手の希望、要望を表わす接尾語で、動詞の連用形に接続し、「一家を成したい」のように使用します。可能の意味を表わす「得る」に「得たい」とは使用せず、この場合は「手に入れたい」の意味になります。

「何かをしたい」は、サ変の「する」の連用形「し」+「たい」で、この語が普通には使用されます。■

Q「アダムが楽園を追放された」の文法的な構成

ある日本のアニメーションから「アダムがリンゴを食べてしまった為に楽園を追放された」という文を聞きました。私なら「楽園から」と言ったと思います。ネイティブの作家が書いてネイティブの声優が読んでいるから日本人に変に聞こえる日本語ではないのは確かでしょうか、私にはなぜこんな構成になるのかがよく理解できません。

能動態だったら「神(主語)がアダム(目的語)を楽園から追放した(述語)。」ではないですか? それを手動態に変えると「アダム(主語)は[神によって]楽園から追放された(述語)。」になりそうですが。

上の文の文法的な構成を教えてください。

Aベストアンサー

格助詞の「を」には場所を表す用法があります。
「いつもの道『を』通る」
「大空『を』飛ぶ」

その一種として、起点・出発地点を表すこともあります。
いつもそういう意味を表せるというわけではなく、動詞との組み合わせによって、そういう意味にもなる、ということです。

「毎朝九時に家『を』出ます」
「バス『を』降りてから五分ほど歩く」
「故郷『を』離れる」
「席『を』立つ」

この用法は古くからあります。

*万葉集〔8C後〕一五・三六八八「大和乎(ヲ)も 遠く離(さか)りて 石(いは)が根の 荒き島根に 宿りする君〈遣新羅使人〉」
*源氏物語〔1001〜14頃〕明石「住吉の神の導き給ふままに、はや舟出してこの浦を去りね」
*平家物語〔13C前〕四・還御「七日、福原をいでさせ給ふに」
*俳諧・奥の細道〔1693〜94頃〕旅立「千じゅと云所にて船をあがれば」
*野火〔1951〕〈大岡昇平〉二「私は内地を出て以来、かういふ不条理な観念や感覚に馴れてゐた」

そして、韓国語にもありますね。




さて、「~を追放する」の場合も、まれに『を』が出発点を表すことがあります。
「公職を追放する」
「(略)向後江戸に出て来てはならぬとかたく申しつけて、追放するがよい」 と、とりなす者がいて、いのちだけ助けられて、江戸を追放された。(海音寺潮五郎『日本名城伝』)

このほかにも、
「シーボルトは日本を追放されて本国に帰った。 」
「チャップリンは赤狩りによって、アメリカを追放された」
などの用例は山ほどあります。

したがって、「楽園を追放された」はおかしな言い方ではありません。



>神(主語)がアダム(目的語)を楽園から追放した

文法的です。
これを受動態にすると
「アダム(主語)は[神によって]楽園から追放された(述語)。」
になるというのも、その通りで、間違いありません。



では、
「アダムが楽園を追放された」
これを能動態にするとどうなるでしょうか?

×(神が)アダムを楽園を追放した。

だめです。こんな日本語はありません。

実は日本語には「『を』を二つ続けてはいけない」という規則があります。
(この点は韓国語と少し違います)
○太郎を走らせた。
○太郎がグラウンドを走った。
×コーチが太郎をグラウンドを走らせた。

そのため、「アダムが楽園を追放された」に能動態はありません。
受動態しかないのです。

どうしても能動態にしたければ、
「(神が)アダムを楽園から追放した」
とせざるを得ません。

格助詞の「を」には場所を表す用法があります。
「いつもの道『を』通る」
「大空『を』飛ぶ」

その一種として、起点・出発地点を表すこともあります。
いつもそういう意味を表せるというわけではなく、動詞との組み合わせによって、そういう意味にもなる、ということです。

「毎朝九時に家『を』出ます」
「バス『を』降りてから五分ほど歩く」
「故郷『を』離れる」
「席『を』立つ」

この用法は古くからあります。

*万葉集〔8C後〕一五・三六八八「大和乎(ヲ)も 遠く離(さか)りて 石(いは)が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報