【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

右中肺野の結節影と健康診断で言われたら要再検査?

A 回答 (1件)

結節影は、いろんな原因が考えれます。


・風邪引き
・何も問題なし
・肺がん
・肺気腫

・健康診断のレントゲン撮影は、間接撮影で分かりにくく、精密検査(直接撮影又はCT撮影)するのが安全

健康診断のレントゲンで影が写ていても、大半は何もない又は、大した事ない場合が殆どですが、肺がん等重い病気の可能性もあり、再検査(精密検査)される事をお勧めします
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺野結節影あり

人間ドックの結果 胸部X線の検査で肺野結節影あり 精密検査受けてください。と 言われました。これって 肺がんの疑いありってこと?土日病院やってないので3日間も不安で待てない。誰か教えてください。

Aベストアンサー

他の方もお書きになっていますが、普通ではないものが写っているときに、その形から異常影とか、結節(平たく言えば丸く見えるもの)とか表現します。単に結節といっても、皮膚に存在する出っ張ったほくろや乳首が写ることもありますし、肺の中でも、炎症性の結節や、良性腫瘍・悪性腫瘍・葉間胸水など、様々です。
そもそも胸部X線撮影は結核の予防から始まっていますが、今はもちろんがん検診の様相を呈してます。しかしながら、1もしくは2方向のみの撮影であること、胸部CTの方がはるかにきちんと細かく検索できることから、安易に異常影として引っかけてCTで決着をつける体制があるのは否めません。これは、医療側からすれば「見逃し対策」つまりは「訴訟対策」の面もありますので、こういったことで日本の医療費がかさんだりもするわけで、、、、、
いずれにしても、心配なさるお気持ちはよく分かりますが、、、
ごくごくごく簡単に言ってしまうと、大きな3cmとか、そのぐらいあるのだとやっぱり悪性を疑いますが、、、、やっぱり一概には言えません。

Q人間ドック検査結果で「左下肺野結節影」との指摘

6月中旬に受けた人間ドックの胸部X線で
結節影を認めます。経過観察が必要です。6ヶ月後に再検査をお受け下さい。
 左下肺野 結節影の大きさは直径13,7mmです。
 両下肺野 胸膜癒着疑い
と、記されていました。

昨年7月にも同じクリニック(医科大学系の主に健康診断を行っているクリニック)で
健康診断を受けましたが異常は認められませんでした。
今年の健康診断では他にも心電図にもひっかかり、こちらも経過観察で来年も検診を受けて下さいとのことでした。

クリニックへ電話で、6ヶ月後の再検査について問い合わせましたところ、
窓口が事務の方のようで、とりあえず来週に診察の予約を取りました。
結節影が結構大きいように思うのですが、再検査が6カ月先とはどう考えれば良いのでしょう?
又、「検査結果報告書には”再検査”」としか記されていず”精密検査”ではないのですが、
この場合は再度の”胸部X線”となるのでしょうか?
既に健康診断より1カ月半が過ぎていますので、今すぐにでもCTでの検査をお願いしたいのですが再検査の時期としてはまだ早いのでしょうか?

当方、喫煙経験は全くない56歳女性です。
今年に入り、スポーツジムに熱心に通い、又、主に菓子・アイスクリームを食べないようにして
6ヶ月で72kgから57kgと約15kg体重減となりました。

6ヶ月後の再検査を記されたお医者様へどのように話して、至急のCT検査をお願いすればいいのか悩んでおります。

6月中旬に受けた人間ドックの胸部X線で
結節影を認めます。経過観察が必要です。6ヶ月後に再検査をお受け下さい。
 左下肺野 結節影の大きさは直径13,7mmです。
 両下肺野 胸膜癒着疑い
と、記されていました。

昨年7月にも同じクリニック(医科大学系の主に健康診断を行っているクリニック)で
健康診断を受けましたが異常は認められませんでした。
今年の健康診断では他にも心電図にもひっかかり、こちらも経過観察で来年も検診を受けて下さいとのことでした。

クリニックへ電話で、6ヶ月...続きを読む

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2485658.html
に同様の相談(肺野結節影)があり、その方の場合はサイズが3cmでガンの疑いもあると判断されてCT検査に進まれたようです。

肺に影があったからといって必ずしもがんとは限りませんし、あなたの場合サイズが大きくないので精密検査ではなく再検査との表現になったと思われます。(胃のX腺検査では「すぐ再検査」で無事解放される場合があります)
http://allabout.co.jp/gm/gc/299358/2/
にその辺のことが詳しく書かれていますが、医師の判断で「すぐに再検査を」「1年後に再検査を」などの表現が選ばれるそうです。再検査では影が大きくなるかどうかをウォッチします (大きさが成長すればガンの疑いが増すといったことです)。肺ガンは発症すれば重いガンなため早期発見が非常に重要です。少なくとも「健康診断の結果に記載されている指示には従う」べきでしょうし、医師との面談で「不安だからすぐにCT」とでもお願いすれば考えてくれると思います。蛇足:CT検査には副作用もありますので、初めてであれば慎重に臨んで下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2485658.html
に同様の相談(肺野結節影)があり、その方の場合はサイズが3cmでガンの疑いもあると判断されてCT検査に進まれたようです。

肺に影があったからといって必ずしもがんとは限りませんし、あなたの場合サイズが大きくないので精密検査ではなく再検査との表現になったと思われます。(胃のX腺検査では「すぐ再検査」で無事解放される場合があります)
http://allabout.co.jp/gm/gc/299358/2/
にその辺のことが詳しく書かれていますが、医師の判断で「すぐに再検査を」「1年...続きを読む

Q右下肺野侵潤影の疑いで精密検査になりました。どんな病気ですか?

右下肺野侵潤影の疑いで精密検査になりました。どんな病気ですか?

Aベストアンサー

肺の中の肺胞という部分に、液体がたまっている状態をいいます。
のどから気管がのびており、気管は肺の中で分岐を繰り返して気管支、細気管支になるのですが、その先端の部分が肺胞です。丸い袋状の形をしています。

肺胞の中には、ふつうは空気だけしか存在しません。
ところが、組織に炎症が起こると、人間のからだのおもしろいしくみとして、水分がそこに集まってきます。
肺胞に水分(液体成分)がたまってくるのも、肺が炎症を起こしているためです。

レントゲン検査をおこなうと、炎症を起こしている部分がもやもやとしか映らなくなり、鮮明に見えません。
この状態を浸潤ないしは浸潤陰影(浸潤影)といいます。
質問者さんの場合には、右の肺の下部(右下肺野)に浸潤がありますよ、ということになるわけです。

このような状態のときの精密検査では、まず真っ先に、肺胞そのものに炎症を起こす細菌性肺炎を疑います。
主として、肺炎球菌が原因で起こりますが、高齢者の場合には命にかかわることもあるのでワクチン投与が呼びかけられているほど、怖い病気です(CMで啓蒙活動が展開されています。西田敏行さんだったかな?)。
自覚症状がない場合も少なくないのですが、早期に治療(一定期間、抗生物質を使って細菌を完全に死滅させます)しないと重症化するおそれがあるため、そのために精密検査を行なって病名を確定させます。

そのほか、ガンや結核などの場合にも浸潤があらわれますが、いずれにしても、どんな病気なのかは精密検査をしないとわかりません。
つまりは、状態をあらわす名称なのですね。病名そのものではありません。
言い替えると、あらゆる可能性を考えざるを得ないわけで、速やかに病医院にお出かけ下さい。お大事に。

肺の中の肺胞という部分に、液体がたまっている状態をいいます。
のどから気管がのびており、気管は肺の中で分岐を繰り返して気管支、細気管支になるのですが、その先端の部分が肺胞です。丸い袋状の形をしています。

肺胞の中には、ふつうは空気だけしか存在しません。
ところが、組織に炎症が起こると、人間のからだのおもしろいしくみとして、水分がそこに集まってきます。
肺胞に水分(液体成分)がたまってくるのも、肺が炎症を起こしているためです。

レントゲン検査をおこなうと、炎症を起こしている部分...続きを読む

Q胸部レントゲンでまたもや要精密検査になる

はじめまして
先日、健康診断を受けたところ、右中肺野に異常陰影、検査官のコメント欄に”やや目立つ所見あり。精密検査を受けましょう”という結果がでました。2年前、別の検査機関で受けた健康診断でも”右中肺野に結節影あり”となり、大病院で精密検査を受けたら(CTスキャン)、異常なしでした。健診の撮影は2回とも直接撮影でした。
この場合、やはり前回、精密検査をした病院でもういちど検査をするべきでしょうか?
健診で同じ場所でひっかかるというのはよくあることなのでしょうか?
成人してから健診を受けた回数は3回で、うち2回で肺の異常を指摘されたことになります。大丈夫だろうと思いますが、少し不安です。
36歳女性、喫煙暦は18~32才まで、一日5本~10本程度吸っていました。知っている限り親族で肺の病気になった者はいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO1です。

友人が、肺の陰影を指摘され丁度心臓の辺りだったようでしたが、大掛かりな検査をしたそうです。
CT,MRI,骨シンチなど。結果は何もなく、レントゲンにのみ写っていたそうです。
陰影は心臓の血管だったとの事です。

でも、何度もですのでそうしたことを踏まえて詳しく検査をされてはいかがかと思いました。

お大事に。

Q肺の結節影での再検査でCTかMRIか?

昨年10月に胸部CTで、右肺中葉に2mmの結節影があり約半年後の、明後日の22日にCTの検査があるんですが、(先々月に近所で健康診断がありレントゲンで右肺上葉に5mm?の結節影があると言われ不安が増してる状態です)。
で、連休もあり、今は病院の医師との相談もする時間がない状態で。


今回の福島の事故により色々ネットで調べたら、胸部CTはあまり頻繁に取らないほうがいいとのこと。

CTではなくMRIは肺の結節影の検査は使用は出来ないものでしょうか?

出来る可能性があるなら、22日の検査キャンセルして再度診察受けて医師と相談してMRIに変更したいので。

詳しい方いたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MRIはCTに比べ画像分解能が悪いので、小さな「影」の検査には向きません。
また肺はほとんど空気なので、これまたMRI向きではありません。

とりあえず参考まで。
http://allabout.co.jp/r_health/gc/299358/
http://health.nifty.com/cs/catalog/idai_qa/catalog_4620_1.htm
http://www.rr.iij4u.or.jp/~kanchan/lungca.htm

Q健康診断で呼吸器系に結節影あり

こんばんわ
先日会社の人間ドックで
健康診断で呼吸器系に結節影あり
再検査が必要ですと検査結果が送られてきました
こではどういう病気なのでしょうか
どういう症状なのでしょうか?
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

それは「レントゲン検査で肺に何か影があった」と言うだけでそれ以上の何物でもないです。具体的な病名などは規約に触れるし、それこそいろいろな可能性がありますので触れません。
健康診断の目的からすると「病気の人を見逃す」よりも「病気でない人も疑わしければ精密検査する」方が理にかなっているはずです。
レントゲンに限らず検査の感度には限界がありますから、おのずと精密検査で「異常なし」となる人がいますし、数の上からすると要精密検査となった人の多くは「異常なし」になるはずです。
まあ今の時点でいたずらに不安になる必要はないでしょう。それよりもきちんと検査を受けて「何か異常があるならそれを早く取り除くいい機会だ」と前向きに捕らえておいた方が良いと思います。

Q肺に影があると言われました。可能性のある病気は??

25歳の主人です。
先日の会社の健康診断のレントゲンの結果、肺に影が見えるとの事で再検査を勧められました。

まだ25歳だし、昔からスポーツをやっていて体力には自信があった主人なので、とてもビックリしました。

可能性のある病気とは何があるでしょうか?!まさか20代にして肺がんとかもあるえるのでしょうか?

ちなみに、20歳位の時期に2年ほど喫煙歴がありますが、現在はやめています。
体調的に自覚症状はありません。

再検査をしないとハッキリわからないのは承知なのですが、可能性として教えて下さい。
今電話で少し聞いただけなので、影の大きさなども分かりません。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

健康診断のレントゲンとは、胸部単純X線写真のことだと思います。
この検査で異常を指摘される確立は5%程度あります。つまり、健診を受けた人の100人に5人は異常を指摘されます。この異常を指摘された人の100人に1人が実際に病気を発見されます。この病気には肺癌をはじめ、様々な病気が含まれます。
ポイントは健診では意外に多くの人が異常を指摘され、その大部分の人がなんでもないということです。
しかし、だからといって放置していては健診の意味がありません。
精密検査を受ける必要があります。精密検査とは胸部CT検査です。これで異常なしということが証明されると思います。胸のレントゲンを撮りなおすことに意味はありません。レントゲンはその時々の角度等によって、同じ人のものでも違って見えます。
CT装置を有する病院で(必ずしも大きな病院である必要はありません)、胸部CT検査を受ければすべて解決です。

Q肺尖ブラ

会社の健康診断で、胸部X線検査に所見がありますという結果が出ました。

「右、肺尖ブラの疑い  要経過観察」

というものです。
実は、去年の所見では、何もなく、
2年前の年は、同じ所見が出ていました。

「経過観察」ということなので、病院にも行っていませんが、これはいったい、どういうものなのか、おわかりの方がいらっしゃれば、教えてください。

(この所見は、私の夫、35歳のものです)

Aベストアンサー

ブラとは肺胞というガス交換する小さな部屋の間の隔壁が壊れて融合して大きな部屋になってしまった物のことです。ちょうど肺というスポンジの中に風船が膨らんだ感じになっています。肺尖部に出来ることが多く加齢によって肺気腫などになると多発したりもしますが1~2個あるくらいでは症状も無いのが普通です。しかし、時として破裂したりすると気胸を起こします。
突然呼吸が苦しくなったり、胸が痛くなった場合は注意して下さい。
ブラが片肺の3分の1以上を占めるほど大きかったり気胸を繰り返す様な場合外科的に切除する事が必要となることがありますが最近は胸腔鏡と自動吻合器によって3~4カ所の穴をあけただけで出来ることが多くなりました。
切除の適応が無い場合、経過を見ていく事になると思います。
胸部X線でも診断出来ますが肺野のCTを取ればさらに詳しい情報を得ることが出来ます。一度呼吸器内科を受診されておいた方が気胸などを起こした場合もすぐ診断がついて安心できると思います。脅かすわけではありませんが気胸も緊張性気胸などになると診断が遅れると命に関わりますし・・・。
安心料と思って一度受診されることをお勧めします。

ブラとは肺胞というガス交換する小さな部屋の間の隔壁が壊れて融合して大きな部屋になってしまった物のことです。ちょうど肺というスポンジの中に風船が膨らんだ感じになっています。肺尖部に出来ることが多く加齢によって肺気腫などになると多発したりもしますが1~2個あるくらいでは症状も無いのが普通です。しかし、時として破裂したりすると気胸を起こします。
突然呼吸が苦しくなったり、胸が痛くなった場合は注意して下さい。
ブラが片肺の3分の1以上を占めるほど大きかったり気胸を繰り返す様な場合...続きを読む

Q入社前の健康診断であまり良くない結果が。この場合採用は見送られる?

訳あって現在,夫が転職活動中です(年内で現在の会社を退職することが決まっています)。
幸いにも数社から内定をいただけそうで,そのうちの1社が「最後に健康診断を受けていただいて,
そこで問題がなければ入社の日程や,最終的な条件を詰めて契約しましょう」ということになりました。

ということで,先日病院に健康診断を受けに行き,今日結果が出ました。
結果としては,総コレステロール値が高く「高脂血症」及び「気管支拡張症」とのことでした。
先月人間ドックを受診したばかりで,その際には特に問題なし,との結果だったので
入社がかかった健診でこのような結果が出てしまい,本人は相当ショックを受けているようです。
「これであの会社は落とされる可能性が高い・・・」と落ち込んでいるのですが,本当にそうなのでしょうか?

もちろん高脂血症なんて良いモノではないし,食生活等の改善がさらに必要かと思います。
(食事には気をつけるようにはしているつもりなんですが・・・私にも責任があるかと思うと私もショックです)
気管支の方は以前からそのように判断されており,生活には支障はなく,特に治療も必要ないとのことなのですが・・・。

一般的に言って,入社時の健診でこのような診断が出てしまった場合は,採用を見送られる可能性が
高いのでしょうか?
(会社の方針等にもよるかと思いますが,一般的にはどうでしょうか)

訳あって現在,夫が転職活動中です(年内で現在の会社を退職することが決まっています)。
幸いにも数社から内定をいただけそうで,そのうちの1社が「最後に健康診断を受けていただいて,
そこで問題がなければ入社の日程や,最終的な条件を詰めて契約しましょう」ということになりました。

ということで,先日病院に健康診断を受けに行き,今日結果が出ました。
結果としては,総コレステロール値が高く「高脂血症」及び「気管支拡張症」とのことでした。
先月人間ドックを受診したばかりで,その際には...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ、言われているように 「会社の方針等にもよる」 ので、ここでの回答は結局は気休めにしかならないと思いますが。

経験から行きますと、雇用者は被雇用者に法定の健康診断を受けさせる義務があります。採用時の健康診断の一つの目的は、雇用開始後の健康診断である疾患が発見されたとき、雇用の後発生したものであれば労災の可能性もありえますが、採用前からあった疾患であれば、労働とは関係ないことがはっきりします。

「高脂血症」 と言ってもその程度はいろいろありますし、単に総コレステロール値が高いだけでは問題になるとは思えません。現在多くの機関では、測定数値が一定値を越えていると自動的に印字することが多いので、細かい Data、所見によらずしては言えませんが、総コレステロール値が上限を越えている程度であれば、問題になりません。ちなみに前回の人間ドックの結果数値とそこに記載されている上限値を確認してください。案外上限値よりわずかに低い、と言うこともあります。となると、測定時の誤差のいたずら、と言うこともありえます。「気管支拡張症」 の程度問題でして、おそらく胸部 X-P の陰影からの判断でしょう。喫煙者では往々にして見受けられる所見です。いずれも、「要精検」 なり 「要再検」 の指示がなければ、気にしても始まりません。

通常なら問題になるような所見ではないと思います。

No. 1 の回答の中で、誤解に基づく偏見と思われる記述があるので、正しい知見を付記させてもらいます。
>健康診断って、あまりアテになりませんよね。例えばレントゲン写真が小さいために「陰がある」と再検査になったことがありますが、大病院で再検査したら「異常なし」でした。病院が再検査で儲けるために「要再検査」にする場合もあるらしいですしね。

正確な判定を行なえるにこしたことはありませんが、そのためには膨大な Cost が必要なので、一般健康診断は簡略化しています。その代わり、「真の疾患を見落とすことを避けるため、疾患でないものでも疑いが出ても仕方がない」 とのスタンスです。難しく言えば、疾患があるを "○"、疾患がないを "×" であらわすと、
検査結果 疾患
○    ○ :検査で異常、疾患あり
○    × :検査で異常だが疾患ではない (No. 1 の例です)
 × ○ :検査は正常だが疾患 [見落としになり問題です]
 ×    × :検査で正常、疾患なし
この 2 番目が増えても、3 番目がおきないようにやっているのです。

まぁ、言われているように 「会社の方針等にもよる」 ので、ここでの回答は結局は気休めにしかならないと思いますが。

経験から行きますと、雇用者は被雇用者に法定の健康診断を受けさせる義務があります。採用時の健康診断の一つの目的は、雇用開始後の健康診断である疾患が発見されたとき、雇用の後発生したものであれば労災の可能性もありえますが、採用前からあった疾患であれば、労働とは関係ないことがはっきりします。

「高脂血症」 と言ってもその程度はいろいろありますし、単に総コレステロール値...続きを読む

Q肺野に小結節見つかる。

人間ドックのCT検査で右肺、背中側一番下に10mmの小結節がありました。

3週間後に専門病院にて詳しい(3mm巾)CTを撮ったところ8mm大でした。

担当医は、炎症のようなので3か月後様子を見る。
痰も出ているので訴えてもこれとは関係ないとのこと。肺であるだけに心配でなりません。

セカンドオピニオンを考えていますがこうした症状は
どこに行っても同じ結果になるのでしょうか。
痰の検査でもしておきたいと思っています。

最悪、結節が変形し大きくなっていた時のことを考えると気が気ではありません。
今の症状は痰がしょっちゅう出ることと、少しだるい
程度です。痰は今年に入ってから多くなりました。その3週間後にドック受診して見つかりました。
詳しい方どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結節が見つかったのが「右肺、背中側一番下」とのことですが、この位置では痰に異常が出にくいのではないかと推察されます。

痰の検査とすると(1)細菌検査(2)病理検査(癌などを探す)が一般に外来で行える検査ですが、(1)は結節の原因検査としてはあまり意味を成しません。
(2)についても肺の中心部(ある程度の太さのある気管支より)に病変がないと、ほとんど異常を捉えることができません。
このために、痰の検査がなされたかったのではないかと考えます。
どうしても心配であれば、血液検査で腫瘍マーカーを調べることもできますが、この場合でも、結節が8mm程度だと正確な判定は困難だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング