ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

太平洋戦争アナタは侵略戦争だったか、それとも自衛のための戦争だったか?どちらだと思いますか?意見と根拠をお聞かせ下さい

A 回答 (16件中1~10件)

当時の価値観で考えるのか、現在の価値観で考えるのかをはっきりさせる必要がまずあるでしょう。



個人的には、どんなものであり歴史の事実は「当時の価値観で考えるべき」だと思いますので、当時の価値観で答えます。
自衛戦争だったといえるでしょう。

そもそも、日本の周辺には国家がありませんでした、清は末期的な症状で各地に軍部ができ、それも共産系と民主主義系に分かれて大喧嘩、日本は朝鮮を併合して、其れに対してロシアがモンゴルに社会主義的圧力を強化して南下の意思を示し、満州国と対立することになったわけです。

実際問題として、当時はヨーロッパ本土以外はすべて「植民地での争い」であって、日本だけが大陸で戦っていたわけではない、ということに留意が必要です。
 第一次大戦当時は、租界に侵入してくる中国兵を日本軍が阻止し、イギリスやフランスなどから賞賛を受けています。これらのように、そもそもアジアにはヨーロッパの軍隊が相当いた、ということを忘れてはなりません。

結局 日本は「島国である本土を防衛するため」アジア大陸の深くまで侵攻することになります。これと同時にアメリカと海で戦っているのですから、どう考えても無謀であったことは事実と言えるでしょう。

でも、自衛なのか侵略なのか、といえば「当時は侵略も自衛だった」といえます。そもそもヨーロッパ人が植民地を作りS子を守ることを「自衛」と呼んでいた事実を考える必要があります。

ただ、戦略的に無謀過ぎました。アメリカと開戦したのは無謀過ぎたんです。だから、コテンパンに負けて、日本人は「敗戦」を受け入れたのです。そこから「戦争はいけない、あれはしんりゃくだったんだ」という意識を刷り込まれた、ともいえますが、実際には日本人の中に「無謀過ぎた戦争」という反省があったから「侵略戦争」と言う定義を受け入れたといえます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コメントありがとうございます!歴史、価値観を含めて詳しく書き込みありがとうございます

お礼日時:2017/09/20 11:52

太平洋戦争は侵略戦争ですね。




太平洋戦争の目的は


"大東亜共栄圏の建設"です。


これは、日本の天皇を中心にアジアが一体となって
欧米に対抗すべき・・

というアジア支配を正当化したものです。



アメリカの植民地であったフィリピン国民はこう言ってます。


「アメリカ人は、ジャズなどの娯楽を与えてくれたが、
日本兵は奪うことしかしなかった」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます

お礼日時:2017/09/28 20:29

自衛です。

日本と現下の北朝鮮と、違いますよ❗国民を疲弊させてない。反対者を殺してない、兄を殺してない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます

お礼日時:2017/09/28 20:30

侵略の為に戦争は、するのです。

中国のアヘン戦争の後、共産主義になりキルケの魔法に踊り他国にぶつける道具にされてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます

お礼日時:2017/09/28 20:30

すべての戦争は「自衛のための戦争」です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます

お礼日時:2017/09/23 23:44

当時の価値観で言えば、「石油、鉄鋼の輸入を禁じたABCD包囲網を回避するため」であれば、オランダ領東インド諸島への侵攻は自衛だったと思います。



その原因となった中華民国への侵攻、傀儡政権の樹立は、今の価値観では侵略ですが、当時は帝国主義乱立で植民地獲得が普通のことであったので、侵略といえば侵略、侵略には当たらないといえば侵略には当たりません。

ABCD包囲網は実態はともかく連合を組んでの外圧ですから、オランダ領東インド諸島への侵攻=オランダへの宣戦=オランダと連合を組むアメリカ、イギリス、中華民国への宣戦であった訳です。

米英に宣戦布告をせずとも、「オランダへの侵攻は米英による日本への宣戦布告を招く」と当時の日本が思っても不思議ではなく、そうであれば先に宣戦を布告するというのもおかしな行動ではありません。実際にはそこまでの結束は米英中蘭にはなかったのですが、あの時代では把握できなかったのだと思います。

個々の戦域では明らかに遣りすぎな統治もあり(例えば、準備不足が招いた比国捕虜移送による大量死とか、香港、昭南島での中国系市民の弾圧とか)、その側面では、もはや侵略でしか評価しえないものもあります。後追いで進駐を認めさせたタイに対する遣り方もまずいですし、阿呆な参謀の独断専行、無能な将軍の私腹こやしとかしか思えない行いは「お前、何か勘違いしとりゃせんか?」としか言えません。

しかしながら、開戦に至るまでの国家の活動は、①当時は一般的な帝国主義的膨張策、②普通の行動に対する経済封鎖と、それを打破するための戦争までは、自衛戦争と位置づけられる内容かと思います。それが戦域や軍団単位で腐っていき、戦時の兵員教育も腐っていった挙句、随所で侵略行為に変質していった部分がある、と考えるのが一番しっくりきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます!

お礼日時:2017/09/21 00:55

中国大陸に侵略して来た日本軍と戦った、中国政府の自衛の戦い、パールハーバー奇襲作戦宣戦布告無しで襲い掛かった日本海軍の狼藉、アメリカ政府の自衛の戦い、旧日本政府の侵略戦争、原爆投下2個はやり過ぎ、東京空襲の時皇居だけを爆撃すれば昭和17年で戦争は終わっていた、米政府は日本民族を皆殺しにしたかった、アメリカ政府にまんまとはめられた。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます!
あの頃は、植民地支配と侵略戦争は当たり前でしたから

お礼日時:2017/09/20 11:58

自衛と言う奴の気が知れない、中国が日本の領土か?アメリカが日本の領土化か?自衛とは日本の領土で戦うこと、今でも見境のないあほが多すぎる、サンキュー23こんなあほな質問するな!自衛と言う奴は戦犯と同類、絞首刑にする必要。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

コメントありがとうございます!

お礼日時:2017/09/18 12:28

自衛ですぷん アジア諸国も守りましたぷん

    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます

お礼日時:2017/09/17 19:39

太平洋戦争は自衛のための戦争。

 ただしそれに先立つ日中戦争は侵略戦争。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コメントありがとうございます!

お礼日時:2017/09/17 16:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池上彰の戦争を考えるで零戦に【爆弾をロープでぐるぐる巻にして】という言葉がでてきましたが本当にロープ

池上彰の戦争を考えるで零戦に【爆弾をロープでぐるぐる巻にして】という言葉がでてきましたが本当にロープでぐるぐる巻きにしたのでしょうか?
そもそも零戦には小型爆弾搭載用のフックがついているはずですし、それを改造して500キロ爆弾を搭載したと聞いたことはあったのですが
ロープの件は検索しても出てこなかったので…

Aベストアンサー

はじめまして

もともと零戦には小型爆弾の搭載を前提としていましたので、ご指摘の通り改造して500kg爆弾を搭載したものもありましたが、荒縄でぐるぐる巻きにした機体もあったそうですよ。工場に送って改造している余裕がなかったんでしょうね。それ以外でも爆弾をハンダ付けをしたものもあったそうです。

日本海軍 三菱 A6M2 零式艦上戦闘機21型戦闘爆撃機仕様・神風特別攻撃隊
(終わり近くにその記述があります)
http://buton.sakura.ne.jp/021miyabe.html

Q安倍総理はいつも戦後レジームからの脱却と言っていますが、これは戦後体制からの脱却という事ですよね。つ

安倍総理はいつも戦後レジームからの脱却と言っていますが、これは戦後体制からの脱却という事ですよね。つまり戦前の体制に戻る、内容によっては物凄く危ない事を言っているのですが、具体的にはどの様な体制を望んでいるのでしょうか。
出来るだけわかりやすく教えて頂くとありがたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦前は、1874年の台湾出兵に始まり、71年間もアジアに向かって軍事侵攻し戦争をし続けた国でした。戦後は新憲法の下で、「再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」た上で、9条2項によって戦力を持たず、一切の戦争を放棄しました。その結果、60年間直接的な戦争をしない国でい続けることができました。
 戦前は、国のために犠牲になることはすばらしいことだと教育するために、国家が教育内容を決めて介入してきた国でした。戦後は、教育基本法を作り、教育は不当な支配に服することがないようにし、教育行政も条件整備に限定しました(旧教育基本法10条)。
 戦前は、戦死という悲しい出来事を、国のために戦って死ぬことは名誉あるすばらしいことだと讃えるために靖国神社という仕組みを作り、宗教を戦争に利用した国でした。戦後は、政治は宗教に関わってはならないという政教分離原則を採用しました(20条3項)。
 戦前は、思想良心の自由は保障されず、君が代や日の丸を通じて、天皇崇拝や軍国主義思想が強制されました。表現の自由も法律によって自由に制限できる国でした。戦後はこれらの人権を憲法で保障し(19条、21条)、国会が作った法律でも不当に人権を侵害できない国になりました。
 戦前は、都道府県は政府の出先機関のような役割を果たすだけでしたが、戦後は、地方自治を憲法で保障し、政府が地方自治の本質を侵すことができないとしました(92条)。
 戦前は、障害者、女性、子どもを戦争に役立たないとして差別した国でしたが、戦後は、差別のない国をめざしてきました(14条)。
 戦前は、華族・財閥・大地主のいる一方で貧困に喘ぐ人々も大勢いた格差のある国でしたが、戦後は、貴族制度を禁止するとともに(14条2項)、財閥を解体したりする一方で、すべての国民の生存権を保障し(25条)、格差の是正をめざす国となりました。
 そして何よりも、戦前は、天皇が主権者であり、その国家のために個人が犠牲になることがすばらしいという価値観の国でしたが、戦後は、主権者は一人一人の国民となり(1条)、その個人の幸せに奉仕するために国家があるのだという個人を尊重する国になりました(13条)。
 国民は60年前に憲法を制定して、こうした戦前の旧体制に決別して新しい国になることを決意したのです。これが戦後レジーム(戦後体制)です。この新憲法下の戦後体制のもとで、国民は、一人一人を大切にする新しい時代の日本に生まれ変わろうと努力してきました。戦前のように教育に国家が介入したり、宗教を利用しようとしてきたら、憲法がそのような国家の行為を禁止し、これを止めてきました。政府が海外で軍事力を行使しようとするときに、憲法がそれをくい止めてきました。憲法は国家権力を縛って、私たちの権利・自由を守り、平和を守ってきたのです。
 この戦後レジームから脱却するということは、これらの価値を否定して、つまり、60年前に戻ることを意味します。
 安倍総理はまず教育基本法を改正して、教育の目的を「国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた国民の育成」(新教育基本法1条)としました。つまり国を支えるのに相応しい国民の育成を教育の目的とし、国家のための教育としました。その結果、国を愛する態度が教育の目標として掲げられ(2条)、靖国神社を参拝して宗教との関係を復活させようとします。また、有事立法の下では地方分権も名ばかりです。女性蔑視発言をする閣僚を抱え、女性差別をなくすための民法改正に消極的です。医療制度改悪、障害者自立支援法という名の弱者切り捨てを強行し、アメリカ流の極端な自由競争の結果、所得格差、教育格差、情報格差が広がっています。そして何よりも、個人よりも国家の価値を大切にすることを国民に押しつけようとしています。これが戦後レジームからの脱却の意味であり、その集大成が「戦争ができる国」にするための憲法改正です。

以上、法学館憲法研究所「中高生のための憲法教室」より転載。

戦前は、1874年の台湾出兵に始まり、71年間もアジアに向かって軍事侵攻し戦争をし続けた国でした。戦後は新憲法の下で、「再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」た上で、9条2項によって戦力を持たず、一切の戦争を放棄しました。その結果、60年間直接的な戦争をしない国でい続けることができました。
 戦前は、国のために犠牲になることはすばらしいことだと教育するために、国家が教育内容を決めて介入してきた国でした。戦後は、教育基本法を作り、教育は不当な支配に服することがないよ...続きを読む

Q北朝鮮のミサイル、第二次世界大戦を思い出すのは私だけでしょうか? もちろん第二次世界大戦は、経験はあ

北朝鮮のミサイル、第二次世界大戦を思い出すのは私だけでしょうか?

もちろん第二次世界大戦は、経験はありませんが、8月になると、原爆、戦争のドラマが多く、どうしても、赤紙とか、特攻隊とか、思い出して、戦争が怖いです。

今の平和がなくなり、全て戦争のために、生活が亡くなると思うと、怖いです。

どう思いますか?

Aベストアンサー

私も状況は似ていると思います。
日本がアメリカに戦争を吹っかけたのは石油の輸入を止められたからでした。
北朝鮮は当時の日本より賢いと期待していいのかなぁ?
北朝鮮が本気で先制攻撃仕掛けて来たら真珠湾の何万倍の犠牲が出ることやら……

Q北朝鮮では何故クーデターが起きないのですか?金 生恩 暗殺されたらいいのに。

北朝鮮では何故クーデターが起きないのですか?金 生恩 暗殺されたらいいのに。

Aベストアンサー

北の国民は、数人に一人は監視人であり、国への反逆言動はすぐに通知され、即刻逮捕です。
対象は家族にも及び、監禁による強制労働や公開死刑になります。
監視人を政府の犬、と言ったら、当人とは別なすぐ隣の監視人が通告するでしょう。
一般人のほか、軍組織内も同じです。
誰が監視人かもわからない、恐怖に満ちた生活です。
どこかでクーデターの話しがあれば、必ずその中に監視人が含まれいるので、
秘密裏に行動、それ自身ができない世界です。
首脳部内でも身内を含めて頻繁に排除(死刑)にしいるのは、国全体への警告でもあります。
それはちょっと、と言えば死刑です。
首領の座を守るにはこれしかないのが現状です。

Q日本人は日本は大国として認められていないと感じるのですか?

第三者として私の視点から見ると、多くの日本人が民族や国家の劣等性コンプレクスを持っているみたいです。そしてその理由は、日本は経済大国や技術大国などだと思っているのに、日本人は世界で、金色猿やジャップ等、下の者として思われていると感じるからだと思います。もちろん、私はそう思ってないですが、私の観察ではそう思っている日本人が多いのです。私のその観察について、どう思いますか?正直な意見をお願いします。

Aベストアンサー

日本人は「大国」と言う言葉を誤解し「自分たちはその枠には入っていない」と思っているからです。

日本人の考える大国の条件は
・核保有していること
・領土面積や人口が大きいこと
・旧植民地など、世界に対する影響力が大きいこと
・言葉がグローバルなこと
などです。

まず核保有に関しては日本とイタリア・ドイツと言う敗戦国を除けばほぼ間違いなく所有していますので、大国の条件かもしれません。しかし面積や人口でいえば、アメリカ・中国・ロシアは日本より大きいですが、イギリス・フランスなどのヨーロッパの大国は日本より小さいのが本当です。(フランスの面積は日本より大きいが、人口は日本の半分)

でもこれを指摘すると結構多くの人が「へえ、イギリスとかフランスとか日本より人口がすくなかったり面積が小さかったりするんだ」といいますね。日本は巨大国である、米中露にかこまれているため「大国は日本よりデカい」という意識が強いのです。

そして、旧植民地などに対しての影響力がある、とおもっているところもそうでしょう。逆を言えばインドは人口10億で核兵器をもっていますが旧植民地は持っていないので、大国的な影響力は無い、とみなしているわけです。

最後が言葉で、英語はともかくロシア語もフランス語も何か国も通じますし、イタリア・ドイツは意識的に無視して(笑)、スペイン語やポルトガル語も何か国も通じます。

こういう国を大国、と意識していて、日本人は自国の大きさと人口の多さ、世界に対する影響力の大きさを認知していないので「日本は小さな島国」という意識なのです。

でも諸外国から見れば日本はかなり大きな国ですよね。経済的な影響力も大きいわけです。

日本人は「大国」と言う言葉を誤解し「自分たちはその枠には入っていない」と思っているからです。

日本人の考える大国の条件は
・核保有していること
・領土面積や人口が大きいこと
・旧植民地など、世界に対する影響力が大きいこと
・言葉がグローバルなこと
などです。

まず核保有に関しては日本とイタリア・ドイツと言う敗戦国を除けばほぼ間違いなく所有していますので、大国の条件かもしれません。しかし面積や人口でいえば、アメリカ・中国・ロシアは日本より大きいですが、イギリス・フランスなどのヨー...続きを読む

Q北朝鮮と話し合いを・・・と言っている人は、本気で解決できると思っているのでしょうか。

「北朝鮮と話し合いを・・・」と言っている人は本気で話し合いが通じる相手だと思っているのでしょうか。
例えば5年後に「やはり話し合いができる相手ではなかった、武力で排除するしかない」と気づいたとしても、北朝鮮は今よりはるかに強大な軍事力、ミサイルを手に入れていて一層手が出せなくなっていることでしょう。先延ばしは事態をさらに悪化させます。今でも手遅れかもしれませんが…。

次元が違うかもしれませんが、某カルト教団撲滅作戦を思い出します。人権無視の別件逮捕と非難されながらもあらゆる手を使って追い込みました。もし撲滅作戦が数年遅れていたらと思うとぞっとします。話し合う気がさらさらない危険な相手とは結局折り合えないと思います。

極論を言えば、クリミア半島問題でロシアに譲って、南沙諸島や貿易問題で中国に譲ってでも、対処後の北朝鮮を中国軍との共同進駐にしてでも、完全な包囲網を築いて北朝鮮の金政権を打倒するという動きを取るべきではないでしょうか。

Aベストアンサー

2種類あると思います。

 ひとつは、外交交渉は基本話し合いでゆく、ただしテーブルにつけさせるため、もしくはこちらの要求に従わせるための軍事的な圧力は否定しないという方。目的は平和だがそのためには軍事力は必要だよっていう、まあ世界的にはこれが一番スタンダードな形。
 もうひとつは「なにかの目的」を持ってアメリカをはじめとする勢力に軍事力を使わせたくない方々。これは目的が平和とは限りません。
 番外として「みんな仲良く話し合おう」って号令をかけるとどんな国でも喜んで無条件で交渉のテーブルにつくと思いこんでいるお花畑の方々。理想を実現するためには何が必要かってことを考えたくないか考える力が無いんでしょう。日本には大変多い人たちですね。

Q安倍昭恵さんについての皆さんへの質問です。よろしくお願いします。

安倍昭恵さんはなぜ?森友学園の名誉校長になっているのですから、例え法律的に合法であれ
違法であれきちんと説明責任を果たさなければいけないのになぜ?逃げ回って逃げ回るのですか?
自分がやましいことをしていないのであれば堂々と出てくればいいのに。本当に安倍昭恵さんって
人間的に最低で卑怯だと思います。これで国民が納得するわけがないでしょ?
皆さんはどう思われますか?ご意見をください。よろしくお願いします。

私の意見をちょっとだけ。
なぜ?今回の件について政府与党は安倍昭恵さんを守るのですか?
安倍昭恵さんの今回の件が違法なら検察庁とか最高検察庁はなぜ?動かないのでしょうか?
内閣総理大臣夫人はなにやっても許されるのですか?都合が悪くなったら逃げ回るようなやつ。
こんなの今の子供に説明できないですよ。本当に腹が立つ。

Aベストアンサー

一般的に、妻が夫の足を引っ張るようなことをしたらいけません。

そもそも名誉会長など、社会的に責任のある立場に立つなら、
問題がおきているにも関わらず、
今さら私人であるとか、
説明のために
表に出てこないで済まされるはずはありません。

Q戦後、社会主義国家が世界中に成立したのは何故でしょうか?

ソ連の崩壊を以て、社会主義は資本主義に負けたと言われますが、第二次世界大戦の後に、世界中で社会主義国家が成立し、完全な資本主義国と言えるのはアメリカと西欧と日本だけになりました。

70年前にソ連の周辺国を始めとして世界のあらゆる場所で社会主義国が成立し、中国やベトナム、キューバでは資本主義が社会主義に敗退する結果になったのは何故なのでしょうか。

Aベストアンサー

理由は「植民地支配から独立する時に左翼主義者を共産国が応援したから」です。

フランス革命とアメリカ独立はどちらも18世紀後半のことですが、この後ヨーロッパは20世紀初頭にかけて、民主主義革命が相次ぎます。もっともこれには立憲君主制も含みますが、今までの絶対君主制が崩壊していくわけです。
 
これがヨーロッパで進んだ背景にはイギリスの産業革命の影響もあります。産業革命は農本主義とイコールだった絶対君主制に風穴をあけ「資本を投下する自由」ということで、階級社会よりも資本を持って居る人を優先する「資本主義社会」への変革を推進したからです。

資本主義社会は階級にかかわらず「資本を持っていれば自由に経済活動ができる」ことを要求し、その結果として富の再分配システムでもある政治システムが民主主義(多数決主義)に変わることを推し進めたからです。

しかし、主に19世紀の資本主義への変革は農民を労働者に変えただけで、君主による搾取よりもひどく、再分配システムはうまく機能していませんでした。また民主主義社会への転換は革命によるものでしたので「革命的手法による民衆の幸福の追求」は権利とされていて、そこにマルクス=レーニン主義が入って、1917年のソビエト革命につながっていくわけです。
これにより、ロシアとその周辺地域は社会主義的な体制になっていきます。

重要なのは、20世紀の初頭、第2次世界大戦までは意外に共産主義がうまく機能したことです。理由は様々ですが、現代ほどには自由経済ではなかったし、農民を労働者に変化させる工業化も各国で中途半端だったために「モノを作って生活を成り立たせる」ということが資本主義でも共産主義でもあまり違いが出なかった、からでしょう。
生産性に違いが無いなら、共産主義的な労働のありかたも一定の評価を受けていたのです。

ですから第2次大戦前の共産主義国は非常に強大な経済力も、人民動員力もあり、近代国家としてかなりの力をもっていたのです。そのため、ソ連は多くの国へ共産主義を広げる機会を狙っており、中国でも毛沢東の人民解放軍はソ連から軍事的援助をもらっていました。

第2次世界大戦の結果は誰でもご存知だと思いますが、ここで問題なのは「西側諸国の荒廃」と「日本の敗戦」です。
日本が敗戦したことにより、ソ連は朝鮮半島に容易に進出し、中国も人民解放軍が優勢になって手本主義側である国民党軍を大陸から追い出すことに成功しています。

つまり日本が抑えていたアジア大陸の共産化に歯止めが効かなくなり、結果としてアメリカは朝鮮戦争・ベトナム戦争とアジアの共産化に対応することに迫られることになるわけです。

同様に、それまで植民地支配していたヨーロッパ各国も戦争で荒廃したため、植民地統治能力を失い、各地で植民地が独立していきます。イギリスはインドを失いますが、この地域はソ連から見ても中国から見ても中央アジア山脈が邪魔をしているので、共産化には至りませんでしたが、中国大陸と接していたベトナム、ラオス、カンボジアは日本撤退とフランス再統治に反対してインドシナ戦争を行い、その結果フランスが撤退すると、今度は民主主義国か共産主義国かで独立のための指導権争いを行い、激しい内戦に突入していきます。

同様に、ヨーロッパでも第一大戦の結果ドイツの敗戦により、オーストリア=ハンガリー帝国が弱体化し、事実上この地域がヨーロッパを共産主義から守ってきた地域だったため、この辺りの国はドイツとソ連で分割されるか、独立時に共産主義政府が樹立されることが多くなり、ナチスドイツの侵攻の結果一時的に王国に戻ったり、明主義勢力がもりかえしたものの、ナチスドイツの敗戦とともに多くの国がソ連の永世国家になっていきます。このように衛星国になったヨーロッパの国を東欧というわけです。


第二次大戦後、なぜ社会主義国が生まれたかというと、その地域を支配していた日本や西洋国という植民地支配国家が撤退し、権力の空白、無政府状態が現れたからです。日本やドイツは占領されなすすべがありませんでしたし、ドイツはソ連に分割統治までされています。

日本国土は、ドイツ分割を反省したアメリカのおかげで分割されることはありませんでしたが、その代り日本が撤退して権力の空白ができた朝鮮半島にソ連がすかさず入って、傀儡国家である北朝鮮を作ってしまいました。

東欧にしてもアジアにしても、日本と戦った地域の西洋国はその後の独立機運を抑えるほどの国力をすでに持っていなかったので、各地が独立し、結果としてソ連から多大な支援を受けた共産勢力が優勢な状態であったといえます。
もっともカンボジアなどはタイが共産国を嫌ったこと(王国なので危機感を持った)、イギリスやアメリカなども積極的に民主勢力を支援したことなどから、逆に激しい内戦を呼んでしまいます。

ベトナムに至っては、大戦中ホー・チ・ミンはアメリカからも援助をもらっており、戦後の独立処理で共産主義の対立の時にアメリカがあまりにも主権を侵しすぎたので、ベトナム戦争になっていくのです。結果アメリカは負け、ホー・チ・ミンですら共産主義をえらんだわけです。

結局第2次世界大戦でアメリカを除いた資本主義国が疲弊し、植民地の支配ができなくなり独立機運の高まりに共産国が援助したことが大きな理由であり、当時のソ連はアメリカと宇宙開発競争ができるぐらい、経済に余裕のある国であったわけです。またソ連は地上を移動するだけでの軍事援助など各国に影響を及ぼすことができますが、アメリカは本国から船で移動しないと影響力を行使できず、それが結局朝鮮戦争での苦難・ベトナム戦争の敗北につながっていくのです。

第2次世界大戦前は、西洋と米ソ、そして日本しか独立国はありませんでしたから、戦争終結で起きた権力の空白が当時強大だったソ連の台頭を許すことになったのです。

理由は「植民地支配から独立する時に左翼主義者を共産国が応援したから」です。

フランス革命とアメリカ独立はどちらも18世紀後半のことですが、この後ヨーロッパは20世紀初頭にかけて、民主主義革命が相次ぎます。もっともこれには立憲君主制も含みますが、今までの絶対君主制が崩壊していくわけです。
 
これがヨーロッパで進んだ背景にはイギリスの産業革命の影響もあります。産業革命は農本主義とイコールだった絶対君主制に風穴をあけ「資本を投下する自由」ということで、階級社会よりも資本を持って居る...続きを読む

Q反日は偽日が日本にいる限りなくならない。ニセ日とは、日本にいる中韓人で日本に帰化したり、居座っている

反日は偽日が日本にいる限りなくならない。ニセ日とは、日本にいる中韓人で日本に帰化したり、居座っている罪日である。所謂、反日で飯を食っているヤカラである。本国に日本の情報を流し、見返りに在日支援金で生活しているヤカラである。貴方の周りにもいませんか?

Aベストアンサー

そろそろ日本は基本的な国家としての在り方を考え直す時期かも知れません?

仰る内容はプロパガンダを許している環境が悪い。不思議です。
なので、より具体的に「スパイ防止法を制定」する事が必定です。

また、在日本外国人の身分が解り難い。多国民族の米国では明らかに区別
しています。差別ではありません。

外国人が米国に帰化した場合は、必ず宣誓します。この国に有事の場合は戦争に
参戦し、その国の生命財産を守るために戦う。軍隊に入って戦う。

なので、Japanese Americanという風に堂々と発言する事を規制していない。
また、日本に存在する通名という特殊な使い方を許していません。通名禁止。

なので、身分が非常に解り易い。日本国籍を取っていない在住者はある程度の
制約は止もう得ないと周知させることです。
日本語を使い、日本語を喋る人は、全てが日本人ではない。この区別が大事。

「国是」という方も居ますが、現在の状況に合わせて法律改正をする事を
真剣に討議討論する時期です。是は是であって、非は非である。

現在では、曖昧な身分を放置し、先送りしている状況を打破する政治家の選択が
国民の義務だと思います。

そろそろ日本は基本的な国家としての在り方を考え直す時期かも知れません?

仰る内容はプロパガンダを許している環境が悪い。不思議です。
なので、より具体的に「スパイ防止法を制定」する事が必定です。

また、在日本外国人の身分が解り難い。多国民族の米国では明らかに区別
しています。差別ではありません。

外国人が米国に帰化した場合は、必ず宣誓します。この国に有事の場合は戦争に
参戦し、その国の生命財産を守るために戦う。軍隊に入って戦う。

なので、Japanese Americanという風に堂々と発言す...続きを読む

Q日・中・韓の関係について、これって本当でしょうか?

日・中・韓の関係について、ネットを見ていたら、・・・・・
・日本人は、恩を恩で返し、仇を恩で返す。
・中国人は、恩を恩で返し、仇を仇で返す。
・韓国人は、恩を仇で返し、仇を仇で返す。
と言うのを発見しました。
これって本当だと思いますか?
また、これらに該当する良い例があったら教えてください。

Aベストアンサー

>日本人は、恩を恩で返し、仇を恩で返す。

多分そうでしょう。そこを朝鮮人にたかられるわけですね。
何度嫌がらせを受けても恨もうとしませんね。
だってアメリカから原爆を2発食らってもアメリカのために尽くしているじゃないですか。
朝鮮人からあんなに嫌がらせを受けたにも関わらず、最近も10億円差し出しました。

>中国人は、恩を恩で返し、仇を仇で返す。

中国共産党はそうじゃないですが、中国人はその通りですね。

論語憲問編に
「或曰、以徳報怨何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳。」
訳「ある人が言った、『恨みに対し徳で返すのはどうでしょうか?』。先生が言われた
 『じゃあ、徳に対して何で返すのだ?怨みにはストレートに返し、徳には徳で返すべきだろう」
とあります。これは中国では常識です。
これはつまり「恩を恩で返し、仇を仇で返す」と言うことですね。


>韓国人は、恩を仇で返し、仇を仇で返す。

これもその通りでしょう。
韓国は儒教の国だと言われますが、とんでもない、単なる利己主義の塊国家です。
いうまでもなく韓国人も利己主義の塊です。
己の欲望のためには儒教で八徳と呼ばれる仁義礼智信忠孝悌すべてをかなぐり捨てます。
恩を受けたときは当然のように受け取り、恩を受けるのが遅いと感じると不満を漏らし怒鳴ります。
1965年の日韓基本条約で当時の韓国の国家予算の2.3倍の支援を当然のように受け取り、更なる要求をしています。
その後何度も経済支援をしたり、スワップ協定を結んで助けてやっても支援や対応が遅いと文句を言ってきました。
それのみならず売春婦像や徴用工像を建ててウソ出鱈目を世界中に言いふらし、日本に金をせびって来ていますね。

本当にどうしようもない国です。

>日本人は、恩を恩で返し、仇を恩で返す。

多分そうでしょう。そこを朝鮮人にたかられるわけですね。
何度嫌がらせを受けても恨もうとしませんね。
だってアメリカから原爆を2発食らってもアメリカのために尽くしているじゃないですか。
朝鮮人からあんなに嫌がらせを受けたにも関わらず、最近も10億円差し出しました。

>中国人は、恩を恩で返し、仇を仇で返す。

中国共産党はそうじゃないですが、中国人はその通りですね。

論語憲問編に
「或曰、以徳報怨何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳。」
訳...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報