ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

平成29年末に私名義でマンションを購入し、実際は親が住む予定です。親は高齢で、名義は自分ではなく、息子に、と言っています。具体的な金額は850万円で親に出してもらいます。この場合贈与税の対象になるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 省エネ住宅ではないですが、その場合700万円を超える分は贈与税の対象になりますか?
    住宅用家屋の取得等に係る契約の締結日   省エネ等住宅  左記以外の住宅
    平成28年1月1日~平成32年3月31日     1,200万円   700万円
    とありましたので。

      補足日時:2017/09/18 21:20

A 回答 (4件)

「700万円を超える分は贈与税の対象になりますか?」


省エネ住宅だ、省エネ住宅ではないという判断は、本質問では全く無意味です。
    • good
    • 0

一人の人から見れば、いくらかの金額でマンションを購入した人がいて、その人に850万円を上げることになりますから贈与です。


贈与者が親で、受贈者が子というので、贈与税の相続時精算課税の選択により、マンション名義を全部子にしても、とりあえずの贈与税は発生しません(贈与税の申告書の提出と、相続時精算課税の選択届を、法定申告期限内にする必要があります)。

それよりも、マンションの所有権を「売買価格のうち850万円分」を親名義にしたらどうでしょうか。
相続発生時には、マンションの相続財産評価額は、少なくとも850万円より下になることが予測されますので、有利です。
    • good
    • 0

贈与税の対象になります。



住宅関係の優遇は自分が住むことが前提になりますので適用できません。
相続時精算課税を利用すれば、相続時に清算されることになります。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

また、金銭を贈与するよりも購入後に不動産を贈与したほうが評価額が下がる分、贈与税が安くなります。
    • good
    • 0

それは立派な贈与です。


同年中に他の贈与は一切なかったとしても、
(850 - 110) 万 × 40% - 125万 = 171万円
の納税です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ただ、親子間の住宅資金贈与には特例がいくつもあり、贈与税の申告書に特例を適用する旨を記載しておけば、完全に無税、あるいは相続発生時まで課税の可否判断を先送りすることができます。

・完全に無税となる特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

・相続発生時まで課税の可否判断を先送りする特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家を共同購入からの売却からの再購入の相続の割合の法律を教えてください。 義母が4000万円のマンショ

家を共同購入からの売却からの再購入の相続の割合の法律を教えてください。

義母が4000万円のマンションを買うのに半額出して名義人が母親2000万円、我が家族のローンが2000万円で購入。

義母がマンション代を半額出してくれたのは老後に義父が死んだら一緒に住むためでした。

そして子供が2人産まれて手狭になってきたのでマンションを売却すると2000万円で売れたとして義理の母親に半分の権利があるので1000万円を返して、新しい一軒家を5000万円で購入したとすると義母の新しい一軒家の権利は何割になりますか?

返した1000万円を使って良いと貰う場合と全額返却した場合の新しい家の権利の割合を教えてください。

Aベストアンサー

新しい一軒家を購入する資金を誰がいくら出すかだけの問題です。
5,000万円を支払うのが、Aならばその不動産の所有権はAです。
5,000万円のうち、4千万円をAが負担して、1千万円をBが負担するならば、持ち分は5分の4と5分の1になります。

返した1000万円を使って良いと貰う場合は、貰った人に贈与税が発生します。ただし贈与者と受贈者が親子関係にあるならば、住宅を購入するための資金の贈与として特例があります。

全額返却した場合とは、売ったマンション代金のうち、持ち分に応じて各人が譲渡代金を按分したというだけの話です。返却という言い方は、借りていた物を返却すると言うように、元々相手の所有物だったものを借りていて返すときの言い方ですから、マンションの持ち分を持っていた義母にお金を返却するというものの言い方は奇妙に感じます。
売却代金がたまたまほかの所有権者の口座にされてるというならば(買主が代金を共同所有者の一人に支払いしてるケース)売却代金を渡すという言い方の方がよいのではないでしょうか。

売却代金全額を「たまたま全額受け取ったB」が、受け取った額のうちAが貰うべき額を、Aに渡しても、新しく建てる家の権利関係は生まれません。

新しい一軒家を購入する資金を誰がいくら出すかだけの問題です。
5,000万円を支払うのが、Aならばその不動産の所有権はAです。
5,000万円のうち、4千万円をAが負担して、1千万円をBが負担するならば、持ち分は5分の4と5分の1になります。

返した1000万円を使って良いと貰う場合は、貰った人に贈与税が発生します。ただし贈与者と受贈者が親子関係にあるならば、住宅を購入するための資金の贈与として特例があります。

全額返却した場合とは、売ったマンション代金のうち、持ち分に応じて各人が...続きを読む

Q7000万の相続財産

母が亡くなり、資産をざっと計算したところ、7000万余あります(金融資産のみ)。相続人は父と子ども2人です。

控除額は4800万ですので、2000万余に相続税がかかりますが、1割くらいですか?

母は一応専業主婦でしたが、父が副業としていたアパート経営の管理、事務などをやっていましたので、給料を貰う形にしていたと聞いています。父の名義預金と見なされる恐れはないと解釈してよいでしょうか?

税理士を頼んだ方がいいとも聞きますが、いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1様の相続税計算はまちがい。
NO.2様の相続税計算があってます。
法定相続分で遺産分割をしたものとして、各人の相続税額計算をし、それを合算して相続税の総額を出します。遺産分割をどのようにしようと、この相続税の総額は変化しません。
ただし配偶者の税額の軽減により配偶者が法定相続分の相続をしたとき、あるいは1億6千万円以下の遺産相続をした際には「配偶者の納税する相続税額はゼロ」となります。

母上の残した預金が「実は父のものである」と帰属認定されたらどうしようと言われてますが、その場合には母の遺産に含めなくても良いのですから、相続税は安くなります。
ところで、父が副業としていた不動産収入から給与を貰っていたというのは、実は「本当かい?」と疑問に感じます。
副業である不動産収入について事業的規模であれば、青色申告することで青色事業専従者給与を支払う事が可能ですが、事業的規模でないと青色申告の承認を受けていても青色専従者給与の経費計上は否認されます。これは給与として支払っても物理的には税務署が否定しないが、それは給与として経費とできず、たんに父が母にお金を渡していたという事実に過ぎないだけです。
生活費として渡していたというならば、あえて給与として払っていたと「こじつけ」する必要がないのです。
事業的規模の不動産収入を得ていたというのでしたら、そこから母に支払いされた「給与」は、当然に母の名義です。

とにかく「母の名義預金だが、父に帰属する」という話は、怖れるべきものではありません。

税理士の事。
相続財産が金融資産だけならば、財産評価は困難ではありません。死亡日での残高がそのまま評価額になります。株式などをお持ちであったなら、死亡日を基準としての評価方法がありますが、それほど複雑困難なものではありません。めんどうなだけです。

国税庁作成の「相続税申告の手引き」をよく読めば相続税申告書は作成できると思いますが、失礼ながら「えらいもんに手を付けてしまった」と思うかもしれません。
慣れた人(税理士やその事務所職員)なら、ホイホイと作成できるでしょうが、ど素人ができるようには国税庁は述べてません。専門用語が平気で使用されてます。

 相続税には「相続発生3年前の日以後の贈与財産を、相続財産に加える」という規定があります。
これについては、母が生前に子や孫に贈与をしたことがないと言い切れるならば、考えなくてもよいです。
「うん。結構そういうことをしていた」というのでしたら、またまた失礼ですが「餅は餅屋」なので、税理士に依頼された方が良いと存じます。
金融資産だけですので、それほど報酬は高くないでしょう。
既述ですが資産の中に株式があると「ちょっと面倒」ですが。
母から相続時精算課税制度を利用しての贈与を受けていた者がいるというならば、迷わずに「税理士に依頼」です。

相続税法は、贈与税に特例ができたり、なんだかんだで複雑怪奇性を高めてまして、税理士でさえ「私は相続税はやらない」という人がいるくらいです。
一歩間違えると、追徴金額が報酬額など吹っ飛ぶほど発生するのが理由です。
その意味では、万一を考えて「相続税を得意にしてる税理士を探して依頼する」が正。

NO.1様の相続税計算はまちがい。
NO.2様の相続税計算があってます。
法定相続分で遺産分割をしたものとして、各人の相続税額計算をし、それを合算して相続税の総額を出します。遺産分割をどのようにしようと、この相続税の総額は変化しません。
ただし配偶者の税額の軽減により配偶者が法定相続分の相続をしたとき、あるいは1億6千万円以下の遺産相続をした際には「配偶者の納税する相続税額はゼロ」となります。

母上の残した預金が「実は父のものである」と帰属認定されたらどうしようと言われてますが、その...続きを読む

Q相続放棄について

父親に借金があります。多額の借金で、死ぬまでには完済は出来ません。
ですので、死亡時に相続放棄をする予定です。
万が一、その後母がパートや遺族年金などで残った貯金を残し他界した場合、その(おそらく僅かな)貯金に関しても、放棄しなければならないのでしょうか?それとも相続税がかからない3000万?以内であれば、子供に分け与えることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

お父さんの相続時に対象になるのはお父さんの相続財産についてだけで,同様に,お母さんの相続時に対象となるのはお母さんの相続財産についてだけです。お父さんの相続について相続放棄をしたからといって,お母さんの相続についても相続放棄をしなければならないということにはなりません。

ただちょっと気になるのは,お父さんの相続の時のことです。借金を免れるには,遺産には手をつけずに,お父さんの死後3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の申述を行う必要がありますが,お母さんを含めた全員がそうしなければならないわけです。すると放棄をした人は相続人ではなくなるのですが,たとえばお母さんが住んでいる家がお父さん所有だった場合には,そこに住む権利も失うということです。賃貸だった場合も同様です。そういった点は大丈夫なんでしょうか? またよくわからずに手続きをしてしまったことにより,それが法定単純承認になり,放棄ができなくなることがあります。気をつけてください。

Q夫のDVで警察に被害届をだし、離婚を決意しました。住宅は夫名義なのですが土地は自分の親の名義です、売

夫のDVで警察に被害届をだし、離婚を決意しました。住宅は夫名義なのですが土地は自分の親の名義です、売却は考えられません。慰謝料、養育費、住宅ローンの支払いを夫に請求したいと考えて居るのですが、可能なことなのでしょうか

Aベストアンサー

離婚の場合は次の請求ができます。

1,財産分与
  婚姻後築いた財産は夫婦が協力して得たものだから
  ということで、半分請求できます。
  婚姻後、築いた財産の半分ですね。
  だから相続財産とか、婚姻前の財産には及びません。
  その代わり、ローンも半分負担することになります。

2,慰藉料
  暴力とか不倫とか、相手に不法行為があれば請求
  できます。

3,養育費は親権を取ればできます。
  金額は家裁が作成した算定表によって決まります。

4,年金分割請求
  厚生年金の半分を請求できます。



大切な問題ですから、ネットなどで解決しようとしては
イケマセン。
お金を払って、専門家と相談することを、強くお勧め
します。

Q相続放棄について

夫が亡くなった時、妻が相続を放棄する場合のことです。
夫名義の預貯金がなく、8割が妻名義だった場合、何か問題はあるでしょうか?
収入はほとんど夫の稼ぎです。
尚、夫200万、妻800万の貯金です。
夫の収入から妻の貯金の一部も(夫の財産とみなされ)放棄しなくてはいけないでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問文面のとおりです。
>夫の収入から妻の貯金の一部も(夫の財産とみなされ)
>放棄しなくてはいけないでしょうか?
妻の貯金の一部どころか、
>収入はほとんど夫の稼ぎです。
とのことであれば、明らかな相続財産です。

それにしてもなぜ、相続を放棄するのですか?
そこが一番の謎です。

Q故人の祖母の土地家屋に叔母が住んでいます。

こんにちは。

故人の祖母の土地家屋に叔母が住んでいます。
土地家屋の名義は故人の祖母のままになっています。

もし叔母が死去した場合、祖母の土地家屋は叔母の長女が相続することになっています。



(1)その際、遺産分割協議書や相続登記というものをつくるようですが、この時関係する相続人は何等親までなのでしょうか?


(2)叔母が死去する前に土地家屋の名義を叔母に変更した場合は、相続登記などを作るときに関係する相続人は何等親までなのでしょうか?


お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>叔母が死去した場合、祖母の土地家屋は叔母の長女が相続することに…

って、祖母の遺言書でもあったのですか。
それとも祖母の子供、すなわち叔母の兄弟全員が合意しているということですか。

>土地家屋の名義は故人の祖母のままに…

名義書換を怠っていたとしても、通常は祖父が 1/2、残り 1/2 を祖母の子供全員で等分です。
祖父は祖母より先に旅立っているのなら、祖母の子供のみです。

現在、叔母が住んでいるからといって、叔母 1人のものになっているわけではありませんよ。
父方叔母か母方叔母かお書きでありませんが、叔母の兄または姉であるあなたの父かは母は何も文句を言わないのですか。

それともあなたの父または母は既に旅立っているのですか。
もしそうだとしたら、あなたが祖母の法定相続人の1人になっていますよ。

>この時関係する相続人は何等親までなのでしょうか…

何親等かなんてあまり関係ありません。

祖母の子供全員健在なのならその子供たちだけ。
すなわち 1親等。

祖母の子供のうち既に旅立っている者がいるなら、その子供 (祖母の孫) が代襲相続となるので 2親等。
子供 (孫の親) が健在な孫は、同じ 2親等でも相続人ではありません。

祖母の子供のうち既に旅立っている者がいて、さらにその子供 (孫) も旅立っているのなら今度はさらにその子供 (曾孫) で 3親等。

曾孫も旅立っているのなら玄孫で 4親等・・・以下直系卑属の代襲相続はどこまでも繰り下がります。

>叔母が死去する前に土地家屋の名義を叔母に変更…

それには祖母の子供 (あなたの父か母ら) 全員の判子が必要です。

祖母の子供のうち既に旅立っている者がいるなら・・・以下同文につき省略。

相続に関しては某司法書士さんのサイトがわかりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

>叔母が死去した場合、祖母の土地家屋は叔母の長女が相続することに…

って、祖母の遺言書でもあったのですか。
それとも祖母の子供、すなわち叔母の兄弟全員が合意しているということですか。

>土地家屋の名義は故人の祖母のままに…

名義書換を怠っていたとしても、通常は祖父が 1/2、残り 1/2 を祖母の子供全員で等分です。
祖父は祖母より先に旅立っているのなら、祖母の子供のみです。

現在、叔母が住んでいるからといって、叔母 1人のものになっているわけではありませんよ。
父方叔母か母方叔母かお書...続きを読む

Qラーメン屋にて。腐った食材を出されました。

この間、家の近くのラーメン屋に友達と2人で行った際に野菜味噌ラーメンを頼みました。ネットで評価などを調べて星2つだったのですが、時間も無かったのすぐ食べてすぐ出ようという感じでした。
で、その野菜味噌ラーメンの中身は、スープ、麺、もやし、キャベツの順で乗せられており、そのもやしの切り口(?)が全部黒くなっており、ひげの部分も真っ黒でした。
自分は料理に携わっている身なので、食材が腐っているもしくはお客さんに出せる状態ではない場合のものを出すことなど1番許せないことだと思い、料金を支払わずしてその店を出ました。料理に携わっていない方でも、気づくレベルのもやしでした。
店を出る際に、こんなものを出す店に金を払うつもりはないと店主に答えたところ、「はい」と言われたのでそのまま出て行きました。

この場合は、大丈夫でしょうか?

また、そのような物を出す店はどう思いますか?
乱文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

補足:友達はお腹が空いていて気づかずに黙々と3分の2は食べ終わったら後でした。
自分は2口食べたところで異変に気付き、食べるのをやめ、店員を呼び出して状況を店主に伝えました。

この間、家の近くのラーメン屋に友達と2人で行った際に野菜味噌ラーメンを頼みました。ネットで評価などを調べて星2つだったのですが、時間も無かったのすぐ食べてすぐ出ようという感じでした。
で、その野菜味噌ラーメンの中身は、スープ、麺、もやし、キャベツの順で乗せられており、そのもやしの切り口(?)が全部黒くなっており、ひげの部分も真っ黒でした。
自分は料理に携わっている身なので、食材が腐っているもしくはお客さんに出せる状態ではない場合のものを出すことなど1番許せないことだと思い、料...続きを読む

Aベストアンサー

>この場合は、大丈夫でしょうか…

ご質問文は他人が分かるように書きましょう。

何がだいじょうぶかとお聞きですか。

(1) 無銭飲食にならなかったか。
(2) 二口ほど食べたので腹を壊さないか。
(3) その他

(1) なら、穏便にレジを出てきたのなら今さら警察に通報されることはないでしょう。
(2) なら、普通に健康な体である限り、別に問題はないでしょう。
(3) なら、回答不能。

>また、そのような物を出す店はどう思いますか…

10人の内 9人までが悪いと答えるでしょう。

Qこんばんは。 母が亡くなって10年になります。預金などは長男が持っていて名義は長男になっています。

こんばんは。
母が亡くなって10年になります。預金などは長男が持っていて名義は長男になっています。
法定相続分通りわけることになっていたのですが私は代わりに不動産などももらっていません。実家も長男が住んでいます。今まで言いにくくて口にできなかったのですが、10年を超えた今でも請求できますか?また、今さらお金でもらうことはできますか?すでに長男名義になってます。
お詳しい方、お目にとまりましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

何度もすみません。
また、名義が長男さんになってるという事は
a.生前贈与
b.亡くなってから貴方は名義を変える際に判をしている

のどちらかになります。
aパターンの場合亡くなる1年より前に名義変更しているのならそもそも遺留分請求はできません。

bパターンの場合でもその際に遺留分請求をしてない段階でもう話が出来ません。

無料相談など行ってみてもいいですが9割5分請求は不可能です。

Q遺産相続

わたしは初婚。妻、子供一人連れて再婚。連れ子を養子縁組。妻との間に子一人。妻病死。遺産相続の手続き中に、養子の上に長男がいることが判明。
質問1●この妻の隠し子にも相続権がありますか?
質問2●妻の死亡保険金が私への通帳に入金がありました。このお金は妻の遺産ですか?
質問3●相続税は自主申告ですか?税務署から書類が来るものですか?
質問4●仮に相続金3千万円(預金通帳分のみ、通帳紛失)としてこの場合どのくらいの相続税になりますか?

Aベストアンサー

回答1
相続の権利というものは、夫婦関係は影響する場合がありますが、基本的に親子関係などの事実に基づかれます。ですので、あなたの知らなかった奥様のお子さんには、あなたが養子に迎えたお子さんと同様に奥様の実子である限り、奥様の遺産について権利があります。
ただし、あなたのお子さんは、養子に迎えた奥様の連れ子と奥様との間の実子のみですので、あなたが亡くなった際の遺産相続での権利者には、養子としていない奥様のお子さんは、含まれません。
また、あなたの知らなかった奥様のお子さんについて、母親であるあなたの奥様に対し暴力等があり、奥様自身が法律に基づきお子さんを法定相続人から廃除する手続きを行っているような場合には、あなたの知らない奥様のお子さんは、相続人で無くなるということもあります。

回答2
生命保険の死亡保険金などについては注意が必要です。
あなたを名指しで受取人とされている場合には、あなたが養子としたお子さん、あなた方二人の間の実子、あなたが知らなかった奥様のお子さんのすべてに権利はありません。
ただ、受取人が指定されていないような場合には、法定相続人が受取人となり、その代表者としてあなたが受け取ったような場合には、お子さん3名も権利者となります。
ここの権利というのは、通常の遺産という意味での権利ではありません。生命保険金のようなもののうち、奥様が受取人で受け取らずに亡くなったような場合に受け取った場合を除き、遺産に含まれませんからね。
ただ、相続税の申告や計算上では、生命保険金などもみなし相続財産として計算に含まれることとなりますので、ご注意ください。


回答3
相続税の申告についてですが、自己申告による納税とされています。
財産を相続した(みなし相続財産を含む)相続人全員が共同して申告義務を負います。
共同で申告が原則ですが、相続人個々による申告も可能です。ただ、相続財産の評価計算や遺産の把握にずれや祖語が生じることが多いため、個々の申告ですと、後に税務署から指摘等をされることとなります。
申告のタイミングですが、税務署から申告書が届くようなことはありません。
所得税の申告などで、事業等の申告で明らかな場合にのみ税務署は申告書を送付します。それ以外の自己申告が必要な税目の申告書は、納税者自ら求める必要があります。
税務署から連絡が来るのは、自ら申告しないでいて、税務署が把握する遺産その他により申告義務がありそうな人に連絡することがあります。ただ、申告期限の前に連絡が来るとは限りません。申告や納税をしていても、税務署が申告内容に疑義があったりすれば、税務署から相続人へ問い合わせすることもありますし、税務調査として対応される可能性もあるでしょう。

回答4
相続税の計算上、基礎控除というものがあり、基礎控除に満たない場合には、相続税の申告義務や納税義務を負わない場合があります。
現在の相続税の基礎控除は、3000万円+法定相続人の数×600万円だったと思います。質問の内容が正しい場合には、奥様が亡くなったことによる相続人は4人(お子さん3人と配偶者であるあなた)となりますので、5400万円までは、相続税がかからないこととなります。

通帳などは、口座名義人が金融機関とスムーズかつ取引しやすいようにあるものです。ですので、通帳がなくても相続は可能です。ただ、取引があったかどうか、残高はどうだったか、わかりませんよね。金融機関の窓口等で、相続人であることの証明をしたうえで、取引の有無の調査を依頼し、取引があれば、残高証明や取引履歴証明(通帳の内容のようなもの)を発行してもらうのがよいでしょう。
取引金融機関がわからない場合には、一括して調査してもらえる機関はないでしょうから、可能性のある金融機関すべてに依頼をかけるしかないでしょうね。
取引事実や残高などが確認でき、だれが遺産を相続するのか遺産分割協議書や裁判書類にて証明すれば、相続する人が引き出すことが可能になります。
調査段階であれば、一人の相続人の権利のみで行えます。

注意点としては、預貯金だけであれば明確なのですが、不動産や株などの評価が必要になるものについては、評価計算が難しく、素人では計算できない場合もあります。

アドバイスとしては、あなたの養子と実子だけであれば、円満だったと思います。しかし、養子にしていない知らなかった奥様のお子さんについては、当然親権者などがいるはずです。お子さんが成長していたとしても、お子さんの意見もあなたには想像もできないでしょうし、その意見を動かすだけの意見も言える立場にはないでしょう。
円満に交渉が進んだとしても、後にトラブルになってもいけません。書類などはしっかりと作成すべきでしょう。書類というのは遺産分割協議書になります。

遺産分割協議書は頑張れば素人でも作れるものではあります。
しかし、ご夫婦であっても、今回のように知らない子が存在したりと、把握し切れるものばかりではありません。
専門家に相談の上で、法定相続人が質問の状況で正しいかどうか、戸籍謄本などでしっかりと確認できるようにしましょう。金融機関で口座の解約などをするうえでも必要になりますからね。さらに、あなたの知らない預貯金があるかもしれません。知らない不動産があるかもしれません。その他の遺産があるかもしれません。
専門家などのアドバイスに従って、家探ししたり、奥様の親類縁者に相談したり、役所や金融機関を廻って調査する必要もあります。
だって、後から想定しなかった遺産が見つかるたびに、手続きしないといけないとなると、あなたの知らなかった子供も含めて対応を何度もしないといけませんし、争いの元になりますからね。

専門家についてですが、私は司法書士をおすすめします。
似た専門家で行政書士というものがあります。行政書士でも相続人調査や財産調査は可能でしょう。友人知人にいらっしゃるのであれば、行政書士利用もよいでしょう。しかし、相続放棄・不動産の発見などとなると、行政書士の領域を超えてしまいます。これから探すのであれば司法書士の方が相続においては領域が広いと思いますので、おすすめします。
現在把握されている遺産が預貯金のみであり、相続税の基礎控除内のようですので、税理士への相談は不要かもしれません。必要と思われる段階になれば司法書士などもアドバイスするでしょうし、紹介もしてくれるでしょう。税金も心配であることを伝えれば気にかけてくれることでしょう。ただ、奥様が働いていて収入がある場合には、所得税の準確定申告が必要となります。あなたが行えるのであればよいですが、厳しい場合には、税理士へ依頼する必要もあるかもしれませんね。相続税の申告ですが、優遇措置の計算もなく、基礎控除の範囲内であれば、申告は不要となります。ただ、のちに遺産が発見され、基礎控除を超えてしまうと、無申告となってしまい、不利益を受ける可能性もあります。
基礎控除内であっても、相続税が0円となる申告書を作成し提出しておくことで、修正申告などでの不利益が減ることもあります。不安であればこちらは税理士に相談しましょう。

私は、税理士や司法書士の事務所での勤務経験があるだけであり、資格を持った専門家ではありません。間違い等があったら申し訳ありません。
ご注意として、税理士は司法書士の仕事をできませんし、司法書士は税理士の仕事をできません。行政書士やファイナンシャルプランナーなど相続を扱う専門家なども同様で、領域を超えた業務の依頼はできませんし、悪質専門家に領域を超えた業務を依頼し不利益があった場合には、賠償が受けられない恐れもあります。
私であれば、相続はいろいろな問題や手続き、リスクがあることです。税理士・司法書士などが在籍する総合事務所への依頼がスムーズかもしれませんね。

回答1
相続の権利というものは、夫婦関係は影響する場合がありますが、基本的に親子関係などの事実に基づかれます。ですので、あなたの知らなかった奥様のお子さんには、あなたが養子に迎えたお子さんと同様に奥様の実子である限り、奥様の遺産について権利があります。
ただし、あなたのお子さんは、養子に迎えた奥様の連れ子と奥様との間の実子のみですので、あなたが亡くなった際の遺産相続での権利者には、養子としていない奥様のお子さんは、含まれません。
また、あなたの知らなかった奥様のお子さんについ...続きを読む

Q先日、父が他界しました。その関係で、父が所有していた土地を母名義に変更しようとしたところ、兄が勝手に

先日、父が他界しました。その関係で、父が所有していた土地を母名義に変更しようとしたところ、兄が勝手に家のローンを組むために、父の土地を抵当権に入れていました。父は生前この事に関して知らず、父と母そして私が知っていたのは、兄が家を建てた土地のを抵当権に入れていたと言う事のみです。この場合、抵当権の抹消をする事は可能でしょうか。

Aベストアンサー

「父と母が住んでいる家の土地まで抵当権に入っている事は知りませんでした。」
つまり、兄が家を建てた土地は父の所有物であり、そこに抵当権設定されることは承知してた。
しかし、それ以外の土地=父と母が住んでいた土地にまで抵当権設定がされることは知らなかった。
というわけですね。

これは、知らなかったと言っても抵当権設定承諾書に実印を押してあるはずですから、本人以外の人が「知らなかった」と言ってもしょうがないですよ。
父が被成年後見者であり、成年後見人の同意がなく抵当権設定に承諾したというなら話は別ですが。

ところで、その抵当権設定の原因債権はなんでしょう。
兄の家を建てるさいの費用だとすれば、兄がローンを返してしまえば抹消されます。

あるいは「既に債権額が相当額減少してるので、一部の土地の抵当権を抹消することが可能ではないか」と債権者=抵当権者に相談してみる。

もっとも「勝手に抵当権設定した兄が許せないのだ」というならば、抵当権設定が有効か無効かを争うのではなく、ぶん殴れば良いのではないでしょうか。

抵当権設定を抹消したいというなれば、原因債権(土地所有者からみたら原因債務)を消滅させれば良いです。
あるいは「抵当権設定登記承諾書が偽造されていたので、その抹消を求める」訴訟をするのですが、さて債権者が良いですよと言うかどうか。
「おいおい、偽造であれ本物であれ、実印を押してあるから本物だとして抵当権設定をしたからこそ融資ができたのだから、それを偽造だと自分から言い出すなら、金を返してくれよ」が金融機関の言い分ではないでしょうか。

担保提供した者が「実はウソでした」と言い出す話ですから、お相手がある事を忘れたらいけません。

「父と母が住んでいる家の土地まで抵当権に入っている事は知りませんでした。」
つまり、兄が家を建てた土地は父の所有物であり、そこに抵当権設定されることは承知してた。
しかし、それ以外の土地=父と母が住んでいた土地にまで抵当権設定がされることは知らなかった。
というわけですね。

これは、知らなかったと言っても抵当権設定承諾書に実印を押してあるはずですから、本人以外の人が「知らなかった」と言ってもしょうがないですよ。
父が被成年後見者であり、成年後見人の同意がなく抵当権設定に承諾し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報