11ヶ月の子供が発熱したので、小児科で受診しました。
風邪、と言う診断で薬を処方されたのですが、解熱剤(座薬・スルピリン)とは別に風邪薬として3種類を調剤されたものを処方されました。
その中にポンタール細粒が入っていたのですが、ポンタールといえば、インフルエンザ脳症との関連もあって、小児科では使われないと思っていました。
もちろん今は季節的にもインフルエンザではないので、その点は問題ないと思うのですが「なぜわざわざポンタールを?」と疑問です。
他の解熱剤よりもポンタールが優れている点があるのでしょうか??

もちろんお医者さんに直接聞けばよいのですが、ちょっと聞ける雰囲気でもなかったので・・・・。
何かご存知の方、私見でも構いませんので回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

結論からいいますと、スルピリン、ポンタールとも子供にはお勧めできません。


スルピリンはrei000さんのおっしゃるように、体質によってはアレルギーがでるため、十分に問診してから処方することになっています。また、本来スルピリンは成人対象の薬剤です。
ポンタールはインフルエンザ脳症で問題になった薬です。そのほか、酸が強いので、水で大量に服用しないといけません。仮に食道に一部付着すると、そこが潰瘍になる場合もあります(業界ではポンタール潰瘍という言葉もあるくらい)。
いずれにせよ、大した問診もせず、このような薬を子供に処方する病院は、よいとはいえませんね。できるのなら、今後は病院を換えることをお勧めします。

医薬品開発をしている立場からの回答でした。

下のURLはrei000さんのお薬110番よりかなり専門的ですが、病院で処方される薬の副作用情報や添付文書などが検索できます。厚生労働省の出先機関の医薬品機構という国がやってるHPです。

参考URL:http://www.pharmasys.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医薬品業界の方からの回答、心強いです。ありがとうございます。
ポンタール潰瘍・・・・そういうものがあるのですか、怖いですね。
服用時には大量の水を摂取というのは何かで見た気がしますが、その点についても医師からは注意はありませんでした。

これまた話はそれるのですが、同時に処方されたアクディームには卵アレルギーの患者は医師に報告、と言う決まりがあることを後から知りました。
これもまた問診時に聞かれなかったので、ちょっとその病院には不信感が・・・。
(うちの子は卵黄アレルギーなのです)
幸いにもアクディームは卵白から抽出されたということなのですが。

次回は別の病院に行こうと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/04 20:35

最近の小児科学会でもメフェナム酸(ポンタール)を敬遠する報告がされています。

ピリン系(スルピリン)も水疱瘡(みずぼうそう)などに使うと危険ですし
最近、小児には用いられません。
11ヶ月ということですので、発熱にも強いはずですので、やたらめったら
解熱剤を使わないほうがいいでしょう。
あまりにも熱が高く離乳食やフォローアップミルクが飲めない場合などに
機嫌をとる意味で解熱剤を用いるほうがいいですね。
解熱剤はアセトアミノフェンが最近主流です。
しかし、このアセトアミノフェンが100%安全というわけでもないのです。
副作用も当然ありますが、他の小児に用いる解熱剤よりは幾分安全なのです。
医師に相談して「カロナール」や「アンヒバ」「アルピニー」といった薬に
変えてもらうか、別の病院を受診されてもいいでしょうね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
やはりメフェナム酸は小児ではあまり使用されないのですね。
しかし、ピリン系と水疱瘡の関係は初めて聞きました。勉強になりました、教えていただいてありがとうございます!
burachanさんは専門家と言うことですが、医療関係の方でしょうか?
差し支えなければお教えいただきたいのですが、今回のように解熱剤として処方された物(スルピリン)とは別の解熱剤(ポンタール)を風邪薬に混ぜる・・・・これは普通の事なのでしょうか?
他の薬と混ぜられているので、解熱剤1回分の用量・効果はないものと思いますが、なぜ2種の解熱剤を処方されたのでしょうか?

補足日時:2001/07/16 21:16
    • good
    • 0

↓すいません、下の書き込みは、ちょっと過激でしたね。


 もちろん充分勉強されているお医者さんもおられることを付記しておきます。
 
    • good
    • 0

3種の薬がわかったので、再度。


ポンタールとスルピリンは解熱鎮痛剤ですね。座薬は即効性があるので、夜間の熱には便利ですので、内服用でポンタール、頓服でスルピリンの処方をされたのでしょう。
アクディームの有効成分である塩化リゾチームは卵白抽出物で、卵アレルギーの人には投与しないことになっています。細菌を殺す作用がありますが、抗生物質ほどではありません。薬局で売ってるような成分なので、気休め程度ですね(あぁ、業界人なのにこんなこと書き込んでいいのだろうか)。
テルギンの有効成分のフマル酸ケトチフェンは、アレルギー治療薬ですね。花粉症とかにだすのが一般的なんですが。あんまり、風邪のときに処方したのは聞いた事がありません。
やっぱり、今すぐ病院を変えましょう。とても1歳未満の子供に投与する処方とは思えません。

これを読んでいる皆様にも、医薬品業界人としてひとこと。
薬に関しては医者を信じてはいけません。薬は、医薬品メーカーが開発し、試験を行って開発されたものです。その効果や副作用は、そこいらの医者よりも、メーカーで働いてる一社員の方がよっぽど知っていたりします。医者は、メーカーのMRと言われる情報提供員から、その薬の作用について聞いているはずですが、やはり薬の専門家ではありません。薬の事はやっぱり薬剤師さんに聞くのが一番です。これ絶対!
以前、自分が病気でとある大学病院に入院した時、自分が開発に関わっていた薬が出されました。ところがこの薬は、自分の病気には絶対違う作用のもの。自分がメーカー社員だということを隠して、医者に問いただしても明確な答えが返ってきませんでした。以来、医者の処方には不信感があります。

薬は、正しく使えば非常に有効ですが、間違った使い方をすれば毒になります。「クスリ」は反対から読めば「リスク」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びの回答ありがとうございます。

結局昨日はやむを得ず1回だけ「風邪薬」を飲ませました。
わずか1、2時間の間にあっという間に熱が下がりまして、下がりすぎて平熱を割る勢いでした。ポンタールのせいでしょうか・・・・・。
テルギンGは、たぶんうちの子が鼻水をだーだー流していたので処方されたのだと思います。
座薬のスルピリンに関しては、最初から使う気はありませんでした(^^;)
乳幼児の発熱に安易に解熱剤もどうかと思われまして。


guilさんのおっしゃる通り、薬品に関してはお医者さんまかせでなく、こちらとしてもある程度の知識・認識が必要ですね。
また何かの機会があれば、専門家の方の知識をお貸しください。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/05 10:56

すみません。

もしよければ教えてください。風邪薬として出された中に入っている3種類を教えていただけないでしょうか。
ちょっと気になったもので・・・

この回答への補足

ポンタール、テルギンGドライシロップ、アクディーム細粒です。
なにかご存知でしたら教えて下さい。

補足日時:2001/07/04 21:15
    • good
    • 0

ペ-パ-薬剤師の rei00 と申します。



ペ-パ-薬剤師ですので,実際の薬に関してはそんなに詳しくないのですが,チョット気になったので回答いたします。

まづ,「もちろんお医者さんに直接聞けばよいのですが、ちょっと聞ける雰囲気でもなかったので・・・・。」との事ですが,a-kuma さんもお書きの様にお尋ねになるべきです。あるいは,先生に直接聞きづらいということであれば,薬剤師さん(その小児科に薬剤師さんがいなければ,町の調剤薬局の薬剤師さんでも構いません)にお尋ね下さい。

参考 URL に「お薬110番」をあげておきますが,ここの「ハイパー薬事典」で「ポンタ-ル」と「スルピリン」を検索してみて下さい。

御覧になればわかる通り,いづれも小児の風邪に簡単に出す薬ではありません。かなり強い薬です。

また,「スルピリン」はピリン系ですので,ピリンアレルギーの問題があります。そして「ポンタ-ル」にはインフルエンザ脳症との関連があります。

さらに,「スルピリン」と「ポンタ-ル」はいづれも鎮痛解熱剤ですので,両者を処方する意味が良くわかりません。また,両者を同時に飲んだ場合,薬の量が多くなりすぎて副作用を引き起こす可能性がないとは言えません。

私にはこの様な疑問が生じました。ただ,最初に書きましたように,私自身は実際の薬についてはそんなに詳しくありませんので,あなたのお子さんが特別で,お書きの様な処方が必要だった可能性も無いとは言えません(可能性はかなり低いとは思いますが)。ですので,医師または薬剤師の方にきちんとした説明を求められた方が良いと思います。
 

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/
    • good
    • 0

インフルエンザ脳症との関連で問題になっているのは「ポンタール」ではなく「ボルタレン」ではないでしょうか?

    • good
    • 0

> もちろんお医者さんに直接聞けばよいのですが、ちょっと聞ける雰囲気でもなかった



いや、やっぱりはっきりと聞いた方が良いです。
確か、去年、旧厚生省から使わないように、と通達がでてるはず。

熱は結構出ました?

去年のインフルエンザ騒ぎのときに知ったのですが、ポンタールって、
割と熱が高目のときに使われる傾向があったそうな。

で、去年の騒ぎのときにポンタールを使ったのが悪い、いや、もともと
症状が重くて何を使っても駄目だったのだ、とやってましたよね。


そう言えば、先週、うちの子供も熱を出して病院へ行ったのだけど、
ボルタレンを処方された気がする。これも、去年やり玉に上がった
薬だったんじゃ…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り、その場できちんと薬について聞いておくべきでした。
ちょっと後悔です。

ちなみに受診の時点での熱は37.5度なので、そうそう高熱でもありませんでした。
a-kumaさんがおっしゃるように、解熱効果は高いのですが、逆に低体温を招くこともあるようなのです。
ただ、ポンタールは解熱剤として処方されたのではなく、風邪薬と調合して処方されたものなんです。
風邪薬は飲ませたいけど、ポンタールはちょっと・・・・。
でも一緒になっているので困っているんです。

お礼日時:2001/07/04 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痛み止めのロキソニンとポンタール

腰痛でロキソニン60mg×1錠

歯医者でポンタール250mg×2カプセル

どっちが痛み止めとして効く(強い)のでしょうか?

ポンタールの方は今日で終わり明日から腰痛のロキソニンを飲みます。
もうすぐ健康診断なんですが血液検査で肝機能の数値に影響がありますか?

Aベストアンサー

1錠あたりならロキソニンのほうが強いです。

短期間なら肝臓の副作用の可能性は大変低いです。

参考までに

Qアサコール錠400mgとミヤBM細粒を食後に服用しています。

アサコール錠400mgとミヤBM細粒を食後に服用しています。
潰瘍性大腸炎にかかっていますので、少し心配なことがあります。
治りが遅いので少し不安です。

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎(クローン病とも言います)は、そうすぐには治りません。どの位時間を要するか、人によってまちまちなので、何時頃治るとは答えられませんが・・・。アサコールといえば、最新の潰瘍性大腸炎治療薬ですので、何も飲まないよりは遥かに治療期間が縮まるものと思います。期待しましょう。
(ミヤBMは整腸剤ですので、大腸炎を直接どうこうする薬ではありませんが、病状の悪化を防ぐ為に大事な薬ですので、忘れずに服用されるようにして下さい。

Qポンタール250mg

どなたか薬に詳しい方、宜しくお願い致します。

生理痛で痛い時だけポンタール250mgを飲んでいます。
毎日晩酌するんですが、今日も18時にポンタールを1錠飲みましたが、これから飲酒をしても大丈夫でしょうか?
ちなみに、先に飲酒した場合、痛みが出た時すぐにポンタール飲んでも大丈夫でしょうか?
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

ポンタールの注意点は!食後すぐ多めの水で服用し、空腹時に、頓服する場合は軽食もしくは、牛乳とともに飲むとよい。何故なら鎮痛剤の中でも効能が強い為に胃に負担がかかるからです。ポンタールの長期服用の際は、定期的に肝機能や肝臓の検査、胃の検診をする必要があるとの事なので、お酒と服用するのは!!体にはヨクないとの事です。

Q細菌はいつ死ぬの?/解熱のタイミング

学識のある方、教えて下さい。解熱剤は
「熱が38.5℃を超えた場合、もしくは本人が辛そうな場合に、熱が上がりきった」
タイミングで与える(服用する)のがベストと認識しております。また、
ウィルスは基本的に、体温の上昇によってのみ(最近ではタミフル等も処方されますが)死滅すると解釈しております。
・・・ここまでは大方、間違ってないでしょうか? (^_^;) では、

***********************************************************

発熱=滅菌であるのなら、病気を引き起こす細菌やウィルスは、平均
体温が38度の場合、何時間かかれば死滅するのでしょうか?
(体温計の測定温度と体内の温度が違う場合は、その差も教えて下さい)

***********************************************************

質問の趣旨は
ご回答にそって短絡的に、その時間(滅菌完了)を見計らって解熱剤を与える/服用したい、
というものではありません。
「体温程度で、滅菌に要する時間」をご存知の方、一般論として教えて頂ければ幸いです。

学識のある方、教えて下さい。解熱剤は
「熱が38.5℃を超えた場合、もしくは本人が辛そうな場合に、熱が上がりきった」
タイミングで与える(服用する)のがベストと認識しております。また、
ウィルスは基本的に、体温の上昇によってのみ(最近ではタミフル等も処方されますが)死滅すると解釈しております。
・・・ここまでは大方、間違ってないでしょうか? (^_^;) では、

***********************************************************

発熱=滅菌であるのなら、病気を引き起こす細菌やウィル...続きを読む

Aベストアンサー

>ウィルスは基本的に、体温の上昇によってのみ死滅すると解釈しております。
まずはウイルスです。ウィルスではありません。
ウイルスを殺すのは白血球などの免疫細胞や抗体などによる免疫反応です。体温上昇は免疫反応に伴うものであり、ウイルスの増殖が抑えられる(止めるのではなく、殺すのでもない)ことは副次的なことです。

>解熱剤は「熱が38.5℃を超えた場合、もしくは本人が辛そうな場合に、熱が上がりきった」タイミングで与える(服用する)のがベストと認識しております。
良い方法かもしれませんが、ベストであるかどうかは疑問があります。そもそも熱が上がりきったタイミングを決めるには下がり始めるまで待つほかありません。

というわけで、「発熱=滅菌であるのなら」という前提に疑問が生じますので、質問の回答は得られないと思います。

ちなみに、温泉の中にも細菌は死なずに生きていますし、温泉でレジオネラ肺炎の原因菌に感染することも知られています。
また、実験室で扱う大腸菌は、37度で培養されています。38度だと37度よりも増殖する速度は遅いですが、死滅することなく十分に発育してきますよ。

>ウィルスは基本的に、体温の上昇によってのみ死滅すると解釈しております。
まずはウイルスです。ウィルスではありません。
ウイルスを殺すのは白血球などの免疫細胞や抗体などによる免疫反応です。体温上昇は免疫反応に伴うものであり、ウイルスの増殖が抑えられる(止めるのではなく、殺すのでもない)ことは副次的なことです。

>解熱剤は「熱が38.5℃を超えた場合、もしくは本人が辛そうな場合に、熱が上がりきった」タイミングで与える(服用する)のがベストと認識しております。
良い方法かもしれ...続きを読む

Qポンタールの小児への処方

11ヶ月の子供が発熱したので、小児科で受診しました。
風邪、と言う診断で薬を処方されたのですが、解熱剤(座薬・スルピリン)とは別に風邪薬として3種類を調剤されたものを処方されました。
その中にポンタール細粒が入っていたのですが、ポンタールといえば、インフルエンザ脳症との関連もあって、小児科では使われないと思っていました。
もちろん今は季節的にもインフルエンザではないので、その点は問題ないと思うのですが「なぜわざわざポンタールを?」と疑問です。
他の解熱剤よりもポンタールが優れている点があるのでしょうか??

もちろんお医者さんに直接聞けばよいのですが、ちょっと聞ける雰囲気でもなかったので・・・・。
何かご存知の方、私見でも構いませんので回答お願いいたします。

Aベストアンサー

結論からいいますと、スルピリン、ポンタールとも子供にはお勧めできません。
スルピリンはrei000さんのおっしゃるように、体質によってはアレルギーがでるため、十分に問診してから処方することになっています。また、本来スルピリンは成人対象の薬剤です。
ポンタールはインフルエンザ脳症で問題になった薬です。そのほか、酸が強いので、水で大量に服用しないといけません。仮に食道に一部付着すると、そこが潰瘍になる場合もあります(業界ではポンタール潰瘍という言葉もあるくらい)。
いずれにせよ、大した問診もせず、このような薬を子供に処方する病院は、よいとはいえませんね。できるのなら、今後は病院を換えることをお勧めします。

医薬品開発をしている立場からの回答でした。

下のURLはrei000さんのお薬110番よりかなり専門的ですが、病院で処方される薬の副作用情報や添付文書などが検索できます。厚生労働省の出先機関の医薬品機構という国がやってるHPです。

参考URL:http://www.pharmasys.gr.jp/

Q小児にみられる骨折

小児によくみられる骨折を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小児に比較的多い骨折(大人に比べて)
 鎖骨骨折
 上腕骨顆上骨折
 上腕骨外側顆骨折
 Monteggia骨折、Gareazzi骨折

小児特有の骨折
 虐待による大腿骨骨折、頭蓋骨骨折
 若木骨折
 骨端線損傷

こんなもんで許してください。

Qポンタールと言う名前のお薬について教えてください

以前、歯科医院で痛み止めとしてポンタールと言うお薬を頂きました。
私は神経痛の為、ロキソニンを処方して頂いているのですが、ロキソニンの代わりとして、ポンタールを服用しても痛み止めの作用はありますか?
また、市販のお薬でロキソニンと同じくらいの効果のある痛み止めはありますか?

教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3の方もおっしゃっているように、鎮痛薬の効果は臨床試験でも患者の自己申告に頼ることになり、客観的な評価が難しいのですが、
ポンタール(メフェナム酸)の鎮痛効果はそれなりに強いといわれています。

通常の鎮痛薬は、熱を下げたり、炎症を抑えたりする作用もあわせ持ちますが、

ロキソニン(ロキソプロフェン)はポンタールに比べると比較的新しい薬で、解熱、鎮痛、抗炎症作用のバランスがよく、効果の出現が早い割に、胃腸障害の副作用が軽減された薬です。

ポンタールはこれよりも古典的な薬で、他の作用に比べ、鎮痛作用が強いとされています。

もし患部が腫れていている場合は、ロキソニンの方が良く効くかも知れませんが、単に痛みだけなら、ポンタールも劣らない(もしかしたらむしろ勝る?)ように思います。
ただ、胃にはロキソニンの方が多少はやさしいかな~?
(胃が弱い方の場合は、最近では、OCX2の選択性を高めてもっと副作用を軽減した薬もあります。)

ロキソニンの代わりの市販薬については、過去のQ&Aを参照してください。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1119554

なお、もしロキソニン以外の薬を服用された場合は、次に神経痛のお医者さんを受診された際に、必ずその旨を伝えてくださいね。

No.3の方もおっしゃっているように、鎮痛薬の効果は臨床試験でも患者の自己申告に頼ることになり、客観的な評価が難しいのですが、
ポンタール(メフェナム酸)の鎮痛効果はそれなりに強いといわれています。

通常の鎮痛薬は、熱を下げたり、炎症を抑えたりする作用もあわせ持ちますが、

ロキソニン(ロキソプロフェン)はポンタールに比べると比較的新しい薬で、解熱、鎮痛、抗炎症作用のバランスがよく、効果の出現が早い割に、胃腸障害の副作用が軽減された薬です。

ポンタールはこれよりも古典的な...続きを読む

Q病院から処方された薬について

去年の10月に胃痛で病院にいったところ、胃カメラをのみ、急性胃炎(出血している箇所がある)とのことで薬を処方してもらいました。
 すでに3ヶ月近く飲み続けていますが、いまだに症状はあまりよくなりません。2ヶ月目くらいに、先生に聞いたところ、“そんなにすぐには治りませんよ”と言われました。以前にも同じような症状で違う病院に行ったことがありましたが、そのときも神経性胃炎といわれ、薬で2週間程度で治りました。急性胃炎って治るのにそんなに時間がかかるものなのでしょうか?
ちなみに前回処方された薬と、今回処方された薬は種類が違うような気がします・・・。
 今回処方された薬は“イノマール”“オメプラール”の二種類と、痛み止めに“チアトンカプセル”というものです。この痛み止めがほとんどといってよいほど効果がありません(;_;) 
 と、副作用などもあるのでしょうか? この薬を飲みだしたからというわけかどうかは分かりませんが、ちょうど同じ時期から体重が1~2Kg増えました。今まで体重は安定していて、ほぼ変わったことがなかったので何か関係あるのかな?と思っています。詳しい知識をお持ちの方、これらの薬の効き目?効用なども含め教えてください。
 

去年の10月に胃痛で病院にいったところ、胃カメラをのみ、急性胃炎(出血している箇所がある)とのことで薬を処方してもらいました。
 すでに3ヶ月近く飲み続けていますが、いまだに症状はあまりよくなりません。2ヶ月目くらいに、先生に聞いたところ、“そんなにすぐには治りませんよ”と言われました。以前にも同じような症状で違う病院に行ったことがありましたが、そのときも神経性胃炎といわれ、薬で2週間程度で治りました。急性胃炎って治るのにそんなに時間がかかるものなのでしょうか?
ちなみに前回処方...続きを読む

Aベストアンサー

イノマールは,胃炎・胃潰瘍治療剤です.
オメプラールは,プロトンポンプ阻害剤で,胃の薬の最強の薬です.
チアトンは,胃運動機能亢進の薬で,痛み止めではありません.最新のいい薬を飲んでいます.
太ったのは薬の副作用ではなく,胃の調子が良くなったのだと思えます.もう少ししっかり薬を飲み続けて下さい.もう暫くしたら先生に症状を再度訴えたらと思います.

Qポンタールが効かない

最近、耳鼻科でアレルギーとふくびく炎の薬をもらって、もともとの頭痛もちでたまに頭痛がするのでイヴを飲んでることも伝えると、薬の飲み合わせでだめなものもあるからとポンタールを処方されました。
(ふくびく炎の症状で頭痛があることも聞きました。それより元々の頭痛もちであるとは思うのですが)


もらってから一度、頭痛のときポンタール1錠飲んでもきかなかったので30分後ぐらいにもう1錠飲みました。
規定で1日2回までとあったので、既定の範囲ないで、そのうち痛みはなくなったので効いてよかったと思ったんですが。
現在、頭痛で先日と同じように1錠飲んでから効かなかったのでもう1錠追加で飲みました。
ですが、全然頭痛の傷み具合がおさまりません。
おでこらへんが痛いんです。
イヴを飲もうかとも考えたんですが、アレルギーの薬との飲み合わせ・・・と言われたので、だめなんだろうけどもう1錠ポンタールを飲みました。
2・3時間で時間差ではありますが3錠飲んでいることになります。
飲んで10分ぐらいはたったでしょうか、まだ痛みは変わらない程度です。

これは私にはポンタールが合わないということでしょうか?
それと、3錠短時間に飲んでしまって大丈夫だったでしょうか?

こんな時間で、医者にも薬剤師にも問い合わせられず、痛みで顔をゆがめながら書いています。

最近、耳鼻科でアレルギーとふくびく炎の薬をもらって、もともとの頭痛もちでたまに頭痛がするのでイヴを飲んでることも伝えると、薬の飲み合わせでだめなものもあるからとポンタールを処方されました。
(ふくびく炎の症状で頭痛があることも聞きました。それより元々の頭痛もちであるとは思うのですが)


もらってから一度、頭痛のときポンタール1錠飲んでもきかなかったので30分後ぐらいにもう1錠飲みました。
規定で1日2回までとあったので、既定の範囲ないで、そのうち痛みはなくなったので効いてよかったと...続きを読む

Aベストアンサー

>これは私にはポンタールが合わないということでしょうか?

イヴでは効いたのでしょうか?イヴで効果があって、ポンタールでないのであれば、薬が体質的に合わないのかもしれません。


>それと、3錠短時間に飲んでしまって大丈夫だったでしょうか?

ポンタールは副鼻腔炎が目的でしょうか?それとも頭痛でしょうか?医師がどっちの可能性を考えた分かりませんが、飲めばどちらに聞くことは確かです。しかし両者では服用方法が違います。ご質問にあるとおりでしたら、副鼻腔炎を目的で処方したのだと思います。それによると、服用は一日二回が限度ですが、総量は1500mgが限度とされています。ポンタールは一錠250mgですから、三錠で750mgなので総量の問題はありません。

ただし服用回数など想定外の服用をされていますので、おかしなことが出る可能性も否定はできません。自己責任とはいえ、薬は素人判断されない方がいいと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

Qインフルエンザワクチン、今から2回接種できる?

先日子供は1回目を接種し、今度2回目の予定なのですが、
大人の私と夫は1回でいいものとずっと思っていたためまだ受けていません。
近々受けないと・・・と思っていたところ、友人達は皆、2回接種をしていると聞きました。
近くの病院では大人でも2回接種を推奨していて、みなそうしているのだとのこと。
確かに、1回よりは2回のほうが有効率があがるのでしょうが、大人は1回で十分だと以前聞いていたので全く考えてませんでした・・・。

2回のほうがいいのならやはり2回受けたいなと思い始めてきたのですが、この時期からの2回接種は可能でしょうか?
12月第1週に1回目、月末頃2回目・・・というスケジュールになるかと思うのですが・・・効き目としては、もしかして2回目は遅すぎて意味なくなってしまいますか?

Aベストアンサー

>この時期からの2回接種は可能でしょうか?
問題ありません。もちろん、もう少し早く接種された方が良かったと思いますが、効果は十分期待できます。

>12月第1週に1回目、月末頃2回目・・・というスケジュール
>2回目は遅すぎて意味なくなってしまいますか?
接種間隔としては、推奨されている期間に含まれますので、問題はありません。

詳細は下記の厚生労働省のQ&Aを参考して下さい。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/0111/dl/h1112-1d.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報