プロが教えるわが家の防犯対策術!

 今は亡き、曾祖父が「勲六等」を授与していたと、親戚から聞きましたが、「勲六等」というのの、授与基準って何ですか?(何をしたらもらえるのか?とかどういう職業の人がもらえるのか?とか)
ネットで色々調べたのですが、 「勲6等(3ランク)市町村長、地方議員」程度でしか、基準が見つかりません。しかも曾祖父は議員でも長でもありませんでした。
そして、「単光旭日章(宝冠章)」「旭日単光章」「瑞宝単光章」など、勲六等の中にも、もしかして種類がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

公務員を長年されていて、いただく方もいらっしゃるようですが、曽祖父様ということですので、戦争でいただいたのかもしれません。


うちの祖父は技術者で、鉄砲を持ったことは無いのですが、従軍して何等だかの勲章を貰ったみたいです。

戦前と戦後で基準が違うみたいです。
勲章の種類については参考URLを見てください。

参考URL:http://www.geocities.jp/nakanolib/mokuji.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに戦前と戦後と違うみたいですね。URL大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/10 11:51

 曾お爺様は、公務員づとめでなんかの功績・功労を残していたりとか、または民間でも地域の公共的な仕事や、ボランティア的なことをされていて地域に貢献していたり、事業などで何らか国家もしくは地域に貢献するような功績を残していたりしてませんでしたでしょうか。


 勲章は、どなたか国に推薦される形で申請され、叙勲候補になって授与されます。
 勲6等をピックアップすると
 旭日賞はご質問にあるように、市町村長や地方議員、各種団体役員、企業経営者等顕著な功績を挙げた方が対象となるようです。ただし男性に限られます。
 宝冠賞は、旭日賞の女性版です。
 一方、瑞宝章は、例えば公務員、先生、病院の先生、民生委員などの方が対象となるようです。
 詳しくは内閣府のホームページを参照してみてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 分かりやすく簡潔に説明いただいてありがとうございます。

お礼日時:2004/09/10 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q叙勲の受章資格について教えて下さい。

消防職として41年勤務し定年退官している知人から相談を受けております。。先ごろ、この知人が前勤務先関係者から「危険業務従事者叙勲と言うのがあって貴方は在職中の懲戒歴も無く、職務経歴や功績等の観点からは受章推薦者に該当するが、審査中に交通違反等の処分が露呈すると対象外となり無駄になるので何か心当たりは無いか?」と言うお尋ねが有り知人は、「逮捕されたようなことはもちろん有りませんが、唯一の心当たりは7年前の通勤途上で、通学時間帯のみ進入禁止箇所に誤って進入し、反則金支払いました。」
と告げたところ「交通違反なので受章対象外ですね。」との回答だったそうです。知人は、赤切符の違反は当然ながら前科のつく刑事処分で有ることは理解できるが反則でも対象外になるのかと疑問が解けず私に相談されたのですが私の知識では明快な回答が出せずこまっておりますどなたか教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 7,8年前、高速で50キロ以上オーバーにより罰金12万円(ゴールド免許で若干割引)を科せられました。オービスの証拠なので争う理由もなく、裁判所にも出向きませんでした。罰金刑なので、懲役や禁固刑と同等であり、本籍地の市役所に前科の記録があるはずです。

 数年前、昔風にいうと勲3等の勲章を頂戴しました。当然、賞勲局の前歴調査が行われたはずです。以下WIKIの引用。

「叙勲は、「勲章の授与基準」(2003年(平成15年)5月20日閣議決定)[6]に基づいて行われる。叙勲候補者には年齢満70歳以上であることなどの形式的要件のほか、「国家又は公共に対する功労」の内容や賞罰歴などの調査が行なわれる。この調査は徹底しており、刑罰の有無(道路交通法違反、自動車の保管場所の確保等に関する法律違反による罰金刑を含む。)はもちろん、破産宣告、破産手続開始決定の有無なども市町村長に照会され、選考の資料とされる[12]。」
 
 交通違反による罰金刑の場合は、悪質でなければ3年で受勲資格を回復するようです。ただし、反則金は刑事罰ではないので前科にはなりません。

 なお、受勲資格調書提出以後の違反歴は、こちらから申し出ない限り確認できないようです。そのため、推薦団体から刑事罰をうけていないかどうか確認の問い合わせがありました。

 7,8年前、高速で50キロ以上オーバーにより罰金12万円(ゴールド免許で若干割引)を科せられました。オービスの証拠なので争う理由もなく、裁判所にも出向きませんでした。罰金刑なので、懲役や禁固刑と同等であり、本籍地の市役所に前科の記録があるはずです。

 数年前、昔風にいうと勲3等の勲章を頂戴しました。当然、賞勲局の前歴調査が行われたはずです。以下WIKIの引用。

「叙勲は、「勲章の授与基準」(2003年(平成15年)5月20日閣議決定)[6]に基づいて行われる。叙勲候補者には年齢満70歳以上であ...続きを読む

Q正八位勲六等海軍少尉?

よろしくお願い致します。

 祖父の七回忌で墓参りをしたところ、墓石の右側に祖父の名と一緒に
タイトルの文字が刻まれていることに気付きました。

 祖父は明治の末頃に生まれ、海軍に志願したようです。(本人は口減
らしで海軍に入ったと酔って話してましたが。)また、喧嘩早かったら
しく、「上司と喧嘩して、半任官(?)になるのが2年遅れた。」と豪語し
ておりました。

 少尉というと仕官ですよね?祖父は志願ですので一番下の位から始まっ
たものだと思います。士官まで上がったということは、それなりに優秀
だったということなのでしょうか?海軍では、主に中国で河川の警備業務
を行っていたようです。(最後には陸軍に編入されたらしい。)

 「祖父」という立場では非常に優秀な方だったと思います。以上、よろ
しくお願い致します。

 

Aベストアンサー

お祖父さんは明治の末のお生まれということで、1910年生まれと仮定しますと終戦時に35歳ですね。

海軍の下士官兵は志願兵と志願兵出身者が主力でした。20歳で徴兵検査で甲種合格、かつ現役兵として入隊する人は大抵陸軍に回りました。
お祖父さんは「口減らしで海軍に入った」と言われる以上、志願兵として海軍に入られたのでしょう。海軍には17歳から志願できましたので、そのくらいの年齢で志願されたものと思います。すると1928年ごろ、昭和の初めに海軍に入ったことになります。

それから(約)17年を経て、「正八位勲六等海軍少尉」として昭和20年の敗戦を迎えたわけです。

海軍の下士官兵は、
1. 航空機搭乗員 (甲種予科練、乙種予科練などと言われる)
2. 師範学校卒業者 (師徴と呼ばれる)
3. 特別年少兵
などは、他の下士官兵よりかなり早く昇進することが出来ました。
(1)に属する例として、零戦の撃墜王で知られる坂井三郎氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E4%BA%95%E4%B8%89%E9%83%8E
は、大正5年(1916年)生まれでお祖父さんよりだいぶ若く、海軍に志願したのは1933年、17歳の時です。終戦までは12年ですが、海軍少尉に昇進しています。お祖父さんより明らかに少ない年数で昇進したわけです。

なお、下士官兵から昇進した人は「特務士官」と言う地位につき、兵学校・機関学校を卒業して海軍士官となった将校、海軍経理学校や海軍の外の大学・専門学校を卒業して、主計科士官、軍医科士官、技術科士官(または**科少尉候補生)として海軍に入った「正規の士官」(本チャンといわれました)とは別の扱いを受けました。

特務士官 の簡単な説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%8B%99%E5%A3%AB%E5%AE%98#.E7.89.B9.E5.8B.99.E5.A3.AB.E5.AE.98

階級名も「海軍少尉」ではなく「海軍特務少尉」などと呼ばれていましたが、昭和17年以降は「特務」の語が取れて「海軍少尉」と呼ばれるようになりました。ですので、お祖父さんの海軍での最終的な地位は「正八位勲六等海軍少尉」で完全に正しいです。

さて、ご質問が「士官まで上がったということは、それなりに優秀
だったということなのでしょうか?」ということですが、「相当に優秀であったろう」と間違いなく言えるでしょう。

戦前は今のように誰でも高校に行くのが普通、大学に行くのも半ば普通という世の中ではありません。義務教育である尋常小学校を終えたら直ちに働く人が過半数、高等小学校(2年制)に行ってから働く人が2割くらいです。お祖父さんは、こちらの階層(国民の8割~9割)に属していたわけです。

社会の上層部に行くには、原則として中学校に入学する必要がありました。これが約1割です。この段階で「社会の下積みの9割」と「社会の上層の1割」がほぼ自動的に決定したわけです。
※ 非常に困難な道ですが、中学校に進学できない境遇から、苦労に苦労を重ねて海軍兵学校に入り、正規の海軍士官となり、海軍少将にまで昇進した人もいます。
高木惣吉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E6%83%A3%E5%90%89

さて、中学校に入って社会の上層を目指すことは経済的に無理だが、少しでも良い生活をしたいと考える少年にとって、陸軍か海軍に志願して下士官→准士官(海軍は兵曹長、陸軍は准尉)→将校(陸軍)、特務士官(海軍)
に昇進することは、ほとんど唯一の「出世の手段」でした。お祖父さんもそれを頭の隅に置いて海軍を志願され、そして見事に海軍少尉まで昇進されたわけです。

四等水兵として海軍に志願した人が、戦死せずに生きていれば全員が特務士官になれた訳では勿論ありません。並の水兵は下士官に採用されずに兵役年限が終われば海軍を追い出されます。ソコソコ有能な水兵は下士官への志願を上司に勧誘され、下士官になった(判任官となります)の階段をゆっくり上って行きます。

お祖父さんは30代半ばで海軍少尉に任官しているのですから、「航空機搭乗員」「師範学校卒業者」「特別年少兵」のいずれでもない人としては、「選り抜きの下士官兵」として海軍少尉への階段を上ったものと思われます。

そして、「海軍では、主に中国で河川の警備業務を行っていた」ということで「運も良かった」のです。

海軍でも多くの将兵が軍鑑や飛行機と運命を共にし、あるいは孤島の陸戦隊として玉砕、あるいは餓死して行きました。あまり知られていないのですが、レイテ沖海戦以降のフィリピン周辺の戦いで
「レイテ沖海戦などで乗艦が沈没したが運良く救助された」
「乗艦が損傷してフィリピン周辺で待機中に米軍の空襲で沈み、救助された」
海軍将兵は、その多くがフィリピンで「陸戦隊」を編成させられ、ろくな武器も持たずに米軍と戦って死んで行きました。例えば、レイテ沖海戦で沈んだ戦艦武蔵の生き残りの下士官兵は、結構な数が武蔵沈没時に救助されたものの、最終的には多くがフィリピンで「陸戦隊」となり、ほとんどが死んでしまいました(士官は、内地に転任できた人が多かったようです)。仮にお祖父さんがレイテ沖海戦に参加して内地に戻れなかった艦に乗っていたとしたら、海で死なずに救助されたとしても、准士官か特務士官ですから内地転勤の目はなく、フィリピンの陸上で死んでいた可能性が高いですね。

一方、海軍では中国に若干の兵力(河用砲艦)があり、お祖父さんが言い残されたように「河川の警備業務」に当たっていました。これは、結果論としてですが「海軍で最も安全な配置」でした。戦争当時、お祖父さんはもしかすると「戦艦や巡洋艦にでも乗って太平洋で戦いたい」とお思いだったかもしれませんが、結果としては中国で砲艦に乗っていたおかげで命拾いし、無事に故郷に復員して2000年まで天寿をまっとうできた、ということになるでしょう。

説明が長くなりましたが、質問者様の言われる「『祖父』という立場では非常に優秀な方だったと思います」は、客観的に見ても正しくその通りだったでしょう。そして何より「運の強い方」だったと思われます。海軍が消滅した戦後も、比較的順調な人生を歩まれたのではないでしょうか?
例:地方公務員になって定年まで勤め上げた、など。

お祖父さんは明治の末のお生まれということで、1910年生まれと仮定しますと終戦時に35歳ですね。

海軍の下士官兵は志願兵と志願兵出身者が主力でした。20歳で徴兵検査で甲種合格、かつ現役兵として入隊する人は大抵陸軍に回りました。
お祖父さんは「口減らしで海軍に入った」と言われる以上、志願兵として海軍に入られたのでしょう。海軍には17歳から志願できましたので、そのくらいの年齢で志願されたものと思います。すると1928年ごろ、昭和の初めに海軍に入ったことになります。

それから(約)17年を経...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q現在の死亡後叙位叙勲

生前叙勲は現在でも春と秋に行われ内閣府から発表されています。

http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/24haru.html

それに対して死亡後の叙位と叙勲は官報に小さく見かけるくらいです。
http://kanpoo.jp/page.cgi/20120830/h05875/0009.pdf?q=%E5%8F%99%E4%BD%8D%E3%83%BB%E5%8F%99%E5%8B%B2

歴代の叙位叙勲者がリストアップされたサイトはありますか。

Aベストアンサー

ご覧になった公表されているもの以外、無いと思います。
叙勲手続きは、その殆どがそれぞれの省庁を経由して行われますから、総括的な資料は内閣府でしか情報集約出来ません。
また、死亡叙勲は閣議毎のタイミングで決定され、また生前叙勲者は死亡時に叙位されますから、その情報といちいち突き合わせしなければならないと言う面倒な作業もあります。

今から20年ほど前になりますか、生前叙勲を受けた方々に対して個別に名簿掲載を謳った出版業者のセールスがあり、名簿商法としてちょっとした問題になっていました。
このような背景もあり、また個人情報の扱いが厳しくなってきている昨今ですから、あなたの望むようなものはこれからも無いと思います。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q翌営業日扱いの送金は何時頃振り込まれますか?

JFJ・東京三菱・みずほ銀行などの大手都市銀行ATMから、平日の18時以降や土日に振込みをすると、翌営業日扱いになると思うのですが、その翌営業日の何時に振込みがされるかご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい!

Aベストアンサー

No.3です。

為替集中日の午後からの振り込みは、14時までの取扱ならほぼ当日中に入金されますが、それ以降の取扱については「翌日扱いになる可能性がある」旨の承諾を得て受付しています。
ただ、14時までの受付でも、入金されるまでに1時間以上かかる場合もあります。

振込が完了する速度は、受付銀行(仕向銀行と言います)と振込先の銀行(被仕向銀行と言います)の処理量によります。仕向銀行が速く発信出来ても、被仕向銀行の振込データが膨大である時などは、入金が遅くなる事もあります。

最近、大手銀行などのネットシステムはATMなどに比べても非常に速く処理が出来るようになっていますので、急ぎの場合には利用価値はあると思います。又、振り込み手数料も安くなっている事もあるので、そちらの利用をお勧めします。

Q住所に記されてある「大字」や「字」とはどうゆう意味なのですか

こんにちは。よろしくお願いします。
住所に記されてある「大字」の意味がよく分かりません。
私が勤めてある会社にも明記されてありまが、私の実家の住所には明記されていません。
これはどのような意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。
ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。

「大字」についてですが、
明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。
そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。
もともとの村名は「大字名」になりました。
たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。
これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。

つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。

ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。

実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。
「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。

「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。

「ちりぬる町大字いろは字あいう123番地」
  ↓
「ちりぬる町いろは二丁目123番地」

こんな風に変わっていきます。

質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。

ちょびっと不正確なところもあるかもしれませんが、だいたい理解に役立つつもりです^^;

まだ、疑問がありましたら、重ねてお尋ねください^^

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...続きを読む

Q叙位について

 叙位について教えてください。叙位叙勲と言ったほうがよく耳にしますが、叙勲は大勲位から勲八等(現在は勲八等停止)まで、公益に貢献したことを表彰するために勲章とともに、その証である勲記が下賜されます。
 しかしちょっと分からないのが叙位なんです。正一位から下がちょっと忘れましたが、とにかく位を与えられ、それを証明する位記が下賜されたと思います。
 確か叙位叙勲等の栄典には、いかなる特権も伴わないと法律に書いてあったと思いますが、叙位もそうなのでしょうか?
 死亡者叙勲でよく従五位とか正六位とかをよく目にします。勲章は勲記とともに形で残りますが、叙位って位記だけなのでしょうか?勲記はこの目で見たときがあるのですが、位記は見たことが無く、ことさら不思議なもので質問させていただきました。

Aベストアンサー

 単に格付けだけだと思われます。「~に叙する」と書かれています。具体的には、戦後も、廃止されたはずの「公式令(明治40年勅令第6号)」に準拠された位記の形式がそのまま踏襲されています。すなわち、一位の位記には天皇陛下の親署、御璽を押し、総理大臣が年月日を記入して副署しています。二位以下(従)四位以上の位記には御璽をおし、総理大臣が年月日を記入しています。従四位までは東京に集められ、皇居で渡されます。五位以下の位記には総理大臣の印を押して、総理大臣が年月日を記入しています。公式令の宮内大臣が総理大臣に置き換えただけです。
(公式令)
http://duplex.tripod.co.jp/rei/rm40-6.htm

Q瑞宝単光章って何?

春の叙勲で瑞宝単光章を拝受された人がおりますが
どんな意味だか知りたいのですが、
やさしく教えて下さい。なんて読んだらよいかふりがなもお願い
いたします。その他の勲記勲章の意味が載ってるサイトがありましたら
ご説明よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

読み方は、ずいほうたんこうしょう。
瑞宝章は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方 に送られるそうです。
詳しくは、内閣府のホームページに色々と出ています。
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/

瑞宝単光章は、下記です。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/kun_juyo.html

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


人気Q&Aランキング