OCN光で最大124,800円おトク!

輪廻転生ってあると思いますか?
自分はあると思います

肉体がきえたら意識はどこにいくのか
そう考えると 意識は受け継がれ(記憶は消えますが)
また新しい人生を歩んでいく気がします

A 回答 (12件中1~10件)

霊界でも結婚して、新しい魂が増えたり、地獄や天国で修行してるらしいですね。

    • good
    • 0

法界について少し補足をします。


例えばラジオから声が流れてきます。その事から、ラジオ局と言うものが存在する事がわかる。
この世においても、善知識から法の句が発された時に、法界の存在が知られます。法の句が不可思議なものでありこの世のものではないと知られるからです。
また、法界の人口(仏の数)は、現在生存している人間の数よりもはるかに多いと聞いた事があります。
このように言えば、解脱したはずの仏達が法界と言う場所で色々活動をしていると想像してしまいますが、詳しいことは分かりません。
ただ、人が何かの話を聞くのも聞かないのも縁です。私がこのような話を聞き、またここでしているのも縁であり、無理に聞かせるものでもありません。

また、人は常に人に生まれ変わり、虫や動物、逆に天使などになることはないと言われます。地獄とは紛争地帯や飢餓地域のことを言い、天界とは現代日本のような場所のことを言うようです。

現代に仏がいようがいまいが、人は善知識が放つ法の句によって発心し、また解脱すると言われます。

仏説はその広大さと衆生には理解できない性質から、実に多種多様な解釈をなされてきました。しかしどれも皆、人それぞれの独自の解釈をしつつも、覚れば皆一定の、同じ見解を持つようになるということです。それは、まっとうな大人になった人々が、その大人としての見解を、示し合わせたわけでもなく皆一様に持っているようなものではないでしょうか。
    • good
    • 0

死とは何でしょうか。

死んだ後私は何かを感じるのでしょうか。
その為には、私は誰なのか考えなくてはなりません。大抵の人は、これが私ですと自分の体を指すでしょう。

 では仮に、手が切り取られたらどうでしょう。手と残りの体とでは、どちらが私でしょう。手は私では無く、残りの方が私ですと答えるでしょう。では首が取れたらどうでしょう。首の方が私ですと答えるでしょう。では脳を取り出したらどうでしょう。脳の方が私ですと答えるでしょう。では脳を半分に切ったらどうでしょう。どちらが私でしょうか。脳を切り刻んだらどうでしょうか。どれが私でしょうか。脳の中のどの部分が私なのでしょうか。

 そもそも、体の中の物質は、3年に一回全てが入れ替わっています。では、3年後の私は私ではなくなっているのでしょうか。

 赤いとか熱いとか感じているのが私です。では、赤い熱いと言う感じは、物質でしょうか。赤い色は、心の外の世界には存在しません。物質の表面に当たって反射する光の波長が存在するだけです。

 では、音はどうでしょうか。外界には、色々な波長の空気の振動があるだけです。私たちが感じている様な音は存在しません。

 この様に、心が作り出したものを取り去ると、何も残りません。従って、赤い熱いと言った感じは、物質ではありません。幾ら科学が発達して、全てを見ることが出来る顕微鏡が出来たとしても、脳の中を覗いたところで、熱いと言う感覚を見ることは出来ません。触ることも出来ません。ただ、私が感じるだけです。物質ではないものを感じている私も物質ではありません。

 私の感じている世界は、私が心の中に作り出したものです。心の外の世界がどうなっているか、私には全く知る術がありません。しかし、心は外界に出来る限り似せて、心の中に世界を作り出しています。

 例えば部屋の中で、テレビを見ている様なものです。テレビは、実際の現場に似せて場面を作り出しています。しかし、決して現場そのものを見ている訳ではありません。あくまでも、テレビが作り出した場面を見ているだけです。
 部屋の中にいる限り、外の現場を直接見ることは出来ません。

 テレビを見ているのが私です。決して、テレビが私なのではありません。 テレビが壊れても、修理すればまた見える様になります。見ている私が壊れた訳ではありません。

 もし、見ている私が壊れたのであれば、幾らテレビを修理しても元通りに見える様にはなりません。テレビを修理して、元通りに見える様になったと言うことは、私自身は何も変わってはいなかった事を証明しています。

 同様に、もし病気で脳が壊れて、何も感じなくなったとしても、医学が発達して、脳を直す事が出来る様になれば、また私は前と同じ様に感じることが出来る様になるでしょう。

 この事は、私は何も変わっていなかったことを証明しています。病気をしても、年を取ってボケても、そして死んでも脳を元の状態に戻せば、元通り感じることが出来るので、私自身は何も変わってはいません。

 ただ脳が信号を送らなくなったので、何も感じなくなっただけです。テレビが壊れて直せなくなっても、新しいテレビを買えば元通りに見ることが出来ます。脳が死んでなくなっても、新しい脳が私に信号を送る様になれば、また元の通りに感じることが出来ます。

 科学が発達し、かつて脳を構成していた、物質を掻き集めて、元の通りに組み合わせて、脳を作ったら、また、私は元の通り感じるようになるでしょう。

 私自身は、生じるものでも無くなるものでもありません。穢れるものでも、清くなるものでもありません。増えるものでも、減るものでもありません。宇宙の初めから存在しており、宇宙の終わりまで全く変わらずに存在するものです。

 死んだ後の状態は、生まれる前の状態と何一つ変わりません。何か違いを指摘できるでしょうか。
 生まれる前の状態から、人は生まれてきました。死んだ後の状態から生まれることは、何ら不思議なことではありません。
 「不生不滅不垢不浄不増不減」です。

質問者さん、この様に脳が死ぬと精神である私に刺激を送るものが無くなるので、私は何も感じません。新しい脳がまた私に刺激を送る様になると、私はまた元のとおり感じる様になるでしょう。
死んだら、気が付くと母の胸に抱かれていることに気が付きます。誰しもそうです。ですから、死んだ人にもまた次の生或はその次の生で出会えると考えます。

詳細は、下記のホームページを参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/sitohananika.html
    • good
    • 0

仏教用語の法界(dhama-dhAtu・だるま・だーとぅ)に対する根本的な誤解があるようです。


法界の〈界・dhAtu〉は、霊界や天界、世界の「界」の意味ではなく、「種類」の意味です。そして、法界は、意識の対象となるものを指します。

〜〜〜〜〜〜〜〜
法界(ほっかい)
1 意識の対象となるすべてのもの。
2 因果の理に支配される万有の総体。全宇宙。
3 一切の現象の本質的な姿。真如 (しんにょ) 。実相。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/204413/meaning/m …
〜〜〜〜〜〜〜

西洋の哲学でいえば、〈法界〉は、(純粋)イデアや(純粋な)概念の集まりくらいになりますかね。ですから、解脱した人・仏(Buddha)が死して〈法界〉に往くなどありえません。
このことは仏典からも明らかです。

歴史上実在したお釈迦様、ゴータマ・ブッダが死んだとき、何故、人々が嘆き悲しんだか。死んでしまったので、この世、あの世からも、ゴータマ・ブッダが消えて綺麗さっぱり消滅し、頼りにできる存在がこの世、あの世から消滅したためです。
ですから、我々の属する娑婆世界には、現在、仏はいない、無仏の状態です。次の仏になるであろう弥勒菩薩が死んで、お釈迦様と同じように、この世界に生まれ変わり、この娑婆世界で仏道修行を完成し仏になるまで、この無仏状態は続きます。
(弥勒)菩薩は輪廻の中にいるので、死んで生まれ変わることができるですよ。

ただし、大乗仏教では、SF作品のパラレル・ワールドのように、この世界、宇宙(Universe)とは異なる別の宇宙が存在するとされています。我々が属し、輪廻を繰り返すこの宇宙、娑婆世界とは異なる宇宙には、例えば、阿弥陀仏や薬師如来がいると――原則、1つの宇宙には、いても、生きている仏様は一人しかいないとされている。ただし、仏様は超能力を持っているので、宇宙Aから宇宙Bへのトリップが可能!!――。
ということで、「現在、無仏状態であるこの娑婆世界は嫌だ。弥勒菩薩が仏陀として出現する56億7千万年後なんてとてもじゃないけれど待てない。だから、阿弥陀仏のいる宇宙、極楽浄土に行きたい、〈極楽往生〉したい」という阿弥陀信仰が生まれたわけです。
原則として、娑婆世界に属するものは、極楽浄土という異なる宇宙にいくことはできないけれど、阿弥陀様の広大無比な本願の力で極楽に死後生まれ変わることができると・・・。
なお、極楽浄土も依然として輪廻の世界です。極楽浄土に再生したものも寿命が尽きれば死んで、再び、輪廻のなかに取り込まれます。
この点が、キリスト教などの、永遠の生が保証されている天国とは異なります。
なのですが、極楽浄土の属する宇宙には地獄は無いので地獄に落ちることはない。ですから、次もおそらく極楽浄土に生まれ変わるのでしょう。そして、何度も死んで生まれ変わり、仏道修行に励む。
また、ほとんども無限に等しい寿命を持っているとされていますが、阿弥陀如来も、お釈迦様と同じように前世の(法蔵菩薩時代に積んだ)因と縁が尽きてしまえば、死んでしまう。
仏・菩薩といえども、(因縁で)生まれてくるものは必ず滅するという、仏教の大原則・〈縁起の理法〉からは逃れられないからです。
    • good
    • 0

増える人口について少し。


生前、余りに葛藤が大きいと、死後人格が分裂し、複数の人間に生まれ変わり、来世において互いに対峙しなければならないといったような状態も想定されるようです。
唯物的な考えを持つ現代の人からすればそんなバカなと思うような話でしょうが、知っていることの方が知らないことよりもはるかに少ない中で、輪廻に関する考察は極めて自由度が高いものとなっています。何が本当かと言えば、結局は自分はこうだろうと思う、と言う緩やかな着地点を持つ事にならざるを得ないし、それで良いのだと思います。仏や、自分よりもはるかに優れた知見を持つ人が言うなら無視はできない、輪廻はあり得る話だろう、私はそのように見ています。
もちろん、分からないでも良いわけです。
輪廻など無いという見方もあるわけです。しかし、それは業否定論と言われる見方であり、間違った見方であると仏教においてはされています。
確かに、自分のなした事をなかった事にはできませんよね。この点は、気をつけなければならない点でもあるでしょう。
    • good
    • 0

人は解脱すると輪廻を脱して法界に行く事が示唆されています。

法界とは解脱した人々(仏)たちが住む言葉でできた世界です。

さて、人は自ら作った業によって、来世に地獄に行ったり天界に赴いたりするわけですが、そうならば、業を作らなければ生存の素因が形を為さず生まれないということになります。故に解脱した人は禍福の因を作らないと言われます。禍福の因とは、要するに天界や梵天の世界に生まれるようなカルマの事です。解脱した人は悪しきことはもちろんなさないが、善行についても慎みがあるという事です。

ところで、人は輪廻のことを気にしなかったり、ハッキリと知らなかったりしても、解脱する事ができると言われます。今生を正しく生きる事が全てであり、その正しさは自らに依拠したものであるならば、輪廻の事に期待したり怯えたりする事がなく、まさしく道を達成して人生を完遂し、完成し、行くところも来るところもないただ一つの境地に達するでしょう。

私も大体、質問者さんと同じ感覚です。記憶は消えるがやった事は残り、次の人生を形作る。何もしなければ何もしなかった事がやはり残る。為すべき全てを成し遂げて、人はついに道(流れてきた幾つもの人生)を完成させるのではないかなと。
    • good
    • 0

こんばんは。



おそらく、輪廻転生についてもっとも深い洞察をもっている仏教の立場からお答えします。

☆輪廻はあるのか?
◇あると言えばあるし、無いと言えば無い。
仏教の最終目標である解脱、成仏とは、生まれ死に変わるという輪廻の軛(くびき)から解放されて、綺麗さっぱり消滅することです。
綺麗さっぱり消えるということは、永遠不滅の霊魂、仏教用語でいうと我(アートマン)は存在しないということです。そんなようなものがあったら、解脱・成仏はできませんから。仏教用語でいいますと、霊魂やアートマンは実有(じつう)ではなく仮有(けう)であり、霊魂やアートマンは心身を有する私を統括する実体的な概念として勝手に設定したものということになります。
そもそも霊魂が実有ではないのだから輪廻も実有ではない。したがって、括弧つきで無いということもできる。

実有としては存在しないけれど、さまざまな因と縁が絡み合い仮有として現象化する。実有ではないから〈空〉〈無〉であるといい、しかし、仮有として現象化しているので〈有〉とも言う。「あるわけではない、無いわけではない」という〈空〉の論理という奴です。

なお、ここでいう〈心〉、仏教用語の〈心〉とは、考えたり、快不快に感じるといった心理的な働き、機能、能力のことです。ですから、コンピュータの計算能力のようなもの、そして、その計算結果のようなものです。ですから、日常用語としての「心」とはまったく違うものなので、この両者を混同しないようにしてください。

人間の肉体は、脳に該当するCPUを含むコンピュータの本体並びに、さまざまなインタフェースなどを含む、コンピュータの機械的な部分ですね。

☆輪廻の主体とは何か?
◇(大乗)仏教では、阿頼耶識(あらやしき)だと答えます。
この阿頼耶識に行ったことなどが蓄えられる。大切なものを保管する蔵のようなものだから、阿頼耶識は蔵識ともいいます。
また、阿頼耶識の阿頼耶には潜むという意味もあり、意識表層にはけっして上がってこないので、深層意識のようなものでもあります。
この阿頼耶識に(生前の)行為の習慣性のようなものが残り、その習慣性に基づいて輪廻する。
ここで重要なのは、次の生、ヒトに生まれるか、犬やネコ、さらに、責め苦に絶えず苛まれる地獄の罪人に生まれる変わるかは、自身の(生前の)習慣性が決定するということです。神仏などの超越的存在が次の生の有り様を決定するのではないということです。
また、現在、ヒトだから次もヒトに生まれ変われるわけではありません。そんな保証は、どこにも、ありません。人倫にもとるケダモノのような振る舞いを繰り返せば、その習慣性、余勢によって、おそらく犬やネコ、最悪、地獄の罪人に生まれ変われます。神さまや天使のように振る舞い続けられば、天、神さまの世界に生まれ変われる可能性があります。しかし、めでたく、天、神さまの世界に生まれ変われたとしても、輪廻から解放されたわけではないので、いずれ死に、輪廻します。天界はパラダイスのように楽しいことしかありませんから享楽的に生き堕落し、良くてにヒトに、最悪、地獄にだって落ちる可能性があります。ですから、天界は地獄以上にリスキーな場所です。

☆阿頼耶識とアートマン、霊魂は同じものではないのか。
◇アートマンと霊魂は永遠不滅のものであり、変わらないものです。しかし、阿頼耶識は日々刻々と変化し、晴れて解脱する際には綺麗さっぱりと消えてなくなるものですので、アートマンや霊魂とはまったく違うものです。
まぁ、阿頼耶識は、(生前の)行為の習慣性を維持する保管所のようなものですからね〜。そして、仏教の修行というのは、行為の習慣性、仏教用語では種子(しゅうじ)の発現を抑え、長い時間をかけてそれを滅するというもの。少なくとも輪廻を引き起こす種子をすべて滅することができれば、輪廻の輪から解き放たれると考える。
これが正しいかどうかはわかりません。ただ、(大乗)仏教ではこのように考える、というお話です。

仏教にとって輪廻は中心課題ですから、仏教の教えのみならず、当時のインドの最先端――と言っても1500年以上前のものですが――の哲学、心理学、生物学、生理学、医学知識を駆使し、当時のインドの仏教の学者は輪廻を解明しようとしたんですよ。
ですから、精子と卵子の結合によって、さらに、原子なんて話まで出てきますよ。受精後、何週間の発達過程の胎児の名称まで決まっているほどですから。
    • good
    • 0

>>輪廻転生があるのなら、人口が増え続けてるのって、矛盾しますよね❓



霊界の霊人口は、正確な統計は無いみたいですが、現在の地球人口の5倍以上はいくみたいです。
本来の生活場所が「あの世」ですし、御釈迦様みたいに「3千年に1度生まれてくる」みたいな霊存在もいる。
進歩が、悟りがまだまだ、という霊は、義務教育みたいに、「地上に生まれたくない!」と思っても生まれ変わりを要請される方もいるけど、ある程度進化した霊は、本人が「地上に生れたい!」と希望したとき生まれ変わるみたいです。
だから、食糧事情が良いとか、おもしろそうな文明が展開されていれば、生まれ変わりたいと思う希望者は増えるし、そうじゃあなければ、生れたいと思う霊は減って、地球人口は減る。

ただ、現代科学のレベルで、地球が維持できる人口には、それなりの限界があると思えるので、地球人口としては、百億人レベルが限界なのかもしれませんね。
    • good
    • 0

輪廻転生があるのなら、人口が増え続けてるのって、矛盾しますよね❓


そこを、どうお考えですか❓
    • good
    • 0

>>肉体がきえたら意識はどこにいくのか



幸福の科学が毎月発行している「What’s 幸福の科学」という10p程度の薄っぺらい小冊子があります。
この9月号は「人は死んだらどうなるの?」特集です。

この号は、松原さんという幸福の科学・四国正心館の講師の方が、クモ膜下出血で倒れて、1か月近く生死の境をさまよって、その間の臨死体験し、霊としてあの世を見てきたことに基づいて作られました。

冊子には、一般的な人の死後の話がイラストを多用して書かれていて、とても分かりやすいですよ。

なお、一般の方は、死後「三途の川」を渡ります。
が、冊子には書かれていませんけど、松原さんは、有名な三途の川は見なかったそうです。
彼は、霊界における天使たちや、その上司といえるヘルメス神やエルカンターレの活動と幸福の科学の施設の職員さん、会員さんたちを霊的な目で視た時、どうなっているのか?を伝えるために、いろいろとあの世を案内してもらうことが目的だったみたいで、そっちが忙しくて、名物の川を見れなかったとか。

なお、松原さんは、導きの霊に案内されている最中、何人かの霊が現れて、エネルギーが流れ込み、自分の霊的な体が元気になっていったそうです。
そのためか、肉体の頭蓋骨に溜まっていた大量の血の塊が消えて、意識を取り戻したあと、後遺症もなく退院したそうです。
医師は、「非常にめずらしいケースだから、学会の発表で取り上げたい」と驚いていたとか。

この他にも、いろいろと小冊子には書かれていないお話があり、多くの会員さんだけでなく、幸福の科学の職員さんでさえも興味がある内容なので、東京正心館で講演をされる予定があるそうです。

>>そう考えると 意識は受け継がれ(記憶は消えますが)

死後も記憶は消えません。肉体もほぼ同じような霊体を持っているので、多くの方は自分が死んだことに気づかないといいます。自分の葬式や火葬場で自分の肉体が焼かれるのを見て、「もしかして、俺って死んだのか?」と考え始めるそうです。
自分からは、遺族の姿は見えるし、声も聞こえます。でも、自分の声は遺族に聞こえず、かれらを殴っても、腕は素通りします。
49日までは、地上にとどまってもよいルールがあります。
その間、遺族に話しかけたりするけど、相手にされません。
なので「俺を無視するのか!!」と怒り出して、いろいろと遺族に祟りをおこす霊もいたりします。

>>また新しい人生を歩んでいく気がします

まあ、しばらくは「あの世」での生活がありますけどね。なお、地獄行きと判定された霊は、そこから抜けだすまでは、生まれ変わっての「新しい人生」が始まることはありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1と0では、理論的にどこが違うの?

1と0では、理論的にどこが違うの?

Aベストアンサー

私も〇〇〇が大好きで、エ○い男です。
彼女が居るのに、1人で〇〇したりしているバカ男です。

Q「主」とは誰ですか?

「主」とは誰ですか?
 自分ですか?

Aベストアンサー

その答えは、ご質問者次第では。

「主」を、「しゅ」と読むか、「あるじ」と読むか。

ご質問者が、「支配されるもの」として、自分を認識すれば、「しゅ」と読んで、
宗教世界に浸るかもしれませんし、

「支配されていないもの」として、自分を認識すれば、「あるじ」と読んで、
自分を認識するかも知れません。

結局、気分次第で、読み方、意味が変わると言う事は、
究極、普遍性を持たない「言葉」、と言う意味だと思いますが。

Qなぜ宗教は信仰から逸脱するのか

http://www.bbc.com/japanese/40439773

もーうんざりかも知れないが、1つ考えてみてはどーか。

なぜ宗教は信仰から逸脱するのか。
宗教は信仰から逸脱する宿命にあるのか。
信仰に有って宗教が失ったものとは何か。
なぜ宗教は大事な信仰を失う運命にあるのか。

その理由は、そもそも信仰が何たるか理解できていないからではありませんか。
ここではっきりと申しておきまする。
「信仰には神も仏も要りませぬ」
既成宗教はまずここが理解できていない。
だから宗教は信仰から逸脱するのではありませんか。

Aベストアンサー

((修正:))



質問者(hitonomichi36)さん


> 質問者:hitonomichi36 さん 質問日時:2017/08/03 07:16



>もーうんざりかも知れないが、1つ考えてみてはどーか。

>なぜ宗教は信仰から逸脱するのか。


『信仰(信じて、仰ぎ見る)』という概念で、ファンタジー化を、行うから、


・”(間違いが起きる)”
       ・・・戦争を起こす、他者を傷つける、迫害するなど、『二次型テロ』を起こす

          (『代理ミュンヒハウゼン症候群』の方々が、『一次型テロ』を起こす)


・”(本質を、見落とす)”
       ・・・『神』と、『神様』と、『仏様』と、『守護霊』と、『ご先祖様』、
          などの
                違いを、混同し。

       ・・・『利己愛』で、執着し、”『悪魔を、神、と錯覚』”し。


       ・・・『大我の愛』と、『小我の愛』の違いを気づかず。

       ・・・『向上心』と、『向上欲』の違いを気づかず。

       ・・・『利他愛』と、『利己愛』の違いを気づかず。


       ・・・『「人」とは、「幽霊(魂の心)」と「魂の道具である、身体」
            (「人」=  「幽霊(魂の心)」+「魂の道具である、身体」)
          の本質を、気づかず。



;;;;;;;;;;;;;;;;;;

宗教とは、、、

「神仕組み」を、悟ること(気が付くこと)、が重要で、勉強することであり。


(”棚ぼたを願うのが、宗教ではない”、・・・・・、本質を気づく努力をすることが、宗教)


では、ないですか?

((修正:))



質問者(hitonomichi36)さん


> 質問者:hitonomichi36 さん 質問日時:2017/08/03 07:16



>もーうんざりかも知れないが、1つ考えてみてはどーか。

>なぜ宗教は信仰から逸脱するのか。


『信仰(信じて、仰ぎ見る)』という概念で、ファンタジー化を、行うから、


・”(間違いが起きる)”
       ・・・戦争を起こす、他者を傷つける、迫害するなど、『二次型テロ』を起こす

          (『代理ミュンヒハウゼン症候群』の方々が、『一次型テロ』を起...続きを読む

Q非戦論という一つのベクトルをも おもてに出してよいのではないだろうか

主戦論を前提とした常識ないし定説で 国際関係論が考えられている
ように見受けられます。

その一色というあり方を修正し さらに補強する手も 考えられるの
ではないか。

《非常識》な市民としては 実際のところ 非戦論が優勢なのではな
いか。

――真夏の夜の夢。

Aベストアンサー

非戦論や戦闘否定論は、特に
真新しいわけではありません。

日本の旧左翼の中にも時折、
主張を聞いたことがあります。

個人的には同意する部分も多々
あるのですが、主戦論者から、
「あなたは自分の家族が危害
を被る可能性がある際も闘わない

Q人の心は脳の自然現象でしょうか? 死後は無なのでしょうか?

人の心は脳の自然現象でしょうか? 死後は無なのでしょうか?

Aベストアンサー

人間は物質的な肉体以外に、霊体という体が重複的に存在していて、その霊体の方に心が存在しているそうです。

↓スピリチュアリズム入門
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sp-introduction1/index.htm

ここの第2部のところを読んで下されば、人間の魂がどこにあるのか書かれてあります。

Q¿ 不倫がどうぢゃこうぢゃと 弱者の反感(ルサンチマン)がかまびすしくなった あぁ 世も末ぢゃわい

1. 弱者は 勇気も度胸もなく 浮気もできないというだけではないか。

2. そのやからがつくった倫理をやぶったからと言って 何をさわぐのか?

3. 高貴な強者は ビッグバンの初めから そのチカラへの意志で生きて
いる。きわめてうつくしい振る舞いだ。文句あっか?

4. 倫理道徳は 高貴な人種のつよさ・うつくしさに対するやっかみから
弱者が勝手につくった。

5. 天皇家も この《倫理》に合わせて 側室を排除した。あぁ 世も末
ぢゃわい。


☆ 教えて! ぐー。

Aベストアンサー

No.7です、

bragelloneさん、素直なコメントですね。


「つまり 《倫理・道徳》というものは 《つぶやき氏(=ニーチェ)》によれば 弱者が勝手にその弱さに合わせて都合よいようにつくったに過ぎない・・・と言ってるんです」
⇒そうなのですか。

ニーチェが心から、そのように言ってるとすれば、それはニーチェがおかしいですね。

何故ならば、倫理・道徳がなければ、社会は混乱の極みだからです。
倫理・道徳がある中で、密かに浮気がある、ということであれば何も問題はないでしょう。

つまり、浮気は”弱者は勇気も度胸もなく”とは無関係でしょうね。

Qセリーグ優勝は クウキの所為か?

▲ 江夏氏 37年前の広島連覇を回想「自分もその空気に乗せられて
いった」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9/19(火) 9:00配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000076-spnannex-base

△ 〔19〕80年は開幕前から「勝てる」感覚があった。

△ 79年は広島に移って2年目。春にサチ(衣笠祥雄氏)が「おい、
今年は優勝するぞ」と言った。

△ 当時のカープはまた雰囲気が違った。チーム一丸というのかな。自
分もその空気に乗せられていった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ つまり 《八百長》か? という問いです。

ひいきのチームが弱い。しかし そのやっかみを超えて 哲学としての
問いです。

日本人の社会におけるプロ野球界としては クウキの支配する場合があ
るか? クウキは誰がつくり 醸し出すのか?

Aベストアンサー

あなたの言うように(言霊効果)で、チーム内の誰かの言葉がチーム内にスッキリと受け入れられて、イップスやスランプに陥らない状態を作っているのも考えられるでしょうか。

統計的には、優勝するチームは接戦を制している数が多いと思います。接戦を勝ち切ったほうはすがすがしいですが、負けたほうは疲れがどっと出るのではないかと思います。どちらも疲れているには違いないが、勝ちを得たほうと負けたほうと、心理的な部分で回復の度合いが違うということもあるでしょうか。

あとは打線のつながりが良いかどうかは監督の采配ですが、チーム一人一人の状態がどれくらい読めるかが重要なのでしょうか。

Q仏とは土のことでありまする

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9867447.html

ところで多くの方々が仏について甚だ勘違いをしていますゆえ、念のためにゆーておきます。
仏とは土のことでありまする。
人は死ぬと土に帰りまする。
これを成仏すると言ったりするのでありまする。
成仏するとは仏に成ると書いて、土に成る、あるいは土に帰るとゆー意味でありまする。
つまり仏とは土のことなのでありまする。
土は食べ物の源、生命の源であり、この上なく有り難いものなのでありまする。
それゆえ土は仏、仏は土なのでございまする。
仏は土なのであり、天空の何処かにいるものなどではありませぬ。
これについてくれぐれも勘違いせぬよーお願い致しまする。

Aベストアンサー

「土は仏」なら、地球全体が仏ですね。
あえて「仏」と呼ぶ必要はありません。
単なる物質循環です。

Qなぜ宗教家にはクズが多いのか

世界的に権威あるとされる宗教家の何人かは知ってるが、どれもクズばっかだったな。

http://www.bbc.com/japanese/40439773

https://www.youtube.com/watch?v=r0RoErL7JD4

これに関してはキリスト教も仏教も同じである。
なぜこんなクズに騙される人が多いのでしょーか。

Aベストアンサー

~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブッダは実在しない
2015年10月29日
日本人は仏教誕生のことを何も知らない。 ブッダは創作された一つの観念である! (帯より)

http://shimadahiromi.com/archives/1546/


~~~~~~~~~~~~~~~~~



島田 裕巳(しまだ ひろみ、1953年(昭和28年)11月8日 - )は、日本の宗教学者、作家、劇作家、東京女子大学非常勤講師、NPO法人葬送の自由をすすめる会会長。放送教育開発センター(現メディア教育開発センター)助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任[1][2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/島田裕巳


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


すばらしき わが人生(すばらしき わがじんせい)とは、創価学会系列企業であるシナノ企画から発売されていたビデオ作品のシリーズである。
作品概要[編集]
創価学会系列企業であるシナノ企画が制作、販売していた。すべてVHSビデオである。1992年(平成4年)2月1日に発売された「すばらしきわが人生」(第1作)以降、Part6までの作品が制作されたが、同社のVHS作品取り扱い中止に伴い、2010年(平成22年)12月21日の最終受付をもって販売終了となったことが2011年(平成23年)1月5日に発表された[1]。なお、Part3については、2004年前半から欠番扱い[2]となり、2009年度初頭から販売中止[要出典]となっていた。
内容は創価学会に入信している有名人や芸能人へのインタビューであり、出演者は主に入会前と入会後の人生についてどう変わったかといった信仰体験を語り、入会を呼びかける構成となっている。また、各作品は殆どが3人構成であり、冒頭の紹介については3人の名前の下線などが創価学会の旗の色である3色に倣ったものとなっている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/すばらしきわが人生


~~~~~~~~~~~~~~~~~~



もうダブルオドロキですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブッダは実在しない
2015年10月29日
日本人は仏教誕生のことを何も知らない。 ブッダは創作された一つの観念である! (帯より)

http://shimadahiromi.com/archives/1546/


~~~~~~~~~~~~~~~~~



島田 裕巳(しまだ ひろみ、1953年(昭和28年)11月8日 - )は、日本の宗教学者、作家、劇作家、東京女子大学非常勤講師、NPO法人葬送の自由をすすめる会会長。放送教育開発センター(現メディア教育開発センター)助教授、日本女子大学教授、東京大学先端...続きを読む

Q先天的総合判断は可能か、、、その事例の是非について。

カントの本は難しすぎて読んでも理解できないので、岩崎武雄先生が日本語で書いた「カント」という解説本を読んでいます。

カントの純粋理性批判は、先天的総合判断が可能かどうかを吟味しているが、これがその中心テーマだそうです。

その記述の中に、総合的判断の事例として「7+5が12である」というものが載っていましたが、これに関して疑問に思うので質問します。

質問1:私たちが、四則演算、とくに加法の法則が成立する公理系を選択している以上、7+5が12になることは、一般(すなわち加法の法則が成立)における特殊(7+5は加法の一例)を挙げただけですから、分析的判断になるのではないでしょうか?

質問2:別のソースには「三角形の内角の和が二直角である」という例も見られるようですが、これもリーマン幾何学の中から、あえて意図的に曲率がゼロの空間を選んだから内角の和が180度になるわけであって、一般のもとに特殊の例を包摂するにすぎず、やはり分析的判断ではないでしょうか?

質問3:数学的な事例以外で、「なるほど、、、」と納得できる分析判断の事例をご存知でしたら、ご教示ください。

蛇足ではございますが、岩崎先生の解説本を読んでいると、カントの目指した認識論的主観主義は破綻しているのではないかと思えてきたところです。
これに関して、ご意見、ご主張のある方は、上記の質問の回答に加えて、お考えをご教授ください。

どうぞよろしくお願いします。

合掌

カントの本は難しすぎて読んでも理解できないので、岩崎武雄先生が日本語で書いた「カント」という解説本を読んでいます。

カントの純粋理性批判は、先天的総合判断が可能かどうかを吟味しているが、これがその中心テーマだそうです。

その記述の中に、総合的判断の事例として「7+5が12である」というものが載っていましたが、これに関して疑問に思うので質問します。

質問1:私たちが、四則演算、とくに加法の法則が成立する公理系を選択している以上、7+5が12になることは、一般(すなわち加...続きを読む

Aベストアンサー

質問文に書かれている「総合的判断」は、「先天的総合判断」の事なんでしょうか?
まずは、「総合的判断」かどうかを吟味しましょう。
カントの定義では、「総合的判断」とは、主語に述語の概念を含んでいない場合です。
質問1.主語は、7+5であり、述語は12です。
述語である12が7+5に含まれているかが問題になります。
ここで、この判断が、分析的判断だとすると、7+5に12が含まれていなければいけません。
一見したところ、7+5に12は含まれていません。 したがって、総合的判断と言えます。
質問2.主語は、三角形の内角の和、述語は180°です。
三角形の内角の和に180°は含まれていません。 したがって、総合的判断と言えます。
質問3.分析判断の例はいくらでも考えられます。
例.死者は生者では無い。
例.独身者は、未婚である。
主語の概念が、主語とは別の言葉で表現できる場合は、それを結合すれば、分析判断となります。
ここで、質問1と質問2は、総合的判断と言えますが、それが先天的かどうかは、さらに吟味しなければいけません。
カントの時代は別としては、現代の数学においては、公理の真・偽は判断されません。
つまり、公理は先天的では無いわけです。(ユークリッド幾何学においては、公理は先天的もしくは、常識的に正しいと判断されるものとされていましたが、現代ではそのような解釈では無く、あくまで公理が成り立つ場合の形式的操作と考えられています)
したがって、現代においては、質問1.質問2の例は、総合的判断ではあるが、先天的総合判断ではありません。

質問文に書かれている「総合的判断」は、「先天的総合判断」の事なんでしょうか?
まずは、「総合的判断」かどうかを吟味しましょう。
カントの定義では、「総合的判断」とは、主語に述語の概念を含んでいない場合です。
質問1.主語は、7+5であり、述語は12です。
述語である12が7+5に含まれているかが問題になります。
ここで、この判断が、分析的判断だとすると、7+5に12が含まれていなければいけません。
一見したところ、7+5に12は含まれていません。 したがって、総合的判断と言えま...続きを読む


人気Q&Aランキング