出産前後の痔にはご注意!

化学基礎の問題です

この問題の解き方がわかりません

考え方を教えてください。。

ちなみに答えは
(1)、(3)、(5)酸
(2)、(4)塩基
です

「化学基礎の問題です この問題の解き方がわ」の質問画像

A 回答 (3件)

ブレンステッド・ローリーの定義では、


1.分子から水素イオンがはずれたらその分子は酸として働いた。
2.分子が水素イオンを受け取ったらその分子は塩基として働いた。
3.分子から酸水素化物イオン(OH^-、ヒドロキシル)がはずれたらその分子は塩基として働いた。
4.分子から酸素がはずれたらその分子は塩基として働いた。
ちゃんと下線が引かれていない場合全く分かりません、但し元素名が書いてあったらその元素の原子がどの様に働いたかを答えます。
    • good
    • 0

>渡していると受け取っているとはどうしたら判断できるでしょうか?


左辺と右辺の物質を比較してH+の動きを推理して、ブレンステッド・ローリーの酸塩基の定義に基づいて判断します。

(1)(CO3)2- + H2O ⇔ HCO3- + OH-  H2Oは炭酸イオンにH+を渡してOH-なって、H+が放出しているので酸
(2)CaO + 2HCl → CaCl2 + H2O  CaOの酸素イオンO2-が塩酸イオンからH+を2つ受け取っているので塩基
(3)HSO4- + H2O ⇔ (SO4)2- +H3O+  硫酸水素イオンが、H2OにH+を渡してオキソニウムイオンとしているので酸
(4)H2S + 2NaOH → Na2S +2H2O  硫化水素から水酸化物イオンがH+を受け取っているので塩基
(5)HCO3- + HCl → CO2 + Cl- + H2O  重炭酸イオン(CO2-OH)の水酸化物イオンにH+を渡しているので酸

基本はアレニウスの酸塩基なのですが、それを拡張した概念になっているので推理するのが解りにくくなっています。
ネットでも参考書でも問題集でも、問題を多くこなしてなれるしかないです。
    • good
    • 1

アレニウスの定義(1884)


酸:水中で解離して水素イオンH+を生じる物質
塩基:水中で解離して水酸化物イオン OH-を生じる物質

ブレンステッド・ローリー(1923)
酸:プロトンH+を他の物質に渡すことができる物質MF2(p320)
塩基:プロトンH+を他の物質から受け取ることができる物質

(1)(CO3)2- + H2O ⇔ HCO3- + OH-  H2Oは炭酸イオンにH+を渡しているので酸
(2)CaO + 2HCl → CaCl2 + H2O  塩酸イオンからOがH+を受け取っているので塩基
(3)HSO4- + H2O ⇔ (SO4)2- +H3O+  H2OにH+を渡してオキソニウムイオンとしているので酸
(4)H2S + 2NaOH → Na2S +2H2O  硫化水素から水酸化イオンがH+を受け取っているので塩基
(5)HCO3- + HCl → CO2 + Cl- + H2O  重炭酸イオン(CO2-OH)の水酸化イオンにH+を渡しているので酸

ブレンステッド・ローリーの定義通りなのですが、(5)重炭酸イオン(炭酸水素塩)は構造が判らないと、難しいかも知れないです。
CO2と分離する部分のC-Oの結合が1.5重結合のような共鳴状態で、残りの-OHは、C-OHと単結合になっています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

渡していると受け取っているとはどうしたら判断できるでしょうか?(*´-`)

お礼日時:2017/09/19 21:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q異何異性体の名称で、なんで最後がブテンになるのかわかりません。

異何異性体の名称で、なんで最後がブテンになるのかわかりません。

Aベストアンサー

二重結合を1個持ったC4H8をブテンとかブチレンとか呼ぶから、良いのでは?

Q銅イオンの動きの実験

以下のURLどおりに寒天を使った銅イオンの動きの実験を行いました。

https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/793.html

Cu → Cu2+ + 2e- の化学反応が起こるのですが、

イオン(Cu2+)はプラス極からマイナス極へ移動し、
電子(2e-)はマイナス極からプラス極へ移動していることになるのでしょうか?

2e-の動きが「電流」というものなのでしょうか?

Aベストアンサー

銅イオンCu2+は、寒天の中を移動し、その為寒天の色を青く染めます。
寒天を使わなくとも食塩水のようなものでも良いのですが、色を染めていく過程が観えないです。

それと、電子は寒天の中での移動は起こりません。
電子は寒天の外側の導線部分を電流として移動します。

また、寒天に含まれる水分(煮詰めて作りますよね)とそれに含まれるナトリウムNa+等のイオンが寒天内での電荷の運び手になります。
寒天は水をゲル化して実験をビジュアル化するものとして使われています。
それと、昔からこういう電気化学的な実験では、寒天を使うことが多かったです。
私の学生時代は寒天で塩橋を造り何百回と実験をした記憶があります。

それと、プラス極とマイナス極というのは表現に非常に神経を使う用語なので面倒です。

この実験の場合、
電池のプラス極に繋がっている銅板が、銅が電気分解する電極になり、寒天を青くします。
Cu → Cu2+ + 2e-

電池のマイナス極に繋がっている銅板は、寒天に電子を供給します。
寒天は水をゲル化する為に使ったのですが、寒天に含まれるナトリウム等が水をイオン化してH+とOH-に電離させます。
本来は食塩水で寒天を煮詰めるのは、H+とOH-へと水を電離させる役目もあります。
この電離したH+が電極から電子e-を受け取り、電極表面に水素ガスを発生させます。
2H+ + 2e- → H2↑ 
ですね。

銅イオンCu2+は、寒天の中を移動し、その為寒天の色を青く染めます。
寒天を使わなくとも食塩水のようなものでも良いのですが、色を染めていく過程が観えないです。

それと、電子は寒天の中での移動は起こりません。
電子は寒天の外側の導線部分を電流として移動します。

また、寒天に含まれる水分(煮詰めて作りますよね)とそれに含まれるナトリウムNa+等のイオンが寒天内での電荷の運び手になります。
寒天は水をゲル化して実験をビジュアル化するものとして使われています。
それと、昔からこういう電気化学的...続きを読む

Q化学 この問題は間違っているのでしょうか。

この中で多数の原子間を移動する電子があるのはどれですか。という問題で、少し気になる部分があります。
問題文:この中で、多数の原子間を移動する電子があるのはどれですか。

二酸化炭素
塩化カリウム
亜鉛
二酸化ケイ素
硫黄
酸化カルシウム
酸素

スクロース

という問題で、答えは銅です。
わたしがおかしいと思うのはのはどうして、亜鉛は答えじゃないのかということです。
電子が多数の原子間を移動するのは金属結合の場合ですよね。
だから亜鉛も答えだと思うのですが…

ここで私は、この問題に『最も』という言葉が入り、本当は「この中で、『最も』多くの原子間を移動する電子があるのはどれですか。」という問題文になるのではないかと考えました。
そうなれば電子が最も多くの原子間を移動するには、それなりに電子(価電子)が少ない必要があるので、答えは上の中で一番価電子の少ない銅(価電子は1個)が答えになるのかと。

この考えはあっているでしょうか。
どなたかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この中で、多数の原子間を移動する電子があるのはどれですか
この問題文だと、自由電子を持って金属結合をとる亜鉛と銅が答えでなければならないです。
ご指摘の通りです。

>本当は「この中で、『最も』多くの原子間を移動する電子があるのはどれですか。」
という事なのですが、答えとして、銅は亜鉛よりも電気抵抗が小さいこと、で決まってしまうように考えます。

価電子を持ち出して言うのは少し遠回りしている?感じがします。
銅は電気抵抗が低いというその特性を生かす製造方法が確立されていて、無酸素銅として更に結晶粒界を非常に少なくした導線専用のものが随分前から市販されています。
素材的にも、製法的にも、”最も”と入れられてしまったら銅にならざるを得ないのは確かです。

でも、同じ金属の亜鉛と比較するのは…、亜鉛を見落とすのは…、となってしまい出題としてちょっと???と思います。

Q図のようなダニエル電池で亜鉛板と銅板をそれぞれ異なる電解液に入れているのになぜ、亜鉛と銅のイオン化傾

図のようなダニエル電池で亜鉛板と銅板をそれぞれ異なる電解液に入れているのになぜ、亜鉛と銅のイオン化傾向を考慮するのですか?

Aベストアンサー

それは難しそうで実は非常に簡単。その理由は亜鉛板と銅板が導線でつながれているから、この際電球は無視して良い。
あなたは酸化還元滴定などの半反応を知っているでしょう。電気化学の場合それが「半電池」というものになります。実際は半反応と半電池は同じもので、半電池は「起電力」と同じだと思えば良い。半電池の還元電位は「標準電極」と比較すれば良いのです。水素電池が基本ですが使いにくいので飽和カロメル電池がよく使われます。そこで亜鉛側と銅側でその起電力を比較します。つまりこれが電位差で実際には電池の起電力はこの半電池の電位の差に等しくなります。イオン化傾向は定性的、半電池の電位が定量的で、両者は同じものです。

Q『11円電池』の仕組み

11円電池に使われているCuとAlの半反応式を教えてください。
できれば式だけではなく理由も教えてください。
例)Alの方がCuよりイオン化傾向が大きい

Aベストアンサー

反応としては下です。
銅が電池の正極、アルミニウムが電池の負極として作用します。
Cu極側
6H+ + 6e- → 3H2↑
Al極側
2Al → 2Al(3+) + 6e-

上の式は電子の数を合わせるために上式は3倍、下式は2倍しています。
理由は書かれている通りで、アルミニウムのイオン化傾向が銅よりも大きいためです。
電解液は食塩ですね。

この実験は、貨幣を損壊することになるので実行しない方が良いですね。

Q中学の理科での質問です。 酸化銅と炭素をまぜて加熱すると銅と二酸化炭素ができるという実験があります。

中学の理科での質問です。
酸化銅と炭素をまぜて加熱すると銅と二酸化炭素ができるという実験があります。
この反応で、還元された物質は何でしょうという問題なのですが、銅が還元されたという答が不正解である理由を知りたいのです。
正解は酸化銅で、銅と答えたら不正解でした。いろんな問題集などを見ても、たしかに酸化銅と書いてあります。
でも、なぜ銅という回答では不正解なのかを知りたいのです。

Aベストアンサー

それは化学式を書けばはっきします。
2CuO + C → Cu + CO2
ですよね。
もし問題が還元された「元素」は何か、だったら銅が正解です。でも酸化銅は分子とは言えないが物質で銅ではありませんよね。

Q数A塗り分け問題について。この16番で答えではD→A→B→C→Eと塗ってます。たしかに普通そうします

数A塗り分け問題について。この16番で答えではD→A→B→C→Eと塗ってます。たしかに普通そうしますが、ちょっとA→B→C→D→Eでやってみようと思いやってみたら計算が合いませんでした。計算方法が変わったりしますか?また注意すべきことなど教えてください。

Aベストアンサー

どうして回答例がDから決めているかといえば、Dが全ての領域を接しているからです。
言い換えるならば、Dに使った色はほかのA,B,C,Eのいずれにも使えないことが決定するからです。

その上で、あえてA,B,C,D,Eの順番で決めていくとすると・・・・
Aには好きな色が塗れます。4色
BにはAで使わなかった色が使えるので、3色
CにはAで使わなかった色が使えるので、3色
ここまでは良いのですが、
Dは、BとCが同じ色だった場合は、それ以外の2色
Dは、BとCが違う色だった場合は、それ以外の1色となってしまいます。
EはB、Dで使わなかった残りの2色となります。

したがって、BとCの色が同じである場合と違う場合を分けて考えなくてはなりません。
Aは4色
Bは3色
Cは3色でうち1色はBと同じ
・・・・
CがBと同じ場合Dは2色
CがBとは違う場合Dは1色
Eは2色
なので、
求める組み合わせは
BとCが同じ場合の
4×3×1×2×2=48通り

BとCが違う場合の
4×3×2×1×2=48通り
を合計した96通りとなります。

Q中学3年生の化学問題について

子どもの理科(化学)の問題です。
答えしか載っていないのでなぜそうなるのかわかりません。
詳しい方教えていただけませんか?

以下の表の電極の組み合わせで、電圧を測った。

●銅 - 亜鉛   電圧:0.7V
●銅 - 鉄    電圧:0.15V

問:鉄と亜鉛を電極にしたときの電圧は何Vか。
答:0.55V

イオン化傾向に関係がありそうに感じるのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電圧は電位の差の事です。
下の図で解ると思います。

0.7 - 0.15 = 0.55です

Qお土産物の「たまり醤油」にラー油を垂らしたところ、脂が分散して広がって薄い膜のようになりました。普通

お土産物の「たまり醤油」にラー油を垂らしたところ、脂が分散して広がって薄い膜のようになりました。普通の醤油に垂らすと油が1つにまとまって丸くなると思うのですが、何度垂らしても丸くなりません。クルマのコーティングに例えると、撥水と親水のような違いです。

水と油の間に作用するようなようなもの(界面活性剤?)が入っているのでしょうか?また、醤油と油を混ぜようとしても乳化するような雰囲気はありません。

醤油のパッケージに書かれた原料は、脱脂加工大豆、食塩、小麦、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、アルコールでした。加工食品の安全性云々ではなく、なぜのようになるのかを知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大豆サポニンの含有量の違いだと思います。
サポニンには界面活性作用がある為、純粋な豆乳は泡立ちます。

普通の醤油は大豆と小麦で作られ、割合は半々です。

たまり醤油は、ほとんどが大豆です。

その為、含まれるサポニンの量は、醤油 < たまり醤油。

この差だと思います。

Q化学はの酸化還元反応の分野が苦手です。 得意になる秘訣を教えてください。。

化学はの酸化還元反応の分野が苦手です。
得意になる秘訣を教えてください。。

Aベストアンサー

酸化より還元のほうが複雑なのでちゃんとマスターする。
還元が酸化を利用して行うことを理解することです。
2CuO+C→2CU+CO2(Cによる還元)
ここで酸素と化合しやすのがC>Cuだということです。
酸素の取り合いでCがCuに勝つわけです。


人気Q&Aランキング