教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

鉄道や道路で海峡を渡る場合、海底の下にトンネルを掘るか(青函トンネルなど)、海の上に吊り橋を通すか(明石海峡大橋など)のどちらかになり、いずれの方法でもコストは莫大なものになります。

でも、海底ケーブルはゴム管の中に送電・通信用の線を海底の上に敷設し繋ぐという方式をとっており、それが一番コストが低いと思います。
この海底ケーブルのように、海底の上に直径が大きなチューブを通し、その中を鉄道や自動車が通るような海底チューブトンネルを作れば低コストで道路を作れそうな気がするのですが、それが実用化できない理由は何でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 確かに似てますね。
    これだと短距離のトンネルしか造れず、長距離の連絡には向かなさそうですが。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/20 07:21
  • これは面白いです。
    でも、潮の流れが大きい場所では使い物になさそうですね。
    明石海峡のような場所ではすぐに壊れそうです。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/20 07:23
  • もちろん深海は無理だと思いますが、比較的浅い海(水圧もそこまで高くない)ですら無理ということでしょうか。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/20 12:19

A 回答 (6件)

近いものとして「沈埋トンネル」というものは存在するので, 海底の凹凸という点が大きいんじゃないかな.

この回答への補足あり
    • good
    • 0

耐圧性があって中を道路や線路が通せるサイズで


作ってもどうやって運ぶ?
ぶつぶつに切って運んだら沈めてどうやって接続する?
陸地から海底までの勾配が不適当だったらどうする?等々
問題が多過ぎてかえってコストが掛りそう。
    • good
    • 0

回答No.1と同じ意見です。



道路に出来るほどの大きな空洞がある海底チューブトンネルには壁面に強烈な圧力がかかりますので、それに耐えられるだけの海底チューブトンネルを作る技術はないと思いますよ。強固な岩盤をくり抜いてこそ、強烈な圧力に耐えられる海底トンネルが実現できるわけです。
いまはシールド工法が発達していて岩盤をくり抜いてトンネルを掘ることができ、海底チューブトンネル(仮に出来たとしても)よりコストを抑えられると思いますが。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

海底じゃないけど、こんな計画があるみたい。



ノルウェー政府、フィヨルドを渡る交通手段として水中にチューブ状の橋を建設予定
http://www.excite.co.jp/News/car/20160728/Autobl …
この回答への補足あり
    • good
    • 0

技術的な問題が多いでしょう。


海底ケーブルは海上から落とせば、海底の凹凸に関係なく設置できます。
トンネルとなると固定するために支柱が必要となります。
水深の浅い場所では可能でしょうが、船舶、漁業、環境面において無理でしょう。
    • good
    • 0

海底ケーブルは中身が空洞ではありません


海底で水圧に耐えられる道路幅の中空チューブが作れません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング