フィードバック制御系においてのフィードバックゲインは安定範囲内でも限界があるそうなんですが、その原因がわかりません。
数値計算上ではいくらでも大きくしたりできるのですが、現実においてはそうはいかないと言われました。

どなたか、わかる方教えてもらえないでしょうか?お願いします

A 回答 (1件)

安定範囲内であればループゲインを増大えきるのではないでしょうか? 但し、一般にループゲインを上げるとポールの周波数が下がりますので系が不安定になる可能性が増大します。

多重帰還を流用して系全体を調整する必要があると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いレスありがとうございます。
と、言うことは系が不安定になることで、現実的に(多重帰還を流用しないで)利用するためにループゲインをあげることは出来ないということでしょうか?

お礼日時:2001/07/04 22:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィードバックの意味を教えて下さい。 「フィードバックしてもらえませんか?」と出ました。

フィードバックの意味を教えて下さい。
「フィードバックしてもらえませんか?」と出ました。

Aベストアンサー

参考に。

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/189844/meaning/m0u/
https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-122698
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF

Qネガティブフィードバック制御(負帰還)の安定限界について

ネガティブフィードバック制御(負帰還)の安定限界について

特にゲインが1で位相が-180°の場合、安定限界(単振動的なふるまい)になるらしいですが
添付図で仮にG=1, H=-1とし、入力R=1を加え続けたとすると、出力Yは(R-C)*Gなので
Y={1-(-0)}*1=1
Y={1-(-1)}*1=2
Y={1-(-2)}*1=3

と単振動ではなく発散になってしまう気がします。

フィードバックの考え方自体間違っているのしょうか?
詳しい方いらっしゃいましたら是非ご教授お願いしたいと思います

Aベストアンサー

Macchomuさん、安定限界状態で一定振幅の振動を繰り返すためには
更に以下の2つの条件が必要です。
1. 入力信号は加えないこと。
2. 一巡伝達関数はラプラス演算子sで表される関数であること
安定限界条件では入力信号に対して出力信号の振幅は無限大になります。
ですから、入力には定常的に信号を与えない状態がまず必要です。
そして、入力に一瞬、何らかのノイズが入力された場合に一定振幅の安定した
振動を繰り返す状態になります。
 では以下にMacchomuさんの計算を確認してみましょう。
まず最初の計算

 Y={1-(-0)}*1=1

まず、最初の等号の後の最初の大括弧の中の入力Rに値(1)が入ってます。
これは上記1.の条件に反します。 R=0 にする必要があります。
そうすると、最初の式は一応、なんらかのノイズ入力により初期値としてC
の値が -1 になってたと仮定して C=-1 を使います。

Y={0-(-1)}*1=1

同様に2番目以降の式はこの最初の計算結果のY=1を利用して

Y={0-(-1)}*1=1
Y={0-(-1)}*1=1

となり、出力は安定的に1を維持します。なお、振動しない理由は
一巡伝達関数がsの関数ではなく、定数のため、固有振動数が
存在しないからです。

Macchomuさん、これでモヤモヤは解決したでしょうか?

Macchomuさん、安定限界状態で一定振幅の振動を繰り返すためには
更に以下の2つの条件が必要です。
1. 入力信号は加えないこと。
2. 一巡伝達関数はラプラス演算子sで表される関数であること
安定限界条件では入力信号に対して出力信号の振幅は無限大になります。
ですから、入力には定常的に信号を与えない状態がまず必要です。
そして、入力に一瞬、何らかのノイズが入力された場合に一定振幅の安定した
振動を繰り返す状態になります。
 では以下にMacchomuさんの計算を確認してみましょう。
まず最初...続きを読む

Q『フィードバックを頂けませんか?』 とは、どういう意味ですか?

『フィードバックを頂けませんか?』
とは、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

返事が欲しいということです。

Q自動制御(伝達関数)で出てくるゲインとゲイン定数は同じものですか?

伝達関数で、ゲインは以下の数式で表されると思います。
Gv=20log|G(jω)|
これとは別に、一次漏れ要素の数式 G(s)=K/(1+sT) の分子Kは「ゲイン定数」と呼ばれています。

これら二つは同じものなのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ゲイン」はあくまで「ゲイン、増幅率、利得」であって「入力と出力との比」ですが、一般的には「定数」ではなく周波数や時間の関数として変化します。この場合には、「ゲイン」と「位相」をセットで扱うことによって、周波数や時間との関係を表す必要があります。

これに対して、「入力と出力の関係を時間の関数として表わしたもの」(伝達関数など)の場合には、この関係の中に周波数や時間の要素(「位相」に相当するもの)を含むので、これ一つだけで特性を表現できます。
このときに、「変数」としての「周波数」や「時間」以外に何らかの共通の「定数」が現れます。周波数や時間の係数は「角周波数」とか「時定数」といった別な「定数」で表されますので、それらと区別してこれを「ゲイン定数」と呼んでいるのだと思います。
お示しの「一次漏れ要素の数式 G(s)=K/(1+sT)」では、「K」が「ゲイン定数」、「T」が「時定数」ですね。

Qフィードバックってどういう意味?

工場で不良品を出荷してしまい、始末書というか対策書みたいな書類を書かされます。

不良品の出た原因
今後の対策
対策後の結果を書いて一番最後に

源流へのフィードバックってタイトルで記入する欄があり、何を書いていいかわかりません

源流へのフィードバックってどういう意味なんですか?

どなたか教えて下さると助かります。宜しくお願いしま~す。

Aベストアンサー

英語ではfeedbackですね。あなたの部署を考えて見てください。おそらく文章の流れからすると前工程があることだと思います。
だいたい不良品が出る都いう原因は自分の行程やそれよりも前に原因があることはたくさんありますよね。

そういう源流に対して自分の立場より不良品をなくすためのアイディア(feed)を与える(back)するということです。

Qサーボ制御のゲイン余裕、位相余裕について

サーボ制御のゲイン余裕、位相余裕について質問なのですが、
一般的にはそれぞれどのくらいの余裕量があれば、
安定といえるのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

DDモータのような位相の中速制御ならば低速制御と高速制御の中間の値40前後でいいでしょう
DDモータの速度制御は磯余裕たっぷりなのでそもそも位相補償はする必要がありません

位相余裕を使うのはあくまでも経験値であり積極的な設計方法ではありません
位相余裕であたりをつけて
最後にはその定数値を使って根を求めるべきでしょう

Qフィードバック効果

タイトルの「フィードバック効果」の意味を教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

No.2のymmasayanです。補足します。

>「その人だけが参加するイベントの終了後は、必ずフィードバックするように。
>そうでないとフィードバック効果が上がらない」

そういう場合には報告・伝達という意味です。本来のフィードバックとは違います。

ここでいうフィードバック効果とは、新しい知識・技術を広める共有効果をいってますね。

Qゲイン曲線とステップ応答の関係について(制御工学)

ゲイン曲線から読み取ることができる
定常ゲイン(ω=0での値)・ピーク値(ゲインの最大値)・バンド幅(ゲインが最大値/√2となるときの各周波数)
から、単位ステップ応答へどのような影響が出るかがよくわかりません。

今のところ自分で考えたことは、
・定常ゲイン
定常ゲインが∞で無い場合は、定常偏差が残るということが、最終値の定理からわかる

・ピーク値
減衰特性に影響すると書いてありましたが、ピーク値が小さいと、閉ループ伝達関数を求めて実際に求めた値が小さくなるので減衰が早いってことなのかな・・・?

・バンド幅
速応性に影響すると書いてありましたが、ここはまったくわかりません。
バンド幅が大きいほど、高周波数の信号でも追従できるということはわかりますが。。。


このような状態です。ご教授いただければ幸いですペコリ(o_ _)o))

図が入るところなので、説明が難しいようでしたら、参考になるようなURLでも構いません。

Aベストアンサー

あまり自信はありませんが、自分の理解している範囲では次のようになるかと思います。

・定常ゲイン
伝達関数G(s)とすると、最終値の定理より定常偏差eは、

e = lim(s→0) sG(s) * 1/s = G(0)

になります。したがって定常ゲイン|G(0)|が1以外のときに定常偏差が残ります。もっと言うと定常ゲインの値が定常偏差そのものになります。

・ピーク値
ピーク値が大きいと、ステップ応答でのオーバーシュートが大きくなります。これについては僕も詳しく分かりませんが、ピーク値が大きいと言うことはある周波数成分でのゲインが大きいため、全ての周波数成分を含むステップ応答を入力した場合の応答も大きくなると考えればよいのではないでしょうか。オーバーシュートが大きいほど応答は振動的になるので減衰は遅くなります。

・バンド幅
仰るとおりバンド幅が大きいほどより高周波な成分にも追従できるので速応性が高まります。ステップ応答で考えると応答が速くなるため、立ち上がり時間が小さくなります。

QFIXとかフィードバックとか…

会社でFIXして…とかフィードバックして…とか出てきますが、どういう意味何ですか?なにがしたいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

問題のある状態を正常化させるために手を打つ事がフィックス

その結果を周知して全体共有させることをフィードバックと言います。

Qフィードバック制御系において

前記フィードバック制御系に関する制御偏差が
0近くに留まることを
「前記フィードバック制御系は制御がかかっている」
と表現できるのでしょうか?
「制御がかかる」
と言う表現はありますか?

Aベストアンサー

>前記フィードバック制御系に関する制御偏差が
0近くに留まることを
「前記フィードバック制御系は制御がかかっている」
と表現できるのでしょうか?

出来ると思います。

>「制御がかかる」と言う表現はありますか?

有ると思います。

もしくは、「制御が行われている」が良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報