ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

(社説)北朝鮮問題、どう向き合う 非核三原則の堅持こそ 
朝日新聞 9/8より

核実験をやめない北朝鮮の脅威にどう向き合うか。自民党の石破茂元防衛相が、非核三原則の見直しに言及した。

 「米国の核の傘で守ってもらうといいながら、日本国内にそれ(核兵器)は置きません、というのは本当に正しい議論か」

 問いに答えるなら「正しい議論だ」と言うほかない。

 「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」。非核三原則は冷戦期の1967年に佐藤栄作首相が表明し、歴代内閣が踏襲してきた。

 米国の核抑止に頼る現実と、唯一の戦争被爆国として核廃絶をめざす理想。その両者に何とか折り合いをつけようとした重い「国是」である。

 米国は核の配置場所を明らかにしないのが原則で、持ち込ませずの検証は困難だ。それでも非核三原則を順守する姿勢が、冷戦後も、日本外交の柱となってきたのは間違いない。

 その日本が非核三原則の見直しに動けば、韓国、台湾も核を求めて動き出す「核ドミノ」の発火点にもなりかねない。

 韓国ではすでに米軍の戦術核の再配備や独自の核武装を求める声が出ている。そうなれば、核不拡散条約(NPT)体制は揺らぎ、北朝鮮に核開発の大義名分を与えることにもなる。

 北朝鮮への対応に何よりも必要なのは日米韓の結束であり、その上に立って北朝鮮に影響力をもつ中国、ロシアとの調整をはかることだ。

 そのために日本が発信すべきは、朝鮮半島を含む北東アジアで「非核」をめざす強いメッセージだ。非核三原則を堅持してきた日本の姿勢は、その主張を支える基盤となる。

 そんないま、日本の非核外交の足元を掘り崩すような発言をする石破氏の見識を疑う。

 石破氏は、核弾頭を積んだ戦略ミサイル潜水艦の米軍横須賀基地(神奈川県)や佐世保基地(長崎県)への寄港を例に挙げたが、北朝鮮に近い日本への寄港は必然性が薄い。周辺国の反発を招き、戦時には日本が攻撃対象になる恐れもある。

 「力対力」に傾く発言が自民党などで相次いでいる。

 首相側近の河井克行・自民党総裁外交特別補佐は「自衛隊が中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルを持つ可能性を真剣に検討すべき時期に来ていると考える」と語った。

 脅威に便乗するような強腰の主張が、地域の安定に資することはない。求められるのは、非核三原則や専守防衛といった日本外交の基軸を守った冷静な議論である。

以下のように要約してみました。修正点、アドバイスお願いします。

「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」とは、米国の核抑止に頼る現実と、唯一の戦争被爆国として核廃絶をめざす理想であり、その両者に何とか折り合いをつけようとした重い「国是」である。その日本が北東アジアで非核を主張することが、その主張を支える基盤となる。そんな中、自民党が脅威に便乗しているが、求められるのは、非核三原則や専守防衛といった日本外交の基軸を守った冷静な議論である。

P.S. 目的は言語訓練のための要約練習です。自分の主張とか考えを述べるための練習ではないので、この社説を的確に要約できているかどうかのアドバイスを求めています。

A 回答 (2件)

大変素晴らしいと思いますが、



>「米国の核抑止に頼る現実と、唯一の戦争被爆国として核廃絶をめざす理想であり、」

これだと、非核三原則は「現実と理想だ」という意味になってしまいます。
そうではなく、「理想と現実」に折り合いをつけたものだ、ということですよね。



>「その主張を支える基盤となる。」

どういう主張でしょうか?
「北東アジアで「非核」をめざす」が抜け落ちてしまいました。



非核三原則「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」は、米国の核抑止に頼る現実と、唯一の戦争被爆国として核廃絶をめざす理想という両者に何とか折り合いをつけようとした重い「国是」である。日本が非核三原則を見直せば、北東アジアに核の拡散を引き起こしかねない。地域の安定に必要なのは、脅威に便乗するような強腰の主張ではなく、非核三原則や専守防衛といった日本外交の基軸を守った冷静な議論である。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。
おかげさまで少し要領がつかめてきました。

お礼日時:2017/09/21 11:17

沖縄に約3000発の核配備をして有るのは、良く知られた事実です。


核を持たず、造らず、持ち込ませず、の、三原則で、佐藤栄作首相は、ノーベル平和賞をもらいましたが、その時既に、核配備して居たのも公然の秘密です。
沖縄には、核武装した爆撃機が常時待機して居るのも常識です。
中国が、尖閣諸島に、侵攻しないのは、在日米軍の存在を意識して居るからです。
青森の三沢基地には、米空軍のアドバイザーは、居ますが北海道には、居ません。
ロシアが北方領土を返さないのは、返した後に、米空軍が、進出するのを怖れているから。
歯舞、国後、だけでも、返して貰っとけば、良かったですねえ。
今となっては、もう遅い。
トランプ爺いも、『日本も、核武装すべきだ』と、言って居ます。
朝日新聞は、赤の手先です。
新聞は、社会の公器ですが、朝日新聞は、時代遅れの、アカの公器です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんて読むの 教えて下さい

なんて読むの
教えて下さい

Aベストアンサー

No.1です。

肝心な読みを忘れてました。

「ふうふとは なんとよいもの むかいかぜ」です。

Q将棋などの「詰んでる」という言葉のイントネーションは、「つ」ですか?それとも、「ん」ですか?

将棋などの「詰んでる」という言葉のイントネーションは、「つ」ですか?それとも、「ん」ですか?

Aベストアンサー

つんでる
髙低低低
日本語アクセントは髙低アクセントです。

Q次の文章のおかしなところはどこでしょうか。

昭和20年(1945)8月6日午前8時15分、米軍は、広島市に対して世界で初めて核兵器「リトルボーイ」、いわゆる原子爆弾を投下し、これにより当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万、16万6千人が被爆から2~4か月以内に死亡した。

Aベストアンサー

今度はどこからもってきた文章でしょうか。
 著作権侵害のうえ、非常に無礼な行為ですよ。もうやめませんか。
 そのことは下記のリンク先にも書いたつもりですが、ご理解いただけませんか。
【主語と述語のねじれがある次の文章を書き直すとしたらどう書き直したらいいでしょうか。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9886779.html
===========引用開始
 念のため確認しますが、書き手の許可は得ているんですよね。
 許可もなしにこんなことをするのは、非常に失礼な行為なので、当方はこれ以上関わるのは気が進みません。
 許可をとっていたとして、このあとどういう形で書き手に伝えるのでしょうか。
===========引用終了

 さらに書くと、Wikipediaの画面を無断流用するのは、さらに悪質な著作権侵害になるはずです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

 で、原文はWikipediaを改竄しています。論外です。だから素人の文章は嫌いです。やっとそのことを指摘する人が出たので少し書くことにします。
 おそらく書き手は「9万~16万6千人」と「9万、16万6千人」の違いがわからないのでしょう。論外です。だから素人の文章は……。
 こんな文章に対してグダグダ書くのは単なる「弱い者いじめ」の悪趣味な行為にしか思えません。
【読書感想文/『日本語作文術』(野内良三/中央公論新社社/2010/05/25第1刷発行) 第1稿】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3410.html
===========引用開始
【引用部】
 どうしたら長文を撃退できるか。その方法をお見せしよう。ただし、(今後もそうであるが)文章指南書がよくやる素人の作例は絶対に使わない。あれはやっている本人はご満悦かもしれないが、一種の弱いものいじめだ(合意が成り立っている、学校やカルチャーセンターのような教育現場では話は別だが)。大物に登場願おう(P.25)
 この著者は〝絶対〟という言葉が好きなのだろうか。必要性を感じない〝絶対〟の例はあとにも出てくる。こういう強い言葉は、極力使うべきではないのでは。好みの問題かもしれないけど。
「合意が成り立っている、」の読点はOKなのかな。本多読本の〈長い修飾語〉の読点かもしれないが、個人的には極力使わないことにしている。理由は……「美しくない」ってことにしておく。「学校やカルチャーセンターのように(、)合意が成り立っている教育現場では話は別だが」くらいだろうか。
 趣旨はよくわかるけど、ケースバイケースだと思う。単に素人の悪文をボロクソに書くのは「弱い者いじめ」かもしれない。そんなことをしても、建設的とは言えない。本多読本にヒドい例があった(もしかすると、本書の著者は本多勝一が嫌いなのかもしれない)。でも、「ここをこうするだけで見違えるほど……」ということなら、話は別になる。あるいは、偉いセンセーでもこんなヒドい……という「強い者イジリ」なら大好物です。(←オイ!)
===========引用終了

 原文のWikipediaの文章がヘンです。
「9万 - 16万6千人が被爆から2 - 4か月以内に死亡したとされる」ってどういうことなんでしょう。
 原典は下記と注釈があります。
http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa1.html

 一応公的機関ですかね。でもこんなに幅がある不自然な数値は、一応裏が取れてもとても孫引きはできません(それだけたいへんな状況だったのでしょう)。「〜とされる」と書けば何を書いてもいいわけではありません。原文の最大の問題点はここでしょう。だから素人の文章は……。
 このことに比べればあとは瑣末な問題なので、先行コメントにおまかせします。当方はこれ以上悪趣味なことはしたくありません。

 当方なら、必要に迫られたら下記の数字をとります。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1111638957650/index.html
「昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡したと推計されています」
 当然、「正確には不明」「広島市のホームページによると」と書き添えます。

今度はどこからもってきた文章でしょうか。
 著作権侵害のうえ、非常に無礼な行為ですよ。もうやめませんか。
 そのことは下記のリンク先にも書いたつもりですが、ご理解いただけませんか。
【主語と述語のねじれがある次の文章を書き直すとしたらどう書き直したらいいでしょうか。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9886779.html
===========引用開始
 念のため確認しますが、書き手の許可は得ているんですよね。
 許可もなしにこんなことをするのは、非常に失礼な行為なので、当方はこれ以上関わ...続きを読む

Q助詞の連続使用について

小説を書いている際に、以下のような文章を書いてみました。こういう文章はありなのでしょうか?
団長は彼の頭の上の木の柱の木目をあんぐりと眺めていました。
わざと「の」を連続使用する事で冗長な文にして、ぽかんとしている感じを出してみたかったのです。
調べてみたところ、一般的に「の」は3回以上、連続使用すると、悪文になるとサイトで多く見たので気になっています。
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

>わざと「の」を連続使用する事で冗長な文にして、ぽかんとしている感じを出してみたかったのです。

そういう感じが本当に出ると思いますか。冗長な感じは出ますが、「ぽかんとしている感じ」は出ないのじゃないですか。「冗長」というのは「煩わしい」ことであり、別の意味では「動き」をも感じさせます。いい文章には「文章感覚」の鋭さが要求されます。
 『行く秋の大和の国の薬師寺の塔の上なるひとひらの雲(佐佐木信綱)』
という短歌は「の」を重ねて使っているので有名ですが、この流れるようなリズム感は、これはまた別の感覚です。
 分かるというより、あくまでも感覚の問題です。

Q「~たり、~たりする」について

日本語を勉強している者です。
つたない質問で申し訳ありませんが、

①「日曜日は掃除をしたり、洗濯もしたりする」
②「日曜日は掃除もしたり、洗濯もしたりする」

①②とも不自然でしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私としては
「日曜日は掃除をしたり、洗濯をしたりする。」
で十分と思いますが、
どうしても"も"を文中に入れたいなら
「日曜日は掃除をしたり、洗濯をしたりもする。」
がしっくりくると思います。

Q次の文章は、「何を言いたいのかわからない」「主題がはっきりしない」でしょうか。

次の文章は、「何を言いたいのかわからない」「主題がはっきりしない」でしょうか。文章のタイトルは「天は二物を与えず」です。

アメリカのフロリダ州では、大型ハリケーン「イルマ」の上陸に備えるために人口の3分の1近くに当たる約630万人に避難命令が出され、多くの住民が避難したためゴーストタウンのような様相を見せているところもあるといいます。

マイアミに住んでいるAさんは、ハリケーンの上陸に備えて実家があるテネシー州のナッシュビルへ避難することになりました。通常なら8時間で行けるのに、多くの人が避難しているため大渋滞に巻き込まれ、今回は18時間も掛かったといいます。

無事にナッシュビルに到着したAさんは、「ここは何の天災もなし。気をつければ避けられる人災のみ、 天は二物を与えずだな~という実感です」と、語っていました。すなわち、Aさんにとって天災と人災が「二物」ということです。しかし、「天は二物を与えず」は、人に対して用いる言葉であり、「二物」とはその才能や資質のことです。

私たちは、言葉の本来の意味を勘違いして使うことが多々あります。言葉がその本来の意味を離れて使われるようになるとコミュニケーションの不全、いわゆる「えっ? 何、それ?」を招きます。そういうことにならないために私たちは、言葉の本来の意味を理解してそれを使うようにしたいものです。

次の文章は、「何を言いたいのかわからない」「主題がはっきりしない」でしょうか。文章のタイトルは「天は二物を与えず」です。

アメリカのフロリダ州では、大型ハリケーン「イルマ」の上陸に備えるために人口の3分の1近くに当たる約630万人に避難命令が出され、多くの住民が避難したためゴーストタウンのような様相を見せているところもあるといいます。

マイアミに住んでいるAさんは、ハリケーンの上陸に備えて実家があるテネシー州のナッシュビルへ避難することになりました。通常なら8時間で行けるの...続きを読む

Aベストアンサー

>タイトルを「天は二物を与えず」としたのは、それを誤用した事例を題材としているからです。
その事例を題材として何を伝えたいのかが大事だと思いますよ
タイトルの付け方は人それぞれかと思いますが
基本はその文章は何を表しているのか、何を伝えたいのかをタイトルにするべきなんじゃないかと私は思います

あと、文章に導入部分がないですね
急にハリケーンの話しが出てきて
なんだ?ハリケーンの怖さについての文章かなと思っていたら
いきなり最後の二行ぐらいで、言葉の意味を理解するのは大事
みたいな締めで終わったため、正直最初は「は?」って思いました

私たちは、言葉の本来の意味を勘違いして使うことが多々あります。言葉がその本来の意味を離れて使われるようになるとコミュニケーションの不全、いわゆる「えっ? 何、それ?」を招きます。
この文章を最初に持ってきてもいいと思いますよ
今からこういうことについて話をしますというのがないと
読者は頭に??を抱えたまま読み進めることになります

ハリケーンのくだりに要らない部分も多すぎる気がします
渋滞でいつもより時間がかかったとか要ります?
街がゴーストタウンみたいだとかも必要だとは思えません
ただでさえタイトルの意味もよく分からず
導入部分も無いため、読者はいったい何の話を見せられているんだ状態なのに
余計な描写が多いため、最後の最後で結論を見せられても「??」となってしまいます

>タイトルを「天は二物を与えず」としたのは、それを誤用した事例を題材としているからです。
その事例を題材として何を伝えたいのかが大事だと思いますよ
タイトルの付け方は人それぞれかと思いますが
基本はその文章は何を表しているのか、何を伝えたいのかをタイトルにするべきなんじゃないかと私は思います

あと、文章に導入部分がないですね
急にハリケーンの話しが出てきて
なんだ?ハリケーンの怖さについての文章かなと思っていたら
いきなり最後の二行ぐらいで、言葉の意味を理解するのは大事
みたいな...続きを読む

Q「(社説)震災とデマ 偏見と善意の落とし穴」を要約練習してみました。

94年前の惨事に、あらためて注目が集まっている。

 関東大震災の混乱のなか、官憲や市民の「自警団」の手で、多くの朝鮮人や中国人が殺された。その追悼式に追悼文を送るのを、小池百合子都知事がとりやめると表明したからだ。

 真意ははっきりしない。会見では「震災に続く様々な事情で亡くなった」などと、あいまいな物言いに終始した。

 これでは、事件の本質とそこから学ぶべき教訓がかき消されてしまう。リーダーとしての適格性が疑われる行いである。

 「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」といったデマを信じた人々によって虐殺があったのは、動かしようのない事実だ。

 16歳だった社会学者の故清水幾太郎も、兵隊らが銃剣の血を洗うのを目撃した。一人が得意そうに「朝鮮人の血さ」と教えてくれたと書き残している。

 同じ社会に生きる少数者に、差別意識や漠とした不安感を抱いている状態で、震災のような異変が起き、そこに日ごろの偏見と重なる話が流れてくると、あっさりのみ込まれてしまう。人間にはそんな一面がある。

 東日本大震災でも「被災地で外国人窃盗団が横行している」といったデマが流布した。

 在日コリアンたちへのヘイト行為が公然となされ、ネット上で「関東大震災での虐殺は、朝鮮人が起こした暴動への正当防衛だった」などの虚説が飛びかうのを見ると、災害時の流言飛語がはらむ危うさは、決して過去の話ではない。

 多くのデマは「真実の仮面」をかぶって現れ、必ずしも悪意によって広がるのではないことを知っておきたい。

 LINEやツイッターなどSNSが発達し、だれもが情報を発信する手立てをもった。

 治安の悪化や買い占めなどの話を耳にした。内容は不確かかも。でも万が一のこともある。みんなで共有しておこう――。そんな「善意」や「正義感」もデマ拡散の原因になりうる。

 防ぐ特効薬はない。

 正確な情報で正していくしかないが、ある考えが一度植えつけられ、偏見の「鋳型」ができてしまうと、後から本当のことを示されても容易に受け入れられない。それも人間の特性で、米大統領選ではフェイクニュースが広がり続けた。

 だからこそ、日ごろ知識を蓄え、デマの特徴や過去の例を知り、早めに誤りの芽を摘むことが大切だ。SNSを賢く使いこなす能力も求められよう。

 きょうは防災の日。関東大震災の教訓を胸に刻む日である。

朝日新聞 9/1より引用

以下のように要約してみました。

「偏見の鋳型ができてしまうと、後から本当のことを示されても容易に受け入れられない。災害時に起こるデマは真実の仮面を被って現れ、SNSを使った善意の拡散もデマの原因になりうる。知識を蓄え、デマの特徴や過去の例を知り、誤りの芽を摘むことが大切だ。」

もっとこうしたほうがいい、論点がずれているなどアドバイスありましたらお願いします。

94年前の惨事に、あらためて注目が集まっている。

 関東大震災の混乱のなか、官憲や市民の「自警団」の手で、多くの朝鮮人や中国人が殺された。その追悼式に追悼文を送るのを、小池百合子都知事がとりやめると表明したからだ。

 真意ははっきりしない。会見では「震災に続く様々な事情で亡くなった」などと、あいまいな物言いに終始した。

 これでは、事件の本質とそこから学ぶべき教訓がかき消されてしまう。リーダーとしての適格性が疑われる行いである。

 「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」...続きを読む

Aベストアンサー

この社説の趣旨は「関東大震災の教訓を胸に刻む」です。
その教訓とは何か、なぜ胸に刻まなければならないのか、を述べれば要旨になります。

ポイントをいくつか抜き出せば、
・関東大震災では、デマを信じた人々によって虐殺があった
・差別意識や漠とした不安感を抱いている状態で、震災のような異変が起き、そこに日ごろの偏見と重なる話が流れてきたからだ
・災害時の流言飛語がはらむ危うさは、決して過去の話ではない
・「善意」や「正義感」もデマ拡散の原因になりうる
・日ごろ知識を蓄え、デマの特徴や過去の例を知り、早めに誤りの芽を摘むことが大切だ
・SNSを賢く使いこなす能力も求められ


これを短くまとめると、例えばこんな感じ。

関東大震災では、デマを信じた人々によって虐殺があった。差別意識や不安感を抱いている状態で異変が起き、そこに日ごろの偏見と重なる話が流れてきたからだ。差別意識や偏見はいまでもあり、デマがはらむ危うさは、決して過去の話ではない。日ごろ知識を蓄え、デマの特徴や過去の例を知り、早めに誤りの芽を摘むことが大切だ。「善意」や「正義感」だけで情報を発信してはならない。それが関東大震災の教訓だ。

この社説の趣旨は「関東大震災の教訓を胸に刻む」です。
その教訓とは何か、なぜ胸に刻まなければならないのか、を述べれば要旨になります。

ポイントをいくつか抜き出せば、
・関東大震災では、デマを信じた人々によって虐殺があった
・差別意識や漠とした不安感を抱いている状態で、震災のような異変が起き、そこに日ごろの偏見と重なる話が流れてきたからだ
・災害時の流言飛語がはらむ危うさは、決して過去の話ではない
・「善意」や「正義感」もデマ拡散の原因になりうる
・日ごろ知識を蓄え、デマの特徴や...続きを読む

Q「結果なった」とはどういう意味でしょうか。

いつもお世話になっております。
新しい曲についての会話で
「いい音源に結果なったけど」の「結果なった」の意味は何でしょうか。「なった」は「があった」になれますか。教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

ここでの「結果」は副詞として使われています。
「結果として」「結果的に」という意味です。
「結果として、いい音源になったけど」と言い換えることができます。


このように、名詞を副詞として使うことはよくあります。
「幸い」などは、副詞として確立していますから、書き言葉で使っても構いません。
「幸い、切符を買うことができた」(幸い≒幸運なことに)

しかしほとんどは口語です。
たとえば、
「勉強できたのは、実質一週間だけだった」(実質≒実質的な数量を言えば)
「正直びっくりした」(正直≒本当のことを言うと)
「最悪、それで行くしかない」(最悪≒最悪の場合)

Q「教え子の娘」という意味について。 教え子と言えば先生が教えている生徒という意味になりますよね。 「

「教え子の娘」という意味について。
教え子と言えば先生が教えている生徒という意味になりますよね。
「教え子の娘」となると先生が教えている生徒の子供なのか、先生が教えている女の子を「娘」と言っているだけなのかどちらなんでしょう?

Aベストアンサー

「の」には連体格の「の」と同格の「の」があります。後者は口語文法で扱われることは稀で、文語文法に出てきますので、歴史的には化なり古い用法です。
現代日本語としては、連体格の「先生が教えている生徒の子供」が普通の受け取り方だと思います。

Q精神質、質問、人質などの「質」の意味は特にありますか。

精神質、質問、人質などの「質」の意味は特にありますか。

Aベストアンサー

①ものの中身。
②人などが、内面に備えているもの。
③備えているものそのままで飾りがないこと。
④中身をただすこと。
⑤担保としてあずかること。
⑥(シチ)漢数字「七」の大字。

質には以上のような意味があります。
精神質は①
質問は④
人質は⑤
が、それぞれあてはまります


人気Q&Aランキング