OCN光で最大124,800円おトク!

気になったので質問します!
大麻を吸って、その2.3ヵ月後に
薬物検査をされると陽性反応は出るのですか?
あと、大麻は幻覚が見えるのですか?

A 回答 (2件)

大麻は、タバコと、同じ様に、巻いて吸います。


吸った時に、一気に呑み込まず、口に含み、そろそろと、煙を鼻から吸い込みます。
吸い方は、分かりましたか?
何度も繰り返すと、段々気持ちが良くなります。
良く、友人達と、回し飲みをします。
つまり、快楽を共有するのです。
日本では、即逮捕。
所持してめ、有罪、
ですが、アメリカなどでは、5g以上は、売買の為所持して居る以外、違法では、有りません。
吸っても害は、無く、取り締まる日本の警察の意図が分かりません。
阿片や、ヘロインは、違法ですが、国により、コカインなど、お咎めの無い国も有ります。
1日経てば平気ですよ。
    • good
    • 1

2.3ヵ月後もたてば陽性反応は出ないでしょう。


但し、髪の毛には痕跡が残っているそうです。
髪の毛の成長速度はわかっているので、その含有位置で過去何か月かがわかります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお土産物の「たまり醤油」にラー油を垂らしたところ、脂が分散して広がって薄い膜のようになりました。普通

お土産物の「たまり醤油」にラー油を垂らしたところ、脂が分散して広がって薄い膜のようになりました。普通の醤油に垂らすと油が1つにまとまって丸くなると思うのですが、何度垂らしても丸くなりません。クルマのコーティングに例えると、撥水と親水のような違いです。

水と油の間に作用するようなようなもの(界面活性剤?)が入っているのでしょうか?また、醤油と油を混ぜようとしても乳化するような雰囲気はありません。

醤油のパッケージに書かれた原料は、脱脂加工大豆、食塩、小麦、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、アルコールでした。加工食品の安全性云々ではなく、なぜのようになるのかを知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大豆サポニンの含有量の違いだと思います。
サポニンには界面活性作用がある為、純粋な豆乳は泡立ちます。

普通の醤油は大豆と小麦で作られ、割合は半々です。

たまり醤油は、ほとんどが大豆です。

その為、含まれるサポニンの量は、醤油 < たまり醤油。

この差だと思います。

Qマグネチックスターラーの適切な使い方

質問するほどのことかじゃないかもしれませんが,

スターラーの回転スピードを出し過ぎてなのか
スターラーバーが中心からずれている方がいて
スターラーの意味がなかったので
「最大スピードにしなくても,十分に攪拌できる。スターラーバーの大きさや中心にあっているかもきをつけないといけない」
と教えたんですけど,問題ないでしょうか?
いつも,自分が気を付けていることを言っただけなんですけどもしかして・・・と思いまして。

あと,スターラーバーがずれて,回転しなくなることがあるのですが,
中身の磁石の回転に異常がない限りスターラー本体には悪影響はないと考えていいでしょうか?

Aベストアンサー

回転速度は目的に応じて考えるべきであり、目的を達成できるのであれば回転数は小さい方がようです。
中心を合わせるのは安定に回転させるためであり、それは基本中の基本です。
撹拌子が不規則に動き回るような使い方は論外です。試薬を撒き散らしたり、撹拌の効率の低下の原因になりますし、最悪、器具を破損します。

たとえば、発熱反応の温度制御のために、冷媒につけたフラスコを撹拌するのであれば、必要な温度制御ができるのであれはそれで良いですし、撹拌速度が反応効率に関係するような2相系の反応とかであれば、撹拌が速い方が効率的なので撹拌は早い方が良いです。ただし、それによって、溶液がフラスコの上部まで飛び散って、汚損の原因になったり、飛び散った分の反応が進まなくなるようであれば少し制御した方が良いでしょう。つまり、反応が速くなることのメリットとそれ以外のデメリットをはかりにかけるということです。

>あと,スターラーバーがずれて,回転しなくなることがあるのですが,
中身の磁石の回転に異常がない限りスターラー本体には悪影響はないと考えていいでしょうか?
器具、装置のハード面では影響はないでしょうけど、肝心の反応溶液の方に影響が出る可能性があります。そもそも、攪拌する必要があるから撹拌しているんでしょ?それがうまくいなかないなら影響が出るのは当然ですし、それは悪影響であるはずです。

ちなみに、「分析系の方」とおしゃいますが、分析系で主に使われるものというわけでもありません。
分析であれば、内容物が飛び散ったり、回転にムラが生じるのは避けるべきですので、普通に考えれば穏やかで安定した回転をさせるべきでしょう。

攪拌子が大きい場合にはより慎重に扱わないと、トラブルになった時のリスクが高いです。

回転速度は目的に応じて考えるべきであり、目的を達成できるのであれば回転数は小さい方がようです。
中心を合わせるのは安定に回転させるためであり、それは基本中の基本です。
撹拌子が不規則に動き回るような使い方は論外です。試薬を撒き散らしたり、撹拌の効率の低下の原因になりますし、最悪、器具を破損します。

たとえば、発熱反応の温度制御のために、冷媒につけたフラスコを撹拌するのであれば、必要な温度制御ができるのであれはそれで良いですし、撹拌速度が反応効率に関係するような2相系の反応と...続きを読む


人気Q&Aランキング