人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本共産党は、北朝鮮の核兵器開発及び中国の覇権主義による我が国の領土侵害という、現在日本が置かれている現状に対して、憲法上「自衛隊は違憲」との立場をとっています(社民党もしかり)。
衆議院解散総選挙が10月22日投開票で行われる可能性が高い中、自民党は憲法第九条に自衛隊の存在を合憲とする公約を掲げると思われます。
そもそも現在の日本国憲法は、日本国民が作ったものではなく、敗戦時にGHQにより作成されたものであり、第九条については、日本が再び軍事国家とならな
いように制定したものです。
日本の「護憲派」と呼ばれる方々は、日本国民が作成したものでない憲法を、あたかも他国にはない優れた平和的憲法であり、改憲などもっての外だと主張してます。しかしながら、上記に述べたように、日本が現在置かれている状況は、国の存続をも危うくする状態であります。日本国民自体が自分達の国の憲法を自分達で作成する事は至極当然だと思います。
そのためには、国民と国を守るため、自衛隊の存在を合憲とし、北朝鮮や中国から国民の生命と領土を守るための改憲は必然だと思うのですが。
ご意見お待ちしてます。

A 回答 (2件)

共産党は自衛隊だけでなく、天皇制も否定している。



共産党のHP   https://www.jcp.or.jp/jcp/22th-7chuso/key-word/b …

にも

『天皇制のない民主共和制をめざすべきだというのが日本共産党の方針であって、この点に変わりはありません。』

と明確に書かれている。

共産党に投票すべきではないし、こんな共産党と選挙協力をしようとしている民進党にも投票すべきではないだろう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。私は、天皇は「象徴」などと言う曖昧な表現ではなく、現実に即して、「国家元首」と明記すべきと思います。

お礼日時:2017/09/21 14:27

日本共産党は、ロシアも中も挑戦も、アメリカと同じ”良い核”と考えているので、まったく驚異の認識はありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アメリカ、中国、ロシアについては、国連安保理事国の常任理事国ですが、北朝鮮は別だと私は思います。

お礼日時:2017/09/21 12:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北朝鮮と話し合いを・・・と言っている人は、本気で解決できると思っているのでしょうか。

「北朝鮮と話し合いを・・・」と言っている人は本気で話し合いが通じる相手だと思っているのでしょうか。
例えば5年後に「やはり話し合いができる相手ではなかった、武力で排除するしかない」と気づいたとしても、北朝鮮は今よりはるかに強大な軍事力、ミサイルを手に入れていて一層手が出せなくなっていることでしょう。先延ばしは事態をさらに悪化させます。今でも手遅れかもしれませんが…。

次元が違うかもしれませんが、某カルト教団撲滅作戦を思い出します。人権無視の別件逮捕と非難されながらもあらゆる手を使って追い込みました。もし撲滅作戦が数年遅れていたらと思うとぞっとします。話し合う気がさらさらない危険な相手とは結局折り合えないと思います。

極論を言えば、クリミア半島問題でロシアに譲って、南沙諸島や貿易問題で中国に譲ってでも、対処後の北朝鮮を中国軍との共同進駐にしてでも、完全な包囲網を築いて北朝鮮の金政権を打倒するという動きを取るべきではないでしょうか。

Aベストアンサー

2種類あると思います。

 ひとつは、外交交渉は基本話し合いでゆく、ただしテーブルにつけさせるため、もしくはこちらの要求に従わせるための軍事的な圧力は否定しないという方。目的は平和だがそのためには軍事力は必要だよっていう、まあ世界的にはこれが一番スタンダードな形。
 もうひとつは「なにかの目的」を持ってアメリカをはじめとする勢力に軍事力を使わせたくない方々。これは目的が平和とは限りません。
 番外として「みんな仲良く話し合おう」って号令をかけるとどんな国でも喜んで無条件で交渉のテーブルにつくと思いこんでいるお花畑の方々。理想を実現するためには何が必要かってことを考えたくないか考える力が無いんでしょう。日本には大変多い人たちですね。

Q日本は、早く、憲法改正して、核武装するべきです。国連制裁は、最初の草案通りに再提案するべきです。そこ

日本は、早く、憲法改正して、核武装するべきです。国連制裁は、最初の草案通りに再提案するべきです。そこで、ロシア中国が拒否権を、行使しないことを、祈る。早く、日本は、スパイ防止法・フルスペックの共謀罪法・反スパイ法の策定並びに、日本版CIA設置するべきです‼️

Aベストアンサー

確かに日本は、専守防衛が国是であり憲法9条があるから、反撃して来ないことを知っているから、北朝鮮も安心して日本海のEEZ内にミサイルを撃ち込んだり、日本上空を超えてICBMを打ちまくっているのです。
更に日本は、アメリカ製の在庫処分の兵器やミサイル防衛兵器を高値で買わされて喜んでいるようですが、その半分の予算で核武装をし攻撃兵器を所持するようになれば中国や南北朝鮮から舐められることはなくなると思います。
そして諜報活動も強化すれば、鬼に金棒です。
しかし、アメリカや、特亜3国、日本国内の反日左翼が反対するので実行することは難しいでしょう。

Q9条教の人の思考が分かりません

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」
という感じでした。

議論の中でその人が
「今の改憲の動きはアメリカが自民党に圧力をかけてきたからだ。アメリカは日本に戦争させたいんだ」
と言うので
「だとしたら改憲したほうが良くないですか?あなたは軍事同盟などの信頼が大事だと言いました。
ということは改憲に反対してアメリカの意に沿わなかった場合、その信頼は揺らぐ事にならないか?」
と聞いてみました。

するとその人は
「いや安倍総理がトランプタワーに行ってアメリカ様に媚を売ってるから大丈夫だ」
と言ってきました。
私はその発言の前に
「『日本のために死んでくれ。まぁお前がピンチの時は金だけ出すからさ』自分がアメリカだったら、こんな国を自国の兵士を危険に晒してまで守ろうとは思いません」
と突っ込んでいたのですが、見事にスルー。
媚を売るだけでアメリカ軍が本気で安全を担保してくれると考えているようでした。

とにかくその人は
「自衛隊がある」「安保がある」「米軍がある」「9条がある」
だから日本は今のままで平和だという考えでした。

他にも会話の中身として
私「既に日本人がテロで死んでいる」
彼「ほっとけばいいんじゃない?身内が殺されたわけでもないし、自分には関係ない」

私「攻めなければ攻められないというのはあまりにも楽観的かと」
彼「いや自衛隊はイスラム教徒を殺していない。だから今の日本はテロ攻撃を受けてないんだ!手を出さない限り、向こうも手を出してこない!」

私「拉致問題や竹島、海洋資源が略取されているが、これで本当に守れていると言えるのか?あと何があれば反撃していいと考えられるようになるのか?」
彼「当然ながら、日本の領土が攻撃された時」

私「北朝鮮がミサイルを飛ばしているが、あれは現状が危険である事にはならないか」
彼「騒ぎすぎ。子犬がちょっとじゃれて噛み付いただけで大騒ぎ。冷静に判断する能力があなたには無い」

私「それでは日本人が殺されてからでしか動けないじゃないか」
彼「防衛システムやイージス艦があるから、日本人は殺されない。防衛後動けばいい」
(ミサイルの事しか頭に無く、無差別テロが起きた場合についてはスルー)
と、全く議論にならず。

最終的に私が
「日本の国債貢献度が世界最下位。そんな国を本当に他国が守ってくれるのか」
「仮に韓国の原発が攻撃されたらどうするか。そうなったら手遅れ」
「改憲しなければ自衛隊が『違憲』という議論を残してしまう」
「日本人が殺されている時点で、既に我慢の最終ラインは越えている」
「日本は今でもISの標的国になっている」
「日本を守っているのは憲法9条ではなく自衛隊と米軍だ」
「抑止力と言うなら『やる時はやる』と示したほうが、より効果的じゃないか」
「すでに多くの日本人が殺されている」

と突っ込んでも、

「安倍政権は国防軍を作って戦争をしようとしている!」
「イスラム教徒を殺せば日本のショッピングモールが爆発するかもしれない!」
「日本は自立する必要は無い!アメリカは世界最強の軍隊なんだから守ってもらえばいい!」
「改憲すれば自衛隊は殺人集団になる!」
「テロリストの要求なんか全部呑めばいい!それが平和だ!」
「お前は何も理解できていない!単にTVの影響を受けた愚か者だ!」
「そんなに言うならお前が北朝鮮に乗り込んで来い!ネットで爆弾の作りかたでも調べて行ってこい!」
「日本人が殺されたから報復しようとするのは幕末の過激思想に取り付かれた志士と同じ!冷静さは無い!」
「お前はネットで吼えるだけ。実際に自分がISと戦う気も無いだろ!」
「お前の意見は的外れで論理破綻してるし矛盾してるし、発言に一貫性がない!」
「お前と僕はレベルが違う!ただ反論ばかりして議論にならん!」
「改憲はさせない!でもテロが起きたら政府のせいだ!」
「9条で日本は守られている!それがわからないお前はただのバカ!」

と切れる始末。

とても長くなってしまいましたが、
やはり私は彼の主張が納得できません。

平和平和と念仏を唱えても、平和にはならないと思うのです。

他国を攻撃しないから自国が攻撃されないという保障はありません。
「やる時はやる」という姿勢を見せなければ、日本は永遠に舐められたままです。

普通に世界を見ていれば、今の日本が平和とは言えないと思います。
北朝鮮のミサイル、中国の領海・領空侵犯、ISのリストとアジアへの浸出などなど。
どう考えても、まともな状態ではありません。

そこで質問です。

『どうして9条教の人はあそこまで楽観的平和思想になってしまうのでしょうか?』

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込まれたり、逆に自国が相手の弱みに付け込んで占領したりした歴史をもっているから」です。

つまり、日本人以外は自国の歴史と実際に存在する国境線を意識しているので「私の国がどれほど平和を願っても、隣国が攻めて来たら意味がない」ということを肌で感じているからです。さらに言えば「今の政府だって、隣国に協力して国民をうらぎるかもしれないし、特に少数民族は迫害されるかもしれない。また隣国がうちの国を乗っ取れば、土地も財産も奪われてしまう」という意識もあります。ですから「政府そのものを信用できるかどうか」も問題になるわけです。

日本は逆です。日本は太平洋戦争敗戦後のGHQの占領期を除けば
・外国と本当の意味で戦ったことはない
・日本の政府の根本が変化したことはない
といえるでしょう。

つまり、普通に日本に住んで居て、日本人として経験できる「リアル」から言えば「政府はどの国の政府でも信頼できるはずだし、政府が『戦争を望まない』といえば、他国もそれを尊重してくれるはずだ」ということになりえる、といえます。

ここが9条教の深層心理としての「原点」です。

また、面白いことに日本は「武装解除の国」なんですね。実際に何度も武装解除を行っているのは日本だけ、じゃないでしょうか。

たとえば刀狩、戦国時代は兵農未分離で農民も武装していました。日本の農家は自前の土地や財産を持っていましたので、他人に土地などを奪われないように、そして戦国時代は行政も機能不全でしたので、農家も武装している必要があったわけです。ところが、秀吉が天下統一をすると、農民は刀を放棄します。それは「天下人がちゃんと庶民の暮らしまで、安心安全を担保してくれる」という信頼があったからです。

お分かりだと思いますが、諸外国では「政府すら信用できない」わけですから、可能な限り武装を解くことはしませんし、武装できないなら、いつでも逃げれるように財産を身に着けている、ことになります。インドなどで女性が金の腕輪をたくさんつけているのは「いつでもすぐに財産を持って逃げられる」ようにしているからです。

日本は違いますよね。財産は奪われないし、土地だって理不尽に奪われたことがありません。それは時代時代の政府が天皇の勅許を必要とし、あくまでも「天皇の土地に政府を運営するだけの立場」だったからです。

ですから、たとえば「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」なんてことを本気で言い出すわけです。「他国の政府も日本同様に信頼できる。少なくとも米国は信頼に値するだろう」ということと「私たちを守ってくれる『政府』は日本政府じゃなくても信頼がおけるならいいだろう」と考えてしまうわけで素。

 日本人にはそもそも「外国と戦争する」と言う言葉の意味が理解できていないし「自分の同胞が血を流して、やっと自分たちの国を守ってきた。これからも守る」という価値観はまったく考えもつかないのです。

それでも、これだけネットなどが発達し、外国の情報も入るようになってきているわけですから、危機感を持つ人も出てきます。右翼の方に厳しい言い方をすれば「やはり日本人なので、ピントがずれた危機感の方も多い」とはいえます。

いずれにしても9条教の人は「そもそも外国がなぜ戦争をするのか理解できない。そのような価値観を経験していない」ということです。日本の歴史的な価値観からすれば、9条教の言っていることも理解はできます(理解はできますが、正しいとは思いませんよ。念のため)

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込...続きを読む

Q民進党の新代表前原誠司氏の演説を聞いて怖くなりました。 『全ての子供に平等な社会を… 親の所得で子供

民進党の新代表前原誠司氏の演説を聞いて怖くなりました。
『全ての子供に平等な社会を…
親の所得で子供に格差が出来る格差の再生産を無くそう!』

社会主義・共産主義

この人の他にも自民党の小泉進次郎氏も、教育無償化などを進めようとしています。

この様な施策が行われると国民の税負担が益々高くなり、結局低所得者が今以上に貧困に喘ぐ事になります。

単なる人気取りのパフォーマンスに騙されてはいけないと思います。

皆さんは、どう思われますか?

Aベストアンサー

本当に勉強が好きで進学したいの? みんなが行くから高校くらいは行こうとか、大学まではなんてことになっているのでは? 教育を受ける側の動機を再確認してから議論すべきだ。

能力があって、やる気があって、経済的な理由で行けないという子供は何としても救ってあげたい。 しかし、誰でも希望すればOKみたいな「大衆迎合主義」は負担する側も迷惑だし、受ける側も有り難味を低下させるだろう。

例えば、特定の高校(県内に数校だけ)、特定の大学(全国に数校だけ)に限定して、さらにその中の特定の学部だけ全額無償にするなどの方法、いわゆるエリート教育なら個人的には納得できる。 貧しいやつらは努力で入試を突破しろ。

「残念、不合格」なら奨学金をもらえ。 俺はもらった。 500万円の借金だ。 完済した。 それで現在がある。

東大生に金持ちの子弟が多いなどと問題視するやつらがいる。 知ったことか。 経済格差だけがスタートラインの差ではない。 人間生まれたときから知能、体力、集中力、運も含めて格差ばかり、そんなものは跳ね返せ。

俺らの世代はそんな言い訳しなかった。

Q北朝鮮紙では日本が放射能雲に覆われると報道しましたが、北朝鮮からすれば近くの米軍基地から攻撃するのが

北朝鮮紙では日本が放射能雲に覆われると報道しましたが、北朝鮮からすれば近くの米軍基地から攻撃するのがセオリーでしかも海自の実力がバレているのもあり、日本攻撃は必須かもしれません。

アメリカは300のトマホークを二基の潜水艦から精密発射することが、その技術はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

サヨナラ北朝鮮カリアゲ豚‼️早く、日本は自主憲法・自前の核武装・スパイ防止法・フルスペックの共謀罪法・反スパイ法並びに、日本版CIAを作りましょう。

Q朝鮮学校無償化判決について

朝鮮学校無償化判決が出たらしいですね。
この問題を巡るいくつかの意見がすれ違っているようですが
みなさんはどう思われますか

Aベストアンサー

地裁判決にしてもヒドいですね。
この判事、法律以前に、施政権に属する教育と言うものを、どう考えてるのか・・。

教育ってのは、国家の大事な責務であると同時に、国家の権利です。
我が国の国土の中に、スパイ養成学校でも作られたら、たまんないから。
従い、教育は施政権にも属します。

逆に我が国が外国に日本人学校を作らせて貰う場合、まずは外交努力でその国と友好関係や信頼関係を構築した上で、日本人学校を作る許可を戴いて、当然、日本と日本人の負担と責任で、運営するワケです。

言い換えれば、その国にも学校はあるので、それにも関わらず「日本人学校を作らせて!」と言うのは、「おたく様の教育ではちょっと・・」と言ってる様な部分もあるので、ちょっと失礼な話でしょ?
それが失礼に当たらないのは、事前に友好関係とか相互理解があるからで、そう言う状況で相互に優遇措置などを適用するなら構わない。

ところが朝鮮学校においては、北朝鮮と国交が無いどころか、名指しで日本を敵視する国家です。
いかに戦前の経緯があるにせよ、外交努力をするどころか、ケンカを売る様な国であって、そんな国に外国人学校の設立を認めるなんてのは、世界的にも歴史的にも、日本の朝鮮学校くらいです。
すなわち、奇異どころか異常な話です。

それを特例的に認めていただけるだけでも、北朝鮮からすれば「ありがとう」と言う話であって。
「無償化せよ!」などと、訴えられる筋合いはありません。
内政干渉と言っても良いですが、それを認める判事って・・・どの国の判事さん?

こう言うアホな判事でも、わかりやすい様に、「国交の無い国の外国人学校の設立は認めない」くらい、法制化しちゃえば良いですね。
それくらいすれば、安倍政権の支持率も上がるんじゃないかな?

地裁判決にしてもヒドいですね。
この判事、法律以前に、施政権に属する教育と言うものを、どう考えてるのか・・。

教育ってのは、国家の大事な責務であると同時に、国家の権利です。
我が国の国土の中に、スパイ養成学校でも作られたら、たまんないから。
従い、教育は施政権にも属します。

逆に我が国が外国に日本人学校を作らせて貰う場合、まずは外交努力でその国と友好関係や信頼関係を構築した上で、日本人学校を作る許可を戴いて、当然、日本と日本人の負担と責任で、運営するワケです。

言い換えれば、...続きを読む

Q国連は、日本の慰安婦に、しゃしゃり出るが、何故、中国のチベット問題を、取り上げないのですか。

国連は、日本の慰安婦に、しゃしゃり出るが、何故、中国のチベット問題を、取り上げないのですか。

Aベストアンサー

背後で操っているのが、日本人だからです。

左翼系の、いわゆる反日日本人、という人達
です。

彼等は、日本人でありながら、日本を憎悪しており
日本を貶めようと、日夜頑張っています。

そもそもですが、慰安婦だって、日本の反日新聞が
仕掛けたものです。

日本人が主張しているんだから、真実なんだろう、と
まともな人間ならそう信じる訳です。

ねつ造までして、母国を貶めようとする
反日日本人なんて存在は、外国人には想像も
つかないのです。

Q日本にいる愚民って生きてる価値あるのですか?

日本にいる愚民って生きてる価値あるのですか?

Aベストアンサー

愚民の生きている価値。

難しい問題をなげますね。

愚民側には生きている価値は自分にしか分からないですよね。

しかし、世の中富裕層と一般市民が逆転するには起きてほしくはないですが、戦争しかないと思います。

価値を平らにするには、一回ぶっ壊すしかないと言う事です。

しかし、逆転とまでは言いませんがそんな世の中から多少一般市民に逆転の力を持たせてくれるのが愚民でしょう。

なにせ、政治やインターネットなどの表の顔を信じてしまう訳だから。

富裕層ばかりが、政治に関与し自分達の資産を膨らませるやり方では国は良くならないので、政治家や商売している人がある信念を持ち訴えかけ、その表向きの顔を信じきり一票を入れるか、お金を落としてくれるかで世の中の価値を変えてくれます。

要は、自分がどうしても目指しているものがあり、しかし真っ向から富裕層と戦っても勝ち目はないため、元小泉首相が言ったように愚民を取り入れたら勝つと言う言及からの物差しで言うと価値は有りますよね。

Q弾道ミサイルの通過する上空は、、、、

北朝鮮が日本の広島県・島根県・高知県の上空を通過してグアム島周辺にミサイルを
撃ち込む計画があると発表された為、マスコミでも大きく取り上げられています。

そこで質問なのですが、弾道ミサイルって上空1000Km以上の宇宙空間に到達して
目標に向かって行きますが、上空1000Km以上のいわゆる宇宙空間も領空ですか?
また北朝鮮の発表では「広島県・島根県・高知県の上空を通過予定」と言ってますが、
これほどの高度であれば、具体的に広島県上空というよりも西日本の上空と言った方が
適切ではないでしょうか?

Aベストアンサー

領空は100キロまでなので件の高度は公空間です。
その取扱いは公海に準じます。

あとは、表現の仕方の問題なので妥当かどうかの判断は措いておきます。

Q憲法改正について

最近(というかここ数年)になり、憲法改正議論が国会で議論されていますが、以下の点でわかりません。
(引用)
第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。
(引用終わり)

この「発議」という言葉の解釈です。つまり、各議院の総議員の三分の二以上の賛成がなければ、そもそも、憲法改正案を国会で議論できないということなのか?法案でいう所の一次通過(国会という一次関門を突破したという意味)をし、単に国民審査は賛成か反対か、という意味なのでしょうか?品和知改正案の細かい内容も議論しつつ、最終的に国会を通過することが「発議」にあたるのか?このあたり、小生理できておりません。学説(憲法芦部説など)や見解含め、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

各議院の総議員の三分の二以上の賛成がなければ、そもそも、憲法改正案を国会で議論できないということなのか?
 ↑
憲法審査会という専門委員会で議論し、両院の委員会でそれぞれ採決し、可決されれば国会の両院の本会議において発議を採択し、可決で国民投票を実施します。
大日本国憲法下でも同様の改正条項がありましたが、国民の承認は必要とされず、改正ではなく、憲法を廃止しての新たな憲法の発布という形式を取りました。
しかし。刑法や民法は明治時期の物をそのまま改正して使い続けています。

法案でいう所の一次通過(国会という一次関門を突破したという意味)をし、単に国民審査は賛成か反対か、という意味なのでしょうか?
 ↑
そうです。
国会で言えば、衆議院通過ですかね。

品和知改正案の細かい内容も議論しつつ、最終的に国会を通過することが「発議」にあたるのか?
 ↑
すなわちの誤記ですかね?
国民投票に於いては細則はいちいち問われません。
総論でyesかnoかです。

何か気に入らないならnoで良いのです。
それが間接民主主義という制度なのです。


人気Q&Aランキング