人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

扶養内の130万を超えそうなので賞与を月々で振り分けて貰う事は可能なのでしょうか?

A 回答 (3件)

会社のシステムや、仕組み的にできたとしても総務の人の手間がかかる(=人件費がかさむ)のでやってくれるかどうかなど、会社によって異なりますのでここでは分かりかねます。


お勤め先の総務に確認されると良いと思います。
    • good
    • 0

一般的には無理だと思います。



もっとも、一般的に社保の扶養の基準は向こう1年で年収が130万円、月給なら108333円を超えるかどうかです。
したがって、130万円を超えそうと分かった時点ではすでに基準を超えている可能性があります。
    • good
    • 2

>扶養内の130万を…



社保の話ですね。

>超えそうなので…

いつからいつまでで?
税金のように暦の 1~12ヶ月を集計して、あとから判断するのではありませんよ。

社保は未来性指向なのです。
1年中いつでも、「任意の時点から向こう1年間の収入見込みが 130万以内かどうか」が判断基準です。

ただし細部の考え方はそれぞれの会社、健保組合によって異なり、1ヶ月でいくらとか、3ヶ月でいくらとかを指針にしているところもあるようです。

そのあたりは夫の会社に確認するより他ありません。
社保は税金のように、細部まで全国統一したルールによっているわけじゃないのです。

>賞与を月々で振り分けて貰う事は…

そんなことは支払者に聞いてください。
個々で赤の他人が決められることがらではありません。
まあ、まず断られると思いますけど。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養の130万を超えて旦那の扶養から外されたのですが外された月分の旦那の社会保険料は変わるのですか?

扶養の130万を超えて旦那の扶養から外されたのですが外された月分の旦那の社会保険料は変わるのですか?

Aベストアンサー

社会保険料は月給(標準報酬月額)の何%と決まっているので、
扶養家族がいるいないにかかわらず、保険料は変わりません。

しかし、扶養から外れるということだと、税金の方、
(控除対象配偶者)も外れる手続きがあると、
源泉徴収票される所得税の金額が変わってくる
可能性があります。

Q源泉徴収について

個人から報酬をもらう場合の源泉徴収についてご質問させてください。
国税庁のHPでは、下記のように記載されています。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2793.htm
>ただし、その報酬・料金等の支払者が個人であって、その個人が給与等の支払者でないとき又は
>給与等の支払者であっても常時2人以下の家事使用人のみに対する給与の支払者であるときは、
>ホステス等に報酬・料金等を支払う場合を除き、源泉徴収する必要はありません。

個人事業主でもない個人の場合、源泉徴収する必要がない、とのことかと思いますが、
「する必要がない」なので、源泉徴収をしてもよいのでしょうか?
源泉徴収をしてもよければ、
個人の方に請求する場合には、常時二人以下の家事使用人がいるのかどうか、を確認しなくても
よいのかな、と思っております。

Aベストアンサー

弁護士が仕事をして、その報酬を請求するとします。

請求先が法人ならば、無条件で源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額を控除した請求書となります。
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8、000円
 源泉所得税  10、210円
 差引請求金額 97,790円
 
弁護士に報酬を支払った法人は、上記の源泉所得税を税務署に納税するわけです。

請求先が個人の場合には、その方が源泉徴収義務者であるか、ないかを確認する必要があります。
源泉徴収義務がある方でしたら、上記の「法人への請求」と同じ内容になります。

請求先が個人で、源泉徴収義務のない方でしたら
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8,000円
合計請求額  108,000円
となります。

ここで「請求先が個人の場合に源泉徴収義務がある人かどうか」の確認は必要です。

源泉徴収義務がある人(給与支払事務をしてる人)は、税務署から整理番号をつけられて、源泉徴収高計算書兼納付書を、源泉所得税を納税する用に作成してもらえます。
源泉徴収義務者になってない人は、この源泉徴収高計算書兼納付書を税務署が作成してくれません。

ですから「源泉徴収義務がない」人に源泉所得税額相当額を控除した請求書を発行しても先方が「どうしたら良いのか」困るだけです。
あるいは、困ることなく「値引きしてくれたんだ」と理解し、源泉所得税を納税しないでそのままです(※)。

2人とか3人とか人数が出てますが、これはいわゆる家事手伝いをしてもらってるお手伝いさんが2名以下ならば、源泉徴収義務はないという話です。

青色申告をしてて青色事業専従者給与を払ってる方は、給与の支払先が一人だけでも源泉徴収義務者となります。
「従業員数をお客様に確認することなく、源泉徴収を引いた金額を請求すればよくなります。」はその意味では誤りです。従業員数は関係ありません。

サラリーマンの方から仕事を受けて、その弁護士報酬を請求する際には、サラリーマンは給与を支払う者では原則的になりませんから、源泉徴収義務者ではないので、請求書にて源泉所得税を控除するのは誤りです。

ご質問文に違和感を感じた点。
報酬を請求する側は「源泉徴収税額を控除して請求をする」立場です。
源泉徴収をする立場ではありません。
それをいうなら「源泉徴収をされる立場」です。
「個人事業主でもない個人の場合、源泉徴収する必要がない、とのことかと思います」との事ですが、
「源泉徴収をする、ではなくて、源泉所得税を請求額にて控除する必要がない」です。
報酬を貰う側が、源泉徴収するわけではないのです。
報酬を払う側が、源泉徴収して納税するのです。

士業の場合には、請求書を作成する際に、請求先が源泉徴収義務者であるかないかは、必ず確認する必要があります。


源泉徴収義務のない方は、税務署に納付する用紙そのものを税務署が作成してくれません(既述)。
そのため、源泉徴収義務のない方へ源泉所得税を控除した請求書を発行すると
1 請求書を受けた方が税務署に「給与支払事務所の開設届」を出して、源泉徴収義務者になった上で、納付する用紙を税務署で作成してもらって納付する。
2 受け取った請求書に記載された源泉所得税相当額を別途請求者に支払いをする。
のどちらかになります。

弁護士が仕事をして、その報酬を請求するとします。

請求先が法人ならば、無条件で源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額を控除した請求書となります。
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8、000円
 源泉所得税  10、210円
 差引請求金額 97,790円
 
弁護士に報酬を支払った法人は、上記の源泉所得税を税務署に納税するわけです。

請求先が個人の場合には、その方が源泉徴収義務者であるか、ないかを確認する必要があります。
源泉徴収義務がある方でしたら、上記の「...続きを読む

Q税務署の査察、相続税などは何を根拠にしらべるのでしょうか? 相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか

税務署の査察、相続税などは何を根拠にしらべるのでしょうか?
相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか、調べるのか?そうなると申告をした方が資料を提供するようで、損な気がしますが?
ランダムに調べるには相続が発生しているかわからないと思われるのですが?
ご存知の方お願いいたします。

Aベストアンサー

>相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか、調べるのか…

相続税に限らず所得税でも贈与税その他どんな税の申告書でも、出されてきてものは全部精査しますよ。

しかも「署」の字がつくお役所は捜査権があるのです。

隠している預金や株券、不動産がないか、税務署から銀行・証券会社・法務局などに照会することはいとも簡単なことです。

>そうなると申告をした方が資料を提供するようで、損な…

損得の問題ではありません。
納税は国民の義務・・・ただその一言に尽きます。

>相続が発生しているかわからないと…

所得税や法人税の申告を毎年してきた人がばったり申告しなくなったら、旅立ったのではないかと考えられるでしょう。
年金生活者なら日本年金機構から源泉徴収票が税務署に送られなくなりますし。

Q年内に扶養を外した場合の保険料について

現在フリーランスでのお仕事しており父親の扶養にも入っているのですが、このままお仕事を受注していると年収が130万を超える可能性が出てきました。
そこで扶養から外れ、これから税金を納めることと国民健康保険に加入したいと考えていますが、年内に扶養から外れた場合、今まで控除されていた保険料等は父親の年末調整の際や他のタイミングで支払うことになりますか?

なるべく父親に迷惑をかけないよう、自分だけで解決したいと考えています...
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>そこで扶養から外れ、これから税金を納めることと…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

これから税金を納めるって、1.税法の話なら、扶養控除は親の税金に関係するだけであった、扶養されるほうの税金とは何の関係もありません。
今まで税金を払っていなかったとしても、“扶養に入っていたから”ではなく、あなたに税金が発生するほどの稼ぎがなかったからです。

しかも、個人の所得税は 1/1~12/31 の 1年をひとくくりとして判断するものであり、10月から税金が発生するとか、11月から税金が発生するとかではありません。

物事の本質を見誤らないようにしましょう。

>今まで控除されていた保険料等は…

保険料が控除されていたって、日本語分かりますか。
控除というのは引くことですよ。
あなたは自分の保険料が何かから引かれていたのですか。
何も引かれていないでしょう。
親がサラリーマン等なら、(健康保険料が) 不要イコール扶養だったんです。

>父親の年末調整の際や他のタイミングで支払う…

だから父は何も払っていないって。
2. 社保の話である限り、保険料が不要だから扶養と俗にいうんです。

あなたのこれからの国民健康保険税は、あなた自身が払っていかないといけません。

また、1. 税法の話に戻りますが父の年末調整の際には、あなたの今年の「所得」(収入ではない) の見積額を正確に伝えないといけません。

>このままお仕事を受注していると年収が130万を超える可能性…

1. 税法の話の話である限り、「収入」はどうでもいいのです。
税の話をするとき、収入と所得は意味が違い、親が扶養控除を取れるかどうかの判断材料は、「所得」なのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

「所得」が 38万円以下でないと親は今年分所得税において、扶養控除を取ることはできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

もちろん、親の年末調整が実際には年末にならないうちに行われますから、個人事業者の決算ができていないこともあって当然です。
この場合は、親は皮算用で年末調整をしてもらい、皮算用と狩りの成果が異なったら、親も 3/15 までに確定申告をして年末調整の訂正をしないといけません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>そこで扶養から外れ、これから税金を納めることと…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

これから税金を納めるって、1.税法の話なら、扶養控除は親の税金に関係するだけであった、扶養されるほうの税金とは何の関係もありません。
今まで税金を払っていなかったとしても、“扶養に入っていたから”ではなく、あなたに税金が発生するほどの稼ぎがなかったからです。

しかも、個人の所得税は 1/1~12/31 の 1年をひと...続きを読む

Q年収103万の壁税金 子供から昨年バイト収入103万円をなんと1033610円で3610超えているみ

年収103万の壁税金
子供から昨年バイト収入103万円をなんと1033610円で3610超えているみたいだと
報告されました。
毎月のお給料から所得税は引かれていないそうです。
父親は扶養として申告すみです。
所得税、住民税とか今まで払っていませんが、対象になりますか。具体的にいくらになりますか?

Aベストアンサー

1 お子さんの所得税
 1,033,610円ー65万円ー38万円=3,610円
 課税される所得額は3、000円
 税率は5%。3,000円×5%=150円
 150円×0,021%=3円(復興特別所得税)
 150円+3円=153円
 納税すべき所得税額は、100円(納税額は100円未満切り捨てなので)。

 ただし、平成28年年末において勤労学生控除が受けられる学校に在籍していたのなら、勤労学生控除を受けられるので、所得税額は「ゼロ」。
 
2 夫が提出した確定申告書について
 子を控除対象扶養親族にしてあると、所得制限にひっかかるので、扶養控除から外すように指導がされます。
 この指導は控除対象扶養親族の年間所得が38万円を超えてるかどうかというだけで判断されます。
 
3 夫が修正申告書を出して、納税するのがベストですね。

4 住民税については質問外なので省略します。

Q主婦のパートの年収が103万円を越えて120万円弱になると、結局いくらくらい負担が増えますか? 例年

主婦のパートの年収が103万円を越えて120万円弱になると、結局いくらくらい負担が増えますか?
例年は103万円以下だったのですが、今年はこのまま行くと120万円くらいになりそうです。旦那さんは会社員で年収450万円程度です。旦那さんの会社からの扶養手当は年収140万円が基準らしいので、私の年収が120万円になっても変わらずもらえそうです。私の勤め先は小さな会社なので、106万円を越えても130万円まで行かなければ社会保険には入らなくてもいいようです。あとは配偶者控除を外れて配偶者特別控除になることと、所得税の増加、その他、なのかな、と思うのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的な回答がないようなので..A^^;)

今年の配偶者控除と配偶者特別控除
の差ということですよね?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto301.htm

奥さんの収入が103万以下の場合、
ご主人は配偶者控除が受けられます。
   所得税 住民税
控除額 38万  33万

奥さんが103万以下の収入なら、
ご主人の収入でいくと、
ご主人の所得税の軽減は
38万×税率5%=1.9万
となります。

また、住民税は10%一律です。
33万×税率10%=3.3万で、
●合計1.9万+3.3万=④5.2万
の軽減となっています。

①の103万を超えると配偶者特別控除と
なりますが、奥さんの収入が140万まで
ご主人の税金優遇は受けられます。

奥さんの収入から65万(給与所得控除)を
引いた所得で控除額が決まります。

配偶者特別控除の一覧
所得 所得税 住民税
38万~ 38万 33万
40万~ 36万 33万
45万~ 31万 31万
50万~ 26万 26万
55万~ 21万 21万★
60万~ 16万 16万
65万~ 11万 11万
70万~  6万  6万
75万~  3万  3万
76万~  0   0

奥さんが120万の収入なら、
ご主人の所得税の軽減は
120万-65万=55万で上記★
21万×税率5%=1.1万
住民税は、
21万×税率10%=2.1万
となり、
●合計1.1万+2.1万=⑤3.2万
の軽減となります。

配偶者控除④5.2万の軽減が
配偶者特別控除⑤3.2万の軽減
となるので、
●約2万円の差となります。

内訳としては、
今年の年末調整では所得税分
1.9万→1.1万の差0.8万税金が増え、
来年の6月から天引きされる住民税分
3.3万→2.1万の差1.2万
ご主人の税金が増えることになります。

次に奥さんの方の税金についてです。

103万なら年末調整で
所得税は0(非課税)となり、
住民税は7500になります。

※住民税には給与収入で、
 93万か100万以下の場合、
 非課税となる条件があります。
 地域により異なります。

120万となると、
120万
-給与所得控除65万
-基礎控除38万
=17万に対して
5%の所得税がかかり、
★17万×5%=8500円

住民税は
120万
-給与所得控除65万
-基礎控除33万
=22万に対して
10%の住民税率
22万×10%=2.2万が求められ、
調整控除の2500の控除
均等割5000円が加算され、
★2.2万-2500+5000≒約2.5万
の住民税が課せられます。

8500+2.5万=約3.3万の税金が
かかってくることになります。
★7500円→3.3万の差
約2.8万の税金が増えます。

ご主人が2万の税金で手取りが減り、
奥さんが2.8万の税金が増えるが、
収入は120万-103万=17万増えるので
17万-2万-2.8万=約13.2万の手取りが
増えるということになります。


しかし、以上の条件は今年限りです。
来年から、配偶者控除の収入条件は
★103万から150万に上がります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
所得にして、65万を引いた
38万から85万に上がります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shotoku/h29kaisei.pdf

またそれ以上の収入でも
201万(所得で123万)までは
配偶者特別控除が適用されます。

ですから、
来年も年収120万なら、再び、
★配偶者控除が受けられることに
なります。

ですから、130万未満、月額108,334未満
だけを意識して働かれればよいということ
になると思います。

長くなりました。いかがでしょうか?

具体的な回答がないようなので..A^^;)

今年の配偶者控除と配偶者特別控除
の差ということですよね?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto301.htm

奥さんの収入が103万以下の場合、
ご主人は配偶者控除が受けられます。
   所得税 住民税
控除額 38万  33万

奥さんが103万以下の収入なら、
ご主人の収入でいくと、
ご主人の所得税の軽減は
38万×税率5%=1.9万
となります。

また、住民税は10%一律です。
33万×税率10%=3.3万で、
●合計1.9万+3.3万=④5.2万
の軽減となっています。

①の103万を...続きを読む

Q36歳で手取り30万円の給料の夫は負け組でしょうか?専業主婦を夢見ていましたが無理ですよね?離婚した

36歳で手取り30万円の給料の夫は負け組でしょうか?専業主婦を夢見ていましたが無理ですよね?離婚したいです。

Aベストアンサー

そんなに不満ならなぜ結婚したの?

ホントに不思議だわ。
どんなときでも支え合うのが夫婦でしょ?

何のための夫婦なの?
そんなこと言うなら、最初から金持ちの愛人でもやってればよかったじゃん!

ホントに、自分が選んだ相手なのに、自分の選択に責任持たずに、不満があったらすぐ離婚だのなんだの騒ぐ奴らうざすぎるわ

不満があとからできたにしろ、ぐだぐだいわない!

自分の選んだことなんだから。

離婚したいならさっさと離婚したらいい!ここで聞くな!

Q残り僅かの住宅ローンについて

住宅ローンの期限が平成31年8月で残額が1572330円です。
9月の利息は3472円、10月は3331円と減っていきます。
返済金額は毎月利息と合わせて67337円になっています。
利率は2.65パーセントです。
一括返済をしようと思っても 手数料が32500円ほどかかりそうなので
いっそのこと例えば67337円分返すのではなく
自動返済を利用して10万円多く入金して
9月は167337円返済するとか もっと入金して30万円ほど
自動返済にあてるとかっていうのはどうだろうかと
考えています。
このほうが少しでも返済金額が少なくなってましでしょうか?
主人の退職金が出たので
できれば今定期預金にしても利息も付かないご時世なので
ローンで少しでもお金を浮かすことができればと思っています。
車の購入を考えていて
住宅ローンはそのままいつもの通りに返済をして
一括返済しない150万円分を車の購入に充てたほうがいいでしょうか?
何かアドバイスいただけたらと思います。
あれこれ聞いて申し訳ないですが
よろしくお願いいたします。

住宅ローンの期限が平成31年8月で残額が1572330円です。
9月の利息は3472円、10月は3331円と減っていきます。
返済金額は毎月利息と合わせて67337円になっています。
利率は2.65パーセントです。
一括返済をしようと思っても 手数料が32500円ほどかかりそうなので
いっそのこと例えば67337円分返すのではなく
自動返済を利用して10万円多く入金して
9月は167337円返済するとか もっと入金して30万円ほど
自動返済にあてるとかっていうのはどうだろうかと
考えています。
このほ...続きを読む

Aベストアンサー

返済期間は、あとちょうど2年ですね。
残りの返済総額は、
¥1,572,330に残高に対して
¥1,616,088となり、
利息の総額は¥43,758
となります。

※¥67,337の元利均等返済を前提と
 しています。

一括返済の手数料が、\32,500とのこと
ですから、それでもその差の¥11,258
★一括で返した方が得にはなります。

その金融機関の制度が分からないので
自動返済の仕組みがよく見えません。
自動返済(一部の繰上げ返済)なら、
手数料が取られないのですか?

単純に2倍の¥132,915の返済額にすれば、
返済期間は1年となり、利息は¥22,650
となり、利息分約2万の得することに
なります。

以下にこの後の返済額の内訳を示します。
手数料等を考慮して、どうするか
ご判断下さい。

月数 残高  利息  返済額
1 ¥1,572,330 ¥3,472 ¥67,337
2 ¥1,508,465 ¥3,331 ¥67,337
3 ¥1,444,459 ¥3,190 ¥67,337
4 ¥1,380,312 ¥3,048 ¥67,337
5 ¥1,316,023 ¥2,906 ¥67,337
6 ¥1,251,593 ¥2,764 ¥67,337
7 ¥1,187,020 ¥2,621 ¥67,337
8 ¥1,122,304 ¥2,478 ¥67,337
9 ¥1,057,445 ¥2,335 ¥67,337
10 ¥992,444 ¥2,192 ¥67,337
11 ¥927,298 ¥2,048 ¥67,337
12 ¥862,009 ¥1,904 ¥67,337
13 ¥796,576 ¥1,759 ¥67,337
14 ¥730,998 ¥1,614 ¥67,337
15 ¥665,275 ¥1,469 ¥67,337
16 ¥599,407 ¥1,324 ¥67,337
17 ¥533,394 ¥1,178 ¥67,337
18 ¥467,235 ¥1,032 ¥67,337
19 ¥400,930  ¥885 ¥67,337
20 ¥334,478  ¥739 ¥67,337
21 ¥267,880  ¥592 ¥67,337
22 ¥201,134  ¥444 ¥67,337
23 ¥134,241  ¥296 ¥67,337
24 ¥67,201   ¥148 ¥67,337

返済期間は、あとちょうど2年ですね。
残りの返済総額は、
¥1,572,330に残高に対して
¥1,616,088となり、
利息の総額は¥43,758
となります。

※¥67,337の元利均等返済を前提と
 しています。

一括返済の手数料が、\32,500とのこと
ですから、それでもその差の¥11,258
★一括で返した方が得にはなります。

その金融機関の制度が分からないので
自動返済の仕組みがよく見えません。
自動返済(一部の繰上げ返済)なら、
手数料が取られないのですか?

単純に2倍の¥132,915の返済額にすれば、
返済期間は1年となり、...続きを読む

Q今、現在、国民保険に加入していて、子供も扶養しています。今月、再婚して、いま、主人の扶養にはいる手続

今、現在、国民保険に加入していて、子供も扶養しています。今月、再婚して、いま、主人の扶養にはいる手続きを会社でしてもらっています。
昨日、病院にかかり、国民保険を提示しました。それで質問なんですが、また来週に子供が病院にかかる予定なんですが、その時は扶養手続きが完了していて、国民保険をきり、社会保険に加入ねので、その時、病院に提示するのは、社会保険になります。こういった場合、今月は国保も社保も利用することになるんですが、支払いのほうも両方になるんでしょう?

Aベストアンサー

ご入籍おめでとうございます。

>昨日、病院にかかり、国民保険を提示
>しました。
う~ん。それはまずいかもしれません。

それは、
>今月、再婚して、いま、主人の扶養に
>はいる手続きを
しているからです。

会社の健康保険の加入日がいつになるか
がポイントなんです。

7/1からだったら、昨日(7/5)に国保の保険証
を使ったのは、後になって不正請求となり、
保険負担分(7割)の返還を求められます。
別に不正じゃないんですけどね。A^^;)

ですから、国保と社保の境目はいつかを
はっきりさせておく必要があります。

じゃあお子さんの通院はどうしたらよいか
ですが、無難なセンは現在健康保険の切替え
手続中と言って保険負担分の7割も含め、
一旦全額払うのがよいと思います。

社会保険の健康保険証ができたら、
★加入日を確かめて下さい。

その通院が加入日以降なら、
社会保険の保険証を提示し、
それより前の通院なら、
国保の保険証を提示して、
保険負担分を返してもらってください。

なお保険料については、
社会保険は月末加入に月単位の保険料を
払うのが、原則です。

ですから、今月中に社会保険加入となれば、
もう保険料は払わなくてよいのです。
★社会保険の扶養となれば、保険料はタダ
です。
今月分の国民健康保険、国民年金の保険料も
払わなくてよくなります。

社会保険の保険証がもらえたら、それと、
・国民健康保険の保険証
・マイナンバー通知カード、
・身分証
・印鑑など
をもって、役所に行き、必ず国保の脱退手続
をして下さい。
★お子さん分も忘れずに。

国民年金は、ご主人の方の手続きさえうまく
行っていれば、自動的に切り替わります。

場合により、保険料をとられた場合でも、
払い過ぎた分は還付されます。

まとめると
①いつ切り替わるかを意識し、
②医療費の保険負担分がどっち側か?
③その返還と請求手続き
④国民健康保険の脱退手続き
をするということです。

それにしても社会保険の手続きは面倒
ですね~。A^^;)
つくづく思います。

がんばって下さい。

ご入籍おめでとうございます。

>昨日、病院にかかり、国民保険を提示
>しました。
う~ん。それはまずいかもしれません。

それは、
>今月、再婚して、いま、主人の扶養に
>はいる手続きを
しているからです。

会社の健康保険の加入日がいつになるか
がポイントなんです。

7/1からだったら、昨日(7/5)に国保の保険証
を使ったのは、後になって不正請求となり、
保険負担分(7割)の返還を求められます。
別に不正じゃないんですけどね。A^^;)

ですから、国保と社保の境目はいつかを
はっきりさせておく必要...続きを読む

Q国民健康保険でしたが、7月3日からパートで勤務することになり、今月25日に社会保険の保険証が届き、3

国民健康保険でしたが、7月3日からパートで勤務することになり、今月25日に社会保険の保険証が届き、31日に国民健康保険の退会手続きする予定ですが、保険証を返す前に国民健康保険の市の健康診断を受けても大丈夫ですか?今はまだ返却していないので、国民健康保険と社会保険の保険証を持っています。今月は2ヶ所の保険料を支払うのでしょうか?

Aベストアンサー

>一旦役所に納め直さないとならないのですね

7月中という話ですよね。であればすぐ病院へ新しい保険証を持って行ってこちらに変わりましたと言えば、新しい方の保険証で処理してくれますよ。


人気Q&Aランキング