痔になりやすい生活習慣とは?

財産評価基準書路線価図・評価倍率表を見てます。

①市街化区域か市街化調整区域かは、どうやって調べたらわかるでしょうか?
②固定資産税評価額に準ずる倍率等の「比準」の意味を教えてください。

A 回答 (3件)

1 各自治体の都市計画担当の課でわかります。



2 「比準」、「市比準」及び「周比準」と表示してある地域は、付近の宅地の価額に比準して評価する地域です。宅地比準方式といいます。

では宅地比準方式とは何ぞや?ですが、
「宅地比準方式とは、その農地が宅地であるとした場合の1平方メートル当たりの価額からその農地を宅地に転用する場合にかかる通常必要と認められる1平方メートル当たりの造成費に相当する金額を控除した金額に、その農地の地積を乗じて計算した金額により評価する方法をいいます。」
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4623.htm より。コピペしただけです)。

宅地として路線価で評価をする。
そこから「農地から宅地化するための費用を引く」
わけです。

表題では「固定資産税の評価」となってますが、相続財産評価?では。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>表題では「固定資産税の評価」となってますが、相続財産評価?では。

間違いました。その通りです。

>1 各自治体の都市計画担当の課でわかります。

調べたら該当箇所は以下の通りで、市街化区域した。

都市計画区域:市街化区域
用途地域:第1種低層住居専用地域


>そこから「農地から宅地化するための費用を引く」
>わけです。

何となく理屈は解りましたが、具体的な計算方法が不明です。

宅地は路線価設定道路沿いから、かなり離れています。
表を見ると、上記以外の地域 宅地「1.1」と記載があります。
「1.1」の意味を教えてください。

お礼日時:2017/09/23 12:39

「相続税評価額の概算は、固定資産税評価額×8/7 程度でざっくり計算すれば、だいたいの金額は掴めるでしょうか?」


宅地でしたら、目途がつきます。
目途とは、相続申告をすべきほどの財産額があるかないかの簡易判定をできるぐらいのアバウトさがあります。
「どんなに高くても5千万円はしないだろう」とか「せいぜい500万円程度だわね」レベルです。

相続発生前に「概算額を出しておく」のは有効な節税手続きをするために必要なことです。
相続発生後でしたら、概算額で「相続税はひっくり返っても出ない」判断ができればよろしいです。
金融資産がある、生命保険金が非課税額以上にある場合など「だいたいの計算で相続税は出ない」判断は危険行為ですので、できるだけ専門家(税理士)に不動産評価額を算出してもらうのがベストです。

相続財産評価のうち「土地」の評価は相当複雑です。
路線価のみからの算出ですと、払わなくてもよい税金を負担する羽目になる可能性大です。
広大地評価などははっきり言って素人が手をだすものではないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>できるだけ専門家(税理士)に不動産評価額を算出してもらうのがベストです。
実は2年前に税理士に概算を出して貰ったのですが、毎年法律が変わるので、最新の値を知ろうとしてます。

>相続財産評価のうち「土地」の評価は相当複雑です。
>広大地評価などははっきり言って素人が手をだすものではないですね。

今やってみようとしたのですが、素人には土地計算は無理です。8/7倍で取り敢えず概算を出してみます。

お礼日時:2017/09/23 13:43

宅地「1.1」は、固定資産税評価額に110%を掛ける。


路線から奥にある田畑であるが宅地並みに路線価がついてる場合は以下。
1 路線から田畑までの土地全体を宅地路線価で評価するする。
2「1」から田畑以外の部分の評価額を控除する。
3 不整形地としての陰地割合を忘れない。
4 算出額から造成費を引く。
大まかにいえばこんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>宅地「1.1」は、固定資産税評価額に110%を掛ける。
わりました。

>大まかにいえばこんな感じです。
実際に素人が計算するのは困難ですね。

以下を見つけました。
http://osd-souzoku.jp/tochihyouka

これを見ると、
例えば実際の時価が100だとすると、相続税評価額は80、固定資産税評価額は70になるという法則があるのです。
らしいです。

相続税評価額の概算は、固定資産税評価額×8/7 程度でざっくり計算すれば、だいたいの金額は掴めるでしょうか?

お礼日時:2017/09/23 13:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税務署の査察、相続税などは何を根拠にしらべるのでしょうか? 相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか

税務署の査察、相続税などは何を根拠にしらべるのでしょうか?
相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか、調べるのか?そうなると申告をした方が資料を提供するようで、損な気がしますが?
ランダムに調べるには相続が発生しているかわからないと思われるのですが?
ご存知の方お願いいたします。

Aベストアンサー

>相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか、調べるのか…

相続税に限らず所得税でも贈与税その他どんな税の申告書でも、出されてきてものは全部精査しますよ。

しかも「署」の字がつくお役所は捜査権があるのです。

隠している預金や株券、不動産がないか、税務署から銀行・証券会社・法務局などに照会することはいとも簡単なことです。

>そうなると申告をした方が資料を提供するようで、損な…

損得の問題ではありません。
納税は国民の義務・・・ただその一言に尽きます。

>相続が発生しているかわからないと…

所得税や法人税の申告を毎年してきた人がばったり申告しなくなったら、旅立ったのではないかと考えられるでしょう。
年金生活者なら日本年金機構から源泉徴収票が税務署に送られなくなりますし。

Q凄い脱税の仕方を思い付いた! 会社で住宅手当を出してくれると社長が言った。 会社で社宅として借りるの

凄い脱税の仕方を思い付いた!

会社で住宅手当を出してくれると社長が言った。

会社で社宅として借りるので君は住みたい賃貸物件だけ探してくれたら会社が住宅手当を数万円出すと言う。

わざわざ社宅にされると仕事を辞めたときの引越しがめんどくさくなるので会社が住宅手当を給料にプラスしてくれと言ったら社長は不機嫌になった。

どうも社員の賃貸料の全額を経費で落として、社員には社宅代と言って給料から天引きする裁断のようだ。

これって合法なのでしょうか?

とすると社員が1000人いて賃貸を会社が借りて社員に10万円の物件に住まわして、住宅手当に3万円出して、会社は税務署に10万円の経費を1000人分計上して経費1億円が通るってことですか?

実際の経費は3万円×1000人で3000万円の経費なのに国には7000万円の経費の不正行為だと思う。

脱税ですよね?

Aベストアンサー

社員から社宅代を徴収すればその分が会社の収入であることに気がつかないのかな?

Q税金未納について 派遣社員です。昨日の夕方ごろに会社から 「役所から給与口座を教えて欲しいという 内

税金未納について

派遣社員です。昨日の夕方ごろに会社から

「役所から給与口座を教えて欲しいという
内容の手紙が届いたのですが
税金未納か何かで差し押さえされてしまう
という事だと思いますので一度確認してください」

と言った内容の電話がありました。
この場合、役所の税務課に何の未払いがあるのか
聞いてその金額をその場で支払っても
良いのでしょうか?

また、その場で支払っても給与口座を
教えなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>役所の税務課に何の未払いがあるのか…

まず、「役所」が具体的に何かを確かめる必要があります。

・国税 (所得税や贈与税、相続税など)・・・税務署
・都道府県税 (自動車税、不動産取得税、個人事業税など)・・・県税事務所
・市町村民税 (市県民税、固定資産税、軽自動車税など)・・・市区役所、町村役場

>聞いてその金額をその場で支払っても…

延滞税までその場で計算してくれるなら、それで良いでしょう。

>支払っても給与口座を教えなければ…

完納すればその必要はありません。

Q相続税の負担者

母が亡くなり父と自分と弟が相続人です。相続税が二百数十万かかりますが、それぞれが取り分に応じて払うべき金額を父がまとめて払うということはできますか?
以前、自分が贈与された土地の税金を払う時に、税務署から、「払ってくれれば実際の支払者に関しては関知しない」と言われたものですから 夫の口座から払いました。
父の口座から払えば財産減らしにもなるので、それが許されるならそうしたいと思いますが・・・

Aベストアンサー

「求償権の放棄をしないまま、亡くなった時」
当然に求償権という債権が相続財産になります。
つまり「Aという債務者に対して有する金額いくらの返還請求権」が相続財産となります。
ここで、相続人がAだとしAがその債権を相続しますと、債権者と債務者が同一者になる混同という状態になります。
ひとことでいうと消滅してしまいます。

相続税の申告時には、債権として相続財産に計上され、遺産分割協議によってAが相続したことで「混同による消滅」となります。
相続財産に加算されるということは→税の洗礼を受けるということです。
ですから、求償権を持ったまま死亡しても決して脱税してるわけではありません。

ここまで来て、第二次相続の相続税申告において
「以前に母上が亡くなった時に発生した相続税の納税について」
「子が負担すべきものをお父さんがしてたようだ(通帳などの記録から判明)が、この納税は連帯納付義務があるので正の納税ではあるが、求償権が発生してる」
「求償権について放棄してる事が判明しないなら、相続財産に相続人を債務者としての債権があるとして計上すべきである」と
と調査官が主張したら「そうですね」と回答するだけの話です。

ここまで考えても、贈与税よりも相続税の方が負担は少ない(基礎控除額が大きい)と考えるのが「第二次相続まで考えての節税対策」です。

「求償権の放棄をしないまま、亡くなった時」
当然に求償権という債権が相続財産になります。
つまり「Aという債務者に対して有する金額いくらの返還請求権」が相続財産となります。
ここで、相続人がAだとしAがその債権を相続しますと、債権者と債務者が同一者になる混同という状態になります。
ひとことでいうと消滅してしまいます。

相続税の申告時には、債権として相続財産に計上され、遺産分割協議によってAが相続したことで「混同による消滅」となります。
相続財産に加算されるということは→税の洗礼を受...続きを読む

Qめちゃくちゃ怒ってます!!確定申告について質問です。 とある記帳代行サービスに確定申告の代行を頼んで

めちゃくちゃ怒ってます!!確定申告について質問です。



とある記帳代行サービスに確定申告の代行を頼んでいたのですけど、つい先日確定申告がなされていない事が発覚しました。話によると試算表を確認して頂いて、サインを頂いたら申告する手筈になっていたとのこと。しかし、そんな資料は全く送られて来なく、レシートを送るための青封筒は送られて来ました。手数料も銀行から引き落とされておらず、おそらくなんですが忘れていたものと思われます。こんなんで私はお金を払って再度申告させなければなりません。調べましたが、期限切れの申告は青色申告は65万の控除は10万になってしまうようです。頭にきます。それなら電話かメールで試算表の確認したサインが届いていない旨を私に通告する義務があるでしょう。控除が受けられない挙句、わざわざ手数料も払わなければいけないんでしょうか?どうすればいいでしょうか?もう手数料だけでも払いたくありません。責任取って欲しいです。何か良いアドバイスはありますか?

Aベストアンサー

回答が、ぶつ切れになって、ノイズ回答もあるので、要点がわからなくなる可能性があるので、まとめちゃいます。

1 申告書が期限内に提出されてない原因は、この際どうでも良い
 このような内容の申告書になると連絡した書面が発送され、それに本人がOKしてから申告書の提出をするシステムは「税理士ならば当然すべき確認行為」。
  ここで「当該書面を発送してある」「受け取ってない」というのは水掛け論。仮に相手が発送事跡を証明できたとしても、その回答が来てないので申告書の作成と提出をしてないというのは、お話になっていない。
 税理士の業務懈怠。

2 すべて行為をすべき主体は税理士でなくてはいけない。
当書面が本人から提出されないなら、税理士が本人に電話するなり接触して、期限内申告に努力すべき。

3 税理士が記帳代行を誰に委託していようと、顧客は知ったことではない。知る必要もない。

4 記帳代行サービス者が「自分が雇ってる税理士に依頼する」という事自体が、税理士から委託を受けて仕事をしていないことの証左。

5 税理士法では、税理士が主催してる法人にしか、記帳代行業務を委託できないことになっている。

6 記帳代行サービス者が「5」に該当しない法人、あるいは、個人なら、両者ともに「にせ税理士」である。

7 税理士はにせ税理士に名義を貸しているので、名義貸し行為にあたり税理士法に抵触している。

8 話が決裂しても良い。
 出来上がってる申告に必要な決算書の提出を求めて、記帳代行料金は「きちんと支払う」と申し出る。
 とにかく確定申告書の提出と納税をしないと本人には延滞税がどんどんついてしまう。

9 決裂したら、これ幸いと税務署にて「名義貸し行為をしてる税理士がいる」と報告する。
 一職員では話がすぐに通じないので、総務課長に面接することが肝要です。

10 消費者センターへの相談は無意味。士業の「名義貸し行為」問題は消費者センターが取り扱う問題にはなじまないので、ウダウダ時間を消費するだけ。

回答が、ぶつ切れになって、ノイズ回答もあるので、要点がわからなくなる可能性があるので、まとめちゃいます。

1 申告書が期限内に提出されてない原因は、この際どうでも良い
 このような内容の申告書になると連絡した書面が発送され、それに本人がOKしてから申告書の提出をするシステムは「税理士ならば当然すべき確認行為」。
  ここで「当該書面を発送してある」「受け取ってない」というのは水掛け論。仮に相手が発送事跡を証明できたとしても、その回答が来てないので申告書の作成と提出をしてないと...続きを読む

Q源泉徴収について

個人から報酬をもらう場合の源泉徴収についてご質問させてください。
国税庁のHPでは、下記のように記載されています。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2793.htm
>ただし、その報酬・料金等の支払者が個人であって、その個人が給与等の支払者でないとき又は
>給与等の支払者であっても常時2人以下の家事使用人のみに対する給与の支払者であるときは、
>ホステス等に報酬・料金等を支払う場合を除き、源泉徴収する必要はありません。

個人事業主でもない個人の場合、源泉徴収する必要がない、とのことかと思いますが、
「する必要がない」なので、源泉徴収をしてもよいのでしょうか?
源泉徴収をしてもよければ、
個人の方に請求する場合には、常時二人以下の家事使用人がいるのかどうか、を確認しなくても
よいのかな、と思っております。

Aベストアンサー

弁護士が仕事をして、その報酬を請求するとします。

請求先が法人ならば、無条件で源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額を控除した請求書となります。
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8、000円
 源泉所得税  10、210円
 差引請求金額 97,790円
 
弁護士に報酬を支払った法人は、上記の源泉所得税を税務署に納税するわけです。

請求先が個人の場合には、その方が源泉徴収義務者であるか、ないかを確認する必要があります。
源泉徴収義務がある方でしたら、上記の「法人への請求」と同じ内容になります。

請求先が個人で、源泉徴収義務のない方でしたら
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8,000円
合計請求額  108,000円
となります。

ここで「請求先が個人の場合に源泉徴収義務がある人かどうか」の確認は必要です。

源泉徴収義務がある人(給与支払事務をしてる人)は、税務署から整理番号をつけられて、源泉徴収高計算書兼納付書を、源泉所得税を納税する用に作成してもらえます。
源泉徴収義務者になってない人は、この源泉徴収高計算書兼納付書を税務署が作成してくれません。

ですから「源泉徴収義務がない」人に源泉所得税額相当額を控除した請求書を発行しても先方が「どうしたら良いのか」困るだけです。
あるいは、困ることなく「値引きしてくれたんだ」と理解し、源泉所得税を納税しないでそのままです(※)。

2人とか3人とか人数が出てますが、これはいわゆる家事手伝いをしてもらってるお手伝いさんが2名以下ならば、源泉徴収義務はないという話です。

青色申告をしてて青色事業専従者給与を払ってる方は、給与の支払先が一人だけでも源泉徴収義務者となります。
「従業員数をお客様に確認することなく、源泉徴収を引いた金額を請求すればよくなります。」はその意味では誤りです。従業員数は関係ありません。

サラリーマンの方から仕事を受けて、その弁護士報酬を請求する際には、サラリーマンは給与を支払う者では原則的になりませんから、源泉徴収義務者ではないので、請求書にて源泉所得税を控除するのは誤りです。

ご質問文に違和感を感じた点。
報酬を請求する側は「源泉徴収税額を控除して請求をする」立場です。
源泉徴収をする立場ではありません。
それをいうなら「源泉徴収をされる立場」です。
「個人事業主でもない個人の場合、源泉徴収する必要がない、とのことかと思います」との事ですが、
「源泉徴収をする、ではなくて、源泉所得税を請求額にて控除する必要がない」です。
報酬を貰う側が、源泉徴収するわけではないのです。
報酬を払う側が、源泉徴収して納税するのです。

士業の場合には、請求書を作成する際に、請求先が源泉徴収義務者であるかないかは、必ず確認する必要があります。


源泉徴収義務のない方は、税務署に納付する用紙そのものを税務署が作成してくれません(既述)。
そのため、源泉徴収義務のない方へ源泉所得税を控除した請求書を発行すると
1 請求書を受けた方が税務署に「給与支払事務所の開設届」を出して、源泉徴収義務者になった上で、納付する用紙を税務署で作成してもらって納付する。
2 受け取った請求書に記載された源泉所得税相当額を別途請求者に支払いをする。
のどちらかになります。

弁護士が仕事をして、その報酬を請求するとします。

請求先が法人ならば、無条件で源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額を控除した請求書となります。
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8、000円
 源泉所得税  10、210円
 差引請求金額 97,790円
 
弁護士に報酬を支払った法人は、上記の源泉所得税を税務署に納税するわけです。

請求先が個人の場合には、その方が源泉徴収義務者であるか、ないかを確認する必要があります。
源泉徴収義務がある方でしたら、上記の「...続きを読む

Qこの度夫の扶養に入る事にしたのですが私は歩合制でアルバイトとして働いており確定申告などはしてません。

この度夫の扶養に入る事にしたのですが私は歩合制でアルバイトとして働いており確定申告などはしてません。

なので専業主婦として収入ゼロで書類を提出して欲しかったのですが妻は仕事をしていると会社に言ってしまったため3ヶ月分の給与明細と雇用契約書がいると言われました。

雇用もされてなければ給与ではなく報酬なので出せる資料がなく困っています。

この場合はどうしたら良いのでしょうか?
ちなみに収入は月に5万から7万円ほどです。

Aベストアンサー

>この度夫の扶養に入る事にしたのですが…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですので 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>確定申告などはしてません…

夫が今年分所得税で、配偶者控除あるいは配偶者特別控除を取れるか取れないかは、あくまでもあなたの今年の「所得」で判断するのであり、去年分の確定申告結果ではありません。

>3ヶ月分の給与明細と雇用契約書がいると言われました…

1.税法の話である限り、そんなのはその会社の勝手な言い分であり、法律上の根拠はありません。
法律で決められたルールは、今年の年末調整までに夫が会社へ「扶養控除等異動申告書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h29_01.pdf
と「保険料控除及び配偶者特別控除の申告書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h28_05.pdf
とを提出するだけです。

3. 給与 (家族手当) の話なら、そういうこともあるかもしれませんけど。

>雇用もされてなければ給与ではなく報酬なので出せる資料がなく…

1.税法の話である限り、前述の申告書 2枚を書くだけで良く、添付書類など一切必要ありません。

会社がごたごたいうのなら、年末調整では妻に関することは何も折り込まず、年が明けてから夫自身で確定申告をすれば、同じ結果が得られます。

>ちなみに収入は月に5万から7万円…

税の話をするとき、「収入」と「所得」は意味が違い、「所得」で論じないといけません。

給与ではないのなら、経費を引いた「所得」は年間いくらほどになりそうなのですか。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

5万から7万円の中を取って 6万の 12ヶ月で 72万の「収入」、経費が 12万あったと仮定すれば「所得」は 60万なので、夫が取れるのは「配偶者控除 38万」でなく、「配偶者特別控除 16万円」ですよ。
お間違いないように。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>この度夫の扶養に入る事にしたのですが…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですので 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に...続きを読む

Q個人事業者で住宅購入したいのですが、修正申告しないと融資がおりません、修正申告したら税務署とかは入り

個人事業者で住宅購入したいのですが、修正申告しないと融資がおりません、修正申告したら税務署とかは入りやすいんでしょうか?
修正申告した方・詳しい方・何か知ってる方、意見ください(^^)

Aベストアンサー

修正申告とは、税金を多く払うように訂正することです。
多く払うのですから税務署がとやかく言うことはありません。
まあ、その「多くなった分」に間違いがないかどうかのチェックぐらいはするでしょうけど。

逆に、一度払った税額が間違っていたので少し返してくれと言うのなら、これは徹底的に調べ上げられます。
しかも、税金を少なくなる方向に訂正することは、修正申告ではなく「更正の請求」と言います。
更正の請求は確実に調査されると思って、まず間違いはないです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q家賃収入のある方で確定申告してない方へ質問です 申告しなくともらわからないものでしょうか?? 当方給

家賃収入のある方で確定申告してない方へ質問です
申告しなくともらわからないものでしょうか?? 当方給与収入者で会社で年末調整されている者です

Aベストアンサー

給与を1か所以上からもらっていて、他の所得(収入から経費を引いた額)が20万円を超える場合に確定申告が必要とされています。
それ以下なら確定申告の必要ありません。

>申告しなくともらわからないものでしょうか??
わかりません。
バレるかもしれないし、バレないかもしれません。
その規模にもよるでしょう。
ただ、バレなければ”脱税”してもいいと考えるのか、あとは貴方の自己責任で判断してください。

Q市税 異議

行政による市の管理に不満が有り、市に異議を申し立てて、市税の減額を要求する事は可能でしょうか?明らかな無駄遣いや健康被害の放置等が理由です。

Aベストアンサー

議会に申し立てる、
そのためには議員が受けてくれるかどうかです。
証拠があればマスコミを使う。
生半可な証拠ではだめだよ。


人気Q&Aランキング