ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

本業以外に副業まではいかなくても、複数の収入源を作っておこうと考えています。
副業してる方や複数の収入源がある方に質問です。
⑴その副業はいつから始められましたか?
⑵本収入と副業の収入の大体の額を教えて下さい
⑶本収入の仕事と関連がある副業ですか?
⑷副業するまでに準備した期間・準備したことを教えて下さい

答えられる範囲で結構ですので、教えて頂ける方いましたらお願い致します。

A 回答 (2件)

Re: 回答No.1



電気・電子とくにエレクトロニクス(設計・製作)は専門分野であるだけではなく、学生時代から趣味(電子工作、アンプ作り、オーディオなど)にもしていましたので日頃から遊び感覚でやっていたわけで、付き合いのあった某月刊雑誌(趣味の雑誌)の編集長とその点で意気投合して記事を書いてくれと頼まれたのがスタートです。副業するつもりで準備していたわけではありません。副業も趣味の延長みたいなものです。日頃やっていたのを文章にしただけです。
    • good
    • 1

私が大手企業のサラリーマンだった頃の話です(もう10~40年ほども前です)。



副業は趣味の月刊誌と業界専門誌への原稿執筆です(云わば作家業です)。毎月欠かさず原稿を雑誌社(数社)に送っていました。30歳の手前から60歳くらいまでですかね。本職の年収がたとえば600万円だった頃に印税(原稿料収入)が多いときは300万円(少ないときで200万円)くらいありました。それ以外に単行本を合計で6冊出していましたから、その印税もありました。

もともと技術屋(専門はエレクトロニクス)なので、本業も副業もそれがベースになっているわけですが、本業と副業がバッティングするってことはまったくありませんでした(本業と副業が重なり合うことがあるのは、とてもまずいと思います)。

原稿を書くのは、いつでもヒマなときに出来るので、いい仕事でした。いまはやめています(歳なので^^;)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。回答ありがとうございます!嬉しいです。

isoworldさんは副業は30歳くらいから始めたとありましたが、本職の仕事が一息ついたなど何か始めたタイミングは理由が何かありましたでしょうか?執筆業とは素晴らしいですね(^^)
私は考えてみると今はまだ副業を始めるには心身ともに余裕がある状態ではいのかな?と迷ったりします。

お礼日時:2017/09/27 00:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q56歳で会社を退職して引退しています。仕事、アルバイト、趣味、生き方など漠然としてますが、きたんのな

56歳で会社を退職して引退しています。仕事、アルバイト、趣味、生き方など漠然としてますが、きたんのない御意見をお聞かせください

Aベストアンサー

父が同じ位の年で定年しました。以下詳細です。

⚫畑仕事を本格化
⚫料理
⚫旅行
⚫車両関係の資格取得

もともと料理人か運転手になりたかったらしいので、その夢を形にしているそう。

その分放置した趣味も多いです笑(英会話、歴史、パソコンスキル等)


毎日繰り返して出来る事を見つけとくといいぞ、と私も言われました。
若造の意見ですが、ご参考までに。

Q勤務してる会社が突然倒産し、源泉徴収票がもらえない場合は、どうなるでしょうか。 自身で確定申告する必

勤務してる会社が突然倒産し、源泉徴収票がもらえない場合は、どうなるでしょうか。

自身で確定申告する必要があれば確定申告します。

ちなみに、年金を受給してます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票を作成してくれる会社が倒産してしまったのは困りますね。
いかに税務署が「発行しろ」と言っても、発行しようがない場合もあります。
運が良ければ「清算人がいるので、源泉徴収票が発行される」ぐらいです。
税務署に不交付の届け出を出しても、清算人がいなくては発行される余地はないです。

給与明細は保管してありますか。
このようなケースでは税務署にて「どうしたらよいか」個別事案として相談をすべきです。

Qネットで副業されている方に質問です。 年収が低いので、ネットで副業しようかなと考えています。 You

ネットで副業されている方に質問です。
年収が低いので、ネットで副業しようかなと考えています。
YouTubeやアフィリエイト、フリマやオークションサイト、FXやディトレードなど考えていますが
回答者様は、ネットでどのような仕事をしてどのくらい儲かっておられるのかなと。
野暮ですが、素朴な疑問です。

あ、商材の勧誘はやめてくださいね

Aベストアンサー

こう言っては失礼ですが・・・
本業でまともに稼ぐことが出来ない人が副業なんてしても、稼ぐことが出来るわけがない。
本業でスキルアップを行い、そちらでの収入アップを図るのが王道です。
FX、デイトレなんて博打以下、大手機関投資家の餌食になるだけ。

Q定価40000円の本が60円とは、これいかに

bookofの中古本買い取り試してみました。
定価で総額40000円ほどの和書15冊ですが、bookoffが付けた値段が60円でした。
呆れ果てておりまする。
ジャンルは主に実用書で、およそ10年ほど前の本ではありますが、こーなるもんでしょーか。

Aベストアンサー

そんなものでしょう。
ブックオフみたいな量販は、回転のよさ、状態の良さなどで値段が決まりますし

そもそも実用書であれば、時代が変われば情報がだいぶかわっていたりもしますからね。
価値観、世のシステム、道具…

いつ買い手が現れるかわからない。何年もずーーっと売れない、いや、永遠に売れないかもしれない本に
場所を割き、光熱費、人件費を費やすわけですから。
しかもそのレベルの本はあなただけでなく、多くの人が持ちこみます

「欲しくもないものをもらうのにお金を払う」のは嫌なものです。

特に仕入れたいわけではない本、だから値段はつきません。

少しでも高値でうりたいなら「需要」と直接結びつくことでしょうね。

欲しい人に確実にうる。ヤフオクやらメルカリやら、今は個人でもそれができます

しかし邪魔になった本を下手するとずーーーっと長い間保管して
入札や購入者をまめにチェックして
金銭のやりとりや、発送の手配をしたり、手数料を払ったりしなければならず。
明日うれるのか10年買い手がつかないのかもわかりません。まあ10年もせずに廃棄するでしょうけど。

それらの手間、コストを全部ブックオフが引き受けてくれる分が
買取価格、販売価格の間には入っています。

確実に売れそうな本なら少しは値がつきます。


あとは古書店の専門書系なら、それを得意とする古書店ならそれなりの値がつきます。
それもそういう店には、そういう本を求める客が来るからです。
大学の周辺なら専門書が
ある業種の多いエリアなら、それに関する実用書なんかが
そういった路線に合っているなら。

ただ、それも都市部やそれなりにそういった店の近くに住んでいなければ
持ちこむにも大変だし
宅配で送り査定してもらってというのも大変ですからね…

そんなものでしょう。
ブックオフみたいな量販は、回転のよさ、状態の良さなどで値段が決まりますし

そもそも実用書であれば、時代が変われば情報がだいぶかわっていたりもしますからね。
価値観、世のシステム、道具…

いつ買い手が現れるかわからない。何年もずーーっと売れない、いや、永遠に売れないかもしれない本に
場所を割き、光熱費、人件費を費やすわけですから。
しかもそのレベルの本はあなただけでなく、多くの人が持ちこみます

「欲しくもないものをもらうのにお金を払う」のは嫌なものです。

特...続きを読む

Q65歳以上の人全員に、高齢者税として毎年10万円払ってもらうと健康保険や年金の足しになるかも。

65歳以上の人全員に、高齢者税として毎月年金の支給口座から1万円づつ引き落として年間で一人当たり12万円負担してもらうというのは良い案だと思います。
年金、健康保険 その他 いくつもの高齢者に対する行政のサービスの足しにすると良いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

その方法だと現在、生活に困窮していて
1万円負担できない高齢者からも年間12万円
徴収することになってしまうので、

現在、65歳以上の受給資格を満たした人に全員に支給している、
年金の支給を変更変更して、支給対象者を減らせばよいと思います。

まず、基礎年金を掛け捨て保険方式にして、
ある程度以下の収入の人のみに支給する。

国民年金をいわゆる「貧乏保険」に変更して、
ある程度以上の資産、収入のある人には支給しない
方式に変更するのがいいと思います。

この方法で改革すれば今後も年金の支給水準を
維持できるという推測結果がでています。

以前に議論になった年金改革の際にも検討されたのですが、

払い損になるそんなことをすれば年金は破たんするという反対の声が起こり
導入は見送られました。

しかし、死亡保険やケガなどの保険で保険金がほしい為にわざわざ病気や死亡して
その状態で良かったという人はいなくて、

そういう、不幸な事態にならずに済んだ状態が良かった状態であると認識されている現状を
踏まえれば、

貧乏にならなかった → 保険金(年金)は支給されない
貧乏になった → 保険金(年金)が支給され生活が保障され安定した ○

となり国民普遍的に、理解される話だとと思うのですが難しいのですかね?

その方法だと現在、生活に困窮していて
1万円負担できない高齢者からも年間12万円
徴収することになってしまうので、

現在、65歳以上の受給資格を満たした人に全員に支給している、
年金の支給を変更変更して、支給対象者を減らせばよいと思います。

まず、基礎年金を掛け捨て保険方式にして、
ある程度以下の収入の人のみに支給する。

国民年金をいわゆる「貧乏保険」に変更して、
ある程度以上の資産、収入のある人には支給しない
方式に変更するのがいいと思います。

この方法で改革すれば今後も年金...続きを読む

Q住民税を請求されても、お金は使ってしまって払えません、借金もあります!

住民税を請求されても、お金は使ってしまって払えません、借金もあります!
払えないものは払えない、貯金も無いし仕事をしていないから収入も無い
生きているだけでどんどんいろんな請求をされて何をどれだけ請求されているのか把握できていません。

無職の私にも年金や保険を請求されるんですか?
貯金を差し押さえると3カ月までに警告されましたがまだ実行されていないか、残高不足でできなかったんでしょうかね?

残高不足の口座を差し押さえられたら残高がマイナスになるんですか?

とにかく無いものはない、税金なんか金持ちが払えば良い。
無収入に近い俺がなんで住民税10万円も払わないといけないんだ!!

Aベストアンサー

回答No.10にもあるように、住民税は昨年の収入に対してかかるので、今年は無職・無収入であっても支払いは免れません。昨年の収入があったときに、その心づもりをしておくべきだったのに、お金の管理がルーズだったのか、金銭感覚が甘かったのか、そのツケがいま回ってきたわけ。その代りに今年が無収入なら、来年は働いてガッポガッポと儲けても住民税は来ませんよ。

どうしても住民税の支払に窮したら、市役所の市民税課あるいは福祉課に行って免除などの相談することです。

Q主人が預金口座を全て引きだした為、困っています。

話が長くなりますが・・・・

最近、喧嘩をしてしまいました。主人からは、「離婚だ」と言われました。

その後、私の財布からキャッシュカード(主人の)を抜き取り、ATMで引きだしていました。(この時点では、口座に残金あり)

このままだと、全額引き出されてしまうと思い、ネットバンキングを使って、一部のお金を私の口座に振り込みをしました。

主人はその後もお金を引き出し、今朝、口座を確認をしたらマイナスになっていました。

銀行に確認したところ、総合口座の為、定期預金にも預けているので普通預金がマイナスになっても引き出すのは可能とのことで、今後も引き出される可能性があるので困っています。

主人曰く、遺産相続でもらったお金を全部引き出したいようです。普通預金に入れたため、生活費の一部になっていたこともあり、満額とはいかないと思うのですか・・・私には相続する資格はないから、引き出したお金を返せと言ってきています。挙句の果てには、「警察に話す」と言っています。

この口座は、家賃や光熱費等が引き落とされるので、非常に困っています。

話が長くなりますが・・・・

最近、喧嘩をしてしまいました。主人からは、「離婚だ」と言われました。

その後、私の財布からキャッシュカード(主人の)を抜き取り、ATMで引きだしていました。(この時点では、口座に残金あり)

このままだと、全額引き出されてしまうと思い、ネットバンキングを使って、一部のお金を私の口座に振り込みをしました。

主人はその後もお金を引き出し、今朝、口座を確認をしたらマイナスになっていました。

銀行に確認したところ、総合口座の為、定期預金にも預けてい...続きを読む

Aベストアンサー

ご主人の口座から家賃や光熱費を払っていたのなら、実際その口座にお金がなくなって困るのはご主人では?
放っておけばよかったのではないかと思います。

マイナスになって困るのもご主人です。放っておきましょう。

家に食費がないとご主人自身も困るでしょうから、生活費も貰えないということはないのでは?

共有財産は存在するはずですから、全財産ご主人が持って離婚は不可能です。

ご主人には、そのまま警察に話させたら良いと思います。
あなたが自分の口座に振り込んだことは恐らく咎められないと思います。咎められても返せば良い話かと。

あなた自身は法テラスなどに行って、弁護士にモラハラ案件として相談しましょう。
公的機関を使うことをオススメします。婦人相談所などでも良いのかな?と思います。

Q給料の値上げを社長に頼み込むのは、いけない事でしょうか?自分は40歳の建設業で、日給12000円で働

給料の値上げを社長に頼み込むのは、いけない事でしょうか?自分は40歳の建設業で、日給12000円で働いています。社会保険と厚生年金にも入っております。日給制なので、ゴールデンウィークや盆休みに正月休みがあると、当然給料はありません。先月も仕事量が減り、出勤日数も20日前後で給料は20万程でした。このままでは将来も不安でなりません。社長にこの事を伝えようと考えているのですが、今の会社に勤めて6年で、1番下っ端です。こんな者が社長に直訴したら、嫌な奴だと思われて、最悪クビになったりしませんでしょうか?先輩たちも給料に不満を持っている様なのですが、社長に言った事はないそうです。どなたか良いアドバイスを頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社長に言っても せいぜい500円か1000円だよ
それに建設作業員なら 地域にもよるが軽作業は12,000円は妥当だよ(工事積算基礎表) 
あんまりいうと 人件費の安い外国人実習生に代えられるよ
うちの近くの建設業者は どんどん切り替えている

Q手取り21万円のサラリーマンです 家賃代が月万円 諸々支払いが5万円 残りが11万円 これって少ない

手取り21万円のサラリーマンです 家賃代が月万円 諸々支払いが5万円 残りが11万円 これって少ないと思いませんか そこから食費やガソリン代 払ったら 大して残りません これじゃあやっぱり彼女できませんよね。でも、気がついたら38才。
毎日単調すぎて このまま人生が終わるってなんか寂しいです。
私と同じような人がいたら教えてください 。

Aベストアンサー

地域によっても平均収入額は様々です。

沖縄や北海道、東北などでは、手取りが10万台という所も多いので
上と比べるか下と比べるかで意見も異なります。

だた、収入が少ないから彼女が出来ないとか、
結婚出来ないと言うのは、単なる言い訳にしかならないと思います。

収入が少なくても、貴方に魅力があれば彼女は出来るはずですし、
その彼女と協力して共に生きて行く事だって出来るはずです。

貴方も20万稼いで、彼女も20万稼げば問題無いでしょ?
と言ってくれる彼女を見つければ良いだけです。

Q古民家購入費用は経費にできますか?

個人事業主の妻です。幼いこどもが2人います。
青色専従者として、経理と雑用を担当しています。

夫の事業はなんとか生活できる程度で、昨年は身体を壊し働けなかった期間もあり、今年は年金免除に加えて住民税も非課税になりました。

当然ながら住宅ローンは組めないのですが

この度、夫の親が倒れたこともあって夫の実家近くに中古物件を買うことになり、その資金捻出のために夫が頑張って稼いでいます。

昨年の倍くらいの売上になりそうです。

そこで、経理に詳しい方にお聞きしたいのですが
中古住宅をキャッシュで購入した場合、どの程度経費に出来るでしょうか。

購入予定の家は古民家で、固定資産税は年間数100円(つまり非課税)、価格は200万円です。

急に決まった引っ越し、不動産購入なので、慌てて引越し費用分も合わせて稼いでいる状態なのですが

土地は資産になれど、経費にはできませんよね。
固定資産税も非課税の木造建築では、事業用の面積と按分しても建物は経費にならないですよね。

物件を探しにいく交通費などは、経費にしようと思っていますが、1番大きな不動産購入費用をなんとか経費化したいです。

登記費用や、不動産屋さんへの手数料なども、経費化できるならしたいです。

でないと夫の来年の住民税などが怖いです。

詳しい方、おしえてください。

個人事業主の妻です。幼いこどもが2人います。
青色専従者として、経理と雑用を担当しています。

夫の事業はなんとか生活できる程度で、昨年は身体を壊し働けなかった期間もあり、今年は年金免除に加えて住民税も非課税になりました。

当然ながら住宅ローンは組めないのですが

この度、夫の親が倒れたこともあって夫の実家近くに中古物件を買うことになり、その資金捻出のために夫が頑張って稼いでいます。

昨年の倍くらいの売上になりそうです。

そこで、経理に詳しい方にお聞きしたいのですが
...続きを読む

Aベストアンサー

個人事業主が引っ越しをするのですね。
すると引っ越し先が個人事業主の事業所となるわけです。
ただし「事業用部分」と「住処」部分を分けて、事業用部分だけが経費計上できることになります。
「全体額の事業用部分」が按分割合と言うのはご存知だと思います。

物件を探す費用、交通費などにも案分割合を掛けるのが正当ですが、まあこの程度は多めにみて良いのではないかと思います。全額事業用経費として、本当は良くないが、まあいいじゃんかというわけです。

不動産購入費用のうち「地べたのお金」は経費計上は無理です。
建物は取得価格に案分割合を掛けた額を「事業用の建物」として減価償却資産とします。
固定資産税についても、建物にかかる部分を按分して事業用経費とできます。
水道光熱費についても按分して経費計上できます。

登記費用、不動産屋に支払う仲介手数料は、土地価格と建物価格で案分して、建物価格部分を出します。
さらにこれに事業専用割合を掛けて経費計上します。

青色申告会などに相談するにしても「どうしたらよい」と相談するよりも、上記のような計算を示して「これでよかろうか」と相談する方が良いと思います。

なお不動産を現金で買ってもローンで買っても上記の考え方はほとんど同じです。
違う点は、ローン支払い額のうち利息部分について、これまた事業按分割合をかけて経費にできる点です。

個人事業主が引っ越しをするのですね。
すると引っ越し先が個人事業主の事業所となるわけです。
ただし「事業用部分」と「住処」部分を分けて、事業用部分だけが経費計上できることになります。
「全体額の事業用部分」が按分割合と言うのはご存知だと思います。

物件を探す費用、交通費などにも案分割合を掛けるのが正当ですが、まあこの程度は多めにみて良いのではないかと思います。全額事業用経費として、本当は良くないが、まあいいじゃんかというわけです。

不動産購入費用のうち「地べたのお金」は経費計...続きを読む


人気Q&Aランキング