新車の購入を考えてます。10年は乗るつもりですが
営業が塗装面の皮膜加工をすすめます。彼いわく
新車の時が一番効果が高いそうで10年間で
塗装の劣化具合が全然違うそうです。もちろん
営業トークなのでしょうが、実際のところ
はどうなんでしょう?やっぱりしておいた
方がいいのでしょうか?それとおすすめの
皮膜加工があれば教えてください。ちなみに
クルマはホンダ車です。

A 回答 (2件)

新車の時に施工が良いのは、


下地処理が要らない ピュアな状態での施工が出来るから コーティングのノリが良いからです。

使いだした車は 走行で 排ガスなど油分が付着するので これを除去する 下地処理が必要で 経費もかかり
業者の下地処理程度によっては コーティングのノリが良くない場合もあります。

10年で 施工車と 未施工車の差は、磨き傷の多さで 輝きで差が出ると言う意味で
10年耐久はしないでしょう。

新車時に 5年耐久と言われる ガラス系コーティング剤を施工すれば かなり表面は 保護されます。
使用環境や 洗車メンテナンス具合で 耐久年数は変わりますが 半分の2年半程度は大丈夫でしょう
コーティングによっては、 天然カルナバロウの固形WAXを 上塗りで 効果が維持出来ます。
ポリマー系WAXでは 塗ったコーティングを溶かす恐れが有るので 天然カルナバロウなのでしょう。

コーティングは、ディーラーから 業者へ出します 3~4割のマージンを取ります なので 業者も
手抜きでは有りませんが それなりの施工になります。

新車を 保護塗装や 保護シールをはがさない状態で 納車させ この状態で ご近所の腕のある
評判良い コーティング屋へ 直接出した方が 2割程度の割引で しっかり施工してくれます。
コーティング業者も ディーラーや中古屋等 業者からの 委託作業が主で 直接の客は 大歓迎です。
一生懸命にやってくれるでしょう アフターメンテも 相談に行けますし メリットは大きいです。
    • good
    • 0

10年はどうかわかりませんが、最近安くなってきた「ポリマー鏡面加工」は、いいようですね。

塗装表面に汚れがつきにくいポリマー樹脂を上塗りするので、塗装劣化は、軽減されます。ただ、1年程度でやり直すほうがよいといわれています。10年なら10回、1.5万として15万。当然皮膜の下にキズが少ない新車のときが効果高いです。車種、グレードによっては標準で施工されているのもあると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ