賢いポイント生活をはじめよう >>

旦那の仕事車信号待ち中、後ろから追突され、相手が保険屋に連絡をし現場に来た保険屋が
『100%こちらが悪いので警察は呼ばなくてイイです。通院、板金代全額出しますので行って下さい』
と話し合いをして来たと帰宅しました。

私は警察を呼ぶべきだった!と話したが、帰宅後も何度か保険屋と話してます。

車を乗り換え予定で、来月あたりから探そうとしてる矢先の事故。
自営業の為、仕事との調整の中で車を依頼するつもりで動いていました。

板金してまで乗れる車ではなく、見つかり次第乗り換えたいのですが…
この場合、事故車の板金代見積もり出し、その金額を出して貰えるものでしょうか?

こちらとしては、現場が詰まってる状況で、現に今朝も腰•頭の痛みがあるにも関わらず現場に行きました。
明後日㈪に整形外科に行けるか行けないか?であります。
なので、板金も出す暇もないわけで
今回事故されなかったら、仕事に差支えなく過ごせたはずです。

旦那は元々身体痛まれると、整形外科では無くカイロプロテイックに通院してます。
今回診断書を頂くには整形外科かな?と思い診察に一応行く気ではいるようですが、その診断書を持ちカイロプロテイックに通院して貰う考えで私はいます。

旦那はおっとりした性格なので、出来ることなら私が保険屋と話したいくらいなのですが。。。

板金代で板金では無く、乗り換えの車へまわすこと。
整形外科からカイロプロテイックまでの治療費。
現場を空けると日当分の請求金額。
これらを保険屋に請求出来るものでしょうか?

その他、アドバイスなど有りましたら教えて下さい。

A 回答 (5件)

この質問は相手の保険屋に相談する事ではないですか?


『100%こちらが悪いので警察は呼ばなくてイイです。通院、板金代全額出しますので行って下さい』
と言っているのですから。

示談書、念書などは、当然、あるんですよね?

保険屋の場合。
保険屋の会社で、事故があった事を証明するために
必ず保険屋社内で事故証明が必要になります。
事故があった、だから、保険金を支払った。と言う事になります。
事故をでっち上げ、保険金を支払う保険外交員がいたら保険会社も潰れてしまうでしょ?
    • good
    • 0

車の修理の見積を取るならディーラーが確実ですよ!しっかり細かいところまでみて最も高い見積を出しますので。


それを保険会社に請求できると思われます。
ただ警察を呼ばなかったのはますがったですね。
具体的な記録が残らないので、言った言わないになったときに厄介です…
カイロプラクティックは施術者に資格は必要ないので、必ず整形外科の医師の診断書を取ってください。
お身体を第一にお大事にしてください。
    • good
    • 1

>事故車の板金代見積もり出し、その金額を出して貰えるものでしょうか?



貰えます。但し、見積もり先に見積もり手数料や協定費用を支払って下さい。
一万円~5万円くらいです。

カイロプロテイックは認めません。

>現場を空けると日当分の請求金額。

出来ません。
休む場合は、直近の源泉徴収票を提出してください。

尚、一部ただします。
見積もりで保険は降りますが、治さない場合、代車は一切でません。
    • good
    • 0

うーん、何か相手の保険屋さん、胡散臭いですね。

普通の保険屋さんは、加害者側にしろ被害者側にしろ、警察に入ってもらうことをすぐ勧めます。
警察が介入することで、正式に事故として認められるわけです。事故後、診断書を提出しなければならず、この診断書で加害者側の罰が決まるんです(点数減算や免許取消、場合によっては過失傷害や致死などの刑罰まで。
なので、例えば被害者が病院に行かなければ、単なる物損事故扱いですし、被害者が病院に行けば人身事故、治療に一週間以上かかるとなったら、人身事故の中でも重めになってくる、という仕組みです(過失致死や傷害はまた違う話になるので、一般的な追突事故の場合)。

さて今回の場合、事故の届け出を警察にしていません。法的には事故が起きてない状況です。
①板金代分を出してもらって新車に変えるというのはある話なので、これは通ると思います。板金代の査定は貴女の信用できるところでしてもらう必要があると思いますし、早急にすべきです。代車代も向こうに出させることができます。乗り続けていると、悪質な保険屋であれば、いつの事故のかわからない。自損じゃないんですか?などと誤魔化されることもありますよ。
②医療費は請求できますが、カイロプラクティックは正確には医療行為ではないですし、整形外科では、治療にカイロプラクティックが必要と診断書を書いてくれないことも珍しくありません(医療行為ではないので)。なので、カイロプラクティック通所の費用は出ない可能性もあります。この辺りも保険屋さんによります。今回の場合、事故の届け出をしていないので、医療費でさえ保険屋がごねる可能性あります。

③現場を空ける日当については、休業補償という概念があるので、受け取れるはずですが、これもその保険屋さん、ごねるかもしれませんね。

早急に警察に届け出をすべきですが、日数が経っていると、加害者側も居直って、水掛け論になる可能性もあります(旦那さんの車も動いていた等)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとぅございます。

そうですよね…
相手側の保険屋と旦那だけでの取り引きに違和感ありありでした。

なので教えて頂いたこと、旦那に話してみます。

今のところ口頭でのやり取りのみらしく、私も何も知らないことだらけですが…
相手側の保険屋と旦那の保険屋での話し合いが1番なのかとも思うので、それも伝えます。

本当なら今からでも事故連絡を警察にしてほしいのですが…

事故当時の状況を知らないので、私は強く言えずです。

お礼日時:2017/09/23 12:34

見積もりで保険は降ります、代車も使えますよ。


自営業なら損失利益も請求できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとぅございます。

そなんですね。
旦那も私も、知らないことがあり過ぎて…

自営だと損失利益!があることすら知りませんでした。

早速、旦那に伝えます。

お礼日時:2017/09/23 12:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社員 45歳です。 同僚の社員個人に国税局が来たと連絡がありました。 意味がわかりません。 どうい

会社員 45歳です。
同僚の社員個人に国税局が来たと連絡がありました。
意味がわかりません。
どういうことですか?
個人通帳のコピーを取って行ったとの事です。
この同僚はどうなりますか?

Aベストアンサー

見当違いです。

その人が関わっている会社、団体などの
法人に査察が入っているのです。

その関係で金の出入りに隠されたものが
ないかの証拠を押収しているということです。

所得隠しのために個人口座に不明な
お金を振り込んでいないかの確認です。

お金の流れで少しでも可能性が見つかれば
とことん調査します。その1つということです。

>この同僚はどうなりますか?
脱税に関わっていないなら、何も
問題ないでしょう。

Q差押え

前住所での市民税の未払により
差押えされました

差押えされる時はその銀行にお金が入ると分かってる時とかだと思うのですが
そこにお金が入らなくてもその銀行が
差押えられるのでしょうか?

差押えに書かれていた銀行名は
昔に使っていたもので
現在カードも通帳も持っていない状態です
(おそらく親が持っている)

履行期には「即時」と書かれていました
これは請求額分差押えと同時に
銀行からお金が引かれて支払いがされたということなんでしょうか?

それとも
銀行からお金が引き下ろさない状態で
請求額分は引かれてない状態でしょうか?

初めて差押えされたので
わからない状態です
週明けに以前住んでた役所に電話するつもりですが

Aベストアンサー

そこにお金が入らなくてもその銀行が
差押えられるのでしょうか?
→市役所は、その銀行に貴方の預金残高の有無に関わらず、残高あるかもと思い差し押さえしたのです(その銀行名・口座番号は、その市に対する税金・保険料等で届出している口座でしょう)

差押えに書かれていた銀行名は
昔に使っていたもので
現在カードも通帳も持っていない状態です
→預金残高なければ、差押えの効果ありありません

履行期には「即時」と書かれていました
これは請求額分差押えと同時に
銀行からお金が引かれて支払いがされたということなんでしょうか?
→即預金から引かないが、その金額使えない又、残高なければ何もできない

残高なく、市役所は今回の差押えで徴収する事出来なければ、貴方の給与等差押えますよ!
相手は、延滞金を回収する事が仕事で、差押え費用も郵便料金以外かからず、徹底的に追及されます。
いずれにしても、市民税支払う事です(即全額払えなければ、分割でも)
税金払わずに済む等甘い考え捨てる事です

Q無免許 保険

最近あった出来事です。
私は友達の車の助手席に乗っていました

法定速度50キロのところを70キロで走行していた所をネズミ捕りに見つかり、
友達はそのまま逃げました。
パトカーも追いかけてきて前から白バイがきて
単独事故を起こし80キロで電柱にぶつかり捕まりました。

私は病院に運ばれましたが、骨には異常はありませんでした。((打撲などで首や胸部等 身体は腫れています

そのあと警察署に行き、取り調べ。
そこでわかったのですが、その友達は何ヶ月か前に免許取り消しになっていたらしく、
私は全く知りませんでした。それで逃げたらしいです。

そこで質問なのですが
無免許でも自賠責保険はおりるのでしょうか?

私はまず、免許をとったことも自学に通ったこともありません。ので、知識が全然ないです。

今回の怪我のことで通院もしようと思っているので
すが、人身事故の扱いにして相手の友達を訴えようとは思ってません。保険でなんとかしたいとおもってるので誰かよろしくお願いします。

批判など、そういうことは辞めてください。

最近あった出来事です。
私は友達の車の助手席に乗っていました

法定速度50キロのところを70キロで走行していた所をネズミ捕りに見つかり、
友達はそのまま逃げました。
パトカーも追いかけてきて前から白バイがきて
単独事故を起こし80キロで電柱にぶつかり捕まりました。

私は病院に運ばれましたが、骨には異常はありませんでした。((打撲などで首や胸部等 身体は腫れています

そのあと警察署に行き、取り調べ。
そこでわかったのですが、その友達は何ヶ月か前に免許取り消しになっていたらしく、...続きを読む

Aベストアンサー

>無免許でも自賠責保険はおりるのでしょうか?
 事故当時、無免許運転であることを知らなかった場合、支払われます。
 ただし、保険金請求は自身で行う必要があります。

 交通事故による受傷であることを証明する必要があるため、
「事故証明」を受け取り、立て替えた治療費の領収証を添えて請求します。

>自分が加入していない場合はどうなるんでしょうか。
 自由診療となるため、治療内容が全く同じでも
 健康保険よりも割高な治療費がかかります。

 総額120万円までは自賠責で支払われますが、
 それ以上は自腹(運転手)負担です。

Q給与明細とは

私はパートをしていて夫の扶養に入っており、夫の会社から扶養関係の提出物として、
直近3か月分の給与明細の提出が必要なようです。
ところが、私の働いている会社は私を含め3人という小さな会社で、給与明細というものをもらっていません。給料は銀行振込みです。
毎日何時から何時まで働いたという勤怠管理表をつけていて、一ヶ月ごとにそれを提出して、
その分支給されるという感じです。
この勤怠管理表は給与明細のかわりになるんでしょうか?
会社に「給与明細ください」といったら、何かかわりのものがもらえるのでしょうか?
(おそらく作ってもらわないとないんじゃないかと思うのですが・・・)
そもそも給与明細とはなんだろうと考えてしまいました。
週20時間以内なので会社で保険関係は入っていません。

Aベストアンサー

う~ん困りましたね。
年末年始に源泉徴収票はもらってますか?
基本的には支払われる給与の記録がないと
会社は税務処理ができないです。

給与明細に変わる管理簿のコピーとか
そうした代替書類がないか、またそれも
よいか、お勤めの会社とご主人の会社の
健保組合に相談して下さい。

雇用契約として、時給いくらで、
何時間(週20時間、月80時間程度)
におさまっているなら、通帳の給与振込
の情報でもよいとは思いますが、
それは、ご主人の会社の健保が判断する
ことになります。

因みに社会保険の扶養条件は、
通勤手当込で月108,333円以内
が一般的です。
それを見るために給与明細が必要なのです。

Qディーゼル車で給油ランプがつくまで燃料を少しにしてると壊れるってほんとうですか? 今日、すごい剣幕で

ディーゼル車で給油ランプがつくまで燃料を少しにしてると壊れるってほんとうですか?
今日、すごい剣幕でガソリン車と違うんだから気をつけろと怒られました。そんなこと初めて聞きましたが本当ですか?
因みに全くスッカラカンでなく、私が最後に乗った時は給油ランプは一回もつきませんでした。

Aベストアンサー

故障はしませんが、再始動するのが大変になります。
ディーゼル車にはエンジンシリンダー内に燃料を直接噴射する高圧燃料噴射ポンプがありますが
ガス欠でこのポンプに空気が入ってしまうと燃料を噴射できずエンジンも始動できません。
ポンプや燃料パイプ内に入ってしまった空気を抜き取る「エアー抜き」という作業が必要になります。
ディーゼル車には、ガス欠時にエアー抜きをするための「フィードポンプ」という装置が必ず付いています。
フィードポンプが付いているということは、メーカーもガス欠することは想定して
いるということですから、ガス欠でエンジンが故障するなんていうことはあり得ません。

Q任意保険

事故にあい、相手方が任意保険を使用しないとのことです。自分の人身事故扱いで現在受診しています。
過失割合も6-4(当初8-2で保険担当者の交渉でしたが私が6で譲歩しました)車の修理代の精算は終わりました。相手方が保険を使用しないそです。相手の契約者が御主人、被保険者が娘さんのようです。現在、私の、健康保険、人身障害で治療中です。相手が保険を使用しないのはなぜだかわかりません。事故を起こした加害者と契約者(ご主人)、被保険者なので、不都合があるものでしょうか

Aベストアンサー

最初に人身事故として警察に届けていますか?自賠責保険の限度額がこえているのであれば、相手から病院代は貰えると思います。何故自分の健保使わないといけないのか貴方の保険会社の方に理解するまで聞いた方がいいですよ。又無料で弁護士に相談できるアプリあるのでそちらを利用して下さい。

Q自動販売機で130円のものを、1030円入れて購入した時、 お釣りは900円でてきたらいいはずなので

自動販売機で130円のものを、1030円入れて購入した時、
お釣りは900円でてきたらいいはずなのですが、917円でてきました。(100円玉×9枚、5円玉×2枚、1円玉×7枚)
だいたいどこの自動販売機も同じだとは思いますが、私の購入した自動販売機も1円玉と5円玉は使えないものだったのに、
お釣りとして1円玉と5円玉が出てきたのが不思議でたまりません。
可能性としては、自動販売機が1円玉と5円玉が使えないことを知らない人が入れて 下から出てきたものを取り忘れていた。というのは納得です。

他にも何かかんがえられることがあればお願いします。

あと、このプラスで出てきた17円は貰っていても問題ないのですか?

Aベストアンサー

知らないというよりも、間違って入れちゃったのでしょう
それが返却側で引っかかっていて、今回大量に小銭のお釣りが出たので返却の時の衝撃や振動が大きくて、その引っ掛かりが外れて出てきたのでしょう

厳密には、拾得物になるので警察に届けなければいけませんが、小銭なのでゴニョゴニョゴニョ(^_^;

Q1ヶ月前に自分の過失が0の事故に合いました。事故証明を取り、自分の保険で車を治すことは出来たのですが

1ヶ月前に自分の過失が0の事故に合いました。事故証明を取り、自分の保険で車を治すことは出来たのですが、相手が無保険なのか電話しても全く出てもらえず1ヶ月ずっと逃げられてる状態です。自分の保険で等級下がることなく保証してもらえたので良い気もするのですが、正直なところ自分に過失がないのにも関わらず相手の方から謝ってきたり、保険に入ってないなら入ってないで、それなりに誠意を見せていただきたいと思ってます。相手が10割悪い事故で突っ込んできた癖にこのまま逃げられるのがとても腹立たしいです。この場合やはり警察に被害届などを出した方がいいのでしょうか。任意保険にも入れないような方にお金を請求するつもりは無いですが、このまま逃げられるのは嫌なので。回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

自分の保険で直したのならあなたには相手への請求権はありません。
請求権は保険会社に移っていますから保険会社が相手に賠償を求める事になります。

>やはり警察に被害届などを出した方がいいのでしょうか
交通事故の届出をしていないのなら(あなたも)道路交通法違反になります。

法律上謝ったり誠意を見せる必要はありませんし、民事問題ですから警察は取り合いません。
謝ったり誠意を見せることをあなたが無理にさせれば強要罪や恐喝罪に問われる可能性も有ります。

Q任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。 1年半前のことになりますが、渋滞している道路で誤って発

任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。

1年半前のことになりますが、渋滞している道路で誤って発進してしまい、正面の車にぶつかってしまいました。車体自体の損傷はそこまで大きいものでなくバンパーが損傷した程度のものでした。
もちろん被害者の方は出血するほどの怪我などはなく念のために病院に行くと言っていて、後日、謝罪のお手紙とお詫びの品を送らせて頂いた際も整骨院に通っていると言って、大事には至らないので大丈夫ですとおっしゃっていました。

前置きが長くなりしたが、先日相手さまの任意保険会社さまから請求が届き、自賠責で賄えなかった分の支払いとして、2週間以内に24万円ほどを支払うよう請求されました。

自賠責の方とやりとりしていたときは、あなたにお金を請求するということはないのでと言われていたので、毎回自賠責の方から通知が届いていたときも、被害者の方に別で慰謝料等払っていないかの確認がくるだけでそれさえちゃんと対応してくれれば特に問題はありませんと言われていたので、今回の請求にはビックリしてしまいました。

自分なりに調べてみたところ、自賠責での限度額は120万とのことでしたが、届いた請求書には自賠責から賄われる金額は約109万で残りの金額にあたる24万を支払うようにと書かれていました。

母の車に乗っていた私が、ちょうど籍を入れたばかりで名字が変わってしまっていたために、母の任意保険の家族の対象にならず未加入という形になってしまったこの事故なのですが、私はこのまま24万を支払うしか無いのでしょうか?

払うにしても24万を2週間以内に用意することは簡単なことではありません。減額等の余地はないものでしょうか?

任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。

1年半前のことになりますが、渋滞している道路で誤って発進してしまい、正面の車にぶつかってしまいました。車体自体の損傷はそこまで大きいものでなくバンパーが損傷した程度のものでした。
もちろん被害者の方は出血するほどの怪我などはなく念のために病院に行くと言っていて、後日、謝罪のお手紙とお詫びの品を送らせて頂いた際も整骨院に通っていると言って、大事には至らないので大丈夫ですとおっしゃっていました。

前置きが長くなりしたが、先日相手さま...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのご主人が自動車保険に加入されていれば他車運転補償特約(保険会社により特約名は異なります。どこの保険会社の自動車保険にも自動付帯されています)が付いていますので、ご主人の自動車保険が使えます。
また、事故を起こした時のお母さんの自動車保険の始期日が、あなたの結婚前なら追加保険料を支払えば補償されるようになります。
例えば、お母さんの保険始期日が3月1日で、あなたが結婚したのが5月1日、事故日が6月1日の場合なら、追加保険料を支払うことで補償されます。
追加保険料は契約内容によりますが、高くても年間保険料の数%までです。
こちらは前記の他車運転補償特約と異なり、保険会社によって取り扱いが少し異なるかもしれません。
先ずは、保険契約の確認をしてください。

自賠責保険は強制保険ですので、支払い基準が詳細に決まっており、さじ加減で増減できないようになっています。

Q古い自動車の車重についての質問です。久しぶりに1990年頃の車を運転したところ、軽さや運転のダイレク

古い自動車の車重についての質問です。久しぶりに1990年頃の車を運転したところ、軽さや運転のダイレクト感に感動しました。

車種にもよりますが、同じくらいのサイズの車を比較したとき、新しい車は100〜300kgくらい重くなっているような印象です。その理由として一般的には安全性や快適装備が挙げられていると思いますが、具体的に何がどのくらいの重さを占めているか分かる方はいらっしゃいませんか?例えばですが、2リッターで1380kgのハッチバック(ゴルフ7 GTIなど)を例にすると、走ることに関係のないパーツの重さは概ねどの程度と考えられますか?(吸音材が何キロ、エアバッグが何キロなど)

もう一点、安全性についてですが、25年前と現代ではどのくらいの進化があるのでしょうか。例えば、昔は80kmで正面衝突したら死んだのが、今では150kmでも死なないというくらいの進化があるか、、それとも、統計上でしかわからない僅かな進化なのでしょうか。

Aベストアンサー

1990年頃というと(その後各国で法規が厳しくなった)衝突安全性能と環境性能以外では、設計的には現行車とそれほど変わらないんですけどね。

>具体的に何がどのくらいの重さを占めているか分かる方はいらっしゃいませんか?

 非常にザックリした比率ですが、4気筒自然吸気のFF車だと

※エンジン+駆動系が車両重量全体の12~15%
※サスペンションが4輪分で5~7%
※エアコン、オーディオ等の機械的コンフォート装備で3~4%
※防音・防振・断熱材が2~4%
※トリム(シートを含めた内装部品)が5%

・・・以上より、車体(ガラス、サブフレーム、ガソリンタンク、灯火類等車体含む)の重量は、ザックリ言って全体の70%程度ということになります。また衝突安全基準対応車体は、この70%に含まれます。(エアバッグの重量増は概ね20kgf程度で、車両全体の重量から見たら2%にも満たない重量増です。)

>新しい車は100〜300kgくらい重くなっているような印象です。その理由として一般的には安全性や快適装備が挙げられていると思いますが、

 同じクラスのクルマでも、車体サイズが大きくなり(その分たくさんの鋼板を使います)、エンジンの出力が増えブレーキが強力にタイヤが太く大きくなり(全て車体に対する入力を増やす方向の変化で、その分車体を高剛性に作らなければなりません)、凝ったセミオートマチック変速機もMTより明確に重くなりますし、またスタイリングもガラスの傾斜が強くなったり(ガラス面積が増え、その分重量増になります。プリウスの極端に寝たリヤのハッチゲートなどは、重量だけに注目したらまさに悪夢です)、車体の重量増のネタはそこら中にあります。ただ安全性向上や快適装備の増加だけが重量増を生んでいるワケではありませんが・・・しかし車体の衝突安全性に係る重量増に関して言えば、実は今ではどのくらい重くなっているかハッキリしません。

 EURO-NCAP(EU統一安全基準。基準値設定にはメルセデスとボルボが無償提供した事故分析結果と実験データが用いられ、その点からどれほど厳しい衝突安全基準かなんとなく想像出来るでしょう)を具体的なターゲットとして車体を設計した最初の日本車はトヨタで(いわゆるGOA=ゴアと呼ばれる車体設計法を導入しました)、このGOAでは、最大で120kgfもの重量増を必要とした、というウワサがありました。(GOAで設計された最初のクルマでは、車体に最大板厚が6mmにも達する部分がある、と当時のトヨタの車体設計者が教えてくれました。6mmの鋼材と言ったら大型トラックのフレームか軍用車の防弾装甲に近いレベルです。)

 その後車体設計技術が進歩し、例えば後発の日産ではトヨタのGOA発表の後に60kgf程度の重量増と主張していましたし、あれから20年以上、今ではもっと軽量に作れるでしょう。重量増が致命的となる軽自動車に至っては、衝突安全性能向上と極端な軽量化を同時に進めてくる様になりましたね。
 軽自動車の話が出たついでに、軽自動車の開発に携わるエンジニア達の名誉の為にも一言付け加えますと。
 登録車(普通の白ナンバー自動車)と軽自動車では、日本での衝突安全基準は全く同じモノが適用されています。軽自動車は登録車より安全基準が低いとか衝突時には極端に危険、などということは現代の軽自動車ではありません。J-NCAP(日本の衝突安全基準)の新シリーズをパスしつつ100kgfもの軽量化を図ってきた新型アルト(スズキ)などは、実はとんでもない技術を使っていると言えるでしょう。
 勿論、一部の軽自動車はリヤの荷室容量が小さく、後ろから突っ込まれたらイチコロ、などという予想も出来ますが、後突(後ろから突っ込まれる衝突パターンのこと)は安全基準にはなく登録車でもマトモに実験していないので、軽自動車が登録車よりもどれほど劣っているか?っということもよく判らないのが現実です。長いトランクを持った上級の登録車でも、実は軽自動車よりも後突が弱い車型があるかもしれません。衝突安全性は、見た目や価格だけでは判断出来ません。

>もう一点、安全性についてですが、25年前と現代ではどのくらいの進化があるのでしょうか。

 衝突安全基準については、誤解がある様ですね。
 各国の衝突事故アセスメントによる安全性の評価では、決められた速度と衝突形態で、各車がどれほど安全か?に得点をつけているだけです。
 例えば・・・40mph(≒63km/h)で20%オーバーラップの正面衝突実験を行った時、ドライバの足の受傷度が5点満点でA車は4点、B車は3点とか、その時のドライバの頭部受傷度はA車が5点でB車が2点とか、そういう評価です。(新車が出て『より安全になった』というのは、25年前に比べて何km/h増の速度でぶつかっても安全になったということではなく、同じ衝突実験でより高得点が獲得できる様になった=受傷度合いが軽減されたとか、新たに制定されたより過酷な衝突実験をパスしたとか、そういうことを言っています。)

 よって、

>今では150kmでも死なないというくらいの進化があるか

・・・そういう高速での衝突実験はしていないし理論解析(シミュレーション)も行っていないので、どうなるか?は誰にも判りません。
 まぁ、世界の公的衝突安全基準では、最も高速でもだいたい63km/h(≒40mph)です。150km/hでは、どういうぶつかり方をしてもヒトタマリもないでしょう。(世界中の高速道路の多くの速度リミットが100km/h以上なので、63km/hでの実験など無意味な気がしますが、実際に例えば日本の高速道路で100km/hプラスアルファで走っていて、完全な居眠りとかドライバが急病で意識を失うとか自殺願望でもない限り、100km/hそのままでぶつかるアホはまずいません。だいたいぶつかる寸前にはブレーキをかけたりハンドルを切ったり、何らかの回避運動を行います。それによって衝突寸前速度は50~60km/hぐらいまで減速されていることが多く、衝突実験の60km/h程度は結構現実的な速度というワケです。)

1990年頃というと(その後各国で法規が厳しくなった)衝突安全性能と環境性能以外では、設計的には現行車とそれほど変わらないんですけどね。

>具体的に何がどのくらいの重さを占めているか分かる方はいらっしゃいませんか?

 非常にザックリした比率ですが、4気筒自然吸気のFF車だと

※エンジン+駆動系が車両重量全体の12~15%
※サスペンションが4輪分で5~7%
※エアコン、オーディオ等の機械的コンフォート装備で3~4%
※防音・防振・断熱材が2~4%
※トリム(シートを含めた内装部品)が5%

・・・以上よ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報